二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

すばらしきスマブラの日常(笑)
日時: 2018/12/17 20:53
名前: トクマ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=64

   開設日:2016/03/26 11:09

 画面の前のみなさま初めましておはこんばんちは。トクマと言います。

 このスレでは、トクマの分身とも言えるオリキャラを中心にクロスオーバーで扱うあらゆるキャラ達との日常でもあり非日常の文を思い付くまま気の向くままに書いていきます。小説カキコ初心者ゆえに未熟で満足出来ない所もあるかと思いますが何卒よろしくお願い致します。

〈注意事項〉
・トクマには文才がないので所々文章がおかしかったり訳がわからなかったりするかもしれません。予めご了承ください。
・完全な俺得オリジナル設定が盛り沢山です。キャラ設定や世界観設定は随時アップしていきます。
・キャラ崩壊やメタネタ、パロディやクロスオーバーなどが普通に出てきます。その為『このキャラダレだ?』や『こんなキャラじゃないのに!』と思われます。
・時折カプ要素出てきます。基本的にNLが多いですが、時としてBLネタが出てくるかもしれません。
・キャラは初代から最新作までほぼ全てのキャラがいる前提で話を進めています。また、キャラによっては出番が多かったり少なかったりします。ご容赦下さい。
・小説の感想やコラボ、キャラの貸し出し申請やキャラや世界観の質問はいつでも大歓迎でございますが、誹謗中傷や他の閲覧者の迷惑になるような書き込みはやめてください。


※目次や注意事項やキャラ設定は随時更新及び修正していきます。


   【もくじ】

 【世界観等々の設定資料】 >>1


 『〜スマブラ長編〜』
【これが日常ですけどなにか?】
本編 >>2-3 >>4-5 >>6-7 >>8-12
オマケ >>13

【リアル動物ごっこ(笑)】
本編 >>14-15 >>16-17 >>18-20
オマケ >>21-22

【マスターハンドのワクワク☆発明品】
本編 >>137-139 >>145-148 >>156-158
オマケ >>140 >>159

【混沌の宴! その名はオトーリ!!】
本編 >>167-169 >>177-179 >>189-192
オマケ >>170

【ワタボーハザード】
本編 >>300-302 >>310-313 >>325-327

【真っ赤なXマス】
本編 >>349-351 >>354-357 >>365-368

【未知なるニューステージ!】
本編 >>374-377 >>385-389
オマケ~変隊とは?~ >>390


 『〜スマブラ大長編〜』
【覚醒・ドルピック島編】
予告編 >>23
準備 >>29-30
一日目 >>39-41 >>47-50
二日目 >>56-58 >>65-68
三日目(前編) >>75-77 >>83-85
三日目(後編) >>94-99 >>106-109
オマケ >>86
あとがき >>110

【激闘!アナザーキャスト編】
序章 >>193
黒いシンデレラと金色猿と闇乳首 >>196-198
別の自分とゆるキャラと衝撃発言 >>206-208
ラーメンと恋罵女と思い出 >>215-217
アラジンとガチ泣きと弱音 >>222-224
逃走と闘争と回想 >>231-233
復帰と侍と母の言葉 >>238-240
死闘と切り札と悪童と姫騎士 >>254-257
変隊創設者と心と拳 >>280-282
私と俺とシンデレラ >>288-290
オマケ >>225
あとがき >>291
エピローグ・A >>297


 『〜スマブラ短編〜』
作者とスマブラメンバーで銀魂パロ >>24
2017年バレンタイン短編小説集 >>123-124
スマテスト >>249
スイカは割るより切る方が美味い >>260-262
世にも奇妙な怪談☆話 >>265-268
トクマ版改変コピペネタ集 >>272
2017年のハロウィン事情 >>334-335
グダグダな日常小話 >>339-340


【スマブラの日常(笑)〜エピソード0〜】
彼らとのファーストコンタクト >>117-118
彼らとの親交会(という飲み会) >>130-131
彼らとの共通点 >>243-244
彼らとの分岐点 >>320-322


 《タグ》
 スマブラ とある魔術の禁書目録 ストリートファイター ワンダーランドウォーズ クロスオーバー NL キャラ崩壊 裸族 変隊創立本部 変隊

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



覚醒・ドルピック島編【三日目】 ( No.108 )
日時: 2016/12/31 23:34
名前: トクマ

 ……何故ダ……

 アドリエンヌの思考には疑問が満たされていた。サンドリヨンの復讐に来てみれば一人の一般人に振り回されている。

 ……何故……ナゼ……

 そして今もあの男の発言とともに――

 ……ナゼ……踊ってイルンだ!!

