二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

すばらしきスマブラの日常(笑)
日時: 2018/12/17 20:53
名前: トクマ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=64

   開設日:2016/03/26 11:09

 画面の前のみなさま初めましておはこんばんちは。トクマと言います。

 このスレでは、トクマの分身とも言えるオリキャラを中心にクロスオーバーで扱うあらゆるキャラ達との日常でもあり非日常の文を思い付くまま気の向くままに書いていきます。小説カキコ初心者ゆえに未熟で満足出来ない所もあるかと思いますが何卒よろしくお願い致します。

〈注意事項〉
・トクマには文才がないので所々文章がおかしかったり訳がわからなかったりするかもしれません。予めご了承ください。
・完全な俺得オリジナル設定が盛り沢山です。キャラ設定や世界観設定は随時アップしていきます。
・キャラ崩壊やメタネタ、パロディやクロスオーバーなどが普通に出てきます。その為『このキャラダレだ?』や『こんなキャラじゃないのに!』と思われます。
・時折カプ要素出てきます。基本的にNLが多いですが、時としてBLネタが出てくるかもしれません。
・キャラは初代から最新作までほぼ全てのキャラがいる前提で話を進めています。また、キャラによっては出番が多かったり少なかったりします。ご容赦下さい。
・小説の感想やコラボ、キャラの貸し出し申請やキャラや世界観の質問はいつでも大歓迎でございますが、誹謗中傷や他の閲覧者の迷惑になるような書き込みはやめてください。


※目次や注意事項やキャラ設定は随時更新及び修正していきます。


   【もくじ】

 【世界観等々の設定資料】 >>1


 『〜スマブラ長編〜』
【これが日常ですけどなにか?】
本編 >>2-3 >>4-5 >>6-7 >>8-12
オマケ >>13

【リアル動物ごっこ(笑)】
本編 >>14-15 >>16-17 >>18-20
オマケ >>21-22

【マスターハンドのワクワク☆発明品】
本編 >>137-139 >>145-148 >>156-158
オマケ >>140 >>159

【混沌の宴! その名はオトーリ!!】
本編 >>167-169 >>177-179 >>189-192
オマケ >>170

【ワタボーハザード】
本編 >>300-302 >>310-313 >>325-327

【真っ赤なXマス】
本編 >>349-351 >>354-357 >>365-368

【未知なるニューステージ!】
本編 >>374-377 >>385-389
オマケ~変隊とは?~ >>390


 『〜スマブラ大長編〜』
【覚醒・ドルピック島編】
予告編 >>23
準備 >>29-30
一日目 >>39-41 >>47-50
二日目 >>56-58 >>65-68
三日目(前編) >>75-77 >>83-85
三日目(後編) >>94-99 >>106-109
オマケ >>86
あとがき >>110

【激闘!アナザーキャスト編】
序章 >>193
黒いシンデレラと金色猿と闇乳首 >>196-198
別の自分とゆるキャラと衝撃発言 >>206-208
ラーメンと恋罵女と思い出 >>215-217
アラジンとガチ泣きと弱音 >>222-224
逃走と闘争と回想 >>231-233
復帰と侍と母の言葉 >>238-240
死闘と切り札と悪童と姫騎士 >>254-257
変隊創設者と心と拳 >>280-282
私と俺とシンデレラ >>288-290
オマケ >>225
あとがき >>291
エピローグ・A >>297


 『〜スマブラ短編〜』
作者とスマブラメンバーで銀魂パロ >>24
2017年バレンタイン短編小説集 >>123-124
スマテスト >>249
スイカは割るより切る方が美味い >>260-262
世にも奇妙な怪談☆話 >>265-268
トクマ版改変コピペネタ集 >>272
2017年のハロウィン事情 >>334-335
グダグダな日常小話 >>339-340


【スマブラの日常(笑)〜エピソード0〜】
彼らとのファーストコンタクト >>117-118
彼らとの親交会(という飲み会) >>130-131
彼らとの共通点 >>243-244
彼らとの分岐点 >>320-322


 《タグ》
 スマブラ とある魔術の禁書目録 ストリートファイター ワンダーランドウォーズ クロスオーバー NL キャラ崩壊 裸族 変隊創立本部 変隊

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



覚醒・ドルピック島編【二日目】 ( No.68 )
日時: 2016/10/30 23:48
名前: トクマ

 ラストはコメディ要素が少ないマジメ展開です……ご注意を!

