二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

第3回逃走中~大食い選手権前日譚~
日時: 2019/08/31 18:01
名前: ネクスタ

ネクスタ版逃走中、待望の第3回!
今回の舞台は『埼玉県のとある市』!

翌日に大食い選手権が迫っている中、数々なトラブルが関係者を襲う・・・
果たして、無事に開催することができるのか!?


逃走者【30名・五十音順】

梓川咲太あずさがわさくた(青春ブタ野郎シリーズ)(初)
犬山あおい(ゆるキャン△)(初)
初春飾利ういはるかざり(とある科学の超電磁砲)(初)
宇佐美奈々子(普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。)(初)
大垣千明(ゆるキャン△)(初)
各務原かがみはらなでしこ(ゆるキャン△)(初)
小糸侑(やがて君になる)(初)
越谷夏海(のんのんびより)(3)
斉藤恵那さいとうえな(ゆるキャン△)(初)
桜島麻衣(青春ブタ野郎シリーズ)(初)
佐天涙子さてんるいこ(とある科学の超電磁砲)(初)
島村卯月(アイドルマスターシンデレラガールズ)(初)
志摩リン(ゆるキャン△)(初)
しゅんぽこ(募集参加)(初)
白井黒子(とある科学の超電磁砲)(初)
砂尾なこ(ひとりぼっちの○○生活)(初)
ソトカ・ラキター(ひとりぼっちの○○生活)(初)
津島善子(ラブライブ!サンシャイン!!)(2)
一里ぼっち(ひとりぼっちの○○生活)(初)
双葉理央(青春ブタ野郎シリーズ)(初)
ヘキサ(募集参加)(初)
星野みやこ(私に天使が舞い降りた!)(初)
細野はるみ(はるみねーしょん)(初)
骨眼鏡(募集参加)(初)
本庄アル(ひとりぼっちの○○生活)(初)
茉里(ひだまりスケッチ)(初)
御坂美琴(とある科学の超電磁砲)(初)
薬師寺(募集参加)(2)
雄介(募集参加)(2)
ゆの(ひだまりスケッチ)(2)


~見どころ~
☆25人が初出場!秘められたポテンシャルはいかに!?
☆原作完結記念!『はるみねーしょん』からはるみが参戦!
☆学園都市から超能力者(レベル5)御坂美琴が見参!どんな逃走劇を見せるのか!
☆作者勢の雄介、前回のリベンジなるか!?
☆準レギュラーの夏海と善子、今回はどう逃げる?
☆宮子がいない!と思いきやドラマパートで大活躍!


以上30名が、ハンターから逃げ回る!
逃げ切って、賞金156万円を手にする者は現れるのか!?

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17



Re: 第3回逃走中~大食い選手権前日譚~ ( No.83 )
日時: 2019/11/28 09:21
名前: ネクスタ

>>ヘキサさん

コメントありがとうございます!
そういえば小杉さんも通過してましたね。最近痩せたとかなんとか(笑)
ナダルもちょっと楽しみですw

MISSION③はいい感じで進んでます。ただMISSION②で救出した2人がすでに確保され、ネクスタのくじ運が怪しくなっております←
残り1つのハンターBOX、封印できるのでしょうか!?

そちらの日常系小説の件ですが、ご自由に登場させてくださいw
ただ自分は吉本坂に詳しいというわけではないので、ちょい役として出していただければ本望です(笑)

では!

Re: 第3回逃走中~大食い選手権前日譚~ ( No.84 )
日時: 2019/11/29 16:14
名前: ネクスタ

【54:00】


ヘキサ
「キッチンなかなか無いな…作れなくても場所を教えるくらいは力になりたいんですけど…」


積極的に動き、ミッションクリアに奔走するヘキサ。


ヘキサ
「今4体だけど…5体になるだけでも十分な脅威ですからねー」


逃走経験豊富な彼の言葉には、説得力がある・・・



恵那
「あっ、キッチン!…でもこのハンターBOXもう封印されてる…」


ゆるキャンの斉藤さんこと恵那。彼女もまた、ミッション挑戦中・・・


恵那
「やっと見つけたのに…もしかしてもう誰かが料理やってるのかな?」






キッチーン



いや、まだ見つかっていない・・・
果たして間に合うのか!?



