二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

すばらしきスマブラの日常(笑)
日時: 2018/12/17 20:53
名前: トクマ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=64

   開設日:2016/03/26 11:09

 画面の前のみなさま初めましておはこんばんちは。トクマと言います。

 このスレでは、トクマの分身とも言えるオリキャラを中心にクロスオーバーで扱うあらゆるキャラ達との日常でもあり非日常の文を思い付くまま気の向くままに書いていきます。小説カキコ初心者ゆえに未熟で満足出来ない所もあるかと思いますが何卒よろしくお願い致します。

〈注意事項〉
・トクマには文才がないので所々文章がおかしかったり訳がわからなかったりするかもしれません。予めご了承ください。
・完全な俺得オリジナル設定が盛り沢山です。キャラ設定や世界観設定は随時アップしていきます。
・キャラ崩壊やメタネタ、パロディやクロスオーバーなどが普通に出てきます。その為『このキャラダレだ?』や『こんなキャラじゃないのに!』と思われます。
・時折カプ要素出てきます。基本的にNLが多いですが、時としてBLネタが出てくるかもしれません。
・キャラは初代から最新作までほぼ全てのキャラがいる前提で話を進めています。また、キャラによっては出番が多かったり少なかったりします。ご容赦下さい。
・小説の感想やコラボ、キャラの貸し出し申請やキャラや世界観の質問はいつでも大歓迎でございますが、誹謗中傷や他の閲覧者の迷惑になるような書き込みはやめてください。


※目次や注意事項やキャラ設定は随時更新及び修正していきます。


   【もくじ】

 【世界観等々の設定資料】 >>1


 『〜スマブラ長編〜』
【これが日常ですけどなにか?】
本編 >>2-3 >>4-5 >>6-7 >>8-12
オマケ >>13

【リアル動物ごっこ(笑)】
本編 >>14-15 >>16-17 >>18-20
オマケ >>21-22

【マスターハンドのワクワク☆発明品】
本編 >>137-139 >>145-148 >>156-158
オマケ >>140 >>159

【混沌の宴! その名はオトーリ!!】
本編 >>167-169 >>177-179 >>189-192
オマケ >>170

【ワタボーハザード】
本編 >>300-302 >>310-313 >>325-327

【真っ赤なXマス】
本編 >>349-351 >>354-357 >>365-368

【未知なるニューステージ!】
本編 >>374-377 >>385-389
オマケ~変隊とは?~ >>390


 『〜スマブラ大長編〜』
【覚醒・ドルピック島編】
予告編 >>23
準備 >>29-30
一日目 >>39-41 >>47-50
二日目 >>56-58 >>65-68
三日目(前編) >>75-77 >>83-85
三日目(後編) >>94-99 >>106-109
オマケ >>86
あとがき >>110

【激闘!アナザーキャスト編】
序章 >>193
黒いシンデレラと金色猿と闇乳首 >>196-198
別の自分とゆるキャラと衝撃発言 >>206-208
ラーメンと恋罵女と思い出 >>215-217
アラジンとガチ泣きと弱音 >>222-224
逃走と闘争と回想 >>231-233
復帰と侍と母の言葉 >>238-240
死闘と切り札と悪童と姫騎士 >>254-257
変隊創設者と心と拳 >>280-282
私と俺とシンデレラ >>288-290
オマケ >>225
あとがき >>291
エピローグ・A >>297


 『〜スマブラ短編〜』
作者とスマブラメンバーで銀魂パロ >>24
2017年バレンタイン短編小説集 >>123-124
スマテスト >>249
スイカは割るより切る方が美味い >>260-262
世にも奇妙な怪談☆話 >>265-268
トクマ版改変コピペネタ集 >>272
2017年のハロウィン事情 >>334-335
グダグダな日常小話 >>339-340


【スマブラの日常(笑)〜エピソード0〜】
彼らとのファーストコンタクト >>117-118
彼らとの親交会(という飲み会) >>130-131
彼らとの共通点 >>243-244
彼らとの分岐点 >>320-322


