二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

時空監理局外伝 「牙組」 (完結)
日時: 2018/01/27 23:44
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

『フィフティ・シリーズは死んでいない』

時空監理局たくっちスノーが廻る、牙組のものがたり....


どうもロストメイドウィンです

時空監理局って何年も前から妄想してたのに詳しく掘り下げてないなと思い、こういった小説を作りました

【注意】
なんかもうオリ設定の塊です
キャラ崩壊は無いと思う、たぶん。
むちゃくちゃだよォ!
仮面ライダー要素もりもり

【重要な警告】
『仮面ライダービルド』のベストマッチと『帽子世界』の根本的な内容に関するネタバレを含みます




オリキャラ募集は終了しました、沢山の応募ありがとうございました


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【牙組組員名簿】
名前

性別

性格

容姿

その他

サンプルボイス

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

牙組隊員一覧

【組長】
松山那雄宏(>>8)
【副組長】
かなづち大明神
たくっちスノー(『元』副組長)
【隊員】
ネメシア(>>2)
ルリ(>>5)
享楽(>>10)
オルガ(>>16)
大谷名月(>>18)
越都(>>19)
夜長アンジー(>>21)
ズァーク(>>29)
桐生戦兎/仮面ライダービルド
万丈龍我/仮面ライダークローズ
立崎七夜/仮面ライダーセブン
アプリコット・テルカ・ナイトリード・メルラン・シャル・マリー
・ラディット・ジューン(アプリ子)
???
???
???
???

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32



Re: 時空監理局外伝 「牙組」 (完結) ( No.155 )
日時: 2018/01/28 08:01
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

Miruraさん

たくっちスノー
「まぁ発動条件が厳しいんだけどな!」
コメント感謝だよ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【あとがき】

ロストメイドウィン
「ああ、時空監理局の話を書いているはずだがこんな風に終わったロストメイドウィンだ」

ロストメイドウィン
「即興で始まったこの小説も完結した...やっと話を終わらせるようになってきたな」

ロストメイドウィン
「何せ昔はマツヤマが言っていたような浮かんではすぐ新しいのを書き、すぐ放置していく日々だったからな、それを黒影で絶ち切ったのは一種の成長と思ってほしい」

ロストメイドウィン
「と、話が逸れた、恒例のこぼれ話や初期案だが...」

ロストメイドウィン
「前作ざくアクZでは最後の展開を急遽変えたと話したな?....今回は変えまくりだ」

ロストメイドウィン
「何せ、この小説はこれを書く前から牙組のメンバーだったアンジーと転子がオリジナルの変身アイテムで変身するという妄想から始まったからな」

ロストメイドウィン
「途中のビルド戦争なんて唐突だ、書いてる頃はその話やってなかったし、ハマると思わなかったし」

ロストメイドウィン
「帽子世界もここまで絡むことなかったし...というか設定クロスなんて初めてだよ」

ロストメイドウィン
「まぁつまり、今まで以上に没にした話、キャラクターが多い作品だったと言うわけだ」

ロストメイドウィン
「グローバル・ファウストのボスの初期案は蛮野ゴルドドライブだったしな」

ロストメイドウィン
「キャラクターに関してだが...ああ、扱いに差があってすまない」

ロストメイドウィン
「妄想も万能ではないからな、書きたい話でも時間がなかったり入れる暇が無かったら切り捨てていく」

ロストメイドウィン
「オルガ、名月はそれなりに活躍したと思うが、ルリェ....」

ロストメイドウィン
「越都に関しては出すだけでも苦労したのでノーカンだ」

ロストメイドウィン
「ライブ感満載で苦労した小説だが、オリキャラを送ってくださった方、読んでくれた方、本当にありがとうございました」

ロストメイドウィン
「次回作...といっても、同時執筆のアナザールートを終わらせてからだな」

ロストメイドウィン
「では恒例の宣伝タイムだ」


ロストメイドウィン
「【仮面ライダービルド】は毎週日曜午前9時から放送中!」

ロストメイドウィン
「放送中なのに物語を終わらせた俺ってどうかしてるな」

ロストメイドウィン
「おっとこれだけじゃない...ビルドのBlu-raycollectionには、今回活躍した氷室幻徳が主役のオリジナルドラマ【ROGUE】が入っている」

ロストメイドウィン
「まだまだ!仮面ライダーWが漫画化された【風都探偵】もよろしく!」

ロストメイドウィン
「そしてこれこそが大本命!えぬ氏が制作中の【新訳帽子世界】だ!」

ロストメイドウィン
「帽子世界にはドーラ、シキ、メルの他に三人の主人公がいて、ストーリーは共通だったのだが、新訳では何とそれぞれに新ストーリー搭載!システムも大きくパワーアップ!」

ロストメイドウィン
「ざくアクといい無茶しすぎだろツクール作者」

ロストメイドウィン
「では今回のあとがきは終了だ、アナザールートでまた会おう」

猿渡「お前と話がしたかったよ...龍我。」 ( No.156 )
日時: 2018/08/22 16:43
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

