二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

普通で普通じゃない日常劇場
日時: 2019/06/12 17:21
名前: W683
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=318

皆様初めまして、W683と申します。
他作者様のクロスオーバー小説の面白さに感動し、此方でも執筆する事にしました。どうぞ宜しくお願い致します。

==注意 Caution==

・此方では「二次創作」や「クロスオーバー」を取り扱います。
・オリジナル設定によるキャラ崩壊が多く含まれております。
・設定はその都度変わる事が御座います。
・作者W683の文章力の低さによる意味不明な部分が発生する事が多々あります。
・完全俺得なネタやマイナーネタ(阿部さんネタや鉄道ネタなど)が含まれている場合が大いにあります。
・不定期更新というか更新速度は遅めになると思います。
・感想やキャラの貸し出し等はコメントにていつでも受け付けます。但し、誹謗中傷等他の読者様のご迷惑となる行為はおやめ下さい。

以上、皆様のご理解とご協力をお願い致します。

(追記)
上記のURLに此方で扱うキャラ達の設定を載せております。此方のキャラの設定等はそちらをご覧頂くか、pixivの『普通で普通じゃない設定集』をご覧ください。

==目次 Contents==

〔簡単な設定集〕
世界観>>1
登場人物紹介>>2-3
新メンバーと料理関連+アンケート>>81-83
SB69組とひなビタ♪組>>325
第3期新メンバー>>469
スマブラSPメンバー>>500
スマブラ組(最新版)>>620
ボカロ組・まどマギ組・ガルフレ組>>637

〔短編〕
海水浴de交流会>>4-7
短編詰め合わせ>>56-63
来たれ!!新入り達!!>>68-74
ナージャ組deギャグマンガパロ>>97-101
ハルヒ組deでんじーパロ>>109-113
新メンバーとカオスな新年会!!>>316-325
SB69deでんじーパロ>>333-336
カオスまみれの温泉馬鹿ンス>>342-349
短編詰め合わせ2>>390-397
ポップンdeポプテピパロ
(前半)>>451-453 (後半)>>454-456
スマブラ&らき☆すたdeでんじーパロ>>496-500
スマブラ的細か過ぎて伝わらないモノマネ選手権>>614-620
狂気しかない新ジャンル歓迎会>>628-637
ガルフレ&スマブラdeポプテピパロ
(前半)>>654-657 (後半)>>658-661
Super Crossover Quiz Show>>666-671
狂気と混沌のカートレース大会
(前編)>>679-684 (後編)>>692-700
短編詰め合わせ3>>707-714

〔長編〕
『カオスまみれのレクリエーション大会』
準備編>>8-10
パフォーマンス編
(前半)>>11-15 (後半)>>19-25
裸族編>>31-36 お仕置き編>>46-49

『学力対決!!』
5教科編>>124-129
副教科編>>136-141
その他編>>147-152

『ポップンフレンドパーク』
Part1>>370-375 Part2>>380-386
Part3>>401-405 Part4>>410-415
Part5>>431-436 Part6>>440-446

〔裸族による裸族の為の講座 in W683〕
1回目>>86-92 2回目>>461-469

〔料理対決〕
『1回目』
準備編>>167-171
試食編
(1~5番)>>178-185 (6~10番)>>191-198
(11~14番)>>204-211
(15~17番)(裸族注意!)>>220-231
(18~20番)(カオス要注意!)>>238-247
結果発表>>259-263
お仕置き
(前編)>>267-276 (後編)>>281-290

『2回目』
準備編>>507-512
試食編
(1~4番)>>523-528 (5~7番)>>535-540
(8番)(遺言回注意!)>>546-552
(9~12番)>>561-567
(13~15番)(カオス要注意!)>>578-588
結果発表&お仕置き>>598-606

〔痛快!! UMB Channel!!〕
第1回>>297-300 第2回>>355-358
第3回>>421-424 第4回>>482-485
第5回>>642-645 第6回>>720-724←New!