 《タグ》
 スマブラ とある魔術の禁書目録 ストリートファイター ワンダーランドウォーズ クロスオーバー NL キャラ崩壊 裸族 変隊創立本部 変隊

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.330 )
日時: 2017/10/26 23:07
名前: W683

どうも、W683で御座います。

ちょっwwwwwwwまさかの恋罵女でしたかwwwwwwwwwwwwww

ルキナ「貞子スタイルでジョンソン走りってwwwwwwwガキ使の驚いてはいけないの最後の部分じゃあるまいしwwwwwwwwwwwwwwあっ、NL本下さいwwwwwww」
ハルヒ「その後のサムスもwwwwwwwて言うかまだあのファルコンの写真持ってたのwwwwwwwwwwwwww」

で、深雪乃さん!!強炭酸コーラはアカンっっっっ!!!!!!!!!!そして婚姻届ぇぇぇぇぇぇぇ!?!?!?!?!?どさくさに紛れて男狩りかぁぁぁぁぁぁぁ!?!?!?!?!?!?

黒井「深雪乃wwwwwwwうちでも流石にそれはせえへんわwwwwwwwwwwwwww」←彼氏いない歴=年齢

そしていよいよクレハンの部屋に…って春麗ェ…;これが『漢女おとめ』の厳しい現実か…;
そしてまさかの黒幕が…;狂戦士さやかに若本ボイスの桃色球体とかある意味SAN値破壊ものじゃないですかヤダー…;で、安定のトレ子さんwwwwwwwwwwwwwwて言うか真田・エリザベート・幸村って誰ぞwwwwwwwwwwwwww

ブラピ「流石はトレ子さんだなwwwwwwwだけど黒幕がさやかって予想外だったなwwwwwww」

そしてオチはルキナ達のブチギレエンドですかwwwwwww確かに幼児退行した記憶は消し去って欲しいと思うのも当然っちゃ当然ですねwwwwwww

キョン「なぁ、下手したらかがみの料理の時にもこんな事が起きそうで怖いんだが…;」
ピーチ「同感」


それでは此処で失礼します。

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.331 )
日時: 2017/10/29 13:02
名前: 抜間さん

どうもー、抜間さんです。こっちではお久しぶりになってしまってすいません;ワタボーハザード三編の感想をとめて失礼します。
さて、やっとこさ波乱とカオスの大騒動が終わりましたね。色々言いたいことはあるけど、とりあえずまずは一言。




ワ タ ボ ー は マ ジ で あ か ん




触れると幻覚作用を引き起こすワタボーがそっちの世界で集団感染とか、確実にあかんことになるやつじゃないですかーやだー(白目)。それで酒を作る発想もあれだけど、触れるだけでアウトな敵をどうやって狩るつもりなんだろうそっちのマリオは…つか、そもそもの話そっちのマリオはそんなもので酒を作るな!!?一歩間違えば下手な薬物よりもたちがわるいぞそれ!?

抜間さん「うちも昔GBAのヨッシーアイランドをプレイしていましたが、あいつとステージ食い尽くすワンワンとサルは今でもマジで嫌いです…;もうあいつらマジで殺意わくくらいにウザイんだけどOTL」
マリオ「俺は赤ん坊だったから朧気にしか覚えてないんだが、あいつに触れたヨッシーの目がやばくて子供心に恐怖を感じたのはやけによく覚えてるぞ;」


そして案の定スマブラ屋敷はワタボーの集団感染に見舞われて…ってちょwww感染した人達の奇行が凄まじくてツッコミが追い付かないんですがwwwまず初っぱなからそっちのファルコンは何してるのwww裸エプロンでに女走りもあれだけど、ペプシマンくっそ懐かしいなおいwwwその後のルキナとアシェンプテルとサンドリヨンは幼児退行してそっちの男の子達が羨ま…いや、ルキナはともかくアシェンプテルの腕力+子供特有の遠慮のなさによる無自覚の破壊活動は危険すぎるか;
暴走族早苗ちゃんにヤーさん魔理沙(しかし刺青は1万円の人)はあんたらキャラに似合わない暴走の仕方するなしwww恋罵女は暴走しているのかそれともこれが素なのか…ってそっちのサムスがうちのサムスばりにやらかしてないですかwwwwww

