二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

逃走中 〜MOVIE大戦 GOD〜
日時: 2019/01/10 12:52
名前: 夏風邪 ◆AxDyDkwND2



平成が終わる時ーー






新たな時代と共に最狂最低最悪の神が現れる


エグゼイドside
エリアは『聖都大学附属病院付近』この病院には研修医『宝生永夢』がおり日夜バグスターウィルスを根絶する為戦い続けていた。ある日永夢はキョーコという少女と出会って関わっていき…!?新たなバグスターとの闘いが始まる…?消えたハズの仲間、そして神 『半熟探偵』『まだ出会うハズのない旅人』………その中で永夢はキョーコに対しある選択を強いられ…!?


ビルドside

エリアは『東都』
物語は『万丈龍我』と『猿渡一海』が北都へ仲間を救うべく向かっているところから始まる。
農園に捕らえられた猿渡の仲間を救うべく為に闘うが…!
一方自称天才物理学者『桐生戦兎』は新たな敵の存在を感じる………!『自身を裏切った恩人』、『空間を渡り歩く写真家』、『友を救う為に闘う銃使い』………そんな彼らを結ぶ螺旋を先にあるものとはーー!


逃走者(26人)


アイスドラゴン
アルミン・アルレルト
大槻
伊波まひる
尾形百之助
海馬瀬人
ガオガエン
葛葉紘太
カロン
グイード・ミスタ
駆門戒斗
konakun.
ゴウカザル
園崎詩音
園崎魅音
DDデビル
デルタ
ネクスタ
ノエル・チェルクェッティ
広瀬康一
Free Traceur
松浦果南
マリオ
ヤード
山岸由花子
ゆうき


(五十音順)

見所
▽逃走中関係ねえじゃんって思うかもしれないんですけど逃走中ちゃんと書きます
▽仮面ライダーと逃走中のベストマッチ!
▽ゴウカザルVSガオガエン!
▽元祖ヤンデレ、山岸由花子
▽DDデビル!今回こそ自首なるか!?
▽広瀬、マリオ。2年ぶりの出場で活躍なるか!!?
▽初参加作者勢の活躍は!?
▽悪魔と神と白騎士(殴 と社長…

Page:1 2 3 4 5 6 7 8



Re: 逃走中 〜MOVIE大戦 GOD〜 ( No.33 )
日時: 2019/01/21 04:12
名前: 関数方程式

お久しぶりです。

悪雪姫編は全滅でしたか・・・。自分も復活して確保ですが、逃走率は半分超えているのでよしとしましょう。

そしてアイスドラゴンさんがここで確保されましたか。早期確保は意外ですね。

Re: 逃走中 〜MOVIE大戦 GOD〜 ( No.34 )
日時: 2019/01/21 06:49
名前: konakun.

konakunですー。
ちょwwゆうき殿ww何やってんすかww(褒めてる)
ゲームマスター時に演じてるクールで熱血なキャラなんて欠片も見当たらないレベルで狂うなんて推しの愛ってのは半端ないんすね(すっとぼけ)
ワイの推しへの愛はまだまだあの域には達してないんで先輩としてそこもリスペクトしようかと(していいのか?)
まあそれは置いといて大先輩アイスドラゴン氏が確保という。まさかFree氏やデルタ氏の言うような新参の時代が来るというのか…?まあワイは戦略上関係なさそうだけど
次回も待ってますー。

Re: 逃走中 〜MOVIE大戦 GOD〜 ( No.35 )
日時: 2019/01/22 00:42
名前: 夏風邪 ◆AxDyDkwND2

ゆうきさん

尾形に絡まれて確保されかけました。もう関わらないのが懸命ですね☆

ゆうきさんを追ったハンターがアイスドラゴンさんを確保してしまいましたね………

カロンとガオガエン、そしてDDデビルさんは凌げるのか………!?


ノエル「ちょっと!私は?!私の事は!?」

多分ちっこくって見えなかったたんだと思うよ


ノエル「くっ…私だって何年かすればもっと成長致しますわ…」

………存在感的な意味で


次回もお楽しみに!



関数方程式さん

お久しぶりです!悪雪姫編は全滅となってしまいました………

関数さんの逃走率も半分超えてましたしまあ…

アイスドラゴンさんも確保され本格的に動き出したと言った感じですね。

次回もお楽しみに!


konakun.さん


ゆうきさんはここの逃走中だと本気で狂いますw 数作前とかも見て貰えば分かるかと思いますw

konakun.さんもあのレベルの愛を持てるよう頑張ってくださいね!!!!!

アイスドラゴンさんが確保されてしまいました…今作は新参作者の活躍を期待出来るのか…!?次回もお楽しみに!

Re: 逃走中 〜MOVIE大戦 GOD〜 ( No.36 )
日時: 2019/01/22 01:11
名前: 夏風邪 ◆AxDyDkwND2

109:20


被虐コンビ、ガオガエンとDDデビルに




ハンター3「………………」



ハンターが迫る!


































