二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

すばらしきスマブラの日常(笑)
日時: 2018/12/17 20:53
名前: トクマ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=64

   開設日:2016/03/26 11:09

 画面の前のみなさま初めましておはこんばんちは。トクマと言います。

 このスレでは、トクマの分身とも言えるオリキャラを中心にクロスオーバーで扱うあらゆるキャラ達との日常でもあり非日常の文を思い付くまま気の向くままに書いていきます。小説カキコ初心者ゆえに未熟で満足出来ない所もあるかと思いますが何卒よろしくお願い致します。

〈注意事項〉
・トクマには文才がないので所々文章がおかしかったり訳がわからなかったりするかもしれません。予めご了承ください。
・完全な俺得オリジナル設定が盛り沢山です。キャラ設定や世界観設定は随時アップしていきます。
・キャラ崩壊やメタネタ、パロディやクロスオーバーなどが普通に出てきます。その為『このキャラダレだ?』や『こんなキャラじゃないのに!』と思われます。
・時折カプ要素出てきます。基本的にNLが多いですが、時としてBLネタが出てくるかもしれません。
・キャラは初代から最新作までほぼ全てのキャラがいる前提で話を進めています。また、キャラによっては出番が多かったり少なかったりします。ご容赦下さい。
・小説の感想やコラボ、キャラの貸し出し申請やキャラや世界観の質問はいつでも大歓迎でございますが、誹謗中傷や他の閲覧者の迷惑になるような書き込みはやめてください。


※目次や注意事項やキャラ設定は随時更新及び修正していきます。


   【もくじ】

 【世界観等々の設定資料】 >>1


 『〜スマブラ長編〜』
【これが日常ですけどなにか?】
本編 >>2-3 >>4-5 >>6-7 >>8-12
オマケ >>13

【リアル動物ごっこ(笑)】
本編 >>14-15 >>16-17 >>18-20
オマケ >>21-22

【マスターハンドのワクワク☆発明品】
本編 >>137-139 >>145-148 >>156-158
オマケ >>140 >>159

【混沌の宴! その名はオトーリ!!】
本編 >>167-169 >>177-179 >>189-192
オマケ >>170

【ワタボーハザード】
本編 >>300-302 >>310-313 >>325-327

【真っ赤なXマス】
本編 >>349-351 >>354-357 >>365-368

【未知なるニューステージ!】
本編 >>374-377 >>385-389
オマケ~変隊とは?~ >>390


 『〜スマブラ大長編〜』
【覚醒・ドルピック島編】
予告編 >>23
準備 >>29-30
一日目 >>39-41 >>47-50
二日目 >>56-58 >>65-68
三日目(前編) >>75-77 >>83-85
三日目(後編) >>94-99 >>106-109
オマケ >>86
あとがき >>110

【激闘!アナザーキャスト編】
序章 >>193
黒いシンデレラと金色猿と闇乳首 >>196-198
別の自分とゆるキャラと衝撃発言 >>206-208
ラーメンと恋罵女と思い出 >>215-217
アラジンとガチ泣きと弱音 >>222-224
逃走と闘争と回想 >>231-233
復帰と侍と母の言葉 >>238-240
死闘と切り札と悪童と姫騎士 >>254-257
変隊創設者と心と拳 >>280-282
私と俺とシンデレラ >>288-290
オマケ >>225
あとがき >>291
エピローグ・A >>297


 『〜スマブラ短編〜』
作者とスマブラメンバーで銀魂パロ >>24
2017年バレンタイン短編小説集 >>123-124
スマテスト >>249
スイカは割るより切る方が美味い >>260-262
世にも奇妙な怪談☆話 >>265-268
トクマ版改変コピペネタ集 >>272
2017年のハロウィン事情 >>334-335
グダグダな日常小話 >>339-340


【スマブラの日常(笑)〜エピソード0〜】
彼らとのファーストコンタクト >>117-118
彼らとの親交会(という飲み会) >>130-131
彼らとの共通点 >>243-244
彼らとの分岐点 >>320-322


 《タグ》
 スマブラ とある魔術の禁書目録 ストリートファイター ワンダーランドウォーズ クロスオーバー NL キャラ崩壊 裸族 変隊創立本部 変隊

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.78 )
日時: 2016/11/20 23:13
名前: トーチ ◆/MkMTfVD.6

