二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

ざくざくアクターズZ!(完結)
日時: 2018/02/09 22:42
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no

たくっちスノー
「王さま、このZってなに?」

デーリッチ
「ほら、Zって付けるとボリュームアップ感を感じないでちか?色々と」

ローズマリー
「はいはい、それじゃあ注意に入るよ」

【王様と神のまったりものがたり】

ローズマリー
「この小説はフリーゲーム『ざくざくアクターズ』の二次創作です、時系列はエンディング後だから注意してね」

たくっちスノー
「まぁ、ネタバレは最大限防ぐけど、それでも出てくるかも」

デーリッチ
「それとこの小説は、作者が中途半端にしか妄想してないからどんな展開になるのか、どんな結末を迎えるのかは作者にも分からないでち!」

たくっちスノー
「最後に!この小説は自分がここにいる時点でお察しだけど、マガイモノが登場します!というかメイドウィンがずっと脳内に溜めてきた設定がぶちまけられます!」

ローズマリー
「言わば【メイドウィン小説入門用】の作品というわけだ、懐かしのメイドウィンキャラも登場するからこの作品でメイドウィンを深く知ってほしい」

デーリッチ
「これらが許せるなら、君もハグレ王国の一員でち!」

たくっちスノー
「それじゃあ、楽しんでみてくれよな!」

ハグレ王国、国民一覧 >>10
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『目次』
【第一章 はじまりの章】
「たくっちスノー、そしてマガイモノ編」
>>2 >>4 >>7 >>8
「大空戦隊バードマンVS秘密結社ヘルラージュ編」
>>9 >>11 >>16 >>19 >>24 >>26 >>27
「たくっちスノーの恋心編」
>>34 >>35 >>36 >>40 >>41
「二人ぼっちのハグレと孤独な神様編」
>>43 >>45 >>47 >>50 >>51 >>52
「不器用で複雑な愛情編」
>>56 >>57 >>58 >>59
「始まりの者編」
>>62 >>65 >>68 >>69 >>70 >>71
「王国で一番強くなりたい編」
>>74 >>75 >>76 >>79 >>81 >>83
「EPISODE『K』編(前編)」
>>86 >>87 >>90 >>91 >>92
「EPISODE『K』編(後編)」
>>93 >>96 >>97 >>98 >>99 >>102

【第二章、魔導の章】
「最高の相棒パートナー編」
>>105 >>106 >>107 >>108 >>109
「私があんたで、あなたは私編」
>>112 >>115 >>118 >>119
「魔導お兄ちゃんとギャングお姉ちゃん編」
>>120 >>121 >>124 >>125 >>126
「魔導界編 ~始まりの巻~」
>>129 >>130 >>131 >>132
「魔導界編 ~零の巻~」
>>133 >>134 >>135
「魔導界編 ~最強の章~」
>>140 >>141 >>142 >>143 >>146
「魔導界編 ~剣の巻~」
>>147 >>148 >>149 >>150
「魔導界編 ~戦争の巻~」
>>153 >>155 >>157 >>158
「魔導界編 ~崩壊・最期の巻~」
>>159 >>160 >>163

【第三章 愛の章】
「激爽!ドッグレース編」
>>165 >>166 >>167 >>170
「五周年だ!水着イベントだ!色々記念編」
>>171 >>174 >>175
「決着!デーリッチVSたくっちスノー編」
>>176 >>177 >>178
「呪いの手紙とプライベート編」
>>181 >>182 >>183
「メイドウィンの子供編」
>>184 >>185 >>186
「LAST EPISODE たくっちスノーの最後のハグレ大祭り編」
>>187 >>191 >>192

【特別編】
「代理局長帰還。」
>>195 >>196 >>197 >>198

【宿屋イベント】
>>3 >>9 >>30 >>42 >>54 >>164

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41



Re: ざくざくアクターズZ!(完結) ( No.197 )
日時: 2018/02/09 22:41
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

