二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

すばらしきスマブラの日常(笑)
日時: 2018/12/17 20:53
名前: トクマ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=64

   開設日:2016/03/26 11:09

 画面の前のみなさま初めましておはこんばんちは。トクマと言います。

 このスレでは、トクマの分身とも言えるオリキャラを中心にクロスオーバーで扱うあらゆるキャラ達との日常でもあり非日常の文を思い付くまま気の向くままに書いていきます。小説カキコ初心者ゆえに未熟で満足出来ない所もあるかと思いますが何卒よろしくお願い致します。

〈注意事項〉
・トクマには文才がないので所々文章がおかしかったり訳がわからなかったりするかもしれません。予めご了承ください。
・完全な俺得オリジナル設定が盛り沢山です。キャラ設定や世界観設定は随時アップしていきます。
・キャラ崩壊やメタネタ、パロディやクロスオーバーなどが普通に出てきます。その為『このキャラダレだ?』や『こんなキャラじゃないのに!』と思われます。
・時折カプ要素出てきます。基本的にNLが多いですが、時としてBLネタが出てくるかもしれません。
・キャラは初代から最新作までほぼ全てのキャラがいる前提で話を進めています。また、キャラによっては出番が多かったり少なかったりします。ご容赦下さい。
・小説の感想やコラボ、キャラの貸し出し申請やキャラや世界観の質問はいつでも大歓迎でございますが、誹謗中傷や他の閲覧者の迷惑になるような書き込みはやめてください。


※目次や注意事項やキャラ設定は随時更新及び修正していきます。


   【もくじ】

 【世界観等々の設定資料】 >>1


 『〜スマブラ長編〜』
【これが日常ですけどなにか?】
本編 >>2-3 >>4-5 >>6-7 >>8-12
オマケ >>13

【リアル動物ごっこ(笑)】
本編 >>14-15 >>16-17 >>18-20
オマケ >>21-22

【マスターハンドのワクワク☆発明品】
本編 >>137-139 >>145-148 >>156-158
オマケ >>140 >>159

【混沌の宴! その名はオトーリ!!】
本編 >>167-169 >>177-179 >>189-192
オマケ >>170

【ワタボーハザード】
本編 >>300-302 >>310-313 >>325-327

【真っ赤なXマス】
本編 >>349-351 >>354-357 >>365-368

【未知なるニューステージ!】
本編 >>374-377 >>385-389
オマケ~変隊とは?~ >>390


 『〜スマブラ大長編〜』
【覚醒・ドルピック島編】
予告編 >>23
準備 >>29-30
一日目 >>39-41 >>47-50
二日目 >>56-58 >>65-68
三日目(前編) >>75-77 >>83-85
三日目(後編) >>94-99 >>106-109
オマケ >>86
あとがき >>110

【激闘!アナザーキャスト編】
序章 >>193
黒いシンデレラと金色猿と闇乳首 >>196-198
別の自分とゆるキャラと衝撃発言 >>206-208
ラーメンと恋罵女と思い出 >>215-217
アラジンとガチ泣きと弱音 >>222-224
逃走と闘争と回想 >>231-233
復帰と侍と母の言葉 >>238-240
死闘と切り札と悪童と姫騎士 >>254-257
変隊創設者と心と拳 >>280-282
私と俺とシンデレラ >>288-290
オマケ >>225
あとがき >>291
エピローグ・A >>297


 『〜スマブラ短編〜』
作者とスマブラメンバーで銀魂パロ >>24
2017年バレンタイン短編小説集 >>123-124
スマテスト >>249
スイカは割るより切る方が美味い >>260-262
世にも奇妙な怪談☆話 >>265-268
トクマ版改変コピペネタ集 >>272
2017年のハロウィン事情 >>334-335
グダグダな日常小話 >>339-340


【スマブラの日常(笑)〜エピソード0〜】
彼らとのファーストコンタクト >>117-118
彼らとの親交会(という飲み会) >>130-131
彼らとの共通点 >>243-244
彼らとの分岐点 >>320-322