 ――敵味方問わずに踊っていた。時に軽快、時に激しく、時に快活に踊る様子にアドリエンヌの中で疑問が溢れかえっていた。

 ……これは間違イなく何かの能力ダ……ちょット楽し、いヤイヤいや違う違ウ!!

 必死に否定して自分のミニオンと強化兵に指示を出す。

アドリエンヌ「貴様ラ何をやっテイル! しっかり――」



































ミニオン「アドリエンヌ様。説得力ナイデス」
アドリエンヌ「アレェ!?」

 気付けば踊っていた。何を言っているのかわからないが事実そうなのだ。

 しかし、自分と同じサンドリヨンの復讐で来たメリザンドもこれに対抗してるハズと思いながら視線をメリザンドの方に向けるとそこには――
































 ――タップダンスをサンドリヨンに見せているメリザンドがいた。

メリザンド「サンドリヨン……貴女には出来そうかしら?」
アドリエンヌ「お前はナニヤッテンダァァァ!!」

 ドヤ顔でサンドリヨンを挑発するメリザンドにアドリブはツッコンだ。アドリエンヌの声にメリザンドは照れながら早口で説明し始めた。

メリザンド「誤解しないで下さいアドリエンヌ……これは不愉快にもダンスではしゃいでいる愚妹の心をへし折る為であって別に目立とうとは考えていません」
アドリエンヌ「それ言ってル時点デ楽しんデルよな!? 目立とうト考えテ『スゲェェェェ!!』今度はナにヨ!?」

 もはや言い訳にしか聞こえないメリザンドの言葉に指摘するアドリエンヌを大声が遮り、視線を向けるとサンドリヨンが踊っていた。

ピーター「スゲェ! 上半身を動かさずに下半身だけ激しく踊ってやがる!」
アリス「どうやってるのそれ!?」
サンドリヨン「アイリッシュダンスと言って、トクマさんの世界にある踊りです。教えてもらったその日から少しずつ練習していました!」

 ただし、上半身を全く動かさずに下半身だけ激しく踊る――アイリッシュダンスを踊っていた。ちなみにだが、作者もイッ○Qを見てチャレンジしたがあまりの難易度にギブアップした。

メリザンド「……」
アドリエンヌ「……め、メリザンド」

 無言でサンドリヨンを見つめるメリザンドにアドリエンヌが声をかけるとメリザンドは武器を召喚して――
































 ――へし折った。

アドリエンヌ「折っタァ!?」

 まさかの行動に驚愕するアドリエンヌを他所にメリザンドは折った武器を捨て、サンドリヨン目掛けて走った。

メリザンド「姉より勝る妹はいないという言葉を教えて差し上げますわ!! 覚悟はよろしくてサンドリヨン!!」
サンドリヨン「真の舞踏会はここから!!」
アドリエンヌ「そレはイイから武器ヲ拾っテ戦いナサいよぉぉぉぉ!!」

 もはや最初の悪役オーラがなくなった瞬間であった。というか、妹の方が凄い事をした事実に悔しくて姉の威厳を見せようとする姉妹になっちゃったよ!?

 そのままダンスバトルを始めるメリザンドとサンドリヨンを見なかった事にして、自分だけでもやろうと前を向いた。

トクマ「……」
アンリ「……」
折紙「……」
トーチ「……」
ドレディア「……」
アドリエンヌ「ッ!?」

 至近距離で見つめる五人に驚くアドリエンヌ。その様子をしばらく見つめた五人が何やらため息をして落胆した様子を見せ始めた。

トクマ「……なんか……残念だな……」
アンリ「……はぁ……」
折紙「……拍子抜けだな」
トーチ「ノリ悪いですね……自分が下手だと知られたくないからですか?」
ドレディア「アァ〜〜〜……ペッ!!」

 ドレディアさんだけ何処のオッサンだよ!! そんなツッコミが聞こえそうだが、プライドの高いアドリエンヌはこの様子にキレ、わなわなと震え――

アドリエンヌ「……ジョウとうヨォ……見てロ! 足腰立たナイぐらい圧勝シテヤルよぉぉぉ!!」
トクマ&折紙&トーチ「チョロいな」
ドレディア「アッアッアッ」
アンリ「……悪い顔だなぁ……」