たくっちスノー
「やぁやぁZERO、お前まだここにいたのか」

ZERO
【悪イカ?】

たくっちスノー
「悪くはないね、見たところしっかり書類を発行しているみたいだし...」

ZERO
【ナラバ文句モ言エルマイ】

たくっちスノー
「マジンガーはどう?流行ってる?」

ZERO
【マダマダ ト言ッタ所ダ】

たくっちスノー
「そうか...そっちも大変だねぇ」

ZERO
【大変?何ヲ言ウ...コンナ楽シイ事ノ何ガ大変ダト言ウノダ】

たくっちスノー
「仕事を楽しめるなんてスゴいなぁ」

ZERO
【ヤリタクテ始メタ事ダカラナ...ソウソウ 私ヨリモ彼女ニ会ウトイイダロウ】

たくっちスノー
「彼女?」

「...君が、たくっちスノーとやらか?」

たくっちスノー
「君は...※マリオン!!」

※ざくざくアクターズの裏ボスその1
まぁ詳しくはググれ

マリオン
「マリオンから見たら初対面だが、数ヵ月前にマリオンが世話になったというみたいだな」

たくっちスノー
「え?...まさか、『M』ってマリオンの事だったのか!?」

ZERO
【ソノヨウダナ...トナルト コイツニハ一仕事シテモラウ必要ガアル】

マリオン
「ZEROからある程度は聞いているが、数ヵ月前のデーリッチをマリオンが救う必要があるみたいだな」

たくっちスノー
「そうなるね...やってくれる?」

マリオン
「デーリッチはマリオンにとっても大事な存在だ、可能な限り協力しよう」

たくっちスノー
「よし、まずは手紙を書いてくれ、時空監理局経由でデーリッチの元へ送り、【M】という未来人を仕立てあげる」

マリオン
「それはいい、どうやってマリオンを過去へ送るのだ?マリオンの宇宙船は流石に時を越えることは不可能だぞ?」

ZERO
【タイムマシンナラ監理局ニアルゾ】

たくっちスノー
「本当にピンチになったとき、デーリッチから返事の手紙が来る」

マリオン
「送られたときにマリオンは出発すればいいのだな」

たくっちスノー
「危険な任務になるが、これもデーリッチの為なんだ...」

マリオン
「任せろ、あいつはマリオンが守る...」

たくっちスノー
「...ねぇ、君から見てデーリッチってどんな人?」

マリオン
「不思議な生き物だ...優しいだとか、純粋だとか、そんな言葉では例えられないほどの...要するに、良い人物だ」

たくっちスノー
「だろうね、僕から見てもそう思うよ」

マリオン
「じゃあな、また数ヵ月前で会おう」

たくっちスノー
「ああ!」

...

