二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

T&K7Ⅲ
日時: 2019/02/10 08:28
名前: ハルキX ◆HCAx4e.S7w

2019年初春 執筆開始!
キャラクター
T&K7
霊夢レッド
東方シリーズの主人公。T&K7のリーダー。最近はまともに生活している。必殺技は夢想封印。
魔理沙イエロー
東方シリーズの主人公。T&K7の中では魔法上手。必殺技はマスタースパーク。
ソラブルー
キングダムハーツの主人公。T&K7の中では技を多く持っている。必殺技はラグナロク。
リクブラック
キングダムハーツの副主人公。車係に当たることが多い。必殺技はダークオーラ。
カイリピンク
キングダムハーツの登場人物。シリーズの中ではさらわれたりもした。必殺技はデスティニープレイス。
セイシロウグリーン
魔理沙の後輩。魔理沙から魔法を教わっている。必殺技はメテオ。
スリルホワイト
リクの妹。か弱いらしい。必殺技はシャイニングソード。
キーキャラクター
ハルキX (18)
T&K7の作者。前々作ではハルキ?を恨んでいたが前作からその恨みは無くなった。今作は蓮と関わるようだが・・・
CV子安武人
エルネスティ・エチェバルリア
愛称エル、前々T&K7Ⅱで日本にやって来た。前世が日本生まれなのでこの世界の事を知っているようだ。
エルネスティ・エチェパルリア
愛称ダークエル、前作は先述のエルと敵対していたが今作はハルキXの家に居候する。
クラファ
ハルキ? (28)
クラファの6代目閣下。トリゾウの息子、カリゾウとヤリゾウの甥。
今作はクラファ誕生30周年の仕事で忙しいため出番が少なくなるらしい。
CV神谷浩史
トリゾウ (58)
クラファの初代閣下。八兄弟の長男でハルキ?の父親。タクシー会社の社長。
ハルキ?の父で車はハルキ?より高級の車を持っている。
CV池田秀一
カリゾウ (55)
八兄弟の次男でハルキ?の叔父。タクシー会社の副社長。
実はカル・オブザの父親?という案もあるらしいが果たして・・・
CV山路和弘
ヤリゾウ (52)
八兄弟の三男でハルキ?の叔父。
治癒能力のおかげで助けられている人が多い。
CV大塚明夫
ペルソナ使い。
結城理ユウキマコト キタロー (28)
ペルソナ3主人公。本当は死んでいたが悠が過去を変えたため生きている。
CV石田彰
結城綾音ユウキアヤネ ハム子 (28)
ペルソナ3ポータブル女性主人公。ペルソナシリーズでは出番が少ない。
CV井上麻里奈
鳴上悠ナルカミユウ 番長 (26)
ペルソナ4主人公。彼はペルソナの中で長く愛されていた。何せ8年も代表していたから。
CV浪川大輔
雨宮蓮アマミヤレン ジョーカー (18)
ペルソナ5主人公。ハルキXと意気投合する。実はハルキXの女の友達を知っているようだが・・・
CV福山潤
葉月 (28)
前々作はハルキXと仲が悪かったが前作から良くなった。今作は理、綾音、悠と関わることが多くなる。
優羅 (31)
葉月の兄、今作ではハルキXと葉月たちが服役中の頃の話をしてくれる。
ラァン、レェン(どちらも19)
双子の2人でレェンが姉、ラァンが弟
アクト (27)
メーア (26)
どちらも嘗ては親衛隊長だった
ラゼル (22)
テレシア (22)
双子だがラァン、レェンとは、関わっていない。
上記の6人は今作ではハルキXがワイルドに関わる様になり出番が少なくなった。
スターオーシャン
ウェルチ・ビンヤード (24)
自称天才美少女クリエイター。今作からT&K7のサポートを始める。
ウェルタ・ビンヤード (21)
ウェルチの弟。アリーシャとは知り合いのようだ。
アリーシャ (21)
ヴァルキリープロファイル2の主人公。レナス同様レザードに恨みがあるらしい。
カル・オブザ (?)
前作と今作の悪役。彼女の嫌がらせは前と比べてヒートアップしている。本当の名前が隠されているが・・・
ドクター・ミカミ(?)
博士。今作はエルたちをもとの世界に帰す機械を発明するらしいが・・・
桐生一馬キリュウカズマ (52)
堂島の龍。今回は大きなことを起こさないと誓っている。

Page:1 2 3 4 5 6 7



Re: T&K7Ⅲ ( No.31 )
日時: 2019/03/10 08:12
名前: ハルキX ◆HCAx4e.S7w

黒歴史さん。
そうですね。あのレオン・エストマンを出したらこの小説がパンクしてしまいますよ。
キャラの総数、前作のⅡは、とても多かったので。
旧映像のT&K7Ⅱもご覧くださいませ。

