二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

すばらしきスマブラの日常(笑)
日時: 2018/12/17 20:53
名前: トクマ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=64

   開設日:2016/03/26 11:09

 画面の前のみなさま初めましておはこんばんちは。トクマと言います。

 このスレでは、トクマの分身とも言えるオリキャラを中心にクロスオーバーで扱うあらゆるキャラ達との日常でもあり非日常の文を思い付くまま気の向くままに書いていきます。小説カキコ初心者ゆえに未熟で満足出来ない所もあるかと思いますが何卒よろしくお願い致します。

〈注意事項〉
・トクマには文才がないので所々文章がおかしかったり訳がわからなかったりするかもしれません。予めご了承ください。
・完全な俺得オリジナル設定が盛り沢山です。キャラ設定や世界観設定は随時アップしていきます。
・キャラ崩壊やメタネタ、パロディやクロスオーバーなどが普通に出てきます。その為『このキャラダレだ?』や『こんなキャラじゃないのに!』と思われます。
・時折カプ要素出てきます。基本的にNLが多いですが、時としてBLネタが出てくるかもしれません。
・キャラは初代から最新作までほぼ全てのキャラがいる前提で話を進めています。また、キャラによっては出番が多かったり少なかったりします。ご容赦下さい。
・小説の感想やコラボ、キャラの貸し出し申請やキャラや世界観の質問はいつでも大歓迎でございますが、誹謗中傷や他の閲覧者の迷惑になるような書き込みはやめてください。


※目次や注意事項やキャラ設定は随時更新及び修正していきます。


   【もくじ】

 【世界観等々の設定資料】 >>1


 『〜スマブラ長編〜』
【これが日常ですけどなにか?】
本編 >>2-3 >>4-5 >>6-7 >>8-12
オマケ >>13

【リアル動物ごっこ(笑)】
本編 >>14-15 >>16-17 >>18-20
オマケ >>21-22

【マスターハンドのワクワク☆発明品】
本編 >>137-139 >>145-148 >>156-158
オマケ >>140 >>159

【混沌の宴! その名はオトーリ!!】
本編 >>167-169 >>177-179 >>189-192
オマケ >>170

【ワタボーハザード】
本編 >>300-302 >>310-313 >>325-327

【真っ赤なXマス】
本編 >>349-351 >>354-357 >>365-368

【未知なるニューステージ!】
本編 >>374-377 >>385-389
オマケ~変隊とは?~ >>390


 『〜スマブラ大長編〜』
【覚醒・ドルピック島編】
予告編 >>23
準備 >>29-30
一日目 >>39-41 >>47-50
二日目 >>56-58 >>65-68
三日目(前編) >>75-77 >>83-85
三日目(後編) >>94-99 >>106-109
オマケ >>86
あとがき >>110

【激闘!アナザーキャスト編】
序章 >>193
黒いシンデレラと金色猿と闇乳首 >>196-198
別の自分とゆるキャラと衝撃発言 >>206-208
ラーメンと恋罵女と思い出 >>215-217
アラジンとガチ泣きと弱音 >>222-224
逃走と闘争と回想 >>231-233
復帰と侍と母の言葉 >>238-240
死闘と切り札と悪童と姫騎士 >>254-257
変隊創設者と心と拳 >>280-282
私と俺とシンデレラ >>288-290
オマケ >>225
あとがき >>291
エピローグ・A >>297


 『〜スマブラ短編〜』
作者とスマブラメンバーで銀魂パロ >>24
2017年バレンタイン短編小説集 >>123-124
スマテスト >>249
スイカは割るより切る方が美味い >>260-262
世にも奇妙な怪談☆話 >>265-268
トクマ版改変コピペネタ集 >>272
2017年のハロウィン事情 >>334-335
グダグダな日常小話 >>339-340


【スマブラの日常(笑)〜エピソード0〜】
彼らとのファーストコンタクト >>117-118
彼らとの親交会(という飲み会) >>130-131
彼らとの共通点 >>243-244
彼らとの分岐点 >>320-322


 《タグ》
 スマブラ とある魔術の禁書目録 ストリートファイター ワンダーランドウォーズ クロスオーバー NL キャラ崩壊 裸族 変隊創立本部 変隊

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.370 )
日時: 2018/01/06 18:04
名前: ゆめひめ

ゆめひめです!

