二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

逃走中12 ~時空を超えた大決戦~
日時: 2018/09/24 22:59
名前: 広尾 ◆NJ2V3cUk.s

今回こんかい逃走中とうそうちゅうは、広尾版逃走中初ひろおばんとうそうちゅうはつのチームせん!

その舞台ぶたいとなるのは、



現代げんだいエリアとなる「大型おおがたショッピングモール」


そして・・・


過去かこエリアとなる「江戸時代えどじだい」!


このなかを、きららチーム&ノーマルチームの2チームがかれてきそう!


チームせんのため、1でもれば賞金獲得しょうきんかくとくのチャンス!



たして、100分間逃ぷんかんに賞金しょうきん120万円まんえん獲得かくとくするのはどっちのチームになるのか!?



逃走者とうそうしゃ(チーム別)


==きららチーム==
一之瀬花名いちのせはな(初)
恋塚小夢こいづかこゆめ(初)
志摩しまリン(初)
鳩谷はとやこはね(初)
布田裕美音ふだゆみね(初)
骨眼鏡ほねめがね(初)
本田珠輝ほんだたまき(3)
百木ももきるん(初)
百地ももちたまて(初)
雄介ゆうすけ(6)


==ノーマルチーム==
伊藤開司いとうかいじ(初)
黒澤くろさわルビィ(初)
田所浩二たどころこうじ(初)
ドナルド・マクドナルド(11)
野原のはらひろし(12)
洋輝ひろき(初)
マリオ(12)
丸地まるちにころ(初)
源静香みなもとしずか(初)
ゆうき(2)



どころ】
広尾版逃走中初ひろおばんとうそうちゅうはつのチームせん!
裕美音ゆみね、BLの布教ふきょうを・・・!?
かるひとにはかる、からないひとにはからない、そんな逃走者とうそうしゃメンバー。
たして最後さいごまで執筆しっぴつできるのか!?

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18



Re: 逃走中12 ~時空を超えた大決戦~ ( No.83 )
日時: 2019/05/24 21:24
名前: 広尾 ◆NJ2V3cUk.s

【現代エリア 牢屋deトーク】

花名
「2018年冬に放送されたきららアニメは?」


小夢
「スロウスタートとゆるキャンだよね?」


花名
「今、この牢屋にその二つのアニメの主人公がいます!!」


リン
「確かにな・・・花名は主人公だし、わたしも主人公って設定らしい」


るん
「そこ、何気にメタ発言しないで」


花名
「まあ、主人公だからって特にいいこともなく・・・戦闘系アニメみたいに主人公補正があるわけでもないわけだし・・・」


リン
「まあそうだよな・・・」


小夢
「ところで、そちらの身延町、ゆるキャンのアニメが放送されたおかげでかなり盛り上がってるんだとか・・・」


リン
「確かに、ゆるキャンの聖地巡礼とやらでイベントやってたり・・・いろいろあるらしいな・・・」


リン
「ちなみにこの逃走中の作者の広尾って奴、ゆるキャンの聖地を通る身延線ってのに乗りたいらしいぞ」


花名
「鉄道も好きらしいからね・・・」





骨眼鏡
「・・・雄介さん、そろそろ行きましょう」


雄介
「・・・ですね、隠れる場所を探したいですし」←なるべく隠れておきたい


骨眼鏡
「ずっと隠れるのもあれなので、ここまでですね」←なるべくうろうろしておきたい


隠れておきたい派と動いておきたい派、ここで分かれる・・・




雄介
「・・・とは言ったけど、隠れる場所どうしよう・・・また探さなきゃ・・・」

骨眼鏡と別れ、1人になった雄介・・・
1人で、隠れ場所を探さなければいけなくなった・・・



こはね
「アイテムはないし・・・やっぱり、隠れるのが一番だよね!」


裕美音
「だね・・・やっぱりわたしもそれが一番だと思うよ・・・」


こはね
「今1階だから・・・また少し、移動する?」


裕美音
「そりゃ移動しないと隠れる場所、見つからないし・・・」


こはね
「はははっ・・・」

2人で会話をしている近くに・・・







ハンターK2
「・・・・・・・・・」

静かに迫る、黒い影・・・


こはね
「えーっと・・・マップを見た限り、やっぱりイオンのところの方が隠れやすいっぽいよー!」


裕美音
「それって、イオンスタイルのところ?」


こはね
「そこもいいんだけど・・・やっぱりごちゃごちゃしてそうな2階、3階辺りかなぁ?」


裕美音
「そのあたりね~・・・確かにいいかも・・・」




ハンターK2
「・・・・・・・・・」






ハンターK2
「・・・・・・・・・!」ダッ

見つかった・・・!




