二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

すばらしきスマブラの日常(笑)
日時: 2018/12/17 20:53
名前: トクマ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=64

   開設日:2016/03/26 11:09

 画面の前のみなさま初めましておはこんばんちは。トクマと言います。

 このスレでは、トクマの分身とも言えるオリキャラを中心にクロスオーバーで扱うあらゆるキャラ達との日常でもあり非日常の文を思い付くまま気の向くままに書いていきます。小説カキコ初心者ゆえに未熟で満足出来ない所もあるかと思いますが何卒よろしくお願い致します。

〈注意事項〉
・トクマには文才がないので所々文章がおかしかったり訳がわからなかったりするかもしれません。予めご了承ください。
・完全な俺得オリジナル設定が盛り沢山です。キャラ設定や世界観設定は随時アップしていきます。
・キャラ崩壊やメタネタ、パロディやクロスオーバーなどが普通に出てきます。その為『このキャラダレだ?』や『こんなキャラじゃないのに!』と思われます。
・時折カプ要素出てきます。基本的にNLが多いですが、時としてBLネタが出てくるかもしれません。
・キャラは初代から最新作までほぼ全てのキャラがいる前提で話を進めています。また、キャラによっては出番が多かったり少なかったりします。ご容赦下さい。
・小説の感想やコラボ、キャラの貸し出し申請やキャラや世界観の質問はいつでも大歓迎でございますが、誹謗中傷や他の閲覧者の迷惑になるような書き込みはやめてください。


※目次や注意事項やキャラ設定は随時更新及び修正していきます。


   【もくじ】

 【世界観等々の設定資料】 >>1


 『〜スマブラ長編〜』
【これが日常ですけどなにか?】
本編 >>2-3 >>4-5 >>6-7 >>8-12
オマケ >>13

【リアル動物ごっこ(笑)】
本編 >>14-15 >>16-17 >>18-20
オマケ >>21-22

【マスターハンドのワクワク☆発明品】
本編 >>137-139 >>145-148 >>156-158
オマケ >>140 >>159

【混沌の宴! その名はオトーリ!!】
本編 >>167-169 >>177-179 >>189-192
オマケ >>170

【ワタボーハザード】
本編 >>300-302 >>310-313 >>325-327

【真っ赤なXマス】
本編 >>349-351 >>354-357 >>365-368

【未知なるニューステージ!】
本編 >>374-377 >>385-389
オマケ~変隊とは?~ >>390


 『〜スマブラ大長編〜』
【覚醒・ドルピック島編】
予告編 >>23
準備 >>29-30
一日目 >>39-41 >>47-50
二日目 >>56-58 >>65-68
三日目(前編) >>75-77 >>83-85
三日目(後編) >>94-99 >>106-109
オマケ >>86
あとがき >>110

【激闘!アナザーキャスト編】
序章 >>193
黒いシンデレラと金色猿と闇乳首 >>196-198
別の自分とゆるキャラと衝撃発言 >>206-208
ラーメンと恋罵女と思い出 >>215-217
アラジンとガチ泣きと弱音 >>222-224
逃走と闘争と回想 >>231-233
復帰と侍と母の言葉 >>238-240
死闘と切り札と悪童と姫騎士 >>254-257
変隊創設者と心と拳 >>280-282
私と俺とシンデレラ >>288-290
オマケ >>225
あとがき >>291
エピローグ・A >>297


 『〜スマブラ短編〜』
作者とスマブラメンバーで銀魂パロ >>24
2017年バレンタイン短編小説集 >>123-124
スマテスト >>249
スイカは割るより切る方が美味い >>260-262
世にも奇妙な怪談☆話 >>265-268
トクマ版改変コピペネタ集 >>272
2017年のハロウィン事情 >>334-335
グダグダな日常小話 >>339-340


【スマブラの日常(笑)〜エピソード0〜】
彼らとのファーストコンタクト >>117-118
彼らとの親交会(という飲み会) >>130-131
彼らとの共通点 >>243-244
彼らとの分岐点 >>320-322


 《タグ》
 スマブラ とある魔術の禁書目録 ストリートファイター ワンダーランドウォーズ クロスオーバー NL キャラ崩壊 裸族 変隊創立本部 変隊

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



世界観等々の設定資料 ( No.1 )
日時: 2016/03/26 16:36
名前: トクマ

※随時、更新及び修正されます。

  〜キャラについて〜
 基本的にスマブラのファイターは隠しキャラを含めた全員いることを前提で人外ファイター達はごく一部を除いて普通に話せます。また、擬人化したい場合はマスターハンドの許可を貰えばできます。マリオとクッパ等の敵対関係は一時休戦状態になっている。余談ではあるが某勇者と魔王はとある配管工に『形だけでも仲良くしろよ』と言われて渋々握手した瞬間にワンハンドシェイクデスマッチに発展したそうだ。
 マリオとドクターマリオ、サムスとゼロスーツサムス、ゼルダとシークは同一人物として、リンクと子供リンクは別人としてカウントしている。なお、このスレではFitトレーナーは女性、むらびとは男性、ルフレ♂♀は双子の兄妹という設定になっている。
 マスターハンドとクレイジーハンドはファイター達が戦う世界を創った神様とスマッシュブラザーズの団体創設者となっており、彼らからの願いでファイター達はマスターハンドとクレイジーハンドをフレンドリーに接しているが内心では敬意を払っている。

