二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

すばらしきスマブラの日常(笑)
日時: 2018/12/17 20:53
名前: トクマ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=64

   開設日:2016/03/26 11:09

 画面の前のみなさま初めましておはこんばんちは。トクマと言います。

 このスレでは、トクマの分身とも言えるオリキャラを中心にクロスオーバーで扱うあらゆるキャラ達との日常でもあり非日常の文を思い付くまま気の向くままに書いていきます。小説カキコ初心者ゆえに未熟で満足出来ない所もあるかと思いますが何卒よろしくお願い致します。

〈注意事項〉
・トクマには文才がないので所々文章がおかしかったり訳がわからなかったりするかもしれません。予めご了承ください。
・完全な俺得オリジナル設定が盛り沢山です。キャラ設定や世界観設定は随時アップしていきます。
・キャラ崩壊やメタネタ、パロディやクロスオーバーなどが普通に出てきます。その為『このキャラダレだ?』や『こんなキャラじゃないのに!』と思われます。
・時折カプ要素出てきます。基本的にNLが多いですが、時としてBLネタが出てくるかもしれません。
・キャラは初代から最新作までほぼ全てのキャラがいる前提で話を進めています。また、キャラによっては出番が多かったり少なかったりします。ご容赦下さい。
・小説の感想やコラボ、キャラの貸し出し申請やキャラや世界観の質問はいつでも大歓迎でございますが、誹謗中傷や他の閲覧者の迷惑になるような書き込みはやめてください。


※目次や注意事項やキャラ設定は随時更新及び修正していきます。


   【もくじ】

 【世界観等々の設定資料】 >>1


 『〜スマブラ長編〜』
【これが日常ですけどなにか?】
本編 >>2-3 >>4-5 >>6-7 >>8-12
オマケ >>13

【リアル動物ごっこ(笑)】
本編 >>14-15 >>16-17 >>18-20
オマケ >>21-22

【マスターハンドのワクワク☆発明品】
本編 >>137-139 >>145-148 >>156-158
オマケ >>140 >>159

【混沌の宴! その名はオトーリ!!】
本編 >>167-169 >>177-179 >>189-192
オマケ >>170

【ワタボーハザード】
本編 >>300-302 >>310-313 >>325-327

【真っ赤なXマス】
本編 >>349-351 >>354-357 >>365-368

【未知なるニューステージ!】
本編 >>374-377 >>385-389
オマケ~変隊とは?~ >>390


 『〜スマブラ大長編〜』
【覚醒・ドルピック島編】
予告編 >>23
準備 >>29-30
一日目 >>39-41 >>47-50
二日目 >>56-58 >>65-68
三日目(前編) >>75-77 >>83-85
三日目(後編) >>94-99 >>106-109
オマケ >>86
あとがき >>110

【激闘!アナザーキャスト編】
序章 >>193
黒いシンデレラと金色猿と闇乳首 >>196-198
別の自分とゆるキャラと衝撃発言 >>206-208
ラーメンと恋罵女と思い出 >>215-217
アラジンとガチ泣きと弱音 >>222-224
逃走と闘争と回想 >>231-233
復帰と侍と母の言葉 >>238-240
死闘と切り札と悪童と姫騎士 >>254-257
変隊創設者と心と拳 >>280-282
私と俺とシンデレラ >>288-290
オマケ >>225
あとがき >>291
エピローグ・A >>297


 『〜スマブラ短編〜』
作者とスマブラメンバーで銀魂パロ >>24
2017年バレンタイン短編小説集 >>123-124
スマテスト >>249
スイカは割るより切る方が美味い >>260-262
世にも奇妙な怪談☆話 >>265-268
トクマ版改変コピペネタ集 >>272
2017年のハロウィン事情 >>334-335
グダグダな日常小話 >>339-340


【スマブラの日常(笑)〜エピソード0〜】
彼らとのファーストコンタクト >>117-118
彼らとの親交会(という飲み会) >>130-131
彼らとの共通点 >>243-244
彼らとの分岐点 >>320-322


