二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

すばらしきスマブラの日常(笑)
日時: 2018/12/17 20:53
名前: トクマ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=64

   開設日:2016/03/26 11:09

 画面の前のみなさま初めましておはこんばんちは。トクマと言います。

 このスレでは、トクマの分身とも言えるオリキャラを中心にクロスオーバーで扱うあらゆるキャラ達との日常でもあり非日常の文を思い付くまま気の向くままに書いていきます。小説カキコ初心者ゆえに未熟で満足出来ない所もあるかと思いますが何卒よろしくお願い致します。

〈注意事項〉
・トクマには文才がないので所々文章がおかしかったり訳がわからなかったりするかもしれません。予めご了承ください。
・完全な俺得オリジナル設定が盛り沢山です。キャラ設定や世界観設定は随時アップしていきます。
・キャラ崩壊やメタネタ、パロディやクロスオーバーなどが普通に出てきます。その為『このキャラダレだ?』や『こんなキャラじゃないのに!』と思われます。
・時折カプ要素出てきます。基本的にNLが多いですが、時としてBLネタが出てくるかもしれません。
・キャラは初代から最新作までほぼ全てのキャラがいる前提で話を進めています。また、キャラによっては出番が多かったり少なかったりします。ご容赦下さい。
・小説の感想やコラボ、キャラの貸し出し申請やキャラや世界観の質問はいつでも大歓迎でございますが、誹謗中傷や他の閲覧者の迷惑になるような書き込みはやめてください。


※目次や注意事項やキャラ設定は随時更新及び修正していきます。


   【もくじ】

 【世界観等々の設定資料】 >>1


 『〜スマブラ長編〜』
【これが日常ですけどなにか?】
本編 >>2-3 >>4-5 >>6-7 >>8-12
オマケ >>13

【リアル動物ごっこ(笑)】
本編 >>14-15 >>16-17 >>18-20
オマケ >>21-22

【マスターハンドのワクワク☆発明品】
本編 >>137-139 >>145-148 >>156-158
オマケ >>140 >>159

【混沌の宴! その名はオトーリ!!】
本編 >>167-169 >>177-179 >>189-192
オマケ >>170

【ワタボーハザード】
本編 >>300-302 >>310-313 >>325-327

【真っ赤なXマス】
本編 >>349-351 >>354-357 >>365-368

【未知なるニューステージ!】
本編 >>374-377 >>385-389
オマケ~変隊とは?~ >>390


 『〜スマブラ大長編〜』
【覚醒・ドルピック島編】
予告編 >>23
準備 >>29-30
一日目 >>39-41 >>47-50
二日目 >>56-58 >>65-68
三日目(前編) >>75-77 >>83-85
三日目(後編) >>94-99 >>106-109
オマケ >>86
あとがき >>110

【激闘!アナザーキャスト編】
序章 >>193
黒いシンデレラと金色猿と闇乳首 >>196-198
別の自分とゆるキャラと衝撃発言 >>206-208
ラーメンと恋罵女と思い出 >>215-217
アラジンとガチ泣きと弱音 >>222-224
逃走と闘争と回想 >>231-233
復帰と侍と母の言葉 >>238-240
死闘と切り札と悪童と姫騎士 >>254-257
変隊創設者と心と拳 >>280-282
私と俺とシンデレラ >>288-290
オマケ >>225
あとがき >>291
エピローグ・A >>297


 『〜スマブラ短編〜』
作者とスマブラメンバーで銀魂パロ >>24
2017年バレンタイン短編小説集 >>123-124
スマテスト >>249
スイカは割るより切る方が美味い >>260-262
世にも奇妙な怪談☆話 >>265-268
トクマ版改変コピペネタ集 >>272
2017年のハロウィン事情 >>334-335
グダグダな日常小話 >>339-340


【スマブラの日常(笑)〜エピソード0〜】
彼らとのファーストコンタクト >>117-118
彼らとの親交会(という飲み会) >>130-131
彼らとの共通点 >>243-244
彼らとの分岐点 >>320-322


 《タグ》
 スマブラ とある魔術の禁書目録 ストリートファイター ワンダーランドウォーズ クロスオーバー NL キャラ崩壊 裸族 変隊創立本部 変隊

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



すばらしきスマブラの日常(笑)〜エピソード0〜 ( No.118 )
日時: 2017/01/31 22:10
名前: トクマ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7/index.cgi?mode


 ※こちらでもカオス度マシマシでさぁ(笑)