 ――踊り始めた。その様子にアンリを除く四人は悪どい顔で笑う。

 かたや復讐の為に、かたや護るために戦おうとした両者が一人の行動によって敵味方とわずに踊る。この様子を知らないものが見れば、仲の良いメンバーでのダンス大会に見えるだろう。

トクマ「んじゃ、決めるぜ!! 準備はいいか?」

 トクマの声に全員が頷く。そして――

























全員「フィニッシュ!!」





























 ――終わりが決まった。そこから先はまるで遠足が終わった帰りに話す小学生のように、修学旅行の帰りに雑談する中学生のように和気あいあいと敵味方関係なく話す姿がそこにはあった。

アドリエンヌ「……ふふふ……躍りは終わりのようね……復讐をはたす時間よ……」

 一人を除いて、アドリエンヌが大剣を片手にトクマ、ルフレ、マック、当麻、サンドリヨン、アリス、ドレディアの七人に構え、緊張が走る。

トクマ「アドリエンヌ……その状態で言ってもしまらないぞ」

 ……アドリエンヌの足が生まれたての子ジカよろしく震えていなければの話だが……

アドリエンヌ「うルサい! 黙って聞きナサいこのザコ!!」
トクマ「よーし第二ラウンド始めるから
、しっかりオドロウカー」
アドリエンヌ「ちょ、待ちなサイ! コレ以上はサスがにむ――」

 アドリエンヌの言葉に腹が立ったのか笑っていない眼で踊り始めようとしたらアドリエンヌの身体を紫炎が包み、消えた時にはアドリエンヌの姿がなかった。

アリス「アドリエンヌが消えた!?」
トクマ「おのれ、逃げたか!」
メリザンド「いえ、タブー様に気付かれ、強制退去が始まったようですね……一度しか言いませんからしっかりと聞きなさいサンドリヨン」

 メリザンドが説明し、サンドリヨンへと何かを呟く。

メリザンド「―――――――――」

 とても小さな呟きを終えた後にメリザンドは手を軽く振り、紫炎に包まれて自分も消えていった。

ルフレ「あいつ……なんて言ったんだ?」
アリス「聞き取れなかったね」
サンドリヨン「みなさん、ホテルに戻りましょう」

 メリザンドの言葉に疑問を抱くとサンドリヨンがホテルに戻ることを提案した。

リンク「いいのかサンドリヨン?」
サンドリヨン「はい……トクマさん」

 リンクに返事をして、サンドリヨンはいつの間にか元に戻ったトクマに声をかける。

サンドリヨン「ありがとうございます」
トクマ「……………………………?」

 サンドリヨンの言葉にトクマは首をかしげ、サンドリヨンはそのままホテルへと歩きだした。

トクマ「……何でお礼言ったんだ?」
マック「オレが知るかよ」

 トクマの疑問にマックが答えられずに首をかしげる。サンドリヨンはメリザンドの言葉を思い出しながら、一歩一歩、歩いていく。
























メリザンド『悪くなかったですわ』

















































――――――――――――――――――――――――――――

マリオ「無事、亜空軍を撤退させた事に関して……乾杯!!」
全員「かんぱーい!!」

 その夜、ホテル内ではちょっとした宴会が始まっていた。流石は島一番のホテルであって郷土料理をシェフが存分に振る舞っていた。

トクマ「よっしゃ、飲むぞー!!」
アンリ「トクマさん。あなたはダメですよ。激闘の連続で身体がボロボロなので安静にしてください」
ティンニン「なの。ダメだよ」

 トクマも食べようとしたらアンリとティンニンに両肩を掴まれ、安静を言い渡された。

トクマ「……え……明日から! 明日から安静にするから今回だけ見逃して!!」
アンリ「ダメです! ハスターの負担があるかもしれないので飲まないで安静にしてください!! ドレディアさん、彼を連れていってください」
ドレディア「ディッアー」
トクマ「待って! 本当に待って! せめて、せめて好物のコロッケだけでもぉぉぉぉぉぉ!!」

 悲哀に満ちた声とともにドレディアに引きずられながらトクマは連れて行かれた。

マック「……なんか、外に出ても、いつもの日常と変わんねぇな」
当麻「そうだな……クロノダイルを除けば大して変わんなかったな」
ルフレ「……」
ルキナ「どうしたんですかルフレさん?」