アリスはギリギリまでフロスティと戦い、そこへ皆が戻ってきて、遂に皆でフロスティを倒す事が出来た・・・・・




・・・のに肝心の袋が灰になっていたwwwwww偽物だったから良かったものの、元々あれを取り戻す為の依頼でしたから目的の物台無しにしてしまったらそら依頼人激怒しますよ;一瞬サンタが笑顔(ただし目は笑ってない)でトナカイの大群を呼び出そうとすることを想像してしまいましたよ;

そしてようやくのクリスマス兼新年会ですか。ビンゴか・・・いつも番号の前後しか当たらなくてリーチしかそろわない嫌な思い出が・・・
クリス「今その話してる時じゃないだろ」


この物語はもうちっとだけ続くんですね。分かります。
それでは~

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.371 )
日時: 2018/01/14 13:39
名前: トクマ


 今年に入って初のコメント返しだー!

ゼルダ「もう1月の三週目ですけど」

 アーアーキコエナーイ! なんもキコエナーイ!!


 >八雲さん

 コメントありがとうございます。

 変隊二人はあれです。フロスティと隕石の衝突の際に起きた衝撃波でああなったんです……たぶん、恐らく、メイビー……

 大切な袋がああなったら誰だって慌てますよwwwあれはやりすぎな気がしますけどねwww



 >ゆめひめさん

 コメントありがとうございました。

 袋がああなって慌てますが、もし本物ならとんでもない事になってますねwww

 自分は二回りも大きいトナカイの背に仁王立ちで立ちながらトクマ達を追いかけ回すサンタが浮かびましたwww



 コメント感謝致します! 今年もよろしくお願い致します!!

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.372 )
日時: 2018/03/06 12:38
名前: YUMA

先程作品コメントありがとうございます、ユマです。

*本題、例の暴走クリスマス騒動の話から

前編>
なんてこと。今回の一件はコタツでくつろいでた所にサンタがダイナミックな突撃したのが発端だったのですね(汗)

中編>
すんません、変態胸毛おじさんの暴走とトクマさんの暴走のご様子で腹筋持っていかれました、カオスありがとうございます。ユマ的には南国の民族衣装にボディペイントで"アナタはサンタクロースを信じますか"のメッセージ入れたら中々だと思いますが

後編>
最後はサンタクロースの袋が燃えちゃう残念オチでしたが偽袋を用意するのはサンタさんGJでしたねー...選りすぐりのプレゼント袋は大事にしましょう、とだけ。

*ではもう1つのメッセージを

1.トクマさんの使用スキル関連をツイートして下さいませ。次回以降の話に必須となりまして...

2."鳴"の力のサンプルボイスです。反応はどうでしょうか。

「ACode>Arms」(エアコード・アームズ)
<風属性の腕集中。

「RCode>Wfoot」(ライジングコード・ダブルフット)
<雷属性の両足集中。

「SCode>Thazard」(セットコード・タイプハザード)
<雷と風の併用。負荷が高いので注意。

「ECode>Tdeadheat」(エクリプスコード・タイプデッドヒート)
<基本的に使用禁止の月属性使用版のタイプハザード。

*なお、他にも多数ありますので。

ではこれにて

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.373 )
日時: 2018/12/10 17:56
名前: トクマ

 トクマ「カキコよ! 私は帰ってきた!!」

 生存報告ならびに久々な更新です。

 >YUMAさん

 返信遅くなり、申し訳ないです。

 今回の話は是非いれておきたい話だったので、サンタさんにはアウトローな感じにしました……どこぞの歌に『慌てん坊のサンタクロース』ってあるじゃないですか。それです。

ルフレ「ダイ・ハードだったけど!?」

 そ れ だ !!

 その発想はなかったですねwwwやべぇwwwイメージしたらヤバイ人になったwww

トレ子「失礼な! 私のどこにヤバイイメージがあるのですか!」
ルフレ「全体だよ」

 それと情報の確認できました。ドラマも楽しく見させて頂いています。

 今日の18:00くらいに投稿しますので、お楽しみに!!

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.374 )
日時: 2018/12/10 18:07
名前: トクマ


 みなさま、お久しぶりです!!

