二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

すばらしきスマブラの日常(笑)
日時: 2018/12/17 20:53
名前: トクマ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=64

   開設日:2016/03/26 11:09

 画面の前のみなさま初めましておはこんばんちは。トクマと言います。

 このスレでは、トクマの分身とも言えるオリキャラを中心にクロスオーバーで扱うあらゆるキャラ達との日常でもあり非日常の文を思い付くまま気の向くままに書いていきます。小説カキコ初心者ゆえに未熟で満足出来ない所もあるかと思いますが何卒よろしくお願い致します。

〈注意事項〉
・トクマには文才がないので所々文章がおかしかったり訳がわからなかったりするかもしれません。予めご了承ください。
・完全な俺得オリジナル設定が盛り沢山です。キャラ設定や世界観設定は随時アップしていきます。
・キャラ崩壊やメタネタ、パロディやクロスオーバーなどが普通に出てきます。その為『このキャラダレだ?』や『こんなキャラじゃないのに!』と思われます。
・時折カプ要素出てきます。基本的にNLが多いですが、時としてBLネタが出てくるかもしれません。
・キャラは初代から最新作までほぼ全てのキャラがいる前提で話を進めています。また、キャラによっては出番が多かったり少なかったりします。ご容赦下さい。
・小説の感想やコラボ、キャラの貸し出し申請やキャラや世界観の質問はいつでも大歓迎でございますが、誹謗中傷や他の閲覧者の迷惑になるような書き込みはやめてください。


※目次や注意事項やキャラ設定は随時更新及び修正していきます。


   【もくじ】

 【世界観等々の設定資料】 >>1


 『〜スマブラ長編〜』
【これが日常ですけどなにか?】
本編 >>2-3 >>4-5 >>6-7 >>8-12
オマケ >>13

【リアル動物ごっこ(笑)】
本編 >>14-15 >>16-17 >>18-20
オマケ >>21-22

【マスターハンドのワクワク☆発明品】
本編 >>137-139 >>145-148 >>156-158
オマケ >>140 >>159

【混沌の宴! その名はオトーリ!!】
本編 >>167-169 >>177-179 >>189-192
オマケ >>170

【ワタボーハザード】
本編 >>300-302 >>310-313 >>325-327

【真っ赤なXマス】
本編 >>349-351 >>354-357 >>365-368

【未知なるニューステージ!】
本編 >>374-377 >>385-389
オマケ~変隊とは?~ >>390


 『〜スマブラ大長編〜』
【覚醒・ドルピック島編】
予告編 >>23
準備 >>29-30
一日目 >>39-41 >>47-50
二日目 >>56-58 >>65-68
三日目(前編) >>75-77 >>83-85
三日目(後編) >>94-99 >>106-109
オマケ >>86
あとがき >>110

【激闘!アナザーキャスト編】
序章 >>193
黒いシンデレラと金色猿と闇乳首 >>196-198
別の自分とゆるキャラと衝撃発言 >>206-208
ラーメンと恋罵女と思い出 >>215-217
アラジンとガチ泣きと弱音 >>222-224
逃走と闘争と回想 >>231-233
復帰と侍と母の言葉 >>238-240
死闘と切り札と悪童と姫騎士 >>254-257
変隊創設者と心と拳 >>280-282
私と俺とシンデレラ >>288-290
オマケ >>225
あとがき >>291
エピローグ・A >>297


 『〜スマブラ短編〜』
作者とスマブラメンバーで銀魂パロ >>24
2017年バレンタイン短編小説集 >>123-124
スマテスト >>249
スイカは割るより切る方が美味い >>260-262
世にも奇妙な怪談☆話 >>265-268
トクマ版改変コピペネタ集 >>272
2017年のハロウィン事情 >>334-335
グダグダな日常小話 >>339-340


【スマブラの日常(笑)〜エピソード0〜】
彼らとのファーストコンタクト >>117-118
彼らとの親交会(という飲み会) >>130-131
彼らとの共通点 >>243-244
彼らとの分岐点 >>320-322


