二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

ざくざくアクターズZ!(完結)
日時: 2018/10/04 17:04
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no

たくっちスノー
「王さま、このZってなに?」

デーリッチ
「ほら、Zって付けるとボリュームアップ感を感じないでちか?色々と」

ローズマリー
「はいはい、それじゃあ注意に入るよ」

【王様と神のまったりものがたり】

ローズマリー
「この小説はフリーゲーム『ざくざくアクターズ』の二次創作です、時系列はエンディング後だから注意してね」

たくっちスノー
「まぁ、ネタバレは最大限防ぐけど、それでも出てくるかも」

デーリッチ
「それとこの小説は、作者が中途半端にしか妄想してないからどんな展開になるのか、どんな結末を迎えるのかは作者にも分からないでち!」

たくっちスノー
「最後に!この小説は自分がここにいる時点でお察しだけど、マガイモノが登場します!というかメイドウィンがずっと脳内に溜めてきた設定がぶちまけられます!」

ローズマリー
「言わば【メイドウィン小説入門用】の作品というわけだ、懐かしのメイドウィンキャラも登場するからこの作品でメイドウィンを深く知ってほしい」

デーリッチ
「これらが許せるなら、君もハグレ王国の一員でち!」

たくっちスノー
「それじゃあ、楽しんでみてくれよな!」

ハグレ王国、国民一覧 >>10
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『目次』
【第一章 はじまりの章】
「たくっちスノー、そしてマガイモノ編」
>>2-8
「大空戦隊バードマンVS秘密結社ヘルラージュ編」
>>9-27
「たくっちスノーの恋心編」
>>34-41
「二人ぼっちのハグレと孤独な神様編」
>>43-52
「不器用で複雑な愛情編」
>>56-59
「始まりの者編」
>>62-71
「王国で一番強くなりたい編」
>>74-83
「EPISODE『K』編(前編)」
>>86-92
「EPISODE『K』編(後編)」
>>93-102

【第二章、魔導の章】
「最高の相棒パートナー編」
>>105-109
「私があんたで、あなたは私編」
>>112-119
「魔導お兄ちゃんとギャングお姉ちゃん編」
>>120-126
「魔導界編 ~始まりの巻~」
>>129-132
「魔導界編 ~零の巻~」
>>133-135
「魔導界編 ~最強の章~」
>>140-146
「魔導界編 ~剣の巻~」
>>147-150
「魔導界編 ~戦争の巻~」
>>153-158
「魔導界編 ~崩壊・最期の巻~」
>>159-163

「魔導界編を一気見したい人向け」
>>129-163

【第三章 愛の章】
「激爽!ドッグレース編」
>>165-170
「五周年だ!水着イベントだ!色々記念編」
>>171-175
「決着!デーリッチVSたくっちスノー編」
>>176-178
「呪いの手紙とプライベート編」
>>181-183
「メイドウィンの子供編」
>>184-186
「LAST EPISODE たくっちスノーの最後のハグレ大祭り編」
>>187-192

【特別編】
「代理局長帰還。」
>>195-198

【宿屋イベント】
>>3 >>9 >>30 >>42 >>54 >>164

【SS】
フッチー「カレーってなんなんだ?」
>>202-205

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42



フッチー「カレーってなんなんだ?」 ( No.202 )
日時: 2018/08/24 22:50
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

