二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

MM××中 オレが正義の仮面ライダー祭(完結)
日時: 2020/06/04 23:03
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

「ようやく分かった、ヒューマギアが支配する上で必要なモノが」




【滅亡迅雷.netに接続】

もう1つのゼロワンことifルート編第2弾!
ゼロワンの世界の桜祭りを彩るのはゼロワンと、ライダーと、逃走者だ!

【注意】
「これがワタシのやりたいこと」の続編です
メイドウィンの作品である「仮面ライダーフォルテ」「仮面ライダーメモリアル」のネタバレ要素含んでおります
めちゃくちゃ
独自要素もありますし多分戦闘もあります


【逃走者】
1 カルマート・アレグレット(仮面ライダーフォルテ)

2 坂東詩伍郎(仮面ライダーフォルテ)

3 常磐ソウゴ(仮面ライダージオウ)

4 明光院ゲイツ(仮面ライダージオウ)

5 門矢士(仮面ライダーディケイド)

6 たくっちスノー(マガイモノ)

7 魔トリョーシカ(マガイモノ?)

8 かなづち大明神 (ざくざくアクターズ)

9 安田圭人(仮面ライダーメモリアル)

10 日向慧(仮面ライダーメモリアル)

11 鈴原下雪(仮面ライダーメモリアル)

12 黒田白文(仮面ライダーメモリアル)

13 旋風紬(仮面ライダーメモリアル)

14 小尾十影(仮面ライダーメモリアル)

15 壱姫(仮面ライダーメモリアル)

16 エイジア >>2

17 立花響 (シンフォギアシリーズ)

18 からあげ >>3

19 マリィ(ポケットモンスターソード・シールド)

20 クロノスエボル >>4

21 石川五恵(リリース・ザ・スパイス)

22 シュンP >>5

23 名護啓介(仮面ライダーキバ)

24 月詠 >>6

25 左翔太郎(仮面ライダーW)

26 生ブスカジ >>7

27 シックス(リトルナイトメア)

28 モンブラン博士 >>8

29 本郷猛(元祖仮面ライダー)

30 葉月 >>10

31 うずまきナルト(NARUTO)

32 新田 >>13

33 ネイサン・ドレイク(アンチャーテッド)

34 きくらげ >>15

35 Konakun >>17

36 セリカ=A=マーキュリー (BLAZBLUE)

37 フランソワーズ >>19

38 夢野幻太郎 (ヒプノシスマイク)

39 ヤード >>20

40 藤崎佑助(SKETDANCE)

41 餅兎ユーニアス(DM枠)

42 ハル(深夜廻)


【舞台】
ゼロワンの世界
桜祭り会場

【ゲームマスター】
???

【賞金】
100万円

【見どころ】
仮面ライダー大乱戦!
ヒューマギアと人類の屋台対決!
忍び寄る滅亡迅雷の魔の手

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27



Re: MM××中 オレが正義の仮面ライダー祭 ( No.119 )
日時: 2020/06/02 22:35
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