マリオ「マスターただいまー」
マスターハンド「三人ともお帰り」

 二時間後、館にて椅子に座りながら新聞を読んでいたマスターハンドは帰宅したファイターたちを迎え入れる。

 彼らもそれを見て自然に挨拶を返す。これだけなら特に違和感のない光景だろう……

 ……彼らが全裸と半裸で小脇に黒髪の男性を抱えていなければ。

マスターハンド「あ、トクマ君もおかえり。不安は解消された?」
ワリオ「まあ気持ちはわかるぞ。俺様もファイターになるときは不安でいっぱいだったからな」
スネーク「だがその不安を乗り越えて一歩踏み出さなければ何も始まらないぞ少年」
トクマ「待って下さい。どうしてオレに原因があるかのような話になっているんですか?」

 うんうん、と自己完結して頷いている男たちに対し納得がいかないとトクマは問いただす。

リンク「違うのか?」
トクマ「違うよ! 館に入ったら裸になってる皆さんを見てびっくりしたんです!!」
スネーク「……ん? 裸を見るのが珍しいのか?」
トクマ「むしろ珍しくない方がおかしいと思うんですけど」

 先ほど追いかけてきた二人とは別に緑色の服を着た金髪の青年――先程までトランクス一丁だった――リンクがそれを聞いてズイ、と身を乗り出してくる。

ワリオ「まあ聞け新人。別に俺様たちだって好き好んで裸になってるわけじゃない」
トクマ「え? 違うんですか?」
ワリオ&スネーク「「否定はしない」」

 男たち全員からの変態発言に再びダッシュで逃げようとしたが今度は逃走すらできず腕をつかまれる。

トクマ「変態だ……」
リンク「アイツらはそういう種族なんだ……そう考えるしかないぞ」
トクマ「……いや、アンタもトランクス一丁になってただろ」
リンク「俺は酒に酔ってたんだ。いつもはそんなことしない」

 リンクの言葉にトクマはジト目で答える。

スネーク「まあ聞け少年、この格好には理由が有るんだ」
トクマ「そりゃ、理由もなく全裸だったら文明レベルは原始時代まで遡りますよ?」
ワリオ「温故知新というヤツだな」
トクマ「ツッコミませんよ。それで、全裸だった理由はなんですか?」

 スネークとワリオの言葉に少し呆れを覚えつつもトクマは質問する。

スネーク「実は少年が来る前に大乱闘をしてシャワーを浴びようとしたんだ」
トクマ「はあ」
スネーク「しかし、シャワーが故障していてお湯が出るのが一つしかなかったんだ……一秒でも速く汗を流したいと思って誰がお湯のシャワーを浴びるかジャンケンで決めようという話になったんだ」
トクマ「なるほど、それで?」
スネーク「ん?」
トクマ「いえ、それでどうして裸になってたんですか?」
マリオ「何をいう。じゃんけんをする時は野球拳をして服を脱ぐに決まっているだろう?」

 トクマの疑問をいつの間にか両手にアルコール飲料がたくさんあるビニール袋を持ったマリオが現れた。

 野球拳。じゃんけんに負けた方が来ている服を一枚ずつ脱いでいくちょっと嫌らしいゲーム。

 昔高校の同じクラスの一人が言っていた。

 ――“女の子との野球拳は最高だ”と。

 同時に言っていた。

 ――“男同士でやっても何にも面白くない”と。

 気が遠くなるような感覚の中でトクマはそのセリフを数年がかりで理解した。

トクマ「貴方方は野球拳以外のジャンケンを知らないんですか!?」
リンク「いや、聞くんだ新人。誤解しないで欲しい……俺は服を脱ぐつもりはなかった」
トクマ「はぁ……」

リンク「『ただ自然と脱げていた』……俺の言っている事わかるよな?」
トクマ「いいえ、微塵みじんも」

 真剣な表情で答えるリンクにトクマは真顔で即答した。ほのかにアルコールの臭いがする……この金髪、マリオ達がトクマを追ってる間に酒を飲んでたな……

マリオ「さあ、今からお前のちょっとした歓迎会だ! ちょうど喉も渇いてると思うからたっぷり飲んでくれ」

 笑顔でマリオは手に持ってた大量のアルコール飲料を広げて酒を勧めてきた……このおっさん酒飲みたいだけだろ!!