サムス「ちょっと、それどういう意味よ作者!?そりゃあ私はファルコンに対してはちょっと…いや、それなりに暴走するかもだけど、あんな写真で鼻血なんか出さないからね!!」
フォックス「どの口がそれをほざくんだよ。SNS団の料理対決でファルコンにエビチリをふーふーあーんで食わせられそうになって気絶したのを忘れたとは言わせねーぞ?」
ブラピ「そんなことより婚活おばさんはなにやってんだよwwwしかも懐から婚姻届のチラリズムとか恐ろしすぎやしねーかwww」

そしてとどめは若本カービィにランスロットさやかに、安定のトレ子さんwwwすいません、トレ子さんがワタボー状態なのか素なのかがガチでわからないんですがwww流石トレ子さん、俺達に出来ない奇行を通常運転でやってのけるそこにシビレる憧れるぅぅぅぅぅ!!あと、女子三人は涙ふけよ…つ【ハンカチ】
いやはや、これはカオス極まりないですねwww人はワタボーに侵されるとこうもぶっ壊れてしまうのかwwwうちサイドの皆にもワタボー酒飲ませてみようかな?

まとも組「や め ろ や」

それでは今回はこの辺で。長文&乱文な感想失礼しました。


P、S
こっちのスレも無事に新スレのお引っ越しが完了したのと、小説を更新しました。今回は完全に奴等のターンですww

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.332 )
日時: 2017/10/29 22:54
名前: ロクター

久しぶりです、ロクターです。

ワタボーハザードの感想を。

ルーミア「まずWシンデレラとルキナが幼児退行してるとはね…」
スター「でもおかげで好きな人といい感じになってたんじゃないの」
まあ、酔った勢いでーってのはお約束じゃないかな。

そして早苗…霊夢も…
雪歩「お父様の会社の従業員にそういう刺青してた人いましたね…」
巴「うちの若いもんにもいるのぉ」
やめんか。そしてこれは…弾幕使えよ;いくら弾幕格闘の経験あるからって;
サニー「そして幽香が沈めたね。こういう時ってほんと頼りになるよ」
まあ、クラッシャーがいないことには…。

あの変隊連中もやってきたし…そして写真に食いついた!?
絵理「わかる…涼の写真ばらまいたら食いつく人けっこういる?」
涼「ぎゃおおおおおおおん!!!」
あと強制結婚させるつもりか婚活雪女;
エフィ「そんなことじゃいつまでたっても結婚できないでしょその人」
裸族にしてはそのあたりシビアに見てるよね君は…

元凶はさやかとカービィか…なんだよコレ!?!?
愛「さやかさんはわかります。でもカービィはおかしいですよ!?!?」
酒乱だよ愛;つーかアイドル…いや未成年が酒飲んじゃダメだ;
タマモ「わたくしもトレ子さんみたいにダイナミックエントリーしてみたいですね」
あの崩天玉でそれするのはやめてくれください;;;

最終的には無駄足なうえ最初の3人に全力で切りふだぶち込まれる骨折り損な結末でしたね…;
しかしワタボーか…こっちのサイドだとみんなどうなっちゃうのかな…??
まとも組「や め て」


では。

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.333 )
日時: 2017/10/31 07:54
名前: トクマ


 予想以上の感想の多さにびびった作者のトクマです。書いてくれた作者の皆様、ありがとうございます!!



 >mirura@さん

 感想ありがとうございます。

 写真はサムスがワタボーに感染してるとトクマは予測し、予め写真を撮ったんですよ。その後は文字通りのカオス! カービィについては自分が追われたら怖いと思うものを想像した結果です。

 本当に頑張ったのに骨折り損だよ!!