Re: T&K7Ⅲ ( No.32 )
日時: 2019/03/10 18:11
名前: ハルキX ◆HCAx4e.S7w

21章は、20章 メガネトークの続きになります。
まだ20章を見ていない方はそちらをご覧ください。
ナショナルシティ
ハルキX「あっちか。」
雨宮蓮「あいつだな。」
21章 ナショナル・オブザ
コピー・カル・オブザ「また会ったわね。」
ハルキX&雨宮蓮「カル・オブザ、貴様(怒)。」
コピー・カル・オブザ「もうね。私の趣味を邪魔するなら死んでもらわなくちゃ。」
♪~VP~未確認神闘シンドローム
ハルキX「やっぱ戦うことになるよな。」
VSコピー・カル・オブザ
ハルキX「やるぞジョーカー!」
雨宮蓮「ああ!」
コピー・カル・オブザ「死んでくれる?」
雨宮蓮「それはこっちの台詞だ。」
ハルキX「イッツ、ショータイム!」
雨宮蓮「俺の台詞取られた!」
バトル開始
コピー・カル・オブザ「はああああ!」
ハルキX「押し合いか。ぐぬぬ!」
結果は
ハルキX「ぐわっ!」
雨宮蓮「ハルキ!」
ハルキXは気絶してしまった。
コピー・カル・オブザ「私を倒してみなさいよ。」
雨宮蓮「なら・・・・・」
ブチッ!
雨宮蓮「アルセーヌ!」
カッ!
コピー・カル・オブザ「無駄ね!」
雨宮蓮「ぐっ!」
コピー・カル・オブザ「もう終わり、まだいけるはずよ。」
蓮、絶体絶命!彼はどうなる!?
?「話は聞いてたぞ。」
♪~PQ2~ROADLESSTAKEN
雨宮蓮「皆、来てくれたのか!」
結城理「同じワイルドを見捨てるわけにはいかないよ。」
コピー・カル・オブザ「ペルソナ使い!いったいどうして・・・・・」
結城綾音「蓮君のLINEで知ってたの。」
雨宮蓮「おまえが強いと言うことは、予想していたよ。」
鳴上悠「あとは俺たちに任せろ。」
カッ!
結城理&結城綾音「オルフェウス!」
鳴上悠「イザナギ!」
コピー・カル・オブザ「キャッ!」
コピー・カル・オブザがダウンした。
鳴上悠「総攻撃だ!」
ペルソナ4の総攻撃カットインで終わった。
バトル終了
コピー・カル・オブザ「覚えてなさい。」
そう残したあと、煙幕を地面に投げつけた。
煙が無くなった頃にはすでに居なくなっていた。
鳴上悠「逃がしたか。」
結城理「あー、ハルキが気絶してるね。」
結城綾音「とにかく、車に運ばなきゃ。」
ペルソナ使い一同は、ハルキXを車へ運んだ。
車内
ハルキX「ん?」
ハルキXが目覚めた。
ハルキX「ここは、どこなんだ?」
結城綾音「良かった!心配しちゃったよ!」
結城理「大丈夫かい?さっきのカル・オブザと戦ってるときに
体力が消耗してるんじゃないかな?」
ハルキX「ありがとうございます、おかげで助かりました。」
鳴上悠「大変だったな。今回は蓮がLINEで知らせてくれたから気付いたが、
知らせてくれてなかったらまずい状況になってたぞ。」
雨宮蓮「悠お兄さんの車か。」
ハルキX「もう大丈夫ですよ。心配してくれてありがとうございます。
じゃ、俺は帰りますね。」
NEXT
T&K7は、ペルソナ使いの理、綾音、悠とビンヤード姉弟のウェルチとウェルタと一緒に
新幹線で大阪へ向かった。
最初は、あべのハルカスを見に行き、
次に蒼天堀のえびす橋を観光したら、通行人の女がセールスに絡まれてるじゃないか!
一同は、そのまま放っておくわけにはいかず、止めるのだった。
22章 関西観光 前編
楽しみに待てよ。
おまけ
ハルキX「もう大丈夫ですよ。心配してくれてありがとうございます。
じゃ、俺は帰りますね。」
雨宮蓮「じゃあな。」
結城綾音「じゃあね。」
それを見ていた謎の女
謎の女「ハルキと蓮君がカル・オブザに挑んだが、力の差で負けた。
なるほど、情報はある程度揃った。今度、関西へ向かうみたいだ。あいつらを見ておくか。」

