二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

MM××中 オレが正義の仮面ライダー祭(完結)
日時: 2020/06/04 23:03
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

「ようやく分かった、ヒューマギアが支配する上で必要なモノが」




【滅亡迅雷.netに接続】

もう1つのゼロワンことifルート編第2弾!
ゼロワンの世界の桜祭りを彩るのはゼロワンと、ライダーと、逃走者だ!

【注意】
「これがワタシのやりたいこと」の続編です
メイドウィンの作品である「仮面ライダーフォルテ」「仮面ライダーメモリアル」のネタバレ要素含んでおります
めちゃくちゃ
独自要素もありますし多分戦闘もあります


【逃走者】
1 カルマート・アレグレット(仮面ライダーフォルテ)

2 坂東詩伍郎(仮面ライダーフォルテ)

3 常磐ソウゴ(仮面ライダージオウ)

4 明光院ゲイツ(仮面ライダージオウ)

5 門矢士(仮面ライダーディケイド)

6 たくっちスノー(マガイモノ)

7 魔トリョーシカ(マガイモノ?)

8 かなづち大明神 (ざくざくアクターズ)

9 安田圭人(仮面ライダーメモリアル)

10 日向慧(仮面ライダーメモリアル)

11 鈴原下雪(仮面ライダーメモリアル)

12 黒田白文(仮面ライダーメモリアル)

13 旋風紬(仮面ライダーメモリアル)

14 小尾十影(仮面ライダーメモリアル)

15 壱姫(仮面ライダーメモリアル)

16 エイジア >>2

17 立花響 (シンフォギアシリーズ)

18 からあげ >>3

19 マリィ(ポケットモンスターソード・シールド)

20 クロノスエボル >>4

21 石川五恵(リリース・ザ・スパイス)

22 シュンP >>5

23 名護啓介(仮面ライダーキバ)

24 月詠 >>6

25 左翔太郎(仮面ライダーW)

26 生ブスカジ >>7

27 シックス(リトルナイトメア)

28 モンブラン博士 >>8

29 本郷猛(元祖仮面ライダー)

30 葉月 >>10

31 うずまきナルト(NARUTO)

32 新田 >>13

33 ネイサン・ドレイク(アンチャーテッド)

34 きくらげ >>15

35 Konakun >>17

36 セリカ=A=マーキュリー (BLAZBLUE)

37 フランソワーズ >>19

38 夢野幻太郎 (ヒプノシスマイク)

39 ヤード >>20

40 藤崎佑助(SKETDANCE)

41 餅兎ユーニアス(DM枠)

42 ハル(深夜廻)


【舞台】
ゼロワンの世界
桜祭り会場

【ゲームマスター】
???

【賞金】
100万円

【見どころ】
仮面ライダー大乱戦!
ヒューマギアと人類の屋台対決!
忍び寄る滅亡迅雷の魔の手

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27



Re: MM逃走中 オレが正義の仮面ライダー祭 ( No.33 )
日時: 2020/05/15 17:28
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E


