二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

すばらしきスマブラの日常(笑)
日時: 2018/12/17 20:53
名前: トクマ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=64

   開設日:2016/03/26 11:09

 画面の前のみなさま初めましておはこんばんちは。トクマと言います。

 このスレでは、トクマの分身とも言えるオリキャラを中心にクロスオーバーで扱うあらゆるキャラ達との日常でもあり非日常の文を思い付くまま気の向くままに書いていきます。小説カキコ初心者ゆえに未熟で満足出来ない所もあるかと思いますが何卒よろしくお願い致します。

〈注意事項〉
・トクマには文才がないので所々文章がおかしかったり訳がわからなかったりするかもしれません。予めご了承ください。
・完全な俺得オリジナル設定が盛り沢山です。キャラ設定や世界観設定は随時アップしていきます。
・キャラ崩壊やメタネタ、パロディやクロスオーバーなどが普通に出てきます。その為『このキャラダレだ?』や『こんなキャラじゃないのに!』と思われます。
・時折カプ要素出てきます。基本的にNLが多いですが、時としてBLネタが出てくるかもしれません。
・キャラは初代から最新作までほぼ全てのキャラがいる前提で話を進めています。また、キャラによっては出番が多かったり少なかったりします。ご容赦下さい。
・小説の感想やコラボ、キャラの貸し出し申請やキャラや世界観の質問はいつでも大歓迎でございますが、誹謗中傷や他の閲覧者の迷惑になるような書き込みはやめてください。


※目次や注意事項やキャラ設定は随時更新及び修正していきます。


   【もくじ】

 【世界観等々の設定資料】 >>1


 『〜スマブラ長編〜』
【これが日常ですけどなにか?】
本編 >>2-3 >>4-5 >>6-7 >>8-12
オマケ >>13

【リアル動物ごっこ(笑)】
本編 >>14-15 >>16-17 >>18-20
オマケ >>21-22

【マスターハンドのワクワク☆発明品】
本編 >>137-139 >>145-148 >>156-158
オマケ >>140 >>159

【混沌の宴! その名はオトーリ!!】
本編 >>167-169 >>177-179 >>189-192
オマケ >>170

【ワタボーハザード】
本編 >>300-302 >>310-313 >>325-327

【真っ赤なXマス】
本編 >>349-351 >>354-357 >>365-368

【未知なるニューステージ!】
本編 >>374-377 >>385-389
オマケ~変隊とは?~ >>390


 『〜スマブラ大長編〜』
【覚醒・ドルピック島編】
予告編 >>23
準備 >>29-30
一日目 >>39-41 >>47-50
二日目 >>56-58 >>65-68
三日目(前編) >>75-77 >>83-85
三日目(後編) >>94-99 >>106-109
オマケ >>86
あとがき >>110

【激闘!アナザーキャスト編】
序章 >>193
黒いシンデレラと金色猿と闇乳首 >>196-198
別の自分とゆるキャラと衝撃発言 >>206-208
ラーメンと恋罵女と思い出 >>215-217
アラジンとガチ泣きと弱音 >>222-224
逃走と闘争と回想 >>231-233
復帰と侍と母の言葉 >>238-240
死闘と切り札と悪童と姫騎士 >>254-257
変隊創設者と心と拳 >>280-282
私と俺とシンデレラ >>288-290
オマケ >>225
あとがき >>291
エピローグ・A >>297


 『〜スマブラ短編〜』
作者とスマブラメンバーで銀魂パロ >>24
2017年バレンタイン短編小説集 >>123-124
スマテスト >>249
スイカは割るより切る方が美味い >>260-262
世にも奇妙な怪談☆話 >>265-268
トクマ版改変コピペネタ集 >>272
2017年のハロウィン事情 >>334-335
グダグダな日常小話 >>339-340