Re: T&K7Ⅲ ( No.33 )
日時: 2019/03/16 15:57
名前: ハルキX ◆HCAx4e.S7w

のぞみ209号 6号車
霊夢、魔理沙、ソラ、リクで1つ、
カイリ、セイシロウ、スリル、理、綾音、悠で1つのグループで席に座った。
新横浜を発車してすぐ
霊夢「のぞみ号、横浜を出ると名古屋まで止まらないわ。」
リク「ひかりだと途中、どこになるのかわからないが止まるらしい。」
結城理「大阪か。蒼天堀やあべのハルカスが名物だね。」
鳴上悠「かつて、桐生さんが言っていたな。仕事か何かで。」
結城綾音「今日、日曜日だし、蓮君も誘いたかったけど
ユウミちゃんと会う約束をしてたから残念。」
22章 関西観光 前編
Aパート
新大阪駅
ウェルチ「皆!」
鳴上悠「ウェルチとウェルタ!久しぶりだな。」
結城理「ここで会えるなんて思ってもいなかったよ。」
ウェルタ「驚きましたよ。ここでT&K7とペルソナ使いに会えるなんて。」
結城綾音「そう言えば、最初は、あべのハルカスへ行くんだよね?」
魔理沙「そうだ。」
セイシロウ「大阪メトロの御堂筋線に乗って天王寺で降りれば行けますよ。」
ウェルチ「じゃあ早速行きましょう!」
一同は大阪メトロ御堂筋線に乗って天王寺で降りた。
カイリ「あべのハルカスは、あっちだね。」
ソラ「当日券を買うから地下の入り口からでも大丈夫だろう。」
スリル「シャトルエレベーターは、あっちよ!」
一同は、ハルカスシャトルエレベーターに乗って16階へ行き、
そこから展望台エレベーターで60階へ行った。
ウェルタ「ここがハルカス300の世界。」
ウェルチ「そして、最上階の回廊。」
結城理「地上300メートルからの景色はどうかい?」
鳴上悠「高いな。落ちたら即死だぞ。」
結城綾音「車や人がちっちゃくなってビックリしちゃった。」
結城理&鳴上悠「同感。」
そして彼らは、蒼天堀へ向かった。
Bパート
蒼天堀
鳴上悠「蒼天堀か。」
船が通った。
結城理「船か。てんぼりリバークルーズだね。」
リク「グリコの看板だ。」
セールス「お姉さん可愛いね。良かったらうちのキャバ譲にならない?」
お姉さん「嫌です!離してください!」
セールス「本当に可愛いもん!」
それを見ていた人々は
ジャージの男「なんやなんや。」
お姉さん「誰か!誰か助けて!」
魔理沙「助けを呼んでる!出番だ霊夢!」
ソラ「行くか!」
セールス「な、何者だ。チミたちは?」
霊夢「霊夢レッド!」
魔理沙「魔理沙イエロー!」
ソラ「ソラブルー!」
リク「リクブラック!」
カイリ「カイリピンク!」
セイシロウ「セイシロウグリーン!」
スリル「スリルホワイト!」
霊夢「7人揃って・・・・・」
T&K7一同「T&K7!」
セールス「オレっちの邪魔をするのか?」
ソラ「お姉さん、逃げてください。」
セイシロウ「あとは僕たちに任せてください!」
お姉さん「よろしく!」
お姉さんは、走って去っていった。
セールス「何?オレっちの女を奪いやがって。」
スリル「あんたの相手は私たちよ!」
リク「蒼天堀川に投げ飛ばしてやる!」
♪~ラジアータストーリーズ~バトル1
セールス「ひどい目に遭わせてやる!」
VSセールス
ジャージの男「おーい!橋の上で争いが始まるでー!」
ジャージの男が周りの人を橋に集めた。
サラリーマン「争い?それはホンマかいな?」
カイリ「うっ、逃げ道塞がれちゃった。」
バトル開始
セールスは、ナイフを出した。
ウェルチ「ナイフ!周りに投げたら大変なことになるわ!」
セールス「これで手も足も出ないだろ。」
セールスは、スリルを目掛けて突進する!
魔理沙「スリル、危ない!」
スリル「甘い甘い。」
スリルは、突進をギリギリで避ける。
セールス「何!」
橋に船が接近する。
スリル「おっと。」
リク「船に乗ってろ。」
リクは、こう言い残してセールスを船に突き落とした。
セールス「あー!誰かー!」
船の屋根に落とされたセールスは、クルーズを楽しむであろう。
結城綾音「クルーズ楽しんでね!」
バトル終了
ソラ「ほうほう。これなら参考にできそうだ。」
リク「読者の皆、橋の上から突き落として乗り物に乗せる行為は危険なので
よいこは真似するなよ。」
ジャージの男「君たちの争い、エエもんやった。これ、お礼な。さいならー。」
人も別のところに行った。
カイリ「えっ!京都が!」
ソラ「カイリ、どうかした?スマホを見て驚いて。」
カイリ「皆!京都が、カル・オブザのコピーが人々をさらって占拠してるの!」
鳴上悠「何だと!」
セイシロウ「これは行かないとまずいよ。」
霊夢「カル・オブザ、私たちが関西へ行くことを知って京都を占拠するなんてね。
許せないわ(怒)。」
魔理沙「一刻も早く、京都に行こう。」
リク「なら、東海道本線に乗って京都へ行くぞ。」
続く
NEXT
カル・オブザのコピーが占拠していることを聞いて京都に駆けつけたT&K7一行、
京都駅前の人々からカル・オブザのコピーがどこにいるのかを聞く。
何と竹田や京都市役所等にいる!
彼らは、カル・オブザのコピーを1人残さず倒すことができるのか?
23章 関西観光 後編
楽しみに待てよ。
おまけ
えびす橋でT&K7がセールスと戦っているところを見ていた謎の女。
謎の女「京都にオブザのコピーか。奴らより先に京都に行くか。」

