二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

すばらしきスマブラの日常(笑)
日時: 2018/12/17 20:53
名前: トクマ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=64

   開設日:2016/03/26 11:09

 画面の前のみなさま初めましておはこんばんちは。トクマと言います。

 このスレでは、トクマの分身とも言えるオリキャラを中心にクロスオーバーで扱うあらゆるキャラ達との日常でもあり非日常の文を思い付くまま気の向くままに書いていきます。小説カキコ初心者ゆえに未熟で満足出来ない所もあるかと思いますが何卒よろしくお願い致します。

〈注意事項〉
・トクマには文才がないので所々文章がおかしかったり訳がわからなかったりするかもしれません。予めご了承ください。
・完全な俺得オリジナル設定が盛り沢山です。キャラ設定や世界観設定は随時アップしていきます。
・キャラ崩壊やメタネタ、パロディやクロスオーバーなどが普通に出てきます。その為『このキャラダレだ?』や『こんなキャラじゃないのに!』と思われます。
・時折カプ要素出てきます。基本的にNLが多いですが、時としてBLネタが出てくるかもしれません。
・キャラは初代から最新作までほぼ全てのキャラがいる前提で話を進めています。また、キャラによっては出番が多かったり少なかったりします。ご容赦下さい。
・小説の感想やコラボ、キャラの貸し出し申請やキャラや世界観の質問はいつでも大歓迎でございますが、誹謗中傷や他の閲覧者の迷惑になるような書き込みはやめてください。


※目次や注意事項やキャラ設定は随時更新及び修正していきます。


   【もくじ】

 【世界観等々の設定資料】 >>1


 『〜スマブラ長編〜』
【これが日常ですけどなにか?】
本編 >>2-3 >>4-5 >>6-7 >>8-12
オマケ >>13

【リアル動物ごっこ(笑)】
本編 >>14-15 >>16-17 >>18-20
オマケ >>21-22

【マスターハンドのワクワク☆発明品】
本編 >>137-139 >>145-148 >>156-158
オマケ >>140 >>159

【混沌の宴! その名はオトーリ!!】
本編 >>167-169 >>177-179 >>189-192
オマケ >>170

【ワタボーハザード】
本編 >>300-302 >>310-313 >>325-327

【真っ赤なXマス】
本編 >>349-351 >>354-357 >>365-368

【未知なるニューステージ!】
本編 >>374-377 >>385-389
オマケ~変隊とは?~ >>390


 『〜スマブラ大長編〜』
【覚醒・ドルピック島編】
予告編 >>23
準備 >>29-30
一日目 >>39-41 >>47-50
二日目 >>56-58 >>65-68
三日目(前編) >>75-77 >>83-85
三日目(後編) >>94-99 >>106-109
オマケ >>86
あとがき >>110

【激闘!アナザーキャスト編】
序章 >>193
黒いシンデレラと金色猿と闇乳首 >>196-198
別の自分とゆるキャラと衝撃発言 >>206-208
ラーメンと恋罵女と思い出 >>215-217
アラジンとガチ泣きと弱音 >>222-224
逃走と闘争と回想 >>231-233
復帰と侍と母の言葉 >>238-240
死闘と切り札と悪童と姫騎士 >>254-257
変隊創設者と心と拳 >>280-282
私と俺とシンデレラ >>288-290
オマケ >>225
あとがき >>291
エピローグ・A >>297


 『〜スマブラ短編〜』
作者とスマブラメンバーで銀魂パロ >>24
2017年バレンタイン短編小説集 >>123-124
スマテスト >>249
スイカは割るより切る方が美味い >>260-262
世にも奇妙な怪談☆話 >>265-268
トクマ版改変コピペネタ集 >>272
2017年のハロウィン事情 >>334-335
グダグダな日常小話 >>339-340


【スマブラの日常(笑)〜エピソード0〜】
彼らとのファーストコンタクト >>117-118
彼らとの親交会(という飲み会) >>130-131
彼らとの共通点 >>243-244
彼らとの分岐点 >>320-322


 《タグ》
 スマブラ とある魔術の禁書目録 ストリートファイター ワンダーランドウォーズ クロスオーバー NL キャラ崩壊 裸族 変隊創立本部 変隊

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.153 )
日時: 2017/04/22 00:01
名前: トクマ

マリオ「リンク、酒の準備は大丈夫か? 飲み会参加者が来てるぞ!」
リンク「大丈夫だ! 既に注文済みだ!」

 酒は飲んでも飲まれるな! コメント返し!!


