二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

すばらしきスマブラの日常(笑)
日時: 2018/12/17 20:53
名前: トクマ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=64

   開設日:2016/03/26 11:09

 画面の前のみなさま初めましておはこんばんちは。トクマと言います。

 このスレでは、トクマの分身とも言えるオリキャラを中心にクロスオーバーで扱うあらゆるキャラ達との日常でもあり非日常の文を思い付くまま気の向くままに書いていきます。小説カキコ初心者ゆえに未熟で満足出来ない所もあるかと思いますが何卒よろしくお願い致します。

〈注意事項〉
・トクマには文才がないので所々文章がおかしかったり訳がわからなかったりするかもしれません。予めご了承ください。
・完全な俺得オリジナル設定が盛り沢山です。キャラ設定や世界観設定は随時アップしていきます。
・キャラ崩壊やメタネタ、パロディやクロスオーバーなどが普通に出てきます。その為『このキャラダレだ?』や『こんなキャラじゃないのに!』と思われます。
・時折カプ要素出てきます。基本的にNLが多いですが、時としてBLネタが出てくるかもしれません。
・キャラは初代から最新作までほぼ全てのキャラがいる前提で話を進めています。また、キャラによっては出番が多かったり少なかったりします。ご容赦下さい。
・小説の感想やコラボ、キャラの貸し出し申請やキャラや世界観の質問はいつでも大歓迎でございますが、誹謗中傷や他の閲覧者の迷惑になるような書き込みはやめてください。


※目次や注意事項やキャラ設定は随時更新及び修正していきます。


   【もくじ】

 【世界観等々の設定資料】 >>1


 『〜スマブラ長編〜』
【これが日常ですけどなにか?】
本編 >>2-3 >>4-5 >>6-7 >>8-12
オマケ >>13

【リアル動物ごっこ(笑)】
本編 >>14-15 >>16-17 >>18-20
オマケ >>21-22

【マスターハンドのワクワク☆発明品】
本編 >>137-139 >>145-148 >>156-158
オマケ >>140 >>159

【混沌の宴! その名はオトーリ!!】
本編 >>167-169 >>177-179 >>189-192
オマケ >>170

【ワタボーハザード】
本編 >>300-302 >>310-313 >>325-327

【真っ赤なXマス】
本編 >>349-351 >>354-357 >>365-368

【未知なるニューステージ!】
本編 >>374-377 >>385-389
オマケ~変隊とは?~ >>390


 『〜スマブラ大長編〜』
【覚醒・ドルピック島編】
予告編 >>23
準備 >>29-30
一日目 >>39-41 >>47-50
二日目 >>56-58 >>65-68
三日目(前編) >>75-77 >>83-85
三日目(後編) >>94-99 >>106-109
オマケ >>86
あとがき >>110

【激闘!アナザーキャスト編】
序章 >>193
黒いシンデレラと金色猿と闇乳首 >>196-198
別の自分とゆるキャラと衝撃発言 >>206-208
ラーメンと恋罵女と思い出 >>215-217
アラジンとガチ泣きと弱音 >>222-224
逃走と闘争と回想 >>231-233
復帰と侍と母の言葉 >>238-240
死闘と切り札と悪童と姫騎士 >>254-257
変隊創設者と心と拳 >>280-282
私と俺とシンデレラ >>288-290
オマケ >>225
あとがき >>291
エピローグ・A >>297


 『〜スマブラ短編〜』
作者とスマブラメンバーで銀魂パロ >>24
2017年バレンタイン短編小説集 >>123-124
スマテスト >>249
スイカは割るより切る方が美味い >>260-262
世にも奇妙な怪談☆話 >>265-268
トクマ版改変コピペネタ集 >>272
2017年のハロウィン事情 >>334-335
グダグダな日常小話 >>339-340


【スマブラの日常(笑)〜エピソード0〜】
彼らとのファーストコンタクト >>117-118
彼らとの親交会(という飲み会) >>130-131
彼らとの共通点 >>243-244
彼らとの分岐点 >>320-322


 《タグ》
 スマブラ とある魔術の禁書目録 ストリートファイター ワンダーランドウォーズ クロスオーバー NL キャラ崩壊 裸族 変隊創立本部 変隊

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.133 )
日時: 2017/03/20 22:25
名前: トクマ

 コーメンートがぁぁえぇぇしぃ!!