咲太
「2人で探せば見つかると思ったんだけどな…全然ないな」


なこ
「わざわざ隠してたり…しないよなぁ」


ハンターボックス封印後も協力してミッションに挑む2人。


なこ
「ったく…どこに隠れてんだ~?」


咲太
「呼んで出てきたら簡単…やばい、隠れて!」

































ハンターD
「・・・・・」テクテク


2人の行く手を、ハンターが阻む・・・



なこ
「なんだ…ってハンターか!サンキュー助かった」


咲太
「まだ安心できないぞ…離れるか…?」



ハンターD
「・・・・・」テクテク



なこ
「いや、隠れ続けた方がいい…気がする」


咲太
「じゃあそっちに賭けるか…!」



ハンターD
「・・・・・」テクテク


咲太、なこ、凌げるか・・・!?

































ハンターD
「・・・・・」スタスタ


気付かれなかったようだ・・・



なこ
「・・・・行ったか?」


咲太
「バレなかったみたいだな…怖ぇぇ」



リン
「そろそろ…移動し時かな」


ミッションにも動かず、隠れ続けてきたしまりん。このタイミングで移動するようだ。


リン
「同じとこにいたら絶対見つかるし…適度な移動は必要だよな」





リン
「どこかいい所は・・・うぉ!?」






リン
「キッチンじゃねぇか」



キッチン



なんとリンが隠れていたすぐそばに、キッチンがあった…



リン
「封印されてないし…一応内容は見ておくか」


チラ





【オムレツ(美味しいやつ限定)】



リン
「なんだその無駄に厳しいこだわり」


リン
「一応なでしこに電話してみるか」





プルルル プルルル


なでしこ
「もしもしリンちゃん?どうしたの?」


リン
「なでしこ?あのー、歯医者さんの前にキッチンがあったんだけどさ」


なでしこ
「本当に!?ありがとうリンちゃん、今すぐ行くよ!」ピッ


リン
「あっ、なでしこちょっと待っ…」


ピーッ ピーッ ピーッ



リン
「切れた…何作るのかだけ言っておきたかったけど…まぁいいか」
























ハンターC
「・・・・!!」ピピッ!



リン
「ってうわぁぁぁはんたぁぁぁぁ」



キッチンを見つけた矢先に見つかったしまりん。逃げ切れるか!?



なでしこ
「はぁはぁ…急げば…間に合うかな?」


そしてキッチンのある場所へ向かうのはなでしこただ1人!
果たして、クリアできるのか?次回、MISSION③決着!


今回で終わらせられなくてスミマセン←


残り時間【52:00】
逃走者 残り16人

梓川咲太 犬山あおい 初春飾利 宇佐美奈々子
大垣千明 各務原なでしこ 斉藤恵那 島村卯月
志摩リン 白井黒子 砂尾なこ 津島善子
ヘキサ 星野みやこ 骨眼鏡 薬師寺

Re: 第3回逃走中~大食い選手権前日譚~ ( No.85 )
日時: 2019/12/03 11:30
名前: ネクスタ

ハンター放出まで残り2分!


なでしこ
「はぁはぁ…今からじゃ遅いかもだけど…間に合わせたい!」


ラストのハンターBOX(キッチン)に走るのは、なでしこただ1人!




リン
「うわぁぁぁぁはんたぁぁぁぁ」


それと同時に、ハンターの強襲を受けたしまりん。逃げ切れるか!?



ハンターA
「・・・・・」タッタッ



リン
「びっくりした…でも、こちとら体力はあり余ってる…!」


リン、急加速!






と言っても速くはないので・・・



ハンターA
「・・・・・」タッタッ



リン
「あ、あれ…全然引き離せない…」



ハンターA
「・・・・・」タッタッ



ピピッ!
『SHIMA』


リン
「な、何をするくぁwせdrftgyふじこlp」


ポン!


51:28
志摩リン 確保
残り15人


リン
「ハンター速すぎじゃ…なでしこに斉藤、後は頼む」


ゆるキャン、原作主人公が最初に姿を消した・・・



プルルル プルルル


あおい
「『志摩リン確保』…うちらからも確保者が出てもうたか」


千明
「しまりんも残念だけど…ミッション!間に合ってんのか!?」


ヘキサ
「時間的にもう無理か…誰かがクリアしてくれることを祈りましょう」



【51:00】


ミッション終了まで残り1分!


