二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

のび太戦記ACE アナザールート『完結』
日時: 2018/01/30 21:52
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

「目の前にいるのは、全く別の僕自身」
『軽い気持ちで始まった、大きな物語』

どうもロストメイドウィンです

今回は怪作【のび太戦記ACE】の二次創作を書いてみようと思います
ただ、今回はまだネタを何も考えてないんだけどね...

【注意】
アナザーワールドはほぼキャラ崩壊
安定のマガイモノ
あとメイドウィンも沢山
なんかもうチートキャラだらけ
VIPRPG、もちろんオリ設定もあり
クロスオーバー
勢いで書く小説
オリキャラ
話のタイトル名は『仮面ライダードライブ』を意識しているが参戦作品にドライブはいない

【参戦作品+α】×2(多かった気がするので少し減らしました)
スーパーマリオ
ドラえもん/のび太戦記ACE
ヴァンパイアシリーズ
仮面ライダーディケイド
VIPRPG
black-snow
ヘボット!
たくっちチャンネル
アクエリオンEVOL
異世界はスマートフォンとともに。
『マガイモノ』

【Mirura@氏】
>>4
【ルルミー氏】
>>8
【ルイージ氏】
>>10
【花音氏】
>>17

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28



Re: のび太戦記ACE アナザールート『完結』 ( No.132 )
日時: 2018/01/30 22:36
名前: mirura@

完結したじゃあないですかぁ!
おめでとぉぉぉぉぉぉぉございまぁぁぁぁぁぁぁぁす!!!

最終的にコアの破壊、ブラックホールの発生で倒し、全てが終わりま・・・・
って、そうか、アナザーのび太・・・・・
・・・少し悲しい感じ。
でも、平和になったって所はハッピーエンドでは?

初期案の主人公ウィンドI!?
これは驚きですね・・・・

妄想で初期案ブレても、完結出来るその想像力は羨ましいです。


ミラ「みんな、ただい・・・・ま・・・」

リリィ「師匠ー!大丈夫ですか!?生きてますか!?」

クロノス「おい失礼だぞ!あんな事でミラ様が死ぬわけないだろ!」

ジング「里が凍ったり、キノコの魔物の侵入と、混乱が・・・・・・」

ネメシア「うえぇぇぇぇぇん!!!ねえさまぁぁぁぁぁぁぁ!!!」←(号泣)



レウォル「・・・・・・・・何があったんだよ」



なるほど、次回は仮面ライダーものですか!
アイディアは他作者さんが、ですか。
募集・・・・たくっちスノーさん・・・・
メイドウィン募集するんだったらもう一回参加しよっかなぁと思ってました。

・・・・あれ?次回作のって確か雑談で言ってた・・・・
・・・まぁ、何であろうと見に行きますよ!


長くなってしまいすみません!
最後に・・・・

完結、おめでとうございます!

小牟「わしな、バーチャルで食っていこうと思うんじゃ」 ( No.133 )
日時: 2018/08/25 17:18
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

【SS】

のび太
「え?小牟さんが変なことしてる?」

零児
「ああ、最近は仕事がないときは部屋に引きこもりブツブツと変なことをな」

のび太
「へぇ、でもなんで僕に?」

零児
「いや、俺はこういったことに疎くてな...お前みたいな子供なら小牟の言ってることも通じるだろうと」

ドラえもん
「なるほど最もだ」

のび太
「それで小牟さんはどこに?」

零児
「今も部屋でブツブツやってるはずだ」

ドラえもん
「よし、局長さんも連れて見てみよう」

...

コンコン

たくっちスノー
「もしもーし?小牟さーん?」

のび太
「返事がないね」

ドラえもん
「取り込み中なのかもしれない、少しだけ待ってよう」

たくっちスノー
「あの人が引きこもるって、ゲームしてるってオチにしかならないと思うけどな...」

ガチャッ

小牟
「な、なんじゃ急に!?突然呼び掛けるんじゃない!」

のび太
「あ、小牟さん」

小牟
「ふぅ、一応バレるのとか気にしとるんじゃがな...して、何の用じゃ?」

のび太
「実は零児さんからこんな相談を」

小牟
「ほーう、そういえば零児には話してなかったのう...」

小牟
「良いぞ、隠すことの程でもないし見せてやる」

...