Re: T&K7Ⅲ ( No.34 )
日時: 2019/03/20 05:31
名前: ハルキX ◆HCAx4e.S7w

前回のあらすじ
観光目的で大阪に来たT&K7一行。最初は、あべのハルカスの展望台を見て、
そのあと、蒼天堀を見た。
蒼天堀では、しつこいセールスがお姉さんを連れ去ろうとするがT&K7がお姉さんを逃がし、
それに怒ったセールスは、ナイフを持ってスリルを刺そうとするが避けてしまった。
その隙に船が通過するタイミングを見計らい、リクがセールスを船の屋根に突き落とした。
ジャージの男からお礼をもらったT&K7一行は、カイリがスマホを見て驚いた。
何と京都がオブザのコピーが京都を占拠している情報だ。
彼らは京都でカル・オブザのコピーを1人残さず倒すことができるのか?
京都駅で
ソラ「京都でカル・オブザのコピーがいるんだな。」
ウェルタ「まずは、情報収集ですね。」
ウェルチ「分かれましょう。」
一同は、バラバラに分かれた。
23章 関西観光 後編
Aパート
ソラは
ソラ「すみません。」
ラッパー風の男「何か用KAI?ツンツン頭の少年君。」
ソラ「カル・オブザのコピーについてなんですが・・・・・」
ラッパー風の男「カル・オブザのコピー?ゴメンね見てないんだYO!」
ソラ「そうですか。ありがとうございます。」
霊夢は
女児「ん?おねえちゃんどうしたの?」
霊夢「カル・オブザのコピーなんだけど、どこかで見なかった?」
女児「んー、たしか、『やくしょ』のほうでみたよ。」
霊夢「ありがとう。LINEで報告しなくちゃ。」
セイシロウは
セイシロウ「すみません、ちょっといいですか。」
サングラスの男「何だ?」
セイシロウ「カル・オブザのコピーなんですが、京都で見ましたか?」
サングラスの男「国際会館と烏丸御池の方で見たぞ。」
セイシロウ「ありがとうございます。LINEで報告しよう。」
一通り情報を収集して
鳴上悠「情報は集まったな。俺の方は金閣寺にもいたぞ。」
結城理「僕は竹田駅の方にもいた。」
結城綾音「私は、丹波橋の方にもいた。」
霊夢「私は役所にもいたわ。」
セイシロウ「僕は、国際会館と烏丸御池だ。」
霊夢「以上ね。まずは、烏丸御池から行くわ。」
烏丸御池駅付近
コピー・カル・オブザA「あら、京都に来たのね。もしかして、出張かしら?」
ウェルタ「カル・オブザ、見つけた。」
霊夢「あんたの野望なんて、終わらせてやるわ。」
♪~VP~未確認神闘シンドローム
VSコピー・カル・オブザ
バトル開始
ソラ「全く、京都を占拠してベラベラベラベラ・・・・・」
鳴上悠[小声]「綾音。ゴニョゴニョ。」
結城綾音「分かった。」
コピー・カル・オブザA「死になさいよT&K7・・・ん?1人いないわ?」
結城綾音「隙あり!」
ドシッ!
コピー・カル・オブザA「キャッ!」
綾音が手刀をしたおかげでカル・オブザのコピーは、倒れた。
バトル終了
結城綾音「手刀をできて良かった。」
リク「でかした。次だ。」
Bパート
リク「でかした。次だ。」
霊夢「ちょっと待って。別々に分かれてカル・オブザのコピーを倒さない?」
結城理「同感。僕も同じことを考えてた。」
結城綾音「どう分かれるの?霊夢、指示を出して。」
霊夢「ええ。竹田方面は私たちT&K7がやるから
ビンヤード姉弟は北大路からバスに乗って金閣寺、
ペルソナ使いは地下鉄で国際会館を抑えて。」
ウェルチ「分かったわ。」
鳴上悠「了解だ。」
結城綾音「あれ?役所はどうするの?」
霊夢「そこは金閣寺、国際会館、竹田方面を抑えてからよ。
じゃ、作戦開始!」
ビンヤード姉弟から行こう。
金閣寺付近
ウェルタ「見つけたよ、カル・オブザのコピーだ。」
ウェルチ「さすがね。」
コピー・カル・オブザB「ビンヤード姉弟、金閣寺へようこそ。」
ウェルタ「京都の平和の為、ここから出ていけ!」