 《タグ》
 スマブラ とある魔術の禁書目録 ストリートファイター ワンダーランドウォーズ クロスオーバー NL キャラ崩壊 裸族 変隊創立本部 変隊

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



私と俺とシンデレラ ( No.290 )
日時: 2017/09/22 18:18
名前: トクマ

 今回から大長編のラストにその物語のイメージとなるBGMを流そうと思います。まだ試験運用のだんかいですが、より楽しんでくれたなら幸いでございます。


BGM:プライド革命


 後日談。今回のエピローグ。

 あの後、アシェンプテル達の処分は保護観察及び長期の無償奉仕である。

 これにはルイージやフォックスが一枚噛んでいるとトクマはゼルダとピーチ姫から聞いた。闇の軍勢に立ち向かえる充分な戦闘能力を持った人材をなくすには惜しいと説得したようだ……まぁ、強情なヤツには時折黒い部分を見せて黙らせたと言う聞きたくない事も聞いてしまったが、そこは余談である。

 ジーンについては簡単に言うと、スマブラ館の一員として転がり込んだ。彼いわく『こっちにいる方がお宝ちゃんに会える確率が高くなる』らしい……現にトクマが持つ武器の『ハストゥールの鍵』を狙っている。

 そして、彼らは何をやっているかと言うと……――

マリオ「マスターハンド。これで良いのか?」
マスター「ありがとう。次はこっちをお願いね」
マリオ「おう」

 メンバー数人で館の壊れた壁の復旧作業をしている。

 何分、トクマとサンドリヨンの二人を見ていたのはメンバー全員だったので修理にあてがうのを忘れてしまっていた。他のメンバーにも未だに壊れている橋の修理に呼ばれ、余ったメンバーで館の壁を修理しているのだ。

大聖「創造神。これはこちらか?」
マスター「そうそう。ありがとうね大聖くん」
大聖「礼に及ばず」

 そこにはアナザーキャストの姿もあるが、殆どのメンバーは早いスピードで馴染んでいった。その中でもリンや大聖、メロウの三人は元々争う気がなかったので仲良くなるのに時間はかからなかった。

ヴァイス「大聖のヤツ。早くも馴染みやがったな」
スカーレット「元々争う気はなかったみたい……ヴァイスも少し素直になったらいいと思うわ」
ヴァイス「断る。馴れ馴れしくするぐらいなら舌を噛み切った方がマシだ」

 ヴァイスはなんとスカーレットと身内だった事から驚かされたが、少しずつ仲良くなっている……口が悪い事を除けばだが……

美猴「……見ねぇ内に仲良くなってやがるな……前までは敵対してたのによ」
リンク「それが俺達だろ……ここはスマッシュブラザーズ……善悪混合、清濁併せ呑みした奇人変人超人集団……たかだか女一人の事情で潰れる程ヤワな奴はいないだろ」
美猴「違いねぇな」
深雪乃「本当にそうよね!」

 美猴とリンクの話を異様にテンションが高い深雪乃が反応し、その様子に二人は引き気味に少し後退する。

美猴「……おい、雪女の嬢ちゃんが怖いくらいテンションが高いけど何があったんだよ」
リンク「多分、トクマとサンドリヨンの事じゃないのか?」
深雪乃「その通り!!」

 深雪乃の反応にリンクと美猴はさらに後退する。

深雪乃「話を聞くと中々熱い内容だったじゃない! 記憶を忘れてもなおも帰ってくると信じて戦う戦士、その戦士の想いに答える為に走る女騎士、そして最後に二人は……デートをしてただけでも美味しいのにあんな熱いモノを見せられたらたまらないわよ! これはあの二人の仲が急接近間違いなしよ!!」
ルキナ「あの二人が……」
ルフレ「……ねぇ……」

