二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

すばらしきスマブラの日常(笑)
日時: 2018/12/17 20:53
名前: トクマ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=64

   開設日:2016/03/26 11:09

 画面の前のみなさま初めましておはこんばんちは。トクマと言います。

 このスレでは、トクマの分身とも言えるオリキャラを中心にクロスオーバーで扱うあらゆるキャラ達との日常でもあり非日常の文を思い付くまま気の向くままに書いていきます。小説カキコ初心者ゆえに未熟で満足出来ない所もあるかと思いますが何卒よろしくお願い致します。

〈注意事項〉
・トクマには文才がないので所々文章がおかしかったり訳がわからなかったりするかもしれません。予めご了承ください。
・完全な俺得オリジナル設定が盛り沢山です。キャラ設定や世界観設定は随時アップしていきます。
・キャラ崩壊やメタネタ、パロディやクロスオーバーなどが普通に出てきます。その為『このキャラダレだ?』や『こんなキャラじゃないのに!』と思われます。
・時折カプ要素出てきます。基本的にNLが多いですが、時としてBLネタが出てくるかもしれません。
・キャラは初代から最新作までほぼ全てのキャラがいる前提で話を進めています。また、キャラによっては出番が多かったり少なかったりします。ご容赦下さい。
・小説の感想やコラボ、キャラの貸し出し申請やキャラや世界観の質問はいつでも大歓迎でございますが、誹謗中傷や他の閲覧者の迷惑になるような書き込みはやめてください。


※目次や注意事項やキャラ設定は随時更新及び修正していきます。


   【もくじ】

 【世界観等々の設定資料】 >>1


 『〜スマブラ長編〜』
【これが日常ですけどなにか?】
本編 >>2-3 >>4-5 >>6-7 >>8-12
オマケ >>13

【リアル動物ごっこ(笑)】
本編 >>14-15 >>16-17 >>18-20
オマケ >>21-22

【マスターハンドのワクワク☆発明品】
本編 >>137-139 >>145-148 >>156-158
オマケ >>140 >>159

【混沌の宴! その名はオトーリ!!】
本編 >>167-169 >>177-179 >>189-192
オマケ >>170

【ワタボーハザード】
本編 >>300-302 >>310-313 >>325-327

【真っ赤なXマス】
本編 >>349-351 >>354-357 >>365-368

【未知なるニューステージ!】
本編 >>374-377 >>385-389
オマケ~変隊とは?~ >>390


 『〜スマブラ大長編〜』
【覚醒・ドルピック島編】
予告編 >>23
準備 >>29-30
一日目 >>39-41 >>47-50
二日目 >>56-58 >>65-68
三日目(前編) >>75-77 >>83-85
三日目(後編) >>94-99 >>106-109
オマケ >>86
あとがき >>110

【激闘!アナザーキャスト編】
序章 >>193
黒いシンデレラと金色猿と闇乳首 >>196-198
別の自分とゆるキャラと衝撃発言 >>206-208
ラーメンと恋罵女と思い出 >>215-217
アラジンとガチ泣きと弱音 >>222-224
逃走と闘争と回想 >>231-233
復帰と侍と母の言葉 >>238-240
死闘と切り札と悪童と姫騎士 >>254-257
変隊創設者と心と拳 >>280-282
私と俺とシンデレラ >>288-290
オマケ >>225
あとがき >>291
エピローグ・A >>297


 『〜スマブラ短編〜』
作者とスマブラメンバーで銀魂パロ >>24
2017年バレンタイン短編小説集 >>123-124
スマテスト >>249
スイカは割るより切る方が美味い >>260-262
世にも奇妙な怪談☆話 >>265-268
トクマ版改変コピペネタ集 >>272
2017年のハロウィン事情 >>334-335
グダグダな日常小話 >>339-340


【スマブラの日常(笑)〜エピソード0〜】
彼らとのファーストコンタクト >>117-118
彼らとの親交会(という飲み会) >>130-131
彼らとの共通点 >>243-244
彼らとの分岐点 >>320-322


