二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

すばらしきスマブラの日常(笑)
日時: 2018/12/17 20:53
名前: トクマ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=64

   開設日:2016/03/26 11:09

 画面の前のみなさま初めましておはこんばんちは。トクマと言います。

 このスレでは、トクマの分身とも言えるオリキャラを中心にクロスオーバーで扱うあらゆるキャラ達との日常でもあり非日常の文を思い付くまま気の向くままに書いていきます。小説カキコ初心者ゆえに未熟で満足出来ない所もあるかと思いますが何卒よろしくお願い致します。

〈注意事項〉
・トクマには文才がないので所々文章がおかしかったり訳がわからなかったりするかもしれません。予めご了承ください。
・完全な俺得オリジナル設定が盛り沢山です。キャラ設定や世界観設定は随時アップしていきます。
・キャラ崩壊やメタネタ、パロディやクロスオーバーなどが普通に出てきます。その為『このキャラダレだ?』や『こんなキャラじゃないのに!』と思われます。
・時折カプ要素出てきます。基本的にNLが多いですが、時としてBLネタが出てくるかもしれません。
・キャラは初代から最新作までほぼ全てのキャラがいる前提で話を進めています。また、キャラによっては出番が多かったり少なかったりします。ご容赦下さい。
・小説の感想やコラボ、キャラの貸し出し申請やキャラや世界観の質問はいつでも大歓迎でございますが、誹謗中傷や他の閲覧者の迷惑になるような書き込みはやめてください。


※目次や注意事項やキャラ設定は随時更新及び修正していきます。


   【もくじ】

 【世界観等々の設定資料】 >>1


 『〜スマブラ長編〜』
【これが日常ですけどなにか?】
本編 >>2-3 >>4-5 >>6-7 >>8-12
オマケ >>13

【リアル動物ごっこ(笑)】
本編 >>14-15 >>16-17 >>18-20
オマケ >>21-22

【マスターハンドのワクワク☆発明品】
本編 >>137-139 >>145-148 >>156-158
オマケ >>140 >>159

【混沌の宴! その名はオトーリ!!】
本編 >>167-169 >>177-179 >>189-192
オマケ >>170

【ワタボーハザード】
本編 >>300-302 >>310-313 >>325-327

【真っ赤なXマス】
本編 >>349-351 >>354-357 >>365-368

【未知なるニューステージ!】
本編 >>374-377 >>385-389
オマケ~変隊とは?~ >>390


 『〜スマブラ大長編〜』
【覚醒・ドルピック島編】
予告編 >>23
準備 >>29-30
一日目 >>39-41 >>47-50
二日目 >>56-58 >>65-68
三日目(前編) >>75-77 >>83-85
三日目(後編) >>94-99 >>106-109
オマケ >>86
あとがき >>110

【激闘!アナザーキャスト編】
序章 >>193
黒いシンデレラと金色猿と闇乳首 >>196-198
別の自分とゆるキャラと衝撃発言 >>206-208
ラーメンと恋罵女と思い出 >>215-217
アラジンとガチ泣きと弱音 >>222-224
逃走と闘争と回想 >>231-233
復帰と侍と母の言葉 >>238-240
死闘と切り札と悪童と姫騎士 >>254-257
変隊創設者と心と拳 >>280-282
私と俺とシンデレラ >>288-290
オマケ >>225
あとがき >>291
エピローグ・A >>297


 『〜スマブラ短編〜』
作者とスマブラメンバーで銀魂パロ >>24
2017年バレンタイン短編小説集 >>123-124
スマテスト >>249
スイカは割るより切る方が美味い >>260-262
世にも奇妙な怪談☆話 >>265-268
トクマ版改変コピペネタ集 >>272
2017年のハロウィン事情 >>334-335
グダグダな日常小話 >>339-340


【スマブラの日常(笑)〜エピソード0〜】
彼らとのファーストコンタクト >>117-118
彼らとの親交会(という飲み会) >>130-131
彼らとの共通点 >>243-244
彼らとの分岐点 >>320-322


 《タグ》
 スマブラ とある魔術の禁書目録 ストリートファイター ワンダーランドウォーズ クロスオーバー NL キャラ崩壊 裸族 変隊創立本部 変隊

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.163 )
日時: 2017/04/25 20:17
名前: No@h  