 《タグ》
 スマブラ とある魔術の禁書目録 ストリートファイター ワンダーランドウォーズ クロスオーバー NL キャラ崩壊 裸族 変隊創立本部 変隊

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.53 )
日時: 2016/09/12 23:06
名前: No@h  


トクマさんはドレディアと仲良くなれたんだね。よかったよかった。しかしだいぶアグレッシブなドレディアちゃんだなヲイ


No@h「キャラメルで喜んだあとのゴーリキーフルボッコぇ……。」
高尾「落差wwwwww激しすぎィwwwwwwww」
緑間「だまれ高尾。ところでNo@hさんの周りにも問題を抱えたポケモンが多いと聞きましたが。」

No@h「あぁ、うん。いるけど……笑えないし、たぶんというか、あの施設のポケモンたちはドレディアより相当身体的にも精神にも重症だよ?」
高尾「へ?あの"施設"??」
緑間「どういうことですか?」

No@h「えーっとね……


原因不明の病気で進化ができない+他より身体が小さく弱いヤミカラス♀

ハンターに終われて右後ろ足を切断する事態になるまで追われた色違いのグラエナ♀

闇組織が人為的に起こした山火事のなかで全身に重度の火傷を負いながらもポケモンのタマゴを抱えて走ったザングース♂

落盤事故で右腕を肩あたりから失いながらも、同じく巻き込まれたトレーナーを抱えて山一つ越えて運んだワンリキー♂。
現在はそのトレーナーの手持ちのゴーリキー♂

大病に罹ったトレーナーが死亡。その矢先でトレーナーの家族を事故から守ろうとして右目を失明したクロバット♂

前のトレーナーから心無い暴力と暴言を受けて身も心もボロボロで死ぬ一歩手前まで弱っていたロコン♀……


ほかにもいっぱいいるんだけど、こういう子たちが預けられてる施設がジョウト地方にあるの。
ね?ドレディアより重たいでしょう??」
高尾「ああ……うん……それは……。」
緑間(聞かなきゃよかったのだよ……。)


あと魚の名前wwww
オジサンは知ってたけどwwwwww


高尾「ていうかみんな魚ばっか買いすぎwwwwwwwなに作るんだよwwwww」
緑間「……なにを作るかは自由だが、人様に迷惑がかかる料理を作り出すのはやめるのだよ。」
No@h「そうだよねぇ。うちはこの前ダークがクトゥルフシチュー作ったけど、それより前だとゾンビになったレモンパイとかホラーゲーム"魔女の家"の人喰い蛇になったラザニアとか狂竜化ゴア・マガラになったゴマプリンとかあったからね?」

チャリア「「なにそれどういうこと?」」

世の中知らない方が幸せなこともあるんだよ……(遠い目)


コメント失礼しました
二日目も楽しんでください

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.54 )
日時: 2016/09/13 00:31
名前: 折紙

どうも、折紙です。


おいおいこのドレディアさん強すぎではありませんか?。4分の1のファイアローすらはなびらのまいで一殺できると感じてしまったのは自分だけですか?。それと市場で勘違い多すぎだろwww。浜崎の奥さんってんなのいるのかよって調べたらマジだったwwwwww。


ブラピ「正直どのような環境で育ったらああなったんだ?」
エドガルド「まあいろいろあったんだろ。俺が世話したガキ共の中にもあんな感じのはいたな…」
バン「まあ初めて会った奴を警戒するのは普通だな♪。俺も最初はジバゴに悪いことしちまったな…」
エックス「それ差し引いてもかなり怖いぞ俺は!。特攻型のドレディアがそれなりに物理耐久あるゴーリキー撲殺寸前って危険じゃないか!」
メリオダス「しかし名前って面白いなwwwww。わからない奴が聞いたらリンクのは犯罪の臭いがするんだがwwwww」
セリノ「ちなみにこれらの魚は主に沖縄で見かけられることが多い魚で、沖縄ではヒメジの仲間を主に『オジサン』と呼ぶそうですよ」
リュカ(?)「さすが海育ちだな。しかしトクマさんは犯罪をしないでよ!?。ただでさえこっちにもガチ1名いるのに!!」
ミラ「それとそっちのルフレと美琴は落ち着きなさいよ!?。どう見ても作者がそんな以上人物になるなんてあり得るはずが…なくもないか」
折紙「ミラ様、なんでこっち見て言うのさ。にしても最後のは素晴らしかったな。トクマさん、あんた良い男じゃねぇか!!」
マリオ「誤解起きんぞ作者。まあその意見には同感だ。ああいう奴こそ”守る”価値ってのがある…」


