二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

オリカビ合戦!!!(戦闘編)
日時: 2019/02/23 08:56
名前: もやし定食

注意

第1話~第4話は、まとまっています。
作者はカービィにわか
誤字が沢山あるかも知れないです
投稿頻度は凄い遅いです
オリジナルカービィが多すぎ
基本的にオリカビ中心
コメントで名前と見た目を書いて貰うと小説に出てきたり、作者が想像で書きます
書いた絵は、イラスト投稿の二次創作にキャラクターの名前と、コメントしてくれた人
の名前を書きます。
例えコメントしたのにイラストが投稿されてなかったり、イラストが思ったのと 
違ったり等、したらごめんなさい。出来る限りは投稿したり見た目をそれっぽくします
絵が多少下手です

それでもいい方は小説を見てください
















第1話
「未知の侵略者」









ここはポップスター。

凄い平和な星。

時々支配しようとする輩がいるけどね。

そんな時は星のカービィが倒しちゃう。

そんな星に...

あんな事があるなんて。

デデデ「あっおい!俺のチキンだぞ!」

カービィ「僕が食べたい!」

カービィ「それにチキンだって僕に食べられたいって言ってる!」

デデデ「んな訳あるか!」 

カービィ「ん?」

デデデ「あっちょっ、急に止まるなよ!?」

デデデ「どうした?そんなに空を見上げ...て?」

カービィ「あれなーにデデデ」

デデデ「知るか!」

デデデ「... 本当に何なんだよあれ」

デデデ「穴を開けた様な星型の空間... まるであの時の異空間(wii)みたいだ?」

???「この星を渡せ!」

カービィ&デデデ「!?」

第1話終わり




第2話
「アスカディア」



???「詳しく言うと我々の第2の組織をポップスターに建てる為に、土地を明け渡してくれないか?。」

カービィ「...どうする?デデデ 」

デデデ「うーむ、最初にとんでもない事言い出したし、でも悪いヤツではなさそうだが... 」

アスカディア「... 化け物のカービィって知っているか?」

カービィ「知らない。」

デデデ「知らんゾイ。」

アスカディア「それは木々は枯れ、星を砕き、人々は恐怖する。」

アスカディア「それが化け物のカービィだ。」

アスカディア「それを倒す為に組織がある。」

カービィ「ねぇ!大丈夫そうだよ!デデデ!」

カービィ「組織を建てても大丈夫だと思う!」

デデデ「いや、前のマホロアみたいなのかもしれないし、気をつけろ。」

アスカディア「... 」

アスカディア「こちらかも、この星の安全を保証する。」

アスカディア「それに、世界を支配したら我らのユートピアに入れてやろう。」

デデデ「... 悪いんだが、支配とかそうゆう事はお断りなんだ。」

カービィ「探すなら他の星にして、まぁ今君を倒すんだけど。」

アスカディア「無駄な体力は使いたくなかったが、しょうがない。」

カービィ&デデデ「うおおおおおおおぉぉぉぉ!!!」

???「逃げろ!!!」

カービィ「嫌だ!」

デデデ「わしもそうゾイ!。」

???「早く逃げろ!!!」

カービィ&デデデ「嫌だ!!!」

???「あぁもう!」

ドンッ

カービィ&デデデ「うわわわわわぁぁぁぁぁ!」

第2話終わり。


第3話
「オリジナリティー」



うわわわわわぁぁぁぁぁ

ドテッ

カービィ「びっくりした。」

カービィ「急に押されて。」

カービィ「ね、デデデ。」

デデデ「早く、わしの腹の上から降りるんだゾイ。」

カービィ「分かったよ... 」

デデデ「おいっカービィ!」

カービィ「うん?」

デデデ「アスカディアとかあいつらお前に似てたゾイ。」

