二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

すばらしきスマブラの日常(笑)
日時: 2018/12/17 20:53
名前: トクマ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=64

   開設日:2016/03/26 11:09

 画面の前のみなさま初めましておはこんばんちは。トクマと言います。

 このスレでは、トクマの分身とも言えるオリキャラを中心にクロスオーバーで扱うあらゆるキャラ達との日常でもあり非日常の文を思い付くまま気の向くままに書いていきます。小説カキコ初心者ゆえに未熟で満足出来ない所もあるかと思いますが何卒よろしくお願い致します。

〈注意事項〉
・トクマには文才がないので所々文章がおかしかったり訳がわからなかったりするかもしれません。予めご了承ください。
・完全な俺得オリジナル設定が盛り沢山です。キャラ設定や世界観設定は随時アップしていきます。
・キャラ崩壊やメタネタ、パロディやクロスオーバーなどが普通に出てきます。その為『このキャラダレだ?』や『こんなキャラじゃないのに!』と思われます。
・時折カプ要素出てきます。基本的にNLが多いですが、時としてBLネタが出てくるかもしれません。
・キャラは初代から最新作までほぼ全てのキャラがいる前提で話を進めています。また、キャラによっては出番が多かったり少なかったりします。ご容赦下さい。
・小説の感想やコラボ、キャラの貸し出し申請やキャラや世界観の質問はいつでも大歓迎でございますが、誹謗中傷や他の閲覧者の迷惑になるような書き込みはやめてください。


※目次や注意事項やキャラ設定は随時更新及び修正していきます。


   【もくじ】

 【世界観等々の設定資料】 >>1


 『〜スマブラ長編〜』
【これが日常ですけどなにか?】
本編 >>2-3 >>4-5 >>6-7 >>8-12
オマケ >>13

【リアル動物ごっこ(笑)】
本編 >>14-15 >>16-17 >>18-20
オマケ >>21-22

【マスターハンドのワクワク☆発明品】
本編 >>137-139 >>145-148 >>156-158
オマケ >>140 >>159

【混沌の宴! その名はオトーリ!!】
本編 >>167-169 >>177-179 >>189-192
オマケ >>170

【ワタボーハザード】
本編 >>300-302 >>310-313 >>325-327

【真っ赤なXマス】
本編 >>349-351 >>354-357 >>365-368

【未知なるニューステージ!】
本編 >>374-377 >>385-389
オマケ~変隊とは?~ >>390


 『〜スマブラ大長編〜』
【覚醒・ドルピック島編】
予告編 >>23
準備 >>29-30
一日目 >>39-41 >>47-50
二日目 >>56-58 >>65-68
三日目(前編) >>75-77 >>83-85
三日目(後編) >>94-99 >>106-109
オマケ >>86
あとがき >>110

【激闘!アナザーキャスト編】
序章 >>193
黒いシンデレラと金色猿と闇乳首 >>196-198
別の自分とゆるキャラと衝撃発言 >>206-208
ラーメンと恋罵女と思い出 >>215-217
アラジンとガチ泣きと弱音 >>222-224
逃走と闘争と回想 >>231-233
復帰と侍と母の言葉 >>238-240
死闘と切り札と悪童と姫騎士 >>254-257
変隊創設者と心と拳 >>280-282
私と俺とシンデレラ >>288-290
オマケ >>225
あとがき >>291
エピローグ・A >>297


 『〜スマブラ短編〜』
作者とスマブラメンバーで銀魂パロ >>24
2017年バレンタイン短編小説集 >>123-124
スマテスト >>249
スイカは割るより切る方が美味い >>260-262
世にも奇妙な怪談☆話 >>265-268
トクマ版改変コピペネタ集 >>272
2017年のハロウィン事情 >>334-335
グダグダな日常小話 >>339-340


【スマブラの日常(笑)〜エピソード0〜】
彼らとのファーストコンタクト >>117-118
彼らとの親交会(という飲み会) >>130-131
彼らとの共通点 >>243-244
彼らとの分岐点 >>320-322


 《タグ》
 スマブラ とある魔術の禁書目録 ストリートファイター ワンダーランドウォーズ クロスオーバー NL キャラ崩壊 裸族 変隊創立本部 変隊

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



マスターハンドのワクワク☆発明品 ( No.138 )
日時: 2017/04/09 23:36
名前: トクマ

当麻「それで……勢いのまま出ていき、自室にオレ達を呼んでゲームしてたわけか」
ルフレ「……子供か」
ドレディア「……アァ……」
トクマ「うるせぇ! これでもくらえ!!」

