二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

マジンガーVSゲッターロボ (第一部・終)
日時: 2018/10/04 15:48
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

『英知の果てに産み出された最強の魔神』
「終わることの無い進化の可能性」

【交 わ っ た ら ど っ ち が 勝 つ と 思 う ? 】

どうもロストメイドウィンです
初のロボット系の小説を書きます

【注意】
基本的にマジンガーとゲッターロボが戦います、悪役?そんなのいません
オリジナル機体も沢山出てくる
どちらの本編もあまり見たことがない(真マジと新ゲくらい)
マガイモノ...多分いるんじゃない
勢いとトンデモだらけ
(世界にとっては)バッドエンド

ホワイト >>12 「ゲッターロボ」
リリィ >>15 『マジンガー』
ルルミー >>26 『マジンガー』
ルーン >>32 『ゲッターロボ』

目次
>>59

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12



Re: マジンガーVSゲッターロボ 大決戦 ( No.55 )
日時: 2018/04/17 13:39
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

たくっちスノー
「そうだ、マジンカイザーはマジンガーZがゲッター線を浴びて進化したもの...」

ZERO
『ゲッターの力さえ我が物へと変える、それがマジンガーの可能性チカラだ】

ルルミー
「凄い...」

リリィ
「マジンエンペラーももしかして?」

たくっちスノー
「いや、エンペラーにゲッター線は含まれていないが...」

リリィ
「そっかぁ」ホッ

ルーン
「何故ゲッター號にゲッター線が入ってないのですか」

たくっちスノー
「メタ的な話をすると元々ゲッターロボ系として作られた訳じゃないから...」


甲児
「このマジンカイザーなら、お前には負けないぜ!!」

ゲッターエビル
「どこまで真化しようが、ゲッターの進化の頂点に立つ我にはかなわぬううううううう!!」

ZERO
【それはどうかな...甲児、ルルミー、アレを使う』

甲児
「アレって?」

ZERO
【マジンガーの真の秘密兵器だ』

ルルミー
「真の秘密兵器?」

ZERO
【レバーを一気に下げるんだ』

甲児
「こうか!」

ZERO
『マジンパワー解放!】

甲児
「え、ええっ!?」

ルルミー
「何が...」

マジンカイザーと終焉のマジンガが黒く、目映く輝いていく!!

ZERO
【これはマジンパワー、マジンガー界におけるゲッター線のようなものだ』

ゲッターエビル
「な、なんだととととと!!!?」


たくっちスノー
「黒き魔神マジンガーの力と、白い奪還者ゲッターの力を二つに!!」


たくっちスノー
「滅びろ、悪のマガイモノ!!」

竜馬
「行くぞ!!」


甲児
「マジンパワー全開ッ!!カイザァァァァァノヴァァァァァッ!!」

ZERO
『ファイナルブレストノヴァァァァァァッ!!】

真上
「やれ、海動!」

海動
「インフェルノギガブラスターーーッ!!」

竜馬 ホワイト ゴウ
「「「ゲッタアアアアアアアビイイイイイムッ!!」」」

ルルミー
【イナズマ光れ 悪を全て消し去れ 神でも悪魔でもある力を今正義のために】

ルルミー
「かざせ カイザーノヴァ!」


たくっちスノー
「リリィさん、僕に合わせて!」

リリィ
「分かった...魔神!」

たくっちスノー
「双神激!!」

ルーン
「プラズマサンダー」

甲児
「いっけえええええ!!!」

無数のエネルギー群がゲッターエビルに襲い掛かる!!


ゲッターエビル
『ぐおおおおおおおおっ!!!』


その衝撃でエビルのゲッター合金がどんどん剥がれていく


ゲッターエビル
「ぐううううう!!あああ!?あ、ああ...」


ゲッターエビル
「そうか....そうだったのか」



ゲッターエビル
「本来のゲッター線の使命、役割、目的...」


ゲッターエビル
「強さを証明することは...何の意味も持たないことだったのか...」


「これがゲッター線...そうか、ゲッターとは....うぐあああああああああっ!!!」



エネルギーに包まれ、エビルは爆発した



ZERO
『短い生涯だったが...これも宿命だ】





【さらばだ、ゲッターのメイドウィン】

Re: マジンガーVSゲッターロボ 大決戦 ( No.56 )
日時: 2018/04/17 23:24
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

...

たくっちスノー
「終わったのか?」

ZERO
『ああ】

甲児
「これで、帰れるのか?」

ZERO
【ああ』

リリィ
「...はぁ~っ!!やっと終わったぁ!」

甲児
「たった数日なのに、ここまで長く感じるなんてな」

ルルミー
「でも、世界は...」

たくっちスノー
「....」

ZERO
『ああ...私と奴の喧嘩で、いくつものの星が、世界が、生命が失われた】


ホワイト
「.....」


ZERO
『奴の挑発に乗った私にも責任はある】

たくっちスノー
「ZERO、後の事は頼んだよ」

ZERO
『ああ】

たくっちスノー
「さて、君たちを帰す準備は整っているよ」

竜馬
「これで帰れるんだな?」

たくっちスノー
「ああ!僕も急いでるし手短にやるよ...ほいっ!!」

甲児
「おわっ!?」

竜馬
「うおっ!?」

たくっちスノーが指をならすと、竜馬の回りが光に包まれ...!?