サンプルボイス送っておきますー。


椛祢かばね
基本ローテンション。
穏やかで日和見主義。お酒は強くない。


「私は椛祢。刀剣男士たちを束ねる者であり、歴史を変えようとする不届き者に天誅を下す者。……なんて、かっこいいこと言ってるけど、なーんにもできないただの一般人だよ。」

「加州ー!世界一かわいいよー!!」

「はいはい。2人ともケンカしないの。」

「安定、ふだんの温厚さどこに置いてきたの……;;」


>>加州清光
「かっこいい」より「かわいい」と言われたい椛祢の初期刀。
女子力高い。安定は相棒兼ケンカ友達
お酒は普通くらい。

「加州清光、はいりまーす!!」

「見て主!これめっちゃ可愛くない!?」

「あ゛??誰がブスだって???」

「ちょwwwなんで裸賊出てきたしwwwww」


>>大和守安定
浅葱のだんだら羽織りを着た女顔の男性
加州とは相棒兼ケンカ友達。
お酒は強くザルである

「あー、はいはい。主も清光も落ち着いてよ。」

「うん、これイケる。」

「人の酒飲めないのかよ?ブス。」

「首落ちて死ね!」



以上でいいですかね?
他に追記必要だったら言ってくださいーノシ

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.164 )
日時: 2017/04/25 20:24
名前: 黒猫δ

どうも、黒猫δです

裸族wwwシュルクがみた未来は裸族乱入でしたかwww
薙刀ってなんぞ、シリーズものかよwww

大事なものを汚されて切れるのは仕方ないです、裸族、そこは注意しよう……


黒猫δ「まぁ、節度を守っていただければ、オールOKだと思います」

サムス「そうなのか。……まぁ、私も気にしないが」

フロイト「感じ方は人それぞれじゃないかな?」

エゴ「……そういや、飲み会ってなにか持ってったほうがいいか?それならこれ持ってくか……」(アルトか作った唐揚げ(鶏肉、魚))



コメント失礼しましたm(__)m

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.165 )
日時: 2017/04/25 21:04
名前: 黒猫δ

重ね重ねすみません、再度、黒猫δです。

中原のサンプルボイスです


「俺は中原中也だ。ヨロシクな」

「…太宰のやつ、またサボったのか…」

「だから、俺はチビじゃねぇよ!!」

「汚レチマッタ悲シミニってな!!」(異能力発動時)


すみませんm(__)m


Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.166 )
日時: 2017/04/29 12:55
名前: トクマ

 コ・メ・ン・ト・返しッ!

シレネッタ「チョコレートディスコ風に言わないの」


 >No@hさん

 サンプルボイスありがとうございます。

 刀剣乱舞はあまり知らないので、助かりました。


 >黒猫δさん

 感想ありがとうございます。

 あるんですよそんなシリーズが(震え声)

 FEでネタ武器かと思ったら地味に有用だったので、裸族に使わせてみました……ブームがくるか?

トクマ「こねぇよ」

 彼にとって大切なモノですからね……いや、節度を守ればセーフなのか?

 それと飲み会は手ぶらで構いません……酒を飲まないグループにはジュースとかを用意しておりますので……

 サンプルボイスありがとうございます!


 小説に関しては、早ければ今日か明日、遅くても火曜日までには更新できます!!

混沌の宴! その名はオトーリ!! ( No.167 )
日時: 2017/04/30 20:41
名前: トクマ

 お待たせしました! さぁ、始めようかぁ!!(愉悦)