ガオガエン「ん?おい!来てるぞ!」


ノエル「いましたわね…離れましょう」


カロン「そうだな………」


DDデビル「あぶねえw」



いち早く気づき



ハンター3「………………?」



見つからずに済んだようだ………












DDデビル「いやあ…ありがとうございますわw」


ノエル「口調、真似ないでくれますか?」



カロン「面白い、もっとやれ」


ガオガエン「??? 何が面白いんだ!?」


近くに



???「ぐ、ぐうう………」


ノエル「この人…傷だらけですわ!」


怪我人だ


DDデビル「この人…」


ガオガエン「知ってるのか!?」




DDデビル「えーっとアレだ!ダディだ!橘朔弥さんだ!」


カロン「誰だ?」



DDデビル「お、俺になんでも聞くなよ!」



橘「お話の最中すまないが…病院まで連れてってもらってもいいか………!」


ノエル「そうですわよ!」



カロン「便乗するな。まあ今はミッションもないし連れてやってもいい」


ガオガエン「そうだな!いくぞおおおおお!!!!!!!」


橘「おまっ………引きずるな………オデノカラダハボドボドナンダ!!」


ノエル「え?なんて!?」




一方、ほかの逃走者




詩音「ミッションないっていいですねー。まあ次辺りに来るかもですけどね。お姉は大変だなあ」




Free「デルタさんは一応行きますか?」


デルタ「あっちから連絡があれば行きます!」


Free「そうですか…僕は隠れようかと思ってます」


デルタ「まあ俺は経験者ですし自信を持たないとまずいですからね!」






エグゼイドチーム



ゴウカザル「行くかー………」


ミッションに渋々向かう猿



ゴウカザル「まあ近いし行く人もいなさそうなんだよなあ」





ゆうき「ボルオアアアア………」



ゴウカザル「またかよアイツ………行かなさそうだしあいつの分まで行ってやるか。しょうがねえなあ」





猿はこう言ってるが他の逃走者は…

ミスタ「行くぜ!ってスタッフさん」


スタッフ(なんでしょうか?)

















444:44 444,444,444,444円



ミスタ「俺のタイマーなんでバグってるの!?ふざけんじゃねえぞ!」


スタッフ(よく分からないです)


ミスタ「うわあああ!!このままじゃやべええええ!!!捕まるよりも酷いことになっちまうぜっ!なっ!」




107:28

Re: 逃走中 〜MOVIE大戦 GOD〜 ( No.37 )
日時: 2019/01/24 00:35
名前: 夏風邪 ◆AxDyDkwND2

107:27

エグゼイドチーム



ミッション終了まで残り7分と30秒を切った!



ゴウカザル「どこだ…ハンターボックス」




マリオ「猿!ミッション行ってるか?」


ゴウカザル「マリオ…一緒に行くぞ!」

マリオ「ああ…オープニングゲームに勝ったのにハンターが増えるのは勘弁だからな」


猿がマリオと合流!











ヤード「一人で行動してるけどこれ3人で行動した方がいいよな?レバー3つだし」




ネクスタ「難易度たしかに上がってる感じはしてるんですけどまだ何かありそうで怖いですね」


何かあると踏んでいるネクスタ


ネクスタ「とりあえずミッションに向かってみますか」



一方



ミスタ「おっ!アレハンターボックスじゃねえか!?」


ミスタが












ハンターボックス1「………………」



ハンターボックスを発見!



ミスタ「よしここに人を集めて………あ?」


ミスタ、何かに気づく














レバー1「」

レバー2「」

レバー3「」

ミスタ「………レバーあるな!」

レバーを発見!











ゴウカザル「おっ、丁度いいな!マリオ!」


マリオ「そうだな…!」


ミスタ「来たな…よし!3人で降ろすぞ!」




ゴウカザル「よし…せーの!」




ミスタ「………降りないな」



マリオ「はあ!?なんでだよ!?」


ゴウカザル「俺が知るか!?」



そこに











ハンター1「………………」



ハンターが迫る…


106:16


ビルドチーム





エリアを移動する松浦果南




果南「まだまだ時間あるね…早く過ぎないかな」















ハンター4「………………」


そこに黒い影




果南「あ、いるね…」



ハンター4「………………」


いち早く気づき、事なきを得た…


果南「ふい〜…怖かったね」
















アルミン「ゲーム始まってようやく話す機会が来たよ」


それは気のせいや



アルミン「そういう作者の戯言はともかくとして…アレなんだろ…」







アルミンが見据える先は…








レバー「」


謎の…レバー


アルミン「とりあえず近づいてみよう。何かあるかもしれない」












ハンター2「………………!」ダッ!


しかしその背後をハンターが捉えた!




レバー「」


アルミン「あっ、何か書いてあるよ………何々」




全く…気づかない




『このレバーはエグゼイドチームに発令されたミッションでのハンター放出を阻止する為のレバーだ。

こちらのエリアには計6個ある。全て降ろせばエグゼイドエリアのレバーが降りるようになる』



アルミン「えっ!?こっちも動かなきゃいけないの!?







あ!」ポン!



ハンター2「………………」


アルミン「………速あ」



106:11 アルミン・アルレルト 確保
残り
エグゼイドチーム 12人
ビルドチーム 11人


アルミン「重要な事知ったのに………」



やらかした…


prrrr♪



戒斗「弱者がまた一人淘汰されたか…」


康一「『アルミンくん 確保』頭脳派が消えたね」




カロン「何かありそうだが………何かは分からん」


ノエル「で、私たちはいつまでこの殿方を引きずればいいのかしら?」


橘「ボドボド………」ズルズル


DDデビル「知るか!」




ミッションに新たな障壁が現れた!果たして………ビルドチームとエグゼイドチームが協力し合いミッションをクリアへと導けるのか!?




105:28


Page:1 2 3 4 5 6 7 8



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。