小牟
「これでもわしは最先端の技術や流行りものに敏感でのぉ、なんでもやってみたりするんでな」

たくっちスノー
「じゃあ、さっきも?」

小牟
「うむ!これが中々奥が深くてな、朝から晩まで夢中になっておった」

のび太
「うわぁ、大きいパソコン!」

小牟
「本来は業務用に使っている...あ、零児には秘密だぞ?」カタカタ

たくっちスノー
「ええ...」

小牟
「...確か...えっと、おお、これじゃこれ」

ドラえもん
「これって...」

のび太
「3D映像?」

小牟
「わしはな、これを使って動画投稿を行っているのじゃ!」

たくっちスノー
「え?...あっ!!もしかしてそれって、今流行りのバーチャルユーチューバーですか!?」

小牟
「その通り!」

のび太
「バーチャ...え?」

ドラえもん
「バーチャルユーチューバーっていうのは、人間を二次元のキャラクターに見立てて動画配信する人を言うんだよ」

ドラえもん
「22世紀でもバーチャル界隈は大盛り上がりでね、似たようなのが沢山作られているんだ」

のび太
「へぇ~!」

小牟「わしな、バーチャルで食っていこうと思うんじゃ」 ( No.134 )
日時: 2018/08/25 22:28
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

小牟
「初期は3Dモデルを使うものが多く占められていたが、最近はイラストを使ったものも多くてな」

小牟
「技術があれば誰でも行える優れものじゃ!」

のび太
「へぇ~、僕でも出来るかな?」

たくっちスノー
「出来ると思うけど...君にはちょっと早いかな」

小牟
「お主は誰が好みじゃ?」

たくっちスノー
「うーん、自分は詳しくないんですけど強いてあげるならゲーム部ですかね?」

小牟
「ほうほう」

のび太
「で、さっきはどうして出られなかったの?」

小牟
「実はついさっきも生放送しておってな...親フラとかシャレにならん」

小牟
「この後もゲーム実況の予定があるし、大変じゃ...」

のび太
「でも中々面白そうだなぁ」

小牟
「言っておくが、ユーチューバーは遊びではないぞ!これだけで将来食っていくと考えている者だっておる!」

のび太
「ええ!?」

小牟
「半端な気持ちでユーチューバーになろうとは考えん方がいいぞ...特にバーチャルは魔境じゃからな...」

...

のび太
「ということです」

零児
「小牟がそんなことを...」

たくっちスノー
「分かりますか?」

零児
「全然わからん」

たくっちスノー
「僕もです」

零児
「それ以前に、森羅は兼業を禁止しているはずだが...」

たくっちスノー
「あ、小牟さんによると森羅公認のようです」

零児
「何!?」

たくっちスノー
「なんでも...」

小牟
『今時は会社がバーチャル技術を利用して宣伝を行ったりしてることは珍しくない』

小牟
『声優や3Dモデルを使って出来の良いものを使っておる』

小牟
『有名どころじゃとコロコロもバーチャル技術を使い始めたそうでな』

小牟
『森羅もそういうのに便乗した、といったところじゃな』

たくっちスノー
「というわけで」

零児
「...頭が痛くなってきた」

たくっちスノー
「お疲れ様ですわほんと...」

のび太
「でもさ、僕も作ってみたいよ...」

たくっちスノー
「マガイモノ王国もアイドルみたいなの作ろうかな...いや、素直にマガイモノ作ればいいだけか」

ドラえもん
「...動画投稿しないって約束してくれる?」

のび太
「なんで?」

ドラえもん
「ネットは載ったら絶対に消えない!もし間違ったことをしてしまったら、どんなに後悔しても元には戻らないよ!」

たくっちスノー
「いいよ、自分今までの内容に間違いなんてないと思ってるし、後悔なんてしたことないから」

小牟「わしな、バーチャルで食っていこうと思うんじゃ」 ( No.135 )
日時: 2018/08/26 10:03
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

