二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

すばらしきスマブラの日常(笑)
日時: 2018/12/17 20:53
名前: トクマ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=64

   開設日:2016/03/26 11:09

 画面の前のみなさま初めましておはこんばんちは。トクマと言います。

 このスレでは、トクマの分身とも言えるオリキャラを中心にクロスオーバーで扱うあらゆるキャラ達との日常でもあり非日常の文を思い付くまま気の向くままに書いていきます。小説カキコ初心者ゆえに未熟で満足出来ない所もあるかと思いますが何卒よろしくお願い致します。

〈注意事項〉
・トクマには文才がないので所々文章がおかしかったり訳がわからなかったりするかもしれません。予めご了承ください。
・完全な俺得オリジナル設定が盛り沢山です。キャラ設定や世界観設定は随時アップしていきます。
・キャラ崩壊やメタネタ、パロディやクロスオーバーなどが普通に出てきます。その為『このキャラダレだ?』や『こんなキャラじゃないのに!』と思われます。
・時折カプ要素出てきます。基本的にNLが多いですが、時としてBLネタが出てくるかもしれません。
・キャラは初代から最新作までほぼ全てのキャラがいる前提で話を進めています。また、キャラによっては出番が多かったり少なかったりします。ご容赦下さい。
・小説の感想やコラボ、キャラの貸し出し申請やキャラや世界観の質問はいつでも大歓迎でございますが、誹謗中傷や他の閲覧者の迷惑になるような書き込みはやめてください。


※目次や注意事項やキャラ設定は随時更新及び修正していきます。


   【もくじ】

 【世界観等々の設定資料】 >>1


 『〜スマブラ長編〜』
【これが日常ですけどなにか?】
本編 >>2-3 >>4-5 >>6-7 >>8-12
オマケ >>13

【リアル動物ごっこ(笑)】
本編 >>14-15 >>16-17 >>18-20
オマケ >>21-22

【マスターハンドのワクワク☆発明品】
本編 >>137-139 >>145-148 >>156-158
オマケ >>140 >>159

【混沌の宴! その名はオトーリ!!】
本編 >>167-169 >>177-179 >>189-192
オマケ >>170

【ワタボーハザード】
本編 >>300-302 >>310-313 >>325-327

【真っ赤なXマス】
本編 >>349-351 >>354-357 >>365-368

【未知なるニューステージ!】
本編 >>374-377 >>385-389
オマケ~変隊とは?~ >>390


 『〜スマブラ大長編〜』
【覚醒・ドルピック島編】
予告編 >>23
準備 >>29-30
一日目 >>39-41 >>47-50
二日目 >>56-58 >>65-68
三日目(前編) >>75-77 >>83-85
三日目(後編) >>94-99 >>106-109
オマケ >>86
あとがき >>110

【激闘!アナザーキャスト編】
序章 >>193
黒いシンデレラと金色猿と闇乳首 >>196-198
別の自分とゆるキャラと衝撃発言 >>206-208
ラーメンと恋罵女と思い出 >>215-217
アラジンとガチ泣きと弱音 >>222-224
逃走と闘争と回想 >>231-233
復帰と侍と母の言葉 >>238-240
死闘と切り札と悪童と姫騎士 >>254-257
変隊創設者と心と拳 >>280-282
私と俺とシンデレラ >>288-290
オマケ >>225
あとがき >>291
エピローグ・A >>297


 『〜スマブラ短編〜』
作者とスマブラメンバーで銀魂パロ >>24
2017年バレンタイン短編小説集 >>123-124
スマテスト >>249
スイカは割るより切る方が美味い >>260-262
世にも奇妙な怪談☆話 >>265-268
トクマ版改変コピペネタ集 >>272
2017年のハロウィン事情 >>334-335
グダグダな日常小話 >>339-340


【スマブラの日常(笑)〜エピソード0〜】
彼らとのファーストコンタクト >>117-118
彼らとの親交会(という飲み会) >>130-131
彼らとの共通点 >>243-244
彼らとの分岐点 >>320-322


