二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

すばらしきスマブラの日常(笑)
日時: 2018/12/17 20:53
名前: トクマ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=64

   開設日:2016/03/26 11:09

 画面の前のみなさま初めましておはこんばんちは。トクマと言います。

 このスレでは、トクマの分身とも言えるオリキャラを中心にクロスオーバーで扱うあらゆるキャラ達との日常でもあり非日常の文を思い付くまま気の向くままに書いていきます。小説カキコ初心者ゆえに未熟で満足出来ない所もあるかと思いますが何卒よろしくお願い致します。

〈注意事項〉
・トクマには文才がないので所々文章がおかしかったり訳がわからなかったりするかもしれません。予めご了承ください。
・完全な俺得オリジナル設定が盛り沢山です。キャラ設定や世界観設定は随時アップしていきます。
・キャラ崩壊やメタネタ、パロディやクロスオーバーなどが普通に出てきます。その為『このキャラダレだ?』や『こんなキャラじゃないのに!』と思われます。
・時折カプ要素出てきます。基本的にNLが多いですが、時としてBLネタが出てくるかもしれません。
・キャラは初代から最新作までほぼ全てのキャラがいる前提で話を進めています。また、キャラによっては出番が多かったり少なかったりします。ご容赦下さい。
・小説の感想やコラボ、キャラの貸し出し申請やキャラや世界観の質問はいつでも大歓迎でございますが、誹謗中傷や他の閲覧者の迷惑になるような書き込みはやめてください。


※目次や注意事項やキャラ設定は随時更新及び修正していきます。


   【もくじ】

 【世界観等々の設定資料】 >>1


 『〜スマブラ長編〜』
【これが日常ですけどなにか?】
本編 >>2-3 >>4-5 >>6-7 >>8-12
オマケ >>13

【リアル動物ごっこ(笑)】
本編 >>14-15 >>16-17 >>18-20
オマケ >>21-22

【マスターハンドのワクワク☆発明品】
本編 >>137-139 >>145-148 >>156-158
オマケ >>140 >>159

【混沌の宴! その名はオトーリ!!】
本編 >>167-169 >>177-179 >>189-192
オマケ >>170

【ワタボーハザード】
本編 >>300-302 >>310-313 >>325-327

【真っ赤なXマス】
本編 >>349-351 >>354-357 >>365-368

【未知なるニューステージ!】
本編 >>374-377 >>385-389
オマケ~変隊とは?~ >>390


 『〜スマブラ大長編〜』
【覚醒・ドルピック島編】
予告編 >>23
準備 >>29-30
一日目 >>39-41 >>47-50
二日目 >>56-58 >>65-68
三日目(前編) >>75-77 >>83-85
三日目(後編) >>94-99 >>106-109
オマケ >>86
あとがき >>110

【激闘!アナザーキャスト編】
序章 >>193
黒いシンデレラと金色猿と闇乳首 >>196-198
別の自分とゆるキャラと衝撃発言 >>206-208
ラーメンと恋罵女と思い出 >>215-217
アラジンとガチ泣きと弱音 >>222-224
逃走と闘争と回想 >>231-233
復帰と侍と母の言葉 >>238-240
死闘と切り札と悪童と姫騎士 >>254-257
変隊創設者と心と拳 >>280-282
私と俺とシンデレラ >>288-290
オマケ >>225
あとがき >>291
エピローグ・A >>297


 『〜スマブラ短編〜』
作者とスマブラメンバーで銀魂パロ >>24
2017年バレンタイン短編小説集 >>123-124
スマテスト >>249
スイカは割るより切る方が美味い >>260-262
世にも奇妙な怪談☆話 >>265-268
トクマ版改変コピペネタ集 >>272
2017年のハロウィン事情 >>334-335
グダグダな日常小話 >>339-340


【スマブラの日常(笑)〜エピソード0〜】
彼らとのファーストコンタクト >>117-118
彼らとの親交会(という飲み会) >>130-131
彼らとの共通点 >>243-244
彼らとの分岐点 >>320-322


