二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

のび太戦記ACE アナザールート『完結』
日時: 2018/01/30 21:52
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

「目の前にいるのは、全く別の僕自身」
『軽い気持ちで始まった、大きな物語』

どうもロストメイドウィンです

今回は怪作【のび太戦記ACE】の二次創作を書いてみようと思います
ただ、今回はまだネタを何も考えてないんだけどね...

【注意】
アナザーワールドはほぼキャラ崩壊
安定のマガイモノ
あとメイドウィンも沢山
なんかもうチートキャラだらけ
VIPRPG、もちろんオリ設定もあり
クロスオーバー
勢いで書く小説
オリキャラ
話のタイトル名は『仮面ライダードライブ』を意識しているが参戦作品にドライブはいない

【参戦作品+α】×2(多かった気がするので少し減らしました)
スーパーマリオ
ドラえもん/のび太戦記ACE
ヴァンパイアシリーズ
仮面ライダーディケイド
VIPRPG
black-snow
ヘボット!
たくっちチャンネル
アクエリオンEVOL
異世界はスマートフォンとともに。
『マガイモノ』

【Mirura@氏】
>>4
【ルルミー氏】
>>8
【ルイージ氏】
>>10
【花音氏】
>>17

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27



Re: のび太戦記ACE アナザールート ( No.128 )
日時: 2018/01/30 21:50
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

たくっちスノー
「行くぞ!!無双三段!!レイジングドラゴン!!」

たくっちスノーは肩の体液から槍を作り出し、レギンレイヴの障壁を撃ち破る!

たくっちスノー
「設定の粗をつつくのが僕の武器だ!」

冬夜
『まさかレギンレイヴの防御障壁を破るとは....だがこれで終わりじゃない、飛操剣フラガラッハ起動!!』

レギンレイヴは直径1メートルほどの球体を多数射出する

たくっちスノー
「なんだ?フィン・ファンネルでもやるつもり?」

冬夜
『これで終わりだ』

短剣ダガーモード

レギンレイヴから流れる音声と共に、球体が次々と分かれ48本のナイフとなる

たくっちスノー
「チェックメイトにハマったとかいうやつね....」

冬夜
『この技には絶対に勝てない...流星剣群グラディウス!!』

48本の短剣がたくっちスノーに向かって飛んでくる!!

たくっちスノー
「...君、僕がスライムみたいな黒い液体の塊ってドラえもんから聞かされてないの?まあいいや...君が48本のナイフなら...」ミチミチミチ!!

たくっちスノーは体を大きく引き裂き、数十個の黒い液体を分離させる

たくっちスノー
「こっちはその倍、96個の盾を用意するだけ!」

分離した液体は二つずつ重なって大きくなり、スポンジの要領で短剣を包み込んだ

冬夜
『面倒な体してるね...そんなんでよくボクの事を悪く言えたもんだ』

たくっちスノー
「一緒にすんな、耐久性が良いだけで君ほど万能じゃない....それに、僕だってよく負けるからね」

冬夜
『例えば?』

たくっちスノー
「そうだな...沢山いるから一例は難しいけど...」

たくっちスノーが再びニカッと作り笑いをしてこう答える



たくっちスノー
「今きみの惑星で細工をしているダストヒューマンとかだな」

....

チーズパイダー
「あー疲れた...」

ロストメイドウィン
「よくやった...流石あいつから生まれただけある」

一方、ロストメイドウィン達は惑星の最深部まで掘り進み、赤く輝くコアの元までたどり着いていた

ロストメイドウィン
「これが惑星のコアだ、持ち帰りたいんだが潰れたらとんでもないことになる、そこで...」

カイザー
「なるほど...つまりここで俺たちの出番か....圧縮!」

カイザーはコアを圧縮して運ぶ

ロストメイドウィン
「後はそこの蜘蛛の糸でよじ登ればいいだけだ」

チーズパイダー
「人の糸でロッククライミングしないでよ....まあいいか、チーズパイダー!!」


チーズパイダーは糸を伸ばし崖へと張り付かせる

ロストメイドウィン
「後は帰るだけ....よし、exeに電話入れておくか」

カイザー
「電話?迎えに来て貰うのか?」

ロストメイドウィン
「いや...お知らせして貰うのさ」


「終わりのな....」

....