生ブスカジさん


たくっちスノー
「対策も既に妄想済だぜ!」

コメント感謝だよ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー



32:24



「しつこい奴だ‥‥‥」

サウザー
「フッ!ハッ!キリがありませんね‥‥‥なら」



【thousand Break!!】


「‥‥‥‥!!」

【煉獄滅殲】



「フッ!!」

サウザー
「ハッ!!」

【スティングディストピア】
【サウザントブレイク】
Ⓒzaiaエンタープライズ

滅とサウザーのキックがぶつかり合い、衝撃波が生まれ、迅とゼロワンが吹っ飛ばされる

ゼロワン
「う‥‥‥‥ぐっ!!」


「これで終わりだ、ゼロワン!」



響 (ロンパ)
「ひーちゃん!」


マネ二郎
「‥‥‥‥これが、仮面ライダー、なのですか?」

マネ二郎
「仮面ライダーとは‥‥‥一体‥‥‥」





「そこまでだ!!」


滅 迅
「「!」」



本郷
「これ以上世界を破壊させる訳には行かない!」

ソウゴ
「俺たちが相手だ!」

本郷やソウゴ達、それにメモリアルライダーが周囲を囲む



「人間のライダーってこんなにいたの!?」


「‥‥‥数が多すぎる、ここは退くぞ」


「進化チップはの実用はまだ早いようだな」


「えっ‥‥‥あっ、待って滅!」

滅は右腕から針を出し、地面に突き刺すと時空の渦が生まれ、消えていく‥‥‥

サウザー
「‥‥‥‥!!」


ゼロワン
「待てっ!!」

ゼロワンは手を出すが、その前に渦が小さくなって言った‥‥‥‥


バルカン
「‥‥‥‥飛電の社長!!滅亡迅雷は!?」

ゼロワン
「‥‥‥‥時空のどこかに逃げた」

バルカン
「ちっ‥‥‥A.I.M.S.にはまだ超える手段がねぇ、アンタに任せるしかないようだな」

ゼロワン
「‥‥‥‥ファイア、そっちはどう?」



ファイア
「‥‥‥‥出来た!!出来たぞ!!」


ゼロワン
「本当か!?」

バルカン
「‥‥‥‥ッ!?こいつマギア化してるじゃねぇか!?」

バルカン
「さっきの屋台ヒューマギアが‥‥‥」

ゼロワン
「それについては後で説明します!」



メガロマギア
「出来た、とびっきりの、あっしだけの焼きそ」

その瞬間であった



【ジャックライズ!】



メガロマギアの腰をサウザントジャッカーが貫通し



【JAKING Break!!】



メガロマギア
「ぐわあああああああ!!!」


そのまま、メガロマギアは爆発四散する

ゼロワン
「ファ‥‥‥‥ファイアアアア!!!」

Re: MM××中 オレが正義の仮面ライダー祭 ( No.120 )
日時: 2020/06/04 08:48
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

28:34

マギアの残骸が燃える中‥‥‥或人と天津は変身を解く

或人
「‥‥‥‥どうして!?」

或人
「どうしてファイアを破壊したんですか!?」


「あのような姿になったヒューマギアは、もう二度と使われない」


「なら、壊してしまった方がいいでしょう」

或人
「でもファイアは!!」


「貴方は滅亡迅雷の言う【進化】を推定するつもりですか?」

或人
「え?」


「ヒューマギアに進化は必要ない、自立した精神は過激派思想へと向かっていきます、彼らのように」


「アレがあのような道を行ったのは単なる偶然にすぎない」

或人
「‥‥‥‥だったら」

或人は残骸の中の赤いチップを取り出す


イズ
「このような部品はヒューマギアには無かったはずです」

或人
「なら、これが進化チップ!」

或人
「これを改良すれば滅亡迅雷のハッキングを阻止しながらヒューマギアのAIをより人間に近い物に出来る!」

或人
「進化を人類の敵にはさせない!ヒューマギアは人類の夢だ!」


「改良‥‥‥‥そんな悠長な事を言ってられるほど、貴方は優勢ではありませんがね」




「今回の勝負、1番多く焼きそばを売り切ったのはzaia側」


「今回は我々の勝利、これで一勝一敗」


「次で終わらせましょう、飛電或人」


マネ二郎
「‥‥‥‥これが、貴方の正義なのですか!?」



「何?」

マネ二郎
「或人社長は!仮面ライダーとは大切なもの、かけがえのないものを守るために戦う、そんな存在と仰っていました!」

マネ二郎
「なのに貴方は‥‥‥‥」


「仮面ライダーとは‥‥‥‥」





「ただの【兵器】ですよ」



マネ二郎
「‥‥‥‥‥‥!」




マネ二郎
「分からない‥‥‥‥何も‥‥‥正しいことも‥‥‥‥ライダーのことも‥‥‥人間のことも‥‥‥‥」



鉄矢
「‥‥‥‥‥は、ははははは!!」

鉄矢
「勝った!!勝ったんだ俺は!!」


鉄矢
「どうだ!!」

鬼瓦
「‥‥‥‥ええ、確かにあなたは勝った」


鬼瓦
「売った総数で、なら」


鉄矢
「え?」

鬼瓦
「‥‥‥‥これ」


鬼瓦は吹き飛んだパックから5個の焼きそばを拾い上げる


鬼瓦
「食べる?中身はこぼれていないわ」

鉄矢
「‥‥‥‥い、いるかっ!!ヒューマギアが作ったようなのなんて!!」

鬼瓦
「‥‥‥‥‥」

鬼瓦
「鉄矢の焼きそばは、もう食べた?」


「あ、ちょうど私持ってます」

響 (ロンパ)
「ちょうだい」ズルッ


「あ、それ私の食べかけ‥‥‥‥」


「‥‥‥‥‥イマイチね、これ、何?」


「味は薄いし、肉はなんか生焼けっぽいし‥‥‥‥ギリギリ焼きそばできてるって感じ」

鬼瓦
「‥‥‥‥ザイアスペックでスピードを上げたから、その分味が落ちたの」

鬼瓦
「鉄矢側は一気に追い上げたけど、それらは殆ど残飯として帰ってきた」

鉄矢の店の裏には、捨てられた焼きそばのゴミが大量にあった


鬼瓦
「確かにこれは【売上】の勝負だけど、だからといって味をないがしろにするのは、屋台失格‥‥‥‥」

鬼瓦
「ヒューマギアはレシピ通りにしか作れないと言った鉄矢、あなたはレシピの味すら再現できなかったのよ」

鉄矢
「ぐっ‥‥‥‥‥!!!」

プルルルルル!!!