 >黒猫δさん

 感想ありがとうございます。

 えぇ、自分の中で気に入ってるカオス回の一つなんで出せて良かったです。パンチ力を上げる靴に関してはあれですね……力だけ上がっても強度は上がらないので……

 レオナルドに中原にエゴですね。飲み会の参加を確認しました!!
 

 >パステル社のGMさん

 参加アリガトウゴザイマス。


 >ゆめひめさん

 感想ありがとうございます。

 そこに気付くとは流石ですね。然り気無くいれたのに気付くとは……私はまだ実力不足か!!

ルフレ「何に対してだよ」

 実を言うとサンドリヨンのサンシャイン池崎ネタは書いてて楽しかったですね(笑)。

 次は何が出るかは楽しみでっせ旦那……と言いたい所ですが次で終わりなんすよね〜……発想がまだ足りない……!!

 ルキナ、ロラン、マーク(女)、ジェロームの四人ですね。参加を確認しました!! ありがとうございます!!


 >晴哉さん

 感想ありがとうございます。

 えぇ、仮面ライダーネタを出しました……次回は遊戯王ネタをやるべきかやらざるべきか……

ルフレ&当麻「オイ」

サンドリヨン「力が上がってもそれに耐えられる強度は上がらなかったんですよ」
トクマ「お陰で痛い思いをしたよ……晴哉さん達の言う通りヒロアカのデクくんを思い出したよ……いや待て、龍くん人間? 三時間で骨治るって何者よ?」
シュルク「大牙さん……絶対に、速やかにそれを捨てましょう……悪用される前に……!!」

 影無、妖夢、幽々子の三人ですね……参加を確認しました!! ありがとうございます!!


マリオ「意外に集まったな」
リンク「まだ募集してるから待ってるぜ!!」

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.154 )
日時: 2017/04/22 11:54
名前: No@h  


どうも、No@hです!!
マスターの発明品がどれもカオスすぎてwwwwお腹痛いwwwwww


No@h「サンドリヨンの酷いキャラ崩壊、男子達の厨二劇、やっぱり折れてたトクマさんの指、そして前回と同じオチ、と。」

加州「ほんとどうしてそうなったのwwww」
椛祢「これこそホントの『これはひどい』ですね。」
安定「主、冷静に言わなくて言いから……。」


飲み会メンバー募集とのことなので応募しますね。
メンバーは私含めた上の4人です!!


No@h…裸族が絡まなければ面白いことはなんでもOKなNL大好き隠れ腐女子で喫煙家。
20代前半。先天性の精神病を患っており、その関係で医者にお酒は禁止されてる。


椛祢…No@hサイドのオリキャラ。読み方はかばね。2205年の未来世界で刀の憑喪神こと『刀剣男士』と共に歴史を守る戦いをしてる『審新者さにわ』の女性。
裸族にも腐女子にも動じない。お酒は飲めるがあまり強くない。
好きな相手がいる……らしい……??


加州清光…沖田総司の打刀『加州清光』の憑喪神たる刀剣男士。椛祢の初期刀と呼ばれる最初の一振ひとり
黒い洋装に身を包む、カッコイいよりかわいいと言われたい愛されたがりの青年。赤いマニキュアを常に爪に塗ってある。お酒は飲めるが強くはない


大和守安定…沖田総司の打刀『大和守安定』の憑喪神たる刀剣男士。現在の主は椛祢。だんだら羽織りの女性らしい顔つきの青年。髪が長く後ろで結んである。
清光の相棒的存在であり、同時にケンカ友達。可愛らしい見た目に反して戦闘時はかなり凶暴。お酒は飲めるしわりかし強め



以上ですー。交流楽しみにしてますねー。


Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.155 )
日時: 2017/04/23 22:06
名前: トクマ

 コメント返しだ・よ!!