こはね
「でしょ?だからやっぱりそこに・・・うわぁっ!!」ダッ


裕美音
「どしたのっ・・・ってハンターっ・・・!!」ダッ


ハンターK2
「・・・・・・・・・」


こはね&裕美音、逃げ切れるか!?

Re: 逃走中12 ~時空を超えた大決戦~ ( No.84 )
日時: 2019/05/30 23:09
名前: 広尾 ◆NJ2V3cUk.s

ハンターK2
「・・・・・・・・・!」ダッ

見つかった・・・!




こはね
「でしょ?だからやっぱりそこに・・・うわぁっ!!」ダッ


裕美音
「どしたのっ・・・ってハンターっ・・・!!」ダッ


ハンターK2
「・・・・・・・・・」


タッタッタッ・・・



こはね
「わたし向こう(レストラン街)行くからそっちはまっすぐ行って!!」


ゆみね
「わかった!!」

二手に分かれる作戦のようだが・・・?




ハンターK2
「・・・・・・・・・」





ハンターK2
「・・・・・・・・・!」

ハンターが、どちらかの逃走者を追跡・・・!

ハンターの標的となったのは・・・








こはね
「こっち来てる!?」

こはねだ・・・


ハンターK2
「・・・・・・・・・」



裕美音
「はぁ・・・はぁ・・・あれ・・・?ハンターいない・・・」


裕美音
「そっかぁ・・・こはねちゃんの方に行っちゃったんだ・・・」




こはね
「・・・はぁ、はぁ・・・」


ハンターK2
「・・・・・・・・・」

タッタッ・・・



こはね
「もう無理っ、速すぎるよぉ・・・」ピタッ


ハンターK2
「・・・・・・・・・」


ポンッ
41:30 鳩谷こはね確保
きららチーム:残り7人
ノーマルチーム:残り7人



こはね
「あんなの無理だってぇ・・・」バタッ

チアをやっていても、体力がなきゃ意味はない・・・




prrrr♪

たまて
「確保情報、あっ、こはねさん捕まっちゃいましたか・・・」


珠輝
「またこっちから1人減った・・・」



裕美音
「こはねちゃん、捕まっちゃったんだ・・・」


裕美音
「まるでわたしのために囮になってくれたみたい・・・」


裕美音
「彼女からしたらそういう気はないのかもしれないけど・・・」

ただ、2分の1の確率でこはねの方へ行っただけだ・・・




【江戸エリア】

野獣先輩
「やっと並んだか・・・」


野獣先輩
「でもやっぱり、向こうの逃げてる奴が減って、こっちが有利になる方がいいんですけどねぇ!」

現代エリア、江戸エリアと共に残り7人、同じ数である・・・




マリオ
「・・・さて、ここらで一つ、逃走者の整理をしてみるか」


マリオ
「まず俺だろ?カイジだろ?野獣先輩だろ?そしてドナルド」


マリオ
「ひろし、そしてにころって奴、んでゆうきの計7人」



マリオ
「そして向こう(きららチーム)は・・・」


マリオ
「夏風邪、布田裕美音、でいいのか・・・?」


マリオ
「あと骨眼鏡、本田珠輝、百地たまて・・・なかなか見ない名字だなこれ」


マリオ
「あと雄介、募集枠だな」


マリオ
「こうやって見ると・・・こっち(ノーマルチーム)には俺やひろしと言ったレギュラー勢がいる」


マリオ
「しかし向こうにもベテラン作者勢がいるわけだから、結局としては同等ぐらいだな」


マリオ
「と考えれば・・・別にこっちが有利とか不利とか、そういうのはなさそうだ・・・」

きららチームにはベテラン作者、ノーマルチームには広尾版逃走中レギュラー勢がいるため、逃走の強さについては同等のレベルだ・・・


40:30

=きららチーム=7人
夏風邪/布田裕美音/骨眼鏡/本田珠輝(網鉄砲)/百地たまて/雄介


=ノーマルチーム=7人
伊藤開司/田所浩二/ドナルド・マクドナルド/野原ひろし/マリオ/丸地にころ/ゆうき(網鉄砲)