 《タグ》
 スマブラ とある魔術の禁書目録 ストリートファイター ワンダーランドウォーズ クロスオーバー NL キャラ崩壊 裸族 変隊創立本部 変隊

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.63 )
日時: 2016/10/17 22:12
名前: 黒猫δ
参照: http://C.C. black

どうも、黒猫δです。


おお、新しいメンバー達は東方の方々でしたか!他のところでは裸族だったり、カオスクラッシャーだったり、色々ですからね……
そして、謎の夢に蛸……何かの暗示でしょうか……


黒猫δ「蛸ですか……クトゥルフ?あれ、イカだったかな、クトゥルフは」

ルフレ「ネクロノミコン(魔導書)捲ってなにやってるんだよ……」

白兎α「そして、東方の人たちが来たね!私は色んな動画とかで見るから、何人かは知ってるぐらいだけどね」

ラビ「ちなみに、中の人は咲夜がカッコよくて好きらしいさ〜」

黒猫δ「時間を操る能力の人はいるけど、……彼の能力、ぶっとんでるからなぁ……」


コメント失礼しましたm(__)m

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.64 )
日時: 2016/10/24 22:31
名前: トクマ

トクマ「……ぐぅぅぅ……」
幽香「ふふ、寝てるわね。みんな静かによ?」
ヒマワリ「「「はーい!!」」」

 コメント返し始めるべー!


 >トーチさん

 感想ありがとうございます。東方の幽香は霊夢が巫女として就任する前の先代巫女の時代から名をあげていた妖怪なので、東方勢の中では保護者兼最強のまとめ役として君臨しています。

 君の名は。やMHSTは大人気ですね。好きなモノがあると気合いが入りますが、入りすぎると空回りしそうで気を付けないといけないですね……スキルMAXオレもやってみたいよ!!


 >No@hさん

 感想ありがとうございます。実を言うとトクマのひざ枕されたこのリアクションはとある出来事につながっているんですよ……真相は今後を楽しみに……

トクマ「鬼ごっこしようぜくそ双子。捕まったらサンドバッグな?」
ルフレ「落ち着けトクマ!!」
当麻「ムカつくけど子供の言う言葉に目くじらをたてるな!!」

トクマ「いえいえ、No@hさんとヤミカラスも仲が良いですよ。今度会ったら『お互いのパートナーポケモンの良い所』をテーマに古今東西しませんか?」
マック「いや誰得だよ」

 幽香が話す彼については物語が進むつれに紐が解かれていきますのでお楽しみに!

幽香「ひまわりは油に使われるのは知ってるけどそのままでは食べられるかしら……?」
ヒマワリ「たべられるー?」
ヒマワリ「たべられるたべられるー?」
ヒマワリ「我々の業界ではご褒美です」(キリッ
ヒマワリ「太辺羅レたべられるヒャッハァァァァァァァァ!!」

ピーター「裸族キター!」(゚∀゚ 三 ゚∀゚)
アリス「やったー!!」(゚∀゚ 三 ゚∀゚)
ガノンドロフ「はしゃぐな!!」


 >黒猫δさん

 感想ありがとうございます。クトゥルフかどうかはこれから見ていただければお分かりできます……ただ……鋭いところはついてますよ。

 紅魔館のメイド長さんは自分も好きですよ(笑)ああ言うのをクールビューティーって言うんですかね? 能力である時間操作もスタイリッシュで良いですよね。


トクマ「……ぐぅぅぅ……」
幽香「……すー……」
ひまわり「ねてるねー」
ひまわり「ねてるねねてるねー」
ひまわり「ここが……アガルタ(理想郷)か……」
ひまわり「キマシタワー」
ひまわり「……え?」

覚醒・ドルピック島編【二日目】 ( No.65 )
日時: 2016/10/31 10:10
名前: トクマ

 ザァサァザァサァ雨が降る。

 その中で黒く濁った目の男性は座り込んでいる。

 ……あぁ、これは夢だ。全てを諦めたかのような目をして、周りを憎く見ていたあの日の記憶だ。

 【彼】は目の前の男性を見つめる。男性は雨の中でピクリとも動かず、傘もささずに雨に濡れていく……まるで自分は動くことさえできないナニカの亡骸なきがらだと主張するかのように……