ルフレ「キテレツ大百科の発明品登場のBGMにのせて始めるな」
オリマー「待ってください。イントロなのになんでわかったんですか」


 >ゆめひめさん

 感想ありがとうございます。

 気に入っていただけて幸いです。初めて来たトクマがスマブラメンバーに振り回されるシーンを書きたくて書いたんですよ……彼らに普通の飲み会はありません(笑)

 なるほど、それは良いことを聴きましたね(ニヤリッ

 どうもありがとうございました〜……


トクマ「シャンブレー……愚痴には付き合ってやるよ……」


 

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.134 )
日時: 2017/03/21 15:48
名前: No@h  


こちらではお久しぶりですね、No@hです!!

おい飲み会www水に似せたウォッカやらウーロン茶やら出すなんてwwwしかもスピリタスまでwwww



No@h「これはひどい。」 ※誉めてる
ルキナ「トクマさんとそちらのルフレさんは何をなさってるんですか……;;」
ロイ「しかも仲良く2人で潰れちゃってんじゃんwww」


マルス「ところでNo@hさんはお酒飲めるのかい?」
No@h「え、お酒?飲める年齢だよ!過去最高で白ワイン1人で4本開けたことある!!最近はお薬の関係で飲んでない!!」
アイク「白か。赤は飲まないのか?」
No@h「赤は口に合わなかったなー。果物を漬けてサングリアにしたら辛うじて飲めたくらい??」

アズール「へぇ。No@hさんは白ワインが好みかぁ。今度なにかオススメ教えてよ!」
ルフレ♂「確かに、あなたが選んだお酒なら楽しく飲めるだろうしね。」
No@h「いいよー。今度探しておくねー。」


あ、パズバト組のアンリが少し苦いけど二日酔いに交換抜群のドリンク作ってくれたのでひとくちサイズの薔薇アップルパイも一緒に入れて送っておきますね!!


アンリ「望むなら定期的に作って送るよー。」
ティンニン「この前、ドルピック編でティンニンとアンリさんの詳細をちゃんと書いて送れなかったお詫びなの……。」


気に入ってくれると嬉しいですな!!
それでは!!

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.135 )
日時: 2017/03/21 20:17
名前: 黒猫δ

どうも、黒猫δです

さて、
な ん だ こ の カ オ ス は。
それすでに、火が点く時点で水じゃないですし、スピリタスは水ではありません……www

……他の人達も鍛えられたのかな?


黒猫δ「ちなみに、カオスディーラーの方々は……僕含め、お酒にはつよくないんです……飲んだら、記憶飛ばすか、暴走するかの二択ですし」

ルフレ「あぶねぇなおい!?」

橙雀σ「スピリタスは爆弾だ!」

レオナルド「いや、酒ですからね!?」

黒猫δ「まぁ、飲める人も一人いるんですがね……彼は……酒豪でザル……いや、枠ですかね」

ルフレ「おいぃぃぃ!?」




エゴ「……おれ、噂されてる?」



コメント失礼しましたm(__)m

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.136 )
日時: 2017/03/26 11:10
名前: トクマ

 コメント返し!


 >No@hさん

 素敵ほめ言葉ありがとうございます。

 しょうがないよ。彼らだし(白目)。日常ではこのハッチャケが彼らにとって日常なんだよ。

トクマ「あって困るんだけどな! それと誰が仲良しだ!!」
ルフレ「そうだ! こいつは俺より酒が弱いんだ!!」
トクマ「はぁ? お前より強いし!」
ルフレ「俺の方が強い!」
トクマ&ルフレ「野郎、表に出ろや」
ルフル「……はぁ……」

マリオ「ありがとなティンニン。アンリも気にしなくていいぞ……あの時助けに来てくれただけでも嬉しかったからよ……」
リンク「ドリンクと薔薇アップルパイもありがとう!!」


 >黒猫δさん

 彼らにとってこれが普通の飲み会なんです。鍛えられて当たり前の状況です……ってそっちも危ないwww

トクマ「記憶を飛ばすか暴走の二択って危ないな!?」
ルフレ「スピリタスが爆弾って……何があったんだよ!?」
マリオ「ほう、ザルというより枠がいるのか」
リンク「こうしちゃいられねぇ。飲み会の始まりだ! 二人とも付き合え!!」
トクマ&ルフレ「いやァァァァ!!」