ウェルチ「そうよ!」
コピー・カル・オブザB「死んでもらうわ。」
♪~VP~未確認神闘シンドローム
VSコピー・カル・オブザ
バトル開始
ウェルタ「そこだ!バーンストーム!」
ウェルチ「えいっ!」
カル・オブザのコピーは避けた。
ウェルタ「なっ、避けた!」
コピー・カル・オブザB「喰らいなさい。」
カル・オブザのコピーは、剣でウェルタを斬った。
ウェルタ「ぐわっ。」
ウェルチ「ウェルタ!しっかりして!」
コピー・カル・オブザB「キャッハハハハハ!良い気味。」
ウェルチ「許せない。神技、ニーベルンヴァレスティ!」
コピー・カル・オブザ「えっ、キャーッ!」
バトル終了
ウェルチ「よし、金閣寺は制圧できたわ。LINEでT&K7に報告しましょう。」
ウェルタ「分かった。」
同時期、国際会館では
国際会館前
鳴上悠「カル・オブザのコピー、見つけたぞ!」
結城理「もう逃げられないぞ!」
コピー・カル・オブザC「ペルソナ使い、国際会館へようこそ。」
結城綾音「戦わないとダメだね。」
♪~VP~未確認神闘シンドローム
VSコピー・カル・オブザ
バトル開始
鳴上悠「弱点を探すぞ。」
結城綾音「アギ系はどうかな?オルフェウス!」
綾音のオルフェウスがアギダインを放った!
コピー・カル・オブザC「効かないわよ。」
結城理「オルフェウスじゃダメか。ジャックフロスト!」
理のジャックフロストがブフダインを放った!
しかし効かなかった。
鳴上悠「アギもブフもダメならジオならどうだ?イザナギ!」
悠のイザナギがジオダインを放った!
しかし電撃も効かなかった。
結城理「アギもブフもジオもダメか・・・ん?綾音、アレを出してみてくれ。」
結城綾音「分かった。アリス!」
綾音のアリスが死んでくれる?を放った!
コピー・カル・オブザC「キャーッ!」
weak!弱点に当たった!
バトル終了
結城理「よし、国際会館の制圧完了。LINEでT&K7に報告しよう。」
同時期、竹田駅前は
霊夢「ここにカル・オブザのコピーがいるわね。1体、丹波橋から
竹田に場所を移動したみたいね。」
電車から出ると・・・・・
スリル「東と西にもカル・オブザのコピーがいるわ!」
カイリ「どうするの?霊夢!」
霊夢「ソラ、リク、カイリ、スリルは西側を制圧して!
私たちは東側を制圧するわ!」
リク「任せろ。」
7人は、分かれてカル・オブザのコピーが
竹田駅に入らないよう、注意して戦う。
竹田駅西口
ソラ「カル・オブザのコピー、もう終わりだ!」
カイリ「私たちが京都を守る!」
リク&スリル「絶対に駅に入らせない!」
コピー・カル・オブザD「あら、入らせないのね。」
一方、竹田駅東口では
霊夢「もう終わりよカル・オブザのコピー!」
魔理沙&セイシロウ「駅構内に入らせるものか!」
コピー・カル・オブザE「入らせないなんて。」
♪~VP~未確認神闘シンドローム
VSコピー・カル・オブザ×2
カル・オブザのコピーを駅構内に入れさせるな!
バトル開始
竹田駅西口
ソラ「そこだ!」
リク「ブリザガ!」
カイリ「エアロガ!」
スリル「ウォタガ!」
コピー・カル・オブザD「ぐっ!」
竹田駅東口
霊夢「喰らいなさい!」
魔理沙「ファイガ!」
セイシロウ「サンダガ!」
コピー・カル・オブザE「ぐっ!」
そして、東西でカル・オブザのコピーを倒した。
バトル終了
竹田駅西口
ソラ「終わったな。東側の3人に報告してから京都市役所へ行こう。」
竹田駅東口
霊夢「終わったわね。西側の4人に報告してから京都市役所へ行きましょう。」
LINE
霊夢『竹田駅は終わったわ。残りはどうなってるの?』
鳴上悠『国際会館を制圧出来た。』
ウェルチ『金閣寺も制圧出来たわ。』
霊夢『なるほど。京都市役所前で合流しましょう。』
一同が京都市役所前に集まった。
京都市役所前
霊夢「ここが京都市役所、コピーの巣窟みたいね。」