Re: 逃走中12 ~時空を超えた大決戦~ ( No.85 )
日時: 2019/06/07 21:12
名前: 広尾 ◆NJ2V3cUk.s

【本部 指令室】

ゲームマスター
「残り40分・・・」


アシスタント
「ここまで断続的にミッションが発動されたりして、結構忙しいですね・・・」


ゲームマスター
「さっきは網鉄砲を与えたしな・・・」


ゲームマスター
「ここまではハンターの押し付け合いや賞金を懸けたミッション・・・」


ゲームマスター
「今までに比べるとこのミッション達は生ぬるい・・・」


ゲームマスター
「しかし・・・次のミッションも『押し付け合い』にはなるのだが・・・」


アシスタント
「・・・?」


ゲームマスター
「もしそれが『自分の身により危険が起こる』ようだったらどうなるか・・・それが今回のミッションの見所だ」


アシスタント
「・・・で、それはどんなミッションなんですか?」


ゲームマスター
「これだ・・・」


シュッ


ウィーン


ゲームマスターによりミッションが発動!

エリアに、読み取り機械が設置された!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【江戸エリア】

prrrr♪

カイジ
「んだよ・・・驚かせるなよ・・・」


カイジ
「メールか、なんだ?ミッション・・・!?」


野獣先輩
「『MISSION③』ミッション来ましたねぇ!」


ゆうき
「『君たちにとって、敵となるチームの逃走者を脱落させることができるチャンスを与えよう』」


マリオ
「『現代エリアは自動販売機に50円、江戸エリアは役所に50銭支払えば、カードを入手することができる』」



【現代エリア】

夏風邪
「『このカードを専用の機械に認識させると、自分と相手のチームの逃走者がランダムで1人強制脱落となる』」


雄介
「『なお、1人脱落するとその地点でミッションは終了となり、複数名を脱落させることはできない』」


たまて
「これは一大事なのですよ・・・」


珠輝
「これってわたしも強制脱落になる場合もあるってことだよね・・・」


たまて
「ですね・・・」



【MISSION③ 相手チームの逃走者を脱落させろ!】

チームの逃走者に、相手のチームの逃走者を脱落させるチャンスが到来!
相手チームを脱落させるには、現代エリアは自動販売機で50円払いカードを購入し、専用の機械に認証させるこ、と
江戸エリアは役所の人に50銭支払いカードを購入し、専用の機械に認証させる必要がある。

なお、カードが認証された地点で相手のチームの逃走者1人がランダムで脱落となり、それ以降はどちらのチームもカードを使えない。
先着1人だ。



裕美音
「お金・・・これだね・・・」

逃走者1人につき現代エリアは10円、江戸エリアは10銭を持っている・・・


裕美音
「あと4人かぁ・・・結構大変だね・・・」


38:30

=きららチーム=7人
夏風邪/布田裕美音/骨眼鏡/本田珠輝(網鉄砲)/百地たまて/雄介


=ノーマルチーム=7人
伊藤開司/田所浩二/ドナルド・マクドナルド/野原ひろし/マリオ/丸地にころ/ゆうき(網鉄砲)