一日目が平和に終わって良かったですよ。二日目でそちらも新キャラとは、気になりますね。二日目も頑張ってください。



折紙「そうだ!、ちょっとトクマさんにそっち行っていいか訪ねよっかな」
メリオダス「どういうことだ?。別に戦争がおっぱじまってるわけでもねぇのに」
折紙「観光が目的だけど一番はマリオの安静だ。料理対決のことであいつ心配だから精神的にリラックスさせねぇとな。あっちならこっちよりはるかに平和だ。それに交流目的とも言えばマリオは行ってくれるはずだ」


そしてトクマさん、二日目ではありませんが、そちらに観光しに行くことはできますか?

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.55 )
日時: 2016/10/02 10:53
名前: トクマ

トクマ「……」(気絶中)
ドレディア「……アァ……」
ルフル「……まだ目が覚めませんね……」

 作者がドレディアの平手で気絶してるけどそんなの関係ねぇ!! コメント返しはじまるよっ!!


 >トーチさん

 感想ありがとうございます。次回からドレディアさんが加わり、新キャラにも振り回されてトクマに胃薬待ったなしです(笑)。

 サンドリヨンの全スキルMAXおめでとうございます。こっちも早くMAXになりたいですね……

 >黒猫δさん

 感想ありがとうございます。そうですね。ドレディアさんは見た目はあぁですが、根は優しい女の子ですからね……そして鋭い所に気付きましたね。ゴーリキーについては2日目の中で説明します。

トクマ「……あのゴーリキーは一体なんだったんだ?」
ドレディア「……ディィ……」


 >No@hさん

 感想ありがとうございます。他のキャラに負けない個性をイメージしたら、あんな感じになってしまいました(笑)……そちらのポケモン達にも重いモノを背負っているのがいるんですね……ドレディアさんの過去話もいつか書こうと思っています。

 ちなみにですが、買ってきた魚はフライやムニエル、刺身や煮付けにして食べました。特に浜崎の奥さんは高級魚で味は美味しかったそうです。

 ……え、なにそれ怖い。

ルフル「なんですかそのポイズンクッキングは!?」
ルフレ「恐ろし過ぎるだろ!!」


 >折紙さん

 感想ありがとうございます。その光景は見てみたいですが私が思っているのは……ドレディアさんが拳でファイアローを倒すところですね……余談ですが、このドレディアを作った際に『姐御ディア』の文字が浮かびました(笑)

 魚に関しては何かないかと検索したらおかしな魚の名前があったのでそれを使いました。端から聞いたら驚きますwww

トクマ「折紙さんとそっちのマリオさん……褒めてくれるのは嬉しいんだけどオレはそんな人間じゃない……」
ルフレ「……トクマ?」

 そして観光の件ですが、申し訳ありませんが今回は見送りでお願い致します。予告編で話のプロットを書き直さなければいけないので、誠にすみませんがご了承下さい。事前に募集の告知をした時はよろしくお願い致します。


ピーチ姫「マリオ、もうすぐ新メンバーが来るわね。楽しみだわ!」
マリオ「一癖も二癖もある連中だからしっかりしないとな!!」
リンク&ガノンドロフ「こっちは胃が痛くなるんだが……」

覚醒・ドルピック島編【二日目】 ( No.56 )
日時: 2016/10/16 21:30
名前: トクマ

 さぁ、ドルピック島編【二日目】が始まるよ! そして新キャラ登場と言いながら少ない……次回は、次回こそは……ッ!! 今回は少しだけ伏線のようなモノを張ります。これが無駄と言う名のブラフになるかちゃんとしたモノとして回収されるか……それではどうぞ!!