小説見つからねぇ。トーチです

あの二人か。個人的に現状ヴィランはワニ>>>>>>雪だるま&ジャバって感じです(個人の感想)

メロウ(主人公補正ないとどれくらい強いのかしら?)
ベトベトン「自信なんて簡単にだせるど。自分がつよければだど。」

新キャストよりメロウ。アローラではアシカとベトベトンに愛を注いでます。それでは

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.79 )
日時: 2016/11/21 01:45
名前: No@h  


―ドルピックタウン上空―


アンリ「……厄介なことになったね。」
ティンニン「なの……。大丈夫かな……。」
アンリ「戻る途中で嫌な予感がして引き返してみたらこれだからね……。駆けつけたいところだけど、許可が降りない限りは無理そうだ。」
ティンニン「なの……ティンニンの"ハイヒール"で、マリオさんの手、治せないかなぁ?」
アンリ「そればっかりは、試してみないとなんともいえないかな。さて……【亜空軍】の本格始動、か……もう少し、色々と調べた方がよさそうだ。」
ティンニン「なの。ティンニン、アンリお兄ちゃんのお手伝い、頑張るの。」
アンリ「うん。よろしくね。さて……ケントニス、一応ホテル方面に向かってくれ。」
CDドラゴン「ぎゃう!」


*


どうもNo@hです。
なにやら不穏な気配がちょっとずつ形になってきたみたいですねぇ。
前に調査に向かわせた2人、必要なら支援という形で手伝いに行かしたいのですが大丈夫ですか?
特にティンニンはウチの回復メンバーでもありますし、アンリも知識の高さから薬の扱いや呪術的要素には慣れてるので役立つとは思いますが……。

だめならすぐに引き下がります。


では、無理せず続き頑張ってください

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.80 )
日時: 2016/11/21 17:51
名前: 黒猫δ

どうも、黒猫δです。

さて、楽しいはずの物語は一転し、シリアスになってきましたね……って、トレ子さーん!?何してんの!?

そして、毒ときましたか……あれ、ゴーリキーってタウリンにやられてたんでしたっけ……なにか関係が……?



黒猫δ「この事にタブーは関わっていないみたいですね……サンドリヨンさんのご姉妹はいったい何者……」

シュルク「なんか大変なことになってるっす……救援物資は送れるっすかね?」

宮沢「知りませんよ〜?」

黒猫δ「……とりあえず、解毒用のセレーネの小瓶を差し入れます……皆さんよくなりますように……」



コメント失礼しましたm(__)m

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.81 )
日時: 2016/11/21 17:58
名前: 折紙


どうも、テストやらバイト面接やらで今月に小説を出せる気配がない折紙です。

折紙「う……嘘だろ……。サンドリヨンって女だったのか…!?(プリプリマンの仮装)
ブラピ「口調見てわかんなかったのかよ!?。それと恰好でセリフが完全に台無しじゃねぇか!!。」

上はさておき、今回はまちにまった海、フゥーーーーーー!!!。


キャトラ「作者のノリが完全に今年の夏のリンデなんだけど!?」
ソロ「トクマさん!。海とかプールはマジで準備運動しろよ!。足攣ってエビルアングラー(アンコウの魔物。?で初登場)に喰われるぞ!」
ピーチ「ソロちゃん怖いことは言わないの。そしてルフルキがきたーーーーーー!!」
ホーク「ピーチ姫も落ち着けよ!?。あとトレ子は完全に筋金入りだなオイ!?」
ロト「さすがトクマサイドの代表的な裸族だなwwww。マーニャやレンファも負けてられなさそうだなwwwww」
ルイージ「激しくやめてっ!!」


そしていよいよ動きましたね、新生亜空軍…。ワンダーランドウォーズは知りませんが只者ではなさそうですね…。


アルチュール「王子様に好かれるために弱そうな人を落とす。普通に、そしてつまらない物語だね〜」
セリノ「片方はレイピアでもう片方は大剣、どちらも近距離型かな…?」
オレリア「いいえ、断定するのは良くないわ。どうやら裏に誰かはいるし、なにか隠し玉がある可能性も否定できないわ」
マルス「全員撤退はできたけど一ついい?。な ん で ま た お 前 だ」
テレーゼ「私もいいかしら?。あっちのマリオさんは大切な事を伝えるのにあそこまで ふ ざ け ま す か」