ジャイアン
「水晶が1つ元に戻ったぞ!」

Sonic.exe
「よし、転送!」

exeは戦艦のボタンを押し、一人の賢者を本来の世界へと送った

零児
「何か変わったか?」

Sonic.exe
「時空の引き寄せが....止まった!」

ドラえもん
「やっぱりこれで良かったんだ、他三つも急がなきゃ....!!」

ドラえもん
『させるかよぉ....!!』

のび太
『ドラえもん!もうやめろドラえもん!!』

ドラえもん
『黙れ!!こんなところで負けてたまるか!』

アナザードラえもんは辺り一面に空気砲を撒き散らす!

のび太
「い、急いで!!」

ドラえもん
「分かってるけど時間がかかるんだ!」

Sonic.exe
「くっ...俺も暴れたいがオートパイロットは長時間もたない、ロストメイドウィン、まだか....?」

exeのスマホに電話がかかる...ロストメイドウィンからだ

ロストメイドウィン
【もしもし、せっかちなお前の事だからまだかまだかと焦っていたんだろう?】

Sonic.exe
「遅いぞ!」

ロストメイドウィン
【悪い悪い...なるべく早めに決着を付けておけよ】

Sonic.exe
「本気でやるつもりか?」

ロストメイドウィン
【何、いつもと変わらないさ...じゃあな】

Sonic.exe
「ああ、またいつかな」

Sonic.exeは通話を切った後、マイクでのび太達に知らせる


Sonic.exe
「敵味方全員に告ぐ、間もなく世界は終わる、すみやかに脱出せよ」

Re: のび太戦記ACE アナザールート ( No.129 )
日時: 2018/01/30 21:51
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

のび太
「.....ええ!?」

Sonic.exe
「早くしろ、間に合わなくなっても知らんぞ」

零児
「一体どうしたんだ急に...」

のび太
『だけど、ドラえもんが....』

Sonic.exe
「...チッ、やむを得ん、もう一回だ!!」

小牟
「も、もう一回って、お主また....」

Sonic.exe
「YAAAAAAAAAAAAAA!!!」

戦艦は先程のように本部に突撃し、アナザードラえもんを下敷きにする

ドラえもん
『き、貴様、二度もこの僕を....』

Sonic.exe
「いいから乗れ!死ぬより恐ろしいことになりたくなければな!」

のび太
『今どれくらい!?』

小牟
「あと1つだけじゃ!」

冬夜
「たった一個だけなら、こっちで持っていけばいいよね」

ディケイド
「よし、じゃあ持ち出すぞ」

ドラえもん
『おい、待て!』

全員が乗ったのを確認すると、Sonic.exeは急いで戦艦を飛ばす


ドラえもん
『.....あいつ、何が狙いだ?』


....

冬夜
『くっ...墜ちろ!堕ちろって言ってるんだ!』

アナザー冬夜とたくっちスノーの激戦はまだまだ続く...

