二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

ep2.5裏側(新装版)
日時: 2019/03/01 12:15
名前: YUMA
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7/index.cgi?mode=view&no=31631

新装版に移転して頑張ります!ユマですー。

ep2.5の実況席はこちらになりまーす。旧版へのリンクがあるので前の更新を閲覧したい方はそちらをお願いします。

1.作者伊那谷ユウナと権利者達>>旧版へ
2.作者トーチと道の駅と月輪の弊害>>旧版へ
3.作者No@hと魔導菓子協奏曲>>旧版へ
4.作者ヤマビコと自己解釈日和>>1-3
5.作者ヘキサと月輪過剰の危険性>>4-5
6.作者Ga.とアカウントの彼の話>>6-11
7.作者葉月と解明不可な話>>14-17
8.作者genesicと火炎体質の謎>>18-22
9.作者haru24と月輪と咎落ちの注意事項>>23-29
10.作者豆狸と図書館で>>30-32
11.作者迅宗と作者共通設定>>33-38
12.作者羽清アユカと権利者センとの因縁と?>>41-46
13.作者長原淳二と最後の晩餐の謎>>52-58
14.作者ルナ狐と神憑きと虚無属性>>63-70

*ここからゲストメンバー!

15.作者アークと彼のデメリット>>74-78
16.作者鬼藤樟葉とミッション裏側>>82-86
17.作者黒猫δと咎落ちの最新情報>>89-93
18.作者トクマと月の魔眼警報>>94-99

番外編・突然始まった料理対決2回目

A1.お味噌味のプロローグ>>105-108
A2.実食デンジャラスゾーン(その1)>>112-117
A3.実食デンジャラスゾーン(その2)>>122-128
A4.みそ汁ハザード>>132-136
A5.デッドエンドな裏側>>142-149
A6.オーバードライブの謎>>154-160
A7.処刑執行とエピローグ>>165-169

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35



Re: ep2.5裏側(新装版) ( No.171 )
日時: 2019/03/02 12:28
名前: YUMA

おい、毒味でコレですかぃ。

月詠さん>
映像ありがとうございますです、真司が無表情で酔いどれモード、麻琴さんは..."はにゃーん"してますかwwww

うん、他の人の反応が楽しみである。

執筆なう...