 《タグ》
 スマブラ とある魔術の禁書目録 ストリートファイター ワンダーランドウォーズ クロスオーバー NL キャラ崩壊 裸族 変隊創立本部 変隊

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



覚醒・ドルピック島編【三日目】 ( No.98 )
日時: 2016/12/23 22:52
名前: トクマ

アドリエンヌ「最悪ダワ……」

 沈黙した空気で声が聞こえ、武器を構えて振り向くとそこには所々焦げあとがあるアドリエンヌとメリザンドがいた。

ルフレ「お前ら……なんで無事なんだ!」
メリザンド「それはこの能力のお陰ですわ」

 ルフレの問いにメリザンドは後ろにある紫がかった黒い穴を出して指を差した。

メリザンド「この穴を咄嗟に出したお陰で爆発の余波を受けるだけですんだのですわ……もっとも、桃色の極光を見たときは焦りましたが……」

 その言葉にまた沈黙が始まった。事情を知らない折紙とセリノは首を傾げるも切り替えてメリザンドに声をかける。

折紙「トクマリオや俺達は全快している。お前達には不利だぞ」
セリノ「大人しく撤退してください」
メリザンド「えぇ、普通なら……そうですわね……」

 その言葉と同時にメリザンドが指パッチンをすると後ろに暗い紫色のカーテンが現れ、そこからミニオンやミニオンを強化した強化兵、小型ゴーレムが大軍で出現した。

ピーター「おいおい……一気に敵が増え――」
































トクマ「がぁぁぁぁあああ!!」

吉備津彦「トクマ殿!!」
フック「何があった!!」
シネレッタ「急に苦しんだの……そしたら……」
ティンニン「なの。身体中に黒い紋様が浮かんだの!」
ルキナ「貴女……何をしたんですか!!」

 容態が急変したトクマをルキナは親の敵を見るような目でアドリエンヌ達を睨み付ける。

アドリエンヌ「私達をオイツメタ事を評しテ……【自身の過去二殺さレル】呪術をカケタノサ」
メリザンド「解いてほしければ、サンドリヨンを渡しなさい……」

 非道。一言で理解できた相手に数人が怒りに燃え始める。それは助けに来たメンバーも同じである。

折紙「……テメェらは……」
トーチ「……いい加減に……」
ミズキ「……してください……」

 各々の武器を携えてアドリエンヌ達に襲いかかろうとした瞬間に後ろから止められた。

折紙&トーチ&ミズキ「!?」

 振り向くとピーチ姫が慈愛の表情を向けていた。よく見ればルフレ達をリンクやフォックスの初代メンバーが止めていたことがわかる。

ピーチ「大丈夫よ」
折紙「いや、大丈夫って……」
トクマ「く……来るんじゃ……ない……」

 その表情に戸惑う折紙にトクマは苦しそうに呟き始める。

アンリ「当麻さん、幻想殺しは効きますか?」
当麻「いや、効果がない」
トクマ「たのむ……来るな……ソレを片手に……近付いてくるな……」

 アンリの言葉に左手をトクマに触れるが無効化されないことに歯噛みする当麻。

トクマ「屈しない……オレは……絶対に屈しない……!!」
ミズキ「トクマさん……」
アンリ「片手……ナイフでしょうか……」
トーチ「いや、拳銃かも知れない」
折紙「どうした? マック、当麻、ルフレ、吉備津彦?」

 苦しそうに呟くトクマの様子に心配する助けに来たメンバー、しかしルフレ達は何か気付いたのか複雑な表情を見せ始める。

当麻「いや、その……」
ルフレ「案外、余裕がある」
折紙「余裕?」

 当麻とルフレの言葉に疑問を浮かべているとトクマは大きな声で叫んだ。

トクマ「屈しねぇぞ……オレは……オレは……






































         ……シロクマになってたまるか!!」

全員「あ、まだ余裕だわ」

 わかった瞬間、全員が苦笑し始める。

 ……いや、確かにこれも彼にとっては悪夢だけど……この状況下で普通見るか!? 他の作者さんや読者がいたら『心配を利子つけて返せ!』とツッコミをいれられるぞ!!