 自室にてトクマはルフレと当麻を呼んでレースゲームをしていた。大方悔しさを発散するためだが、二人は事情を察して深く聞かずに楽しんでいた。

ルフレ「あ、てめっ! 赤こうらぶつけやがったな!!」
当麻「やったぜ! トップに……青こうら来やがった! せっかくトップに躍り出たのに不幸だぁ!!」
トクマ「最後に笑うのはオレのようだな……アーヒャヒャヒャヒァッ!? バナナに滑ってコースアウトしちまった! 誰だバナナ置いたヤツは!!」
ドレディア「アッア〜!!」

 しばらくして、トクマの機嫌が元に戻ったのを確認した二人とドレディアはトクマに話しかける。

当麻「つか、悪いと思うなら謝ればいいだろ。気にしてないと思うぜ?」
トクマ「ちょっとした暴言を言った手前と意地で謝りにくく、他のメンバーにコツを教わろうにもガノンは細かいコントロールはあまり得意じゃないし、ルフルは新しい魔法の開発に忙しく、ピーチ姫は教えてくれるけど八割がマリオの惚れ話で砂糖を吐きそうになる」
ルフレ「ナチュラルにオレをハブいてんじゃねぇよ」

 当麻の一理ある言葉を言うが、性分とも言える意地でトクマは突っ張りながら否定する。

当麻「サンドリヨン達や新しく入ったほむら達は? あいつらだって魔法が使えるだろ?」
トクマ「サンドリヨン達の魔法は自身の物語を再現してるから魔法って言うより、Fateのサーヴァントが持つ宝具に近いな。ほむら達は……杏子以外問題がありそうだから頼みたくないんだよ……」

 トクマの言葉にルフレと当麻は金髪ツイン縦ロールの少女を思い浮かび、謎の寒気に襲われる。

当麻「……ルフレ、教えてやったらどうだ?」
ルフレ「断固拒否だ」
トクマ「お前には教わりたくないし、お前だって教えたくないだろ」
ルフレ「当たり前だ……まぁ、考え中の魔法を手伝(実験動物にな)ってくれるなら話は別だが?」
トクマ「おい、気のせいか変なルビつかなかったか?」

 ルフレに手伝いの内容を聞こうとした時に部屋にノックが響いた。

マスターハンド「休んでいるところ、失礼するよ」

 部屋に入ってきたのは人間態になっているマスターハンドだった。まさかの人物に三人は驚きの表情を見せる。

ドレディア「ディア!」
ルフレ「マスターハンドさん!?」
マスターハンド「あぁ、立たなくていいよ。座ったままで構わないから……少しお願いがあって来たんだけど良いかな?」
トクマ「あの、何かご用でしょうか? 実験なら当麻をサクリファイスしますので……」
当麻「ナチュラルに上条さんを引き渡すんじゃねぇ!」

 トラブルに巻き込まれたくないトクマは当麻を差し出そうとするも当麻に拒否される。その様子にマスターハンドは苦笑する。

マスターハンド「ハハハ、上条くんの幻想殺しは興味あるけどそれはまた今度で……試作品のテストに付き合ってくれないだろうか?」

 マスターハンドの言葉に三人の動きが硬直し、苦い表情を見せる。

ルフレ「試作品って……確か……」
トクマ「……アレだよな」
ドレディア「ディ? ディア?」

 頭に思い浮かぶのはモフプニ組から必死で逃げた鬼ごっこ。当時いなかったドレディアは首をかしげる。

マスターハンド「大丈夫、今回は動物化みたいな全身を変えるようなモノはないよ」
当麻「……う〜ん……けどな……」
マスターハンド「君達にとって初めての依頼だから受けといた方が良いと私は勧めるよ。それに今回は私個人の依頼だから……報酬も出すけどどうかな?」

 マスターハンドの言葉に三人は黙って考え、マスターハンドの試作品に対する好奇心が勝り、承諾した。

トクマ「……わかりました。やります」
マスターハンド「それでは、私の研究室に来てくれ。意見が欲しいから君達含めて九人までなら誘って構わないよ」

 そう言ってマスターハンドは去り、トクマ達はメンバーを集める為に動いた。

 感想やコメントはまだ。

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.139 )
日時: 2017/04/09 23:56
名前: トクマ

