二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

すばらしきスマブラの日常(笑)
日時: 2018/12/17 20:53
名前: トクマ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=64

   開設日:2016/03/26 11:09

 画面の前のみなさま初めましておはこんばんちは。トクマと言います。

 このスレでは、トクマの分身とも言えるオリキャラを中心にクロスオーバーで扱うあらゆるキャラ達との日常でもあり非日常の文を思い付くまま気の向くままに書いていきます。小説カキコ初心者ゆえに未熟で満足出来ない所もあるかと思いますが何卒よろしくお願い致します。

〈注意事項〉
・トクマには文才がないので所々文章がおかしかったり訳がわからなかったりするかもしれません。予めご了承ください。
・完全な俺得オリジナル設定が盛り沢山です。キャラ設定や世界観設定は随時アップしていきます。
・キャラ崩壊やメタネタ、パロディやクロスオーバーなどが普通に出てきます。その為『このキャラダレだ?』や『こんなキャラじゃないのに!』と思われます。
・時折カプ要素出てきます。基本的にNLが多いですが、時としてBLネタが出てくるかもしれません。
・キャラは初代から最新作までほぼ全てのキャラがいる前提で話を進めています。また、キャラによっては出番が多かったり少なかったりします。ご容赦下さい。
・小説の感想やコラボ、キャラの貸し出し申請やキャラや世界観の質問はいつでも大歓迎でございますが、誹謗中傷や他の閲覧者の迷惑になるような書き込みはやめてください。


※目次や注意事項やキャラ設定は随時更新及び修正していきます。


   【もくじ】

 【世界観等々の設定資料】 >>1


 『〜スマブラ長編〜』
【これが日常ですけどなにか?】
本編 >>2-3 >>4-5 >>6-7 >>8-12
オマケ >>13

【リアル動物ごっこ(笑)】
本編 >>14-15 >>16-17 >>18-20
オマケ >>21-22

【マスターハンドのワクワク☆発明品】
本編 >>137-139 >>145-148 >>156-158
オマケ >>140 >>159

【混沌の宴! その名はオトーリ!!】
本編 >>167-169 >>177-179 >>189-192
オマケ >>170

【ワタボーハザード】
本編 >>300-302 >>310-313 >>325-327

【真っ赤なXマス】
本編 >>349-351 >>354-357 >>365-368

【未知なるニューステージ!】
本編 >>374-377 >>385-389
オマケ~変隊とは?~ >>390


 『〜スマブラ大長編〜』
【覚醒・ドルピック島編】
予告編 >>23
準備 >>29-30
一日目 >>39-41 >>47-50
二日目 >>56-58 >>65-68
三日目(前編) >>75-77 >>83-85
三日目(後編) >>94-99 >>106-109
オマケ >>86
あとがき >>110

【激闘!アナザーキャスト編】
序章 >>193
黒いシンデレラと金色猿と闇乳首 >>196-198
別の自分とゆるキャラと衝撃発言 >>206-208
ラーメンと恋罵女と思い出 >>215-217
アラジンとガチ泣きと弱音 >>222-224
逃走と闘争と回想 >>231-233
復帰と侍と母の言葉 >>238-240
死闘と切り札と悪童と姫騎士 >>254-257
変隊創設者と心と拳 >>280-282
私と俺とシンデレラ >>288-290
オマケ >>225
あとがき >>291
エピローグ・A >>297


 『〜スマブラ短編〜』
作者とスマブラメンバーで銀魂パロ >>24
2017年バレンタイン短編小説集 >>123-124
スマテスト >>249
スイカは割るより切る方が美味い >>260-262
世にも奇妙な怪談☆話 >>265-268
トクマ版改変コピペネタ集 >>272
2017年のハロウィン事情 >>334-335
グダグダな日常小話 >>339-340


【スマブラの日常(笑)〜エピソード0〜】
彼らとのファーストコンタクト >>117-118
彼らとの親交会(という飲み会) >>130-131
彼らとの共通点 >>243-244
彼らとの分岐点 >>320-322