ロストメイドウィン
「お前ら、まだやってたのか....」

たくっちスノー
「ダストヒューマン、戦闘出来ないのは分かってるけど、ちょっと手伝っ....」

ロストメイドウィン
「これ何か分かるか?」

たくっちスノー
「ファッ!?」

冬夜
『....?なんだそれは。』

ロストメイドウィンは先程回収したコアを二人に見せつける

たくっちスノー
「お、お前....それ、コアじゃないか!!まさかアレをやるつもりか....!?」

冬夜
『ん?アレ?』

猛スピードで戦艦が飛んできて、すかさずハッチを開けたくっちスノーは飛び込む

Sonic.exe
「Tィィ!!迎えに来たぞ!!」

たくっちスノー
「グッジョブボディーガード!!さぁ、急いでワープ装置を起動だ!」

Sonic.exe
「yes!!」カタカタカタ

Sonic.exeはワープ装置を操作して、時空移動の準備を済ませる

零児
「一体何が始まるんだ?」

たくっちスノー
「1つの世界が終わる瞬間さ」


ロストメイドウィン
「お前達に時空学の臨時授業!今回は世界の爆発について解説してやろう」


ロストメイドウィン
「まず、世界の爆発とはどのようなものか...それはメインとなる惑星のコアが爆発した反応の事を表すんだ」

ロストメイドウィン
「コレみたいなのとかな...そしてコアには膨大すぎるほどのエネルギーが大量に詰まっている」

ロストメイドウィン
「余程の事がない限り破裂はしないが、俺が刺激を入れればあっという間だ、爆発後には何も残らなくなる」

冬夜
『....このっ』

レギンレイヴがロストメイドウィンを攻撃するが、亡霊の為に物理攻撃をすり抜けてしまう

ロストメイドウィン
「で、ついさっきの世界引き寄せによる大爆発っていうのは単純にオーバーフローだな、風船の爆発みたいな」

ロストメイドウィン
「では問題です、この秩序の悪い惑星のコア一個を爆発させたら規模はどれくらいでしょうか?」

ドラえもん
『....!!ま、まずい、撤退するんだ!!』

ロストメイドウィン
「授業を勝手に抜け出すことは出来ない...不純物を消し去るのが俺の仕事だ!」


ロストメイドウィン
「全てまとめて、消失ロストしろ!」

たくっちスノー
「今だ!!ワープ!!」

戦艦は穴を抜け、ブリュンヒルド世界から脱出した!

キュイイイン!!

「ぐわああああああ!!」

冬夜
『な、なんだこの爆発は!?うわあああああ!!』

ドラえもん
『ぬおおおおおおお!!!』

ロストメイドウィンがコアを握りつぶし、大爆発を起こさせる....大爆発の衝撃で空っぽの惑星やヘリオスの戦闘機達はまとめて塵と化していった!!


ドラえもん
『...クク、ハァハァ、これが世界の爆発か....素晴らしい力だ...』

ドラえもんは義手を犠牲にして爆発を免れるが、冬夜はレギンレイヴを破壊され時空間に放り出されていた

冬夜
『ボクの...レギンレイヴが....!!』

ドラえもん
『ウフフフフ、追い詰めたよ、もう終わりだ』


ロストメイドウィン
「いや、まだだ、時空掃除はまだ終わっちゃいない...」

ドラえもん
『ん?』

爆発跡から真っ黒な大きな穴が作られ、全てを吸い上げていく!!

冬夜
『こ、これって...まさかブラックホール!?』

ロストメイドウィン
「そうだ、全てを無に還す究極の大穴だ、まさか時空間にもあるとは思わなかったが」

ロストメイドウィン
「そして俺たちがこの中に入って全て終わる」

ドラえもん
『ウグエエエエエ!!!貴様ァ、これが狙いだったかァァァァァ!!!』

冬夜
『や、やめてくれ....!!!ボクの世界が、ボクの夢が、ボクの何もかもが....!!』




『全部....真っ白に....還....る』

『ち...く...しょ....』

アナザー冬夜とドラえもんも、ブラックホールに飲まれ消えていく


ロストメイドウィン
「お仕事完了...次の消滅ロストの時までまた眠る...か....」

最後にロストメイドウィンもブラックホールに入っていき...時空間から物体は全て無くなった

Re: のび太戦記ACE アナザールート ( No.130 )
日時: 2018/01/30 21:51
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

一方、時空間を進んでいる間にたくっちスノーは何が起きたのかを説明していた

たくっちスノー
「...と、いうわけだ」

零児
「ブラックホールか...俺たちも気を付けないとな」

のび太
「ブラックホールに入ったらどうなるの?」

スネ夫
「ホワイトホールって所から出てくるだとか、5000万年後に飛ばされるだとか、諸説は沢山あるけど分かっていないんだ」

たくっちスノー
「冬夜もドラえもんもいるって事は死んではいないんだし、心配はいらんよ!」

たくっちスノー
「これでヘリオスも当分悪さは出来ないだろう....後は奴等がいなくなった内に二つの時空を修正すればいいだけだ!」

のび太
『....そんなことが出来るんですか!?』

たくっちスノー
「ゲームのエンディング後の平和を守るのは自分達さ、もう心配はいらないぞー」

ミラ
「...つまり、これでようやく終わりって事ね」

black
「そうだ、後は皆を元の世界に帰すだけだ」

スネ夫
「ああ...やっと帰れるぅ~!!」

リーン
「で?どうだった?将来の自分を見て」

冬夜
「妻が出来たら優しくしてあげるつもりだよ...あんなことになるのだったらね」

たくっちスノー
(そういう問題じゃねーと思うけどな)

