二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

MUGEN大な、この世界【リクエスト受付中】
日時: 2018/08/15 17:30
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

『この物語の未来は君達が決める、まぁ最後は俺が決めるけど』

どうもロストメイドウィンです

フリー格闘ゲームエンジン「MUGEN」に登場できるキャラのみで構成されたクロスオーバーです

もしこの作品に出してほしいキャラ等がいればコメントで教えて下さい、出来る限り登場させたいと思っています


【注意】
入り乱れてます
今回はマガイモノはいません
リクエストは作者一人につき一回のみ、慎重に選んでください
MUGENの話題はかなりデリケートです、発言には気を付けて
リクエストされたキャラが皆登場するとは限りません
また、登場時の立場もこちらが決めます、ご了承下さい
今作は1話4レスのペースです

Page:1 2 3 4 5



Re: MUGEN大な、この世界【リクエスト受付中】 ( No.21 )
日時: 2018/08/15 12:54
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

その時、近くの森からガサガサと物音が

イカ娘
「!!」

Hasii
「なんだ?野性動物か?」

イカ娘
「だったらいいでゲソが...」

Hasii
「おい、まさかこんなところにも人間が居るってのか?」

イカ娘
「...今にわかるでゲソ」

その瞬間、茂みから騎士のようなモノが飛び出してくる!!

Hasii
「...おい、なんだよこれ!?」

イカ娘
「『ギャン』でゲソ」

Hasii
「ギャン?」

イカ娘
「この世界に住む鉄で出来た生き物『MS族』」

イカ娘
「ギャンはあんな見た目だけど、この森で追い剥ぎをしているならず者なんだゲソ!」

Hasii
「なんてこった...面倒な奴に狙われたな」

イカ娘
「大丈夫でゲソ!相手がなんであれ、私とハシが居れば怖いもの知らずじゃなイカ」

Hasii
「ほー?お前もう勝った気でいるんだな」

Hasii
「俺も同じだ!」

イカ娘
「行くでゲソ!」

Hasii
「おう!」

Hasiiとイカ娘はギャンの群れへと飛び込んでいく...

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Hasii&イカ娘VSギャン×2

【Hasii】
海外コンプゲーム『THE black Heart』のキャラクター
その他メンバーは蜘蛛女だったりシリアルキラーだったりヤバい奴(finalもその一人)揃いだが
手段を選ばないとはいえ環境を守るという使命を果たしているだけであり、技もエグくないという点から唯一まともなキャラとして採用された

足から果物を生やしたり、トゲトゲの草が生える種を投げて攻撃する

MUGENストーリーでの出番が少ないのは何故だ。

【イカ娘】
全て1から作られた手の込まれたキャラクター
今作は真面目?な作品なのでちゃんと人類侵略を実行しようとしている。
カキコ的にも有名なキャラだがメイドウィン小説においては新旧問わずこれが初登場。

MUGENキャラクターとしては触手攻撃のリーチが高く通常キャラ相手に優位に立てる

【ギャン】
言わずと知れたビームソードを駆使する高貴なモビルスーツ、だがならず者役。
マ・クベとかギャン子とかに怒られそう。
元となったドットは一昔のガンダムの格ゲーである

今回はSDガンダム系のような意思のある生物として登場

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Re: MUGEN大な、この世界【リクエスト受付中】 ( No.22 )
日時: 2018/08/15 16:08
名前: 洋輝

えーと、らき☆すたからこなたとかがみでよろしいですかね?

Re: MUGEN大な、この世界【リクエスト受付中】 ( No.23 )
日時: 2018/08/15 16:46
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

ダメです、一回っきりって書いてありますよね

貴方にだけ何度もリクエストを許したら贔屓になります

Re: MUGEN大な、この世界【リクエスト受付中】 ( No.24 )
日時: 2018/08/16 08:13
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

イカ娘
「くらえでゲソ!」

Hasii
「うおらっ!!」

イカ娘はイカスミを吐き、Hasiiは右腕を急速に成長させ、ギャンを狙う

イカ娘
「なかなかやるでゲソな」

Hasii
「森の中の俺は無敵だ...まだまだこんなもんじゃない!」

Hasiiは両手を合わせると形を変化させ、大きな幹へと変化させる

Hasii
「くらえ!!」

そのまま振り回し、ギャンを蹴散らしていく

イカ娘
「おお!どうやったんだゲソ!?」

Hasii
「生き物には出来ないオリジナルの技だ!」

イカ娘
「私にだって似たようなことは出来るでゲソ!」

イカ娘は触手を無数に伸ばし、ギャン達を弾き飛ばす

イカ娘
「私には人類侵略という重要な任務があるんだゲソ!」

イカ娘
「こんな奴等にやられるわけにはいかないんだゲソ!」

Hasii
「墜ちろ、ガラクタども!!」

...

