二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

MM××中 オレが正義の仮面ライダー祭(完結)
日時: 2020/06/04 23:03
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

「ようやく分かった、ヒューマギアが支配する上で必要なモノが」




【滅亡迅雷.netに接続】

もう1つのゼロワンことifルート編第2弾!
ゼロワンの世界の桜祭りを彩るのはゼロワンと、ライダーと、逃走者だ!

【注意】
「これがワタシのやりたいこと」の続編です
メイドウィンの作品である「仮面ライダーフォルテ」「仮面ライダーメモリアル」のネタバレ要素含んでおります
めちゃくちゃ
独自要素もありますし多分戦闘もあります


【逃走者】
1 カルマート・アレグレット(仮面ライダーフォルテ)

2 坂東詩伍郎(仮面ライダーフォルテ)

3 常磐ソウゴ(仮面ライダージオウ)

4 明光院ゲイツ(仮面ライダージオウ)

5 門矢士(仮面ライダーディケイド)

6 たくっちスノー(マガイモノ)

7 魔トリョーシカ(マガイモノ?)

8 かなづち大明神 (ざくざくアクターズ)

9 安田圭人(仮面ライダーメモリアル)

10 日向慧(仮面ライダーメモリアル)

11 鈴原下雪(仮面ライダーメモリアル)

12 黒田白文(仮面ライダーメモリアル)

13 旋風紬(仮面ライダーメモリアル)

14 小尾十影(仮面ライダーメモリアル)

15 壱姫(仮面ライダーメモリアル)

16 エイジア >>2

17 立花響 (シンフォギアシリーズ)

18 からあげ >>3

19 マリィ(ポケットモンスターソード・シールド)

20 クロノスエボル >>4

21 石川五恵(リリース・ザ・スパイス)

22 シュンP >>5

23 名護啓介(仮面ライダーキバ)

24 月詠 >>6

25 左翔太郎(仮面ライダーW)

26 生ブスカジ >>7

27 シックス(リトルナイトメア)

28 モンブラン博士 >>8

29 本郷猛(元祖仮面ライダー)

30 葉月 >>10

31 うずまきナルト(NARUTO)

32 新田 >>13

33 ネイサン・ドレイク(アンチャーテッド)

34 きくらげ >>15

35 Konakun >>17

36 セリカ=A=マーキュリー (BLAZBLUE)

37 フランソワーズ >>19

38 夢野幻太郎 (ヒプノシスマイク)

39 ヤード >>20

40 藤崎佑助(SKETDANCE)

41 餅兎ユーニアス(DM枠)

42 ハル(深夜廻)


【舞台】
ゼロワンの世界
桜祭り会場

【ゲームマスター】
???

【賞金】
100万円

【見どころ】
仮面ライダー大乱戦!
ヒューマギアと人類の屋台対決!
忍び寄る滅亡迅雷の魔の手

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27



Re: MM逃走中 オレが正義の仮面ライダー祭 ( No.38 )
日時: 2020/05/16 17:05
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

95:34

旋風
「‥‥‥あ」

‥‥‥


「さ、財布財布‥‥‥そろそろ中身が‥‥‥‥」

バンドラ
「我の分があるだろう」


「子供に‥‥‥あと弟子に奢ってもらうのはちょっと‥‥‥」

スリー
「おや、宅地雪さん」


「あ、君は確かメタルメイドウィンの3番目」

スリー
「逃走者の反応がありませんが」


「あっちに居るんじゃない?」

スリー
「分かりました」

‥‥‥

旋風
(サンキュービック、局長さん)