カービィ「そういえば... 」

カービィ「?」

カービィ「あそこに光が差してる。」

カービィ「行こう!」

デデデ「わかってるゾイ。」

タッタッタッ

カービィ「わぁ!凄い!僕みたいな人が沢山居るよ!」

???「おーいカービィ!」

カービィ「あっ誰かが呼んでる。」

カービィ「行ってくるよ!デデデ!」

デデデ「おいっ!カービィ!」




第3話終わり

第4話
「リクエストください。」


???「やあ!カービィ!」

カービィ「キービィ!?」

カービィ「最近いないと思ったら、ここにいたんだね。」

キービィ「うん!」

キービィ「皆も居るよ。」

赤カービィ「久しぶりだな、カービィ。」

緑カービィ「カービィ!!!」

青カービィ「フッ、カービィ相変わらずクールじゃないな。」

カービィ「久しぶり!!!皆!!!」

赤カービィ「まぁ感動の再会は置いといて、[アレ]にを出してくれ。」

キービィ「ハイよ」

[ボロボロの書類みたいな紙]

キービィ「これって何だと思う?」

青カービィ「俺の人物ぞ... 」

赤カービィ「所で何処から拾った?」

キービィ「岩場に挟まってた。」

赤カービィ「だからボロボロなのか。」

赤カービィ「... 」

赤カービィ「... 本当は違うだろ?」

キービィ「...そう 」

緑、青、カービィ「!?」


第4話終わり

~後書き~
話が抜けている所は別のpageにあります。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11



Re: オリカビ合戦!!!(戦闘編) ( No.64 )
日時: 2019/03/30 18:53
名前: もやし定食

第20話
「戦闘シーンは初めてなのであんま期待しないでクレメンス」

クロウ「(奴は星弾を飛ばす攻撃をするのはわかったが、射程や攻撃頻度はまだ分からない...)」

クロウ「(もう少し様子を見るべきか...)」

ヒュンヒュンヒュン...

羽が地面に突き刺される!

ポエム「わっ!ちょっ!タンマタンマ!」

ポエム「ワーワー(棒読み)」

クロウ「(...もしかしたらだが...)」

クロウ「(弱い...!?)」

クロウ「(いやいや、あり得ない...そんな事は...)」

クロウ「(だが避けられてはいるが...反撃はあまりしてこない...)」

クロウ「(強キャラ感だけのキャラのはずがないが...?)」

ポエム「ポイッ」

ドゴーーン

ヒュンヒュンヒュン

クロウ「そろそろ本気を出させて貰おう」

ポエム「あっはい。」

ビュゥゥン!!!

ポエム「うおっと、キューに突撃しないで欲しいんだけど...」

ポエム「まっ、戦闘にやめてとかマジであり得ないけどさぁ~」

ポエム「星枠!」

ピゥゥゥゥウ

この時、星枠は空高く上がり大きくなり...

...ゥゥゥゥゥゥゥゥウ

中から無数の星弾が流れ星のように降り注いだ...!!!

ドゴーーンドカンッドゴッバーン!!!

...

ポエム「...ええっと倒せたかなぁ?」

ポエム「これ自分もくらうカノーセーがあるから怖かったんだよねー!」

ポエム「まぁ、案の定生きているからメンドイんだぁけどさぁ」

ポエム「ねぇ?」

...

クロウ「あぁ、そのとうりだ...」

クロウ「(こんな能力がアイツにあったのか...)」

クロウ「(お陰で傷まで受けた...)」

ポエム「アタック~」

ドガーーン...ドゴーーン!

クロウ「...ッ!」

クロウ「(コイツ...!)」

クロウ「(不味い...機動力を失った...!)」

クロウ「(まさに今ピンチだ...!)」

ポエム「ホーラホーラ♪」

ピゥゥゥゥウ

クロウ「不味い...避けられ...!」

その時...!

ピュン!