鳴上悠「最上階にコピーがいるだろう。」
結城理「入ったら倒すまで出られないよ。準備は良いね?」
霊夢「ええ。準備は出来てるわ。」
セイシロウ「突入開始。」
Cパート
京都市役所本庁舎 1F
受付担当の女性「T&K7ご一行様でございますね。」
ソラ「カル・オブザのコピーを捜しているんですが・・・」
受付担当の女性「カル・オブザのコピー、コピーでしたら本庁舎4階に行かれましたよ。」
魔理沙「情報ありがとう。」
結城理「早速4階に行こう。」
京都市役所本庁舎 4F
階段を上って4階に着いた矢先、カル・オブザのコピーが右から左に走っていった。
鳴上悠「追うぞ!」
コピー・カル・オブザF「おっと、バイバイ。」
カル・オブザのコピーは、ロックがかかっているドアを開けて閉めた。
認証装置音声「ドアをロックします。」
リク「おい!ドアを開けろ!」
コピー・カル・オブザF「できないわね。」
カイリ「パスコード認証装置、パスコードが3つ無いと部屋には入れないみたい。」
スリル「パスコードね。」
市役所職員A「あーロックされたか。オブザのコピーめ!入りやがって。」
セイシロウ「すみません、パスコードなんですが、どこにありますか?」
市役所職員A「北庁舎東棟の8階と西棟、中央棟の5階の倉庫にありますよ。
そこには、ロボットがいて近づくものを容赦なく襲ってくるから気をつけて。」
霊夢「ありがとうございます。」
リク「今回も分かれるぞ。」
霊夢「京都駅前で話したグループで行動してちょうだい。」
ウェルタ「了解です。」
霊夢「グループで行動開始よ!」
京都市役所北庁舎東棟 8F
リク「ここにパスコードを守っているロボットがいるようだな。」
T&K7は、中に入った。
北庁舎東棟倉庫
ロボットが襲いかかってきた!
♪~ラジアータストーリーズ~バトル1
VSロボットA
バトル開始
ソラ「急に襲うな!サンダガ!」
ロボットは、故障してしまった!
バトル終了
魔理沙「パスコードか。ビンゴだ。」
同時期、ビンヤード姉弟は
京都市役所北庁舎中央棟 5F
ウェルチ「この先にパスコードを守ってるロボットがいるわね。
突撃よ。」
ビンヤード姉弟は中に入った。
北庁舎中央棟倉庫
ロボットが襲いかかってきた!
♪~ラジアータストーリーズ~バトル1
VSロボットB
バトル開始
ウェルチ「そこよ!」
ウェルタ「ここは、クロスエアレイド!」
ロボットは、故障してしまった!
バトル終了
ウェルタ「キーアイテムのパスコードだ。」
同時期、ペルソナ使いは
京都市役所北庁舎西棟 5F
結城綾音「このドアを開けるとロボットと戦うことになるよ。
準備は良い?」
結城理「うん。」
鳴上悠「ああ。」
北庁舎西棟倉庫
ロボットが襲いかかってきた!
♪~ラジアータストーリーズ~バトル1
VSロボットC
バトル開始
鳴上悠「機械系のほとんどは、電撃が弱点だ。」
カッ!
鳴上悠「イザナギ!」
悠のイザナギがジオダインを放った!
weak!弱点に当たり、ロボットCがダウンした!
鳴上悠「総攻撃だ!」
ペルソナ4のカットインで総攻撃をする!
ロボットは、故障してしまった!
バトル終了
鳴上悠「パスコードだな。」
結城理「これを入手してロックがかかってる部屋の前に戻ろう。」
一同がパスコードを入手して
本庁舎4階、ロックがかかっている部屋の前に戻った。
京都市役所本庁舎4F
鳴上悠「皆、パスコードを3つ持ってるな?」
ウェルチ「ええ。」
霊夢「もちろん。」
結城綾音「じゃ認証装置にかざしてロックを解除しよ!」
一同は、パスコード3つをかざしてロックを解除した。
認証装置音声「ドアロックを解除しました。」
霊夢「突入よ。」
ガチャ。
霊夢はドアを開けた。
Dパート
ガチャ。
霊夢はドアを開けた。
コピー・カル・オブザF「ようこそ。オブザの部屋へ。」