サンドリヨン「薔薇アップルパイ、美味しいですね」
ドレディア「ディッアー!」

マスターハンドのワクワク☆発明品 ( No.137 )
日時: 2017/04/09 23:33
名前: トクマ


 ドルピック島から帰還して数ヶ月。
 館の広場にてトクマとゼルダ、リンクの三人はいた。

トクマ「……」
ゼルダ「……」
リンク「……」

 いつもとは違う緊迫した空気でトクマは目をつぶって集中し、その様子を真剣な表情で見守るリンクとゼルダの姿が見える。

 しばらくして、ゼルダが口を開く。

ゼルダ「平均の魔力は一般人より下……ザコですね」
トクマ「ぐはぁっ!?」

 ゼルダの躊躇ない言葉にトクマは大乱闘でマックにリバーブローをまともに受けたような痛みをくらった。

リンク「……ゼルダ、加減してあげて」

 その様子にリンクは苦笑しながらゼルダに声をかける。

ゼルダ「リンク……しかし、これは彼からお願いされたことです。『ハスターの魔力制圧を扱えるようになりたい』と」

 しかし、ゼルダは厳しく指導する姿勢を崩さない旨を伝える。

 あの戦いからトクマは少しでも戦う術を探そうとし始めた。

 その中で目をつけたのがハスターの【魔力制圧】である。

 【魔力制圧】――ハスター固有の能力であり、空気中に漂う魔力や相手の魔力に干渉し、操作または無力化することができる。ハスター自身はこの能力を使って天候を操ったとこの館にある文献に書かれていた。

 この文献を見て、トクマはリンクとゼルダに理由を話して自身の魔力測定の協力をお願いしたのだが、いきなりつまずいた。

ゼルダ「ハスターの【魔力制圧】の会得もしくは似たような能力を身に付けるという線は良かったですよ。ただし、再現するには茨の道どころか硫酸が撒かれた道を匍匐ほふく前進で駆け抜けると言っても過言じゃないでしょう……魔力を扱った事もない素人が高ランクに値する精神操作だけでも難しいうえに範囲を限定して魔力そのものをコントロールするのはさらに上……ハスターの補助があって成り立つ事を自身の力だけで行う……ハッキリ言って人生数回賭けて会得出来るか怪しいぐらいの無謀さです。おまけに――」

 ゼルダがうっすらと笑う様子を見て、リンクは『あ』と言葉を漏らした。

 ……ドSスイッチが入った。

ゼルダ「【魔力がたったの5】じゃ基本魔法ですら唱えられない」
トクマ「ぐっ!」

ゼルダ「そもそも魔法や魔術の【基礎すら知らない】」
トクマ「あぐっ!」

ゼルダ「習得ランクを知らないで【出来ると思っていた】」
トクマ「ひでぶっ!?」

ゼルダ「あなたって……










































       本当に【バカ】」

トクマ「ゴファッ!!」
リンク「タオル! 誰かタオル投げて!!」

 容赦ない言葉に反論の余地がなく、トクマは足を生まれたての子鹿よろしく震えながらも必死に倒れないように立つ。

リンク「ゼルダ、流石に言い過ぎだ! トクマだって【こんなんでも】なんとか頑張ろうとしてるんだぞ!!」
トクマ「ブルシャァ!?」
ゼルダ「あ、リンクがとどめ刺しました」

 まさかの伏兵にトクマは地面に倒れ、ゼルダの言葉にリンクは『しまった』という顔を見せる。

リンク「え!? ごめん、そんなつもりはなくて……」
トクマ「リンクなんて……リンクなんて……






































 深夜にゼルダとイチャイチャラブラブSMプレイでもしてろォォォォォォォォォォォ!!」

リンク「お前去り際に何恐ろしいこと言ってんだ!?」

 あまりの悔しさに大声をあげながら走り去るトクマにリンクは止まるように手を伸ばすもトクマは止まらずにゼルダとリンクを残して広場から去っていった。

ゼルダ「そんなことよりリンク、来月に行うイベントについて相談したいことがあるのですが……」
リンク「そんなこと!?」

 去った後にこんな会話があった事をトクマは知らない。

 感想やコメントはまだ。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。