二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

すばらしきスマブラの日常(笑)
日時: 2018/12/17 20:53
名前: トクマ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=64

   開設日:2016/03/26 11:09

 画面の前のみなさま初めましておはこんばんちは。トクマと言います。

 このスレでは、トクマの分身とも言えるオリキャラを中心にクロスオーバーで扱うあらゆるキャラ達との日常でもあり非日常の文を思い付くまま気の向くままに書いていきます。小説カキコ初心者ゆえに未熟で満足出来ない所もあるかと思いますが何卒よろしくお願い致します。

〈注意事項〉
・トクマには文才がないので所々文章がおかしかったり訳がわからなかったりするかもしれません。予めご了承ください。
・完全な俺得オリジナル設定が盛り沢山です。キャラ設定や世界観設定は随時アップしていきます。
・キャラ崩壊やメタネタ、パロディやクロスオーバーなどが普通に出てきます。その為『このキャラダレだ?』や『こんなキャラじゃないのに!』と思われます。
・時折カプ要素出てきます。基本的にNLが多いですが、時としてBLネタが出てくるかもしれません。
・キャラは初代から最新作までほぼ全てのキャラがいる前提で話を進めています。また、キャラによっては出番が多かったり少なかったりします。ご容赦下さい。
・小説の感想やコラボ、キャラの貸し出し申請やキャラや世界観の質問はいつでも大歓迎でございますが、誹謗中傷や他の閲覧者の迷惑になるような書き込みはやめてください。


※目次や注意事項やキャラ設定は随時更新及び修正していきます。


   【もくじ】

 【世界観等々の設定資料】 >>1


 『〜スマブラ長編〜』
【これが日常ですけどなにか?】
本編 >>2-3 >>4-5 >>6-7 >>8-12
オマケ >>13

【リアル動物ごっこ(笑)】
本編 >>14-15 >>16-17 >>18-20
オマケ >>21-22

【マスターハンドのワクワク☆発明品】
本編 >>137-139 >>145-148 >>156-158
オマケ >>140 >>159

【混沌の宴! その名はオトーリ!!】
本編 >>167-169 >>177-179 >>189-192
オマケ >>170

【ワタボーハザード】
本編 >>300-302 >>310-313 >>325-327

【真っ赤なXマス】
本編 >>349-351 >>354-357 >>365-368

【未知なるニューステージ!】
本編 >>374-377 >>385-389
オマケ~変隊とは?~ >>390


 『〜スマブラ大長編〜』
【覚醒・ドルピック島編】
予告編 >>23
準備 >>29-30
一日目 >>39-41 >>47-50
二日目 >>56-58 >>65-68
三日目(前編) >>75-77 >>83-85
三日目(後編) >>94-99 >>106-109
オマケ >>86
あとがき >>110

【激闘!アナザーキャスト編】
序章 >>193
黒いシンデレラと金色猿と闇乳首 >>196-198
別の自分とゆるキャラと衝撃発言 >>206-208
ラーメンと恋罵女と思い出 >>215-217
アラジンとガチ泣きと弱音 >>222-224
逃走と闘争と回想 >>231-233
復帰と侍と母の言葉 >>238-240
死闘と切り札と悪童と姫騎士 >>254-257
変隊創設者と心と拳 >>280-282
私と俺とシンデレラ >>288-290
オマケ >>225
あとがき >>291
エピローグ・A >>297


 『〜スマブラ短編〜』
作者とスマブラメンバーで銀魂パロ >>24
2017年バレンタイン短編小説集 >>123-124
スマテスト >>249
スイカは割るより切る方が美味い >>260-262
世にも奇妙な怪談☆話 >>265-268
トクマ版改変コピペネタ集 >>272
2017年のハロウィン事情 >>334-335
グダグダな日常小話 >>339-340


【スマブラの日常(笑)〜エピソード0〜】
彼らとのファーストコンタクト >>117-118
彼らとの親交会(という飲み会) >>130-131
彼らとの共通点 >>243-244
彼らとの分岐点 >>320-322


 《タグ》
 スマブラ とある魔術の禁書目録 ストリートファイター ワンダーランドウォーズ クロスオーバー NL キャラ崩壊 裸族 変隊創立本部 変隊

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.88 )
日時: 2016/11/30 20:40
名前: No@h  


―ドルピックタウン上空


アンリ「今の爆発音は一体……。」
ティンニン「なの……。嫌な予感がするの……。」
CDドラゴン「ぎゃう!?ギャオオオオ!!!!」
アンリ「ケントニス?どうし、うわ!?」
ティンニン「なの!?」
CDドラゴン「ギャウ!ギャオオオオ!!!!」
アンリ「ケントニス待て、止まってくれ!!」
CDドラゴン「ギャウ!ギャウン、ギャウ、ギャオ!」
ティンニン「え、血の匂いがするの……?」
アンリ「!まさか、誰かが怪我を……!?だとしたら危ない。急ごう!!」
ティンニン「なの!!」


*


No@hです。とりあえず2人と一匹を急行させましたが……トクマさん大丈夫ですか!?しっかり!!