 ホテルのとある一室にて、マリオ含むスマブラメンバーの各代表とサンドリヨンと吉備津彦、鹿目まどかと暁美ほむら、ピカチュウ、インデックスが集まっていた。しかし、その空気はいつもより重かった。

マリオ「集まって頂いて感謝するみんな……単刀直入で言おう……亜空軍が動き出した可能性がある」

 その一言に周りの空気が張り詰めた。

リンク「それは確かなのかマリオ?」
マリオ「……先程でも言ったがあくまで可能性の話だ……断言は出来ないが、予測は出来る。ルフル、説明を頼む」

 リンクの質問をマリオは冷静に答える。

ルフル「マーレの入江を封鎖して調査した結果ですが微かな魔力の残滓が確認され、封鎖する前にいた周りの目撃者からは大きなワニのような姿を見たという声を聞きました」
ルキナ「ワニ……竜ではありませんね……」
アイク「……少なくても俺達の知る敵じゃないな……」
サンドリヨン「もしかしたら、私達が知っている敵かも知れません」

 ルフルの調査結果から議論するメンバーにサンドリヨンは答える。

クッパ「わかるのか?」
吉備津彦「以前、オレ達は先程の特徴に似た敵と戦った……しかし、そいつはオレ達が二度悪さをしないように目の前で封印したハズだ」
ピカチュウ「となると第三者の可能性は?」
ガノンドロフ「それについてだが……これを見てくれ」

 ピカチュウの言葉にガノンドロフは資料を周りのメンバーにまわす。

ガノンドロフ「その資料は昨日、ピカチュウに頼まれて検査したゴーリキーのデータだ」
ピカチュウ「……!! ガノン……これって!!」
ガノンドロフ「念の為に呼んだがやはりか……そのゴーリキーは旧世代のタウリンを使ったようだ」
デデデ「……旧世代? それはなんゾイ?」

 ガノンドロフの言葉に首をかしげるデデデ大王にフォックスが答えた。

フォックス「市販で売られ、安全性を確実にしたのが新世代。それすらも無視した違法モノが旧世代だ……昔のポケモンバトルはルール無用の真剣勝負だったから強さを求めるあまり旧世代に手を出すトレーナーが後をたたなかったんだ」
ピカチュウ「強い効果はあるけど副作用も酷かったから、今ではそんな事がないように厳しくやってるけどそれすらも潜り抜ける人がいるみたいなんだよ……」

 ピカチュウとフォックスの答えにデデデ大王は顔を少し歪める。

ガノンドロフ「魔術に詳しいインデックスを呼んだが……貴様はどう思う?」
インデックス「がのんの言う通りだと思う……副作用も酷いなら脳に対するダメージも大きいと思う……魔術は脳の容量を多く取るから両方使うと頭が暴走して良くて廃人、悪くて頭が(物理的に)爆発するよ」
カービィ「となると……他にもいることになるね……」
ピカチュウ「……」
サンドリヨン「……」

 ガノンドロフの答えにインデックスは淡々と答え、ピカチュウとサンドリヨンは心当たりがあるのか不安そうな表情をする。

マリオ「そう心配するなピカチュウ、サンドリヨン」

 それを見かねたマリオが声をかける。

マリオ「確かに不安だが、そればっかり考えて下を見ても何も始まらない……『どんなに小さな光でも、四方の闇を貫く力がある』……とある革命家が残した言葉だ……オレ達はスマッシュブラザーズだ」

 マリオの言葉に周りは静かになるが、先程よりも活気に溢れる目をしたファイターが一人、また一人と増え始める。

 マリオの言葉を最後にメンバーは各自の部屋に別れて解散した。

 余談ではあるが同時刻、マジカル☆バナナでうっかりバイオリンと言ってしまったトクマがバーサーカーになった美樹さやかに襲われていたのは誰も知れない。

 そして、夜が明ける。


 ここまで! 感想やコメントOK!!

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.69 )
日時: 2016/10/31 01:28
名前: トーチ ◆/MkMTfVD.6

金の力でMAXつくってます。トーチです(とんでいくとんでいく)

次はあの敵が出るのかな?強化版は泣かされました。

キリト「あそこの俺はなんていったらいいのか.....」
リン「世の中触れてはいけないものもありますわよ?」

スキルMAXはお金と運があればできます(覚悟がいる)それでは

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.70 )
日時: 2016/10/31 12:00
名前: No@h  


どうも!!No@hです


一方ではものすごいカオス展開の中でもう一方ではゴーリキーに旧世代の薬品使用の疑い……というかあのゴーリキーそんなことされてたのか!!