 変わらない賑わいに苦笑しながら料理を味わうマックと当麻、その中でルフレはどこか納得がいかない表情をしていた。

ルフレ「……アイツらはどうやって俺達の居場所がわかったんだ?」
キリト「それはオレも気になったな」

 ルフレの言葉にアスナをつれたキリトも反応する。

キリト「あいつらはプライベートビーチがマリオとピーチの所有地だって事を知らなかった様子だった……調べればすぐにわかる事を何故調べなかったかが気になるな」
トレ子「偶然じゃないんですか?」
ルフル「それはありません。あの二人は戦いの経験があります。情報がどれだけ大切かわかっているはずです……現にあの奇襲で私達のほとんどが動けませんでした」

 謎の部分に首をかしげる七人。近くにいたゼルダも疑問を放つ。

ゼルダ「気になると言えば、あの二人が使っていた転移魔法もですね」
アリス「ゼルちゃん?」

ゼルダ「あの術式をこっそり解析しましたが、ワープしたい場所に魔力をマーキングしないといけないタイプの術式だったんですよ」
マック「となると、あいつらは真夜中にそのビーチにこっそり侵入してマーキングしたんスか?」
リンク「いや、禍禍しい魔力だからすぐに気付かれる……どんな手品を使ったのか気になるが……」

 謎が謎を呼び、さらに首をかしげるファイター。それを余所にサンドリヨンは一つのお皿に料理を乗せていく。

スカーレット「そのご飯はどうしたんだサンドリヨン?」
サンドリヨン「トクマさんに運ぼうと思ってよそいました……彼のお陰で少なくともメリザンドお姉様と少しだけ距離が縮みました」

 スカーレットの質問にサンドリヨンは笑顔で答える。

ミクサ「……大切な……人……なの……?」
サンドリヨン「はい! 新米だった私を鍛えてくださったお二人です! 大姉様とちぃ姉様も大切ですが、私はあの二人も大切なんです! 例え相手にその気がなくても、私にとっては強くしてくれたお二人を嫌いになんてなりません!!」
マリオ「オレもついていく……ハスターについて聞きたいことがあるからな」

 料理を持ってサンドリヨンとマリオは安静してるトクマの部屋へと向かった。































トクマ「うぅ〜うぅ〜ううぅうぅ!!」
ドレディア「……アァ……」

 一方部屋では、トクマは心底悔やんでいた。その様子にドレディアは苦笑する。

トクマ「食いたかったぁ……なぁ……話がしたいからドア閉めてくれるか?」
ドレディア「アッアー」

 ため息を吐いてドレディアに扉を閉めるように言い、扉を閉めた。

トクマ「……さて……――



































     ――テメェは誰だ?」

 扉が閉まった瞬間にトクマは斧を取り出し、ドレディアに刃を向ける。

ドレディア「アァッ!? ディ、ディディア! ディーア!」
トクマ「御託ごたくはいいから本性現せ、下手くそな芝居見せられて怒らないと思うなよ?」

 ドレディアは説得するも、トクマはいつもとは違う鋭い目付きで睨み付ける。しばらくの沈黙が続く。

 そして――


































ドレディア『……いつから気付いていた?』

 ――ドレディアからありえない声が放たれた。

覚醒・ドルピック島編【三日目】 ( No.109 )
日時: 2016/12/31 23:37
名前: トクマ

ドレディア『教えてくれないか? いつ気付いたのだ?』
トクマ「ピンナパークからの帰りだ」

 先程のドレディアとは思えない威圧感を放つ存在にヒリヒリと肌がしびれる。

ドレディア『参考までにどうやって見抜いたか聞いてもいいか?』
トクマ「参考にもならねぇ……彼女はオレと同じだっただけだ」
ドレディア『……同じ?』

 トクマの答えに目の前の存在は首をかしげる。

トクマ「あの子は人が怖いんだ……その為に周りを恐がらせて、傷付けて、震えてる……それなのにたった数時間で仲良くなるわけ無いだろ。そもそもあの子はお前みたいに嘘を隠せないんだ」

ドレディア『ふむ……見たこともないモノを見てはしゃいでいたこのポケモンの身体を借り、今のスマッシュブラザーズを確認しようと考えたが……そういえばお前はこのポケモンの名を呼んでいなかったな。参考にしておこう』