 ※詳しくは『リアル動物ごっこ(笑)』参照。



トクマ「くっ……左右に肉球派、前後にモフモフ派、上にはスク水を持ったトレ子……万事休すか……!!」
ルフレ「このバカは何を見てるんだ……『上にはスク水を持ったトレ子』ってどういう意味だよ」
ピーター「トレ子がスク水持って天井に張り付いてるんじゃないのか?」
マック「……ありそうで怖いッスね」
アリス「さらに下には私たちギャグカオス組が――」
フック「追い打ちするな」

 トクマの言葉に呆れるルフレ、ピーターの軽口に想像して青褪めるマック、さらに悪夢にしようとして頭に拳骨を落とされるアリスと苦労人を見つけたような目でトクマを見るフック……予想以上に緩和した空気になったが、その様子をアドリエンヌとメリザンドは驚愕の表情を露にした。

 ……ありえない……確かに【自身の過去に殺される】呪術は悪夢を見せる……だが、それは入口に過ぎない。どのような悪夢を見ようとあらゆる手で殺しにかかる……ならば目の前の光景はなんだ? 何故この男は殺されていない。悪夢を見ているハズなのに何故落ち着いているのだ……魂が殺されて停止し、汚濁し、腐敗している頃なのに……何故……安らかな顔ができるんだ……

 トクマの様子にメリザンドはただ、ただ、困惑していた。

覚醒・ドルピック島編【三日目】 ( No.99 )
日時: 2016/12/23 22:59
名前: トクマ

 ラスト! 油断せずに行こー!!



メリザンド「なぜ……なぜ……何故悪夢を見る程度ですんでいるんだ!!」
マリオ「そんなこともわからないのか」

 メリザンドの叫びをマリオが両断する。

マリオ「そもそも、トクマ(こいつ)はファイターってより復讐者アヴェンジャーなんだよ」
ルフレ「……復讐者アヴェンジャー?」

 マリオの言葉にルフレは首を傾げながらトクマを見る。共同生活してたからこそわかるが、その言葉はトクマには程遠い言葉で似合っていないのだ。

マリオ「俺も資料で見ただけだから詳しい事はわからんが、トクマは十年間孤立していた時期があった」
当麻「じゅ、十年……」

 マリオの衝撃発言に当麻は目を丸くした。当麻も自身の体質で孤立していたからわかる……十年という長い歳月のなかでトクマはその苦しさに人知れず耐えていたのだ。

マリオ「それでもなお、トクマは手を伸ばしたが否定された。何度手を伸ばそうと、何度抗おうと、何度願おうと無慈悲に否定され、やっと受け入れられたと思ったら、それは自分を絶望に叩き落とす企みだったんだ」

マリオ「気付いてしまった瞬間、トクマは手を伸ばすことを諦めた。それは受け入れてもらえない現実を理解したと同時に憎悪とも言える“悪意”が芽吹いた」

マリオ「それからトクマは変わった。表面を偽り、心を壊し、感情を砕き、全ては復讐の為に身を費やした。人の壊し方を得る為に数多の武術を学び、効率よく壊せる技術を知る為に数多の知識を吸収した……自分を騙そうとした人達を騙し、恨みごとを言われようとトクマは他人事のように思って嘲笑していたそうだ」

マリオ「しかし、トクマは復讐を成し遂げてたはずなのに満たされる事は決してなかった……その答えはとある人の出会いによって解った……」

マリオ「『自分の考えを裏切って欲しかった』」

マリオ「自分が無意識に人を想っていた事に気付かされたんだ……嫉妬は信用、怠惰は希望、色欲は憧れ、憤怒は激励、強欲は情愛、暴食は夢、傲慢は期待……要するにアンビバレントだった訳だな。相反する二つの感情がトクマにあり、自分が勝手に落胆した人間にその考えを打ち砕いて欲しかったんだよ」

