二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

MM××中 オレが正義の仮面ライダー祭(完結)
日時: 2020/06/04 23:03
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

「ようやく分かった、ヒューマギアが支配する上で必要なモノが」




【滅亡迅雷.netに接続】

もう1つのゼロワンことifルート編第2弾!
ゼロワンの世界の桜祭りを彩るのはゼロワンと、ライダーと、逃走者だ!

【注意】
「これがワタシのやりたいこと」の続編です
メイドウィンの作品である「仮面ライダーフォルテ」「仮面ライダーメモリアル」のネタバレ要素含んでおります
めちゃくちゃ
独自要素もありますし多分戦闘もあります


【逃走者】
1 カルマート・アレグレット(仮面ライダーフォルテ)

2 坂東詩伍郎(仮面ライダーフォルテ)

3 常磐ソウゴ(仮面ライダージオウ)

4 明光院ゲイツ(仮面ライダージオウ)

5 門矢士(仮面ライダーディケイド)

6 たくっちスノー(マガイモノ)

7 魔トリョーシカ(マガイモノ?)

8 かなづち大明神 (ざくざくアクターズ)

9 安田圭人(仮面ライダーメモリアル)

10 日向慧(仮面ライダーメモリアル)

11 鈴原下雪(仮面ライダーメモリアル)

12 黒田白文(仮面ライダーメモリアル)

13 旋風紬(仮面ライダーメモリアル)

14 小尾十影(仮面ライダーメモリアル)

15 壱姫(仮面ライダーメモリアル)

16 エイジア >>2

17 立花響 (シンフォギアシリーズ)

18 からあげ >>3

19 マリィ(ポケットモンスターソード・シールド)

20 クロノスエボル >>4

21 石川五恵(リリース・ザ・スパイス)

22 シュンP >>5

23 名護啓介(仮面ライダーキバ)

24 月詠 >>6

25 左翔太郎(仮面ライダーW)

26 生ブスカジ >>7

27 シックス(リトルナイトメア)

28 モンブラン博士 >>8

29 本郷猛(元祖仮面ライダー)

30 葉月 >>10

31 うずまきナルト(NARUTO)

32 新田 >>13

33 ネイサン・ドレイク(アンチャーテッド)

34 きくらげ >>15

35 Konakun >>17

36 セリカ=A=マーキュリー (BLAZBLUE)

37 フランソワーズ >>19

38 夢野幻太郎 (ヒプノシスマイク)

39 ヤード >>20

40 藤崎佑助(SKETDANCE)

41 餅兎ユーニアス(DM枠)

42 ハル(深夜廻)


【舞台】
ゼロワンの世界
桜祭り会場

【ゲームマスター】
???

【賞金】
100万円

【見どころ】
仮面ライダー大乱戦!
ヒューマギアと人類の屋台対決!
忍び寄る滅亡迅雷の魔の手

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27



Re: MM××中 オレが正義の仮面ライダー祭 ( No.124 )
日時: 2020/06/04 22:53
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