エイジア
「お、お前は確か‥‥‥メモリアルライダー?」

旋風
「せやせや、【仮面ライダーアラシ】になるのがワシやで」

旋風
「言うてもまぁ、ワシらの小説に目を向けてる人それなりにおるはずやから分かっとると思うけど、念の為な」

旋風
「作品の流れから聞いとるで、時空監理局について調べ回っとるという」

旋風
「ワシも今、任務中の残党メンバー探しとるわけや」

エイジア
「やっぱりまだ任務をやっているやつもいるのか?」

旋風
「数年近く行うプロジェクトとかザラやからな〜、ワシだって仮面ライダーシノビが完結するまであの世界で忍術のデータ調べてたつもりやし」

旋風
「あ、プロジェクトといえば‥‥‥‥アレは流石に終わっとるやろな」

エイジア
「アレ?」

旋風
「確かまだメイドウィン‥‥‥あ、今はカーレッジとか言う名前やったか?そいつの代の頃から大きなプロジェクトが立てられてた」


旋風
「人工メイドウィン製造プロジェクト」

エイジア
「人工メイドウィン?」

旋風
「壮大に言っとるが、要はロボットにメイドウィンをやらせるって計画や」

旋風
「緑風っちゅう奴はそのプロジェクトで作られたんやけどな、前に問題が発生してなー」

旋風
「精神部分が不完全やった」

エイジア
「そんなの作ってたのか」

旋風
「時空規模やからな、沢山おる上にプロジェクトやら係やらナニナニ課やらそんなの多くてなぁ、ワシも全部把握しとらん、局長は知っとるかもしれんが」

エイジア
「へぇ‥‥‥‥」


旋風
「んー‥‥‥‥あれ?そういやその人工メイドウィンプロジェクトって」


旋風
「リーンシリーズより前に何か1つ作っとったよーな‥‥‥‥?」

Re: MM逃走中 オレが正義の仮面ライダー祭 ( No.39 )
日時: 2020/05/16 18:26
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

93:24

サーティフォー
「それでさぁ!クイーンオブオクタヴィアって船で逃走中した時は最悪でさぁ!」

サーティフォー
「あそこの船長さんがめっちゃ金ケチるもんだから、俺全然盛り上がれなくて!」

フォー
(うっわ‥‥‥愚痴始まったよ、めんどくさいなぁ、なんでサーティフォーなんか呼んだのかなぁ)

フォー
(逃走中の時だけ猫被るやつもいるし、AI教育もっとしっかりしてくれよなぁ、ツー‥‥‥‥)

フォー
(協力しないことをしないってのも結構ストレス溜まるんだよな、どのメタルメイドウィンにも理解されないけど)



フォー
(まあいいや、そろそろスリーに怒られるしハンターしよっと)


フォー
「俺そろそろ行くからなー34」

サーティフォー
「えー?まだ3分あるだろ?」

フォー
「いやなんか萎えたわ、お前と酒飲んでも楽しくないもん」

フォー
「他のやつ探してくるわ」

サーティフォー
「あっそー」

‥‥‥‥

ヤード
「前に霊夢から聞いたんだけどよ、メタルメイドウィンって色んな性格あるんだけど、その中でも4番目が問題児なんだよ」

ボッスン
「4番目?」

ヤード
「感情のブレ幅が激しいそうだ、すぐ盛り上がったりすぐ凹んだり飽きたりする」

ヤード
「なんというか、ある意味では一番人間臭いメタルメイドウィンなんだってよ」

ヤード
「そんなんだからゲームマスターなんてやりたがらない、下手すりゃ逃走者としてもやれるかどうか怪しいそうだ」

ボッスン
「そんな問題ならロボットなんだから作り直せばいいんじゃないのか‥‥‥‥‥」

ヤード
「最近はロボットの権利問題とかうるさいからなー、この世界はまだそういうの無いけど時空生まれはなー」

ボッスン
「なんかめんどくさいよなー、時空って」

ボッスン
「厄介事や無数にある法律に首を突っ込むことになるなんて知ってたらスケット団も時空まで手を伸ばさなかったんだけどな〜」

ヤード
「俺が散々忠告しても始めたじゃないかよ」

ボッスン
「ま、そうでしたね」


フォー
「みっけ‥‥‥」



ヤード
「‥‥‥お、噂をすればアレがメタルメイドウィンNo.4だ」

ボッスン
「アレか、作戦通り行くぞ」

ボッスンはゴーグルをはめて大きなパチンコを取り出す


ボッスン
「俺はそげキングみたいにポップグリーンは出せないが‥‥‥‥」グイーッ

ボッスン
「狙い撃ちは出来る!」バシーッ!!