2017.07.29開業
2017.10.08移転開業
2019.06.12更新

(タグ)
クロスオーバー/キャラ崩壊/ギャグカオス組/裸族/腐った女子/鉄道ネタ/スマブラ/ポップン/明日のナージャ/涼宮ハルヒの憂鬱/らき☆すた/SHOW BY ROCK!/VOCALOID/魔法少女まどか☆マギカ/ガールフレンド(仮)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147



第2回料理対決――試食Period 1(6) ( No.528 )
日時: 2018/09/30 00:11
名前: W683

続き

《4番》

弓弦「もう腹を決めて行くしか…;;;」


ある程度の覚悟を決めて会場入りするポップン界の弓使い。その姿は正に戦に出る武士のようだ…


弓弦「今はどんな感じで?」
ロクター「さっきはハズレだったけど、大当たりも1人出たよ」
弓弦「不安要素が1人減ると同時に当たりも1人減ったんですね…;;;」
ゆめひめ「まあしょうがないよ。特にあたしらは全部食べなアカンし…;;;」
嵐雅「よし、準備は良いか?4番はこれだ!!!!」


一同の前に運ばれてきた4番の料理は…???


W683「何処からどう見ても普通の抹茶アイスなんやが…;;;」
晴哉「特に問題はなさそうなんだけど…?」
抜間さん「でも油断は出来ないですからね…;;;」


見た目は普通でも油断できないのが料理対決。意を決してスプーンを入れるが…


ゆめひめ「ちょっと待って!?!?!?スプーンが入らない!?!?!?」
ロクター「硬いな…;;;もしかして凍らせ過ぎた?」
W683「某シンカンセンスゴイカタイアイス並に硬いな…;;;;;」
パティ「あっ、4番から伝言がありマスよー。『アイスを凍らせ過ぎて本当に済まない;;;横に熱い緑茶を用意したから其処にスプーンを浸けてから食べてくれ』らしいデース」
抜間さん「なるほど、そういう手があったか!!!!」
弓弦「早速…普通に美味しいですね。そう言えば何処かで食べた事の有るような…」
晴哉「何か心当たりでも有るのか?」
弓弦「前に4番が作ってくれたんですよ。その時よりも確実に上達してますね…」
W683「っつー事は…(ニヤニヤ)」
抜間さん「これは新たなNLの予感…!!!!!!」←スケブスタンバイ
ゆめひめ「遂に来ましたか!!!!!!」←カメラスタンバイ
晴哉「良いですね~(ニヤニヤ)」
弓弦「作者さん達の顔がニヤついてて怖いんですけど…;;;」


4番の総合評価:☆3

W683の評価:☆3
某シンカンセンスゴイカタイアイス状態のまま出してたら☆2やったけど、普通に美味かった上に熱い茶にスプーンを入れて融かしながら食えるように工夫出来てたから☆3で。何よりこれを食った弓弦も喜んでたぞ。結果発表が楽しみやな(ニヤニヤ)。

抜間さんの評価:☆3
最初は硬いなーって思ったけど、熱い飲み物に浸けたスプーンで食べるという発想にしたのは中々に良いと思うよ。味は普通だったけど何より料理苦手な君にしてはよく頑張ったんじゃないかな?おっと、スケッチの構図考えなきゃ…(ニヤニヤ)。

ゆめひめの評価:☆3
スプーンも通らない位に硬くしてしまったのは頂けないけど、その後のリカバリーも考えてたから1ランクオマケね。て言うかW683さんwwwwwww新幹線のアイスってそんなに硬いんですかwwwwwwwそれはそうと結果発表で良い景色が見られそうですね…<●><●>

晴哉の評価:☆3
味は普通に良いんだけど、やっぱり硬さが気になったな。凍らせ過ぎると口当たりが悪いし、それを熱い飲み物を使ってカバーするという工夫も出来てて良かったと思うぞ。それはそうと、W683さんサイドでもこんなNLが見られるとは…<●><●>

ロクターの評価:☆3
あのー…晴哉さん達の顔が…;;;そうだな…凍らせ過ぎて硬くなったのは減点だけど、そのリカバリーに熱い飲み物を使う当たり、中々頭の回転が素早いみたいだね。味は普通だけど料理が得意じゃない君なりに頑張ったのが分かるよ。これからの頑張りで幾らでも伸びるから頑張って。

弓弦の評価:☆4
料理が苦手な4番にしてはよく頑張ったと思いますよ。あの時食べた時よりも上達したのが分かります。ただ、凍らせ過ぎたのは勿体無い感じもしましたが、熱い緑茶にスプーンを浸けてから食べるという工夫も施されてて良かったと思いますよ。次も期待してますよ。それより、作者さん達の顔が気になるんですが…;;;