 乱闘フィールド――ハイラル城にて四人のファイターが戦っていた。

ルフレ「サンダー!」
当麻「よっと!」

 ルフレは魔導書の魔法を唱えて牽制しつつ、魔法を打ち消しながら近付く当麻を警戒して剣を構える。

トクマ「ハッ! セイ!!」
キリト「……ふっ……フッ……!」

 キリトは持ち前のスピードでトクマを撹乱しつつ、手数の多さでダメージを与えていく。トクマもキリトのスピードに対応しようにも若干遅れている。

 そして隙が出来たトクマにキリトは強スマッシュを打ち込もうとして――

『乱入者出現! 乱入者出現! New Challenger!!』

 突然の放送に動きを止めた。ルフレと当麻も何事かと周りを見渡す。

キリト「乱入者?」
???「汚レチマッタ悲シミニってな!!」

 キリトが首をかしげると空間に声が響き、その瞬間に身体が鉛のように重くなった。まるで上から巨大な何かに押さえ付けられるように四人は地面に倒れた。

当麻「……トクマ!」

 一人を除いて、上条当麻に宿る『幻想殺し(イマジンブレイカー)』によって自分達に襲いかかった能力を打ち消した当麻が三人の拘束を左手で触れて壊していく。

???「解かれた……チッ……太宰と同じ能力か」

 遠目で見てた人影は当麻の能力を見て、どこかイラつくような様子を見せた。すると一人の周りに風が集まり、風が弾けて姿形が変わった。

???「……なるほど……あれが例のハスターか」
トクマ「そこか! ハスタァァァ……」

 納得しているとトクマは呟く人影を見つけ、声とともに目が光輝いて――

トクマ「ウィィィンクゥゥゥ!!」
???「あっぶね!?」

 ――目からビームを放った。

 漫画のような技だがそのスピードは意外に速く、急いで避けた人影は自身の頬をかすった。ビームがかすった頬は焼けたようなヒリヒリする痛みを感じる。

???「話に聞いてた拡散と散弾の二つとは違う集束か……範囲は狭くなるがその分スピードと威力が強化され――」

 一人納得していると人影は気配を感じて蹴りを繰り出して防いだ。蹴りの先には変身を解除して素早く接近し、蹴りを繰り出したトクマがいた。

トクマ「足、強っ!」
???「奇遇だな。テメェと同じ、脚力には自信があるんだ」

 トクマが悪態をつけると人影――マフィアのような姿をした男性が押し返し、トクマはバックステップで男性から離れる。

トクマ「つか、アンタ誰だ!」
???「あー……黒猫を知ってるか?」
トクマ「黒猫……黒猫δさんのことか!」
中原「そうそう、俺は中原中也だ。ヨロシクな……ついでにお仲間は戦闘中だ」

 マフィアのような姿をした男性――中原中也の言葉に後ろを振り返る。そこには自分の仲間達が知らない人物と激闘していた。

影無「斬影剣『鋼一閃』」
キリト「スターバーストストリーム!」

 キリトは和風の服装を着た刀の青年と斬りあいを繰り広げ――

ルフレ「魔法を斬るなんざデタラメだろ……」
妖夢「妖怪が鍛えたこの楼観剣に、斬れぬものなど……あまり無い!!」
ルフレ「そこは嘘でも無いって言おうぜ」

 ルフレは魔法を斬った少女に苦笑しながらも警戒を緩めないで構え――

ジェローム「チマチマ攻撃してんじゃねぇ!」
当麻「武器に対してこっちは素手なんだよ! 上条さんには不利なんでせう!!」

 当麻は……当麻は……その……武器を持った青年にヒットアンドウェイを繰り返しながら地道にダメージを与えている。

中原「……本気で来い……じゃないと負けるぜ?」
トクマ「……振り切るぜ」

 中原の言葉にトクマは生半可な敵じゃないことを認識し、勝つ為に地面を駆けていった。






     ――\シャーンナロー!!/――







 場所は変わってスマブラ館内にある来客室。そこにはマリオの姿と他の作者様の姿が見える。

マリオ「此度の件、募集に応じてくれて心より深く感謝する」

 作者様に対してマリオはいつもとは違う空気を出しながら深々と頭をさげる。

ルキナ(ゆ)「いえいえ、そんな大層にしなくていいですよ。軽い方が話しやすいですし」
マリオ「それでも……言わせてもらいたい……」

 ゆめひめさんのルキナが言うもマリオは頑なに否定して頭をもう一度さげた。

マリオ「モケーレ・ムベンベ……」
ロラン「真剣な空気でおふざけするなよ」

 訂正、いつものマリオだった。どこの世界にネッシー似の未確認生物の名前で感謝するおバカがいるのだろうか……すまない……ここにいた。

マリオ「まぁ、せっかく来たからゆっくりしていくと良い……椛祢って言ったっけ? そんな固くならなくても肩の力を抜いて構わないぞ……てか、自分がやってきた事はオレよりすごい事だから自信持ってもいいが……」
椛祢「えと……私は刀剣男士たちを束ねる者であり、歴史を変えようとする不届き者に天誅を下す者……なんて、かっこいいこと言ってるけど、なーんにもできな いただの一般人ですよ」
マリオ「謙遜しなくていいぞ、それを束ねる器と弱さを自覚できる強さがないと刀剣男子ってヤツはお前は着いて来ないだろ……人望も力の一つだ」
加州「そうだよ! 主はすごいんだよ!!」