たくっちスノー
「ヘレン叔父さん!」

ヘレン
「お、おじ....どういうことだ!?」

たくっちスノー
「ご、ごめん!冗談だよ冗談!」

ヘレン
「冗談にしては趣味が悪いぞ」

ヘレン
「....なんてな、全部知ってるよ、副局長だからな」

ヘレン
「色々と驚きだらけだったなぁ、あいつがリメンバー・ツルギ・プロジェクトなんて大それた計画考えてたり、あいつがマガイモノを作っていたり...」

ヘレン
「....お前が、そのマガイモノの一人だったり」

たくっちスノー
「......」

ヘレン
「マガイモノでありながらマガイモノを作る技術を持つ者、たくっちスノー...」

たくっちスノー
「マガイモノメイカーなんて誰でもなれるよ、なってほしくはないけど...」

ヘレン
「俺のご先祖様を作ろうとしてお前が生まれたなんて信じられないな」

たくっちスノー
「僕だってその気になればつるぎちゃんとやらにはなれるかもしれない...けどさ、分からないんだ」

たくっちスノー
「生まれた時代も世界も、顔も体つきも性格も、なーんにも分からない、そのくせ黒影はそんなこと一切話さなかった」

たくっちスノー
「多分黒影からしてもそんなことどうでもよかったんだろうね」

ヘレン
「ふーん...なら、お前はマガイモノを作る上で何を考えているんだ?」

たくっちスノー
「僕はこうなったらいいなって願望程度にしか考えてないよ、僕はモチーフを決めるだけでどんな風に生きるかはその子達次第」

ヘレン
「あいつの子とは思えねぇなぁ」

たくっちスノー
「...ねぇ、ヘレンさん、一つ聞いても良い?」

ヘレン
「なんだ?」

たくっちスノー
「どうしてヘレンさんが局長にならなかったの?副局長なのに」

ヘレン
「....なんでだろうなぁ」

たくっちスノー
「気が変わったら、僕はいつでも代理局長をやめますよ」

ヘレン
「ああ....とりあえず、今は局長になる気はない」

たくっちスノー
「分かりました...待ってますからね」


ヘレン
「....」

「にいさん なにしてるの?」

「ああ、たくっちスノーと話してたんだよ」

「きてたのなら、ボクにもおしえてよ」

「悪い悪い!」




「なぁ局長さんよ、お前は代理を名乗らなくたって良いんだぜ...?」

Re: ざくざくアクターズZ!(完結) ( No.198 )
日時: 2018/02/09 22:41
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

たくっちスノー
「お待たせデーリッチ!旅の話でも...」

デーリッチ
「....」

ローズマリー
「....」

たくっちスノー
「ど、どうしたの、二人とも...?」

ローズマリー
「本当なのか教えてくれ、君は...局長ではないんだね?」

たくっちスノー
「!」

デーリッチ
「デーリッチ達にウソ付いたんでちか?」

たくっちスノー
「誰がそんなことを...」

メル
「....」

たくっちスノー
「メル姉!!さっきの事をデーリッチ達に話したの!?」

メル
「なんだよ...どうせ気付かれるんだから良いじゃねぇか」

たくっちスノー
「そういうことじゃなくて!!」

ローズマリー
「はっきりさせるんだ、君は局長になったのか、違うのか」

たくっちスノー
「ヘレンさんから聞いたりはしてないの?」

デーリッチ
「教えてくれないでち...」

たくっちスノー
「...しょうがないか、なら話すよ、僕は局長ではあるが正式な物ではない、代理なんだ。」

ローズマリー
「代理...?」

たくっちスノー
「僕はこの世界から去った後、黒影殺害の重犯罪者として連行された...そして全部白状して檻に籠ってた」

ローズマリー
「全部というとどのくらい?」

たくっちスノー
「貴方達が見てきたもの、彼が話していた愛全てさ」

たくっちスノー
「大騒ぎだったよ...何せ掘れば掘るほど黒影がそういう奴だったという証拠が出てくるんだもん、ミュータントのミイラに剣ちゃんらしきものの日記に」

たくっちスノー
「しまいにはリメンバー・ツルギ・プロジェクトなる存在と、それを行うための設定回収のため作られた時空監理局...という衝撃の事実が判明した」

たくっちスノー
「あ、これタブーらしいから内緒にしておいてくれ...それで、時空監理局が選んだ選択は黒影の存在すらも揉み消す事で知られることなく解決していった、結果僕の罪も消えた」