 その言葉に全員が沈黙する。トクマと親しかった者にとっては衝撃が走る程の事実であった。彼が普通を望んでいたのは知らない過去による影響だと気づかされたのだから……

アドリエンヌ「ソレの……そレノどこが関係アルのよ!」
マリオ「関係あるさ」

 その過去を否定するかのようにアドリエンヌは糾弾するがマリオは即答する。

マリオ「……とある吸血鬼曰いわく、『諦めが人を殺す。人は諦めを拒絶した時、人間は人道を踏破する権利人となるのだ』……一度復讐に身を落とした人間が這い上がって来たんだ。たかだか死の呪い程度で――




































 ――終わると思うなよ」」

 その言葉と共に一つの人影が立ち上がった。

 それはボロボロになっていても力強く立ちあがり、トレードマークとも言える赤は風に揺れ、その姿を彼は心の中で自分を救ってくれた実像ヒーローと幼い頃に憧れた虚像ヒーローの姿を重ねながら不適に笑い、驚愕を隠さないアドリエンヌとメリザンドを見つめる。いま、ここに――

トクマ「それが、それこそが、オレの新たな意義であり、今までの贖罪だ」

 ――……一人の復讐者が帰還したのだ。

ルフレ「……ト……クマ……」

 呪術で苦しめられたことなど無かったかのように堂々とした立ち振舞いでトクマはルフレに振り向き、気さくに笑った。


トクマ「ただいま、バカ軍師」


 ニヒルな笑みを向けたトクマを見たルフレは苦笑して――









































 その顔面を、思いっきり殴り飛ばした。


トクマ「あびゃ!?」
ルフレ「なぁにがただいまバカ軍師だよ!? 遅いぞバカとでも言えばよかったのか!? 言うわけねぇだろうが!! お前は自分を粗末にし過ぎだ!! もっと自分を大事にしろや!! マック、当麻、キリト!! お前らも蹴るの手伝え!!」
マック「いらねぇ心配をかけさせんなよ」
当麻「起きれるならさっさと起きろ!」
キリト「……」

ゲシゲシ(トクマを蹴る音)

ゲシゲシ(トクマを蹴る音)

ゲシゲシ(トクマを蹴る音)

ピロリロリン(トクマを蹴る音)

ゲシゲシ(トクマを蹴る音)

トクマ「ちょ!? やめ!! やめ、やめろぉ!! ワンアップ! ワンアップしてるから! 横腹とか肩のつけ根とか地味にキツいところばかり蹴らないで!! マリオさんもニヤニヤしながら参加しないで!! トレ子はそんな羨ましそうな目でこっち見んな!!」


 この光景を説明するならカオスと言うしかないだろう。さっきまでシリアス全開が今ではシリアル全壊である。

 あとトクマは気づいていないがキリトに蹴られている姿を見てアスナがトクマのことを羨ましそうに見ていた。もちろんキリトはそれに気がつきながらスルーである。

 そして、誰も気付かなかった……まさかキリトが別の意味で道を踏み外れる事になるとは……この変態と名高い私ことトレ子も予想できなか――」

トクマ「お前がナレーションしてたんかィィィィ!!」
ルフレ「不吉なナレーションはやめろ!」
アスナ「キリトくん、まさかバラの道に進むの!? 絶対ダメだよ!!」
キリト「進まないよ!!」

「…………しょぼん…………」

トクマ「誰!? いま、露骨にがっかりしたヤツ!!」
キリト「名状しがたい寒気が!?」
当麻「てか、オレ達の中に(ある意味)腐ったヤツがいるのか!?」

 トレ子乱入でシリアルが加速しちゃったよ……てか、知りたくなかった真実が発覚しちゃったよ! (別の意味で)腐った人がいるなんて!!