 《タグ》
 スマブラ とある魔術の禁書目録 ストリートファイター ワンダーランドウォーズ クロスオーバー NL キャラ崩壊 裸族 変隊創立本部 変隊

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



グダグダな日常小話 ( No.340 )
日時: 2017/11/15 19:53
名前: トクマ


   【飯テロ?】

 食堂。

 いつもなら賑やかな場所だが、そこには重く緊迫した空気が流れており、中華鍋を振って何かを調理しているトクマとその背中を立ちながら見るサンドリヨンがいた。

 トクマは中華鍋を振るのをやめ、コンロの火を消すと中華鍋の中身を大皿に移し替えた後、サンドリヨンの方へ振り向いた。

 ――座れ。

 トクマはいつも以上に鋭い眼差しでサンドリヨンを見つめた。その目で見られる度、サンドリヨンの心臓は鼓動を早め、全身に嫌な緊張が走り、言われるがままに席に座ってしまう。

 席に座ったサンドリヨンの前にトクマは大皿に盛られた麻婆豆腐を持ってきた。

 ……ダメです。

 ……ダメ。

 …………麻婆豆腐だなんて……そんな……

 サンドリヨンは理性を総動員させて、目の前の麻婆豆腐からたちこめる香りに抵抗した。ピリリとくすぐる豆板醤とうばんじゃんの香り……鼻ではなくお腹までダイレクトに届く辛甘い香り……そしてそれらをまとう、純白の豆腐……サンドリヨンはおもむろに麻婆豆腐から視線をそらした。

 ――よく見てみるがいい……

 トクマにそう言われ、サンドリヨンは麻婆豆腐をよく見た。そして、その時気付いてしまった。

 麻婆豆腐の下に隠れる黄金色に輝くチャーハンの存在に、気付いてしまった……

サンドリヨン「……ぁあ……あああ……ああああ……!!」

 サンドリヨンのおなかが、全身が、この目の前の料理を欲しているのが食べなくとも口の中に広がる。刺激的な辛さと暴力的なまでのうまみ……そして、それらに包まれるのは純白にして大豆のうまみを極限にまで濃縮した豆腐、米と卵を炎で煽ることによって生み出された奇跡のチャーハン……サンドリヨンの全身がそれを直に味わいたいと懇願した。

 ――さあ……召し上がれ……

サンドリヨン「うわぁあああああああああん!!」

 トクマの誘惑する言葉とともにサンドリヨンは目の前の料理を貪った。口の中に広がる辛くも甘い麻婆豆腐とパラパラの米の食感がサンドリヨンの食欲を刺激し、手に持つレンゲを早めた。

 その様子にトクマはホッコリする。

ルフレ「……なにやってんだアイツラ」
ルキナ「トクマさんが珍しく料理を作るって聞いたのでサンドリヨンさんが食べると言って、それの試食です」
当麻「ようするに餌付けか……」
トクマ「人聞き悪い事言うんじゃねぇ当麻! オレは昼食に遅れて、自分で食べもの作ってたら何処からかサンドリヨンが現れて食べたいと言い出して作ってるだけだっつーの!! ちゃっかりテメェらも注文してんじゃねぇーよバーカ!!」
ルフレ「お前もしっかり作ってんじゃねぇよバカの極み。両手にサンドリヨンと同じもの作って持ってんじゃねぇか」

 ルフレ達の会話が聞こえたのか反応するトクマだが、両手に持った麻婆豆腐が説得力を打ち消していた。トクマは手に持った麻婆豆腐を当麻とルフレとルキナの三人、別のテーブルで座って待っているシュルクとシレネッタの目の前に置いた。

ルキナ「あ、美味しいですね」
ルフレ「……」(複雑な表情)
当麻「俺的には辛味が足りないな」
シレネッタ「おいしー!」
シュルク「トクマさんって料理うまかったんですね」

 素直に言うルキナ、味が美味しい事に納得したくないのか複雑な表情を見せるルフレ、料理を評価する当麻、シレネッタとシュルクの反応をトクマは笑いながら答えた。

トクマ「人並みだがな。ここに来るまで一人で料理を作って食べて生活してたからイヤでも上達すんだよ……さて、オレもやっと昼食に――」
サンドリヨン「おかわり!」
トクマ「――はえぇな!? まだ五分もたってねぇよ!!」