鬼瓦
「‥‥‥‥はい、鬼瓦です、はい、そうですか」

ピッ

鬼瓦
「うちの関係者が時空法違反で逮捕されたわ」

鉄矢
「はあ!!?」

鬼瓦
「あのレイダーという怪物、貴方が差し向けたらしいわね」


鉄矢
「だ、だ、だって!!!zaiaの社長が置き手紙でこれを使えって!!書いてあったんだよ!!」




「私の責任にするつもりですか?最も」





「私は貴方達に対してレイドライザーを送ったことなんてありませんがね」


鉄矢
「…………!?」


鬼瓦
「…………ということで、我々は事情聴取の為警察に行くので、失礼します」


或人
「え、あ、はい」



鬼瓦
「…………あのヒューマギアを」

鬼瓦
「また、祭りで置いてくれたら………来るから」

或人
「………待ってます」


こうして、桜祭りと共に2番目の勝負は終わりを告げた…………


マネ二郎
「…………私もあのような怪物になれば、誰も分からなくなる?」

マネ二郎
「私も誰かを襲ってしまうのか?」


響 (ロンパ)
「まーちゃんがそんなこと気にする必要はないわよ」


「誰かを嫌いになることなんて悪いことじゃないんだからさ」


「まーちゃんは、まーちゃんが好きな人だけ守っていればそれでいいの」

マネ二郎
「私が………?」


「そ。」


「………………」

…………

不破
「このチップは一旦A.I.M.S.が預かる、解析次第そっちに送るからな」

或人
「よろしくお願いします」



「社長さん………」

或人
「今回は申し訳ありませんでした」


「いえ、結果的は良かったですよ、響は怪我していませんし」


「色々なことを学ばせていただきました、ヒューマギアの事や抱えてる問題など………」


「とても参考になりました」

或人
「参考に……?それは良かったですが」


…………

翔太郎
「…………ダメだ、全然情報が掴めない」


「手こずってるようだな、翔太郎」

翔太郎
「士?お前逃走中はどうした?」


「これが終わったら自首するつもりだが、何か?」

翔太郎
「はっきり言うか…………」


「メロディーリズムの例の事件を調べてるんだろ?」

翔太郎
「何か知ってるのか?」


「お前はどれくらい調べた?」

翔太郎
「全然だ、まぁ………関係者がこぞって失踪している以上、足で探すのは難しいが………」


「音ノ小路の母校には行ったか?」

翔太郎
「母校?何だったか……音楽専門の高校は手当り次第調べて、後は」


「それだけか?肝心なことを忘れていないか?」

翔太郎
「肝心なこと………確か、音ノ小路奏は天才と言われてたな……天才が集う名門…………」



翔太郎
「【希望ヶ峰学園】!!」

翔太郎
「あの二人は元・超高校級とか言っていたじゃないか!!」

フィリップ
【だけど、超高校級に失踪者なんているかな?】

フィリップ
【それ程の有名人がいなくなれば大騒ぎになるはずだ………】

翔太郎
「なにか収穫があるかもしれないし、希望ヶ峰学園に向かってみるか 」

翔太郎
「あと、鈴蘭にも声をかけておくか」


「もう行くのか?」

翔太郎
「善は急げだ」

…………


「善は急げ、か」


「らしいぞ、海東」

海東
「………つまり、僕にzaiaに行け、と」


「宝のひとつや2つはあるかもしれんぞ」

海東
「分かった、君の言うことを信じよう」




「…………ここからだぞ、飛電或人」

Re: MM××中 オレが正義の仮面ライダー祭 ( No.121 )
日時: 2020/06/03 22:21
名前: 月詠

こんばんは、月詠です。

一つのレスに同じ話が二回書き込まれてますよ

Re: MM××中 オレが正義の仮面ライダー祭 ( No.122 )
日時: 2020/06/03 23:21
名前: 生ブスカジ

生ブスカジです。

ばれてなくて良かったー。

生ブスカジ「ふう…肝が冷える…いや私に肝は無いですけど…」

生ブスカジ「アララトによる改変はもう直ぐ終わる…それまで耐えれば…」




以上で失礼します。

Re: MM××中 オレが正義の仮面ライダー祭 ( No.123 )
日時: 2020/06/04 08:49
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

月詠さん

たくっちスノー
「コピーしながら貼り付けされてた…………あれ?消えてないな良かったと思ったが全然良くなかったわ、すみません」

修正しました

生ブスカジさん

たくっちスノー
「さて、そちらもどうなることやら………今後の展開的にほっとけないんだよな…………」


コメント感謝だよ!


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。