二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

ダンガンロンパSNP
日時: 2019/03/18 14:27
名前: しゅんぽこ

ども!しゅんぽこです!
普段は逃走中を執筆している俺ですが、最近オリジナルのダンガンロンパを読むのにハマっており、書いてみたいと思いました!
逃走中と日常スレしか執筆してない俺にとってはこのようなジャンルは初めてなのですが、温かい目で見ておただけたら幸いです。

注意事項
・更新は不定期です。
・作者はこのようなジャンルの小説は初めてです。
・更新停止の可能性ありです。

これらが許せる人はどうぞ!

登場キャラクター >>1
プロローグ >>2-9
キャラ詳細 >>10-14
第1章 >>15-16>>19-20>>23-30>>36-39>>42-46>>49
非日常編 >>50

超高校級の小ネタ集 >>33

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11



Re: ダンガンロンパSNP ( No.47 )
日時: 2019/02/25 22:49
名前: 洋輝

洋輝です!

ホームビデオが流れたみたいですね。
しかし、DVDの映像が流れていたとは・・・

今後の展開お待ちしてます!

Re: ダンガンロンパSNP ( No.48 )
日時: 2019/02/28 09:54
名前: しゅんぽこ

>>洋輝さん

生徒達はホームビデオらしきDVDを見せられましたが、それは生徒達をコロシアイさせるよう仕組んだ物でした。

Re: ダンガンロンパSNP ( No.49 )
日時: 2019/02/28 10:23
名前: しゅんぽこ

4日目

モノクマ『オマエラ、おはようございます!起床時間です!今日も元気にいきましょう!』

いつものようにモノクマの耳障りのアナウンスで目が覚める。本当にこのアナウンスはどうにかならないのだろうか。そう思いながら服を着替え食堂に行った。

霧生「おはよう、神野さん。」

剣持「おはようございます。」

直衛「おはよう。」

食堂には霧生さん、剣持さん、直衛君がいた。今日はいつもより少なく感じた。

神野「あれ?今日は少ないね・・・」

直衛「まあ、昨日あんな物を見せられたんだ。無理はないだろう。」

ああ、あの動機ビデオか・・・
確かにあれは精神に来る物だったな・・・
そう思っていると、葛城君、ホリーさん、南沢君、朝倉さん、佐内さん、小林君、物部君が来た。

葛城「これであと来てないのは瀬賀と館山さんと八木沢さんだな・・・」

館山さんは起きるのが遅いからともかく、瀬賀君と八木沢さんが遅いのは意外だった。
いつもは早く起きるのに・・・

瀬賀「悪い!遅れた!」

直衛「瀬賀、お前にしては遅かったな。」

瀬賀「いつもより多めに走っていたら遅くなっちまったよ。」

とりあえず、瀬賀君は無事でよかったと安心する。
でも、館山さんと八木沢さんはまだ来ていない。
もしかしてと私は最悪の状況を想像する。あまり想像したくはなかったが、昨日のDVDを見せられると勝手に想像してしまう。
そして、私の悪い予感が的中する瞬間が訪れる。

館山「きゃぁ〜〜〜〜〜!」

館山さんの叫び声が聞こえる。

剣持「今、館山さんの叫び声が・・・」

小林「みんなの部屋の・・・方から・・・」

神野「私、ちょっと様子見に行ってくる!」

葛城「俺も行くよ!」

私と葛城君は食堂を後にして館山さんのところに行った。

館山「あ、ああ・・・」

神野「館山さん、大丈夫!?」

館山さんは腰を抜かして震えていた。館山さんが指を指していたので私達はその方向を見た。そこは八木沢さんの部屋だった。

神野「え・・・?」

葛城「嘘、だろ・・・」

私達が見た先には・・・





























手足を力なく放り出し





























血だまりの中で死んでいる





























『超高校級の脚本家』八木沢琴歌の姿があった。

非日常編に続く

Re: ダンガンロンパSNP ( No.50 )
日時: 2019/03/18 14:26
名前: しゅんぽこ

どうして?