 >No@hさん

 感想ありがとうございます。

 笑って頂いて幸いでございます(笑)

 特に自分が好きなのはサンドリヨンのキャラ崩壊シーンですね。書いてて楽しかったです。

 加州くんと椛祢くんまさにそれね(笑)。

 はい。参加を確認しました! それではNo@hさんは子供組のソフトドリンクで他はオトーリ出席ですね!

 それと、すみませんが刀剣乱舞の三人のボイスサンプルをお願い出来るでしょうか?

 これから更新しますので、その後でお願い致します。

 それでは!!

マスターハンドのワクワク☆発明品 ( No.156 )
日時: 2017/04/23 22:17
名前: トクマ

 今回で発明品の話は終わりだが、変わらずに振り切ります!!


 トクマの折れた指の治療が終わり、完治した事にトクマは脱力する。

 ちなみにだが、前回のシューズはまだ履いたままである。

マスターハンド「いや〜……ごめんごめん。すっかり抜け落ちてたよ。確かに攻撃力は上がるけどそれに耐えられる強度は上がらないよね」
トクマ「……痛い目にあった」
ドレディア「……アァ……」

 脱力したトクマを見てマスターハンドは見た目がバズーカの形をした物を手渡す。

マスターハンド「大丈夫? 元気出してバズーカ使う?」
トクマ「欠点は?」
マスターハンド「使ったら、あまりの衝撃で肩が脱臼する」
トクマ「使わせんな!!」

 怪しく思ったトクマはマスターハンドから欠点を聞き、即座に拒否した。

ルフレ「つか、何でそんなもん作った!」
マスターハンド「そこは……ほら……元気出せよって気軽な感じかな」
当麻「気軽に肩を脱臼させてたまるか!!」

 当麻とルフレの言葉にからからと笑うマスターハンドをトクマがジト目で睨んでいると、ルフルが今までやっていた試作テストの内容を話す。

ルフル「トクマさんがケガを直してる間に色々な発明品を試作テストしましたよ……くわえて水を吸えば酸素だけを口内に通すことが出来る【水中呼吸機】やモノを冷やすことの出来る【逆レンジ】、ゲームで有名な16連打を体感できる【16連打強制サポーター】……後は電源無しでも充電できる充電器ですかね」
トクマ「あ、最後のは結構欲しい……オレ的にはそれが良かったんだけどな……開発秘話が聴きたいんだけどあるか?」

 16連打強制サポーターを除けば純粋に見てみたかったばかりの品に話が聞きたくて問いかける。

ルフレ「わかった。じゃあ語るから横槍入れるなよ」
トクマ「おう」
ルフレ「そもそも16連打はマスターハンドがたまたま見た動画サイトで昔の――」
トクマ「せめて逆レンジの方を語れよ!!」

 わざとか知らずかは分からないがあまり興味のない16連打強制サポーターについて語ろうとするルフレにツッコミをいれる。その様子を見て苦笑するマスターハンドにシネレッタが近付く。

シネレッタ「ねぇ、マスターハンド」
マスターハンド「なんだいシネレッタ?」
シネレッタ「マスターハンドは創造神だよね? だったらまだ出来ていないバイクを創ったら出来るんじゃないかな?」
マスターハンド「……そうだね……でも、私は使わないよ」
シネレッタ「どうして?」

 出来る能力を使わない事に疑問を抱くシネレッタにマスターハンドは続けて話始める。

マスターハンド「……私が研究等で力を使わないのは人に対して一種のリスペクトを抱いてるからだよ」
シネレッタ「リスペクト?」

 シネレッタの言葉にマスターハンドは無言で頷く。

マスターハンド「人は私より短い寿命で消えて行く……だが、その一生の中で命を燃やし、不可能を可能にしてきた。電気を使えるようにしたニコラ・テスラとエジソンしかり、空を飛んだライト兄弟しかり、そして……私達を生み出してくれた人達……彼らがいなければ私達は生まれなかった」