 ”マスターハンド“

 スマッシュブラザーズ創設者にして世界の創造神。

 最高位に位置する神の一柱。人間態では眼鏡をかけた銀髪の理系ナイスミドルに姿を変える。本人は人間が好きな為、よくこの姿をしている。

 トクマ、ドレディア、サンドリヨン、シネレッタ、ルフレ、ルキナ、ルフル、当麻、シュルクの九人はマスターハンドの研究室へと足を運んだ。

マスターハンド「ようこそ、私の研究室へ」

 そこにあったのは複雑な形が書かれた設計図や用途不明の発明品、様々なモノが置かれていた。

ルフレ「……こいつは驚いたな……」
ルフル「どれもこれも見たことがないアイテムばかりです!」

 ルフレとルフルは周りに置いてあるマスターハンドの発明品に深々と観察しながら感想を口にする。

 特に研究者だったシュルクは見た事もないモノにまるで子供みたいに目を輝かせながら見る。

シュルク「マスターハンドさん! これはなんですか!?」
マスターハンド「それは魔導バイクだよ。ガソリンの代わりに魔力を燃料にして走る乗り物だよ」
ルフレ「バイクってこの世界でも見た馬より速い乗り物だな……燃料は魔力なのか?」
マスターハンド「そうだけど現在は試作段階中で出来ていないんだ」

 ガソリンではなく魔力で動くバイクに興味津々な目で見るルフレとルフル、これが完成すれば環境に貢献できる程の大発明である。するとシュルクはとあるモノを見つけた。

シュルク「こ、これは……布?」
サンドリヨン「触った感じでは普通の布のようですが……何で出来ているのですか?」
マスターハンド「それは非常時に硬化の魔術が発動する布だよ。以前、ドルピック島でマリオがクロノダイルを倒して取った魔導書の一部を布の繊維に混ぜて織り込んだ一品さ」
ルフレ「クロノダイルって俺達が戦ったやつじゃねぇか!?」
シネレッタ「大丈夫なの?」

マスターハンド「それが意外に難しくてね……指向性を持たせ、なおかつ一回限りで非常時にしか発動しない設定でやっと使えるようになったんだ。悪用は出来ないけど常時発動という目標までは遠くてね……さて、早速試作品を試してもらうよ!!」

 マスターハンドがそう言いながら小さな機械を机から取り出し、トクマに渡した。

マスターハンド「まずはこちら! ポケモンの鳴き声を訳してくれるアイテム、ポケリンガル!!」
シネレッタ「……セーフかな、商標的に」
シュルク「アウトだと思います」

 マスターハンドがトクマに渡したのは手の平に収まるサイズの機械。持ちやすく、運びやすいなと感想を思いながらドレディアに近付く。

トクマ「ドレディアさん、試しにやるから『おはよう』と言ってみてくれ」
ドレディア「ディア」

 返答を貰ってドレディアの口元に近付け、スイッチを押した。

 ドレディアの声の後にピピッ、と安っぽい電子音が流れ、そこに書いてあったのは――。










































【おなかがすきました】

ルフレ「なんでだ!?」
ルキナ「違いますよね、絶対違いますよね!? 翻訳が間違ってるか壊れてますよこの機械!」
マスターハンド「む、失礼な。じゃあもう一回やってみてくれ」

 ピピッ。

【ふっかつのじゅもんがちがいます】

当麻「まさかのドラクエ!?」
シュルク「と言うか何を復活させるつもりですか?」

 ピピッ。

【あかまみまみ、あおまみまみ、きまみまみ】

トクマ「言えてねぇし!」
シネレッタ「やっぱり故障しているんじゃない?」
マスターハンド「変だなぁ。ルキナ、試しに『にゃー』って言ってくんない? 何でもいいから考えながら」
ルキナ「えっ!? えっと……に……に、にゃー?」
ルキナ除く全員(あ、普通に言うんだ……)


















 ピピッ。
























【るふれさん、だいす――】





 読み終わる前にルフレはルキナに目を塞がれた。

ルキナ「わーわーわーわー!? 壊れてる! 絶対これ壊れてます、うん!!」
トクマ「今さら恥ずかしがらんでも良いのに。本人以外にはバレバレだぞ?」
ルキナ「は、恥ずかしがってなんかありません!」

 真っ暗な視界の中、妙に切羽詰ったルキナの叫び声。

 ルキナの愛らしい猫語がどう翻訳されたのか、ルフレは非常に気になるのだけれども――それよりも今は小さくもムニムニと押し付けられた柔らかい二つの塊と嗅覚を刺激する甘い匂いでルフレの意識は熱暴走寸前に陥る。