クロウ「!?」

ポエム「!?」

コスモ「大丈夫?後は私に任せて。」

ポエム「しゅ、瞬間移動...?」

ポエム「あーいやそうじゃない。」

ポエム「今一番問題なのはこっちが多少傷を受けてるとかが問題なんだけど...」

ポエム「それに魔力みたいなのがなくなってきた...」

ポエム「となれば...」

ポエム「ニーゲルンダヨー」

ポエム「ワープスター!」

ピゥゥゥゥウ!

バキッ...

ポエム「...へ?」

コスモ「大人しく倒されなさい。」

コスモ「エレカトリカルムーヴ!」

ピュュュゥゥゥゥヴ!

...

クロウ「...」

コスモ「そういえば、何で戦ってたの?」

クロウ「かくかくしかじか...」

コスモ「なるほど。」

クロウ「っで、ポエムは捕まえるんだが一緒にやって貰っていいか?」

コスモ「うん!」




第20話終わり

Re: オリカビ合戦!!!(戦闘編) ( No.65 )
日時: 2019/04/13 08:57
名前: もやし定食

21話
「スヤァ」

ポエム「スヤァ」

クロウ「...」

クロウ「(起きねぇ...!)」

コスモ「あっ私、予定があるんだった!じゃあね~」

クロウ「じゃあな...」

クロウ「...」

クロウ「おい!起きろ!!!」

ポエム「そんなに食べれないよぉ...スヤァ」

クロウ「起きろ!!!」

ポエム「はっ!大佐!お休みなさい!!!」

クロウ「寝ぼけてねぇで、質問に答えろ。」

ポエム「イエス!大佐!」

クロウ「まず名前は?」

ポエム「ポエムデェース!いつどんな所にもいるポエムデェース!!!」

クロウ「少し静かにしろ。」

クロウ「次の質問だ。」

クロウ「お前は組織に加入しているか?」

ポエム「イエス!!!結構前から入ってイマァース!!!」

クロウ「本拠地は何処だ?」

ポエム「シラネェーヨ」

クロウ「...?」

ポエム「エトセトラは拠点がタァクサンアリマース!」

ポエム「が、その全ては囮なのデェース!!!」

ポエム「本拠地は...」

ポエム「そんな物ネェーヨ!終始ずっと!!!」

ポエム「ネェーンダヨ!!!」

ポエム「わかりますか???」

ポエム「ネェモンハネェンダヨ!!!」

クロウ「...質問だ。」

クロウ「お前...ダンガンロンパした後戦ったな...?」

ポエム「あっバレた」

クロウ「ってそうじゃないそうじゃない。」

クロウ「仮拠点にはカービィはいるか?」

ポエム「このチワワ百頭分に評する可愛いさをもつ僕だけデェース!」

クロウ「書類は?」

ポエム「ナイヨ!」

ポエム「というか!只でさえ短いこの小説で尋問とかNGだと思うんデスケド」

クロウ「うるせぇ。」

クロウ「最後の質問だ。」

クロウ「何を企んでいる?それは組織関連なのか?」

ポエム「エエット、それは凄い僕からしたらどうでもイイケドサァ。」

ポエム「ソレハネェ?#%@&*/なんだぁ!」

クロウ「...!?」

クロウ「お前!さっき何を言って...!」

???「残念だが、尋問はここまでだ。」

???「ポエム、帰るぞ。」

ポエム「ハイハイ、それではサヨナラ!」

シュン...