 マリオの言葉に大人しそうな女性――椛祢が自虐に近い事を言うとマリオは即座に否定し、椛祢の隣にいた黒い洋装に身を包んだ『かっこいい』より『かわいい』の言葉が似合う女子力が高い青年――加州清光がマリオに賛同する。

マリオ「ほう、それは楽しみだな……よし加州だっけ? どっちがすごいか古今東西で決めようじゃないか! お題は『ウチの主は○○な所が○○』だ!」
加州「見てて主! 絶対勝つから!!」
椛祢「やらなくて良いよ! 恥ずかしくなるから!!」

 ノリノリで参加しようとする加州に顔を少し赤くしながら椛祢は止めようとする。

大和守「あー、はいはい。清光落ち着いて、周りから温かい目で見られてるから」
No@h「ならば『そっちのドレディアさんとウチのヤミカラスの良いとこ好きなとこ』をお題に古今東西を――」
エゴ「No@hさんも乗らなくて良いから」

 その様子を見て浅葱あさぎ色のだんだら羽織りを着た女顔の男性――大和守安定は苦笑しながら加州清光を止め、刀剣男子三人を連れてきた女性――No@hさんも悪ノリしようとして黒猫δさんのエゴに止められた。

 すると、部屋にノックが響いた。

マリオ「入って構わないぞ」
シュネー「失礼します!」

 マリオの言葉とともに入室してきたのはランス状の槍とリンゴの形をした盾を携えた、黒髪ショートの若い女騎士だった。

ロラン「マリオさん……彼女は?」
マリオ「彼女はシュネーヴィッツェン……分かりやすく言うと童話の白雪姫だ」
レオナルド「白雪姫!?」
幽々子「あらあら、妖夢みたいに可愛い子ね」

 自分達が知る白雪姫のイメージが違ったことに驚く黒猫δさんのレオナルドと晴哉さんの幽々子。

シュネー「無事に全員が目的地であるスマッシュブラザーズ本部に到着致しました!」
マリオ「報告ありがとう。夜まで時間があるから疲れを癒してくれ」
シュネー「はい!」

 シュネーの報告を聞き、休むようにマリオが伝えると部屋にノックが響いて誰かが入室してきた。

サンドリヨン「失礼しますマリオさん。今夜、開催予定の件でおはな……し……が……」

 入室してきたのはサンドリヨンだが、彼女がシュネーの姿を見た瞬間に固まり、シュネーもサンドリヨンを凝視している。










サンドリヨン「……」
シュネー「……」















サンドリヨン「……」(冷や汗が流れる)
シュネー「……」(目を輝かせる)













サンドリヨン「……」(冷や汗が大量に流れる)
シュネー「……」(目を先程より強く輝かせる)



















 まるで蛇に睨まれた蛙のごとく動かない二人――この場合、蛙はサンドリヨンで蛇はシュネーヴィッツェンである――だが、しばらくしてサンドリヨンが行動を起こした。

サンドリヨン「し、失礼しました! ガラスの靴よ、私を運んで!!」
シュネー「私もこれで失礼しました! 待ってください、お姉様ー!!」

 速度上昇の魔法を使って廊下を疾風のごとく駆けるサンドリヨンとその後を追うシュネーの姿に来客室にいた全員が呆然とする。

マーク(女)「……嵐のように去っていきましたね」
エゴ「……クセが強いな」
マリオ「まぁ、今に始まった事じゃないから、ゆっくりしてくれ。もうすぐマスターハンドも帰ってくる」
No@h「そういや、マスターハンドはどこに行ったんですか?」

 エゴとゆめひめさんのマークの反応に苦笑で返すマリオ。No@hさんにマスターハンドの居場所を訪ねられ、マリオは少し考えるような素振りを見せてから答えた。

マリオ「……お説教?」


 続きます! コメントはまだ!!


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。