 その言葉にトクマは無言で周りを見る。自分にとって彼らに会うまでは二次元の存在……言わば、彼らを作った人がいたからこそ彼らは存在する。

 元が童話のサンドリヨン、小説の主人公である上条当麻、ゲームキャラであるルフレとルフル、シュルク、相棒と言っても過言じゃないドレディアも例外ではない。

マスターハンド「私は彼らのような命に尊敬と憧れを抱き、私も彼らのようになりたいと願った……流石に短い寿命ではないが、創造の力を使わないで物を創る喜びを知ったよ」

 そう言いながらマスターハンドは未完成の魔導バイクに触れる。

マスターハンド「【不可能に挑む】……それはどれ程困難かわかり、それ以上に燃える事なのか理解できた」

 そう真摯に語るマスターハンドの姿を見て、トクマは彼を一人の人間のように思えた。

マスターハンド「長くなったね……それじゃあ次の――」
シュルク「マスターハンド。少し話があります」

 マスターハンドが話を切り上げ、次の発明品を説明しようとした瞬間にシュルクがマスターハンドに話しかけた。

マスターハンド「……ふむ……フム……それは確実だね」
シュルク「はい」
マスターハンド「……となると……」

 耳打ちしたシュルクの話にマスターハンドは考え始めた。


 まだ続くからコメントはまだよ!!

マスターハンドのワクワク☆発明品 ( No.157 )
日時: 2017/04/23 22:27
名前: トクマ

 ※やつらが……やつらが来るぞぉ!!


マスターハンド「ふむ……仕方ない! 今日はこれくらいにして女子の皆! すまないが食堂からおやつを取って来てくれないか? この研究室でおやつタイムにしようか!」

 急な話に困惑するシュルクを除いたメンバー、代表としてルフルが話しかけた。

ルフル「何故、急に……?」
マスターハンド「シュルクの未来視でお客さんが来るからね……試作テストが時間内に終わらないから一旦お仕舞いにしよう。しかし、せっかく私の研究室に来たんだ。『終わったから帰れ』では協力してくれた君達に失礼だ……おやつを食べ終えたら、自由に見学を許可しよう」

 マスターハンドの言葉に納得がいかない表情を見せるルフルだが、あまり来ることが出来ないマスターハンドの研究室を自由に見学できる事に渋々縦に頷いた。

ルフル「まぁ……それなら……」
ドレディア「ディ、ディ! ドレ、ドレディッア!!」
サンドリヨン「ドレディアさん。そんなに急かさなくてもおやつは逃げませんよ」
シネレッタ「あ、二人とも待ってよー」
ルキナ「ルフルさん。私達も」
ルフル「……はい」

 ドレディアに引っ張られながら食堂に向かうサンドリヨン達を見送り、いなくなった事を確認したルフレはマスターハンドとシュルクに話しかける。

ルフレ「……さて、教えてもらおうかシュルク……あの時の未来視で何が見えた?」
シュルク「……やはりわかってたんですね」
当麻「何がだ?」
ルフレ「こいつが一発闘魂の時に見た未来視……ドリンクには関係無いという事は別の事に関係あるんだろ」

 ルフレの一言に思い出して納得した当麻とトクマを見て、シュルクは単刀直入に言った。

シュルク「裸族が来ます」

 ………………沈黙。

シュルク「残り三分で裸族が来ます」

 あまりの事実に沈黙したが、シュルクが再び時間制限付きで話すとシュルクを除いた全員が笑い始める。

ルフレ「……そうか……裸族が……」
シュルク「……はい」
トクマ「だから女性を遠ざけたのか」
当麻「いい判断だぞ」
マスターハンド「間違いなくね」
全員「ハッハッハッハッ……――」


































マスターハンド「総員、戦闘準備!!」
四人「イエッサー!!」

 マスターハンドの一言に全員が素早く準備に取りかかった。

当麻「なんで毎回、突然来るんだよ!!」
ルフレ「言ってる場合か! 早く準備しろ!!」
トクマ「オレ、部屋に斧を置いてきたんだけどどうすればいい!?」
ルフレ「知るか! なんで持ってこなかった!!」
当麻「ケンカしてる場合か! 身体能力オレより高いから大丈夫だろ!!」
シュルク「あと一分二十秒です!」