……ていうかごめんトレ子さん、どうみてもふざけてるようにしか見えないから!?

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.89 )
日時: 2016/11/30 23:43
名前: 黒猫δ

お久しぶりです、黒猫δです。

さて、物語がとんでもなく加速しましたね……絶体絶命、やっぱりトレ子さんはカオス……マリオはいったい何者……


黒猫δ「……ギルドくんの予想、当たりましたね……」

ギルド「正直当たってほしくなかったなぁ……僕は戦闘ができないから助けにもいけないし……」

谷崎「あ、黒猫さン」

黒猫δ「どうしましたか?谷崎さん」

谷崎「机にこんな手紙がおいてあったンですけど」

黒猫δ「……えっと……『僕は助けにいきます。助けてもらったので』……おーい……ミズキくん……なにやってんですか……」



ドルピックタウン 何処か

ミズキ「ついたはいいけど、どこにいけばいいのかな……これ」

レオナルド「あ、だから僕つれてきたんです」

ミズキ「……そんなところ……かな?……まぁ、いいや」


ミズキ「トクマさん、助けに来ました………今、行きます」



とりあえず、ミズキくんとレオナルドを派遣……(勝手に来た)しました。どうか、無事でいてください……!



コメント失礼しましたm(__)m

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.90 )
日時: 2016/12/03 22:48
名前: 折紙


どうも、折紙です。いよいよ戦いが始まりましたがトレ子ェ…、あの人にシリアスは向かなそうですね…。はたしてトクマさんは無事なのでしょうか!?。


〜マンマビーチ近辺の海 上空〜


パッ!



マーリン「やれやれ。さすがに他の作者殿の世界へ瞬間移動するのは時間がかかるな」
メリオダス「十分だろ。飛行島ごと俺たちの世界から移動するのに何回かに分けてようやくだからな。他の魔道士じゃ魔力が足りねぇし、そもそもサイズ的に無理だろ」
マルス「けど亜空軍が復活したとなると、原因は知りたいね。僕らの世界にも影響は出かねないからね…」
エドガルド「それよりもまたあいつがやらかしやがったよOTL。せめてシリアスはシリアスでいてほしかったぜ」
エックス「あっちのトレ子って普通に戦ったらどのくらいの強さなんだろうな?。いや、一般人よりかははるかに上だと思うけどよ…」
折紙「まあまずはこっちのスマッシュブラザーズの手当を手伝おう。団長とエリザベスは負傷者の手当てを頼む。俺はセリノと一緒にトクマさんの所へ…」



ズドオオォォォォン……!!



全員「!!?」


ロト「おい!、今のはなんだ!?」
ヨシュア「みなさん!、あそこの無人島から火の手が!!」
キング「あれって確かスマートボム!?。あれほどの範囲じゃ使った人もダメージを受けるよ!!」
折紙「…これは急いだ方がいいな。マーリン、トクマリオの手枷はどういうタイプかわかる?」
マーリン「魔力による枷ではない。むやみに外そうとするならば爆発するといった仕掛けだろう。ただ、一般人ならともかくスマッシュブラザーズにとっては命の危険にすらならんな」
折紙「なら問題ないな。マーリンはトクマリオの枷を”絶対強制解除(アブソリュート・キャンセル)”で外せ、”完全なる立方体(パーフェクト・キューブ)”を使うのも忘れるな」
マーリン「了解だ」
折紙「エリザベスはマーリンの後にトクマリオの回復を頼む」
エリザベス「わかりました!」
セリノ「みなさん!、さっきの爆発はなにがあったんですか!?」
メリオダス「セリノ!。作者に言われたことはやったのか!?」
セリノ「はい!。作者に言われたとおりにマンマビーチ以外の重要地点7か所に4人ずつ仲間を生かしたよ!。被害が全土に回っても避難指示や敵の撃退は可能です!」
折紙「よし!、それじゃあ団長、エリザベス、マーリンはトクマリオ達の所へ!、俺とセリノはトクマさんを助けにいくぞ!。他は俺の連絡がないかぎりは待機だ!」
全員「はい!!(おう!!)」


ではトクマさん!、トクマリオの方に大罪メンバー3人、トクマさんの方に私とセリノで行きます!。データは言われれば書きます!。
みんな…無事でいろよ!。それでは!。

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.91 )
日時: 2016/12/04 22:59
名前: トクマ

トクマ「オレの右手が真っ赤に燃える! コメント返しをしろと轟き叫ぶ!!」

ルフレ「普通に返せ!」

 コォォォメェェントォ……返……しぃぃぃぃッ!! ……始めるよっ!


 >トーチさん

 感想ありがとうございます。

 新技ジャバがレーザー出したのは驚きましたね。一瞬固まりましたよ。果たしてトクマの安否は……どんどん言ってくれても構いませんよ? 主にトレ子とかトレ子とか……トレ子とか?

