二次創作小説(新・総合)

お知らせ! ( No.23 )
日時: 2016/07/03 23:54
名前: トクマ


マリオ「ちょうど良かった。お前達に報告があるんだ」

 全てはこの言葉から始まった――

トクマ&当麻「南国の島!?」
ルフレ&マック「ドルピック島?」

 マリオから夏に新しく入るメンバーとの交流を含めた旅行でドルピック島に行く事を聴いた四人。それは彼らにとっても忘れられない出来事の一つとなった。

 南国の島にて巻き起こる――

???「そうね。私はあの子が好きよ」

???「まぁ、一度言ったけどよ……惚れた弱味だからな……否定しねぇよ」

???「俺はこの旅行で……告白する!」


 ――恋に――


???「そうね……楽しみにしとくわ」

???「よろしく!」

???「ヒーローは遅れて来るもんだろ?」


 ――出会いに――


トクマ「え? フラミンゴ?」
ルフレ「違うわこのバカ!!」

リンク「肉付きの良い高校生を」
当麻&マック((アウトォ――!!))

マリオ&リンク「【ならば、公平になるよう全員がキツい酒にしたらいい】と」
トクマ&ルフレ「公平の取り方おかしくないか!?」


 ――そして、カオス!!

 ついに、トクマが“恋”に目覚める!?


トクマ(そうか……この気持ちはもしかして――)


 ……しかし、そんな旅行に暗雲が立ち込める。

???「相変わらず、生意気な顔をしていますわね。全く以て憎らしい」
???「妹のブンザイデ、偉ソウにアタシを見下ろしヤガッテ! あンた、何様よ!」
サンドリヨン「そ、その声は――!!」

???「やりなさい。クロノダイル」
クロノダイル「■■■■■■■――ッ!!」


 強大な闇と巨大な敵との戦闘――


トクマ「ど、毒!?」
マリオ「あぁ、それも遅効性でじわじわと苦しみを与えるタイプ毒だ」


 敵の策略により殆どのファイター達が動けなくなる。


トクマ「オレ達がやらなきゃ誰がやるんだ!!」


 唯一動ける四人が自分の中にある“信念”を持って立ち向かう。


ルフレ「お前のふざけた運命を変えて見せる!」

当麻「いいぜ……まずはその幻想をぶち壊す!!」

マック「何度倒れても立ち上がるのがボクサーだ」

トクマ「オレは弱い……だからこそ強いんだ」


 そしてトクマに変化が――!!


トクマ「お前は……なんなんだ?」
???「お前が持つ斧に宿っているモノだ」


 果たして、彼らに託されたドルピック島の命運は――


『奮え! 叫べ! 解き放て!! 我が真名は――』
トクマ「ウォオオォォォォォォォォ!!」



 トクマ・小説カキコ大長編シリーズその?



【覚醒・ドルピック島編】



 カミング・スーン?


 作者のあとがき

 マジでやります。今月中に更新致します。時間はかかりますが、楽しみにして頂ければ幸いでございます。それでは失礼致しました。