なでしこ
「はぁはぁ…急がないと…早く…!」


もうミッションクリアは絶望的なのだが、最後まで走り続けるなでしこ。


なでしこ
「青信号いっぱいだったし、運が味方に付いてる気がする…!」
































ハンターC
「・・・・・」スタスタ


しかし、もう運は底を尽きてしまったようだ・・・



なでしこ
「は、ハンター…みんなごめん、私もこれ以上は出来ないや…」


流石のなでしこも、これには諦めざるを得ない・・・



【50:20】


骨眼鏡
「まだメールが送られてこないって事は…無理だったのかな…」


卯月
「結局見つけられませんでした…申し訳ないです」


奈々子
「しょうがないよ…また次頑張ろう!」



【50:03】


【50:02】


【50:01】



【50:00】



プシューーーーー!


ガシャン!



ハンターE
「・・・・・」ピピッ!


タッタッタッ!


タイムリミットを迎えたため、ハンター1体、放出・・・




プルルル プルルル


薬師寺
「『MISSION③結果』」


黒子
「『ミッション失敗』ダメだったようですわね…」


初春
「『大垣千明、梓川咲太、砂尾なこの活躍で2つのハンターBOXがロックされた』これだけでもありがたいですね…」


善子
「『残った1体のハンターがエリアに解き放たれ、合計5体となった』厄介になるわね…」



ハンターA
「・・・・・」テクテク


ハンターB
「・・・・・」スタスタ



ハンターE
「・・・・・」トテトテ


ハンターが1体増え、合計5体になって逃走者を追い詰める。
より厳しくなった残り50分を、逃走者たちは生き残れるか!?



咲太
「3つ目はダメだったか…まぁ、こんな時もあるよな」


なこ
「1体だけ…と思えばラッキーな方なのか…?」


咲太
「でも、俺たちがやる事に変わりはないからな。一緒に逃げようぜ」


なこ
「おう。なんか私達ならいける気がしてきた!」


【戦友】を描いたようなこの2人。2人揃ってネクスタゲームの覇者となれるのか?



みやこ
「もうすぐ100万円…これだけあればしばらくはお金に困らないね」


今回の炎上枠、みゃー姉。


みやこ
「…私もう炎上確定なの?こないだの本家の山内さんポジションなの?」


山内さんは炎上しなかったから安心したまえ


みやこ
「それならいいんだけど…もう少ししたら自首行こうかな」



善子
「あと50分切ったわね…お金欲しいけど、準レギュラーとして自首は考えたくないわね」


意外と逃げ切りに前向きなヨハネ。不幸属性は一体どこへ←


善子
「正直、この辺の時間で捕まるのだけは避けたいのよね」


スタッフ
「どうしてですか?」


善子
「不幸属性も目立たないし、印象にも残りづらいからよ」


手越君みたいなこと言ってる(笑)