「私は!愛と元気と、ラーメンを愛する子供を守る!」


タンタン仮面
「正義のヒーロー!タンタン仮面!!」

三太夫
「少し静かにしろ」

赤と白の大きなラーメン屋台‥‥他の屋台に隠れずでかでかと陣地を取っていた


ナルト
「お!ラーメンの屋台なんてツイてるってばよ」

タンタン仮面
「いらっしゃい!私はタンタン仮面!」

三太夫
「予算の都合で具なしだが、白湯と坦々を売ってるぞ」

ナルト
「じゃー白湯の方で」

三太夫
「分かった」



「白湯三太夫、こんな所にいたか」

三太夫
「お前も来たのか」


「腐っても10代目仮面ライダー白湯だからな」

ナルト
「白湯三太夫?なんじゃそりゃ?」


「俺にとっては、タンタン仮面の方がなんだそりゃだがな」


「お前の世界の【2号ライダー】か?」

三太夫
「そんなところだ、坦々左衛門って名前」

タンタン仮面
「坦々左衛門も三太夫のように受け継いだ名前だが‥‥‥まあそれは良い!」

タンタン仮面
「人々に刺激的な味で元気を引き出す坦々左衛門と、安らかな味で心を鎮める白湯三太夫」

タンタン仮面
「彼の祖父の代から我々は仲良くやっているのさ!」

三太夫
「こいつが勝手に言ってるだけだ」

ナルト
「じゃあなんでタンタン仮面なんて名乗ってんだってばよ?」

タンタン仮面
「坦々左衛門は子供が書きにくいからな!」

タンタン仮面
「というわけで今後ともラーメン屋台【紅白】をよろしく頼むぞ!」

三太夫
「今回だけだ‥‥‥‥」

ナルト
「おう、じゃあな!」


「‥‥‥やっぱり俺が作るより上手いな」ズズズ

‥‥‥‥

ナイン
「‥‥‥‥おい、No.4、No.34」

フォー
「なんだ?」

ナイン
「俺達メタルメイドウィンは、初のハンタータイプとしての稼働を命じられた、」

ナイン
「だが、何だこの体たらくは」

サーティフォー
「つってもよぉ、祭りだぜ?」

サーティフォー
「こんな時にハンターやるなんてめんどくさいんだよなぁ‥‥‥‥」

ナイン
「お前らそれでもハンターか、逃走者に情けない姿見せてどうする」

ナインティナイン
「珍しくやる気だね、No.9」

ナイン
「いつまでもゲーム作ってる場合じゃないからな」

Re: MM逃走中 オレが正義の仮面ライダー祭 ( No.34 )
日時: 2020/05/15 21:27
名前: フランソワーズ

こんにちは。面白くなってきましたね。

余談ですが、幻太郎のキャラは敬語って感じです。
詳しくはYouTubeに乗ってるドラマCD、know your enemy side F.P vs Mを参考までに。

Re: MM逃走中 オレが正義の仮面ライダー祭 ( No.35 )
日時: 2020/05/15 21:46
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