【SS】

龍我
「ガー...」

「おい、龍我...おい、起きろよ!」

龍我
「はぁ?まだ寝かせてくれよ...」

「起きろっての!」

龍我
「ああ..なんなん...猿渡!?」

猿渡
「ああ...ったく、この世界だと名字呼びかよ」

龍我
「なんでこんなところに居るんだよ、ここ時空間だぞ!?」

猿渡
「俺のことはいいだろ、ちょっと話そうぜ」

龍我
「ならせめて身元を公開しろよ!少なくとも俺はお前の知る万丈龍我じゃねぇぞ!」

猿渡
「ああ、知ってる...俺の事か?」

猿渡
「この世界にはAとBの世界がある、俺が住むのがA、お前がB」

龍我
「ああ分かった、たくっちスノーが言っていたパラレルワールドって奴だな」

猿渡
「大体そんな感じだ、まぁ俺も戦兎の奴から聞いただけなんだが」

龍我
「マジか...だが、なんでそんなの知ってんだ?」

龍我
「パラレルワールド等の時空学は通常の世界では知ることすら出来ないはずだぞ?」

猿渡
「お前本当に龍我かよ...それに関してはな、白いパンドラパネルって奴によるものらしい」

龍我
「白いパンドラパネル?」

猿渡
「これについて話す前に俺たちの世界について話しておくか」

猿渡
「俺たちの世界はエボルトという宇宙外生命体の手によって壊滅の危機に陥っている」

龍我
「マジかよ...こうやって話してる暇ねぇじゃん」

猿渡
「だな...でも俺はもう戦えないんだ、だからこうやってお前に会いに来た」

龍我
「...で、どうなったんだ?」

猿渡
「パンドラパネルは実は黒い奴が存在してな...人工フルボトル『ロストフルボトル』を10個付けることでワームホールが形成され、宇宙を自在に飛び回ることが可能になる」

龍我
「まるで時空の渦だな...」

猿渡
「で、戦兎こと葛城巧の親父さんである忍は」

龍我
「おいちょっと待て、戦兎って巧だったの」

猿渡
「え、そこから?」

龍我
「ああ、誰も知らなかった」

猿渡
「マジか...まぁともかく!その親父さんが作った白いパンドラパネルのデータを戦兎が解析した結果、エボルトを倒す唯一の方法が見つかったんだ」

猿渡
「白いパンドラパネルの力でさっき言ったBの世界を呼び寄せ、組み合わせてCの世界を作る...」

龍我
「なんかスケールがでけぇな...ついていけねぇ...」

猿渡
「だろ?俺達も実際上手くいくか分かってないんだよ」

猿渡「お前と話がしたかったよ...龍我。」 ( No.157 )
日時: 2018/08/22 17:00
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

龍我
「...ん?くっつける?」

龍我
「もしかしたら俺の世界、メチャクチャまずい事になるんじゃねーのか!?」

猿渡
「だろうな...戦兎はスカイウォールの無い世界を呼び出そうとしてるんだが、そっちには無いのか?」

龍我
「最初から無かったわけじゃねぇけどな」

猿渡
「結果的に無くなったならセーフか」

猿渡
「ただ、合体したら俺とお前の世界がどうなるのかは分からねぇ」

龍我
「後で戦兎達に伝えておくか...」

猿渡
「そうした方がいいな」

龍我
「だけどよ、なんでそんなことになってんだ?たくっちスノーから戦争が酷くなったとは聞いたが」

猿渡
「酷くなったなんてレベルじゃねぇよ...」

猿渡
「ま、そんなことお前に愚痴ったってしょうがねぇか」

猿渡
「お前だって胸糞悪い事なんか聞きたくないだろ」

龍我
「まぁ、な...俺の方では一時期北都と仲良くしてもらったしな」

猿渡
「なのにカズミンって呼んではくれないんだな」

龍我
「お前んとこどんだけ関係深くなってんの?」

猿渡
「良いことだってある、みーたんの生の姿をずっとそばで見ることが出来るようになったからな」

龍我
「ああ、そういえば向こうのお前も言ってたな」

龍我
「みーたんは北都の皆にとっての安らぎだって」

猿渡
「スカイウォールの影響で娯楽なんて殆ど消え失せたからな」

猿渡
「ま、どんな状況であれ俺のみーたんへの愛は揺るがないんだけどな」

龍我
「へー、お前がそこまで好意を持っていたとは」

猿渡
「あっちの方も隠してんじゃねぇのか?」

龍我
「よし、会ったらさりげなく聞いておくか」

猿渡
「それがいい...あとヒゲの事だな」

龍我
「ヒゲ?」

猿渡
「氷室幻徳」

龍我
「ああ...あいつ結局東都の首相になったんだよ」

猿渡
「...」

龍我
「...でもよ!最近は性格が軟化してきたし、父親との関係も修復してきたんだってよ、なら安心だな」

猿渡
「ああ...そうだな」

猿渡
「良かったじゃねぇかヒゲ...」

龍我
「...そっちの幻徳はどうなってるんだ?」

猿渡
「それも聞かない方がいい...」

龍我
「.....」

猿渡
「俺の世界は人通り話した、後はお前が話す番だ、龍我。」

猿渡「お前と話がしたかったよ...龍我。」 ( No.158 )
日時: 2018/08/22 17:39
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