【SS】

※時系列は魔導界編が始まる直前くらい

デーリッチ
「うほー!明日の晩御飯はカレーでちよ!」

ローズマリー
「おいおい、もう明日のメニューのことを考えているのか?」

たくっちスノー
「いいじゃん、カレーにときめかない子供はいねーんだし」

ローズマリー
「そ、それはそうだが...」

たくっちスノー
「ラッキーなことに自分も明後日のメニューはカレーうどんなんだよね、あー楽しみ」

Sonic.exe
「なんだと?こんな奴がそんな旨いもの食っていいのか?」

たくっちスノー
「飯くらい好きなの食わせろよ!!」

Sonic.exe
「T、忘れてもらっては困るがお前は一応犯罪者だ、飯の自由など考えるな」

野獣先輩
「そうだよ(便乗)本来は時空牢獄でクサい飯を食うのが普通なんだよ」

たくっちスノー
「うぐっ...時空牢獄の飯を食うくらいなら消滅した方がマシだ」

ローズマリー
「時空間にも牢獄があるんだ...」

Sonic.exe
「まあな、Tも別件でぶちこまれたことがある」

たくっちスノー
「あそこは酷くてさ、マガイモノの体じゃなかったら難なく脱獄出来なかったよ...」

デーリッチ
「堂々とそんなこと話していいんでちか?」

Sonic.exe
「心配はいらん、また悪事を働けば即落とすように大名神から命じられている」

たくっちスノー
「マジかよかなちゃん様ぁ!!」

ワーワーガヤガヤ

ヅッチー
「...ったく、あいつらも相変わらずだなぁ、なぁフッチー」

フッチー
「.....」

ヅッチー
「フッチー?」

フッチー
「なぁ、聞いていいか?」

フッチー
「カレーライスってどんな飯なんだ?」

ヅッチー
「えっ?」

フッチー
「その...ねぇからな、俺の世界には」

ヅッチー
「マジかよやべーな」

フッチー
「スパゲッティばっかある」

ヅッチー
「マジかよやべーな」

フッチー
「なぁ、カレーってどうやって作るんだ?」

フッチー
「あれって長持ちするんだろ?覚えておいた方がいいかもしれねぇし」

ヅッチー
「そうだな...うーむ」

...

ヅッチー
「というわけなんだよかなちゃん」

かなちゃん
「ほう、カレーの作り方ですか」

フッチー
「なぁ、知らないか?」

かなちゃん
「私に聞かなくともこの世界の方々なら大体知ってると思いますが」

かなちゃん
「まあ良いでしょう、頼られた以上はしっかりとお教えしますので」

フッチー
「悪いな、大名神」

かなちゃん
「いえいえ、貴方にはよく助けてもらってますからね」

フッチー「カレーってなんなんだ?」 ( No.203 )
日時: 2018/08/25 11:12
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

かなちゃん
「ではまず、カレーの材料は分かりますか?」

フッチー
「専用の奴が必要なんだろ?なんか茶色い奴!」

かなちゃん
「その通りです、カレールーが必要ですよ」

かなちゃん
「辛さは甘口から中辛まで様々な種類ありますね」

かなちゃん
「具材は主にじゃがいも、にんじん、たまねぎ、ひき肉等ですね」

かなちゃん
「好みによってはほうれん草やチキンカツ、納豆にチーズなんかも...」

ヅッチー
「えっちょっと待ってかなちゃん、真面目に紹介するの?」

かなちゃん
「今回ばかりはふざけられませんよ、相手は真面目なんですから」

ヅッチー
「えー、つまんないな」

フッチー
「興味ねーならあっち行ってろよ 」

ヅッチー
「はいはい...」

フッチー
「で、煮込み料理でいいんだな?」

かなちゃん
「はい 」

...

ヅッチー
「くっそー、暇だなぁ」

たくっちスノー
「お、ヅッチーどったの」

ヅッチー
「かなちゃんがフッチーにカレーの作り方教えてるから暇なんだよ」

たくっちスノー
「なんでかなちゃん様選んだんだよ、プリシラでいいだろ」

たくっちスノー
「くっそー、かなちゃん様をデートに誘おうと思ってたのに」

ヅッチー
「多分誘っても断ると思うけどな」

たくっちスノー
「分かってるけどよ...」

ヅッチー
「...なぁ、たくっちスノー」

たくっちスノー
「なんだよ」

ヅッチー
「フッチーの所ってさ、世界って色々あるんだな」

たくっちスノー
「まあな、カレーに限らずこの世界では当たり前の物が別の世界では存在してないなんて事はザラだ」

たくっちスノー
「ま、そんなことはハグレ王国を見りゃ明らかなんだけどな」

ヅッチー
「ふーん...そこまで不思議揃いなのか、この王国は」

たくっちスノー
「ああ!この偉大なるマガイモノの王であるこの自分が贔屓にするくらいだからな」

ヅッチー
「あーはいはい、そうですな」

かなちゃん
「ただいまヅッチー」

ヅッチー
「あ、もう終わったの?」

かなちゃん
「はい、後は自己流で作ってみるといってました」

たくっちスノー
「マフィア流のカレーか」

ヅッチー
「ちょっと楽しみかもな」

たくっちスノー
「かなちゃん様、デートしましょう!」

かなちゃん
「あー、無理です」

たくっちスノー
「AHHHHHH!!!」

フッチー「カレーってなんなんだ?」 ( No.204 )
日時: 2018/08/25 14:38
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