 ……これがあの日の夢だとするならもうすぐ、“あの人”が現れるはずだ。なら、このまま雨に当たっていようじゃないか。




























 BGM:ビリーズ・ブート・キャンプで流れるあの音楽


 ……なんだこのBGMは? こんな音楽はこの場の記憶にはなかったはずなんだが……

トレ子「ハイッ! ハイッ! ハイッ! ハイッ!」
ワリオ「ヘイッ! ヘイッ! ヘイッ! ヘイッ!」
スネーク「セイ! セイ! セイ! セイ!」

 ……ファ!? なんかサンバ衣装着たトレ子とワリオ、スネークが変な体操しながら出てきた!? なんだよこれ!? オレ知らないよ!!

トレ子「ヘイ、そこのボーイ!! その全てを諦めたかのような顔でなに黄昏てるのでしょうか!! そんなときはこれ!!」

 そう言いながらトレ子が男性に差し出してきたのは……ショッキングピンクに輝く液体だった。しかも丁寧にペットボトルに詰められていてトレ子、ワリオ、スネークの裸族三人が融合した阿修羅あしゅらのようなキャラクターが印刷されている。

 もしかしたらだが、誤解してる方もいるからよく考えて欲しい……これが晴れていたら日光に反射して輝いているならまだわかる……だが、今は大雨だ。つまり、あのペットボトルの輝きは単体で光を発しているのだ。

トレ子「私達裸族が作ったこの【ネイキッドD】を飲んでください!! そうすれば新たな扉を開く事ができますよ!!」
ワリオ「そう不安そうな顔をするな! 自信ないモノをオレ様達は勧めないぞ! ちゃんと実績があるヤツしか勧めないからな!」
スネーク「例えば――女子中学生のMTさんはこのドリンクを飲んでボッチからカリスマ貴腐人きふじんにジョブチェンジし、周りから畏敬の念を持たれる人物になったぞ」

 いや、明らかに開いてはいけない扉まで開いてんじゃねぇか!! って男せぇぇぇいぃぃ!! 何勝手に動いてんのぉぉぉぉ!? 受け取るな!! 蓋を開けるな!! 口に運ぼうとするなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!











































トクマ「ウェェェェェエイ!? ……夢? ……夢で本当によかった……っ!!」

 男性がバイオウェポンを飲む寸前で夢から起きることが出来た。周りにはトクマの様子を心配そうに見る東方projectの四人とドレディアさんがいた。

魔理沙「たく、変な夢見ただけで大袈裟なんだぜ」
トクマ「黙れ魔女っ娘! 例え夢だとしてもあれを飲んでしまったらオレは夢なのに黄泉路に至ってしまっていたかもしれないんだぞ……っ!!」
霊夢&魔理沙&早苗「なにそれ怖い」

 トクマの言葉に震える三人。トクマは空を見ると日が傾いてる事に気付く。

トクマ「随分寝たな……いま何時だ?」
幽香「午後17時よ」
トクマ「そうか、午後17時な……の……」

 幽香の言葉にトクマの表情が抜け落ちていく、『まるで少しだけ仮眠しようと思っていたら、取り返しがつかない所まで寝た事に気付いた』ような落胆を見せて落ち込んだ。

霊夢「どうしたのよ? 驚いたり怒ったり落ち込んだりして忙しいヤツね」
早苗「霊夢さん。トクマさんは仮眠してからピンナパークで遊びたかったんだと思いますよ」
魔理沙「子供みたいなヤツだぜ」
ドレディア「……アァー……」
幽香「うふふ、また今度しましょう」