 一仕事終えて食べようとした瞬間にサンドリヨンからのおかわりコールに驚くトクマ。自分とサンドリヨン以外は昼食を食べたと聞いたので軽めに麻婆豆腐を作ったが彼女にはチャーハンを加えて作ったので量は他よりも多いと思っていたら、彼女に出したハズの麻婆豆腐チャーハンが大皿から姿を消していた。

サンドリヨン「おかわり!!」
トクマ「食ってからだ! 流石に腹へって……」
サンドリヨン「……おかわり……」
トクマ「……」
サンドリヨン「……おかわり……」
トクマ「……そんな寂しそうに言っても、ハーフサイズしか作ってやれねぇからな!!」
ルフレ&当麻「結局作るんかい」

 結局、サンドリヨンの様子に断りきれず作ろうとするトクマにルフレと当麻は呆れながらツッコミをいれた。



  【禁句】


アリス「へー! クマちゃんの料理食べたんだ」
サンドリヨン「はい。彼には悪い事をしたと思ったのですが作ってくれて嬉しかったです」

 現在、女性ファイター達が今日こんにちの疲れを癒すために浴室でくつろいでいた。

アリス「いいなー!」
サンドリヨン「トクマさんなら頼めば嫌々ですが、作ってくれますよ……明日は何を作ってくれるんでしょうか……」
ルフル「……明日も食べる気ですか……」

 羨ましそうに言うアリスにサンドリヨンは明日も作って貰おうと楽しみにしており、その様子にルフルは苦笑する。

スカーレット「サンドリヨン……本当に変わったわね……」

 ふと、スカーレットがサンドリヨンの様子に呟いた。

サンドリヨン「……え……私って変わりました?」
ミクサ「……うん……前なら……食べなかった……」
ピーチ姫「まぁ、良い変化じゃない! 後でお話ししましょう!」
サンドリヨン「話すって何をですか?」
シュネー「お姉さまー!!」

 昔の自分に比べて明るくなった彼女に変わった事を肯定する女性ファイター達。するとシュネーがサンドリヨンに近付いて彼女に抱きついた。

サンドリヨン「シュネーヴィッツェン。ここで騒いではいけませんよ」
シュネー「はーい!」
サンドリヨン「……もう」

 反省した様子を見せないシュネーに苦笑するサンドリヨン。その様子はまるで仲の良い姉妹のようだ。その様子を見ていた他の女性ファイター達も温かい目で見る。

 あの言葉が、出るまでは……

シュネー「今日も一段とお姉さまは指が沈みますね!」

 ピシリ、空気が浴室にも関わらず寒空のような冷たさをここにいる女性ファイター達が感じた。

サンドリヨン「し、しゅ、シュネーヴィッツェン……それは具体的に、どういう意味かしら……?」

 震えるサンドリヨンにシュネーは言った。

シュネー「え? 具体的にですか? そうですね……お姉さまの胸はぺいんぺいんと弾みますが、お腹の方もぽいんぽいんとやわら――」

 ガッ(サンドリヨンがシュネーの首を掴む音)

 ゴキャ!!(シュネーの首から何かの音)

 ドサッ(シュネーが倒れた音)

 ……シュネーヴィッツェェェェン!!

 流れるような動作でシュネーの首を掴んで意識を落としたサンドリヨンに震える女性ファイター。サンドリヨンが静かにこちらを振り向いた。

 ……ナニカ、キキマシタカ?

 言葉よりも多弁な殺気に全員が首を横に振って答えるとサンドリヨンは納得したのか殺気を納め、そのまま近くのシャワールームへと歩いていった。

サンドリヨン「……うぅ、わかってるんですよ……ここには強い人以上に美味しい食べ物があるんですから……」

 ……辛いけど、本当に辛いけど食事制限しよう……

 去り際に小さく呟いたサンドリヨンは静かに胸の中で誓った。


 これにて終わり。感想やコメントOKです!!