 《タグ》
 スマブラ とある魔術の禁書目録 ストリートファイター ワンダーランドウォーズ クロスオーバー NL キャラ崩壊 裸族 変隊創立本部 変隊

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



覚醒・ドルピック島編【二日目】 ( No.58 )
日時: 2016/10/17 04:04
名前: トクマ

 ※ついに見参します。軽いジャブなので皆様のマリアナ海溝より深い心で受け止めてやってください……色々と注意www




早苗「早く! 早く行きましょう皆さん!!」
魔理沙「霊夢遅れてるぜ!」
霊夢「待ちなさいよ二人とも!」

 しばらくして、ピンナパーク――遊園地の説明を終えた瞬間に早苗はまるで水を得た魚のように元気になり、魔理沙と霊夢を引っ張って行こうとしていた。

トクマ「随分と元気になったなぁ……」
幽香「あの子は元々現代に住んでて、幻想郷に入ってからそういう事に飢えてたのよ」
トクマ「……そういう風見さんもなんだか楽しそうですね」
ドレディア「ディーア」
幽香「能力なしで花と会話……それも私の好きな向日葵とできるなら喜ばないわけないでしょう?」

 幽香も見た目は落ち着いてるが、内心では能力なしで花と会話できる事を喜んでいた。その様子にトクマは女性らしさがあったようでホッとしたのは内緒である。

幽香「それじゃあ、案内を頼めるかしら?」
トクマ「あ、あぁ、わかっ……ん?」

 エスコートしようとした矢先になにやら、向こうが少しだけ向騒がしい事に気付いた。

トクマ「なんだ……ライブ?」

 目を凝らして見つめるトクマに一つの人影が見え、その人影をよく見ると――











































トレ子「皆さ〜ん! 裸大将軍でーす!!」
トクマ「」

 ――トレ子だった。

ドレディア「ディ?」
幽香「どうしたのかしら?」

 テレビの一時停止を押した映像の如く固まるトクマに疑問を覚えて安否を気遣うドレディアと幽香。

トクマ「……ごめん。少しだけ用事出来たから先に行ってくれ。場所はドレディアさんが覚えてる」
幽香「……え、えぇ?」
ドレディア「ディ、ディ……?」

 なにやら切羽詰まったような表情で言うトクマに困惑する二人を尻目にトクマは早歩きでトレ子がいるライブステージに向かう。向かう最中で舞台にワリオとスネークを見つけるが、トクマは足を止めることなく進む。

トレ子「今回はゲリラライブで来ましたが、こんなに多く集まって頂きありがとうございます!!」
ワリオ「お、俺様感激だぜぇぇぇぇ!!」
スネーク「おいおい、感極まるのは早いぞワリオ」
男性裸族「そうだぜ! ワリオさん!!」
女性裸族「私達はどんな状況だろうと必ず来ます!!」
ギャグカオス好き女性「なにこのwww熱意wwwガンバレーwww」
ギャグカオス好き男性「無駄にwww熱いwww」

 裸族ファン及びカオス好きな人達が声援を飛ばし、トクマはしばらく進んで近くに抜け道がある所で止まった。

トレ子「新曲の“SURPRISE−NAKED”と“裸の如く”を歌いましたが……アンコールとして! 私達、裸大将軍の始まりの曲とも言える曲を歌いたいと思います!!

 聞いて下さい……ベートーベン“第九”……


      ウェ――――ンヘン

      ヒョ―――ンフェン

      ヒョンロンペンチョン

      フェンチョンペンチャン

       ピョ〜〜〜〜〜〜ロフッ!」

 トクマは地面に手をつっこんで自分の武器である斧を取り出す。

トレ子「ウェ――ディンロンフォン
 
       パンチョンペンチャン

       ポイノイロンロン

        ピーペプ!」

 斧を大砲バズーカ形態に変えて狙いを定めながら、構える。

トレ子「ビーディルボーディル

      ヘェンディンフォンデン

      フォーデルマイデン

      ロンベルデン!」

 大砲にエネルギーが徐々に溜まる。

トレ子「ハーマイロンガン

      ビャービューローホー

       マーデルフォンデン」

 出力を時速30?のバレーボールの衝撃に調節し――

トレ子「ウィ――ベロー!!」

 ――トレ子の叫び声とともに引き金を引き――

トクマ「テメェはどこの魔物だァァァァ!!」
トレ子「マーベラスェ!?」

 ――ツッコミとともに放った。直後に近くの抜け道を利用してピンナパークまで逃げ……全力疾走したのは言うまでもない。

 結論――某魔界の王様を決める少年マンガの魔物が歌っていた曲をデスメタル風のリズムをギターとドラムで刻みながら、無駄に良い声で歌っていたら、誰だってツッコミをいれたくなる。


       ――\ベリーメロン!!/――


         “ピンナパーク”