 >八雲さん

 感想ありがとうございます。

 えぇ、今回の黒幕は予想だにせずインパクトがある人物を考えました。まぁ、その結果が若本カービィとバーさやーカーになったのですが……というより、バーさやカーうまいですねwww

さやか「ちょっと! さやかちゃんはバーサーカーじゃないわよ! どっちかと言うと優良なセイバーだわ!!」
トクマ「狂化持ちですねわかります」


 >W683さん

 感想ありがとうございます。

 えぇ、まさかの恋罵女です(笑)

 実はこの時の深雪乃は強炭酸コーラを飲んで酔っていたという裏設定があるのですが、それを差し引いてもインパクトはあったようです。春麗に関しては『タツノコ VS. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES』というゲームにて白鳥のジュンというキャラクターのエンデイングで他作品のヒロインと「第一回『普通の女の子になるために』会議」なるものを開いているんですよ……ネタはそこからですね。まぁ、なかなか話は進んでないですが(笑)。

 トレ子に関してはなぜそうなったのか覚えてないですね……とりあえず『何を考えているのかわからない事をしている』という一点に絞って考えたらこうなったとしか答えるしかないですね。


 >抜間さん

 お久しぶりです抜間さん。感想ありがとうございます。

 ワタボーハザードがやっと終わり、騒動も鎮静してきたので抜間さんの言葉に対して一言……

 そ れ な !

 ワタボーはヨッシーアイランドでもフェイクをかけるワンワンより厄介としか言いようがないですね!

マリオ「ワタボー酒の作り方はワタボーを凍らせて酒が大量に入った壺に入れるんだ! 凍らせれば酔わないから大丈夫だぞ! まぁ、梅酒の作り方と少し似ていると思ってくれればいいぞ」
トクマ「そんな梅酒飲みたかねぇよ」

 そしてバイオハザードならぬワタボーハザード勃発。改めて見るとカオス過ぎてツッコミ所が多すぎィ!!

 まぁ、確かに羨ましく見えますがアシェンプテルは軍人に近いので握力が強く、ルキナもルフレより力が強いので幼児退行状態では容赦ない無邪気な暴力がトクマとルフレを襲いました。

 よくよく考えると自分のキャラ達って暴走しても変わらない人物多すぎない……? 理性とは一体……

ネス「酔わせるならワタボー酒よりワタボーに感染させた方がいいよー。ワタボー酒だとほろ酔いまでしか酔わないし!!」
まじめ組「やめろ!!」

 後で見に行きますね!!


 >ロクターさん

 感想ありがとうございます。

 酔った勢いでいい雰囲気になれたと思いますが考えてみてください……力がそこらの男性より強い三人娘が無邪気にその力を甘える事に全力で発揮する部分を……そこには激痛に悶えるトクマとルフレの姿が……

 早苗と霊夢に関しては自分が幻想郷を初めて聞いた時に【妖怪や幽霊が跋扈ばっこする常識が通用しない世界=世紀末】の謎イメージから引き出しました。

 タマモさん。崩天玉のダイナミックエントリーはやめてwww想像しただけで被害が凄い事になるからwww

トクマ&ルフレ「笑い事じゃねぇよ!!」



 他作品のキャラならワタボーに感染したらどうなるか気になりますね……流行らないかなぁ……

リンク「やめろ! ある意味地獄絵図になるからやめろ!!」

2017年のハロウィン事情 ( No.334 )
日時: 2017/10/31 23:44
名前: トクマ

  シャアァァァァ!! 間に合ったァァァァ!! 去年は大長編で更新出来ませんでしたが、今年こそはハロウィンネタを投稿できる!!

 それでは、どうぞ!!