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.341 )
日時: 2017/11/15 20:20
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

どうもRメイドウィンです

順番に反応していきます

【日本の伝統食】

たくっちスノー
「お茶漬けかぁ、幼稚園児の頃しか食ってないなそういや」

フェリシア
「米にお茶を注げば良いんですね、紅茶を用意してきます!」

カムイ
「出来れば烏龍茶で作ってくれませんか...」

オボロ
「紅茶も一応お茶だけどさぁ...」

ウィンドⅠ
「お茶漬けですか...食べたことないかも」

デーリッチ
「え?病弱なんだからお粥とかで食べないでちか?」

ウィンドⅠ
「お茶が熱すぎて死んだりして...」

デーリッチ
「相変わらずの超貧弱体質」

【古今東西】

Sonic.exe
「時空監理局でも古今東西やったが酷かった、古今東西大切なものというテーマでメイが『ネギトロ!』と高らかに叫んだりとかな」

メイドウィン
「思い付いたのがネギトロだった」

たくっちスノー
「もっと何かあるだろ...ルミナとか...自分の世界とか...」

メイドウィン
「古今東西大事なもの~」

たくっちスノー
「オニオンサーモン!」

Sonic.exe
「お前らスシ好き過ぎだろ」

あんこ
「覇王鬼帝...鬼畜ブロック崩し...うっ頭が」

【飯テロ】

たくっちスノー
「麻婆豆腐炒飯ねぇ...」

メイドウィン
「そんな料理もあるんだ、はじめて知ったよ」

たくっちスノー
「そういやお前んとこの料亭ってカツ丼と天丼しか置いてないんだっけか...お前がその二品しか知らんかったから」

メイドウィン
「うん、異世界を巡って新たな料理を探すのもこの仕事の楽しみなんだ」

ロストメイドウィン
「流石黒影、メニューさえ見れば一流だな」

たくっちスノー
「あ、炒飯だけ食べるから残しといてね」

【禁句】

たくっちスノー
「パッシブスキル:ちょいぽちゃ」

デーリッチ
「ハンバーガー....ぽてと君...うっ頭が」

ヅッチー
「おやつを食べ過ぎて晩御飯を残すとぽてと君がジャガイモに変えちゃうんだ...」

ローズマリー
(えっなんで都市伝説みたいなの作られてるの!?)

たくっちスノー
「女の子に『太った?』って聞くのはタブーだからな黒影!」

メイドウィン
「らしいね、ルミナにちょっと指摘したらここ数日は拗ねちゃってね」

たくっちスノー
「手遅れだった!」

以上、長くなりました。

これからも応援してます

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.342 )
日時: 2017/11/18 00:15
名前: W683

どうも、W683で御座います。

今回は短編集ですね。ではまとめて見ていきましょうか。

《日本の伝統食》

お茶漬けの話でしたか!!って、御飯にミルクティーやココア、ビールは流石に合わんよwwwwwwwwwwwwwwせめて普通のストレートの紅茶位なら合いそうだけどwwwwwww(そういう問題じゃない)

氷海「お茶漬けってさらさらと食べられて良いわね。お粥みたいにドロドロした感じも無いしね」←此方の料理対決の14番の鯛茶漬けを食べてる
鈴花「お金もあまりかからないのもお茶漬けのメリットかもしれないね。あっ、美結ちゃんの鯛茶漬けも凄く美味しいよ!!」←同上
美結「有難う御座います、鈴花さん。お茶だけじゃなく出汁をかけて食べるのも良いものですわ」←同上
凉海「私ならミルクセーキをかけるかな?結構美味しいと思うけd…」←同上
葉花「凉海さん、ふざけないで貰えるかしら?」←同上

《古今東西》

ちょっwwwwwwwお題がwwwwwwwパワーワードで覇王鬼茶は流石にアカンwwwwwwwしかも色々混ざってますやんwwwwwwwwwwwwww夢の国チキンレースを走る気ですかwwwwwwwwwwwwww

ブラピ「おwwwwwwwいwwwwwwwあんなハ●ーキティとか想像したくもねぇよwwwwwww」

聖人のネタはwwwwwwwもうツッコミが追い付きませんよwwwwwwwwwwwwww聖人の意味を辞書で調べたくなりますねwwwwwwwwwwwwww

《飯テロ》

おいwwwwwwwサンドリヨンwwwwwwwお前よく食うなぁwwwwwwwwwwwwww後、麻婆豆腐炒飯という発想は無かったですね~;此方のメシウマ組がレシピを教わりたい位です。