フランソワーズさん

たくっちスノー
「把握した」


98:42

たくっちスノーは月から落下して地面に落ちてくる

たくっちスノー
「ぜーぜー、やっと帰ってこれた」

たくっちスノー
「お」


‥‥‥‥‥

ロンパ
「こんなにたくさん入れば、音ノ小路響がいるってことも分からないでしょ」


「う、うん‥‥‥‥バレないままでいてほしいけど‥‥‥‥」


「楽しむのはいいけどひーちゃん達の屋台はどこだったっけ」


「お姉ちゃん、一応zaia側だったんじゃ」


「あの社長嫌いなのよ!クドクドと面倒臭いし」


「それに‥‥‥‥」


「それに?」


「それにあいつが勝ったら、まーちゃんがいなくなるじゃない!」


「やっぱりそういうことなんだ‥‥‥‥」



「あっ、ベビーカステラ!あれ食べたい!奏買ってきて!」


「え!?あれ凄い並んでるけど‥‥‥」


「いいから!」

マネ二郎
「私が買ってきます」


「え、ホント!?ありがとうまーちゃん!」


「‥‥‥‥」

‥‥‥‥

たくっちスノー
「確かあいつら、メロディーリズムの音ノ小路姉妹か‥‥‥‥」

翔太郎
「そのようだな」

たくっちスノー
「って‥‥‥‥翔太郎、お前またここの逃走中に参加したのか」

翔太郎
「例の失踪事件を探るためでもあるからな」

翔太郎
「音ノ小路の関係者を探ろうにも、その関係者が手当り次第いなくなっている以上‥‥‥」

たくっちスノー
「本人を探るしかねぇってわけか」

翔太郎
「ああ、それに‥‥‥‥」

翔太郎
「よく分からないんだが‥‥‥闇を感じるんだ、響から」

たくっちスノー
「‥‥‥‥闇、か」




翔太郎
「ヒューマギア焼きそばうめぇ」ズルズル

たくっちスノー
「今回はタイマーないから好きなだけ食べれて楽だわ」ズルズル

翔太郎
「もうこれ祭りがメインだな」ズルズル

‥‥‥‥‥


シュンP
「‥‥‥‥そういえば気になっていたが」

シュンP
「お前らが作る人造人間、ヒューマギア、そしてメタルメイドウィン」

シュンP
「どれが1番優秀なんだ?」

魔トリョーシカ
「ボクは機械じゃなくてちゃんとした人間を作ろうとしてたんだけど‥‥‥まあいいや」

魔トリョーシカ
「はっきり言うがヒューマギアだろうね、メタルメイドウィンは本当によく出来てるが」

魔トリョーシカ
「彼らのAIは誰かの真似をしてるにすぎない、昔のたくっちスノーと同じなんだよ‥‥‥」

Re: MM逃走中 オレが正義の仮面ライダー祭 ( No.36 )
日時: 2020/05/15 23:26
名前: 生ブスカジ

生ブスカジです。

生ブスカジ「ここまで繁盛してるとは、マガイモノサーバル達に屋台やらせた方が良かったですかねえ…?」


生ブスカジ「まあ、これがこの世界の元の姿を見納める最後の機会ですしねえ。楽しませてもらいますか!」


失踪事件の犯人が生ブスカジの可能性が微レ存。

Re: MM逃走中 オレが正義の仮面ライダー祭 ( No.37 )
日時: 2020/05/16 10:46
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

生ブスカジさん

たくっちスノー
「おうよ、今回は定期的に行われるオールスター回だからな」

たくっちスノー
「いくらなんでも、犯人なんてことは‥‥‥‥」

たくっちスノー
「絶対無い」

コメント感謝だよ!

ーーーーーーーーーーーー

96:27

レオン
「はいお待たせ」

カーム
「おい、1人前かよ‥‥‥マールがすぐ平らげちまうぞ」

レオン
「いやなんか、1人前ずつしか頼めないんだってよ、勝負してるから」

カーム
「勝負ぅ〜?なんだそりゃ」

メル
「んなもんいいだろ、とっととたくっちスノーの野郎を探せ」

カーム
「本当にここにいるのか?」

メル
「雪が行くっつってたから間違いねぇな」


ソウゴ
「‥‥‥‥あれ、メル・オーケン!?」

ゲイツ
「そのようだな」

レオン
「‥‥‥‥げっ!常磐ソウゴ!!」

メル
「‥‥‥なんだてめぇか」


ゲイツ
「ドリーム・ネバーランド社が何故ここに?」

レオン
「そっちこそ、トレザード社の用心棒が社長ほっといて逃走中か?」

ゲイツ
「まあな」

ソウゴ
「え、ロズムントさんまでいるの?ごちゃごちゃしすぎて訳わかんないよ」

メル
「まー気にすんなさっきメタルメイドウィン共も見たがやる気なさそうだったしな」

ソウゴ
「ハンターとしていいのか、それは」

メル
「まぁそんなのはどうでもいい、たくっちスノーに頼まれてたもん出来たから渡しといておけ」

ソウゴ
「ええ〜、俺が?」

メル
「いいだろ、どうせ暇なんだろ?」

ソウゴ
「まぁ、暇だよ?」

メル
「そら、受け取れ」

メルはソウゴに向けて手紙を投げ飛ばす

メル
「おい、そろそろ別ん所行くぞ」

レオン
「え、でも俺まだからあげ食ってて」

メル
「知るか行くぞ」

レオン
「おいやめろひっぱんな!」

‥‥‥‥

ソウゴ
「‥‥‥なんだこれ、手紙?」


‥‥‥‥‥

メタルメイドウィン3は、何事にも動じずハンターとして動いていた

スリー
「‥‥‥‥ナインとナインティナインが活動しているようですね」

スリー
「これだけ居ると、逃走者を捕捉するのも至難の業ですが‥‥‥我々が選ばれた以上、やるしかないでしょう」

スリー
「全機に告ぐ」

スリー
「90:00までに持ち場に着くように」

‥‥‥‥

サーティフォー
「うげ、No.3からだ、どうする?」

フォー
「90分までまだ時間あるし、無視で」

サーティフォー
「そうそう、【協力しないことをしない】っていうのはあくまで逃走者の時の都合だからなァ〜」

フォー
「逃走者モードは切ってあるし、もうちょっと遊ぶか!」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。