二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

カオスcross混屯物語
日時: 2019/02/02 14:09
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

ロストメイドウィン「混沌じゃなくて混『屯』だから気を付けろよ」


【小説カキコ二次創作至上最高にぶっ飛んでるクロスオーバーここに開幕】

『注意』
原作設定ガン無視
世界観もガン無視
設定も崩壊
クロスオーバーしてますが原作は完結するまで明かしません
地の文一切なし!
ゲームみたいな事言い出すよ!
キャラは最低限守ってます
こんな作品ですがリスペクト元もあります


それらが許せる豪者はどうぞお通りください!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10



Re: カオスcross混屯物語 ( No.44 )
日時: 2019/02/14 18:16
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

トウマ
『30分後!!』

〜紅魔館〜

レミリア
『なるほど、だいたい分かったわ』

レミリア
『今の霊夢は真庭狂犬っていう忍者に乗っ取られてると』

晴香
「はい、真庭忍軍がこんな所にもいたなんて……」

レミリア
『そうね、私も真庭忍軍どころかニンジャすら本の中でしか見たことがないわ』

那雄宏
「幻想郷にはいねーのかよ、くの一とかそういうの」

早苗
「意外といないんですよここには」



レミリア
『となると、原因はひとつね………いるんでしょ?スキマ妖怪』

スッ


「ええ……聞いてたわ、全部」

早苗
「紫さん!」

弘司
「妙に暗い顔だな」


「まあね、狂犬の奴こんなところまで来るなんて」

レミリア
『貴方の知り合い?』


「元・十黒柱【永遠王】真庭狂犬、唯一代を継がず初代のまま生き続ける真庭忍軍頭領。」


「知り合いというか、腐れ縁というか………最後に会ったのはもう何百年も前だけど」

レミリア
『何百年……狂犬はそれほどの年月を憑依しながら生きてきたのね』

弘司
「それほどの年月を生きながら受け継いでいけば、度を越した強さになるのも頷ける」


「狂犬は恐らく狂犬発動を使い通して幻想郷に住む全ての女達に憑依するつもりよ」


「残った肉体は灰になるから後始末には困らないし、不運なことにここには私や貴方を含め強い女が沢山いる」


「そうやって………生きてきた女だから」

レミリア
『それは今までにない程の異変ね……全く、とんでもない女と仲良くなったものね』


「数百年も前の事が巡り巡って今に襲いかかるなんて普通思わないでしょ?」

レミリア
『それはそうだけど』

早苗
「ちょっと聞いてもいいですか?」


「何?」

早苗
「まにわには晴香さんの世界に存在してるんですよ?どうやって幻想郷に来たんですか?」


「狂犬の本体は残留思念よ、幻想入りは不可能ではないわ……あるいは、あそこかも」

早苗
「あそこ?」


「万が一私の能力が使えない状況に陥っても幻想郷に帰還出来るように特殊な空間をあっちに作ったの」


「カミカクシの森って言うんだけど……おかしいわね、情報は完全に遮断したのに」

弘司
「そちらの神が真庭忍軍の里は現代以上の情報社会と言っていた、月日が経てば発見されてもおかしくないだろう」

晴香
「………待って、弘司」


晴香
「つまりそれって、狂犬以外にも真庭忍軍が潜んでる可能性が……」

弘司
「あるな」

Re: カオスcross混屯物語 ( No.45 )
日時: 2019/02/15 23:03
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E