トクマ「ああ、今日はハロウィンなのか」
ドレディア「……ディ?」

 カレンダーを見ていたトクマがぽつりと独り言を言う。その独り言をドレディアは気になり、ハロウィンとは何なのかと尋ねてみた。

トクマ「ん? ドレディアさんはハロウィンを知らないのか?」
ドレディア「ディア」

 トクマの言葉にドレディアは頷き、その返事にトクマは説明を始める。

トクマ「そうだな……あー……なんというか、ハロウィンというのは……」
アシェンプテル「トリック・オア・トリート!」

 トクマの発言を遮り、扉を勢いよく開けたアシェンプテルが突然大声と共に飛び出してきた。

 彼女は漆黒の魔女帽を被り、髪は三つ編みにし、真っ黒でシックな雰囲気のローブとロングスカートを着ていた。靴下も黒でまっくろくろすけの出で立ちだ。

 右手には箒、そして左手には人の顔のような形にくり貫いたカボチャのランプを持っており、カボチャの中で蝋燭が人魂のように揺らめいていた。

アシェンプテル「トリック・オア・トリート!!」

 しかし、格好とは反対に表情は固く、覇気が満ち溢れる声に部屋の空気がビリビリと震えていた。

トクマ「ハロウィンというのは、こういうものだ」
ドレディア「……ア?」

 トクマはそう言うがドレディアはまったく分からない。

 ドレディアの困惑を他所に、トクマは仮装したアシェンプテルを見て、さも不愉快だと言わんばかりに眉を顰めた。

トクマ「しかし……アシェンプテルはなんだってそんな格好をしてるんだみっともない。ハロウィンだ。ハロウィンなんだぞ? そこんとこ分かっているのか? お前は仮にも定職持ちのいい年した大人の癖して恥ずかしくないのか?」
アシェンプテル「うぐぅっ!?」

 そのあまりにもきっつい揶揄やゆを受け、アシェンプテルは胸を押さえ、体は横合いから殴りつけられたようにぐらつき床に膝をついた。

 まさかの凄まじい罵倒を受けるとは夢にも思っていなかった表情である。

 しかしそこは歴戦の戦士。アシェンプテルはすぐに体勢を立て直すとトクマに吼えた。その目尻に大きな雫を溜めながら。

アシェンプテル「……い、言ったな! 言ってはならない事を言ったな貴様! 人には触れちゃいけない痛みってものがある! そこに触れたらあとはもう命のやり取りしか残っていない!! 表に出るがいい!」
トクマ「えぇ……お前は何をそんなに怒ってるんだ」
アシェンプテル「今のどこに怒らない理由があるとでも!?」

 喧嘩するのはいいのだが、トクマは確実にボロ雑巾になるだろう。

ドレディア「ディ、ディア。ドレディア」
アシェンプテル「む? なんなのだ?」
トクマ「ハロウィンを教えてくれって言ってる……それぐらい出来るだろ?」
アシェンプテル「フン。当然だ」

 ドレディアがアシェンプテルにハロウィンについて聞こうとし、トクマからその意図を理解したアシェンプテルがドレディアにハロウィンを教える。

アシェンプテル「ハロウィンっていうのは腹を空かせた乞食や孤児の子供が悪魔とかモンスターの仮装をして、騎士や警備の兵にトリックオアトリートって言いながら菓子を集ってくる配給日の事だ。私も故郷にいた頃に毎年参加したものだ……貰った菓子をスラムに持って帰ると大人に袋叩きにされて奪われるもんだから、子供達は皆その場で食うんだ。足が駄目になって動けない奴や家族の為に頑張って隠して持って帰る奴もいたな」

 遠い目をして己の過去を語るアシェンプテル。

 その一端は中々に世知辛いものであり、横から聞いていたトクマは手で顔をおおっていた。

アシェンプテル「……まあ、そんな日なんだから、子供は大人から食えるものがあるなら貰える日でもあるのだ」
トクマ「なんでお前はそんな微妙に悪意と偏見に塗れた言い方をするんだ!? っていうか後半のくだりとかちょっと泣きそうになっただろうが!!」
アシェンプテル「ん? なんだ、もしかしてこの国では違うのか?」
トクマ「全然違うよ! 仮装してトリックオアトリートって言うのは合ってるけど!!」

 やるせないとばかりに今度は頬を膨らませるトクマが説明を始める。

トクマ「とはいえ、オレはハロウィンを詳しく知っている訳じゃないけど凄く簡単に説明すると、今日は皆で仮装して『トリックオアトリート』……『お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうぞ』って言いながら楽しむちょっとしたパーティーみたいな日なんだよ。分かったか? 特にアシェンプテル」
アシェンプテル「仮装して菓子を強請たかるイベントなら私ので大体合っているではないか」
トクマ「お前の言ったハロウィンはあまりにも世知辛すぎるわ!」