 落ち込むトクマ引きずりながら、一行いっこうは待ち合わせ場所のホテルへと向かった。

覚醒・ドルピック島編【二日目】 ( No.66 )
日時: 2016/10/30 23:43
名前: トクマ

 覚悟は出来ているか? オレは出来ている。


 ”シレナビーチ“

 夕日が見えるビーチに”ホテル・デルフィーノ“が建つドルピック島の名所の一つである。ホテル内はカジノやプールが設置されており、ドルピック島で唯一のリゾートホテルと豪語するのは過言ではない。事件に巻き込まれていたマリオはこのホテルのオーナーに無理やり引き込まれて面倒に付き合わされていた。

 現在では多少だが宿泊費をまけてくれる仲になっているのだから縁とは解らないものだ。

トクマ「着きました」
早苗&魔理沙「おぉー!!」
幽香「……大きいわね」
ドレディア「……ディアー」

 目的地のホテルに到着すると早苗と魔理沙は予想よりホテルの大きさに驚き、幽香とドレディアは小さく呟く。

霊夢「それでこれからどうするの?」

 霊夢がトクマに予定を聞く……よだれが少しだけ出ているのは恐らく目の錯覚なのだろう。

トクマ「それは――」














???「離せ!!」
トクマ「――ん?」

 予定を言おうとしたら突然の大声に遮られた。顔を向けるとそこには今にも襲いかかろうとする黒を基調とした服を着た青年とその青年を必死に抑える当麻の姿があった。

???「離してくれ当麻!!」
当麻「落ち着けってキリト!」
トクマ「どうした?」
当麻「トクマ! ちょうど良かった! キリトを止めてくれ!!」

 黒を基調とした服を着た青年――キリトを抑えてた当麻はトクマに助けを求める。

キリト「アイツだけは……アイツだけは許せないんだ!!」
トクマ「……アイツ?」

 キリトの怒りが宿る目を見たトクマは視線をキリトから前に向けるとそこには――
















 ――トレ子がいた。

トクマ「その首置いてけぇぇぇ!!」
当麻「なんでお前も襲いかかんの!?」

 瞬間、トクマは地面から斧を取り出してトレ子に襲いかかる。その時の動きは熟年の戦士を思わせる程だったとキリトという青年は語る。

トクマ「うぉぉぉぉ――」
幽香「ストップ」
トクマ「――キュペェ!?」

 だが、勢いよく襲いかかる直後に後ろから幽香がトクマの服の襟を掴み、動きを止める。

幽香「まずは理由を聞いてからよ」
トクマ「ゲホゴホッ……気管が……」
早苗「あの……教えてくれないでしょうか?」

 襟を掴まれた衝撃で気管を潰されて呼吸しようとするトクマを尻目に早苗はキリトから理由を聞こうとする。キリトは固く口を閉じていたが、七人の視線に負けて渋々話始める。

キリト「……アスナが……」
霊夢「……アスナ?」

 キリトの口から出た『アスナ』という言葉に反応する霊夢。気にせずキリトは話を続ける。

キリト「アイツの……トレ子さんのせいでアスナが……」

 その言葉を聞き、数人は最悪の結果を想像した。トレ子はキリトの大切な人である”アスナ“という彼女を――





















???「キリトくん?」

 ――ふと、声がしたので振り向くと茶髪のロングヘアでキリトとは正反対の白を基調とした服を着た女性がいた。

魔理沙「……誰だぜ?」
キリト「……アスナ」
霊夢「……え!? 死んでないの!」
キリト「勝手に殺すなよ!!」

 白を基調とした服を着た女性――アスナの登場により目を白黒させるメンバー。彼女をどこか儚げな目で見るキリトに少し息が荒いアスナをトクマ達メンバーは心配そうに見つめる。


































 ……ん? 【少し息が荒い】?