たくっちスノー
「そしてリメンバー・ツルギ・プロジェクトの失敗作たくっちスノーという設定だけが残った」

デーリッチ
「に、二歳っていうのは...?」

たくっちスノー
「本当だよ、ため口でも良いくらい」

ローズマリー
「それで、貴方は何故代理局長に?」

たくっちスノー
「存在は消しても、そのあと代わりをどうするかって焦ってさ...誰もなりたがらなかったの、だから代わりとして僕が就任することにした」

たくっちスノー
「【黒影ぐらい仕事ができる人がやってくるまでは代わりの局長になる】って約束を交わしてね」

デーリッチ
「...そうだったんでちか」

たくっちスノー
「メル姉は前の一件でマガイモノになって、僕に弟になれなんて言い出してさー」

メル
「悪いかよ?」

たくっちスノー
「僕はそう思わないよ...で、今はメル姉に引っ張られて仕事をしながら旅に行ってるんです」

ローズマリー
「....つまり、一応局長ではあると」

たくっちスノー
「うん、本当に一応だけどね」


たくっちスノー
「それじゃあ、僕そろそろ...」

デーリッチ
「えっ、もう行くんでちか!?」

たくっちスノー
「ここに来たのはメル姉の志望ではなく僕のワガママだからね」

ローズマリー
「...そうか、たくっちスノー、一つだけ聞いて良いか?」

たくっちスノー
「うん、何?」

ローズマリー
「君は代理と言ったが....もし、新しい局長候補が現れて、その人物が局長になったら君はどうするんだ?」

たくっちスノー
「そうだなぁ...まず時空監理局をやめるかな...ほら、僕なんかが居てもお荷物だし、あとメルさんが姉さんじゃなくなるね」

メル
「はぁ?なんでそうなるんだよ」

たくっちスノー
「メル姉が僕に弟になれって言ってきたのは時空監理局局長の立場を利用するためでしょ?局長じゃなくなった僕に価値はないよ」

メル
「そうは言ったけどよ.....」

たくっちスノー
「その後は独りぼっちになってー、どうなるんだろうなぁ...ふふっ」

ローズマリー
「たくっちスノー、君は随分変わったよ...」

たくっちスノー
「ええ、実は前みたいに設定を取り込んだり一時的に肉体を別のキャラにすることが出来なくなったんですよ」

たくっちスノー
「好き嫌いというのが少しは分かってきたかな?」

ローズマリー
「好きだとか嫌いだとかそういう話じゃない、謙虚になったと言ってるんだ...」

デーリッチ
「いつもと様子が違うでち...たくっちスノーはもっと笑ったり、泣いたり、子供っぽい人でち...」

たくっちスノー
「そんなことはないよ!ちょくちょく笑ってるって!」

ローズマリー
「私の目には、子供が必死に大人の真似をして無理をしているようにしか見えないよ...」

たくっちスノー
「...厳しいなぁ、参謀さんは」

ローズマリー
「また暇なときに遊びに来てくれ....」

たくっちスノー
「もちろんだよ...」

ヘレン
「待て!たくっちスノー、いや局長!」

デーリッチ
「ヘレンさん!?」

たくっちスノー
「...どうしたの?」

ヘレン
「お前は代理局長じゃない!!お前は本物の局長だ!!」

ヘレン
「大体、有能な人間の代わりなんて約束を持ちかけたのはお前の方じゃないか!!」

デーリッチ
「えっ...!?」

ヘレン
「お前は抜けなくたって良いんだ!!代わりを見つける必要もない!!だから待つ必要なんてないんだ!!」

たくっちスノー
「ヘレンさん...僕じゃ時空監理局はダメになるんだよ」


たくっちスノー
「時空監理局の局長にふさわしいのはさ、一日にどさーっと来る1億ほどの資料を目を離した隙に終わらせれるような仕事のできる人間なんだ、それでいて仲間思いで、優しい人間!」

たくっちスノー
「けど僕はそんな一日分を終わらせるのにぴったり一日は掛かるんだ」

ヘレン
「お前....」

たくっちスノー
「ダメなんだ、僕じゃ、まだ黒影には程遠いんだ...黒影のような人間を...最高で完璧なる生き物が...局長に...」

メル
「おい、待てよ!」

たくっちスノーはふらついた足取りで時空の渦へと入っていく

メル
「....」

ローズマリー
「たくっちスノー...やはり精神的に相当参ってるみたいだな...」

ヘレン
「無理もないさ、まだ二歳児なのに甘える相手もいないんだからよ」

デーリッチ
「たくっちスノー...いくらなんでも可哀想でち...」

ローズマリー
「彼が求めるような人間って...現れるんですかね?」

ヘレン
「まず無理だろうな...あんな事が出来る生き物なんてマガイモノでもありえない...というかさ、よっぽどの事がない限り局長って仕事しないんだよ、基本座ってるだけ」

メル
「なっ!?」

デーリッチ
「...やらなくていい仕事を?」

ローズマリー
「......たくっちスノー!!君は最初に会った頃に比べ大きく変わった!!努力もしている、必死になって働いている!『好き』だって感じられるよ!」


『だけど加減を考えなよ!それで心が壊れたら見も蓋もないじゃないか!!』

メル
「....あのバカ」


...