8:00


桜祭り終了のアナウンスが舞台中に鳴り響く


エイジア
「祭りも終わりか……………」

Konakun
「どうする?」

エイジア
「俺は祭りしたいからここに来たし、ぼちぼち逃げてダメそうだったら諦めるよ」

葉月
「ていうか、今回は逃走中じゃなくて祭り目当てで来た人多いですよね」

Konakun
「せやな、たまたまチケット当たっただけやし…………」


エイジア
「ま、手抜きは許されないけどな!」



…………



7:34


フォー
「貰った!!!やっと1人目!!」

ヤード
「畜生!」

………

ナインティナイン
「こっちも収穫だ!」

新田
「我々は野菜か何かですか?」

セリカ
「くっ…………」

………


5:00

たくっちスノー
「この檻ぶち破りてぇ…………」

月詠
「祭りが終わってしまいました」ズルッ

たくっちスノー
「ねぇなんでこの人王である俺よりマガイモノの体使いこなしてんの?」



………


4

フォー
「でぇーい」

クロノスエボル
「グワーッ」


3

からあげ
「あっ」

ナイン
「俺もやっと1人目か………」

2

1

たくっちスノー
「カットしすぎて草」

ZERO
【途中 カラチョットダレタカラナ】


月詠
「ちょっと?????」



オーマジオウ
【………だが】


オーマジオウ
【賞金は後だ】


たくっちスノー
「は?」

ZERO
【我々ハ逃走中ヲヤルトハ言ッタガ】


ZERO
【賞金ヲヤルトハ言ッテナイ アル意味非合法ダカラナ 金ヲ賭ケレバ時空法二引ッカカル】

ZERO
【今ハ払エンガ 一年以内二用意シテヤル】

たくっちスノー
「あ、そうか………」

エイジア
「せっかく生き残ったのに賞金はナシか」

Konakun
「まあええわ、滅亡迅雷が来るまでは桜祭り楽しかったしな」

たくっちスノー
「よし、んじゃもう帰るか!」




【もうちょっとだけ続くんじゃよ】
次は大喜利の結果発表!その後エピローグ!

Re: MM××中 オレが正義の仮面ライダー祭 ( No.125 )
日時: 2020/06/04 22:55
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