ボッスンはフックの先を発射する

ヤード
「木の上に逃げるぞ!」

ボッスン
「了解!」

Re: MM逃走中 オレが正義の仮面ライダー祭 ( No.40 )
日時: 2020/05/16 18:44
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

92:41

フォー
「ちっ、逃がしちまった」

スリー
「フォー、あと2分でミッションが始まります」

フォー
「げ、確かミッションまでに1人確保がオレたちハンター側のノルマだよな」

スリー
「はい」

フォー
「今回ハンターになったのはオレ、スリー、ナインティナイン、サーティフォー、そしてナインか」

フォー
「今回増えるの?」

スリー
「いいえ、ミッションなどでも増えず我々五機のみで行うそうです」

フォー
「マジかよ俺たちだけで42体か‥‥‥ちょっと逃走者の時と比べてハードモード過ぎない?」

スリー
「逃走者機よりも性能が底上げされていますが」

フォー
「いやそういう問題じゃなくて、めんどくさいじゃん」

フォー
「速く終わりすぎず、盛り上げるために加減しながら捕まえる必要あるんだろ?」

フォー
「俺さ、接待とか苦手なんだよねー」

スリー
「‥‥‥‥‥私にはよく分かりません」

フォー
「俺も分かんねーよ!サーティフォーは暫く面倒臭いから俺はナインと一緒に組むよ」

スリー
「分かりました」


‥‥‥‥

圭人
「うーん、次ポップ食いたいな、ポップ」

たくっちスノー
「いいや次はたい焼きだね!中身がバニラクリームの奴だ!」

圭人
「ていうか、俺の世界と違って編み物の屋台ないのか」

たくっちスノー
「行商じゃねーんだから」

たくっちスノーと圭人が呑気に屋台をぶらついていると、突如圭人の肩が掴まれる!!

圭人
「うわっ!?」

たくっちスノー
「なんだ、不審者か!?」チャキッ!!

たくっちスノーが咄嗟に刀を構えると、そこには‥‥‥‥

サーティフォー
「はい、これで1人確保な」

圭人
「え、ハンター!?」

たくっちスノー
「げっ!メタルメイドウィン・サーティフォー!!」

そこには椅子に座り、餡蜜とビールを並べるメタルメイドウィン34の姿が

圭人
「なんでハンターが飯食ってダラダラしてんだよ!」

サーティフォー
「ハンターがどう動こうが勝手だろ、ルール違反じゃないんだからよぉ」



たくっちスノー
「すまん圭人!ここは逃げる!!」

圭人
「ちっくしょー!」


92:14
安田圭人 確保
残り41人


ーーーーーー

葉月
「あ、遂に確保者が」

Konakun
「いよいよ始まりって感じやな」

‥‥‥

フォー
「嘘だろ!?サーティフォーが確保したのか!?」

ナイン
「よく分からんが、なんだこの納得出来ない感じは‥‥‥‥!!」

Re: MM逃走中 オレが正義の仮面ライダー祭 ( No.41 )
日時: 2020/05/16 22:47
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

91:34

たくっちスノー
「畜生!メタルメイドウィンは普通のハンターとは違う!」

たくっちスノー
「こりゃいつもの感覚で走ったら痛い目に遭う!」

たくっちスノー
「ていうかサーティフォーがトリックスターすぎる!!」

たくっちスノー
「クロノス社と月村センパイは何を思ってこんな奴を!!」

サトシ
(いや、そんな事言われても‥‥‥‥)