ドラえもん
「のび太くんは?」

のび太
「まず、インターネットがないよ」

ドラえもん
「それもそうか、なら安心だ」

たくっちスノー
「でもデザインはどうするんだ?」

のび太
「僕、絵が下手だからなぁ」

ドラえもん
「バーチャルなら確か、ちょうどいい道具が...」ゴソゴソ

テッテテー

ドラえもん
【バーチャルデザイナー!】

ドラえもん
「この道具は22世紀のCGデザイン機器で、イメージするだけで簡単に生き物のCGが作れるんだ」

のび太
「凄い凄い!」

たくっちスノー
「へー、こいつは面白い」

ドラえもん
「このヘルメットを被れば自動で描かれるから」

たくっちスノー
「へー、これで...」

のび太
「カッコいいのを作るぞ...」

たくっちスノー
「ひとまず気分で色々と...」

数分後

のび太
『えっと...あっちの世界の僕は何をしているんだ?』

ドラえもん
「二人揃ってデザインに拘っちゃってさ」

のび太
『ええ...』

みぃ
「ああそれちょっと貸してくれない?」

black
「お、CG機器か、珍しいものがあるな」

のび太
『ちょっと、止めてくださいよ』

たくっちスノー
「これデザイン案としてとっておこう、オリキャラとして使うかもしれん」

のび太
「再登場する?」

たくっちスノー
「気分によって異なる!」

のび太
『...まぁ、たまにはいいか』

スネ夫
「ん?のび太、なんだよそれ」

ジャイアン
「随分面白そうなもので遊んでるじゃないか」

たくっちスノー
「あ、二人とも...これはかくかくしかじか」

スネ夫
「あー!バーチャルユーチューバーねぇ!僕も知ってるよ!」

スネ夫
「パパの知り合いにバーチャルユーチューバーの事務所を経営してる人が居てね」

スネ夫
「人材は集まったけどオリジナルデザインを求めていたんだ」

のび太
「バーチャルユーチューバーの人材?」

スネ夫
「のび太には分からないだろうけどな、バーチャルユーチューバーってのは絵を描くだけじゃダメなんだよ」

スネ夫
「動く人、つまり人間が居ないと成り立たないんだよ」

たくっちスノー
「人に合わせて絵が動くって奴だね」

のび太
「へー、素人でもそういうことが出来るんだ」

スネ夫
「ここが重要なんだ、演じてる人はバレてはいけない」

ジャイアン
「なんでだよ?」

スネ夫
「ファンの中には本気でバーチャルに恋する人が居るからだよ」

ジャイアン
「なるほど、アイドルに彼が居ると幻滅するアレだな」

小牟「わしな、バーチャルで食っていこうと思うんじゃ」 ( No.136 )
日時: 2018/08/26 09:57
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

スネ夫
「そういうこと、つまりのび太には作れやしないんだから出来の良いものを貰ってあげよう」

のび太
「チェッ、何がつまりだ」

たくっちスノー
「まあいいじゃん、使ってくれるなら」

のび太
「む~」

小牟
「ふ、ふぇ、ほおおおおお!!」バタバタ

たくっちスノー
「あ、小牟さん...どうしたんですか顔を青くして」

小牟
「ま、まずっまじゅっ、まずいことになっな!!」

小牟
「と、とく、ととくっ」

ジャイアン
「なんか凄い慌てようだな」

ドラえもん
「零児さん呼ぶ?」

小牟
「まっ、待て!待ってくれ!零児には知らせないでくれ!」

零児
「どうした小牟?」

小牟
「れ、れい...じ...」

零児
「お前のことだから、最後に何かやらかすだろうと思ってな」

小牟
「人をオチ担当みたいに言うでない!」

たくっちスノー
「で、一体何やらかしたんです?」

小牟
「あ、おう...それがな」

小牟
「特定...されてしもうた」

零児
「何?」

小牟
「わしのデータを解析されて住所やら何やらを特定されてしまった~!!」

たくっちスノー
「ええええええええ!?」

たくっちスノー
「なんで!?何か炎上するようなことしました!?」

小牟
「するわけないだろう!わしはそういったことに精一杯気を使っている!」

零児
「何を焦っている?お前の住所が漏れたところで困ることはない」

小牟
「何やらの方が重要なんじゃ!プロテクトを描けてなかったら森羅の機密情報が漏れてたかもしれん」

たくっちスノー
「え、あのパソコンってそんな重要なものだったんですか?」

零児
「.....」

小牟
「あ、あとこれ零児宛てにメールじゃ」

【森羅のボウヤへ】

【たまたま面白い物を見つけちゃったから、ちょっとイタズラしたわ】
【今度はもう少しバレないように活動することね】

【逢魔】

たくっちスノー
「逢魔!?妖怪を指揮して世界を歪める犯罪組織じゃないですか!!」

零児
「ああ...それもこの書き方は、俺のよく知っている奴だ、あいつめ...」

小牟
「ど、どうしよう零児、一応被害は最小限に抑えたが...」

たくっちスノー
「そんな大事なパソコンでバーチャルなんてやるからですよ...」

零児
「そういうことだ、おとなしく尻を出せ」

小牟
「うっ...や、優しくな?」

ドラえもん
「だからね、ネットには気を付けた方がいいんだよ」

たくっちスノー
「多分、今回は異例ですけどね...」

END


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。