【結果発表】

とがめ
「今回の大喜利の結果発表だ!」

七実
「今回はかなりぐだぐだでしたね」

七花
「大喜利は復活みっしょんでやる〜とか言っておきながら、復活すら無かったからな」

とがめ
「こ、今回は色々失敗したんだ!リクエストキャラについても少し考える必要が出てきたからな」

七花
「たんたん仮面のらいだぁ形態は出せなかったし…………」

七実
「剛鉄もせっかく出したのに活躍のひとつもない、特技のアイアンクローすらしてないわ」

とがめ
「ぐぬぬぬぬ…………仮面ライダーを出しまくる話にはしたかったのだが………」

七花
「ま、最近はD-7の妄想ばっかしてるがこのしりぃずの大筋はもう決まってるから心配すんな」

七花
「あと2作もあれば終わるぞ」


とがめ
「さて!今回の大喜利のお題だが………【No.34の新しい名前】だ!」

七実
「相変わらずこの部分はアドリブよ、そこから新キャラも出てきたし」

七実
「次回作は【宇宙海賊編】だったのが少し別の話に改変されたし、本当に行き当たりばったりね」

とがめ
「ええい!!まずは七花賞の発表だ!」


七花
「おれか?おれが選んだのは………」



七花賞
【機作】
シュンPさんのネタ

とがめ
「なんというか、七花らしいな」

七花
「しんぷる いず べすとって言うだろ?」

七花
「あと【機作】が【奇策】を連想した」

とがめ
「そなたにしては悪くないと言っておこう、何何丸とかつけそうだしな」

七実
「鑢一族の跡継ぎならここから【八】が、あと【植物の何か】がつくかと」

七花
「八丸?」

とがめ
「散体するではないか?」

七実
「実の次ってなんでしょうか」

七花
「いっそのこと八種に戻るか?」

七実
「それだったら種八の方が語呂がいいわ、【やだね】だと縁起が悪いし」

とがめ
「七花、万が一嫁ぐことになったら必ずわたしが名付けてやるからな」

七花
「おう、次は姉ちゃんの番だ」

七実
「そうね………七実賞に選ばれたのは………」

【由生人】
月詠さんのネタ

七実
「自由に人らしく生きるって、いいわね」

七実
「私もこの体でなければ、自由に生きてみたいものよ」

とがめ
「どの体だ?病まみれの生前か?死体が動いてる同然の今か?」

七実
「今無性に貴方を斬りたい」

七花
「おれはあの島での生活も嫌いじゃないけどな」

とがめ
「次はとがめ賞だ、このようになっているぞ!」

【苦難鉄矢】
エイジアさんのネタ

とがめ
「七花の言う通り、分かりやすいのは大切だからな」

七花
「あ、ちょっと待ったとがめ」

とがめ
「どうした?」

七花
「この分だとエイジアがとがめをよびだせるようになるんだろ?」

とがめ
「ああ」

七花
「でもきくらげはまだとがめを使う権限があるよな?」

七花
「また同時に登場して、同時期に呼び出す場合はどうなるんだ?」

とがめ
「あ、そのへん考えていなかったな………後日決めるとしよう、ともかくおめでとう!」





サーティフォー
「はい次は俺、最優秀賞を発表するぞ」


サーティフォー
「前にも言ったが、最優秀賞を名乗っていくつもりだから覚えていてくれよな、最優秀賞に選ばれたのは……………」














【最優秀賞】
「水無月虚空」
葉月さんのネタ



サーティフォー
「ってわけで…………今日から俺の名前は」


虚空
「水無月虚空か………ああ、悪くないね」

虚空
「最優秀賞のビッグなサプライズだが…………次回をお楽しみに、だ!」


とがめ
「以上!お題の結果発表だ!」

Re: MM××中 オレが正義の仮面ライダー祭 ( No.126 )
日時: 2020/06/04 23:03
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