――――――――――――――――――――――――――


 ……いきなりだが、深い深い底にいた。

 周りを見渡そうにも暗くて何も見えず、身体を動かすと少しだけ違和感を感じた。

 移動しようにも困った事になった……歩こうにも前が見えない。しかし、ここで立ったまま時が過ぎるのは飽きている……どうすればいいか……

 何かいい案が浮かばないか考えていると何かが目の前を横切った。

 確認するとそれは――魚だった。

 ……一瞬だけ固まったが納得した。さっきの違和感は水だったのか……なら仕方ないか。

 そして、自分の中である案が閃いた。とはいえシンプルで誰でも思いつく案だ。ここが水の底なら上に行けば何かわかるかもしれない。

 脚にいつもより力を込めて底を蹴った。水をかき分ける感覚を感じながら上へ上へと昇っていく、暫くして水面が見え、跳んだ勢いのまま水面から飛び出すとソコにあったのは――






















































 ――星空に悠然と浮かぶ地球だった。


        ―???―


トクマ「ッ!?」

 地球を目にした瞬間、トクマは勢いよく飛び起き、呼吸を整えながら周りをゆっくりと見渡す。ふと、足元で鼻ちょうちんを膨らませながら呑気に寝ているドレディアが目にはいり、昨日の出来事を思い出す。

 昨日はドレディアさんと約束し、余計な一言で彼女の平手打ちをくらって気絶した事を思いだした。

トクマ「……夢……?」

 ふと呟いたが、トクマはさっきまで見てた夢をただの夢だと断言出来なかった。

 ……夢にしては違和感が多かった。落ち着くには夢だと自覚する所から始まるのにまるで当たり前かのように受けいれた自分もそうだけど出口がどこにあるかわかり、水の抵抗をリアルに感じられ、なにより、夢から覚める直後に見た地球が偽物ではないと自分の勘が告げている。

 まるで、自分が別の“何か”となって……

トクマ「……アホらし……何バカな事を思っているんだよ……所詮夢だろ……」
ドレディア「……ァア〜……」

 浮かんだ考えを一蹴し、トクマは起きたドレディアさんを連れて別荘の洗面所に向かう。

 しかし、彼は気付かなかった。向かう最中に窓ガラスに映った自分の後ろを親鳥の後を追う雛鳥の如くついて来る半透明の大蛸がいた事に……

 二日目となるドルピック島の朝がきた。


 感想はまだ。

覚醒・ドルピック島編【二日目】 ( No.57 )
日時: 2016/10/16 21:34
名前: トクマ

 ドルピック島二日目。島の中央部に位置するドルピックタウンにある勇ましく建っている“大王の像”の前でトクマとドレディアはいた。服装は『はやく人間になりたい』Tシャツと半ズボンで腰にいつもの赤ジャージを巻き、ドレディアは彼の足下で自販機で売ってたサイダーを飲んでいた。

 何故ここにいるかと言えば、今朝にマリオにとある一組を出迎えるメンバーが足りなくなったからヘルプとして呼ばれたのだ。なお、参戦決定したメンバーは判別の為に合言葉代わりとして事前に決められた二つ名を言う事になっている……しかし、ラフな格好をしているとはいえ、南国の島特有の暑さには敵わない。照りつく太陽が一人と一匹の体力を削っていく。

トクマ「しかし、いつ見てもバグってるとしか思えないステータスだな……」

 ふと、ピカチュウから貰ったドレディアに関する資料を待っている間に何回も目を通しているが初対面なら信じられないデータに呆れていた。

ドレディア「ディア?」

 トクマの一人言にドレディアが反応を示して見上げる。

トクマ「……あぁー……ようするにドレディアさんはスゴイって事だよ」
ドレディア「〜〜〜〜〜ッ!!」

 説明する為に考えるが思い浮かばず、自分の感想を答えるとドレディアは瞬時にトクマから顔背ける……若干顔が赤い所から照れてるのだが、トクマの視点からはその照れがみえないので、本人は『答えが気にくわなかった』のかと思って首を傾げていた。