残り時間【48:30】
逃走者 残り15人

梓川咲太 犬山あおい 初春飾利 宇佐美奈々子
大垣千明 各務原なでしこ 斉藤恵那 島村卯月
白井黒子 砂尾なこ 津島善子 ヘキサ
星野みやこ 骨眼鏡 薬師寺

Re: 第3回逃走中~大食い選手権前日譚~ ( No.86 )
日時: 2019/12/08 14:54
名前: ネクスタ

【48:30】


あおい
「いつの間にか、もう1時間切ってるんやなぁ」


まだ連載3ヶ月ちょっと、作者も正直驚いております←


あおい
「カキコでは遅い方やけど、前作に1年8ヶ月かけた人の台詞とは思えんなぁ」


ほんとだねー


あおい
「いや、なんで他人事なんや…この調子で頑張ってな」



黒子
「スタッフさん、ちょっといいですの?」


スタッフ
「なんですか?」


黒子
「わたくし、全然カメラに写ってない気がするんですの」


スタッフ
「大した成績残してないからですよ」


黒子
「なっ…なかなか毒舌ですわね、あなた…それなら次のミッションは参加しましょうか」


ここまで身を潜めてきた黒子。この辺りで動き出すようだ。



【牢獄 DE トーク】


夏海
「なんかさー、いつも以上に暇な気がするんだけど」



「序盤に捕まったからしょうがないですね…出来るならまた逃げたいですけど」


ソトカ
「復活チャンス、ないんデスかねー」


雄介
「みんなそれだけを頼りに今ここにいるよね(笑)」


茉里
「美琴さん、いっそのこと超電磁砲で牢獄吹き飛ばしてくれません?」


美琴
「いやダメでしょ…あなた中々腹黒いのね…」


佐天
「ゲームマスター、どうにかしてここから出るチャンスもらえませんかー?」


アル
「ネタになる子がいないとこうも退屈なんだねー」


しゅんぽこ
「それ、アルが言うことか?」


夏海
「えー、もう何も起こらないと思うので現場からは以上でーす」




みやこ
「そろそろ…自首し時かも…」タチアガリ


みゃー姉、ついに自首に動く・・・!


みやこ
「電話そんなに遠くないし、楽に行けるかも…」



みやこ
「・・・!!」ダッ


無言で定位置に戻るみゃー姉、そのワケは…



ハンターB
「・・・・・」テケテケ


ハンター・・・



みやこ
「…やっぱり花ちゃん達にカッコいい所見せたいし、自首はおあずけかな…」オドオド


怖気おじけづいたようだ・・・



千明
「この勢いで最後まで…あれ、向こうにいるのって…」



恵那
「向こうにいるのってあきちゃんじゃない?」


千明
「やっぱり恵那か!無事か~?」


恵那
「無事だよ、あきちゃん!」


ここで、野クル部長とその勧誘を受ける恵那が合流。


千明
「初めてでも、案外いけるもんなんだな」


恵那
「そうだね~、私もあんまりハンター見かけてないもん」


千明
「もし逃げ切ったら、キャンプ行き放題だぞ!」


恵那
「私も連れてってー!」


千明
「ったりめーよ!また皆で行きたいなー」


こんな話をしてると、ハンターが来やすい・・・














































恵那
「ハンターもいないし、いけるんじゃない?」


・・・はずなんだけど、運を味方につけているのかハンターが寄ってこない・・・
この子たち、恐ろしい子…


千明
「ガラスの仮面やめーや」




ハンターD
「・・・・・!!」ピピッ!


しかし、2人に寄ってこなかったハンターが別の逃走者を捉えた!


その逃走者は・・・









































骨眼鏡
「隠れ場所変え…ハンターいきなり!?」


骨眼鏡だ・・・



ハンターD
「・・・・・」タッタッ


骨眼鏡、逃げ切れるか!?


残り時間【45:30】
逃走者 残り15人

梓川咲太 犬山あおい 初春飾利 宇佐美奈々子
大垣千明 各務原なでしこ 斉藤恵那 島村卯月
白井黒子 砂尾なこ 津島善子 ヘキサ
星野みやこ 骨眼鏡 薬師寺

Re: 第3回逃走中~大食い選手権前日譚~ ( No.87 )
日時: 2019/12/11 12:21
名前: ネクスタ

ハンターD
「・・・・!!」ピピッ!


骨眼鏡
「隠れ場所変え…ハンターいきなり!?」


骨眼鏡が、ハンターに見つかった!



ハンターD
「・・・・・」タッタッ



骨眼鏡
「いつも思うけど急すぎる…やばいやばい…!」



ハンターD
「・・・・・」タッタッ



骨眼鏡
「ここ曲がって、次あっち、その次向こうの角…」タッタッ


曲がり角を使い、ハンターを振り切りにかかる!



ハンターD
「・・・・・」タッタッ



骨眼鏡
「まだ追ってくるか…じゃあ次の角で…!」







骨眼鏡
「っておいマジか…やっちゃったなー…」


しかし、その先は行き止まり・・・



ハンターD
「・・・・・」タッタッ…ピピッ!


骨眼鏡
「しょーがないか…降参だな」



ピピッ!
『HONEMEGANE』


ポン!