リク「俺たちが苦労してパスコードを3つ集めたんだ!」
霊夢「あんたの望みは何なの?!」
コピー・カル・オブザF「庁舎を占拠して私が所長になることよ。」
魔理沙「理由になってない!」
コピー・カル・オブザF「ドアを開けられたからには生かして帰さない。」
♪~VP~未確認神闘シンドローム
コピー・カル・オブザF「死ぬ予定がないなら殺すまでよ。」
VSコピー・カル・オブザ
霊夢「このコピー、各所のコピーとは違うわ。」
コピー・カル・オブザF「そうよ。どう違うかは見ればわかる。」
バトル開始
鳴上悠「イザナギ!」
悠のイザナギがジオダインを放った!
しかしカル・オブザのコピーには効かなかった!
鳴上悠「電撃は効かないか。」
結城理「火炎はどうだ?オルフェウス!」
理のオルフェウスがアギダインを放った!
しかしカル・オブザのコピーには効かなかった!
結城理「火炎もダメか。」
結城綾音「氷結なら行けるんじゃない?ジャックフロスト!」
綾音のジャックフロストがブフダインを放った!
しかし跳ね返されて綾音はダメージを受けた!
結城綾音「キャッ!」
ウェルタ「綾音さん!」
結城理「悠!ヨシツネなら行けるはずだ!」
鳴上悠「そうだな。俺に任せろ!ヨシツネ!」
悠のヨシツネが八艘飛びを放った!
しかしダメージは1から3だった。
結城理「ヨシツネの八艘飛びでも効かないなんてまるでバケモノだ。」
コピー・カル・オブザF「次はこっちの攻撃よ!」
カル・オブザのコピーは、綾音を目掛けて剣を振り回した!
綾音の前に理と悠が攻撃を守った!
結城理「今だ綾音!」
鳴上悠「アリスを出せ!」
結城綾音「うん。カル・オブザのコピー、死んでくれる?アリス!」
綾音のアリスが死んでくれる?を放った!
しかし効かなかった!
結城綾音「えっ!」
結城理「次はエリザベスが使っていたメから始まってンで終わるスキルだ!」
結城綾音「問題、女神転生シリーズでメから始まってンで終わるスキル、
何と言う?」
コピー・カル・オブザF「メギドラオンでしょ!」
結城綾音「正解!ごほうびにメギドラオンをあげまーす!」
カッ!
綾音のアリスがメギドラオンを放った!
critical!カル・オブザのコピーはダウンした!
結城綾音「総攻撃行くよ!」
ペルソナ3ポータブルのカットインで総攻撃をする!
カル・オブザのコピーは戦闘不能になった!
バトル終了
コピー・カル・オブザF「ここのコピー製造機は止めるわよ。
覚えてなさい!」
コピー・カル・オブザFは煙幕を出して姿を消した!
セイシロウ「また消えたか。」
鳴上悠「ようやっと京都に平和が訪れたな。」
リク「もう外が暗くなってきたな。」
結城理「今の時間は・・・18時、6時!」
結城綾音「蓮君が帰ってきてる時間だよ!」
鳴上悠「夕食のことはコンビニ弁当を食べてもらおう。」
結城理「僕が電話するよ。」
ウェルタ「か、帰れるかな?
新大阪発のこだまの本数が少なくて心配だ。」
プルルルルルル
雨宮蓮[通話]「理お兄さんか。何かあったか?」
結城理「あっもしもし、蓮?僕たち、帰りが遅くなるから
夕食はコンビニで買うなり何なりしておくれ。」
雨宮蓮[通話]「分かった。」
リク「これで関西観光終了で良いな?」
霊夢「じゃ、これで関西観光を終了するわ。お疲れ様。」
ウェルタは次のこだま号が来るのを待ち、
ウェルタ以外はのぞみ号で東京に帰った。
関西観光、完。
NEXT
彼らは蓮がいないと言うことを悠から聞いた。
一同が蓮を捜したら何と、ウェスタンシティで蓮が
杖をもって暴れているじゃないか!
その杖、まさかシンチョウの杖!
24章 続、シンチョウの杖 前編
楽しみに待てよ。
おまけ
T&K7が京都市役所で戦っているところを謎の女は見ていた。
謎の女「京都にオブザのコピーか。
蓮君には普通に京都を観光するよう、言ってきたがどうだろう?」