 ドルピックタウンとの移動方法は船が一般的だが、マリオはとある諸事情で船に乗ることが出来ない代わりに大砲を使って訪れていた(危ないですので、良い子は絶対に真似をしないように)。

 ビーチエリアとパークエリアの二つに大きく分かれており、ビーチエリアには喋るヒマワリやキラーを飛ばしてくる危ない大砲などが観光スポットとなっている。たまにヨッシーの卵に似た変な奴がいるという目撃情報もある。

 パークエリアの見世物はなんといってもヒーローショウである。巨大なメカクッパを相手にジェットコースターに乗りこんで展開されるバトルは一見の価値アリ。

 アトラクションも豊富にそろっており、一回転する海賊船、目にもとまらぬ速さで回転する観覧車、一つ欠けているメリーゴーランド等、他では見られない個性さが売り。近頃、ジェットコースターの再稼働イベントが行われている。しかし、失敗するとジェットコースターの係員から死の宣告を受けるので注意を……

 ……パークエリアが少し物騒なのはこの際スルーしておこう……決して怖いからではない……

トクマ「はぁ……はぁ……なんか疲れた……」

 全力疾走でなんとか誰にも見つからずにピンナパークの出入り口前の門にたどり着いたトクマは呼吸を整えていた。

トクマ「……ん?」

 ふと、門の向こう側に見覚えのある黒い服の女性と白い服の少年の姿が見えた。

トクマ「……気のせいか」

 しかし、遠くにいるのでパッと見そう見えた事にしたトクマは気にする素振りもなく、門のすぐ側にある浜辺のヒマワリ畑に足を運んだ。

 ヒマワリ畑の中央にシートを敷いて、何処からか調達したビーチパラソルを開いて楽しそうにヒマワリと会話していた。歩いて来るトクマに気付いた幽香は声をかける。 

幽香「あら、お帰り」
トクマ「ただいまです……そっちは?」
幽香「とても楽しい時間だったわ……ね?」
ヒマワリ『たのしいー』
ヒマワリ『たのしいたのしいー』
ヒマワリ『デュフフ、そうでござるな』
ヒマワリ『多乃志畏たのしいぜヒャッハァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!』

 朗らかに笑いながら幽香が答えると周りのヒマワリも嬉しそうに答える……変なヒマワリがいたが、きっと気のせいだろう……

幽香「……大丈夫かしら?」
トクマ「心配しなくても大丈夫です……ドレディアさんと霊夢達はピンナパークですか?」
幽香「えぇ、三人とも年相応にはしゃいで行ったわ……巫女だのなんだの言われても根は少女よ」
ヒマワリ『しょうじょー』
ヒマワリ『しょうじょしょうじょー』
ヒマワリ『Yes Lolita! No Touch!!』
ヒマワリ『暑卯如しょうじょだヒャッハァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!』

 幽香がトクマの様子を見て声をかけるが、大丈夫と答える……決してオタク系のヒマワリと世紀末にいそうなモヒカンのような喋り方をするヒマワリがいるわけではない……

幽香「こっちに来なさい」

 何かを思い付いたのか、幽香はトクマを手招きする。それに不思議な表情を浮かびながらトクマは幽香に近付く。

トクマ「いったいなん――」

 瞬間、トクマの視界に幽香の顔とビーチパラソルの裏側、が広がった。

トクマ「――へ?」

 疑問に頭が広がり、冷静に状況を把握したトクマは一つの答えにたどり着いた。

 風見幽香に“ひざ枕”されているのだ。

幽香「ふふ、驚いたかしら?」
ヒマワリ『おどろいたー』
ヒマワリ『おどろいたおどろいたー』
ヒマワリ『悔しいのうwww悔しいのうwww』
ヒマワリ『妃座枕ひざまくらだぜヒャッハァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!』
ヒマワリ『『『エンダァァァァァァァ!!』』』
ヒマワリ『『『イヤァァァァァァァァ!!』』』
トクマ「増えた!?」

 まさかの増殖に驚きを隠せなかったが、現状に心臓の激しい鼓動と息苦しさを感じるトクマ……そして彼は理解した……!!

トクマ(そうか……この気持ちはもしかして――
































 ――命を握られているという事実に対する緊張なのか……!!)