Re: ep2.5裏側(新装版) ( No.172 )
日時: 2019/03/06 10:18
名前: Ga.c=evo. ◆/3YY/mapGo

Ga.
「ホンダ・カブがだるま屋で爆発したり見た事のあるような大量のハンターに追いかけられたりなんなんだよ!」

Ga.は狼狽していた、先程までの理不尽で相当キていたからである。

Ga.
「とりあえず武道場に行こうか……謝らないと」

武道場の扉を開けると最前列に座った。

目の前ではとうもろこしの粒の被り物をしているジュダが落語をしていた。

Ga.
「?」

状況に一切理解ができず振り向くと、自分とジュダ、1個だけある小豆の粒以外が人間大のとうもろこしの粒だということに気づいた。

笑いが堪えきれなかった。

その瞬間武道場の天井を雷が貫き、武道場に落ちた。

床は発泡スチロールのように粉々になり、大海原に落ちる……





海で足掻くも体はどんどん沈んでいく。

そして、突然ハグされた

Ga.
「!?」

Ga.?
「好きだよ……」

いつの間にか周りは薄暗い個室になっていた。目の前には黒髪の俺がいた。

Ga.
「お前は……?」

意思の拒絶やデジャヴュとは逆に俺の手は抱きしめる腕を強める。

Ga.?
「何を言ってる…俺はお前だろ。」

ほんのり体も暑くなってくる。意志とは逆に。

Ga.?
幻想受肉性愛おれのすきなからだにおまえはなったからだ

アイツは耳元で囁いた。

Ga.
「なっ?」

Ga.?
「故にお前も俺を求めてる……そうだろ?だからさ」


















現実を見ろ










Ga.
「ぐぁっ……!?」

突然腹には巨大な点鼻薬が刺さっていた。

血は出ないが強烈な痛みを感じた。






そして、どこからともなく焦げ臭さを感じた。




刹那。

目と鼻と口から""なにか""が噴出した。

Ga.
<言葉にならない悲鳴>

""なにか""は止まらず抜け落ちていく

Ga.
「いやだいやだいやだいやだいやだいやだ……」





このままでは正気が保てな
ーーー!!
Ga.
「痛いっ!」

左には野尾さんと点滴。

野尾
「クソ作者!!!!!!!!!」

Ga.
「野尾さん!?」

右には医者と幾何学的立体。

Irregular Sphere
「良かった、効いたみたいです!」

科学者
「データも破損無し。実験成功です。」

Ga.
「あーそういやそうだったな………」

ーーーーー

過去に溯る。


Ga.
『YUMAさんが治療法の確立を宣言した!?』

eYcia.
『そうですね、なんでもあの味噌汁と言い難いゲテモノ、世界群毎に性質が異なるみたいで……こちらでは子安きのこの成分が強かったみたいですね。

これなら管理下であれば実験可能と見てます。』

ーーーーー

Ga.
「で、キノコの幻覚を視覚化し、どういう危険性があるかを見る実験を何故か俺でしようと」

野尾
「まあ、この前の料理大会の試食のついでだしな、俺もやったけど」

Ga.
「あっそういえばそうか野尾さんの結果がよくわからなかったんだな」

野尾さんの場合は延々とグレースケールのフラクタル映像が続くのみだった。

野尾
「俺としては怖かったし喜びも感じたけどね、作者みたいに」

Ga.
「そうなんだな…ところで、科学者、野尾さん?」





















Ga.
「俺の幻覚の存在については評議会と管理者のみの機密にさせて貰う。エクストラデバイスカード、『浮遊城』」

Irregular Sphere
「あっ……」








科学者
「管理者の幻覚のデータが破損!?」

野尾
「お前ちゃんとしろよな!!!!」

Ga.
「ごめん!"俺のせいだわ"(๑>؂•̀๑)テヘペロ」

Irregular Sphere
「とりあえず変な幻覚だったということはみんなに流布させておきます!」








Ga.
(断じてそんなことは認めない。断じて。)





ーーーーー

どうも、最近念願の帽子を手に入れたGa.です!

しかしあの毒味噌汁の対処方法があって良かった……
ってどの道地獄なのは変わりないですね()

大方の予想通り修羅場が起きてますね……まあ一応ONBINには済ませたみたいでよかったですね、3人除いて。






Ga.
「あっ!ついにマトマの次なる試作品出来ました!」

野尾
「おっ!!!」

Ga.
「『マトマのチリコンカン風』です!!!」

野尾
「なるほど爽やかな辛みが美味いな……ってかなんでチリコンカンなんだ」

ちょうど俺が食べたかったし……

野尾
「ええ…」

Ga.
「とりあえずこれも1回送っておきます。」




という訳でGa.でした。

Re: ep2.5裏側(新装版) ( No.173 )
日時: 2019/03/07 14:25
名前: YUMA

そう来るとは

Ga.さん>

ーまず、マトマのチリコンカン風。辛みと酸味のバランスが取れて美味いですな。

Ga.「良かったぜよ...」

ー及びあのみそ汁の件は申し訳ない。自分で実験したご様子で。

Ga.「ええ、未知の世界どころか狂気の世界にトリップしましたよ。アレ完全なる地獄でしょ」

ー...お菓子の国のじーたんとかを期待したのですが...あらゆる面で狂気のゆめにっきとLSDとムーンサイドもどき世界でしたか...

Ga.「おいアンタ待て最初の発言!!」

*ただ問題なのは子安ボイスのキノコの胞子の他にも成分混ざってるからこうなるのだろうか...?

笑ってはいけないもシクヨロ

Re: ep2.5裏側(新装版) ( No.174 )
日時: 2019/03/20 12:52
名前: NO@H/新生活真っ最中



こんにちは。


アラジン「カオスの気配を察知!!」

ジュダル「カメラを止めるな!」

NO@H「オイコラ。アカデミー作品のタイトルをこんな形でだすな。」


とまあ。暴走しかけてる二人はおいといて・・・。
料理対決まとめ読みしました!


感想としましては・・・。

本当にどうしてこうなった


NO@H「いやホント、これしか言葉が出てこない・・・ボキャ貧にも程がある・・・。」

紫原「自分でわかってるんなら増やす努力しよーね。」

NO@H「アッハイ。」


あ、そうそう。ユマさんに差し入れもってきました!

よければぜひご試食あれ


つ【完熟シナトマトのミートグラタン】
つ【火竜風ハンバーグ】

よければがっつりどうぞ!
それではNO@Hでした



Re: ep2.5裏側(新装版) ( No.175 )
日時: 2019/03/22 07:53
名前: YUMA

No@hさん>
お久しぶりでございますね。

ーハンバーグとミートグラタンにしては特にミートグラタンですかね。完熟したトマトが特に良いかと。

No@h「照れますね...つか料理対決2回目どうして」

ーノーコメントです。追求するのは良くない事かと思います。

執筆停滞期...


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。