 マシンガントークで熱く語る深雪乃。そして、件の二人に目を向けるルキナとルフレ……その二人は……

トクマ「…………」
サンドリヨン「…………」

 険悪な雰囲気で睨みあっていた。

深雪乃「……え? 何であんなに険悪な空気が流れてるの……まさか倦怠期」
ヴァイス「なわけねーだろ……聞いてて呆れたよ」

 深雪乃の言葉に呆れを含んだ声色で答えるヴァイス。険悪な空気でトクマが口を開いた。

トクマ「……サンドリヨン……お前がどんなに言おうと、オレはこの答えを曲げない」
サンドリヨン「……私もです」

 静かに語るトクマをサンドリヨンは頷く、ただならぬ空気が流れる中でトクマが動いた。

トクマ「ジブリのナンバーワンはもののけ姫に決まってるだろ!!」
サンドリヨン「いいえ、天空の城ラピュタに違いありません!!」

 その言葉に深雪乃は滑るような感じでこけた……そこ、古いと言わないように……

深雪乃「……えぇ……ジブリ討論……」
ヴァイス「心配して損するだけだ」
スカーレット「……ということはヴァイスは一度だけ心配し――」
ヴァイス「黙ってろ……おい、その生暖かい視線をやめろ。やめろつってんだろ!!」
ルフレ「あのアーパー天パが誰かを好きになるにはまだ遠いだろ」

 ため息を吐くヴァイスだが、スカーレットの指摘で数人がヴァイスに優しい目線を向けられ、怖くない威嚇をする……ルフレはトクマとサンドリヨンの様子を見て、思わず呟いた。

トクマ「もののけ姫はアシタカとサンの絡み、そして最後には想いを伝えるシーンとか心を掴まれて良いだろ!!」
サンドリヨン「それなら天空の城ラピュタの方がいいです! 目玉焼きを乗せたトースト、温かいシチュー……この美味しそうなご飯に隙があるとでも思いますか!」
トクマ「隙だらけだよ! 心を掴まれるどころか胃袋掴まれてんじゃねぇか!」
サンドリヨン「……気のせいです!!」
トクマ「口の端によだれが出てるぞ」

 まるで仲の良いクラスメイトのように話し合う二人を見て、苦笑するメンバー達。

美琴「あの二人が恋愛に発展するのは難しいと思うなぁ……進展なさそうだし」
当麻「だよな。どっちかと言うと相談相手みたいなポジションで落ち着きそうだな」
深雪乃「……ワンチャンあるはず……」
シュルク「ないですよ」
シュネー「その通り! 絶対にないです!!」
ピーチ姫「そうとは限らないわよ」

 深雪乃の言葉に笑いながら否定するシュルクと強く否定するシュネーだが、ピーチ姫が待ったをかけた。

シュネー「どういう意味ですか?」
ピーチ姫「理由は簡単……前の二人ではあんな話はしなかったわ」
美琴「言われてみれば、そうね」

 ピーチ姫に言われ、反応する美琴にシュネーは恐る恐るシレネッタに話を聞く。

シュネー「前のお姉さまとあの男はどんな感じだったんですか?」
シレネッタ「前の二人ってお互いが遠慮しあってたかな? そして大喧嘩してから少しだけ近付いて、今回の騒動であんな感じかな?」
シュネー「進んでるじゃないですか!!」
ピーチ姫「Exactly!」

 シュネーの反応に発音よく答えるピーチ姫。

サンドリヨン「と、とにかくラピュタが一番です!」
トクマ「いや、もののけ姫だ!」
アシェンプテル「何をしている……油を売ってないで作業をしろ」

 譲らない二人の前に建設作業用の服装――土木着を着たアシェンプテルが現れ、注意する。

トクマ「アシェンプテル! お前はどっちなんだ!」
アシェンプテル「いや、何がだ」
サンドリヨン「もののけ姫かラピュタ……アシェはどっちなんですか!」

 二人の勢いに押され、アシェンプテルは少し考えてから答えた。

アシェンプテル「……もののけ姫」
トクマ「イエス!!」
サンドリヨン「そんな……!?」

 アシェンプテルの答えに大きくガッツポーズをするトクマと頭を抱えるサンドリヨン。その様子を見て、アシェンプテルは少しだけ苦笑する。

サンドリヨン「……なんで……何でですか!!」
アシェンプテル「普通にもののけ姫のストーリーが好きだからだ」
トクマ「これで2対1だな」
サンドリヨン「……むぅ……」
シュネー「いえ、2対2です!」