トクマ「とりあえず服を着て下さいよ! ちょっ、今飲むっていいま――!?」
リンク「それ以上は言うな新人!」

 トクマが異議を唱えようとしたら、リンクがその言葉を両断した。

トクマ「へっ?」
リンク「俺はお前の答を聞いてないしお前もその答を言っていない……それで皆が幸せになれる。わかるな?」

 両手でハートマークを作りながら優しくトクマに話しかけるリンク。

 ……イヤイヤイヤ良くねーだろ!? なんだその無茶苦茶な答え!!

トクマ「いやいや、俺はのまな――」
リンク「言わせるものかぁ!!」
トクマ「フグゥッ!? ゲホッゲホッ、どーするんですか思いっきり飲んじゃいましたよ!?」

 リンクは酒を飲まないと言おうとしたトクマの口にお酒を入れることで防いだ……こいつやっぱり飲みたいだけだろ! 仮にもこいつ勇者だぞ!! 絶対に酔ってるって!!

スネーク「いいか少年。いや、トクマ」
トクマ「なんですかッ」
スネーク「聞いているとお前は目の前の事に対してあまり踏み込まない節があるように見える……自分の領分で出来る事と出来ない事を分けるかのように……」
トクマ「ぐ……べ、別にそんな事は……」

 先程とは一転、真面目な雰囲気で話すスネークの考察に図星を当てられ、何とか誤魔化そうとトクマは目線を背ける。

マリオ「あるだろう? 現に飲みたくない、酔いたくないから避けようとしている」
ワリオ「それは良くないな新人。時には無謀が活路を切り開く事があるんだ。それなのに全裸で公道を走るのは良くないなどと――」
トクマ「それはこっちが正しくないですか!? ともかく! オレは絶対に飲みません!!」
































     〜〜一時間後〜〜






























トクマ「だっしゃあ――――っ! ナンボのもんじゃい!!」
マリオ「ヒューッ! やるじゃねぇかトクマ!」
リンク「三人抜きたぁ恐れ入ったぜ!」

 そこには、両手に空のビールジョッキを持って背けるぐらい身体を大きく伸ばして雄叫びをあげるトクマがいた。

 マッハの速さで悪酔いかい!!

 彼の足元には酔いつぶれたであろうワリオとスネーク、キャプテンファルコンがいたのは見なかった事にしよう。

 ……言い忘れていたが、これはトクマがスマッシュブラザーズに来て間もない物語である。


 ここまで! 感想やコメントOKです!!

(あまりの嬉しさに)緊・急・速・報!! ( No.119 )
日時: 2017/02/18 17:48
名前: トクマ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7/index.cgi?mode

トクマ「今日は乱闘は休みだし……のんびりするか〜」

トクマ「その前に布団干さねぇとな。明日が晴れって保証はないし、窓を開け――」














































アリス「クマちゃぁぁぁん!!」(開けた窓からフライングクロスチョップの体勢でダイナミック入室)
ピーター「クマの旦那ぁぁぁぁ!!」(開けた窓からドロップキックの体勢でダイナミック入室)

トクマ「げふらっ!?」

アリス「聞いてよクマちゃん! 大変大変大変タイヘンタイヘンタイヘンタイヘンタイ、変態なんだよクマちゃん!!」
ピーター「そうだぜ! 変態なんだクマの旦那!」
トクマ「誰が変態だ。あと、ドアから入って来い」(右手でアリス、左手でピーターの頭を掴んでそのままアイアンクロー)

ピーター「ぐぁああぁあ……」
アリス「ず、頭蓋ずがいが、頭蓋骨がミシミシとイッテルゥ……」
シネレッタ「トクマ! すごいニュースがあ――なにこの状況!?」
トクマ「おう、シネレッタ。すごいニュースってなんだ?」
シネレッタ「この状況で聴くの!? その二人にかけてるアイアンクローをまずは解こうよ! 気になって話ができないよ!」

アリス&ピーター「ウゥ……頭がまだ痛い……」
トクマ「それで、話ってなんだ?」
シネレッタ「それじゃあ言うけど……驚かないでね?」
トクマ「ハンッ! 自室の窓からバカ二人がダイナミック入室してきた以上の驚きがあるとでも?」
スカーレット「達観してるわね」
吉備津彦「……諦めているのでは?」
ミクサ「……ん……」