Re: 逃走中12 ~時空を超えた大決戦~ ( No.86 )
日時: 2019/06/13 20:46
名前: 広尾 ◆NJ2V3cUk.s

【江戸エリア】

ドナルド
「これはチャットの出番だね♪」


ドナルド
【みんなは、10銭持ってるのかい?】


ゆうき
「ドナルドからだ・・・10銭・・・?あるある」


ゆうき
【10銭あります】



野獣先輩
「10銭・・・あるな」


野獣先輩
【10銭ありますねぇ!】



ひろし
「はちきゅーじゅー・・・10銭あるな」


ひろし
【10銭あるぜ】



ドナルド
「やっぱり、みんな10銭持ってるみたいだね♪」


ドナルド
【10銭持ってる人たちで集まりたいんだけど、どうかな?】


野獣先輩
「集合か・・・」


野獣先輩
【どこに集合するんだ?】


ゆうき
【役所の前でいいんじゃないですかね?】


ひろし
【その方が一気に集まるし早いからな】


ゆうき
【でも、よく考えたら、一気に人が集まるのって危険すぎません?】


ドナルド
【それもあるね・・・誰か代表者が役所の前で待機して、それで10銭だけその人に渡すってことでいいんじゃないかな?】


野獣先輩
【その方がいいな】


ゆうき
「代表者かぁ・・・行こうかなぁ・・・」


ゆうき
「・・・よし、行こう」


ゆうき
【僕が役所で待機してます】


ドナルド
【了解♪それじゃあ、ドナルドは役所の方へ向かうね♪】


ひろし
【俺も向かうぜ】


野獣先輩
【行きますよ~行く行く】


ゆうき
「・・・早くいかなきゃ」

ゆうきが役所に待機しておき、10銭を集め、それでカードを交換する作戦のようだ・・・



カイジ
「・・・よし、チャットを見てる限り俺が動く必要はないようだな」

チャットはチーム全員が見ることができるため、ミッションに行くかどうかを自ら決めることもできる・・・


カイジ
「でも、見てる限り4人しか動いてないみたいだが、あと1人はどうするんだ・・・?」


カイジ
「俺は遠いから行きたくないな・・・」





マリオ
「ゆうき、ドナルド、ひろし、田所・・・1人足りん・・・」


マリオ
【おい、1人足りないぞ・・・?】



ひろし
「1人足りない・・・?言われてみれば」


ドナルド
「確かにそうだね・・・」



マリオ
【役所集合でいいんだよな?俺も行く】


ドナルド
【よし、これで5人そろったね♪50銭が支払えるよ♪】


5人が揃い、役所へ行く準備はできたようだ・・・


37:00

=きららチーム=7人
夏風邪/布田裕美音/骨眼鏡/本田珠輝(網鉄砲)/百地たまて/雄介


=ノーマルチーム=7人
伊藤開司/田所浩二/ドナルド・マクドナルド/野原ひろし/マリオ/丸地にころ/ゆうき(網鉄砲)

Re: 逃走中12 ~時空を超えた大決戦~ ( No.87 )
日時: 2019/06/20 21:32
名前: 広尾 ◆NJ2V3cUk.s

【現代エリア】

裕美音
「50円かぁ・・・50円玉があれば便利なのに、そう簡単にはいかないもんなんだね・・・」

逃走者は、1人10円を持っている。そのため、50円を集めるためには5人から10円玉を貰う必要がある・・・


裕美音
「わたしは誰に渡してもいいと思うんだけどね~・・・」

そこまでミッションに積極的でないらしい・・・





雄介
「ミッション・・・それよりも今は隠れたいかな・・・」

ミッションよりも、隠れ場所を優先する雄介・・・


雄介
「2階か3階・・・あまり移動してると、ハンターに見つかるかもしれないから、あまり移動しない範囲でいいところを見つけたい・・・」

なかなかいい場所が、見つからないようだ・・・





たまて
「たまちゃんさんたまちゃんさん、これはミッションに行くしかないですよっ!」


珠輝
「2人合わせて20円だもんね・・・!あと30円、だから3人の人から10円を貰えば・・・!」


たまて
「でも、今って(逃走者)何人いましたっけ?」


珠輝
「えーっと・・・たまてちゃんとわたし含んで7人だね・・・」


たまて
「つまり、5人のうち誰かから、というわけですな・・・」


珠輝
「あと残ってるのは・・・夏風邪さん、ゆみね、骨眼鏡さん、雄介さん・・・」


たまて
「圧倒的な作者勢の多さですね・・・」


珠輝
「まず1人はゆみねからもらうとして・・・あと2人は作者さんになるね・・・」


たまて
「なるほど・・・ではとりあえず、ゆみねさんから行ってみましょうか」


珠輝
「うん・・・とりあえず、電話かけてみるね・・・?」





prrrr♪

裕美音
「うわっ、電話・・・あれ、たまちゃんからだ、どうしたんだろう・・・」


裕美音
「もしもし?」


珠輝
「あっ、ゆみね?今、どこにいるの?」


裕美音
「今?1階だよ・・・?」


珠輝
「1階かぁ・・・ハンターは大丈夫?」


裕美音
「うん・・・でも、どうして?」


珠輝
「今、うちおるの3階やから、1階まで行くのちょい時間かかるねん・・・だからハンター大丈夫かなって・・・」


裕美音
「今のところ、そういうところは大丈夫だよ・・・?」


珠輝
「わかった!じゃあね!」プツッ



たまて
「どうです?いけそうですか?」


珠輝
「うん!1階にいるみたい!」


たまて
「1階のどこにいるんですか?」


珠輝
「・・・あ」


たまて
「・・・場所を聞き忘れてしまったんですね」


珠輝
「ごめん・・・」

とんだ大失態だ・・・


たまて
「ま、まあ、とりあえず1階に行きましょう・・・」


珠輝
「だね・・・」

35:30

=きららチーム=7人
夏風邪/布田裕美音/骨眼鏡/本田珠輝(網鉄砲)/百地たまて/雄介


=ノーマルチーム=7人
伊藤開司/田所浩二/ドナルド・マクドナルド/野原ひろし/マリオ/丸地にころ/ゆうき(網鉄砲)


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。