アスナ「キリトくん……
























































 一人だけ縛られるなんてズルいよ!! 羨ましい!!」

 瞬間、場の空気が凍った。予想だにしない言葉にトクマと当麻はギギギギ、と油が切れた機械のような音が出そうな動きでキリトに視線を向ける。

 そして、キリトの目は少しだけ濁っていた。

キリト「トレ子さんのせいで……アスナが……変態になってしまったんだ……」
トクマ&当麻「トレ子テメェェェェェ!!」

 【悲報】身内が真犯人だった。

 そんなテロップが流れるような事実にトクマと当麻はトレ子に襲いかかった。二人を止めようとした幽香は何故か目に熱を宿したアスナに邪魔されて止めれなかった。

トレ子「待って下さい! これにはマリアナ海溝より深い理由があって」
トクマ「変態にする程の理由ってどんな理由だよ!!」
当麻「お前に慈悲は無いのか!!」
トレ子「あったから変態にしたんです!!」
トクマ&当麻「ホントにどんな理由!?」

 二人の猛攻を必死に回避して説得するトレ子だが、二人の猛攻は勢いを増すばかりである。

アスナ「貴女がキリトくんを縛った人ですね……うらやまゲフンゲフン、許しません! キリトくんを縛り縛られは私です!!」
幽香「……その彼が目の前にいるからお願いしたらどうかしら?」
アスナ「ッ!! その手があった……キリトくん私を縛って! さぁ早く!!」
魔理沙「やめてやれ! キリトの目が死んでるぞ!!」

 アスナのおねだりにキリトの目が死んだ魚の目よりさらに濁りだす様子を見て必死に止める魔理沙。

 端から見てその様子はまさに――

早苗「カオスですね……」
霊夢「何故かしら……私の勘が他にもいるって告げてるんだけど……」

 早苗の言う通りである。

覚醒・ドルピック島編【二日目】 ( No.67 )
日時: 2016/10/30 23:45
名前: トクマ

 ――“ホテル・ドルフィーノ『客室』”

 あの【真犯人はトレ子騒ぎ】から落ち着きを取り戻したトクマ、当麻、キリト、魔理沙、早苗、ドレディアの五人と一匹はマリオから待機するよう言われて部屋に案内された。

 その時に早苗は生のマリオ本人に出会えてハイテンションだったのは語らなくてもいいであろう。

トクマ「あーしんど」
当麻「まぁ、精神的に疲労したよな」
早苗「本当ですよね……お茶いりますか?」
魔理沙「サンキューだぜ」
ドレディア「ディ! ディア!」
早苗「はい、ドレディアさんもどうぞ」
ドレディア「アッアー」

 つかの間の休息を楽しむ。ふと、当麻は出来事を振り返った。

トクマ「昨日がウソみたいだ……二日目がこんなにも疲れるなんて聞いてねーぞ」
当麻「そうだよな……あっちで過ごした日々とあまり変わらないな……まぁ、問題なく観光できただけでも良しとするか」
早苗「私達もピンナパークを楽しむことは出来ました。ヒーローショーがなかったのは残念ですがそれでも充分です」
ドレディア「ディッディア! ディディアドレディッア!!」

 思い出を振り返る当麻と早苗、ドレディアを見てトクマは羨む視線を向けながら自分も振り返った。

トクマ「オレ当麻より幸運低いのか……トレ子さんに会うわ、風見幽香って人に急にひざ枕されるわ、ピンナパーク楽しめなかったうえに変態が増えるわで疲れ――」
当麻「歯を食いしばれ」
トクマ「――なんでケンカ腰に!?」

 トクマの言葉に強く拳を握りしめる当麻に驚くトクマ。早苗もトクマの言葉に反応して素早く近付いた。

早苗「なんですかそれって!? 幽香さんがひざ枕したなんて私達知りませんよ!!」
魔理沙「そういや、私達が来た時は地面に寝ているトクマを幽香は見てただけだよな」
ドレディア「ディア?」
当麻「おま、風見幽香ってあの人だろ? 緑髪ショートの日傘を持った年上の女性だろ? 上条さんのドストライクな人にひざ枕って……ひざ枕って!!」

 一気に騒ぐ当麻と早苗の勢いに退き気味で下がるトクマに二人はここぞとばかりに攻め始める。

トクマ「落ち着け当麻。オレはあのひざ枕で命を握られた感覚を味わったんだ」
当麻「なんでそうなんだよ!!」
早苗「ときめきは! ときめきの要素は無かったんですか!? ひざ枕の感触は? その時の幽香さんに対する想いは? ぶっちゃけ恋したとか……そういうのはなかったんですか!? ぜひ! ゼヒ! ZE☆HI! 是非! 包み隠さず答えてください!!」
トクマ「あー……それは……その……えと……い、イロイロアンダヨ」
当麻&早苗「その色々を言えェェェェ!!」
トクマ「言えねぇから色々なンだろうが!!」