 サボっていたら、いつの間にか12月になっててビビってるトクマです!! 申し訳ありませんでしたァァァ!!
 ついに、スマブラSP発売しましたね! 多くのファイター達も登場する中でしずねさんやパックンフラワー、ペルソナ5のジョーカーが参戦する情報に驚きまくっております。
 これを期にスイッチ買うべきか……迷います……

 さて、本編はスマブラSPの事件から数ヵ月経った世界観でお送り致します。
 理由? それは今月中でわかるようにします!!

 それでは、どうぞ!!





 12月。

 冬なのに少し暖かいがニュースでは急激に寒くなると聞き、今の内に対策を施す人達を目にする。
 もうすぐ一年が終わろうとするが、彼らは何もしなかった訳ではない……むしろ事件に巻き込まれた側である。

 “灯火の星”事件

 今年の春にマスターハンド及びクレイジーハンドよりも格上の存在が出現、スマッシュブラザーズは全員で立ち向かい――数人を残して全滅した。
 格上の存在が隠していた切り札に全員が倒され、洗脳されて悪事に手を染めた。無事だった数人が洗脳を解いた事で再びスマッシュブラザーズは戦うことができ、無事に倒すことができた。
 そして、その無事だった数人の中には――

マリオ「えー、ここで全員に話すのは久しぶりだな。初めて話すヤツもいるから挨拶だけにするぞ」

 スマブラ邸のとある一室――食堂にて多くのファイター達が立食パーティーのようなモノを開いていた。

マリオ「世界を巻き込んだ大事件の主犯をなんとか年内に片付ける事ができてお疲れさん。えーそれでは皆様、そこら辺に転がっているグラスに飲み物を自分勝手に注いでお持ちください」
フォックス「なんて投げやりな司会!!」

 マリオの挨拶と指示にフォックスが突っ込む。今日は前述の事件による対処が終わり、新メンバーを迎える歓迎会を始めていた。欠けること無く集まったメンバー達に対して今日することは前夜祭、今年に入ってたくさんファイター達が増えたからどうせなら二日間使って歓迎会を含めて派手にやってしまおうという腹なわけだ。
 テーブルの上に並ぶのは和洋中華の料理の乗った大皿が複数枚、本格的な食材が届くのは明日になるので少し手抜きになってしまったが、そこは他のファイター達に許してほしい。なお、担当はメシウマ組なので手抜きでも充分豪華で美味しい。

マリオ「今日は今年に入って増えた新しいファイターと数名の変態の歓迎会だ。存分に飲み食いして明日にある本番を祝うために力をつけてくださーい」
デイジー「今とんでもないこと言わなかった!?」
マック「どうしてだ……明日を迎えることが少し怖くなってきた」
トレ子「マックさん」
マック「トレ子さん……」
トレ子「安心して、その恐怖すらそのうち快楽に変わるから!!」
マック「ど変態!! しかもその無駄に良い笑顔が腹が立つッス!!」

 トレ子が変態なのは今に始まったことじゃない。

リンク「カービィ、食欲を押さえるために上を向く努力は認めるがせめてヨダレは拭け」
カービィ「ち、違うよ!! これは……そう! 唾液だよ!!」
メタナイト「唾液とヨダレは同じだ」

ピーチ姫「あれ、サンドリヨンはお酒じゃないのかしら?」
サンドリヨン「その……私はアルコールに弱くて……」
ピーチ姫「ふーん」

 サンドリヨンの言葉にピーチ姫は軽く返事するも、目付きは怪しく輝いていた。

ゼルダ「あ、ピーチ姫がよからぬこと考えてますわ……」
ベヨネッタ「良いんじゃない? 面白そうだし」
リンク「いや、見てないで止めろよ」
クルール「ドンキー! 今度こそ決着をつけてやろう!」
ドンキー「そんなことよりバナナ食べてぇ!」
クルール「聞けよ!?」

 グダグダになりつつある空気にマリオは自分達らしいと軽く微笑み、周りに聞こえるように声をかけた。

マリオ「まぁ面倒なんであとは以下省略して、カンパーイ」
全員『『『カンパーイ』』』
キリト「ほんと雑だな!!」

 今更である。


 まだ続くので、コメントはまだ。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。