【スマブラの日常(笑)〜エピソード0〜】
彼らとのファーストコンタクト >>117-118
彼らとの親交会(という飲み会) >>130-131
彼らとの共通点 >>243-244
彼らとの分岐点 >>320-322


 《タグ》
 スマブラ とある魔術の禁書目録 ストリートファイター ワンダーランドウォーズ クロスオーバー NL キャラ崩壊 裸族 変隊創立本部 変隊

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



マスターハンドのワクワク☆発明品 ( No.158 )
日時: 2017/04/24 14:00
名前: トクマ

トレ子「フッフッフッ……これが新兵器の力です」

 三人の様子を見てトレ子が静かに笑う。

当麻「新兵器だと……!」
ルフレ「……まさか!!」

 当麻が驚くとルフレは心当たりがあったのか、その武器の名前を思い出し、戦慄した。

トレ子「どうやら魔導軍師は気付いたようですね……そう! この追い剥ぎの薙刀です!!」
ルフレ「テメェらよりにもよって恐ろしいモノに手を出しやがったな!!」

 “追い剥ぎの薙刀”……それは威力5、命中75、装備時守備・魔防+1される普通より少し劣るような武器だが恐ろしい所はそこではない。三すくみ有利時に服剥ぎが出来るのだ。

 ネタ武器かと思いきや地味に有用ってのもタチが悪く、何より恐ろしいのは追い剥ぎ系の武器で発動する服剥ぎはそのまんま相手が下着姿になり、 恐らくその章のあいだずっとその状態になるという事だ。

 しかも薙刀の他に追い剥ぎの刀や追い剥ぎの和弓といったモノまで実在する。

 リアルで受けたら(ある意味)恐ろしい武器である。

トレ子「時間の都合上、追い剥ぎシリーズは薙刀しか手に入りませんでしたが効果は抜群!!」
スネーク「これさえあれば鬼に金棒、猫に小判、豚に真珠!」
ワリオ「裸族に追い剥ぎシリーズだぜ!!」
当麻「途中の二つ間違ってんぞ!!」
マスターハンド「最後は無駄に間違ってないから恐ろしいよね……」

 裸族が絶対に身に付けてはいけない武器に戦慄するマスターハンドを含む五人人はジリジリと気付かれないように少しずつ後退し始める。

トクマ「――――――」

 しかし、トクマは何かに気付いて動きを止める。その様子に気付かない四人は乗り切る為の作戦を相談する。

ルフレ「このままじゃジリ貧だ……退くぞ」
マスターハンド「それならここに閉じ込めよう……幸運にも出入口は私達の後ろにある」
シュルク「ですがマスターハンド……それではあなたの発明品が……!!」
マスターハンド「君達の安全が大切だ……それにおやつを手にサンドリヨン達が帰ってくる……この状況を見せる訳にはいかない」

 マスターハンドの苦渋の決断にシュルクは異議を唱えるも強く否定できなかった。石鹸によって高機動の彼らに逃れるにはこれしかない事実にシュルクは悔しそうに拳を握る。

 トランクスのみじゃなかったらシリアスだったのに……

当麻「話聞いてたなトクマ……トクマ?」

 話しかけるも返事がないトクマを心配して振り返ると、トクマは腰に手を当てて何かを飲んでいた。

ルフレ「お前……何を飲んで――」
マスターハンド「シュルク君! ルフレ君! 当麻君! すぐに彼から離れるんだ!!」

 ルフレが話しかけようとすると切羽詰まったマスターハンドの声に遮られる。

シュルク「マスターハンド? どうしたんですか?」
トクマ「彼が飲んでいるのはDDだ! 副作用が始まるから離れるんだ!!」

 その言葉で一目散にトクマから離れるルフレ達。

ワリオ「なんだぁ?」
スネーク「なぜ焦りながら離れて……?」

 その様子に首をかしげるワリオとスネーク。安全域まで離れたルフレ達はマスターハンドに質問する。

シュルク「マスターハンド……DDの副作用ってなんですか?」
マスターハンド「DDとは本来『山のような書類を世紀末で生きる人のごとく元気で乗りきれる』ようにと開発を頼まれた栄養ドリンクなんだ……しかし! 一日に二本飲むと一本目に飲んだ成分と二本目に飲んだ成分が化学反応を起こし、体内で反発、破壊、再構築を行って最終的に――」



















