 青春真盛りの二人にキレ気味で返すトクマ。その様子を魔理沙とドレディアは茶菓子を食べながらお茶を啜る。

トクマ「つか、それは置いといて……あれだ」

 トクマが二人に向かってとある部屋の一角を指差す。その先を当麻と早苗が顔を向けると瞬時に複雑な表情になった。

 その訳は……その一角の空気である。



























ルフレ「」
キリト「」
マック「」
美琴「」

トクマ「落ち込んでるヤツ多すぎだろ」

 暗すぎて何故か部屋の照明が着いているハズなのにあそこだけ暗いという不思議現象を起こす四人にトクマと当麻(早苗とのじゃんけんで負けた)は四人に声をかける。

ルフレ「……マーレの入江で告白しようと思ってたのに封鎖されてた」
当麻「そういや、ドルピックニュースで流れてたな……」
トクマ「まぁ、明日と明後日があるんだ……元気だせって」

キリト「アスナが自重しなかった」
トクマ「安心しろ。お前と同じ悩みを抱えてるヤツが隣にいる」
当麻「それは元気付けてるのか……?」

マック「トレ子さんと似た人が五人増えた」
トクマ「増えたの!?」
当麻「マジかよ……アスナさんは知ってるとして他は誰なんだ……」

美琴「その内の一人が私の後輩だった」
トクマ&当麻「………………」
美琴「……何か言いなさいよ」
トクマ&当麻「……良いことあるって」
美琴「」(さめざめと泣く)

 もはや雰囲気ではなく、何かしらの闇を抱え始めてる事に頭痛を覚え始めるトクマ。すると玄関口から足音が聞こえる。

???「お、ここだな」
???「邪魔す……なんか暗いっ!?」

 出てきたのは赤いポニーテールの少女と水色ショートヘアの少女で共通点はテレビで言う魔法少女が着るような服を着た二人だった。突然来た人物に四人と一匹は目を丸くする。

キリト「……誰だ?」
杏子「新しく参戦する事になったファイターだ……アタシは佐倉杏子。んで、隣にいるのが美樹さやかだ」
さやか「よろしくー!」

 赤いポニーテールの少女――佐倉杏子と水色ショートヘアの少女――美樹さやかが周りの空気を払うかのように答える。そのおかげか少しだけ明るくなったように感じる。

トクマ「よろしくな。オレはトクマで隣にいるのが上条当麻だ」
杏子&さやか「上条!?」

 トクマも紹介するが当麻の名前に驚く二人。

トクマ「ど、どうしたんだよ?」
杏子「……ちょっと来な」

 首をかしげるトクマを杏子は手招きして小さくトクマの疑問に答える。

杏子「さやかの初恋相手の名字が上条なんだよ」
トクマ「はぁ!? マジか!!」
杏子「まぁ、さやかも立ち直ってるんだけど質問があるんだ……あの男は筋肉とバイオリンが好きなのか?」
トクマ「いやどんな質問!?」
杏子「その様子から違うんだな……変な質問して悪かったな。それとバイオリンはさやかにとって禁句だから気を付けろよ」
トクマ「だからどういう――気にすんな」

 杏子の説明に疑問を覚えながらもトクマは無理やりだが納得する事にした……何故なら杏子の目が少しだけ疲れてるように見えたのだ……一瞬だけトクマは彼女も自分と同じ苦労人のシンパシーを感じてしまった。

さやか「トウマサン、ヨロシクオネガイシマス」
当麻「何故カタコト!?」

 さやかの言葉にツッコム当麻を見て、トクマは動く事を決める。

トクマ「おまえら、交友深める為にマジカルバナナやるぞ!!」

 少しでも、空気を明るくする為に……


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。