アンリ「そのゴーリキー、脳波もそうだけど身体の方もくまなくチェックした方がいいよ。使われたのが旧世代の薬品だけ、というのもなんだか違うように思える。

ティンニン「亜空軍……タブーがリーダーだったの。復活したのかな……。」

アンリ「どうだろう。彼が牛耳ってはいたんだろうけど……それだけじゃない気がするね。ふだんのアイツはそこまで頭は回らないし、魔力残滓の残り具合的に、もっと強大ななにかだったりするんじゃないかな……これは追求しがいがある案件だね。」

ティンニン「……?タブーって、冷静な魔王さんじゃないの?ティンニンはヨウ君たちからそんなにお話し聞いてないからよくわかんないの。」

アンリ「いや、ティンニンは知らなくていいことだよ。(ふう……いけないいけない。彼女は純粋組だった。)」

No@h「アンリ、ティンニン、悪いけど、向こうでその魔力残滓とか調べてもらっていいかな?こっちサイドの【災厄】が手を出してくる可能性もあるから。」

アンリ「うん、僕はもとよりそのつもりだったよ。」

ティンニン「なの?ティンニンも?わかった。いってくるの。アンリお兄ちゃん、よろしくなの!」

アンリ「よろしくね。……さて、行こうか、ケントニス。」

CDドラゴン「ぎゃう!」


そっちにパズドラ組のアンリとティンニンを調査サポートで行かせるつもりです。
もしなにかあったらアンリはメシマズクリーチャーを食べれる上に闇魔法の使い手なので戦えますし、ティンニンも回復魔法はだいたい使えますのでなんとかなるかと

ただティンニンは純粋組でアンリはギャグカオス組なのでそこが……。

あ、必要なかったら必要ないと仰って平気ですよ。
それでは無事にお過ごしください


Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.71 )
日時: 2016/10/31 18:14
名前: 黒猫δ
参照: http://C.C. black

どうも、黒猫δです。

やっぱりトレ子さんは自重しない!暴走する新メンバーのアスナさん。振り回される新メンバーの方々……これは疲れますね……
そして亜空軍と旧正規のタウリン。……何が起こるのでしょうか……



ギルド「……なにか一波乱ありそう……ってかある。……自分の能力は信じないけど、そんな気がする」

黒猫δ「……貴方が言うのであれば本当なのかも知れませんね……」

レオナルド「……どういう意味ですか?」

黒猫δ「時間を先読みしたんでしょう。彼のことだからたぶん」

ルフレ「……トクマさん、二日目、お疲れ様でした」


コメント失礼しましたm(__)m

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.72 )
日時: 2016/11/02 17:58
名前: トクマ

サンドリヨン「……」
ピーチ姫「大丈夫よサンドリヨン! 心配しなくていいわ!」
サンドリヨン「……ありがとうございます」

 不安が残るけどコメント返しいっくよー!!


  >トーチさん

 感想ありがとうございますトーチさん。えぇ、予想が正しければアレがでます……アレには泣かされましたよ……キリトくん。この世には知らなくて良いことがあるんだよ?

 金の力……金欠……待ったなし……ウッ!? アタマが!!


 >No@hさん

 感想ありがとうございますNo@hさん。

 というかNo@hさん鋭い! 実を言うとあのゴーリキーはとあるフラグなんですが、それはナイショにしときまっせ……意味がないのは自分の気のせいでしょうか……

 タブーが関係するかどうかは今後の展開ですね……あ、それと応援必要ないので大丈夫ですよー

トクマ「気持ちだけで充分ありがたいです。これはお礼です」

 ⊃ピーチ姫が焼いたクッキー&紅茶


 >黒猫δさん

 感想ありがとうございます黒猫δさん。

 トレ子さんはやっぱり自重しませんでした(笑)。アスナさんも暴走してさらにフルスロットルしますよ……その分で疲労も倍になります。

 一波乱ありますが、楽しみにして待っていただけると幸いです!!


トクマ「ちょ、おま、タイム! タイムタイム!!」
さやか「VIOLIiiiiiiiN!!」
トクマ「テメェはどこのバサスロットだ!!」
杏子「だから言っただろ……バイオリンは禁句だって……」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。