谷口「麻婆豆腐炒飯か…;よし、俺も作ってm…」
キョン「おい、お前は絶対に作るな。キッチンに火事を起こす気か」

《禁句》

シュネー、女子にその言葉はマジでアカン。サンドリヨン自身も気にしてることやからマジでそれは地雷や。

カービィ「私もサンドリヨンに共感できるかな?美味しいものはすぐ飛び付いちゃうんだよね」
嵐雅「ホントにカービィは何でも食べるからな~。でもあんまり太らないもんな」
マリオ「でも流石に食べ過ぎは良くないな。実際作者もよく食べる方だからちょっとは気にしてるみたいだけど」
W683「余計なお世話や」


それでは此処で失礼します。


P.S.遂に、此方に『ラスボス』が降臨しました…;

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.343 )
日時: 2017/11/18 01:21
名前: mirura@

こんにちは!mirura@です!
今回はツッコミ必須の短編集ですか!
全部の話で笑いましたw w w w w

とりあえず順番に。

[日本の伝統食]

お茶漬けに紅茶、ミルクティー、コーヒー・・・・・
絶対に合いませんよ絶対!!!
ココアは一回経験しましたが、無理でしたし。

ミラ「って言うか経験あるんだ・・・・・」

[古今東西]
あのマスコットキャラクターがああああああああ!!!
覇王鬼茶と書かれていたのを見たときは、何だろうと思っていましたが・・・・・

聖人の方は・・・・・
言っている事が全てよく分かりませんでしたw w w
googleで調べて来ます!


[飯テロ]
サンドリヨンを見てて思ったんですけど、
この人のお腹にはブラックホールでもあるんですか!?
結局作るトクマさん。
って、料理出来たんですね!
凄いです!

[禁句]
シュネーヴィッツェン・・・・
それは、言ったら駄目なものです。
サンドリヨンが怖い・・・・

レウォル「そう言えばイルマ様がリナイス様に「少し太ったか?」って聞いてたのを見たことがある」

ネメシア「え、その後どうなりました?」

レウォル「リナイス様のアッパーカットでイルマ様が死にかけてた」



長くなってしまい、すみませんでした!
では!

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.344 )
日時: 2017/11/18 19:22
名前: のりは

どうも、のりはです。お久しぶりです。
感想書こうとしてもタイミング合わないことってありません?
ヨッシー「は?」
すみません蹴らないで
一応読んではいます…ワタボーハザードはえらいことになってましたね(小並感)
ヨッシー「絶滅させたほうがいいんじゃないですかね、ワタボー」



マック「オチャヅケか…苦い思い出だぜ…。」
むらびと『え、何?お茶漬けに何されたの?」
マック「いやな、ホンドーがオチャヅケ作ってて…センチャとかホージチャとか、いろんな日本のお茶で作ってるもんだからお茶なら何でもいいのかと思って缶コーヒー(加糖、ミルク入り)渡したら殴られた」
シュルク「それは殴られるよ」
むらびと『せめてブラックコーヒーにしろよ』
ぶっちゃけ無糖のストレートティーならいけると思う。他はダメだろ、うん。特にビール。お茶じゃねえからそれ!www


キティちゃんは仕事を選ばないことで有名ですが可愛いので大好きです
紀葉「急にどうしたのwww」
ハローwwwキティwwwこんにちわぁwwwできたてのポップコーンはいかが?www
…とかよくネタにされるけど、キティちゃんは可愛い。それだけだ。あ、ネタにするなと言ってるわけじゃないです
ルイージ「古今東西聖人~」
ヨッシー「マリオさん」
ピーチ「マリオ」
ピット「マリオさん」
スネーク「マリオ」
ソニック「マリオ」
ドンキー「なんでこのメンバーでそれやろうと思ったんだ!?」
マリオ「そして俺はどういう反応をしたらいいんだ…。」



麻婆豆腐炒飯美味しそう。食べたい
ヨッシー「今度作ってみますかね…あ、体重の話は人によっては死にますよ?この前グリーンさんがハロさんに『ちょっと肉付きよくなったッチ?』とか言ってローズさんに5分の4殺しされたのを見たので間違いないです」
リーフ「あ、この前ローズさんがご立腹だったのはそういう…ローズさんが言われたわけじゃなかったんですね」
承太郎「体重云々よりセクハラまがいなセリフにキレたんじゃあねえか、それ」



ではこの辺で失礼します。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。