たくっちスノー
「うあああ...」

Sonic.exe
「なんだT、デートに誘えなかったのがそんなにショックか?」

たくっちスノー
「ショックだよ...!!」

Sonic.exe
「いつものことではないか」

たくっちスノー
「今日は雰囲気作りのために高級レストラン予約してたんだよ!!」

Sonic.exe
「...やれやれ、もう少しオレたちボディーガードの為に金を使う気は無いのか?」

たくっちスノー
「良いじゃん、ちゃんと給料払ってんだし!」

Sonic.exe
「そうかいそうかい...しかし、カレーなぁ」

Sonic.exe
「人間なら当たり前のように食べてるんだったか?」

たくっちスノー
「そうだよ、給食に月に一回は出るお宝さ」

Sonic.exe
「宝...か」

ルミナ
「てぃー」スタスタ

たくっちスノー
「お、何か用ですかいルミナ様」

ルミナ
「かれー」

たくっちスノー
「心配せずとも、カレーライスは明日好きなだけ食べられますよ」

ルミナ
「そうじゃなくて」

...

ヘレン
「ありったけの種類のカレーを食いたい」

...

ルミナ
「って にいさんが」

たくっちスノー
「ヘレン様め...中々の無茶ぶりを」

Sonic.exe
「どうする?」

たくっちスノー
「ルミナ様に言われた以上断ると黒影がうるさいしな...よし、やってやるよ!!」

たくっちスノー
「ただし、黒影の尻を叩く必要がある!!」

Sonic.exe
「ケツを?」

たくっちスノー
「例えだよ、例え!本当に叩いたりはしねーから!」

たくっちスノー
「とりあえず電話するから、あいつは飯の事にNOは言わないって分かってるし」

...

メイドウィン
「もしもし、たくっちスノー?何なの一体」

「おたくの義兄が様々なカレーをご所望なんですが」

メイドウィン
「分かった、時空からかき集めたいろんな食材を提供しとくよ」

「すまんな」

ピッ
...

たくっちスノー
「これでよし」

ルミナ
「ごめんね」

たくっちスノー
「気にしないでください、あいつの扱いは貴方以上に分かってますんで...」

Sonic.exe
「奴の友人を名乗るだけはあるな」

たくっちスノー
「さて、後はこれを王さま達に伝えるだけか...」

フッチー「カレーってなんなんだ?」 ( No.205 )
日時: 2018/08/25 16:13
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

たくっちスノー
「王さま、実はヘレン様が...」ガチャ

ローズマリー
「うわっ、なんなんだこれは!?」

たくっちスノー
「あ、なんか嫌な予感!!」

...

ローズマリー
「つまり、この歪な野菜や肉は例のあの人が?」

たくっちスノー
「まぁそうだな」

ローズマリー
「はぁ...あの人、なに食べたらこんなものを」

たくっちスノー
「なんでも食べるんだよ、彼」

ローズマリー
「...で、どうするつもり? 」

たくっちスノー
「幸いなことにルーも沢山ある、明日皆でカレーにして食っちまいましょう」

ローズマリー
「いくら王国でもこんなに食べきれないだろ...」

たくっちスノー
「そこはほら、他の皆も集めてとかさ」

ローズマリー
「お前、そういうことも考えるんだな」

たくっちスノー
「自分だってそう思うさ、でもexeの奴がもっと他人のために使え~ってうるせぇんだよ」

ローズマリー
「それはそうさ、君も王なら贅沢せずに国民にでも振る舞うんだね」

たくっちスノー
「くっ...exeみたいなこといいやがって」

デーリッチ
「ローズマリー...うお!?なんでちこの食材!?」

ローズマリー
「ああ、たくっちスノーがさ...これを使ってお世話になった人たちとカレーパーティーをしないかって」

たくっちスノー
「いやそこまでは言ってな...」

デーリッチ
「カレーパーティー!?いいでちね、早速招待状を書くでちよ!帝都や近くの村にばらまくんでち!」

ローズマリー
「だそうだ」

たくっちスノー
「くっそぉ、外堀埋めやがって...」

ローズマリー
「で、君もやるだろ?」

たくっちスノー
「やってやるよ!自分だって男だ!言われた以上はやってやる!」

たくっちスノー
「自分、いいやつに生まれ変わったんだし!」

デーリッチ
「じゃあ、一緒に書いてでち!」

たくっちスノー
「上等じゃい!」

ドドド

ローズマリー
(確かに...前と比べると彼は少しずつ善人に近づいていってる)

ローズマリー
(だが、まだだ、まだ少し足りない)

ローズマリー
(彼が変わるには...だが、難しすぎる)

ローズマリー
(時空犯罪者すらも脅かす大騒動...それこそ、常識が破壊されるほどのものが起きなければ、あるいは...)