 とぼけた表情のアシェンプテルにトクマは頭を押さえるも、アシェンプテルに質問した。

トクマ「それで、ここに来たって事は何かようか?」
アシェンプテル「ふ、当たり前だ。わざわざこんな所には来ない」
トクマ「サンドリヨンから相談されたけどお前の部屋、物が辺り一面に散乱してるという俗に言うあの片付けられな――」
アシェンプテル「わざわざこんな所には来ない!!」

 トクマが何か言おうとした言葉を遮るようにもう一度言うアシェンプテル。

アシェンプテル「貴様をハロウィンに招待しに来た」
ドレディア「ディア!?」

 アシェンプテルの声にドレディアが反応し、トクマはその言葉に嫌そうな表情を見せる。

アシェンプテル「その表情を見れば行きたくない事など一目瞭然……しかし! 貴様は行かなければ行けない……何故だかわかるか?」

 そんなトクマを不敵な笑みを見せるアシェンプテルにトクマは不気味に感じる。

アシェンプテル「『トリック・オア・トリート』……私はそう言ったのだ。つまり、貴様は今、ここで、お菓子を渡さなければハロウィンにつれて――」
トクマ「はい、これ」

 アシェンプテルが全部言おうとする前にトクマはキャラメルをアシェンプテルに渡した。ドレディアと生活した影響なのか、乱闘での小腹を満たすためか手軽な小さいお菓子を携帯していた。

トクマ「じゃ、楽しんでハロウィンに行ってこいよ~」

 茫然と立つアシェンプテルに手を振りながらゆっくりと立ち去ろうとするトクマ。ドレディアはアシェンプテルの言うハロウィンにワクワクしていて気付いていない。

トクマ「お"う"っ!?」

 去ろうとした瞬間に襟首を掴まれ、変な声を出すトクマ。後ろを振り向くとアシェンプテルが不機嫌に睨んでいた。

アシェンプテル「……トリック・オア・トリート」
トクマ「もう一度!?」

 このままじゃ無限に続くゼロサムゲームが始まりそうな予感からトクマは逃げようとするもアシェンプテルに襟首をしっかりと掴まれており、全く動かない。

トクマ「離せアシェンプテル! 今日は久々の乱闘休みだからゆっくりしたいんだよ!!」
アシェンプテル「逃がしてたまるか! 私だけ恥ずかしい思いをするなら貴様もしろ!!」
トクマ「自分の恥に他人を巻き込むんじゃねぇ! コスプレするぐらいなら部屋にこもった方がまだマシだ! ほら、お菓子もあげたからこの話はなかったことにしろ!」
アシェンプテル「断る! 私はこのような物で動く安い女ではないぞ!」
トクマ「冷蔵庫にあるコンビニで買ったバウムクーヘンもつけるから!」
アシェンプテル「……な……いや……しかし……だが……待て……となると……これは……いや……やはり……あぁ……ぅん……だが……やっぱり……しかし……







    ……保留だ」
トクマ「悩みすぎだろ!? 安いのか高いのかわかんねぇし、最終的に保留ってなんだ!!」
アシェンプテル「なっ!?」

 予想外にバウムクーヘンに食いついたアシェンプテルに驚きながらツッコミをいれるトクマ。アシェンプテルはその言葉に少し顔を赤くしながらトクマを引っ張った。

アシェンプテル「と、ともかく! 来てもらうぞ!!」
トクマ「くそ、ドレディアさんヘルプ!!」
ドレディア「ディーアー!!」
トクマ「ダメだ! 初めてのハロウィンに期待を膨らませて聞いてねぇ!!」

 力づくでトクマを引っ張るアシェンプテル。トクマはドレディアに助けを求めるもハロウィンに夢中で届いておらず、味方がいない。

アシェンプテル「さぁ、行くぞ!」
ドレディア「ドーレディーアー!!」
トクマ「チクショォォォォ!!」

 ズルズルとトクマを引摺りながら、アシェンプテルとドレディアはハロウィン会場へと向かった。



 コメントはまだです。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。