 自身の状況の危うさに……彼の目と鼻の先には風見幽香がいる……それはつまり、変な行動を起こせば簡単に自分の身体をザクロもしくは潰れたトマトになるのは容易い……パラソルの日陰で涼しいハズが冷や汗で涼しくなることに苦笑していると幽香が呟いた。

幽香「それにしても……似てるわね」
トクマ「……似てる?」

 その呟きに首を傾げると幽香は何かを思い出すかの様に話始めた。

幽香「えぇ……貴方のような人物が幻想郷にもいたのよ」
トクマ「……随分と変わった人物なんですね」
幽香「自覚してるのね……その人は霊夢が生まれるより前の――先代巫女の時代にいたの」

 先代巫女……霊夢が巫女になる前に幻想郷を護った人物……ここで出るとはトクマは思いもしなかったが、話を聞き始める。

幽香「無邪気な子供がそのまま大きくなったかと思うような人でね……先代巫女のような強い物理的な力、私達妖怪が持つ言葉では表せない超常の力、多くの生物がまれに持つ固有の力すらない一般人なのに彼と出会うモノ達は人間妖怪神様関係なく交遊関係を持った……流石に鬼や軍神、妖怪の賢者と楽しく宴を開いてた時は目を疑ったわ」

 トクマはこれを聞いて驚いた。なんの力もない人物が鬼や軍神に会って無事だったのだ……普通なら殺されても不思議じゃない。余程のバカなのか、それとも胆が据わっているのか……

幽香「だからこそ、誰もがあの子を親しみ、受けいれ、困った時は力となった。当時は“力が全て”であり“力で解決”が普通だった幻想郷を“心で和解”する偉業を成し遂げた唯一の人物」

幽香「目を閉じても未だに色褪せずに浮かぶわ……赤い羽織をはためかせながら、あの子の後ろをついて行く数多くの巫女、妖怪、神様、魔法使いの百鬼夜行モドキ……敵対心なく笑いながら語る姿を忘れもしない……」

 時に嬉しそうな表情で、時に憂いの表情で、時に懐かしむかのようにどこか特別な感情を持って話す幽香をトクマは見て、その人物について気になった事を八つ裂きを覚悟して幽香に聞いた。

トクマ「……あの子の事が好きだったんですか?」
幽香「そうね。私はあの子の事が好きよ」

 即答。それほどまでに想っていた。そう、【想っていた】……過去形である。

幽香「……でも、できなかった……あの子は人間で私は妖怪、いつか別れが来る事にあの時は嘆いていたわ」

 そこにいたのは、幻想郷で恐れられた大妖怪の一角で【四季のフラワーマスター】と呼ばれた影はなく……一人の女性がいた。

幽香「だからこそ、良かったのかもしれない」

 その言葉を言った幽香にトクマは目を奪われた。何故なら、その時の幽香の顔は――

幽香「暗く血生臭い世界しか知らなかった私にあの子はお日様のような世界を教えてくれた……身体に触れあう風を、心に暖かな光を、感情に数えきれない嵐を起こしたあの子にこれ以上甘えてしまえば、耐えきれずあの子は倒れてしまう……私は充分に恵まれたわ」

 ――気高くも優しく微笑む女性だったからだ。

幽香「……随分と語ったわね」
トクマ「あぁ……その……少し眠っていいスか?」
幽香「えぇ……おやすみ」

 恥ずかしそうに言うトクマに幽香は笑いながら答え、トクマは眠りについた。周りのヒマワリも彼と彼女を優しく見守るかの様に微笑む。

 そしてトクマは微睡みの中で幽香と同じように自分を変えてくれた恩人を――自分が勝手に“センセイ”と呼んで敬愛する人物を思い馳せながら……


 感想やコメントOKです!!

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.59 )
日時: 2016/10/17 00:30
名前: 折紙


どうも、折紙です。

そちらの新ジャンルは東方でしたか…。私は詳しくしらないですね。

セリノ「何か知ってることはあるの?」
折紙「腐女子の発生地」
ロト「カオスの桃源郷」
メリオダス「奴はとんでもないものを盗んでいきました。あなたの心です」
エドガルド「お前この前の金ロー見てたろ!。あと言ってることが全員おかしいからな!?」

上はさておき本編ですが、何やらここでも一つでかそうなことが起きるフラグが初っ端から…。しかしトクマさんとドレディア、仲がいいですな〜。

折紙「”あっち”に行ったら行ったでね、ライオンは空気読めないわ騎士団はいろいろ厄介ごと持ってくるわ異世界の先はカオス空間だであそこまでの漫才やれる暇がないんだよなー。はー、休みほしい」
セリノ(なんのことを言ってるんだろう…?)