END

たくっちスノー「僕と未来とこれからのルミナ様」 ( No.206 )
日時: 2018/12/09 22:40
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

【SS】

たくっちスノー
「.....」

Sonic.exe
「どうしたティー」

たくっちスノー
「いや、なんか緊張するんだよ...なんだろうな、ルミナ様が自分に呼び出しって」

Sonic.exe
「お前、何かやらかしたか?」

たくっちスノー
「まさか!黒影家と接するときは最大限気を使ってるよ!」

Sonic.exe
「ならどうして?」

たくっちスノー
「...それは、会ってみないと分からないよ」

Sonic.exe
「そういえばあの一族に会うのも久しぶりだな」

たくっちスノー
「そうだね、忙しくてあまり話も出来なかった」

Sonic.exe
「案外その事かもしれないな」

たくっちスノー
「うっ」

...
たくっちスノー
「やべーな黒影邸キレイだ、魔導界とっくに滅んだはずなのに」

ルミナ
「あ、たくっちスノー」

たくっちスノー
「る、ルミナ様!!お久し振りでございます、そ、その...」

ルミナ
「きにしないで、ほらあがって」

Sonic.exe
「じゃあ頑張れよ」

たくっちスノー
「はあ!?見送りだけかよお前!?」

Sonic.exe
「俺バイトあるから、お前の問題だろ」

たくっちスノー
「ちょっ、おーい!!」

ルミナ
「....」

たくっちスノー
「待たせるのも悪いよね...お邪魔します、ルミナ様」

...

たくっちスノー
「でっかー!!黒影邸でっかー!!」

たくっちスノー
「玄関だけで50人は靴並べられる!!何これ!?下駄箱10000人は入るぞ!!」

たくっちスノー
「旅館か何か!?」

ルミナ
「え、あ...うん、そうなの」

たくっちスノー
「え?」

ルミナ
「あ、えっと...その...」

ヘレン
「今は我が家を改装して兄妹仲良く温泉旅館を経営してるのさ」

たくっちスノー
「ヘレン様!?それって一体...」

ヘレン
「まあこんなところで話すのも何だ、上がれ上がれ!お前は局長だから一番いい部屋を用意してある、なあルミナ!」

ルミナ
「うん」

たくっちスノー
「い、いいですよそんな気遣い!普通の部屋で結構ですから!」

ヘレン
「それじゃあルミナが納得しないんだ!ほらほら!」

...

ヘレン
「メイドウィンが死んでからもう定食屋じゃ無理だと思ってな...何せマテリアの過剰摂取ばかり求めるバカばっかだからな」

ルミナ
「だからふたりではじめたの」

たくっちスノー
「それで温泉旅館を...ですか」

ヘレン
「天然の魔力が込められた温泉をルミナが掘り出してな、俺が板長でルミナが女将!心機一転黒影家の新たなスタートさ!」

たくっちスノー
「...あれ、娘さんは?」

ヘレン
「ラミスならずっと前から洋食の修行中だ」

たくっちスノー
「マジすか!?」

ヘレン
「で、この家は俺達家族には広すぎるから思い切ってこんな風に...」

たくっちスノー
「はえー...それでどうです?やっていけてるんですか?」

ヘレン
「今のところはな、客もボチボチ増えてきたし常連もいる、時空でトップとはいかないが中堅くらいと言ったところか」

ルミナ
「うん...きょうはね かしきりだから」

たくっちスノー
「え、貸し切り!?ちょっと聞いてないんですけど!」

ヘレン
「おう、お前んとこの部下がな?あと俺が、最近仕事ばかりでゆっくり出来てないと思って用意してやったのさ」

たくっちスノー
「そんな...悪いですよ、そんなの...」

ヘレン
「今回ばかりは遠慮すんなって!ほら今日は泊まってけよ!」

たくっちスノー
「...まぁ最近はどこでも出来る仕事しかないし...うん、一泊だけなら」

ヘレン
「おーし!ゆっくりしてけよゆっくり」

ルミナ
「ゆっくり」

たくっちスノー
「うん...ありがとうございます」

...