Re: T&K7Ⅲ ( No.35 )
日時: 2019/03/21 15:49
名前: ハルキX ◆HCAx4e.S7w

6:00
T&K7事務所
プルルルルルル
霊夢「もしもし。」
鳴上悠[通話]「たっ、大変だ!」
霊夢「どうしたの悠、何かあったの?!」
鳴上悠[通話]「蓮が、蓮がいないんだ!」
霊夢「何ですって!」
鳴上悠[通話]「電話をかけても繋がらないんだ!」
霊夢「蓮の捜索ね、葉月たちにも伝えるわ。」
鳴上悠[通話]「頼む!俺たちは東京を調べる。」
プツ、ツー、ツー、ツー
霊夢「大変ね。葉月たちにも伝えましょう。」
リク「どうしたんだ霊夢、朝早くに騒いで。」
霊夢「ペルソナ使いの蓮がいないと悠から電話が来たわ。」
リク「何だと!皆にLINEで知らせよう。」
LINE
リク『皆に知らせる!』
ハルキX『どうした?』
葉月『どうかしたの?』
リク『蓮がいないと悠から電話があった。』
葉月『えっ!』
ハルキX『俺は急用があるから行けないんだ。すまないが頼む!』
葉月『私は捜すよ!』

霊夢「どうだったの?」
リク「葉月とハルキが文章を見たがハルキは休養で行けない。残りは見てない。」
霊夢「なるほど。私は皆を起こすからあなたは新・紅葉の館へ行って。」
リク「分かった。」
24章 続、シンチョウの杖 前編
ハヅキシティ 新・紅葉の館前
リク「ここだな。」
ピンポーン
葉月[通話]「あっリクだね。入って。」
新・紅葉の館 1Fエントランス
リク「葉月、実は・・・」
リクは蓮がいなくなったことを話した。
葉月「知ってるよ。」
7:00
悠から電話が来て1時間後
ピンポーン
リク「誰か来たようだな。」
葉月「ペルソナ使いの3人だね。どうぞー。」
ペルソナ使いの3人は中に入った。
結城理「蓮が東京にもいないからおかしいと思ってここに来たよ。」
結城綾音「蓮君、昨日変わった杖を持ち帰ったんだよね。」
リク「ま、まさか。」
葉月「シンチョウの杖なんて私の方で処分したしそれはないよ。」
ピンポーン
リク「残りの6人か。」
葉月がドアのロックを解錠した。
ソラ「霊夢から聞いたよ!」
セイシロウ「僕も来ましたよ!」
葉月「皆!」
鳴上悠「少ない人数より、多い人数の方がはかどるさ!」
葉月「ニュースを見なくちゃ。」
カイリ「いつもの日課なの?」
葉月はスマホでニュースを見る。
ニュースキャスター「ウェスタンから中継します!
何と、右手に杖を持ったメガネの青年が暴れているとの模様、暴れているとの模様です!」
結城理&結城綾音&鳴上悠「蓮(君)!」
魔理沙「蓮はウェスタンシティにいるな!ほっといたら悪化してしまう!」
葉月「そうだね!行くよ!」
一同はウェスタンシティに向かった!
7:45
ウェスタンシティ
雨宮蓮「フハハハハ!」
オス犬「ウーワンワンワン!」
犬は吠えている。
雨宮蓮「ん?やっと現れたか。」
ソラ「この杖は・・・・・」
葉月「以前エルと私がそれによって操られた・・・」
T&K7一同「シンチョウの杖!」
魔理沙「そんなバカな!シンチョウの杖は、葉月が処分したはずだ!いったいなぜ?」
雨宮蓮「こう邪魔されたら殺すしかない。」
♪~ペルソナ5~BloomingVillain
雨宮蓮「死んでもらおう!」
VS呪われし雨宮蓮
雨宮蓮「俺が怪盗団と知ってその顔か。この怪盗ジョーカーが改心してやろう!」
結城理&鳴上悠「それはこっちのセリフだ!」
バトル開始
雨宮蓮「ペルソナ!アルセーヌ!」
ブチッ!
蓮のアルセーヌはエイガオンを放った!
結城理「ぐっ!」
weak!理はダウンした!
霊夢「しっかりして!ポーションよ!」
理は回復した
結城理「氷結が弱点そうだ。ジャックフロスト!」
カッ!
理のジャックフロストはブフダインを放った!
weak!蓮はダウンした!
結城理「今だ!」
ペルソナ3のカットインで総攻撃をする!
雨宮蓮「ぐわっ!貴様ら、何を!」
鳴上悠「今だT&K7!追撃で改心させるんだ!」
霊夢「分かったわ!夢想封印!」
魔理沙「マスタースパーク!」
ソラ「ラグナロク!」
リク「ダークオーラ!」
カイリ「デスティープレイス!」
スリル「シャイニングソード!」
セイシロウ「メテオ!」
雨宮蓮「ぐわーっ!」
T&K7の追撃が決まった!
バトル終了
シンチョウの杖がどこかにとんでいった!
雨宮蓮「ありがとう、ありがとう、皆ありがとう。」
ソラ「まさか蓮がシンチョウの杖を持っているとは驚いたよ。」
鳴上悠「全く俺たちがどれくらい苦労したか分かってるだろ。」
結城綾音「私たちも気をつけなくちゃ。」
結城理「これ以上は怪しいものを持ち帰らないこと。分かったね?」
雨宮蓮「はい!もう2度と道端に落ちてるものは拾いません!本当にすみませんでしたー!」
これで蓮が改心し、ウェスタンシティに平和が訪れた。
NEXT
あれから数時間後、彼らはハルキXがいないことをエルから聞いた。
ハルキXはナショナルシティで笑いながら歩いていると言う情報を葉月から聞いて
ナショナルシティに行ったら、やっぱり右手に杖を持ったハルキXがいるではないか!
シンチョウの杖を知っているハルキXが一体どうすれば操られるんだ!
25章 続、シンチョウの杖 中編
楽しみに待てよ。


Page:1 2 3 4 5 6 7



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。