凉海「でも時間が経ったら普通に食べれるよね?」
嵐雅「確かに…」


と言うわけで今回は此処まで!!ヒントを出しておきます。


《ヒント》

1番:クリクリのキーボード担当の子。摘まみ食いさえしなければ☆4以上は行ってただけに勿体無い…;;;
2番:柊家の末っ子。流石にボイスメッセージが無いと特定出来ません;;;
3番:SOS団の無口な少女。無理し過ぎた結果、焦げが出来たり調味料のミスをしたりとやらかしましたOTL
4番:ポップン界の剣士。刀こそ使ってないものの、アイスを凍らせ過ぎて硬くなったりしました。味は普通に美味しいのに…;;;尚、シンカンセンスゴイカタイアイスについて知りたい人はググってみると良いでしょう(ぇ)。

※何時も通りですが、試食の際は自己責任で。3番はあまりお勧めしません。


一先ず此処まで。感想があればどうぞ。

Re: 普通で普通じゃない日常劇場 ( No.529 )
日時: 2018/09/30 16:39
名前: 桜木 霊歌

こんにちは!桜木霊歌です!・・・ってうわぁ・・・やっぱりキッチンが大惨事になっとる・・・
優衣「やはり、この大惨事でのクッキングは恒例なのですね・・・;」
それはそうと、試食に参ります。ソニックと優衣と私と、+αメンバーで試食させていただきます。

1番 +αメンバーは姫

姫「優衣お姉ちゃーん、ソニックお兄ちゃーん。このアイス量少ないし、形が変だよー」
優衣「あらあら・・・(1番の名前)さんは欲望に負けて摘み食いしてしまったんですね・・・クッキーは可愛らしいのに、勿体ないです・・・」
霊歌「推しだけど、擁護するのは難しいなぁ・・・」
ソニック「この摘み食いが無かったら、☆5は行けたかもしれないのに・・・」

2番 +αメンバーはスズ

スズ「わぁ~かき氷にほうじ茶入れるって発想が面白いね!」
優衣「苦味のある物を好む私はいくらでも歓迎できますよ。」
霊歌「ごめん、2番には本っ当に申し訳ないんだけど・・・」つ2番の料理(私はコーヒーや緑茶やほうじ茶のように苦い物は苦手です。2番ちゃんほんとにごめん・・・)
ソニック「お前頑張れよ・・・ん?なんだこりゃ?ボイスメッセージ?」

ボイスメッセージを聞く

霊歌「・・・」←なんか複雑な気持ちになった

3番 +αメンバーはシルバー

霊歌「焦げすぎたり、調味料間違えたり・・・もう大惨事だね・・・」
シルバー「3番、気を落とすな。これと俺が料理対決で作ったブラックホールクッキーを比べたら、お前の失敗がまだ可愛いから・・・」OTL
優衣・ソニック(当時の責任感じてる・・・)

4番 +αメンバーは桜

桜「これは固すぎるね・・・でも、緑茶を入れて、食べやすくするって方法と工夫よし!面白いし、いいNL展開も見れたからね!」<●><●>
霊歌「2番ちゃんにも4番ちゃんにも申し訳ないんだけど・・・」つ4番の料理
ソニック「またか・・・まあ、悪くないな。甘さと苦味のバランスが絶妙だ。」
優衣「美味しいですよ。」
霊歌「それと、4番と弓弦の写真が欲しいですはい」<●><●>

今回は大惨事には、ならなかったので良かったです・・・一応、追加救援として、マクロファージさん(動じない組(天然)とNK細胞(ギャグカオス組)を送ります。クトゥルフが出現した際には、思いっきりこの二人を暴れさせてください。超強いので、クトゥルフを一撃で倒せる実力なので・・・それでは!

Re: 普通で普通じゃない日常劇場 ( No.530 )
日時: 2018/09/30 21:20
名前: アーク

アーク「3番でハズレかよ;」
フローラ「けど、ハズレの部類で言ったらマシな方のハズレじゃないの?」
アーク「調味料の間違い等だけで済むハズレはハズレの中でのアタリ、即ちマシなハズレだからな。けど、ハズレの中でのハズレは医務室が集中治療室になっちまうからな;」
フローラ「クトゥルフ、またはポイズンクッキングのことね;」

Re: 普通で普通じゃない日常劇場 ( No.531 )
日時: 2018/10/02 08:08
名前: みゐ狐  (mikomico104310@gmail.com