 《タグ》
 スマブラ とある魔術の禁書目録 ストリートファイター ワンダーランドウォーズ クロスオーバー NL キャラ崩壊 裸族 変隊創立本部 変隊

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.185 )
日時: 2017/06/15 22:32
名前: 抜間さん

こっちではお久しぶりです、抜間さんですー。なかなかこっちでコメントが出来なくてすみません;こちらはやっとこさ新しい小説を掲載してひと段落ついた所です。ノマカプって難しい…。
さて、そちらは作者さんやそのキャラを招いた飲み会ですか。まあ、飲み会は飲む量さえ加減すれば親睦を深めるのにはもってこいですからね〜…ってすいません、飲み会でオトーリ勃発とか嫌な予感しかしないんですがwwwしかもあちこちでツッコミ所満載なことになってるしwww正に「酒は飲んでも呑まれるな」じゃないですかーやだーwww

ピーチ「ちょwww私が知ってる公平の取り方と違うんだけどwww全員公平をとってキツい酒ってもはやいじめじゃないのwww」
ブラピ「しかもよりによって注いだのがスピリタスwwwそっちのマリオとリンクとゆめひめさんのルキナ(と、挑発に乗ったジェローム)記憶飛ばす気まんまんじゃねーかwwwルイージに至っては消毒液出してきたよオイwww」
マリオ「しかも一部口上が欲望丸出しだなwww黒子とシュネーは欲望丸出しだし婚活おばさんはそれ合コンでやれやwww」
オリマー「あの、あっちの世界の飲み会はハードすぎやしませんか…これ、絶対どこかしらでとんでもないことになりますよ;」
リンク「これ、みんなが酔いから冷めた後でまた一騒動起きそうで怖いな…;あと、今更ながらそっちの俺ってこっちのマリオみたいなノリなんだな。結構ボケるし」
マリオ「まあ確かに、おふざけ要素が入るお前って割と貴重だよな。俺はどの世界でもおちゃらけてるイメージがあるし場所によっては裸族になってるしwww」
ルフレ「俺はそっちの俺に心底同情するんだが…(遠い目)」

宴会が本格的に始まったばかりだというのに既にカオスが巻き起こってますなこれwwwしかしこの宴会はまだ続くんですよね。しかも明らかにみんな酔いが回ってるだろうしメンバーもメンバーだから確実にこの後あかんことになりますな…とりあえずレイトリベンジ…じゃなかったトクマさんとそっちのルフレ、生きろ。

ルフレ「さりげなくトクマさんにとどめを刺そうとするのはやめろ」

それでは−。

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.186 )
日時: 2017/06/17 00:58
名前: のりは

こちらでは初めまして、のりはです。
えー…
カオスですね。
マリオ「一言で終わらせようとするんじゃない」
だってしょうがないじゃーん!?
ヨッシー「真面目にやれ」
はい、すみません。
アルコール度数96ってそれ飲めるんですかね…?(アルコール5%の500ml缶チューハイ一本で酔っぱらうクソザコ並感)
マリオ「ちなみにスピリタスって本来は果実酒作ったり医療に使うのが普通らしいぞ」
アカン(あかん)
ドンキー「ルイージもドッキリとはいえ消毒用アルコール飲もうとすんなよ!?」
キレるツボもおかしいし…www
婚活おばさんは合コン行って、どうぞ
そして黒歴史晒し…誰にでもそういう時期はありますよ、うん
ヨッシー「ドンマイですよレイトリベンジさん」
ドンキー「おいやめろ」
なんか次回はもっとすごいことになってそうですねwww
それではこの辺で失礼します。

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.187 )
日時: 2017/06/17 23:22
名前: トクマ

 コメント返ししてもいい? 答えは聞かないけど!!