アドリエンヌ「……ふ……ケる……ふザケるなヨ!! 贖罪? 今さら罪ヲ償ウなんてムリダロ! 不愉快だ……フユカイだ!!」

 黙っていたアドリエンヌが癇癪を起こした子どものように大声をあげると周りのミニオンや強化兵に紫色のオーラが宿った。

マリオ「どうやら、本気のようだな……トクマ!」

 マリオの声にトクマは顔をあげると、笑ってアドリエンヌを指差した。

マリオ「ケジメはお前が着けろ。どんな結果になっても俺は責めねぇよ」

 マリオの言葉にトクマはおもむろに後ろを向く。そこには、助けに来てくれた他の作者たちがいた。

折紙「……いってこいよ」
トーチ「どうせ、止めても止まらないんだろ?」
ミズキ「危なくなったら、勝手に助けますからね」
アンリ「……無茶しないでくださいよ」

 どこか呆れたような、それでいて安心したような表情を浮かべて四人はトクマの背中を押した。それに対してトクマはサムアップで返し、斧を取り出して歩く。

メリザンド「……一度は助かった命をまた捨てに来るんですね……今の内に言いますが、狂ってますわね」
トクマ「知ってるよ」

 メリザンドの言葉に笑って答え、トクマは斧を掲げる。

メリザンド「……質問よろしいでしょうか……」
トクマ「ん?」

 メリザンドの質問にトクマは首を傾げる。

メリザンド「あなたは……世界が憎くないんですか?」
トクマ「憎いね」

 即答。その言葉に全員が固まる。

トクマ「だってそうだろ。オレは普通の日常を夢見てたんだ……それなのに戦いを強要してくるヤツにトラブルを巻き起こすヤツ、はた迷惑なヤツに裸族……挙げ句の果てに痛い思いをしたんだ……憎く想わない訳ないだろ」

 抑揚がないトクマの言葉に数人がバツが悪い顔をする。しかし、メリザンドは一つため息を吐いて指摘する。

メリザンド「ならば何故、笑顔で語るのですか」

 その言葉に全員が疑問を浮かべた。

トクマ「仕方ないだろ? あいつらとの日常が心地好くて、好きになったんだからさ」
メリザンド「……矛盾してますわよ」

トクマ「ハ、矛盾で結構……愛しいからこそ憎く思い、憎いからこそ愛しいと想える……人しか持てない“愛憎”っていう感情さ……こんな素晴らしい感情ものを語らないでいつ語るのさ?

 ……まぁ、自分的には長長しく話したけど要点だけ言うとさ……

 『この世界の“日常”が好きになった』

 ……たったそれだけさ……

 ……だからこそ――」

 ――勝たせてもらうぜ?