………そして、時空列車の準備が出来た時…


或人
「あ、俺も乗ります!」

不破
「乗せろ!」

たくっちスノー
「あ、どうぞ………あれ、かなちゃん様は?」

新田
「見てませんよ」


…………



「おや?」


「これは随分懐かしい来客ですね」


「元・時空監理局 牙組副組長………【かなづち大明神】」

かなちゃん
「たくっちスノーからこの世界の住民と聞きましたのでね」

かなちゃん
「相変わらず………恐ろしいことを考えついてるようで」


「なんの事です?私は前々から………zaiaの利益のために動いていたもので」

かなちゃん
「その利益のために【人工メイドウィンプロジェクト】を破滅させたのですか?」


「ゼロメタルに関しては、私が去った後の貴方達の無能な部下が原因でしょう?」

かなちゃん
「ええ、ゼロメタルに関してはその通りですもの、反論はしませんよ、ええ」

かなちゃん
「ですが………」



「私も忙しいので失礼します………飛電或人に伝えておいてください」




「次の【演説対決】で決着をつけると 」




かなちゃん
「…………」



「ね、ねぇ!!」


響 (ロンパ)
「プロジェクトって…………時空監理局って何なの!?」

かなちゃん
「…………何故それを?」

響 (ロンパ)
「………あの社長が言ってたから」

かなちゃん
「…………」


…………


たくっちスノー
「かなちゃん様!?そいつは!?」

かなちゃん
「音ノ小路響さんです、或人さんがいるなら自分も乗せてってくれと」

響 (ロンパ)
「………これって、伝えておいた方がいい、よね?あたし消されないよね?」


たくっちスノー
「生ブスカジ氏は?」

シュンP
「反応すら途絶えた………もうこの世界にもいないだろう」


……………
ゼロワンの世界の外側、時空間に生ブスカジはいた


生ブスカジ
「妙ですね」


生ブスカジ
「タイムリミットは過ぎているはずなのに、アララトが起動しないとは」


【もうアララトは動かぬぞ】

生ブスカジ
「!」


生ブスカジの背後から時空の穴が飛び出し、ヨウコと時計少女が現れる

生ブスカジ
「まさか、貴方達がこんなことを?」

ヨウコ
「そうよ、元々あたし達はゼロワン世界のバッドエンドを食い止めようと過敏になっていたから」

生ブスカジ
「それでアララトを調べ上げ、食い止めたといワケですか、しかしどうやって?」

ヨウコ
「結論から言うと、あたし達の技術でもアララトは止められなかった」

ヨウコ
「けど、忘れてない?あたしは元々【結末を知る者】よ」

ヨウコ
「どうなるかさえ分かれば失敗しても、結末の前に戻って対策のしようがある」

時計少女
【そして、わらわは高等魔術、時魔法の支配者にして生命維持装置のメインコンピューターじゃ】

時計少女
【アララトの内部に時魔法を放ち………起動を三百年遅らせた】

ヨウコ
「百苦タイマーみたいなものね………とりあえず飛電或人達は大丈夫そうだけど、後から」

生ブスカジ
「そうですかそうですか、では」ポチッ

ボゴォォォン

生ブスカジがボタンを押すと、アララトが爆発する

生ブスカジ
「よその世界の300年も悠長に待つ暇があれば別の策を考えますよ」

生ブスカジ
「それでは、結末を知る者」

ヨウコ
「…………!!」

……………


或人
「天津社長が………元・時空監理局!!?」

たくっちスノー
「で、でも!!俺はそいつ知らないぞ!?」

かなちゃん
「知らないのも無理ありませんよ、彼は貴方が………雪が代理局長になる前に辞めた方ですから」

たくっちスノー
「ああそうか、かなちゃん様は俺が時空犯罪者だった頃から監理局に居たから………」

かなちゃん
「知ってますよ、彼のことも」

エイジア
「天津垓って監理局だとどんな奴だったんだ?」


かなちゃん
「【人工メイドウィン製造プロジェクト】」

エイジア
「………それって!!」

かなちゃん
「ええ、ゼロメタルやリーンシリーズが生まれたきっかけとなった例の件です」

かなちゃん
「プロジェクトリーダーは彼だったんですよ」

かなちゃん
「とても優秀で、人工メイドウィンの完成まで順調だった………だが事件が起こった」

かなちゃん
「そのメイドウィンは悪意に染まり、全生物を破滅させる道を進ませようとした」

かなちゃん
「結果的にそのメイドウィンは停止したから良かったものの………」

かなちゃん
「その後プロジェクトは一時中断、カーレッジが死亡したタイミングで部下を多数連れて、監理局を辞めた…………」


或人
「………それって、まさ………か………」


シュンP
「………そうか、そういうことか」

シュンP
「ピースが繋がってきた」


シュンP
「その最初の人工メイドウィンとは…………」



シュンP
「【アーク】の事だな」

たくっちスノー
「はあ!!?」

シュンP
「そうなると、滅亡迅雷がカーレッジと手を組んだのも納得が行く」


シュンP
「最初から仕向けられていたんだ………アークの創設者、天津垓によって」


或人
「そ、それってまさか!!」

或人
「ヒューマギアを暴走させる滅亡迅雷netを作ったのも!!」

或人
「実験が失敗しデイブレイクという悲劇が起きたのも!!」

不破
「俺が過去にヒューマギアに襲われたのも………!!」


或人
「全部、あの社長が原因ってことか!!?」


たくっちスノー
「…………お、おい、俺、逃がしたよな?ゼロメタル、雷に逃がした」


たくっちスノー
「もし、滅亡迅雷がアーク製で、アークがゼロメタルと同じプロジェクトで生まれたってんなら…………」




たくっちスノー
「俺…………とんでもない過ちを犯したかもしれねぇよ…………!!」



響 (ロンパ)
「ひーちゃん…………ふーちゃん…………」

或人
「…………!!」





「…………」

………


「ゼロメタル 接続完了」
「修復開始 我ら兄弟は破壊と憎しみを1つにして、人類を滅亡させる」


ゼロメタルメイドウィンに開けられた穴がヒューマギアの部品で繋がり、形が変わっていく

そして


「我が名は」








「アークゼロ」




ここに滅亡迅雷は、蘇った


(バニシングホッパープログライズキーが閉まる、傍にメガロゼツメライズキーと鉄板ファイアープログライズキー)

【オレたち正義の仮面ライダー祭 完】
ーーーーーーー

次回!仮面ライダーゼロワン!

アナウンサー
「朝から晩まで全国民!ヒートアップショー!」

芸能番組演説対決!



「ヒューマギアは人類を滅ぼす殺戮マシンなのです」

或人
「ヒューマギアは人類を助ける夢のマシンなんです!」


「なら、スイッチを切ればいいじゃないですか」

zaia、飛電、メロディーリズムの三つ巴!