ま…まぁ平常運転気味な二人はいいとして、諦めない心。それは多くに勝ります。希望を…救いをなくさない限り、奇跡は必ず訪れる!。


折紙「さて、あいつにばれないように行かねぇとな」
メリオダス「後で怒られる方が楽に済むしな!」
セリノ「あの…そんなに危ないんですか?。マリオさんが行くと?」
ロト「そりゃそうだろ…」






ロト「あいつ趣味でプロレス教室行って先生になんてあだ名付けられた?、”ニンテンドーの鬼 ブロッケンマンLv100”だぞ」
メリオダス「オルゴ・デ・ミーラがマリオにガチで戦いに挑んだことがあんだよ。マリオが本気出して1分で完敗してた」
折紙「あいつ結構躊躇いとかないからな…。極悪組織の壊滅とかのミッション来たら普通に皆殺しクラスにいろいろヤバいから」
セリノ「」


躊躇いの無さといい呪いに抵抗するといい、トクマサイドのマリオ…略してトクマリオはハイスペックですね…。しかしこちらのマリオも戦闘能力に関しては負けてません!。呼びかけが来次第、増援を送りたいと思います。そちらのスマッシュブラザーズ及びトクマサイドの皆、お前たちの強さ、そして諦めない絆の強さ、奴らに見してやれ!!。
それでは!!。

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.82 )
日時: 2016/11/27 00:35
名前: トクマ

 さて、そんじゃ募集を始めますかね!

ルフレ「すでに来ているうえ、12月中に終わらせようと必死に書いてるのにか?」

 あーあー聞こえなーい! 本当は10月下旬に終わる予定だったのに長くなってしまった事なんて全く知らなーい!! コメント返しするよっ!


 >トーチさん

 感想ありがとうございます。

 本当ですよ……知ってるかい? あれで尖兵なんだぜ……強さ間違ってるだろ!! 尖兵って言葉辞書で調べてこいや!! 調べたけどリアルに意味が間違ってるぞ!!

 ポケモンはやってませんが好きなのはドレディアとガーディ、ワンダーランドウォーズはサンドリヨンです。新キャストはまぁ……保留ですかね?


 >No@hさん

 はい! 応援ありがとうございます! ティンニンさんとアンリさんですねわかりました……まさか上空にいるとは思いもしませんでした……

 形になる不穏な気配に待つ結末とは……!! 回復要員が足りない自分としてはこの二人は助かります。ケントニスくんも来るかい?


 >黒猫δさん

 はいwwwまたやりましたwww彼女がいるとシリアスがシリアルになりますねぇwww

 あ、ゴーリキーの毒と今回の毒とは何にも関係はありませんよ……今回の毒とはね……

ゼルダ「解毒用のセレーネの小瓶ありがとうございます。回復魔術も限界がありますので……」


 >折紙さん

トクマ「そうなんだ……実はサンドリヨンは女性だったんだ!!」(ブラックホールのコスプレ)
ルフレ「お前も対抗してキン肉マン関係のコスプレしなくていい!! てか、どうなってんだソレ!?」

 ちょ、折紙さんリアル気候は冬なのにwwwテンションが夏になったよwww

トクマ「安心してくれソロさん! クラゲの子供にリンチされたことあるから!!」
アリス「無駄にいい笑顔!?」
トレ子「ただルフルキを楽しみに待つ読者サービスしただけですよー」
ルフレ「だまれ変態。もう一度クラウカ?」(額に青筋浮かばせながら魔導書を構える)

サンドリヨン「アドリエンヌお姉様のパワーとメリザンドお姉様の剣技は新米時代の頃から今でも鋭さと力強さを覚えています……とても強いお姉様です」
マリオ&トレ子「本能のおもむくままに行った。後悔も反省もない!!」
リンク&ガノンドロフ「歯をくいしばれバカども」

 応援よろしくお願い致します!! 募集前からスタンバってた事には驚きましたが……ブロッケンマンLv100ってwwwなにソレ怖いwww

スマッシユブラザーズ全員『まかせろ!!』


 


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。