 その言葉を呟いたと同時に変化が起こった。

ティンニン「な、なの? 風が急に――」
フォックス「ちょっと待て! 今日一日は無風だぞ! なんで強風が――!!」

 風がトクマの周囲に集まっていく。まるで、何かに引き寄せられるかのように――

フォックス「トクマを中心に風が集まっている!」
ベヨネッタ「……来るわ」

 ベヨネッタの言葉通りに風景が歪み、何かが来た。

???『奮え! 叫べ! 解き放て!! 我が真名は――』
トクマ「ウォオオォォォォォォォォ!!」











































トクマ「ハスタァァァァァ!!」
ハスター「■■■■■■!!」

 トクマの声により、全身が黄色で大きなタコが奇怪な声とともに姿を現した。

アドリエンヌ「ナっ!?」
メリザンド「あれは、あの時見えたタコ!!」

 無人島で見たアドリエンヌとメリザンドは声をあげるがさらに風が強くなり、目が開けられなくなるぐらい荒々しく風が吹き荒れる。

ネス「わぷっ!?」
アリス「目が開けられないよ!!」
ブラピ「飛ばされないようにするので精一杯だ!」

 そして、パァンと弾けた音で吹き荒れた風が嘘のように止まり、目を開けるとトクマに変化が起こっていた。


























 風にたなびく赤いマフラー。


 踊るように揺れる黄色の布。


 視ただけでわかる強靭な四肢。


 顔全体を覆い隠す白一色の仮面。


 そこには、一人の――































 訂正、間違いがあった。

 わかりやすく簡潔に言おう。











































 プリキュアが着てそうなフリフリの黄色い服を着たムキムキマッチョマンが、そこにはいた。


全員「なんでだぁぁぁぁぁぁぁ!!」
トクマ「こっちのセリフダァァァァァァァ!!」

 悲哀が混ざった叫びが、青い空に響いた。



 ここまで! 感想やコメントOKです!!

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.100 )
日時: 2016/12/25 21:10
名前: 折紙


どうもお久しぶりです、折紙です。

いよいよ本格的なバトル回になってきましたね!。マックもキリトもルフレも全員かっこいいですな!。うちのメンバーたちも少しでも役に立てて良かったです。こいつは面白くなってきやがったぜ!。


マーリン「ふむ…。トクマリオの戦い方はなかなかだな。こちらのマリオが半無限的な魔力で圧倒的力で押すのに対し、トクマリオは無駄がない。聖騎士のように効率よく戦うやり方だ」
セリノ「そういえば、ゴンたちは闘っているときに常に念を体の中で動かして攻撃力や防御力を高めているって言ってたけど、それと同じなんだ…」
メリオダス「いやーしかしトクマさんってすげぇよなwww。あの状況でよくシロクマになりたくないだなんていえるよなwwww。それと最後はヤメエwwwwwwwww」
エリザベス「それにしても復讐者ってどういうことなのでしょうか?」
折紙「知らん。まあそれは少しばかし調べてみりゃなにかはわかるだろう。それに俺らにはやることがあるだろ…」
メリオダス「そうだな。じゃあもうひと踏ん張りするとしますか!」
折紙(しかしやはりトクマリオとうちのマリオは違うな…。おそらくトクマリオは”善”として生きてきた。だからあいつは壊れることなく正義でいれた…)



折紙(”罪の概念そのもの”になって苦しみ、狂い、壊れ続けたうちのマリオとは正反対だな…)

さて、次で敵は片付きそうかな…?。他の人たちに負けんように頑張らんとな!。
それでは。

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.101 )
日時: 2016/12/26 11:38
名前: 黒猫δ

どうも、黒猫δです。

トクマさん復活!ハスターでしたか。よくよく考えればクトゥルフはイカだった……
そして明かされるトクマさんとマリオの秘密。さらにバトル
シリアスが突然シリアルに変わり、さあ物語も終盤……といった感じでしょうか



黒猫δ「持ち直しましたね……安心しました、そしてハスター……風の王……出したっけ?黄衣の王でしたっけ?」

海月Ψ「黄衣の王は演目名じゃなかったか?」

シュルク「レオナルドさん達も間に合って良かったっす……」

アリギュラ「それにしても悪夢の魔法でシロクマは笑ったわwww動物にでも化ける魔法考えようかしら」

雪音「それ、俺に被害来ないか?絶対俺で試すよな?
あと、俺の兄弟……まぁ、ミズキのことだが暴走するなよ……」



コメント失礼しましたm(__)m

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.102 )
日時: 2016/12/26 14:40
名前: トーチ ◆/MkMTfVD.6

新スキル集めが大変なトーチです

リクエスト受けてくれてありがとうございます。いいのか悪いのかわからない状況だけど、まぁいい状況なんでしょうね!格好がヤバそうだけど!

メロウ「あれは.....なんて声かければ......フフッ......」
トーチ「いい雰囲気.....だよな.....」

すっかり修練勢になりました。全国は怖い。それでは


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。