椛「どうも、ついに始まりましたね料理大会(?)、え、何故私が挨拶をしているかですって?それは…」





『(某世紀末のラ〇ウの如く腕を突き上げて燃え尽きてる作者の図)』


さとり「あ、どうしてこうなってるか分からないなら「カープ」「9月26日」でググッて下さい;」





―数分後―

やっと復活した;、では試食をこちらの固定審査員枠のレミ神子と+αと食べていきます

レミィ「分かってたわよ此畜生こんちくしょうorz」
神子「まあ問題作は少ないですが気を抜かないようにしましょう;」





【1番】
レミィ「つまみ食いってあんたね…;」
さとり「流石に減点は避けられないですね…量も少ないですし;」
神子「…味は申し分ないだけに残念ですね、まあそう言う性格の方なんでしょう;」


【2番】
神子「かき氷にお茶ですか!斬新なアイデアですね」
フラン「こんなかき氷初めて食べたー!咲夜に頼んで作ってもらおー♪」
レミィ「そうね、…あー、貴女のお姉さんについては…どんまいと頑張れぐらいしか言えないわ;;」


【3番】
マミゾウ「…流石にこれは食べられるものでは無いのぅ;」
レミィ「ま、まああまり料理しない子もいるのだからこうなることもあるのよね;」
神子「砂糖と塩を間違えるとはなんとベタな…;」


【4番】
神子「なるほど、確かに鉄スプーンの熱伝導ならどんなに固くてもすぐ掬えますね」
レミィ「多分2番のお茶をかけるかき氷からヒントを得たのかもしれないわね」
雛「抹茶にお茶だから味も邪魔にならないわね、あ、作者の皆さん、宜しければその絵なり写真なりを私にも送ってくださいまし(^p^)」←この後レミリアにどつかれた




今回はポイズン枠出なかったか…出来れば早めにポイズン枠が出てほしいところですね;
小傘「そんなこと言ったら最後まで出なくなると思うんだけど;」
椛「…かなり有り得ますね…;」

とりあえず頑張ってください、これしか言えません;;
それでは(・ω・)ノシ

あ、最後にはじめに出てたスーパークラウンについて一言…
やっと時代が追いついたか…( -ω- `)フッ
小町「…あー、あんた擬人化や女体化って好物だもんな;」
映姫「業が深すぎて何も言えないんですが;」
(因みに推しはヘイホー姫です(キリッ←殴)

Re: 普通で普通じゃない日常劇場 ( No.532 )
日時: 2018/10/01 22:45
名前: ゆめひめ

ゆめひめです!

ちょwwww冒頭のクッパ姫最近人気ですよねwwwwwwそれがここでシンガンもやったwwwwwww

マリアベル「よし、ならブレディ!あなたもぜひピーチ姫化しやがれですわ!!」つスーパークラウン
ブレディ「やらねぇよ!!」
ゆめひめ「マリアベルさん、スーパークラウンを使わなくても普通の姫化ならいつでもプリチャンで出来るから(ニヤァ」つお姫様セット
マリアベル「ナイスですわ作者!!」
ブレディ「」
アズール(でもブレディって父親次第ではルキナの姉弟になってホントにひm・・・王子になれるんだよなぁ・・・;あ、僕もか)

これ誰かシンガン姫のイラスト描いてくれ下さい(スライディング土下座&ついでにうちのブレディ姫も←)


さて、本編はようやく料理対決が始まりましたね。今回はまだ安全だったか・・・;
これ、後半が怖くなる奴やん・・・;

さて、発表してからだいぶ経って忘れ気味ですが、第七強化月間中なので試食は第七小隊に任せますか
第七「Σここで強化月間ネタ使うの!?」


1番
クリス「これは形ですぐ分かったな。にしても小さいのがな・・・;」
カタリナ「うちの1番もそうですからね・・・;我慢したら高評価を得られましたのにもったいないですね・・・;」

2番
ライアン「作者も前に似た様なやり方の料理がありましたが、かき氷とほうじ茶でやるとは新しいですね~!!ってボイスメッセージ・・・;」
ロディ「そうか、2番はあいつの恐ろしさを嫌でも1番よくわかっているから・・・;」

3番
ルーク「Σ塩辛ぇ!?これは流石に食えねぇよ・・・;つか、鉄の味するかしないかでももうメシマズも分かる様になったのかよ・・・;」

4番
セシル「アイスが固すぎてキツイと思ったけど、スプーンをお茶で温めるという事だったのね。おっ、今回の固定審査員一同が喜びそうな展開が来たわね。とりあえず弓弦は今すぐ固定審査員達から逃げて;」


さて、とりあえずはラストポイズンにならなければ良いことを祈るばかりですね・・・;
それではノシ


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。