 目を塞がれているが、今の状況をルフレはわかってしまった。

 実の妹であるルフルに鈍感だの朴念仁だの言われたルフレでも、これだけ大胆に女体の神秘と言うか素晴らしさを強調されたら焦りもする。

 だって男の子だもん。

ルフレ「ルキナ、その……」
ルキナ「へ? …………きゃああああああっ!?」
ルフレ「へばぁっ!?」

 ビンタ一閃。スナップの効いた――ソレだけではなく全身の捻りも加えた力強い一撃がルフレの顎をとらえ、ゴキリ、という鈍い音と共にルフレは地面に倒れた。

ルキナ「ル、ルフレさぁぁぁん!?」
シュルク「傷は深いよ! しっかりして!!」
サンドリヨン「トクマさん。治療できる人を呼んで来てください」
トクマ「治療できる人おぉぉぉぉ!!」
当麻「誰がそんな原始的な呼び方しろつった!!」

 緊張感の無い空気が漂い始めた。結局、シネレッタのスキルでルフレは回復して目を覚ました。

 マスターハンドの発明品の試運転はまだ始まったばかりである。


 今回はオマケありますので、感想やコメントはちょっと待ってて。

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.140 )
日時: 2017/04/10 08:33
名前: トクマ

 オマケ?【ある意味レアモノ】


 ※マスターハンドの研究室に入り、ルフレとルフルが周囲の発明品を観察している時の話です。


トクマ「しっかし、マスターハンドの研究室に初めて来たけど色々あるな〜」

トクマ「お、本もあるのか……パソコンの初歩的な入門書や工業関係の本、百科事典に手軽な料理本、ジャンル問わずだな……ん?」


【北斗の拳〜ブラインドタッチ入門編〜】


トクマ「え!? マジか!? こんなんあったのか!! 著者は誰だ! ケンシロウか? トキか? それともラオウか? ラオウなのか!!」


【著者:ジャギ】


トクマ「お前かい!!」(手にした入門書を床にスパーキング!!)


 今日はここまで。感想やコメントOKです!!

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.141 )
日時: 2017/04/10 23:01
名前: 黒猫δ

どうも、黒猫δです。


さて、何となくシリアスかと思いきや、おもいっきりギャグに持っていく……面白かったです。
マスターハンドさん、何作ってるんですか……そして、おまけのあの本は何をするためなのか…いや、ブラインドタッチでキーボード壊したりとかは無いですよね?
それとも、輝きながらキーボードにタッチするのでしょうか……?


黒猫δ「……どちらもないと思いますが……」

ミズキ「魔力バイクねぇ……僕はそれに似たものを持ってるかな。バギーだけど……構造はしらないなぁ。マスターハンドは、良く思い付くね」

アリギュラ「おお?ルフルキ?ルフルキなのかな?」

フロイト「……?ルフルさんがどうかしたのかな?
……と、忘れるところだった。これ、モフモフ好きな人とかいるのかな(イースターエッグとひよこの(魔導)人形を差し入れ)」


コメント失礼しましたm(__)m

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.142 )
日時: 2017/04/11 23:49
名前: ゆめひめ

ゆめひめです。

今回のお話を場面ごとに感想を書きます


〜どSゼルダ〜

いくらトクマさん本人からお願いされた事とはいえこれは・・・wwww
そんでまさかのリンクがトドメを刺したwwwwつか、トクマさんの捨てゼリフがwwww

氷海「そっちのゼルダは良い才能を持っているわね」←彼女もどS
氷波「氷海さん、これ以上トクマさんにダメージを与える事を言わないでくださいまし;」


〜マスターハンドの発明品〜

ここでタイトル回収ですね。おい、ポケリンガルの翻訳がwwwwなんで「おはよう」という言葉で復活の呪文や早口言葉になるんだwwwwwそんでルキナの「にゃー」の翻訳がwwwww鳴きまねでも反応するのかよwwww

ロラン「あっちのルキナみたいにポケモン以外の鳴き声でも反応するなら擬人化してないミネルヴァでも使えそうですね」
ジェローム「お前マーク(女)と共にあれでロクでもない事考えてるだろ」


〜おまけ〜

何で北斗の拳のタイピング本があるんだwwww北斗の拳のキャラがパソコン使ったらキーボードが壊れるwwwww

ライダー「作者、お前北斗の拳知ってるのか?」
ゆめひめ「you are ショックとお前はもう死んでいるぐらいしか知らん」
ライダー「オイ」



今回も笑わせてもらいましたwwwwそれでは!


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。