のび太
「君もようやく帰れるんだね」

のび太
『ああ...そうなるね』

カイザー
「これでお別れだな」

ミカヅキ
「もう会えないのか?」

Sonic.exe
「会いたいのか?もう一回事件でも起きるのならいつだって会えるぞ」

ミカヅキ
「それは勘弁してくれ....もう神隠しはごめんだ。」

たくっちスノー
「だろ?それじゃ、近い順から帰すから、しっかり振り替えれよ?」


...それからのび太達はたくっちスノーに連れられ、元の世界へと帰っていった

破壊されたはずの世界は不思議と元通りになっており、のび太達はまた平和な日常へと戻っていったのだった....



....ただ一人、アナザーのび太を除いて


たくっちスノー
「本当にいいの?せっかくしずかちゃんも元通りになったのに」

のび太
『はい、ドラえもんは遠くに飛ばされたけど死んではいない、元々僕が引き起こした問題ですし、僕一人で解決したいんです』

たくっちスノー
「でも、何処の時空にいるのかも分からないのに...」

のび太
『僕は必ずドラえもんを見つけ出します、何十年掛かろうとも...絶対に。』


『だって、僕はドラえもんの大事な友達だから』

たくっちスノーは仕事を終え、のび太達は平穏を取り戻した。


しかしアナザーのび太の戦いは終わらない。

アナザードラえもんを迎えにいくため...小さな時空の穴を越えていった。


...

【CAST】
『ドラえもん/のび太戦記ACE』
ドラえもん/シリウス同化ドラえもん
野比のび太/悪と同化したのび太
郷田武 ジャイアン
骨川スネ夫
出木杉英才
有栖零児(ACE名義の参戦)
小牟(同じく)

『スーパーマリオ』(空気)
マリオ/???
ルイージ/始まりのルイージ

『ヴァンパイアシリーズ』
ガロン
ビクトル・フォン・ゲルテンハイム

『仮面ライダーディケイド』
門矢士(仮面ライダーディケイド)
仮面ライダーダークディケイド

『VIPRPG』
わてり(ウォーターⅠ)
ウィンドⅠ
ヒールⅢ
アイスⅢ

『black-snow』
black-snow

『ヘボット!』
オールディス【ゼロ・メイドウィン・プラスマイナス】
プリンセス・ヴィーテ
エース・オカ

『たくっちチャンネル』
ゆっくりみぃ

『アクエリオンevol』
サザンカ・ビアンカ/腐敗のサザンカ

『異世界はスマートフォンとともに』
望月冬夜/調停者GOD冬夜
リーン/リーンホムンクルス

『マガイモノ』
たくっちスノー
Sonic.exe
終わりの松山
カイザー・スカル・コードメイカー
チーズパイダー・スカル・コードメイカー
能力喰いの天背院
マガイモノライダードーパント

『オリジナル』
ミラ
レウォル
ミカヅキ
ルミィ
ムニャウ
リーミナ
ミカヅチ
ロストメイドウィン・ザ・ダストヒューマン

【原作】
aaa様より『のび太戦記ACE』

【スペシャルサンクス】
Mirura@様
ルルミー様
ルイージ様
花音様
ここまで見てくれた貴方

....

たくっちスノー
「あーあ、最初は軽~く旅のつもりだったのに災難だったね、メル姉?」

「ああ?てめぇが世界を選ぶとこうなるんだからよ!」

たくっちスノー
「人のせいにしないでよ...事件が起きるかなんて分からないじゃん」

「こちとらずっとお前の中で退屈だったんだぞ!おまけにマナはゴリゴリ減るしよ!」

たくっちスノー
「分かった、分かったからもう次の世界へ行こう!」

「...ところで、あのムニャウって奴は連れてこなくていいのか?」

たくっちスノー
「彼女とは充分冒険したからね...ずっと引っ張ってるのも可哀想じゃん」

「...そっか。」


たくっちスノー
「僕達の冒険だって、まだ始まったばかりなんだ、気楽に行こうよメル姉!」

アナザールートへと逸れていった物語は、再び正規ルートへと歩み始めるのであった

【のび太戦記ACE(アナザールート) 】
『END』

Re: のび太戦記ACE アナザールート『完結』 ( No.131 )
日時: 2018/01/30 22:08
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