 トクマの返答に納得の様子を見せる。しかし、奥底が見えない感覚にトクマは平静をよそいながら吐き気を耐える。

トクマ「てか、お前は誰だよ」
ドレディア『紹介が遅れた……私は――』
トクマ「待った!!」

 ドレディアが話そうとするが、その前にトクマが待ったをかける。

ドレディア『……どうした?』
トクマ「まさかだが、その身体から出てくるつもりなのか?」
ドレディア『その通りだが?』
トクマ「それはやめておけ……会話が出来ないぐらいの惨劇が起こる」
ドレディア『……惨劇だと?』

 眉をひそめるドレディア。しかし、目の前の人物がウソを吐いているとは思えず、自身の持つ能力の一つで思考を読み取る。

 そこに映っていたのは、大きな存在感を放つ存在、対峙する目の前の人物、そして――









































 ――対峙している人物の後ろから襲いかかる緑の花姫がいた。

ドレディア『……それは困るな。仕方なくこの姿で話すとしよう』
トクマ「……ありがとう」

 ありえないと思うが、この身体を借りてわかったこのポケモンの異常性に頷くしかなかった。

ドレディア『それでは……仮初めの身体から失礼する……スマッシュブラザーズとの古傷がまだ癒えてなくてな……“禁忌の名を冠する神”“亜空皇帝”タブーだ』

 まさかのビックネームに固まるトクマ。ただ者じゃないと思っていたら亜空軍の大総統が来るとは思えなかった。

タブー『……反応がいいな。それで、貴様の持つ斧についてだが……少しわかったか?』

トクマ「……ハストゥールの鍵。斧だと思っていたら、本当は幽閉されているハスターの精神を武装として召喚、装着する為の鍵だとは思わなかった……大砲モードが赤外線キーだと知った時は複雑だったな……」

 構えてる斧を見つめ、トクマは複雑な表情を浮かべる。

タブー『魔力制圧……本来のハスターは空気中に漂う魔力を操り、天候を意のままに操ったとされる……先の出来事は全て見せてもらった。見事だ』

 タブーの声にトクマは無言だお辞儀をする。

タブー『誰一人傷つけることなく、「戦闘」を破壊した』
トクマ「成り行きです」
タブー『違うな』

 即答。その声にトクマは眼を細めて身構える。

タブー『魔力制圧で圧倒し、実力を見せつけ、同時に何をするかわからない印象を与え……意味不明な無差別攻撃に見せかけて周辺一帯に自身の魔力を浸透、その魔力で全員を自身に同調し、ダンスを強要して戦意喪失させた。細かいことは分からんがあれは完全に計画的だ』

 そこまで読まれていることに照れと同時に背筋から冷や汗が流れる。

タブー『その発想力と手腕は賞賛しよう……だが……「敵」である我が部下を傷ひとつ負わせず生かして返すとは何事だ』

 瞬間、濃厚な殺意が部屋を充満した。

タブー『ハスターの力を使えば貴様に敵対する敵全員に強制的な自害をさせる事だって可能なハズだ』

タブー『「敵として殺す価値もない、返してやるから大人しくしておけ」「オレを本気にさせるな」と。これは【極めて不愉快なメッセージ】だ』

 そこまで聞き、トクマは焦りと緊張が一周まわって冷静になった。

トクマ「……少々誤解があるようだけど……そういうメッセージだとしたらアンタはどう答える?」






















































タブー『本気にさせてやる。殺しあおう』

 ビキッ、タブーの発言にトクマは表情を歪めて復讐者のような醜い顔を見せる。それは『手を出せば貴様を殺す』という意思表示に見える。

 しばらく、お互いの悪意が、殺気が、殺意がぶつかり合う。『譲れば死ぬ』そう思えるような静かな沈黙の冷戦が続いた。

トクマ「……ふふ……」
タブー『……くくっ……』

 しばらくして互いが笑い、部屋の空気が緩和する。

タブー『と……言いたいところだが、私は争いを極力避けたいのだ。我が配下のためには貴様とは「調和ある対立」という路線を取らねばならない』
トクマ「物騒な試し方はやめてくれよ……危うく【本気にする】ところだった」
タブー『ふむ……それはおもしろいな』