Hasii達の回りには、無惨な姿となったギャンが無数に転がっていた

Hasii
「やっと終わった」

イカ娘
「ざっとこんなもんでゲソ」

Hasii
「やれやれ...面倒なやつらだった」

イカ娘
「でも今倒したからこの先絡まれる事も無くなるんじゃイカ?」

Hasii
「そう考えておくかな...」

イカ娘
「さて、次は悪魔の心臓とやらを探すでゲソね?」

Hasii
「このままじゃこの森もまずいことになるからよ」

イカ娘
「え?そんなまずいものなんでゲソか?」

Hasii
「そうらしい、俺も詳しくは聞かなかったが」

イカ娘
「ぐぬぬぬ...力は欲しいけどその力で環境が荒れては人類と同じになってしまうでゲソ...」

イカ娘
「仕方ない、悪魔の心臓を手に入れるのは諦めるでゲソ」

Hasii
「そうしたほうがいいかもな」

イカ娘
「...で、これからどうするでゲソ?当ては無いって」

Hasii
「ああ、だから知ってそうな奴を探そうと思ってな...なんか心当たりあるか?」

イカ娘
「うーむ...ひょっとしたら奴等なら...」

Hasii
「お、何か知ってるか?」

イカ娘
「悪魔の実って知ってるゲソ?」

Hasii
「悪魔の実?」

イカ娘
「食べた者は絶大的な力を得るが、代償に海に嫌われる哀れな果実ゲソ、名前的に関係があるのかも」

Hasii
「ふーん、可能性はあるな」

Hasii
「そいつはどこにいるんだ?」

イカ娘
「こっちゲソ」

Hasiiはイカ娘に導かれ、森の奥へと進んでいく

彼の悪魔の心臓を探す旅は始まったばかりだ

自然編1 END

Re: MUGEN大な、この世界【リクエスト受付中】 ( No.25 )
日時: 2018/08/16 22:15
名前: ルルミー

カキコに顔を出すのはざっと月単位ですか。お久しぶりです。
時間が出来、花音とビデオ会話をしていた所、
「ロスト氏がリクエスト系の小説書始めたのん。
豪雨の後始末忙しいから、私の代わりに顔を出すのは~?」
って。だから来ました。
花音の所は豪雨が去っても忙しそうです。

さて、来たからにはリクエスト。
「大神」というゲームに登場する「アマテラス」をお願いします。
わんこの方優先。無かったら擬人化で。

久々、忙し過ぎてかニーアオートマタのゲーム内容を完全に忘れてしまい、
小説が書けなくなるのが嫌なので思い出し中です。
オリジナルの方もどうしたらいいんだ・・・って言うか、miruraどこいった。
最近見ないんですけど・・・私がいない間に何かあったのか?

・・・よし、近況はここまでにしましょうか。
同時執筆の小説、見てますよ。
フレディーズシリーズ。私は全シリーズコンプリートしました。
怖い・・・というより、コミカルで面白い方ですよ。
miruraは・・・ゼネイラ時代の話じゃないですか。あれ三年も前ですよ?

アルティメットカスタムナイトは面白半分で全部出しました。
4日が限界ですね、はい。
電力をもう少し欲しいと思いました。あと一日だったのに・・・・
皆ガンバれ。私にはそれしか言えない。
狐野郎で私はぶちギレしたから。(コイツがいなかったら5日クリアしてた)

MUGENは花音によって知りました。
まさかそんなのがあるなんて・・・って。
かなり気になるので、今度見てみようと思います。


はい。
失踪していた分を取り戻した気分です。
これからまたちょくちょく顔を出しに来ますので、
どうぞよろしくお願いします。
では、更新頑張って下さい。


Page:1 2 3 4 5



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。