ルフレ「何故、質問した」



 >ブックマーカーさん

 スペリタスです。そんなウルトラマンの必殺技に出てきそうな名前じゃありません。


 >ゆめひめさん

 感想ありがとうございます。改めてまとめてくれた感想を見るとカオスですねwww

トクマ「カオスだろ……だが、これでもまだレベル90以下なんだぜ」
ルフレ「次回が恐ろしい……」

 次回はゆめひめさんの思ってる不安が現実になります。

トクマ&ルフレ「おいコラ」


 >YUMAさん

 お久しぶりでございますYUMAさん。

 お酒には個人の好き嫌いがありますからね……かくいう私もお酒はあまりアルコールが強くないヤツを好みます。

マリオ「なら、なんで強くなったんだ?」

 ……そりゃ、アンタ達みたいな人外魔境に放り込まれたらイヤでも変化するだろ……

 エグゼイドも楽しみですね。社長のコンティニューは笑いましたwwwあれは卑怯だwww映画でもあの土管が出てくると思うとさらに笑ってしまいますwww


 >晴哉さん

 帰ってきたよぉぉぉぉぉぉ晴哉さぁぁぁぁぁぁぁん!!

リンク「ノラなくていい!!」

 まぁ、感想の方へ……やはりルイージのアルコール消毒液は退かれましたか……冗談でもヤバイのでよい子も悪い子もやっちゃ駄目だよ。晴哉さんも黒歴史を……お互い大変ですね……

 妖夢と影無の安否は今のところ大丈夫ですね。幽々子さま? あの人は余裕で平気です。次回も楽し――ちょwww戸愚呂弟はアカンよwww笑ってもうたwww


 >八雲(元BFD)さん

 は、初めまして八雲さん!

 八雲さんの『笑ってはいけない警察隊24時』は見ましたが笑いましたねwwwとどめ刺しに行った所が特に笑いましたよ。

 へぇ、グリムノーツというゲームがあるんで――そちらの赤ずきんが壊れたぁ!? あ、でも仕方ないですよね……あんなのがいたら世紀末になりそうですし……

スカーレット「でも、お婆様は優しいから怖がらなくていいのよ?」
トクマ「お前はそうでも、こっちは昔にひどい目にあったんだがな」

 おぉ、銀魂パロですか……後で見させて頂きます!


 >抜間さん

 お久しぶりです抜間すぅわぁぁぁん!!

全員「うるさっ!!」

 久しぶりにこちらの感想をカキに来ていただけるとは……こちらは何時でも待っていますよ!!

 こちらの飲み会はカオス直行便ですからねぇ……こんな何回も続いてるみたいで彼らはハジケる為に飲んでるみたいですよwww流石にルイージの消毒液はアカンけどwww

 欲望に忠実なのは私のスレならではの名物にするつもりです!

全員「絶対にやめろ!!」

 次回はカオスレベルが上がってさらに酷くなります……お楽しみに!!

トクマ&ルフレ「……不安しかねぇよ」


 >のりはさん

 こちらでは初めましてのりはさん!

 感想は短くても大丈夫ですよー(笑)

 やめてヨッシー! トクマのライフはもうマイナスよ(笑)!!

 次回はさらにカオスになりますのでご注意おー(笑)


 たくさんの感想ありがとうございましたぁぁぁ!!

深雪乃「ねぇ、あたし不名誉ネームが定着してるんだけど、どう思うよレイトリベンジ?」
トクマ「諸行無常だ婚活おばさん」
深雪乃&トクマ「……」(さめざめと泣く)
ルフル「……泣くぐらいなら言わなきゃいいのに……」


 ただいま制作中!

 

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.188 )
日時: 2017/06/18 00:27
名前: ブックマーカー
参照: http://nazr.in/ZFs

>>187
ストロー「・・・すまん、お酒の名前を間違えてしまったようだ。」

混沌の宴! その名はオトーリ!! ( No.189 )
日時: 2017/06/18 22:21
名前: トクマ

 みなのもの、ま た せ た な!!

 今回で飲み会もといオトーリは終わりですが、カオスレベル98でお送りいたしまぁぁぁスゥ!!