ロストメイドウィン
「毎度お馴染みあとがきのコーナー、ようやく出番を貰い、それなりに活躍したロストメイドウィンだ」

ロストメイドウィン
「いや~こちらも無事に終わったな...それでいつもの裏話だが」

ロストメイドウィン
「実はこの小説、牙組の時と違って思い付きでも何でもなかったんだ」

ロストメイドウィン
「初期案なんて主人公はウィンドⅠだったからな、どうやってすぐ死ぬウィンドⅠを主役にするつもりだった」

ロストメイドウィン
「こうやって話がブレるのは...妄想だからしょうがない」

ロストメイドウィン
「それにしても、ボツが多すぎて、いずれ今までの四作品のボツねたまとめとか書くかもしれないな...本当に」

ロストメイドウィン
「やりたいことは出来るだけやったが、まだまだ物足りないからな」

ロストメイドウィン
「キャラクターも空気だったキャラ、放置したキャラと多数だった」

ロストメイドウィン
「まぁ小説の方も放置したもんな」


ロストメイドウィン
「ん?のび太戦記ACEの話はしないのかって?」

ロストメイドウィン
「あの作品、今までのと違って未完結作なんだよ....だからアナザーのび太の最後もああいった感じにした」

ロストメイドウィン
「あの物語は永久に終わりそうにないからああした方がいいと思ってな」

ロストメイドウィン
「それで、次回作なんだがちょっと特殊でな....」

ロストメイドウィン
「実はある作者から『こういった物を思い付いたけど自分は詳しくないから代わりに書いてくれないか』と頼まれてな...また仮面ライダー物を書くことにした」

ロストメイドウィン
「そういうわけで、アイデアはそちらが考え、俺が書くという感じになってて今までほど好き勝手は出来ない」

ロストメイドウィン
「だからオリキャラ募集もどうなるかまだ分からない、メイドウィン小説恒例のたくっちスノーも出るかどうか分からないぞ」

ロストメイドウィン
「たくっちスノー書きたいだけとか言わないでくれ、一応モチーフはリアルの俺なんだから良いじゃないかよ別に、次回作では(登場するなら)話に深く関わらない脇役の予定だし」

ロストメイドウィン
「まぁいいか...今回はここまで、次回作で会おう」

Re: のび太戦記ACE アナザールート『完結』 ( No.132 )
日時: 2018/01/30 22:36
名前: mirura@

完結したじゃあないですかぁ!
おめでとぉぉぉぉぉぉぉございまぁぁぁぁぁぁぁぁす!!!

最終的にコアの破壊、ブラックホールの発生で倒し、全てが終わりま・・・・
って、そうか、アナザーのび太・・・・・
・・・少し悲しい感じ。
でも、平和になったって所はハッピーエンドでは?

初期案の主人公ウィンドI!?
これは驚きですね・・・・

妄想で初期案ブレても、完結出来るその想像力は羨ましいです。


ミラ「みんな、ただい・・・・ま・・・」

リリィ「師匠ー!大丈夫ですか!?生きてますか!?」

クロノス「おい失礼だぞ!あんな事でミラ様が死ぬわけないだろ!」

ジング「里が凍ったり、キノコの魔物の侵入と、混乱が・・・・・・」

ネメシア「うえぇぇぇぇぇん!!!ねえさまぁぁぁぁぁぁぁ!!!」←(号泣)



レウォル「・・・・・・・・何があったんだよ」



なるほど、次回は仮面ライダーものですか!
アイディアは他作者さんが、ですか。
募集・・・・たくっちスノーさん・・・・
メイドウィン募集するんだったらもう一回参加しよっかなぁと思ってました。

・・・・あれ?次回作のって確か雑談で言ってた・・・・
・・・まぁ、何であろうと見に行きますよ!


長くなってしまいすみません!
最後に・・・・

完結、おめでとうございます!


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。