トクマ「ふ───ふふふふ、はあ───はっはっはっはっは! お前達をろう人形にしてやろうかァァァァ!!」
マスターハンド「――閣下かっかになる」
三人「何でっ!?」

 紫色の濃いオーラをまとい、髪の毛が某金髪の戦闘民族のように逆立ち、瞳孔どうこうが開き、顔はいつの間にか全体が真っ白に染まり、その上から禍々しい紫のペイントが施されたトクマがそこにはいた。

ルフレ「何でよりにもよって閣下になるんだ! 閣下に世紀末の要素ないだろ!!」
マスターハンド「正確には『世紀末でも生きられる人物』をイメージしたんだ……アントニオな猪木かマツコなデラックスのどっちか悩んだけど間を取ってデーモンな閣下にしたんだ。彼なら十万歳に年取っても生きられると思うだろ?」
当麻「取れてねぇよ! 場外乱入もいい所だ! というかなんでそんな人選にしたんだ!!」
マスターハンド「テレビ番組でやっ……アミダくじで決めたんだ」
シュルク「どっちにしたってろくな理由じゃないですか!!」

 マスターハンドの謎理論に痛む頭を抱えるルフレと当麻、しかしトクマのオーラが少しずつ強くなる様子に冷や汗を静かにかいた。

トクマ「気が溢れる……昂ぶる……ふははははは! 人間どもよ、恐怖に震えるがいいわ!」
シュルク「閣下どころかブロリーだった!?」

 ……そのまま性格が変わるどころか言語が退化しそうな勢いにも冷や汗をかいた。

トクマ「蝋人形にシテクレルワァァァァァァァァァ!!」
スネーク「おい! トクマが禍々しいフェイスペイントでこっちに来るぞ!」
ワリオ「構わねぇ! こっちにはこの槍があるんだ! 貴様を全裸にしてやろうかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

 気のせいか若干、どこか退化してるトクマをワリオが返り討ちにしようと薙刀を振り回すもトクマは軽々と避ける。その様子にワリオは石鹸で素早くトクマの後ろに移動して薙刀を振るうが、トクマはまるで見えているかのように避け、ワリオの頭を両手で掴んでアイアンクローしながら膝蹴りを数発放ち、体勢を変えてトレ子とスネークめがけてワリオを蹴り飛ばした。

トクマ「カカロットォォォォォ!!」
ワリオ「プギャァ!?」
スネーク「ワリオがサッカーボールみたいに蹴られたぞ!」
トレ子「これでもくらえぇ!!」

 蹴り飛ばされたワリオを避け、蹴った体勢では避けれないと思ったトレ子とスネークは奇襲を仕掛けるもトクマは身体をひねる事で避け、刃の根元と棒の先端部分をトレ子の薙刀は腕、スネークの薙刀は足で掴み、全体重をかけて持ち上がらないようにした。

トレ子「ちょ、足で挟んで受け止めるってどんな野生児!?」
スネーク「しかも体重をかけてるから持ち上げにくいぞ!!」
ルフレ「……アイツ、あんなアクロバティックに戦えたっけ?」
マスターハンド「恐らくだが、ドリンクの影響で理性が消え、代わりとして本能で戦っているんだろう」
当麻「……まんま野性動物だな」

 マスターハンドの考察からどんどん人間から離れていってるトクマを見つめるルフレと当麻。トクマは余裕のある手でシューズのダイヤルを回す。

トレ子「……なにこの音?」
トクマ「……WRYyyy……」

 突然聞こえた機械音にトレ子が気付く前にトクマは掴んだ薙刀を鷲掴みで力をいれた。

 ……“46億年シェイクハンド”