 トクマとアシェンプテルの前にシュネーが滑りながら登場した。

サンドリヨン「シュネーヴィッツェン!」
シュネー「お姉さまがピンチなら私は駆けつけます……それに……私は(お姉さまが
)大好きです!!」
サンドリヨン「シュネーヴィッツェン……私も(ラピュタが)大好きですよ!」
アシェンプテル「……おい。何か違和感があるんだが……具体的には食い違いが……」
トクマ「いつもの事だから気にすんな」
アシェンプテル「いつもなのか!?」

 何故か百合空間が展開されて戸惑うアシェンプテルだが、トクマの言葉に驚く。

ゼルダ「みなさん。昼ご飯が出来たので休憩にしませんか?」
ドレディア「ディーアー!」
マスターハンド「時間もちょうどいいね。みんなー! 昼ご飯にしようかー!」
全員「はーい!」

 マスターハンドの言葉に全員が作業を中断して昼食をとろうと動く。

サンドリヨン「いきましょう。アシェ」
アシェンプテル「……あぁ、わかった」
トクマ「……」

 その様子を見てサンドリヨンはアシェンプテルに手を伸ばし、マスターハンドのところまで引っ張っていった。シュネーは後から二人を追いかけ、トクマはサンドリヨンとアシェンプテルを見つめる。

 ……サンドリヨンとアシェンプテル……似て非なる二人だけど一つだけ共通点があった……

 ……“孤独を嫌う”……サンドリヨンは誰かを護る為に孤独を背負いながら戦い、アシェンプテルは居場所を求めて孤独に苦しみながら戦い続けた……

 ……もしかしたら、シンデレラの願いは……本当の願いは王子との結婚でもなく、義理の姉への復讐を果たすことでもなく、ぶとうかいに行く事でもなく……

サンドリヨン「トクマさん! 早く食べましょう!」
アシェンプテル「急がないとなくなるぞ」
シュネー「ドレディアちゃん。これも食べていいですよ」
ドレディア「ディアー!」
トクマ「オレの分をドレディアに渡すんじゃねぇぇぇ!!」

 ……心許せる誰かと一緒に、ご飯を食べる事じゃないだろうか……そう思っても、バチは当たらないだろう……

 そう思いながら、トクマはマスターハンドの所まで走り始めた。

 お茶をイッキ飲みし、喉を潤したトクマにサンドリヨンがよそったご飯を渡した。

サンドリヨン「どうぞ、トクマさん」

 シンデレラは、今日も輝く笑顔を見せていた。


 あとがきがあるので、しばらくお待ちください。

あとがき ( No.291 )
日時: 2017/09/21 20:48
名前: トクマ


 〜あとがき〜

 どうもみなさん。トクマです。

 今回で『動乱! アナザーキャスト編』は終わりました……この話を書き始めたのは序章の6月19日……3ヶ月近くも書いたこの話が無事に終わってホッとしました。

 アナザーキャストをスマブラにどうやって絡ませようと考えた結果、サンドリヨンメインの話を書こうと思い付いて書き始めたのが始まりでした。

 まぁ、その段階で恋罵女こいばなという謎のパワーワードが生まれてしまったのですが……

 ちなみに、今回出てきた『マグス・クラウン』はワンダーランドウォーズというゲームで新しく出たキャストです! 声優は仮面ライダー電王のリュウタロスやおそ松さんのイヤミを担当している鈴村健一さんです! ミステリアスなキャラのイメージがピッタリでした! え、キャラ性能? ……クセがあるね。

 これからはアナザーキャストも愉快な日常に巻き込まれます(笑)。他のキャストも隙あらば乱入させるスタンスでごぜぇます!

 長々となりましたがこれにて、あとがきを終わらせていただきます。ここまで読んでくださった読者の皆さま。本当にありがとうございました!