 そんなドレディアから視線をそらして今朝見た夢について考えた。あの時は一蹴したがやはり気になる事があるのか考え始める。

ドレディア「ディーア!!」
トクマ「……そうだな……」

 考え中にドレディアが『私はそんなにもすごいのかよー!!』的なニュアンスで聞いてくるが、トクマは空返事で答える。

ドレディア「……ディーア?」
トクマ「……そうだな……」

 その返事に疑問の声をあげるとトクマはまた空返事で答える。

ドレディア「……ディーア」
トクマ「……そうだな……」

 ドレディアは試しに『バーカ』と言うとまた空返事でトクマは答えた。

ドレディア「…………」

 瞬間、ドレディアはトクマの足に近付き、ゆっくりと息を吐き、力強くトクマの脛を思いっきり叩いた。

 もし実況されたなら『きゅうしょ に あたった! こうか は ばつぐんだ!!』が表示されていただろう。

トクマ「なんだよ、なんなの? バカなの? 死ぬの?」
ドレディア「ドレディ、ディディ……」

 不意にきた衝撃と激痛が襲いくるが痛みによる断末魔を気合いで我慢し、ドレディアを親の敵を見るような目で睨み付ける。ドレディアはそんなトクマを指(葉の先?)指して『お前が悪い』と言いたげな顔をする。

トクマ「たく……ドレディアさん?」

 痛みがひき、周りを見渡すがドレディアがいない事に気付いた。どこにいるか探していると後ろから声が聞こえ、振り向くと――

???「随分と変わった子ね」
ドレディア「ディ、ディア?」

 ――緑色のショートカットに赤い瞳、白のブラウスと襟元に黄色いリボンを身につけ、赤いチェックの上着とスカートを着て、日傘を小脇に抱えてドレディアを興味深く観察している女性がいた。ドレディアも殴ろうにも純粋な興味本位で見てくる人物に珍しく戸惑っている。

トクマ「……」
ドレディア「デ、ディア! ディディーア!!」
???「ん?」

 トクマがこっちを見ている事に気付いたドレディアは素早くトクマの足下に移動して隠れる。ドレディアを目で追っていた女性もトクマに気付いて顔を見るが、少し驚いた表情をしてからこちらを見始めた。

???「あなた……ファイターなの?」
トクマ「あ、はい……えっと……」

 トクマの説明に少し頷き、小脇に抱えていた日傘を開いて微笑みながら答えた。

幽香「自己紹介が遅れたわね……私は【四季のフラワーマスター】の風見幽香よ」

トクマ「……ファ!?」

 その言葉にトクマは度肝を抜かれた。

トクマ(イメージと全然違う……オレの知ってる風見幽香って言ったら……なんかこう……SSC(スーパー・サディスティック・クリーチャー)で植物以外まったく興味がないハズ……何より、ドレディアさんが戸惑うぐらいの人柄の上に少なくともこんなおしとやかじゃないハズ……どこでメガシンカしてきたんだ!?)

幽香「フフ、意外かしら? 顔に驚いたと書いてあるわよ?」

 トクマの無意識に出た表情に笑いながら指摘する風見幽香にトクマは固まった。その様子にドレディアは首を傾げる。

幽香「無理もないわ。貴方の知る【風見幽香】とここにいる私は別人……世の中には私が変態の世界だってあるのよ?」

 その言葉にふと、トクマは自分が知る風見幽香を思い出す。目の前の風見幽香――仮名でゆうかりん、そのゆうかりんが自ら言った変態の風見幽香を頭に思い浮かべ……

トクマ(……うん。忘れよう)
ドレディア「……?」

 触らぬ神に祟りなし。それ以上はダメだと判断して考えるのをやめた。

トクマ「すみません。まさか待っていた新メンバーとは思わなかったから驚いてました……紹介が遅れましたが【一般人枠から参戦したファイター】のトクマです。こっちはドレディアさん」
ドレディア「ドレディッアー!」
幽香「よろしくね。実は私の他に三人いたんだけど少し離れて……仕方なく先に待ち合わせ場所に行ったらその娘がいたってことよ」