 友好の証と言われた握手が戦争の引き金と言っても間違いじゃない威力で握られ、その力に耐えきれず薙刀が折れた。

トレ子&スネーク「薙刀がぁぁぁ!!」

 折れないと思ってた薙刀が折れたショックで叫ぶ二人にトクマは冷やかにほくそ笑む。

シュルク「……肉体強化シューズに改名しますか?」
マスターハンド「……そうしようかな」
トレ子「どうしてくれるんですか! この薙刀は家宝にしようとかんが――」

 シュルクに言われて改名を考えるマスターハンドを尻目にトレ子が訴えようとすると間髪いれずにトクマは靴のダイヤルをもう一度回して今度は二人の腹に手を当てて静かに押した。

 ……“46億年プッシュ”

 ただし、ホームランコンテストで新記録確実である威力だ。

トレ子「ちょ、やベェ! 石鹸のせいでツルツル滑って止まらねぇ!!」
スネーク「くぁwせdrftgyふじこ」

 まるでカーリングのように作用反作用の法則で後ろに滑るトレ子とスネーク、二人の終着点にはまだ気絶しているワリオと多くのロープが散らばっており、そのまま止まることなく予想通りに激突した。

トレ子「いてて……ん……あれ……ちょ……ロープに絡まったぁぁぁ!?」

 二人より早く気付いたトレ子だが、ロープに抜け出せない事に四苦八苦する。だからこそ気付かなかったのだろう――

トレ子「これどうやって外し――ハッ!!」
トクマ「Aaaa……」

 ――死神が目の前にいた。

 一歩ずつ、一歩ずつ、ダイヤルをもう一度回したのかキィィィィィィン、と高い機械音を流しながら近付いてくる。

トレ子「……ご、ごめんなさい」
トクマ「Nooo……」(首ヨコフリ)

トレ子「……い、慰謝料ですか?」
トクマ「Nooo……」(首ヨコフリ)

トレ子「せ、せいさいーですかぁぁぁ〜?」
トクマ「Kros……」(首タテフリ)

トレ子「もしかして蹴り飛ばしですかーッ!?」
トクマ「Kros! OH MAY GOD!!」

 ――“46億年キック”

 ロープに絡まった裸族を力強くサッカーボールを蹴りあげるかのように蹴り飛ばした。窓を突き破って飛んでいった裸族を流石にあの体勢で地面に落ちたら只では済まないと思ったマスターハンドは着地地点にマットを創造して一息つく。

 そして、平然とこちらに歩いてくるトクマを見て顔が強張った。

マスターハンド「……ッ!!」

 しかし襲いかかることなく髪は天パになり、紫色のオーラが収まって消え、トクマは元の姿に戻った。

当麻「お、元に戻った」

 当麻の声で安堵の息を漏らすと、トクマが急に倒れた。

シュルク「トクマさん!?」

 心配してシュルクが駆け寄る。トクマは虫の息で静かに声を漏らす。

トクマ「あっ……あぁ……ぁ……アッ! 股関節……あ……ぁあ……アッ!」
ルフレ「えげつない威力だな」
マスターハンド「やはり身体の負担が大きいか」
当麻「言ってる場合かよ!」

 痛みが後に襲いかかり、股関節のダメージ+男性特有のダメージに悶え苦しむトクマにあたふたするシュルク、その様子を見てため息を吐くルフレと当麻の姿がそこにはあった。


 オマケがあるからもう少し待ってね!