 もはやあるあるネタですね。MAXになって欲しいのに限って別のヤツがMAXになりますよね……あの落胆を自分は忘れません。


 >No@hさん

 アンリとティンニンの二人が来るのですね。応援ありがとうございます! 次回にて彼の様子がわかると思います……トレ子さんはあんな感じでもマジメなんですよ……多分、恐らく、きっと、メイビー……
 

 >黒猫δさん

 感想と応援ありがとうございます。ギルドくんの予想が当たってしまいましたね……ここから物語が加速しますので楽しみにしてください。マリオは只者じゃないことは確かでございます……トレ子さん? 変態以外に何があると?

 ミズキくんとレオナルドくんですね! わかりました!!


 >折紙さん

 感想と応援ありがとうございます! 果たして亜空軍の狙いとは……?

 しょうがないよエドガルド、それがトレ子さんなのだから。

 大罪メンバー三人とセリノ、折紙さんですね! セリノは白猫プロジェクトの赤い髪で青い目の少年のような男性で良いんでしょうか? すみませんがセリノに関してのデータをお願い致します。手間かけてすみません。




マリオ「戦いもいよいよ佳境に入る……」
リンク「果たして、その先にある結末とは……」
ピーチ「次回もサービス! サービスぅ!」
マルス「……トレ子さんに関しての意見も多いけどこれに関しては?」
マリオ&リンク&ピーチ「変態以外にあるとでも?」
マルス「すごい説得力……!!」


Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.92 )
日時: 2016/12/09 22:57
名前: 折紙


どうも、中間テストからようやく解放された折紙です。遅れてすいませんでした。
はいデータですね、ではセリノと同時に自分の戦闘データも書いておきます。セリノの方はオリジナル設定こそありますが原作を意識しています。

折紙

具現化の魔法と水・氷属性を中心に闘う。音楽や曲を具現化することによってガードできても回避不可能な攻撃を繰り出せる(音で攻撃するため、一部の技は聴覚があるかぎり攻撃を受ける)。なお、技名は全てもとになった曲、歌がある。

・さいたら斬り
ティンパニーのマレットから荒波を具現化して、敵に水属性のダメージを与える。
・メイク・ハー・マイン
相手からの弾丸やエネルギー弾などを、一つだけ自分のものとして所有権を奪う。
・雪と氷の女王(レットイットゴー)
雪と氷を具現化して自在に操る(小さな氷の城で相手を閉じ込める、相手の周囲に吹雪を起こし視界を悪くさせる等)。
・最後の手紙(キャプテン・マードック)
聴覚による幻術。沈みゆく船に閉じこまれ溺れる幻を見る。


セリノ

数種類の武器を使う。観察眼がそこそこあり、相手の攻撃を数回見て、それがどのような攻撃かを判断して対応する。また、それぞれの武器にはスキルがあり、自身の魔力を使って発動する。


武器
・ロサ・ミスティカ(中・近距離武器の剣。スキルは自分の周囲数mほどの人を回復させる)
・エウロス・エレオス(近距離武器の拳。スキルは背に翼を生やし飛ぶことができ、相手を凍らすことができる)
・ハーゲンティ(中距離武器の槍。スキルは自分以外の姿を隠す(ステルス状態))
・グラウシディウム(遠距離武器の杖。スキルは自分の周囲数mほどの人物を眠らせる)


こんな感じ…かな?。あんまり細かく書いても迷惑がかかりそうなのでこんな感じです。



セリノ「武器スキル使ってる僕が言うのも変だけど、作者って空飛べたんだね」←エウロス・エレオスのスキルで飛んでいる
折紙「これか?。天使と悪魔の羽が描かれたカードに魔力使って具現化しただけだ。リーダーたちは全員何かしらの手段で空飛べっからな。移動は便利だ」←悪魔と天使の羽を背中に具現化させて飛んでいる
セリノ「それにしても、トクマさんがやられるほどの相手って…いったい…!?」
折紙「相性の問題も否定できねぇな。トクマさんの武器は破壊光線だせる斧だけだし、それに身体能力も俺より上だが脚力以外は一般人のクラスだ。魔力・特殊能力無しで戦うならシャナオウ辺りでもぎりぎりだろうな」
セリノ「それじゃあ…早くいかないと!?」
折紙「待て待て最後まで聞け。あの爆発が起きる一瞬前に謎の魔力を感じた。闇とは違う、異質な魔力を…」
セリノ「えっと……。だんだんわからなくなってきた!」
折紙「まああれは後で調べる。俺らはトクマさんの救出及び敵の捕縛、または撃破だ。いいな、気ぃ引き締めろよ!」
セリノ「は、はい!」


さーて亜空軍の尖兵共、盟友を傷つけた代償は払ってもらうぞ…!。
それでは!。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。