 これからも『すばらしきスマブラの日常(笑)』をよろしくお願い致します!!


 ありがとうございました! コメントや感想OK!!

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.292 )
日時: 2017/09/23 20:50
名前: YUMA

ユマです。久しぶりなのと、

ジブリの名作はトトロだと思います。昔飽きる程録画見てました(世代的に)

で、では本題。サンドリヨンのアナザーキャストの件は決着ですか。こういうifの自分をどうするかが問題でしたからね。

及び、あのクリスタルでも書き換え出来ない例外を知らなかった事が敵側の大誤算に繋がった訳ですからね、運が良かったというべきか。

*後、写真どうぞ。あのキノコの件です。その後、サンドリヨンに好評だったのかルリマイタケを3パック程購入して持ち帰りしたとの事。

つトクマさん、あのルリマイタケのキノコソテー食べて悶絶してる

つその近くでサンドリヨン、トクマさんが食べてたのと同じキノコソテーをもきゅもきゅしてる。美味しかったそうだ。

真相は後日で。

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.293 )
日時: 2017/09/24 19:13
名前: ゆめひめ

ゆめひめです。

遂にアナザーキャストとの戦いに終止符が打たれましたか・・・
アシェンプテル・・・彼女がサンドリヨンを襲ったのは「サンドリヨンの様に孤独じゃなくなりたい」からだったんですね・・・ただ、共にいる仲間が欲しかったのですね・・・でもこれからはサンドリヨン達ファイターがいる。(変人ばかり(失礼)だけど)共にいる仲間がいるから、彼女たちももう大丈夫ですよね・・・

そしてその裏にはどうやらマグスとかいう奴が真の黒幕だったということですか・・・アシェンプテルの弱い心を利用するとは、今後も油断できないような奴になりそうです・・・


あ、あとトクマさんとサンドリヨンの距離が近づいたことに微笑ましいと思いました♪
ちなみにあたしはジブリは魔女宅派だ!!
ルキナ「何言いますか!!ジブリと言えばトトロでしょうが!!」
リョウマ「違う!紅の豚だ!!俺はトクマさんに味方する!!」
ライアン「じゃあ僕はラピュタ派なんでサンドリヨンさんに味方しますね」
レオン「作者!諦めたらダメだ!!今からでも遅くないから魔女宅派を増やそう!!」
烈「何おう!!俺らだって既にレトリーとアーミーとばあちゃんを誘って千と千尋派を増やすんじゃああああ!!!」
マルス「うん、とりあえずまずはジブリ論争をやめようか」←ちなみにこいつはゲド戦記派


というわけでアナザーキャスト編お疲れさまでした!今後もトクマさんの作品を楽しみにしております!!
それでは!

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.294 )
日時: 2017/09/25 22:26
名前: トクマ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7/index.cgi?mode


 コ、コメント返しなんだな。

シュルク「山下先生!?」


 >YUMAさん

 お久しぶりです。そして感想ありがとうございます。

 トトロも良いですよね。幼い頃に何度も見ました。

 そうですね。今回の勝敗を分けたのはクリスタルの特性をアナザーキャスト側が把握していなかった事ですね。

 それと、ルリマイタケはサンドリヨン達が美味しく食べました。シュネーはトクマが食うと拒否反応を起こすと知った瞬間に食わせに来ました。
 

 >ゆめひめさん

 感想ありがとうございます。

 これから先、アシェンプテル達アナザーキャストも日常に巻き込ま――生け贄になります。

アナザーキャスト全員「何故言い直した!?」

 そして、その裏で暗躍する影……黒幕がどうスマッシュブラザーズと交差するのか……楽しみにしてください!

 あ、トクマとサンドリヨンはどうなるかは楽しみにしてください。って、そっちもジブリ論争しちゃったよwww

トクマ「リョウマさん……オレはもののけ姫派です……紅の豚はピーチ姫です」


 ……実を言うと、アナザーキャスト編は余談みたいなモノを出そうか考えています……出せなかったネタがあるので……

 それでは!!


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。