マスターハンドのワクワク☆発明品 ( No.159 )
日時: 2017/04/23 22:47
名前: トクマ

   【とあるマスターハンドの考察】


 ……彼――トクマがあそこまでキレるとは……しかし、何が原因で……

マスターハンド「……ん?」

 ……赤ジャージ……随分汚れてるが……石鹸の跡にほこり、少しニンニク臭いが……なるほど。これがキレた原因か……彼いわく『自分を変えてくれた恩人が着ていたのと同じ種類のジャージ』……いわば彼の誇りその物を表すモノ……どうやら裸族である彼女達が知らずにこれを踏み、それを見たトクマがキレて……直接渡されたものじゃないから全くの別物なのに……

マスターハンド「……だからこそ“可能”にしたのか……」

 ……やはりどの時代でも人は飽きないな…… 

 そう言ってマスターハンドは食堂から帰ってきた女性メンバーと和気藹々わきあいあいと話し合ってる彼らを慈愛の目で見つめた。


 おしまい! コメントや感想OKです!!

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.160 )
日時: 2017/04/24 00:08
名前: ゆめひめ

ゆめひめですwwww

マスターハンドの発明品シリーズの最後で、マスハンが発明品を作った理由・・・からの裸族暴走ですかwwww裸族っていつも良い話からのシリアスぶっ壊す形で乱入しますよねwwwwしかもシュルクの未来視で察したのかwwwww女性陣GJwww
まさか追い剥ぎシリーズの武器を使ってくるとはwwwwあの系統の武器は地味にあたしも困惑したわwwwwっていうか、なんだ。ルフレやトクマさんはともかく、シュルクはカラーチェンジの格好じゃねーか。
そんでトクマさんがDDドリンクで覚醒しちまったwwww閣下とブロリーをリミックスして裸族を蹴散らした代償で全身大怪我しちゃったwwww
というか最初あたりに出てきた元気だしてバズーカって、それスケダンのスイッチの発明品じゃないですかwwwww


ロビン「スケダンの発明品の回って何気にうちの作者のお気に入りの回だったな・・・;」←最近発売されたFEエコーズのキャラで声の人が当麻と同じ人
ゆめひめ「そうそれwwww特にマンドセルやジャパネットの真似に大爆笑した記憶があるわwwww」


さて、マリオ達の話を聞くと次の話は・・・あれですか。よし、カオス展開に備えて爆笑の準備しておこう(笑)
(ちなみにあたしはまだ酒を飲める年齢ではないんで酒は飲めない)

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.161 )
日時: 2017/04/24 00:22
名前: ゼっくんが好きなGM ◆TEj2Pj1qIE
参照: http://www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?no=21441

ゆめひめに便乗しますwwwwww

未成年だけでなく、運転手にも酒をのませないように。飲酒運転は時に発明品よりも危険です。

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.162 )
日時: 2017/04/25 19:49
名前: トクマ

 コメント返し、付き合ってもらうぞ!


 >ゆめひめさん

 感想ありがとうございます。

 えぇ、シリアスっぽい空気が苦手なので裸族を突入しますた(笑)。彼らは良い意味でも悪い意味でも空気を壊しますからね……その内の一人が変態? 今さらだろう。

ルフル「急に言ったんで何か隠してる様子を見せたら、流石にわかりました」

 追い剥ぎシリーズを知った時の衝撃は驚きましたね。『こんな武器あんの!?』と思った瞬間に『ネタにしたら最高じゃないかwww』と笑いました。今後も出るかどうか検討中ですね。

 シュルクのアレはネタにされていたので大丈夫かなと思ってやりました。反省も後悔もありません!!

 閣下とブロリーのリミックスは自分でも何故そうなったのか分かりませんね……気付いたらああなっていたので……なお、閣下になったトクマはその間の記憶がありません。

 えぇ、自分もスケダンの元気出してバズーカがおもしろかったですね。スイッチのジャパネットはかなり笑いましたよ。

 初めは弱いですがかなりのカオス回が予想されます。心して待ってください(笑)



 >ゼっくんが好きなGMさん


 感想アリガトウゴザイマス。

 でも、確かにそうですね。飲酒運転で事故を起こしたら、取り返しのつかない事になります。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。