竜馬
「う、んん...?」


竜馬達が目を覚ますと、そこは町のスラム側だった

ゴウ
「ここは...」

弁慶
「帰ってきたのか?それとも、今までの事は夢だったのか?」

ゴウ
「...いや、アレを見ろ」


竜馬
「あれ?...はぁっ!?」


ゴウが指差した先には、無数の機械の怪物軍団が


弁慶
「なんだあれは!?」


『恐竜帝国が復活しやがったんだ』

竜馬
「はあ?」

ホワイト
「おーい皆!」

ケイ
「ホワイト!?なんでここに!?」

ゴウ
「ホワイトはゲッター線そのものだからな...」

竜馬
「やっぱり夢じゃなかったか...で、その青いゲッターはなんだ?」

ホワイト
「これ?これはネオゲッターロボだよ!!」

『オレはネオゲッターロボのメイドウィン!ネオゲッタードラゴンだ!』

ケイ
「ネオゲッタードラゴン?それで、恐竜帝国って?」

ネオゲッタードラゴン
「かつてゲッター線によって滅んだとされるハチュウ人類の集団だ...」

竜馬
「なるほど、冬眠から覚めてきたってわけか」




竜馬
「上等だ!恐竜だかなんだか知らねぇが、俺が相手になってやるぜ!」

ネオゲッタードラゴン
「それでこそ流竜馬」

ホワイト
「竜馬ー!竜馬達が乗るネオゲッターはもう用意してあるよ!ルーンだっているんだから!」

竜馬
「へっ、助かるぜ!」

ゴウ
「やることは変わらない...か」

ケイ
「けど、今度こそは守るよ!私たちの世界を!」

竜馬
「ゲッタアアアアチェェェェンジッ!!ネオ・ゲッタアアアアアワンっ!!」



メカザウルス
「あ、あれは...ゲッターか!?」

竜馬
「ハチュウ野郎!ぶっ潰してやるぜ!」

竜馬達とゲッターの戦いはまだまだ続く?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ZERO
『甲児、私についていくのか?】

甲児
「俺は構わないよ、マジンガーと一緒ならなんでも出来るからな」

ZERO
『フ...マジンガーZと兜甲児は一心同体】

甲児
「ああ!これからもよろしくな、マジンガーZ!」

ZERO
【アア...】

甲児とマジンガーZEROは時空の旅人となり...罪もなく死んだ生き物達の弔いのために今日も時空を越える

甲児
「マジーン・ゴー!!」


...

ルルミー
「聞いてもいいですか?」

たくっちスノー
「何?」

ルルミー
「たくっちスノーさん、何を急いでたんです?」

たくっちスノー
「ああ...人を探しているんだ」

ルルミー
「人を?」

たくっちスノー
「うん...用事の途中でZEROに呼び出されたものでね...」

リリィ
「ふーん...」

たくっちスノー
「二人もごめんね、関わらせちゃって」

ルルミー
「いえ...頑張ってくださいね」


たくっちスノー
「うん」



...

「あのさ母さん!!なんで付き添いで来たのさ今更だけど!」

「貴方はまだ0歳なんですからほっとけないじゃないですか」

「まったく...一人でいけますから!!」



...


竜馬
「ゲッター!!」

甲児
「マジンガーッ!!」

「「次は、どいつだ!?」」


マジンガーVSゲッターロボ
第一部、エビル編


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これにてマジンガーVSゲッターの戦いは一時、終わりを告げる


...だが!

デューク
「グレンダイザー!」

第二部
グレートマジンガーVSネオゲッターロボWithグレンダイザーがいつか始まる...



かもしれない!!

Re: マジンガーVSゲッターロボ (第一部・終) ( No.57 )
日時: 2018/04/17 23:45
名前: mirura@

ミルラ「第一部!?」

ミラ「まぁ、早めに終わりすぎだからね・・・・・」


こんにちは!
第二部ですかぁ・・・・・
また波乱のバトル何でしょうねぇ・・・・・

でも、一部の完結はおめでとうございます!
数日が数ヶ月に思えましたね・・・・

二部でも頑張ってください!

Re: マジンガーVSゲッターロボ (第一部・終) ( No.58 )
日時: 2018/04/18 12:28
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

Miruraさん

たくっちスノー
「...実は第二部公開は後になるんだ」

ロストメイドウィン
「ああ」

たくっちスノー
「じゃあなにをするのかと言うと...ほら、よくあるバラエティ番組原作の小説を書きます、久しぶりに」

ロストメイドウィン
「今までストーリー物ばかり書いてきて頭が痛いものでな、それに色々とわけも...」

たくっちスノー
「そこら辺ごめんな~」

コメント感謝だよ!

Re: マジンガーVSゲッターロボ (第一部・終) ( No.59 )
日時: 2018/10/04 15:47
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

『目次』
※コメントが入ってますがご了承下さい

【第一部】
『一日目』
>>3-7

『二日目』
>>10-18

『三日目』
>>19-23

『四日目』
>>24-31

『五日目』
>>34-39

『5.9日目』
>>40-44

『6日目』
>>45-51

『最終日』
>>52-56


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。