 とある部屋の前でトクマ、ルフレ、キリト、中原、レオナルド、ロランの六人が待機していた。

トクマ「……トイレに行ってる当麻を除けば全員いるな」

レオナルド「では、おさらいします。僕の能力と酒に対して強い耐性を持ったエゴさんの情報によると酔った人達は現場から三部屋が蒸気で隔離されてるそうです」
キリト「入る前にマスターハンドに貰った酔い止めを飲んでくれ」

 赤いカプセル状の薬を周りに見えるようにキリトは見せる。その薬を見て反応した全員を飲み終わったと肯定する。

トクマ「……準備はいいな? 全員気を引き締めてくれ」

 トクマの言葉に全員が魔境に足を踏み出すような覚悟を決めた。

ルフレ「……行くぞ……」

 ルフレの言葉とともに扉が開く、最前列で扉を開いたルフレの視界に真っ先に入った光景は――









































ルフル「観客のみっなさ〜ん! ルッフルフでぇ〜すか〜? 私はぁ〜今日もルッフルフだ〜ぞ!! キャピ♪」

 黙ってそっと閉めた。

ルフレ「……」
中原「どうした?」
ルフレ「……凄い違和感が……」

 あまりの光景に目頭を抑えるルフレ。

 まぁ、扉を開けたら実の妹が無表情でアイドル口調になってたら、そんな反応をするわな。

トクマ「何をわけのわからん事を」

 ルフレの言葉に首をかしげたトクマが扉を開ける。さっきとは違ってルフルではなく美琴がいた。

美琴「ピッピカチュー、ピッピカチュー、ピッピカピカピカピッピカチュー! チャー!!」

 ただし、カオスに汚染されていた。

 ピカチュウの耳カチューシャを着けた美琴がハジケていた事にトクマは静かに扉を閉め、目頭を抑えた。

トクマ「筆舌に尽くしがたい」
ルフレ「だよな……」

 トクマの心から絞り出した言葉に同意するルフレ。予想より酷い光景に戸惑うメンバー達。どうやって乗り越えるか考え始める。

中原「……少しだけ事態を軽く見てたが、予想より重いな……」
ロラン「……どうします?」
ルフレ「これ以上踏み込むのは危険だ。他の所に行くぞ」

 ルフレの言葉に全員が頷き、全員が次の部屋に行こうとした瞬間――

当麻「お前らどうしたんだよ? 早く助けに行くぞ」

 当麻がトイレから帰ってきた。事情を知らない当麻は周りの制止を振り切り、扉を開けた。

ルフレ「<●><●>」
美琴「<●><●>」
当麻「ッ!?」

 扉を開けた瞬間にドアップでルフルと美琴がこちらを見ていた。あまりの事に硬直した当麻をルフルと美琴が捕まえて部屋に引きずり込もうとする。

ルフル「何見てるんですかぁ〜?」
美琴「こっちに来なさいよぉ〜」
当麻「ちょ、やば、誰か助け――」

 目が据わった二人に恐怖を抱いた当麻がメンバーに助けを求めようと振り替えったら、全員がダッシュで当麻から離れていた。

当麻「おいコラァ!! 上条さんを見捨てるな!!」
ルフレ「見捨てていない。お前なら大丈夫と判断してサクリファイスしたんだ!!」
当麻「サクリファイスを選ぶ時点で見捨ててるよな!!」
トクマ「当麻、お前の勇姿は今晩だけ忘れない! 成仏してくれ!!」
当麻「少しはオブラートに隠せ!!」