龍我
「俺の世界...か」

龍我
「俺の世界は戦争の途中に色々あったんだよ、西都にNPG財団っていう奴等が居たんだ」

猿渡
「うちの世界には居なかったな」

龍我
「そんでなそんでな!石動惣一...マスターが全ての黒幕だったんだよ」

猿渡
「お前の世界にもエボルトが?」

龍我
「本人」

猿渡
「.....こっちで目覚めるのが心配になってきたぞ」

龍我
「大丈夫だろそっちは...で、全てが解決した後、戦兎と幻徳は『プロジェクトビルド』を計画して時空のあちこちで活動しているんだ」

龍我
「テーマは明日を皆とビルドする!」

猿渡
「...そうか、お前達は平和を掴み取れたのか」

猿渡
「お前の世界の俺や北都はどうなってる?」

龍我
「赤羽も青羽も黄羽も皆元気だぞ」

猿渡
「...何!?あいつらが生きてるのか!?」

龍我
「ああ...一度死ぬかもしれなかったが、どうにかな。」

猿渡
「そうか...あいつらは無事なのか...良かった...本当に良かった...!!」

龍我
「.....」

猿渡
「あ、気にしないでくれ、今のはな...」

龍我
「猿渡...」

猿渡
「同情なんかいらねぇよ...辛い気持ちにはもうなりたくねぇんだ」

猿渡
「あっちの俺は全てが終わり、大事な奴等が側にいて幸せ、それで終わらせたいんだ」

猿渡
「なぁ...龍我、頼む」

龍我
「...そうだな、でも心配いらねぇよ」

龍我
「あっちにも戦兎が居るんだからよ」

猿渡
「そうだな、あいつがきっとなんとかしてくれる」

龍我
「ああ!なんてったって天才だからな!」

猿渡
「ちょっと調子のってるところあるけどな」

龍我
「分かるー!!」

「「ハハハハハハハハ!!」」

猿渡
「にしてもお前、随分変わったな」

猿渡
「前はエビフライみたいな頭した奴程度にしか思ってなかったし」

猿渡
「早口言葉が途中で間違ったりしてたあいつが」

龍我
「もしかしてあっちの俺って無茶苦茶なめられてる?」

猿渡
「ナメられてるっていうか、バカなのか事実だろ」

龍我
「はー!?俺バカじゃありませんー!時空学八級の資格持ってますしー!?」

猿渡
「そういうので見栄はってるからバカなんだよ、やるなら一級とれ一級。」

龍我
「...試験受けよっかな」

猿渡「お前と話がしたかったよ...龍我。」 ( No.159 )
日時: 2018/08/22 18:00
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

猿渡
「...でも良かったよ」

猿渡
「あっちの世界のお前がこの調子なら、安心して任せられる」

龍我
「当たり前だろ!なんてたって時空の旅人だからな!」

猿渡
「...ははは!!世界が変わっても、お前はいつも通りで安心したよ」

龍我
「おい、まさかこんなこと話すために俺のところに来たのか?」

猿渡
「なんだよ、悪いのか?」

龍我
「だってそっちの世界はまだ戦いは終わってないんだろ?早くお前達も戦兎と合流して...」

猿渡
「言っただろ?俺はもう戦えない」

龍我
「え?」

猿渡
「...だが後悔はねぇ、どうしても許せねぇことがあったから戦い、全力を出した」

猿渡
「最後の祭りを精一杯楽しんでやったんだからさ」

龍我
「.....」

猿渡
「んじゃ、俺そろそろ帰るから...そっちの世界の俺によろしくな」

龍我
「ああ...」

猿渡
「あばよ...龍我。」

龍我
「...」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「...終わりましたか?」

「ああ、とんでもねぇ技術だな、こうやって話せるなんてよ」

「なあ、科学者さんよ...あんたはラブ&ピースの為にその力を使うか?」

「...ええ、当然です」

「今度また会えたときは、この力を平和のために使っていきたい...そう考えています」

「...良かったよ、こっち側で」

「愛と平和...か」

「どっちの世界でも、その信念を曲げずに戦い抜いてきたんだ」

「俺も、心火を最後まで燃やしきった...それで満足だ」

「だから...お前も大事な物の為に頑張れよ、龍我。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

...

龍我がAの世界で『猿渡一海』が亡くなったのを知ったのはそれから三日後の事だった。

猿渡は大事な人に看取られ、満足したように消えていったという。

「馬鹿野郎...なんで言わなかったんだよ...!!」

龍我は後悔した。


もっといい話をしてやりたかった

もっと、あいつが明るくなれるような話をしたかった

「カズミン...ごめんよ」

だが、龍我には時間がなかった

これから龍我は再びビルドの世界に降り立ち、パラレルワールドの報告をしに行くのだ

猿渡一海の住む世界をメチャクチャにしたエボルトを倒すために。







明日をビルドする為に。

龍我
「エボルトォ!!!」


END


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。