クロウ「消えた...?」

~~~

ポエム「イヤー助けてモラッテサァ。僕的には少し有難いコトではあるんだよね。」

???「へー。そうなんだニャ。」

ポエム「ニャ?」

ニャオン「ニャ!」

ニャオン「聞いて驚くが良い!あなたを助けた仲間が敵であることに!!!」

ポエム「そんな事はどうでもイイケド、縄をほどいてヨ。」

ニャオン「えっ?驚かないの?」

ポエム「うん。凄くDo☆U☆De☆Mo☆I☆I☆」

ニャオン「ウワァァァァァン!!!」

ポエム「泣くんじゃネェヨ。」

21話終わり

Re: オリカビ合戦!!!(戦闘編) ( No.66 )
日時: 2019/04/16 19:26
名前: もやし定食

22話
「コイツ!もやし定食じゃねぇ!もやし定食がこんなに投稿が早いはずがねぇ!」


ポエム「ところデェー」

ポエム「ニャオンー」

ポエム「何処につれてってくれるのー?」

ニャオン「勿論、アスカディアの組織(名前募集します^^)ニャ!」

ポエム「へー」

ポエム「トテツモナクどうでも良いから教えてあげるー」

ポエム「ポエムて僕の本名違うんだよ」

ニャオン「ニャ!?」

ニャオン「本名教えてニャ!」

ポエム「イイケド何でー?」

ニャオン「実験に使う時呼びづらいんだニャ!」

ポエム「へー」

ポエム「(フフフ...ヴァカめ!実は僕が心理戦に強い設定があるのを忘れていたか!)」

ポエム「(というかヴァカめ!とか言った事無いから言ってみたかっただけ)」

ポエム「というか縄解け」

ニャオン「ニコ○コ本社に着いたらニャ!(組織名募集終了)」

ポエム「うん!」

ニャオン「というか何かを忘れているようニャ...?」

ポエム「気のせいダヨー」

ニャオン「そうニャね!」

~~~

カービィ「愛読者様!何かを忘れているような...」

カービィ「Dから名前が始まって」

カービィ「『環境破壊は楽しいZoI☆』とかアニメでいっていたキャラクター...」

カービィ「覚えている人何人いるんだろう?」

~~~

アスカディア「あのなぁ。」

アスカディア「お前らもう少しまともな組織名を思い付かなかったのか?」

アスカディア「特にマ...。お前ふざけているだろ。」

アスカディア「あぁもう!」

アスカディア「なんだよ!ニコ○コ本社って!」

アスカディア「何でわざわざ運営(両方)に怒られそうな組織名にしたんだ!?」

アスカディア「それに絶対爆発オチじゃねぇか!?」

ぺラッキー「多数決だから仕方ない。」

カメレノン「どこから聞いた?そのウワサ?」

マ...「絶対爆発オチのそのウワサ」

ぺラッキー「ニコ○コ本社はウワサだった。」


22話終わり

Re: オリカビ合戦!!!(戦闘編) ( No.67 )
日時: 2019/04/25 18:44
名前: もやし定食

番外編
「ニコ○コ本社って組織名変わったらしいよ」

???「どうも、神です」

神「取り敢えず、本編は一旦打ち切りにして、」

神「逃走中始めます。」

神「急に逃走中書きたくなったらしいよ。」

神「え?逃走中何かいいから本編始めろだって?」

神「それなら本編作ってもらって構わないです^^」
 
神「逆に作ってくれ(願望)」

神だった筈の作者「ルール紹介します。」

ルール

その1
ハンターカビちゃから逃げてね☆
クローンハンターカビちゃ(アスカディア提供)が追いかけて来ます。
タッチされたらダメです。

その2
コピー能力の使用は三回まで
コピー能力使っちゃってオケです
でも三回まで!
ポエムとかコスモ辺りが無双しそう(小並感)

その3
ハンターは倒せません!
倒したら企画倒れだからね...

その4
優勝商品はメインキャラ確定券
メインキャラクターになれるよ!
ハンターにタッチされたら降格するかも...?

その5
テッテレー自首ボックス~
自首ボックスは電話したら準レギュラー確定になれるかもしれない

その6
ステージはゼルダの伝説ブレスオブワイルドの始まりの大地です。
始まりの大地から落ちてもまた足場のある所からスタートします。

その7
牢屋は回生の祠です。

その8
ハンターカビちゃもコピー能力あり

その9
カービィ、キービィ、赤カービィ、緑カービィ、青カービィのコピー能力はランダムです。

その10
ハンターゲーム有り

抜け目があったら教えてください( ・ω・)