そしてトレ子は何やってんだおいwwwww。ほのぼの空間ブレイクすなよwwwww。幽幽白書かな元は?。あとピンナパークのヒマワリ自重しろwwww。
一番最後の”センセイ”とはなんでしょうかね。今後のストーリーに関係しそうですね。

ロト「そういやさ、マリオにもいなかったか?。少し違うが」
メリオダス「ああ。あいつがまだ英雄になる前…、昔の俺よりも危険で罪そのものとも言われていた時に出会った、あいつを救った男、”伯爵”か…」

今後の展開が気になります。お互いに頑張りましょう!。それでは!。

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.60 )
日時: 2016/10/17 17:54
名前: トクマ

 コーメーンートー返し!! はじまるよ!


 >折紙さん

 ありがとうございます折紙さん。今回は参戦する新ジャンルである東方を出しましたが……実を言うとまだ参戦するジャンルがあるんですよ……予測して楽しみにして頂けると幸いでござwwwちょwww折紙さんとロトさんの返答wwwメリオダスさんもその返しは卑怯だと思いますwww

 トクマとドレディアさんの仲が良いのは一日目の夜に話して約束を交わしたからです。あの時交わすことなく一日が終われば、漫才できるような仲にはなっていなかったでしょう。

トクマ「よくよく考えれば、リアルでは一回もプールや海に行ってない……祭りぐらいしか行ってない…今年こそ夏を満喫したかったのに……」
ドレディア「ディ?」

 そして久々のトレ子さんステージイン! やはり彼女を書くと執筆が進みますね……その犠牲として平穏は破壊されるけど……ちなみに元ネタですが、【金色のガッシュベル】というマンガに出てくるキースという魔物がベートーベン第九を先述のトレ子さんのように歌ってたシーンがあり、そこから書きました。

 そちらのマリオにも、救ってくれた人物がいるんですね……少し違いますが、その伯爵という人がどんなのか気になりますね……お互い頑張りましょう!!

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.61 )
日時: 2016/10/17 18:22
名前: トーチ ◆/MkMTfVD.6

ファイター以外ほとんど使わないトーチです

東方勢か~~~。ゆうかりんの主導権のとる早さはすごいなぁ。裸族はいつも通りでしたね。

メロウ「戦力としては充分ね。」
クッパ「ますます悩まされそうだな。」

君の名は。にMHST、忙しいったらありゃしない。ちなみにスキルMAXがかなり多くなりました。それでは

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.62 )
日時: 2016/10/17 21:39
名前: No@h  


No@hです

新ジャンルは東方プロジェクトですか…。
ていうかひざまくらして貰ってるのに命握られてるように感じるってドウユウコトナノ


鏡音リン「トクマさんにDT疑惑がwwww」
鏡音レン「トクマさん初なんだなwwww」

がくぽ「そこのギャグカオスの双子は黙ってるでござるよ(##^ω^)ピキピキ」
巡音ルカ「がくぽ。Please calm down.」

No@h「ドレディアとトクマさん仲いいなー。」
ヤミカラス「やみぃ。やみがぁ。」
初音ミク「No@hサンとヤミカラスも仲良しデスよ?」
GUMI「いいな羨ましい…(´・ω・)ショボーン」

No@h「それにしても、幽香の話す彼って誰だろう……?ちょっと気になる……。」

MEIKO「私はそれよりもあのしゃべる向日葵たちの方が気になるわ……どんな味かしら……コンチータで試食しようかしら……。うふふ……♪(恍惚)」
KAITO「メイコ。それはさすがにダメ。」

MEIKO「………………………。






























………………………………冗談よ。」

No@h「その間はなに!!?あと冗談に聞こえないぞ悪食組み筆頭!!!!!!!」


リンレン「「裸族キター(゚∀゚)ー!!!!」」
リン「共有!共有!!」
レン「LINEで共有!」

リンレン「「ギャグカオスLINEが潤うよ!ヤッタネ!!!」」

がくぽ(##^ω^)イラァ
ルカ「Hey,がくぽ。Please calm down.その刀しまって。Was it understood?」

がくぽ「……ルカ殿。拙者、英語には不慣れなのでござるが。」
ルカ「いいから刀をしまって。」
がくぽ「……………承知。」



なんか収集つかなくなってきちゃったのでこの辺で!!それでは!!


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。