 軽口を叩きながら、もはや慣れたと言っても過言じゃない準備をする四人。準備を終えた四人がそれぞれ背中をあわせながら周囲を警戒する。

トクマ「今度は何処からだ……天井か? 床下からか?」
シュルク「……3……2……1……来ます!!」

 シュルクがカウントし、合図とともに出入口の扉が勢いよく開かれ――












































裸族「お邪魔しまーす!!」
裸族除く全員「イナバウアーしながら来やがったぁぁぁ!!」

 ――裸族乱入。トレ子はさらしとふんどし、ワリオとスネークは褌のみで薙刀を背負い、地面を滑走するかのように滑って――いや、本当に滑ってるんだけど!? 魔法でも使ってるの!?

トレ子「何を言うと思えばナレーション! そんなの足の裏に石鹸をくくりつけて滑ってる以外に答えがあるとでも?」
シュルク「意外に方法が原始的だ!?」
スネーク「滑った跡が綺麗になり、同時に俺達のスピードが上がって一石二鳥だ!!」
ルフレ「滑った跡を処理しないと誰か踏んで転ぶわ!! そしてお前らが身に付けている褌はなんだ!!」

 ルフレは怒りながら裸族が身に付けてる褌について指摘した。普通の褌なら彼は指摘しないのだが……

トレ子「何って抜間さんの裸族が身に付けているのと同じ種類の痛褌ですよ」
スネーク「これにより俺達の戦闘力が上がるぞ!!」
当麻「上がらねぇよ! お前らに対しての殺意が上がったよ!!」

 トレ子は露出が多いボンテージ姿のサンドリヨン、スネークはカルピスアイスバーを美味しそうに食べるルキナ、ワリオは着崩れした服の状態のまま涙目で見つめるルフルがデザインされた褌を着けていた。

 ……どの絵面もRー18指定されそうなモノばかりという所を除けば……

トクマ&ルフレ「野郎、ぶっ殺してやらぁ!!」

 当たり前だがぶちギレたトクマとルフレはマスターハンドに創ってもらったボールと連射性が高い魔法で狙うが予想以上に軽快な動きで避けられる。その姿はまさに氷上のスケート選手の様だった(見た目を除けばの話だが)。

トレ子「甘い甘い! ヤクルトにはちみつを入れた飲み物より甘い!!」
スネーク「その程度の攻撃は止まって見える!!」
ワリオ「見よ! オレ様の華麗なダブルアクセ――『グキィッ!!』――ンガァ! 着地失敗したぁぁ!!」
トクマ「あのバカを狙え!!」
ルフレ「集中砲火だ!!」
トレ子&スネーク「させるかぁ!!」

 着地失敗して捻挫ねんざの痛みに悶えるワリオをトクマとルフレは攻撃しようとしたらトレ子とスネークが二人に背中に所持していた薙刀を振るい、ワリオは薙刀をシュルクに薙刀を投げた。

トクマ「あぶねっ!?」
ルフレ「よっと!」
シュルク「カウンター!!」

 危機一髪で避けるトクマ、紙一重に避けたルフレ、カウンターで弾いたシュルクにマスターハンドが心配して声をかける。

マスターハンド「三人とも大丈夫かい!」


















































トクマ「大丈夫だ!」(上半身裸)
ルフレ「かすっただけだ」(下半身トランクスのみ)
シュルク「まだまだいけるよっ!」(トランクスのみ)

当麻「全然大丈夫じゃないだろ! 得にシュルク!!」

 すみません。避けた三人が社会的に致命傷なんですが……

トクマ「おいおい当麻」
ルフレ「お前は何を言ってるんだ」
シュルク「そんな事あるわけな――」

 自分の状態が分かってない三人だったが、裸族に襲われた他の二人を見て固まって沈黙し、口を開いた。

三人「……変態がいる!!」
当麻「お前ら三人ともな」


 どしてコウナッタ……まだ続くよ!


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。