トクマ「それじゃ、その三人が来るまで待って――」
???「いました! もう会ってるじゃないですか!!」

 待ってる間に幽香に飲み物を買おうとしたら、向こうから三人の少女――その内の一人が大声をあげて近付いて来る。

???「やっぱり屋台を物色している場合じゃなかったんですよ!!」
???「珍しいモノを売っている屋台が悪いんだぜ」
???「お代を払わずに持っていこうとしたのは何処の誰ですか!!」
???「しょうがないでしょ? 久々のカロリー摂取なんだからどれを食べるか迷ったのよ」
???「常に食べるようして下さい!!」
???「それが出来たら苦労しないわ!!」
???「逆ギレ!?」

 一人は黒髪で胸元に黄色いリボン、赤と白で腋の部分が露出している特殊な巫女装束を着た頭にある大きな赤いリボンが目立つ気だるそうな目をした女性、

 一人は片側だけおさげが前に垂らしている金髪でリボンのついた黒い三角帽を着用し、黒系の服に白いエプロンという服装、手には箒を持っていかにも魔法使いを語るような身なりをしている。

 一人は胸の位置ほどまである緑のロングヘアーで頭に蛙のアクセサリーを着け、髪の左側を一房白蛇の髪留めでまとめて前に垂らしている。白地に青の縁取りがされた上着と水玉や御幣のような模様の書かれた青いスカートだが、先程説明した巫女の腋が露出している部分は同じである。

 性格も容姿もバラバラだが、昔からある『女三人よれば姦しい』と言うことわざができた理由が納得できる瞬間だった。

幽香「ほらほら、ケンカしないの。早く自己紹介をしなさい」
早苗「【守谷神社の風祝】の東風谷早苗です」
霊夢「【博霊神社の巫女】の博霊霊夢よ」
魔理沙「【普通の魔法使い】として名高い霧雨魔理沙さまだぜ!!」

 幽香が三人をたしなめ、赤と白の巫女服を着た少女――博霊冷静、黒系の服にエプロンという服装の少女――霧雨魔理沙、白地に青の縁取りがされた上着と水玉や御幣のような模様の書かれた青いスカートの少女――東風谷早苗が自己紹介をした。

トクマ「はい……確かに確認出来ました。あとはマリオさんに会うのですが夜18時のホテルになります……その間はピンナパークに向かいますがよろしいですか?」
ドレディア「……ディ」

 マリオに見せて貰った顔写真と二つ名を確認できたトクマは今後の予定を伝えると早苗を除く三人が首を傾げた。

幽香「ピンナパーク? それはどんな所かしら?」
早苗「それよりもソコにいるのはドレディアじゃないですか!! ちょっとこっちに来てください! カモォォォン!!」

 幽香の質問を遮るようにドレディアを見つけて興奮する早苗がムツゴロウさんもドン引きするようなテンションでアピールする――

ドレディア「……ア"ァ"?」
早苗「……え?」

 ――それが普通とは違うことに気付かずに……およそドレディアから出ない重低音の唸り声に早苗は言葉を失った。

霊夢「いつもは『常識に捕らわれてはいけません』って言ってるアンタがそんな顔するなんて珍しいじゃない」
早苗「いや、だって、わ、私のドレディア像が……緑のお姫様像が砕け散ったんですけど……」
トクマ「まぁ、ドレディアさんは他より違うけど根は優しい女の子だから変わらないと思うよ?」
ドレディア「……アァ」

 あまり見ない表情にほくそ笑む霊夢に早苗は若干驚きを隠せない早苗、その様子を見て苦笑するトクマとトクマの言葉に『余計なお世話だ』と少し不満を持った目で睨みながらドレディアは返事する。

 感想はまだ。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。