 包み隠さない二人の本音にツッコミをいれる当麻だが、抵抗むなしく部屋へと引きずり込まれた。

当麻「アァアァぁァァァァッ!?」

 当麻の断末魔を最後に扉がバタン、と重い音を鳴らして閉じた。

 その光景にメンバーの数人が冷や汗を流す。

トクマ「……惜しいヤツが犠牲になったが、後退の道はもうない」
ルフレ「その分まで俺達が戦おう」

 トクマとルフレの言葉に全員が重い足取りで次の部屋の扉に向かった。

トクマ「次は誰だ……鬼が出るか蛇が出るか……」

 扉の取っ手を握りしめたトクマが勢いよく開けた。そこには――




















































深雪乃「大地に咲く……一輪の花! キュアブロッサム!」
トクマ「まさかの声優ネタ!?」

 ――そこには、両手で逆ハート型を作ってから開花のジェスチャーをしてポーズを決めた深雪乃がいた。

 ここで解説だが、深雪乃を担当する声優さんはあの水樹奈々さんである。ちなみに作者は雪女つながりで堀江由衣さんが声優に来るかと思っていた。

深雪乃「知ってしまいましたね……」
キリト「しまった、バレた!」
深雪乃「私……堪忍袋の緒が切れました!!」
トクマ「やかましい! テメェはプリキュアをやめて青空レストランのナレーションでもやってろ!!」
ルフレ「お前も落ち着け! 声優ネタになってるぞ!」
ロラン「段々、メタになってきたな」

 自重を知らない深雪乃の声優ネタに少しだけキレ気味に対応するトクマ。収集がつかなくなりそうになった時にルフレの後ろから何かが突進してきた。

ルキナ「るふれしゃ〜ん」
ルフレ「ごばぁっ!?」

 ルキナだ。後ろからルキナがルフレの脇腹目掛けて突進してきた。無防備で突撃をくらって小さくないダメージを受けたルフレだが、何とか倒れないように耐える。

ルフレ「る、ルキナ? 酔ってるのか?」
ルキナ「よっちぇにゃいです」
ルフレ「酔ってるヤツの常套句だよな?」

 ルフレがそう言うとルキナが機嫌が悪くなったのか、ふくれっ面になってルフレの服の裾を掴む。

ルキナ「るふれしゃんはいけずでしゅね! いつもわたしをおいちぇ、じぶんだけききぇんにとびこんで……ほんとにいけずです」
ルフレ「……ルキナ……お前の言いたい事はよくわかった……だからオレの服に手をかけて脱がそうとするな」

 訂正。服の裾を掴んだのではなく、脱がしにかかっていた。普段とは考えられない大胆なルキナを見たトクマとキリトは酒の力を恐ろしく思えた。

ルキナ「いやじぇしゅ! とれきょさんにおしえてもらった『るふれふぉうでぃえっくしゅちゃいけん』をたいけんしないとゆるしみゃせん!」
ルフレ「なにそのパワーワード!? あいつのせいかよ!!」

 ルフレ4DX……内容が激しく気になるようなパワーワードだが、トレ子を憎く思いながらルキナの腕力に抗う。しかし、地力の差で徐々に負け始める。

トクマ「……キリト、全員を連れて撤退してくれ」

 その様子を見てたトクマはキリトに部屋から撤退の指示を出すようにお願いし、その命令に全員を連れて部屋から撤退したキリトを確認したトクマはルフレに背を向けて部屋から出ようとする。

ルフレ「トクマ……後は頼んだ」
トクマ「……わかった……彼女を精一杯甘えさせろよ」
ルフレ「彼女言うな!! しまっ――」

 部屋から去るトクマにルフレは後を託し、トクマはルフレに一言だけ言って部屋から出て扉を閉める。その際に部屋から聞こえる声をBGMに黙祷する。

『るふれしゃ〜〜〜ん!!』
『上着の裾から入ってくるな! オレの声を聞け!』
『いやでしゅ! ぜったいにはなしましぇん!』
『くっつくな! 抱き締めるな! 臭いを嗅いで腹部に直接頬擦りするなぁァァァァァァァ!!』
『一番、深雪乃! 歌を歌います! 聞いてください……禁断のレジスタンス』

 相棒とも言える仲間の別れに心の中で敬礼し、扉が完全に閉じた。

 上条当麻? 彼は自業自得です。

トクマ「……次に行こう」

 扉が閉められても聞こえる深雪乃の中の人が歌う『禁断のレジスタンス』を聞きながらトクマ達は次の部屋へと向かった。


 まだ続くかなコメントはまだだよ!


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。