二次創作小説(新・総合)

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.390 )
日時: 2018/12/17 20:50
名前: トクマ



 ゆめひめさんから『変隊の定義と変隊と裸族の違いについて』の質問を貰いましたので、良い機会として説明します(笑)


 ~変隊とは?~


 変隊とは欲望のままに行動し、不可能を可能にした人達の事です……しかし、その行動を起こす原動力として『寵愛とも言える愛情が含まれなければいけない』が前提になります。


 ~変隊と裸族の違いは?~


 裸族は『裸に愛を持っている』に対して、変隊は『多方面に対して愛を持っている』という。

 みなさんも知っての通り裸族は『全裸になること』に一種の愛情のようなものを注いでます……しかし、愛情というのは難しく一つじゃないです。例えば仲間を愛する『友愛』、親しみと愛情を持つ『親愛』、憎くも愛しく思える『愛憎』……これらも愛情の一つに含まれます……つまり、あらゆる愛情を含んで接するのが変隊。

 例え、愛した人が自分とは違う人を愛し、結婚したとしても、笑って幸せを願える程の愛情を持たなければいけません。

 さらに詳しく言えば、裸族とは違い、種類が数多くあることです。
 狂愛、友愛、美愛、遊愛、利愛、神愛の6つとエクストラ1つに別けられます……トレ子さんは元々美愛と狂愛でしたがマックさんに一目惚れしたことでエクストラである人類愛に目覚めました。

狂愛:戦闘力が高いタイプの変態。『愛があれば不可能はない!』と断言できる人物がなりやすい。高すぎると高レベルな変態が誕生にするので要注意。

友愛:仲間が多ければ多い程実力を発揮しやすい。家族や友人を大切にする人物がなりやすい。

美愛:一目で身体の健康状態を見抜く能力や肉体操作に長けている変態。ストーカーや裸族がなりやすい。

遊愛:強化に長けている変態。どんな状況だろうと楽しめるギャグカオスのような人物がなりやすい。

利愛:執筆や暗算に長けた変態。承認欲求が高い人ほどなりやすい。

神愛:変隊が恐れる数少ない変態。誕生する事は数年に一人という極レアだが、一例として純粋組から誕生したケースがある。

人類愛:全ての変隊の頂点に立つ変態の中の変態。目覚めたケースは神愛よりも少ない。

 ~変隊に弱点はあるの?~

 これだけ見て、変隊に弱点はなさそうに見えますが……弱点は存在します。
 それは……子供や純粋組のような笑顔です。変隊はその笑顔で浄化されるかのように苦しみます……受け続けると、変態性がなくなって紳士淑女になります。

ちなみに……
 狂愛……アスナ、
 友愛……鹿目まどか、暁美ほむら、
 美愛……シュネー、白井黒子
 遊愛……なし(候補あり)
 利愛……巴マミ、
 神愛……なし(候補あり)
 人類愛……トレ子

トレ子「以上が、私達変隊です」
アスナ「わかってくれたかしら?」
まどか「ティヒヒ、みんなにはナイショだよ?」
ほむら「ふふ、まどかはカワイイわ」
シュネー「お姉さまが一番よ!」
黒子「いいえ、お姉様ですわ!!」
マミ「満足に書けたわ」

トクマ「必殺、純粋無垢な写真フラッシュ!」

 ピラッ(純粋組及び子ども組の写真を見せる)

変隊『『『ァアァァァアアァァァ! ヤメテェエェェエェエエェエェェ!! そんな顔で私達を見ないでぇェェェェ!!』』』

トクマ「……効果てきめんだな……」


 以上です! コメントOKです!!