「とにもかくにも狂犬を何とかしないとこの異変は終わらないわ」

晴香
「そんな事言われても……」

早苗
「夢想天生を使われてる以上弾幕ではどうにもなりませんし………」

晴香
「銃弾を使ったら普通に死にそうだし……」

菫子
『え、あの住民も死ぬの?』

ジョーカーさん
『趣味の悪い同人誌とかだと死ぬから死ぬぞ』

ロストメイドウィン
『お前なんでそんなの知ってるんだよ』

メイドウィン
『俺だって好き好んでそんなん読んでたんじゃないんだよ………』

早苗
「そういうのは専門に頼むのがいいかもしれませんね!」

那雄宏
「専門ってーと、寺とか?」

レミリア
『ここで寺といえば【命蓮寺】ね』

魔理沙
『多分無理だよ、住職、聖白蓮って言うんだけどさ……最近魔界に行ってるんだ』

晴香
「な、なんで魔界!?」


「色々あったのよ……でも魔界かぁ、何の用事で?」

魔理沙
『なんでも妙な気配を感じたとさ、護衛1人付けずに魔界に乗り込んで……』

冴子
「なら迎えに行きませんとね」

晴香
「魔界に行くの!?」

那雄宏
「魔物なら俺がぶっ殺してやるよ!!」チャキ

レミリア
『血気盛んね……なら、私は止めないわ、こっちとしてもあいつらをなんとかして欲しいし』

早苗
「私もまた皆さんと冒険したいです!」

魔理沙
『なら私もついていくぜ、私の言うことなら聖も信用してくれるしな』

那雄宏
「外野の分際で」

弘司
「そろそろ括弧変えてやれよ……」

………

魔理沙
「で、魔界の行き方なんだが……ん?お前ら面白そうな物持ってるな、ちょっと貸してくれ」

那雄宏
「壊すんじゃねーぞ!」

………
ガタガタガタチーン

魔理沙
「お前らの武器に魔術回路を入れてみたものを作った!、これで私たちのような弾幕が撃てるようになったはずだ」

晴香
「すごっ、何これ!?」

魔理沙
「ガラクタが合ったから魔術で複製してくっ付けただけだがな」

【晴香は『拡散弾幕銃』を覚えた!】
【那雄宏は『爆裂弾幕銃』を覚えた!】
【東風谷早苗が正式に仲間になった!】
【普通の魔法使い 霧雨魔理沙が早苗の後方支援として仲間になった!】

Re: カオスcross混屯物語 ( No.46 )
日時: 2019/02/16 23:10
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

第7話
『レベルを上げて物理で殴ればいい』

〜魔界の穴〜

魔理沙
「ここが魔界だ」

早苗
「魔界って幻想郷の近くにあったんですね……」

魔理沙
「悪魔とかそういう類がこの辺りには多い、気を引き締めていけよ」

晴香
「ええ……」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
晴香 LV17 1863/1863 135/135
那雄宏 LV17 2002/2002 24/24
早苗 LV18 1536/1536 720/720
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

!!

魔界の決闘者が現れた!

魔理沙はターンが回る前に弾幕を張った!

魔界の決闘者に800ダメージ!

晴香 LV17 1863/1863 135/135
那雄宏 LV17 2002/2002 24/24
早苗 LV18 1536/1536 720/720

【自動攻撃】

魔界の決闘者
「俺のターン!ドロー!」

魔界の決闘者
「ガガギゴを攻撃表示で召喚!」

アレックス
『どう見てもニコニコRPGのパクリです、本当に(ry』

早苗は魔理沙に指示を出した!
魔理沙「スターダストレヴァリエ!!」
ガガギゴに890ダメージ!
魔界の決闘者に36ダメージ!

那雄宏は弾幕を撃った!大きな円は敵の中心で破裂する!
ガガギゴに1360ダメージ!
ガガギゴは倒れた!

魔界の決闘者に1850のダメージ!

晴香の攻撃!
魔界のに36のダメージ!

NEXT turn
晴香 LV17 1863/1863 135/135
那雄宏 LV17 2002/2002 23/24
早苗 LV18 1536/1536 680/720

【自動攻撃】

魔界の決闘者
「俺のターン!ドロー!」

魔界の決闘者
「マジックカード、火の粉発動!」

早苗に300のダメージ!

魔界の決闘者
「デーモンの召喚!攻撃表示!」

早苗は神籤「乱れおみくじ連続引き」を発動した

大吉!
大吉!
大吉!

デーモンの召喚に9999ダメージ!
デーモンの召喚は倒れた!

魔界の決闘者に2500ダメージ!
魔界の決闘者は倒れた!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

晴香
「今の何!?」

早苗
「決闘者みたいですね!目と目が合ったらデュエルを申し込んできますよ!」

那雄宏
「ポケモンバトルかよ」

弘司
「見たところタフだし面倒だな、どうすればいい」

早苗
「『決闘者のHPは4000で固定』ですのでおとなしく召喚されたモンスターを倒しましょう」

Re: カオスcross混屯物語 ( No.47 )
日時: 2019/02/19 16:09
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