  〜世界観について〜
 マスターハンドとクレイジーハンドがとある一人の病弱な子供が描いた夢を実現させる為にあらゆる世界のファイターが集って戦う世界を創造したのが始まり、ファイター達は某魔法学校並の大きさの城を拠点に活動している。拠点から少し離れた所には『64ストリート』があり、小さな駄菓子屋から大型ショッピングモールまで幅広いジャンルの施設があるので生活には困らない。
 また、ファイターは自由に世界を移動する事が出来るが一部の世界(別の作者さんのスレの事です)にはその世界の創設者(そのスレの作者さんの事です)に許可を必ず貰わなければならない。

  〜クロスオーバー〜
 スマッシュブラザーズ以外に他作品から交流の場を設けられており、彼らとの交流を楽しんでいる。現在トクマサイドには……

・とある魔術の禁書目録
・ストリートファイター
・ワンダーランドウォーズ

 計三作品がスマッシュブラザーズの交流を活用して快適に過ごしている。


  〜キャラの役職〜
 スマッシュブラザーズの団体内では役割があり、簡単に説明するとこのようになる。

団体創設者及び最高責任者……マスターハンド&クレイジーハンド
最高責任者代理……マリオ
総合司令塔……リンク、カービィ、ピカチュウ

 〜初代組〜
リーダー……マリオ
副リーダー……リンク

 〜DX組〜
リーダー……クッパ
副リーダー……ガノンドロフ

 〜X組〜
リーダー……デデデ大王
副リーダー……アイク

 〜for組〜
リーダー……ルキナ
副リーダー……ルフレ(兄)、ルフル(妹)

これが日常ですけどなにか? ( No.2 )
日時: 2016/03/26 11:11
名前: トクマ

 ここは“スマブラワールド”。二人の神――マスターハンドとクレイジーハンドがとある一人の病弱な子供の願いの為に創られた世界である。この世界のとある場所に大きな建物が建っており、その建物には数多くのファイターが集まって自分自身の心と力を鍛え、磨き、学んでいた。その集団を人々はこう呼んだ――

 ――そう! スマッシュブラザ『待ちなさいよ! 今日こそ勝ってやるんだからぁ!!』……

 ……失礼、気を取り直してもう一度……そう! スマッシュブ『不幸
だぁぁぁ!!』……ゲフンゲフン……

 ……スマッシュ『マリオ〜ヨッシーとクッキー焼いたから一緒に食べないかしら?』

 ……スマッシ『おぉ! ありがとう! ピーチ姫の作ったクッキーは桃の香りがして美味しいんだよなぁ〜!!』

 ……スマッ『リュウさぁぁん! 修行お願いしまぁす!!』

 ……ス……スマ『ピカチュウは相変わらずモフモフしてるわねぇ……癒されるわ……』

 ……ス『私が楽しみにして残していたプリンを兄様が食べたでしょ! 今すぐに返して下さい!!』

『食べるわけないだろぉぉがぁ!!』

 ……『よぅし! 今こそ俺様の肉体美を見せると――』

 ウルセェェェェェ!!(???に金的蹴り)

『――ペギュン!? ……オ……オレサ……ノ……ュニア……ガ……』

 ウルセェェェンダヨォォォォ!! ジュニアだがカリフォルニアだが知らねぇけど舞台挨拶ならぬスレ挨拶ぐらい決めさせてくれよぉ! いくら何でも温厚な私であるナレーションもブチギレるっつーのぉ!! わかる? そういうの? ドゥーユーアンダースタン?  ドゥーユーアンダァァスタァァァン? ドゥー! ユー! アンダァァァァスタァァァァァァン?

 ……ハ!? イカンイカンゲフンゲフンゴホンゴホン……誠に大変失礼致しました。少し……ほんの少しだけ私としたことが荒ぶってしまいました……フフフ……

 それでは彼らの日常を語り始めていきたいと思ったのですが、よくよく考えてみれば画面の前の皆様は彼らの日常はどれ程のモノか話していない事に気付きました……このままではスレ停止一直線の気がしたので一つ提案があります。

 このスマッシュブラザーズに住み始めてしばらく経った一人の男性を通して彼らの日常を見るとしましょう。え……その男性がどうしてスマッシュブラザーズに来たのか? それは後々お話しするとしましょう。

 さてさて、学校の校長先生の如く長くなりましたがさぁ語りましょう! 彼らの日常である物語を!!

 “スマッシュブラザーズ”を――!!

 ……え? 更新速度? ……で、できるだけ早く更新するようにガンバルゾー……


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。