 冗談なのか本気なのかわからない二人に沈黙の空気がまた流れ始める。

トクマ「……何を企んで、何を心配してるのか知らないけど……安心しろよタブー……オレは【一般人】だ」

トクマ「この身体は生きるためのもの!!」

トクマ「力など軽々しく振るえねぇよ」

 それは、『人として日常を過ごすが、その日常を邪魔したら一人の人間としてお前を殺す』とタブーは暗喩に聴こえた。

 ハスターの力を使わず、復讐者でもなく、人間としてタブーを殺す。

 それがどれ程愚かで、どれ程無謀で、どれ程滑稽で、どれ程悲惨で、どれ程、どれ程、どれ程不屈なのだろう。

 そう思うタブーは、腹の底から笑いが込み上げてきた。

タブー『くっ……はははははははははははははははははははははははははは、おもしろい!! 貴様を軽視していた事を謝罪しよう! 復讐者として呼ばれ、邪神に選ばれた事だけはある!! さらばだトクマよ!! 運命の交差するその時まで生ぬるい友好と安寧を!!』

 ドレディアの身体から水色の風が巻き起こる。部屋を荒らさずに部屋を走り回る風が窓めがけて出ていき、部屋に声が響く。

トクマ「ああ、お前もあんまり過ぎた悪さするなよ。亜空皇帝タブー」

タブー『ああ、戦場を打ち砕く最強の道化よ!! また会おう。復讐者アヴェンジャートクマ!!』

 窓から水色の風が出ていき、残ったのは涼しげな風が吹く部屋と意識が戻ったトクマだけである。

トクマ「やれやれ……忙しくなりそうだなぁ……」

 夜空に浮かぶ星と月を見ながら、トクマは呟いた。





















































ドレディア「アアァァァ!!」
トクマ「ちょ、ドレディアさんたんま! 仕方ないじゃん! あの空気で騒動を起こすわけにも――」
ドレディア「ディィィィ!」
トクマ「ま、待ってその技は危険だから他のにし――たらすくっ!?」

 なお、意識が戻ったドレディアに超人十字架落としが決まったのは余談である。

覚醒・ドルピック島編【あとがき】 ( No.110 )
日時: 2016/12/31 23:51
名前: トクマ

 【あとがき】

 どうも、トクマです。

 今回の話で『覚醒・ドルピック島編』は終わりです。

 元々は作者であるトクマの武器である斧の説明回だったんですが、バトル回になったのは予想外でした……まぁ、そのお陰でルフレ達の見せ場ができたので結果オーライですね!!

 今回の話に出てきたタブーですが、変態の予定でかんがえていました。しかし、それだと他と同じようになってしまうと思ったので急遽きゅうきょカリスマ溢れる悪役ラスボスキャラになりました。

 裏設定では、亜空軍とスマッシュブラザーズは和解している話もありましたが、それだと今年中に終わりそうにないので没になりました(笑)

 さてさて、今回の長編に出てきた気になるワードがたくさんありますが、それは話が進むにつれて語るとしましょう!!

 ここまで読んで頂き誠にありがとうございます! 皆様の応援があってこそここまで頑張って書けました!!

 今年は色々ありましたが、ありがとうございました!!

 もうすぐで新年ですが、これからもよろしくお願い致します!!

 それでは皆様、よいお年を!!


 ここまで! 感想やコメントOKです!!

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.111 )
日時: 2017/01/01 00:58
名前: トーチ ◆/MkMTfVD.6

もうあけましたおめでとう。トーチです

あぁ、男の娘の系譜か。長編お疲れ様でした。

トーチ「いやぁ、踊りは疲れたねぇ。」(バズーカ杖代わり)

メロウ「無理するから.....でも楽しかったわね。」


新スキルはあとは大聖だけなんだよなぁ.....(出ない)。温羅のカウンターがお気に入り。それでは

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.112 )
日時: 2017/01/04 22:03
名前: トクマ

トクマ「コメント返し!」
ドレディア「ドーレディッアー!!(はーじめっるぞー!!)」


 >トーチさん

 あけましておめでとうございます。トーチさん。

 それハスターちゃうwwwハス太くんちゃんやwww。えぇ、ぶじに長編が終わってホッとしています。ありがとうございます。

フック「無理やり踊らされて疲れたわ!!」
シネレッタ「私に似てた人ー! また会おうねー!!」

 サンドリヨンの新スキル未だ出ず……早く出て欲しい……


トクマ「コメント! 待ってまーす!!」
ルフレ「ドレディア、あのバカにボディブロー」
ドレディア「ディッア!!」
トクマ「タコスッ!?」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。