シネレッタ「実はね――








































 なんと、今年の4月26日に私達の公式ドラマCDが発売決定したんだよ!!」

トクマ除く全員「イェー!!」

サンドリヨン「収録されているショートストーリーは全て書き下ろしで四話あり、どれもおもしろそうなお話ばかりです!」
ピーター「オレ的にはお前がどんなドジをするか見物だけどな」
フック「言ってろ悪ガキ……期間限定でゲームにも使えるアイテムコードが封入されてるが、セガストアもしくはアニメイトで購入するとさらに特典がついてくるぞ。こいつはいいお宝だ」
温羅「ワシ、タノシミ!」
美候「忘れないように予約しときな! キキッ!!」

サンドリヨン「さらに! 東京、大阪、名古屋のセガ店舗にて私達のグッズが一部販売されるそうです」
ミクサ「……チャン……ス……」

シネレッタ「さぁ、予約しに行こう!」
サンドリヨン「グッズを買いに行く準備を!!」

トクマ「………………」
シネレッタ「……あれ?」

ピーター「おいおい、クマの旦那。ノーリアクションはつまらねぇよ」
アリス「そうだよクマちゃん! せっかくフリしたんだからリアクションをし――……」

アリス「……………」
ピーター「ど、どうしたアリス?」
アリス「……カーレちゃん、ちょっと来て」
スカーレット「……?」

 ペタッ(トクマの首に手を置く)

 ジーッ(トクマの目を見る)

スカーレット「…………」(合掌)
ピーター「なに!? なんなんだよ!!」
サンドリヨン「なんで合掌してるんですか!?」























































スカーレット「……息してない」
全員「あまりの驚きで!?」



 ワンダーランドウォーズ公式ドラマCD発売決定おめでとう!! 自分は絶対に買う予定です!!

アリス「え!? コレがオチなの!?」


 現在、短編と本編を同時進行で制作中……先に短編が書き上がるので近い内に更新します。


 感想やコメント、ご自由にどうぞー!!

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.120 )
日時: 2017/02/18 17:21
名前: 黒猫δ

どうも、黒猫δです。お久し振りですね


黒猫δ「ネタが降ってこない&リアルが……とか、中の人は言ってましたね……」


ドラマCDですか、おめでとうございます!みんなテンション高いな!?その調子でとんでもないカオスを起こさないで……あ、既に起きてました。はい



レオナルド「起きがけに窓から部屋に突入はされたことありますよ……まだ、仕事ならいいものの、フェムトが裸族技のために入ってきたときは、視界シャッフルして逃げました……」

フェムト「良いのが思い付いたからね!君で試そうとしたのさ!」

黒猫δ「相手の了承を得てからにしてください」

レオナルド「さらっと言ってるけど、了承取られたら良いってことなの!?」

レイ(あ、これ素だ。素で技かけられるだけだと思ってる)



コメント失礼しましたm(__)m

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.121 )
日時: 2017/02/18 18:36
名前: トーチ ◆/MkMTfVD.6

ドラマCD買いだけどはたして近場で買えるかどうか。というか3月はNSとMHXXで飛んじゃうからなぁ。

ぶっ飛んだ出会いだなぁ。だから絆が強く結ばれたのかもね。

トクマさんは深雪乃どう思ってます?自分は使いこなせないからポンコツ可愛いキャラだと感じています。では

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.122 )
日時: 2017/02/19 15:21
名前: トクマ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7/index.cgi?mode


 こ、コメント返しするんだからね!

ルフレ「キメェ!? ツンデレ風にいうな!!」


 >黒猫δさん


 お久しぶりです黒猫δさん。

 えぇ、自分にとっても嬉しいニュースなので……カオスを起こさないように? 無理ですね(笑)

ワリオ「おお! 新たな裸族技か! ならばこちらも裸族技で返すのが礼儀だな!」
フォックス「どこの世界の礼儀だ!!」
マリオ「技をかけるなら、迷惑かけてる悪いヤツにしろよー」
トクマ「そういう問題ですか!?」


 >トーチさん


 なんで今年の三月はどうして欲しい物がたくさん販売されるでしょうかねぇ……本当になんでだよ……せめて四月か五月にしてくだセェ……

マリオ「そうだ! オレ達の絆はその辺のモノより強固だ!」
リンク「何事にも破れはしねぇよ!!」
ルフレ「そう言うなら酒を飲むな! 今、コメント返し中だろ!!」
ファルコン「誰だよ酒を持ってきたヤツは!!」

 深雪乃についてですか? トーチさんと同じように使いこなせないからという理由からポンコツ可愛いキャラもありますが、パロディのセリフが多いので自分は残念美人な年上キャラと感じています。


 べ、別にコメントや感想なんて待ってないんだからね!!

全員「 や め ろ !! 」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。