どうしてあなたが死んだるの?

昨日まであんなに元気だったのに・・・

八木沢さんがまだ生きていると信じたかったが、次の瞬間その考えは砕け散った。

モノクマ『死体が発見されました!一定の捜査時間の後、学級裁判を開きます!』

死体・・・その言葉が聞こえた瞬間、八木沢さんは本当に死んだのだと確信する。

直衛「おい、今の放送は・・・」

剣持「死体が発見されたとは一体・・・」

みんなも続々と集まってくる。

朝倉「きゃあ〜〜〜〜〜!」

物部「あれって・・・八木沢ちゃん!?」

佐内「うぅっ・・・ぐすっ・・・」

静けさに包まれた廊下はあっという間に悲鳴の渦に巻き込まれた。
みんなが阿鼻叫喚している中、1人だけは違った。

芥川「フン、やっと起こったか。」

瀬賀「お前!人が死んでるんだぞ!」

芥川「だから言っただろ。馴れ合いなんかしてるところで何の意味も無いと。」

瀬賀「そんなのわかんねえじゃねえか!」

芥川「物分かりの悪い奴だな。八木沢が誰かに殺されたのが証拠じゃないか。」

瀬賀君と芥川君が口喧嘩をしていると、モノクマがやって来た。

モノクマ「うぷぷぷ・・・ようやく起こりましたねぇ!最初の事件が!」

こんな状況であろうと、モノクマは陽気な口調だ。

館山「あんたが殺したんでしょ!琴歌ちゃんを!」

館山さんがモノクマに怒りを向ける。

モノクマ「おやおや、それを言うのはお門違いだよ。ボクは校則違反をしない限りオマエラには一切手は出さないから!」

神野「じゃあ、八木沢さんを殺したのって・・・」

モノクマ「もちろん、オマエラの中の誰かだよ。」

私は信じたくなかった。
八木沢さんを殺した犯人がこの中にいるなんて。
私はみんなの顔を見渡した。

館山さん?
朝倉さん?
物部君?
佐内さん?
南沢君?
ホリーさん?
芥川君?
瀬賀君?
小林君?
霧生さん?
剣持さん?
直衛君?
それとも・・・葛城君?

私は不安でたまらなかった。

モノクマ「犯人が誰かは学級裁判の時にして、こういうのが素人なオマエラにこれを渡しに来ました!」

モノクマ「テッテテ〜ン、モノクマファイル!」

直衛「だからド○えもんかよ。」

直衛君のツッコミをスルーしてモノクマはモノクマファイルの説明をした。

モノクマ「このファイルは捜査の時に役立つ情報が入ってるよ!じゃあ、みんな頑張ってね〜!」

モノクマはモノクマファイルを私に渡した後速やかに去って行った。
重い空気が支配する。
マイペースだけど明るくて私達に自分の映画を見せてくれた八木沢さんがどうして・・・

葛城「みんな、今はものすごく辛いが俺達はやるしかない。」

重い空気の中口を開いたのは葛城君だった。

葛城「殺された八木沢さんのためにも、俺達は犯人を見つけ出さなければならない。」

確かに、やらなければ私達が死んでしまう。

霧生「そうね・・・いつまでも落ち込んでいられないわね・・・」

葛城「あと、証拠隠滅など起きないように最低でも2人見張りが欲しいが、誰かやってくれる人はいるか?」

瀬賀「じゃあ俺がやるぜ。頭の使うのは苦手だからさ。」

館山「あたしも見張りをやるよ!」

剣持「私は八木沢さんの検死をさせていただきます。」

神野「剣持さんって検死ができるの?」

剣持「私は医師ではないので軽くしかできませんが、全力を尽くしたいと思います。」

そうだ。やるしかないんだ。
八木沢さんを殺した犯人を見つけ出すためにも・・・

Re: ダンガンロンパSNP ( No.51 )
日時: 2019/05/15 13:25
名前: 洋輝

洋輝です!

モノクマの中の人w

そして八木沢が死亡しましたか・・・

更新お待ちしてます!


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。