たくっちスノー
「ああメル姉...ごめん、勝手に行っちゃって...」

メル
「おい弟、ちょっと休め」

たくっちスノー
「え?」

メル
「聞こえてなかったか、休めっつったんだよ」

たくっちスノー
「で、でも....」

メル
「監理局だとかそういうのは全部メル様がやってやるから!!いいから少し休めっての!!」

たくっちスノー
「分かったよ、ごめんよ、メル姉.....」

メル
「なんでお前が謝るんだよ...謝るようなことなんかしてねぇだろ」

たくっちスノー
「出来ることなら貴方の旅に付き合ってあげたいのに...」

メル
「...局長が変わるまでって奴か?」

たくっちスノー
「うん、いつ候補が来るか分からないからね」

メル
「おい、ふざけたことを言うんじゃねぇっての」



『お前が局長じゃなくなっても、メル様はお前だけのお姉ちゃんだからな!!』

...

そして僕は休息を取らせてもらった

メル姉には本当に感謝しているし申し訳ないと思っている、こんな弟でごめんね。

たくっちスノーという名は目立つため前に任天堂世界で使っていた『宅地雪』という偽名を使うことにした。

何、しようかな....ああ、そうだ、ジュースくらいなら作れるかな。

喫茶店の名前はどうしようかな、考えることいっぱいだな...

この世界は...安らぎがあって落ち着くなぁ

【特別編 END】

Re: ざくざくアクターズZ!(完結) ( No.199 )
日時: 2018/02/10 00:25
名前: mirura@

最近、深夜にしか来れない自分を嘆いています。

ミラ「いや嘆く必要無いでしょ」

まぁ、そうですね。



こんにちは!
特別編、と聞くとまさかなぁ・・・・と思ってましたが、
見事に予想的中。シリアスが入りましたね。
ロストメイドウィンさんの特別編には確実にシリアスが入りますし・・・(見たところ)

なるほど、だからあっちでは「雪」として出てたんですね。
休暇で、ですか。たくっちスノーさん、大変ですね・・・・・

頑張っているから、いいじゃないですか。


ゼネイラ『小説の投稿を二週間もサボっているお前より偉いな』

ミルラ「時間が無いんですよ・・・・・・」


・・・・ちなみに、

ポケモントライの方は募集、しなさそうだなぁ・・・・と思ってます。
するんだったら応募しますが。ポケモン好きなので。

ロストヒーローは、コメント出来ずにいることが多いですが、
ちゃんと見ているので!


更新、頑張ってください!

Re: ざくざくアクターズZ!(完結) ( No.200 )
日時: 2018/02/10 07:07
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

Miruraさん

たくっちスノー
「すまんね、最近は試験だったりで書く暇があまりなくって」

ロストメイドウィン
「ポケモントライはロスヒにかまけて中々書けないからな」

たくっちスノー
「元々ロスヒをやりたくな~いって投げ出して投稿したものだからなぁ...トライは募集を考えているからね!」


ロストメイドウィン
「俺の書く特別編ってシリアスか?」

たくっちスノー
「少なくとも次に書こうと思ってる牙組の特別編はシリアスだね」

コメント感謝だよ!

Re: ざくざくアクターズZ!(完結) ( No.201 )
日時: 2018/03/09 12:38
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

【予告編】

たくっちスノーが、ハグレ王国に帰ってくる...


たくっちスノー
「着いたぞ万丈、ここが...ハグレ王国だ!」


ざくざくアクターズZ!の続編が遂に登場!


たくっちスノー
「マガイモノ屋って今どうなってたっけ...」

福ちゃん
「あら、こんにちは」

たくっちスノー
「こんち...えええっ!?なんで!?」

福ちゃん
「いえ、色々と...」

龍我
「で、ここって何をするんだ?」

たくっちスノー
「まぁ、浴に言う何でも屋だ!」


「元」牙組の万丈龍我と、ハグレ王国古参の福の神こと福ちゃんを巻き込み、マガイモノ屋は色んな依頼を解決いたします!


たくっちスノー
「時空を越えてお悩みを解決いたします、なぁに心配には及びませんってな」


福ちゃん
「福の神がついてますよ!」


【ざくアクZ2!偉大なる神とマガイモノ屋】


「潤動。」


近日公開。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。