44:56
骨眼鏡 確保
残り14人


骨眼鏡
「うわ~、もっと地形把握しとけばよかった…悔しいですね…」


ハンターは、ベテラン作者にも、容赦なく牙を向ける・・・



プルルル プルルル


なこ
「確保情報…骨眼鏡さん確保!?」


咲太
「作者勢から3人目…ハンター強すぎないか?」


薬師寺
「作者は僕とヘキサさんだけですか…いつ狙われるか分かんないですし、集中しないと…」



ヘキサ
「・・・・・」


無言でじっと遠くを見つめるヘキサ。そのワケは…











そのワケは・・・









そのワケは・・・




ヘキサ
「いやもう僕が言いますよ、ハンターです」



ハンターE
「・・・・・」スタスタ


ハンターの数が5体に増えたため、自然と目撃する回数も増える・・・


ヘキサ
「これじゃボイメンも吉本坂も布教できないですよ…他の逃走者の方も見当たらないし…」


宣伝お兄さん、その役目を果たせるのか・・・



なでしこ
「残り45分で14人・・・この人数ってどうなのかな?」


スタッフ
「残ってる方だと思いますよ」


なでしこ
「そうなんだ~、野クルはみんな残ってるし、最後まで行けたりするのかな?」


そんななでしこを・・・
































千明
「お、向こうにいるのなでしこじゃね?」


恵那
「ほんとだー!なでしこちゃーん!」


あきえなコンビが発見した!



なでしこ
「あきちゃんと恵那ちゃん!どーしたのー?」



千明
「別にどうもしないが…偶然続きだな」


恵那
「そうだねぇー、あおいちゃんもいれば4人揃うのに…」


なでしこ
「リンちゃんの為にも絶対逃げ切ろうね!」

















ハンターC
「・・・・・」テケテケ


しかし、ハンターの存在を忘れてはならない・・・



千明
「おうよ!ハンターいないよな?」


恵那
「大丈夫だと思うよ、3人いるわけだし先に気付けるんじゃない?」



ハンターC
「・・・・・」テクテク


しかし、大勢でいるとハンター側も逃走者を見つけやすくなる・・・







ハンターC
「・・・・!!」ピピッ!


ほーら、見つかった・・・



千明
「しばらくは3人で行動するか~」


なでしこ
「そうだねぇ…ハンターいるよっ!?」


恵那
「嘘!こんなあっさり見つかるの!?」



ハンターC
「・・・・・」タッタッ



なでしこ
「2人とも、いったん分かれよう!」


恵那
「うん!無事でいてねー!」



ハンターC
「・・・・・」タッタッ


ハンターが、獲物として狙いを定めたのは・・・









































千明
「うぉっ、こっち来んのか!」タッタッ


真っすぐ逃げた、千明だ・・・



ハンターC
「・・・・・」タッタッ



千明
「くっ…負けるわけにはいかんのじゃあ!」



ハンターC
「・・・・・」タッタッ



千明
「やばいなおい…追いつかれるぞ…!」


しかも、走る道は一本道・・・



ハンターC
「・・・・・」タッタッ…ピピッ!


『OGAKI』


千明
「はぁはぁ…なでしこー、恵那ー、後は頼むーー!」


ポン!


42:32
大垣千明 確保
残り13人


千明
「ちきしょー、こっからが本番だってのに…また呼んでくれよな」


ハンターボックス封印などここまで活躍を見せてきたが、ここで力尽きた…



プルルル プルルル


初春
「千明さん確保・・・この短い間に2人もですか…」


黒子
「1体だけとはいえ…少なからず影響はあるようですわね」


なでしこ
「あきちゃん…私がもっと周りをよく見ておけば…」



あおい
「あきが捕まった…そりゃあんな方逃げたらアウトやんな…」


千明の確保を、高所から見ていたイヌコ。


あおい
「うちらも序盤は調子よかったけど…そろそろビギナーズラックもおしまいやな」


果たして、ゆるキャン勢はこの悪い流れを食い止められるのか…?



残り時間【41:50】
逃走者 残り13人

梓川咲太 犬山あおい 初春飾利
宇佐美奈々子 各務原なでしこ
斉藤恵那 島村卯月 白井黒子 砂尾なこ
津島善子 ヘキサ 星野みやこ 薬師寺


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。