詩伍郎
「随分荒れてるねぇ〜!まぁ頑張りなよ!」

たくっちスノー
「てめぇ他人事だと思って!」

‥‥‥‥

オーマジオウ
【桜祭りは順調か】

ZERO
【飛電或人ノ対決ハドウナッテイル?】

オーマジオウ
【五分五分だ】

ZERO
【コノママデイテホシイガ‥‥‥‥】

ZERO
【残念ナコトニ レイダーノ反応ガアル】

オーマジオウ
【zaiaの刺客か?】

ZERO
【ソノ可能性ガ高イ】

オーマジオウ
【レイダー程度なら奴らでも解決出来る、我々が気にするべきは‥‥‥‥】

ZERO
【滅亡迅雷.net】

オーマジオウ
【そうだ、それと‥‥‥‥】




‥‥‥‥

生ブスカジ
「さて、早く目覚めてくださいよ?」

生ブスカジ
「‥‥‥あの方が気付いてしまう前に」


‥‥‥
一方、飛電或人達は‥‥‥‥


或人
「はい!いらっしゃいませ、ヒューマギアが作る焼きそばはこちらでございます!」

或人
「はい!はい!ありがとうございます!」

ファイア
「あいよ!!焼きそば一丁!すぐ焼き上げるでい!」ジュー

鉄矢
「‥‥‥‥く、ヒューマギアの癖にガンガン売りやがって‥‥‥‥」

鬼瓦
「‥‥‥‥‥‥‥‥」


鉄矢
(てか姉ちゃん店をガン見すんなよ!買えよ!客が逃げんだよ!)

鉄矢
(こうなったら‥‥‥‥)

鉄矢
「おい、そろそろ行け!」

‥‥‥‥

「鬼瓦の坊ちゃんから指示が出た」


「こいつでヒューマギアを潰せばいいんだな」

裏路地で男たちがプログライズキーを握り、レイドライザーをつける

【シールド!】

「‥‥‥‥ううう!!」

【レイドライズ!】
【ガーディングタートル!!】

【The wall is hard, big and not moving】
※その壁は硬く、大きく、そして動かない



タートルレイダー
「「「「‥‥‥‥!!」」」」


‥‥‥‥

オーマジオウ
【亀型だ】

ZERO
【ソンナプログライズキー アッタカ?】

オーマジオウ
【ない、既に歴史の乱れは始まっている】

ZERO
【後ハ我々ガ平和ナ形二乱スダケダ】


オーマジオウとZEROは、ミッションを開始した!

Re: MM逃走中 オレが正義の仮面ライダー祭 ( No.42 )
日時: 2020/05/16 23:24
名前: 餅兎ユーニアス

 んわぁぁぁ此処に顔を出すのも随分と久しぶりかもしれない!
 というわけで一新して帰ってきちゃった餅兎ユーニアスです!ついったでは時々話しますが、カキコではお久しぶりですね!
 いやー、カキコに復帰する事を兼ねて、コメントしに来ちゃいましたよ!

 とは言え、今までリアル多忙やらなんやらで全く来れていなかったのもあるし、ついったに籠りっきりだったのもあるから、今頑張って過去作品読み進めて話を掴もうとしているんだよなー、と、かなり知識に関しては置いてけぼりな兎さんです。困ったぞこりゃ。唯一分かる事が……作者枠の方々、強すぎんか?ってことぐらいだから……

餅兎「兎さんは若者のノリにはついて行けんよ!というか作者枠なのにほとんど皆メイドウィン氏の世界線に深く関わりまくってるの気になるのだが!なんか疎外感半端ない!泣いちゃうぞ私!悲しくて死んでしまうぞ!不死身だけど!」

 こんな本音を叫びながらも、楽しく読ませてもらっとります。

 ミッション始まったなぁ~。色々楽しみ。
 無理せず頑張ってください!では!


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。