【宝箱①】

海馬
『【青眼の白龍】!!』

弘司
「単体だと使えないぞコレ」

魔理沙
「ん?こいつ凄い魔力を感じるな、一流の魔法使いなら召喚できるかもしれないぞ」

早苗
「まだ私や魔理沙さんが協力しても足りないぐらいですね、聖さんならあるいは……?」

【宝箱②】

リオン
『む、「デーモンの斧」だな』

晴香
「ようやくファンタジーっぽい武器が出てきたよ!」

弘司
「松山、お前斧とか似合うから持てよ」

那雄宏
「はー?誰が使うんだよあんな命中率の低い武器」

早苗
「あ、じゃあ私に下さい、魔界村みたいに投げて使いますから」

魔理沙
「多分そういう武器じゃないと思うぞ……」

【宝箱③】
冴子
「薬草が999個……」

晴香
「まさかの天丼!?」

弘司
「まあ、俺達描写の中では回復なんて一切していないけどな」

那雄宏
「常に回復が必要ねぇくらいレベル上げしてるからな」

晴香
「思えば私、ドラクエとかでも薬草使った記憶があまり無い……魔法の聖水はよく使ったけど」

那雄宏
「てか、今更30回復とかいらねぇよ!」

弘司
「まあ売る時に使うかもしれないし貰っておくか」

『レベルアップ』
晴香 →23
那雄宏→23
早苗→23

……

晴香
「まだ着かないの?」

魔理沙
「あいつの事だ、相当遠くに行っただろうな」

「そこの者、止まるがいい」

那雄宏
「あ?」

「我が名は真紅眼レッドアイズ黒魔ブラックデーモン、【決闘王】ジャック・アトラス様の忠実な下僕である」

早苗
「決闘王?それってもしかして……」

弘司
「十黒柱か……魔界にも存在してたとはな」

真紅眼の黒魔
「決闘王様は今取り込み中だ、引き返すがいい」

早苗
「いえ、そういうわけにはいきませんよ、こっちも用事がありますので」

真紅眼の黒魔
「愚かな……魔界の業火に焼かれながら己の選択を悔いるが

魔理沙
「いいから通らせろ!!」マスパーー

真紅眼の黒魔
「ウワーッ!!」

【パーティ全員に7000の経験値が入った!】

晴香
「戦闘に入る間も無く死んだ!?」

魔理沙
「霊夢だったらこういう手段を取るからな、特にこういう拳で分からせようとする奴には」

那雄宏
「嫌いじゃねーぞそういう奴」

Re: カオスcross混屯物語 ( No.48 )
日時: 2019/02/22 13:10
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

〜決闘王の玉座〜

晴香
「あのー、この辺りに聖という人は」

ジャック
「Lv5のバイス・ドラゴンにLv3のダーク・リゾネーターをチューニング!」

ジャック
「王者の鼓動!今、ここに列を為す!天地鳴動の力を見るがいい!シンクロ召喚!我が魂【レッド・デーモンズ・ドラゴン】!!」


「来ましたね!トラップ発動!奈落の落とし穴!攻撃力1500以上のモンスターを破壊した上で除外します!」

ジャック
「貴様ああああ!!」

晴香
「何してんのこの人!?」


「おや、霧雨の魔法使いさん、なぜ魔界に?」

魔理沙
「その前にこの状況を説明してくれよ!?」


「見ての通り決闘デュエルです、魔界に居た頃は時々これで暇潰ししていましたので」

早苗
「デュエルモンスターズって魔界にもあったんですねー」


「それで今、この方……決闘王さんが私に十黒柱になれと言うので決闘で……」

那雄宏
「つまりどっちかが敵になるなら両方殺っちまえば問題ねぇよな」

弘司
「なんだその『億泰理論』」

晴香
「やめなさい」バチバチ

冴子
「テーザー銃をこんなことに使わないでください」


「この方は?」

魔理沙
「まあ色々あって同行してる仲間みたいなものだ、それも幻想郷が大変なことになっててな」


「なるほど、私がいない間にそんなことが………ちょっと待っててください今戦いのまっ最中ですので」

ジャック
「まだ俺のターンは終わっていないぞ!」

魔理沙
「うえー、長くなりそうでめんどくさいな」

キング・クリムゾン
『望むなら………決闘終了まで時を飛ばしてやろう』

弘司
「『試作型』はバグる可能性があるからNG」

那雄宏
「もうめんどくせぇから『エンディング行ってさっさと泣こうぜ』」

晴香
「これまで泣ける要素1個のもなかったけど!?」

冴子
「でも時間が掛かりそうですね」

晴香
「うーん」

・聖を殺す(BADEND)
・ジャックを殺す
・めんどくさいから両方とも始末する

晴香
「なにこの選択肢!?」

弘司
「1番上には忠義にバッドエンド直行と書いてあるな」

冴子
「『デッドエンドじゃないだけまだ有情』ですね」

那雄宏
「RPGなんだからとりあえず殺しとけば解決するんだよ!」

晴香
「こいつの中のRPG物騒過ぎない!?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【決闘王】ジャックが立ちはだかる!

晴香
「あー!戦闘始まっちゃったよ!」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。