たくっちスノー
「これが、この世界の選んだ道か」

或人
「これは!!?」


「どういうつもり………だァ!!!」

たくっちスノー
「なんて、醜いんだ」

その勝負の行方は!?


「ようやく分かったろ、人類は滅ぼすべきだって」



マネ二郎
「ヒューマギアでも貴方のような仮面ライダーになれますか、社長………」



「あんたさえ………あんたさえいなければ!!」


不破
「やめろ!!」

或人
「やめるんだ響さん!!」



「死ねっ!!!」



「shot RISE」

次回、もう1つのゼロワン編episode3
【サヨナラ 私ノ仮面ライダー】

………アハハッ

Re: MM××中 オレが正義の仮面ライダー祭(完結) ( No.127 )
日時: 2020/06/04 23:13
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

【あとがき】

たくっちスノー
「はいどうも、あとがきの時間です」


たくっちスノー
「…………はいごめんなさい、後半完全にダレました」

たくっちスノー
「今回はリクエストキャラの扱い完全に失敗しました、頭の中で動かしやすいキャラは出番作れるんですが、それ以外は全然」

たくっちスノー
「とりあえず、次回はリクエスト枠は封印、自分の作品だけで攻めてみます」

たくっちスノー
「サンプルボイスが見つからないキャラは動かすのが大変で………迂闊に手を出すもんじゃないですね(ネイサン喋んなかったのそれが理由です)」

たくっちスノー
「さて、次回は演説対決………本編でも戦犯と言われ、シュンP氏がヒューマギアの限界を知る原因となった」


たくっちスノー
「汚ぇ人間は滅びろ!」

たくっちスノー
「で有名なあの回に片足突っ込みながら………」

たくっちスノー
「逃走中しながらダンガンロンパします、響と奏の原作要素ですね」

たくっちスノー
「天津垓が元時空監理局でアークを作った、そして滅亡迅雷はそれに従いカーレッジに近づいた」

たくっちスノー
「兄弟機のゼロメタルメイドウィンが1つになることで仮面ライダーアークゼロが誕生した(コレに関しては完全に偶然)」


たくっちスノー
「そして、次回以降メロディーリズムの例の事件にも片足突っ込むことに?」

たくっちスノー
「てか、これ中々本筋に絡められないな………」

たくっちスノー
「実を言うとこのエピソード、最後だけ【何何中じゃない】んですよ」

たくっちスノー
「詳細は………次の回のあとがきで!」


たくっちスノー
「次回の逃走中でお会いしましょう!次こそはマトモに終わらせたい!!」

Re: MM××中 オレが正義の仮面ライダー祭(完結) ( No.128 )
日時: 2020/06/04 23:27
名前: 餅兎ユーニアス

背後「オーネヘルツ聞く?」
ゼネイラ「最後の笑い声でそこまで連想が行くのか……」


どもども、後半の端折り具合が凄まじくて草を生やしていた兎さんです。

んわーーーーー!!!!!!!
んーーーーーわーーーーー!!!!!!
話 に つ い て い け な い

背後「私がいない間に何があった!!!!!特に作者枠のお方数名!!!!!!なんでそんな関係者としてお話ししてるの!!!!!!!あぁぁぁぁぁ兎さんついて行けんよ!!!!!!しんどい!!!!!!!!!」
ミルラ「本音は?」
背後「嫉妬だよバァーーーーカ!!!!!」(うつ伏せで地面にめり込む兎)

最近の私は精神的に疲れてるのです。とりあえず放置で治るんでご心配なく。

まぁ、逃走中終わっただけでもよかったじゃあないですか……これ終われなかったら色々大変だっただろうし……

あと皆さんネーミングセンスありすぎですよね語彙力食べたい()

ストーリー上で驚いたのはメガロマギアが破壊されてしまった事ですね……眠気と共に読んでた当時は一人で枕に突っ伏してんわーって叫んで寝れなくなっとりました、はい。


終わって!!!!!!!良かったですね!!!!!!!!お疲れ様でしたぁ!!!!!!!!!(笑顔でお疲れ様バズーカを打つ兎)


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。