たくっちスノー
「とはいっても温泉ねぇ...別に汚れないから自分は風呂入る必要ないんだけど」

たくっちスノー
「まあいいや、あんなに広いんなら好きな人沢山呼べるし来てよかった」

たくっちスノー
「さてと...仕事ちゃっちゃと済ませますかね...資料に実験記録に...ほんと監理局は色々やってるなぁ...まぁこれも平和のためか」

たくっちスノー
「さて、頑張りますか」

~三時間後~

ルミナ
「あの...」

たくっちスノー
「ん?どうしましたルミナ様 」

ルミナ
「ずっと そこに?」

たくっちスノー
「へへへ...これがまた大事な計画が多いそうでね...目を付けておかないと」

ルミナ
「ふーん」

たくっちスノー
「貴方の夫さんは性格はともかく仕事はできた...あいつだったら既にゴロゴロしてるだろうになぁ」

ルミナ
「いまはなにを?」

たくっちスノー
「ああこれですか?今はほら...パートナークローン計画です」

ルミナ
「?」

たくっちスノー
「力や頭脳系の仕事はもちろん奉仕に家事、話し相手から何まで、どんなことにも使えるパーフェクトなクローン生物を考えてるそうで」

ルミナ
「...」

たくっちスノー
「貴方のお兄さんと自分はこの計画に反対してるんだけどね」

ルミナ
「どうして?」

たくっちスノー
「だってあまりにも非人道的じゃないですか...自分的にも奴隷を連れてるみたいで気分が悪くなる」

たくっちスノー
「でもなぁ...クローンか、もし自分が沢山存在したら仕事も捗って迷惑をかけずに済むのかもなぁ...」

ルミナ
「.....」

たくっちスノー
「ああごめん、仕事のことを貴方に愚痴るなんてなんて奴だ...」

ルミナ
「たくっちスノー」

たくっちスノー
「すみませんルミナ様...せっかく誘ってくださったのにあまり楽しめなくて、でもいいんです、自分はつまらない生物ですから」

ルミナ
「たくっちスノー」





ルミナ
「きみは めーどいん からつくられた...の?」

たくっちスノー
「...はい、そうですね」

ルミナ
「めーどいんは きみの おとうさんなの?」

たくっちスノー
「...うん、知ってたんだ、僕が黒影から作られたの」

ルミナ
「めーどいんのことなら なんでも」

ルミナ
「ねぇ」

ルミナ
「きみが めーどいんからつくられた『かぞく』なら ボクはあのひとのつま としてきみを あいしたい」

ルミナ
「きみがめーどいんの こども なら ボクの こどもでも あるんだよ」

ルミナ
「たとえ きみがボクの ごせんぞさま のようなものでも」

たくっちスノー
「ルミナ様...」

ルミナ
「あのね いつかかわりができて かんりきょくをやめたら」


ルミナ
「うちに こない?」

たくっちスノー
「え?」

ガラッ

ヘレン
「おーいお前達、そろそろ飯が...あっ」

たくっちスノー
「あっ」

ヘレン
「何かタイミング悪かったか?」

たくっちスノー
「いえ...あ、そろそろ仕事終わったので温泉入ってきますね」

ヘレン
「お前ずっと仕事してたのか!?卓球にテレビゲームも用意したのに」

たくっちスノー
「すみません...じゃ、入ってきます」

ヘレン
「あ、ああ...」


ルミナ
「にいさん」

ヘレン
「何?」

ルミナ
「たくっちスノー がここでくらしたら めいわくかな?」

ヘレン
「...本気だったのか、ルミナ」

ルミナ
「うん あのこはいいこだから」

ヘレン
「...うん、まぁ困りはしないな、俺だって考えたし、だがなによりも...あいつがその生活を望むかどうかだ」

ルミナ
「うん...」

.....

たくっちスノー
(温泉なんて...見たことしかなかったな...)

たくっちスノー
(こんな風に湯に浸かったのも...何ヵ月ぶりだったかな...)

たくっちスノー
「何より、あの言葉...冗談、だよなぁ」


たくっちスノー
「家族なんて...勝手に名乗ってるだけなのに...あの人はもう離婚したのに...」


...

翌朝

たくっちスノー
「今日は色々とお世話になりました」

ヘレン
「たまには休めよ、また貸し切りにしてやるから」

ルミナ
「それはダメ」

たくっちスノー
「...ルミナ様も、色々とありがとう」

ルミナ
「あのね、たくっちスノー...ボクは」

たくっちスノー
「では、またいつか」

ルミナ
「あっ...」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Sonic.exe
「何!?あの二人が温泉旅館だと!?」

たくっちスノー
「なんか一日世話になっちゃって...」

Sonic.exe
「俺も行けばよかったか...」

たくっちスノー
「...今度、ハグレ王国でも誘う?」

Sonic.exe
「そうだな、奴等にも話しておきたいしな」

たくっちスノー
「うん...」

Sonic.exe
「どうした?ティー、深刻そうな顔して」

たくっちスノー
「え?ああ、なんでもねーよばーか!」

Sonic.exe
「...フン、どうだか」

『END』


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。