~~~

カービィ「逃走中かー」

カービィ「やるのは初めてだなぁ」

キービィ「参加者は25人と...」

赤カービィ「凄い緊張するな...」

緑カービィ「イエーイ!!!戦闘中だなーー!」

青カービィ「ふっ、このカッコいい姿がテレビ放送されれば、カッコ良すぎるあまり気絶はするだろう...」

???「ソコォ!!!セリフ長げェ!!!」

???「まぁそれは置いといて、ハンターゲームを始めるぞぉ!!!テメェら!!!」

カービィ「あれ?ラファエル?」

ラファエル「久しぶりだなぁ!!!死に損ない!!!」

カービィ「し、死に損ない...」

作者「因みに、これ。別世界線の設定です。」

ラファエル「テメェら!!!さっさとハンターゲームを始めるぞぉ!!!」

アクア「あっ、ハンターゲームするんだ。」

フレア「ちゃんとルール説明読めよ...(困惑)」

ラファエル「ルールばっかで悪いがハンターゲーム説明だぁ!!!」

ハンターゲームのルール

その1

ハンターボックス5個と25このスイッチがあります。
適当に並んで前から一人ずつスイッチを押せ。

その2

ハンターが放出されたらゲームスタート!
放出されなかったら、先に隠れてもいいよ。

色々あって並んだ...

さぁ、ゲームスタートだ。

Re: オリカビ合戦!!!(戦闘編) ( No.68 )
日時: 2019/04/25 21:59
名前: シャドー ◆PuIGSTlbSo

ん?Dで始まる奴だと?それって誰ですか?
それは置いといてまた応募します

スパーダ
性別:女
年齢:十六歳
性格:ツンデレでクール
一人称:私
体色:手と体は水色で足はピンク色
体格:カービィと同じぐらい
コピー能力:ソード
詳細:メタナイトに憧れて剣を持った女の子 ならびにメタナイトLOVE メタナイト以外にはツンデレのツンの部分が多い

ウィッチ
性別:女
年齢:十四歳
性格:明るくて陽気
一人称:あたし
体色:手と体は青で足は黄色
体格:カービィより一回り小さい
コピー能力:ビーム
詳細:超一流の魔法使いを目指している女の子 体の色が青のため青カービィに勝手にファンと決めつけられているらしい 口調はまるで魔法少女のようだ

スパイク
性別:男
年齢:十七歳
性格:トゲトゲした性格
一人称:俺
体色:手と体はオレンジで足は黄緑
体格:カービィと同じぐらい
コピー能力:ニードル
詳細:グランリア四天王(こっちのオリジナル設定でさーせん)の一角 能力の影響かかなりトゲトゲした性格が目立ち、自分の失敗は絶対に認めない 

クラウド
性別:男
年齢:二十歳
性格:冷静沈着
一人称:俺
体色:手と体は黄緑で足は水色
体格:カービィより一回り大きい
コピー能力:トルネイド
詳細:グランリア四天王の一角 敵が多いときは辺り構わずドデカい竜巻を生成して放ち、一掃する 天然

ノイズ
性別:男
年齢:十六歳
性格:常に元気でハイテンション
一人称:僕
体色:手と体は黄色で足は緑
体格:カービィより二回り小さい
コピー能力:マイク
詳細:グランリア四天王の一角 能力が能力なので普通のカービィよりやかましい 常に元気でハイテンションでやかましい これでも二番目に強くてやかましい 

クリスタル
性別:女
年齢:二十歳
性格:穏やかで優しい
一人称:私
体色:手と体は水色で足は青色
体格:カービィより一回り小さい
コピー能力:ストーン
詳細:グランリア四天王の紅一点で最強 トップクラスの硬さを誇り、並大抵を攻撃力ではまず太刀打ちできない 

これでお願いします


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。