二次創作小説(新・総合)

ポップンフレンドパーク――Part 3(1) ( No.401 )
日時: 2018/05/02 19:40
名前: W683

さて、今回は第4、5アトラクションに参ります!!!!前回、前々回と裸族ネタをやったので今回は多分ない……かもしれません;;;


《前書きde小ネタ》「誕生日パーティ・没案」

実を言うと前回の誕生日パーティの回には他の案もありました…が、諸事情により没にしてしまいましたOTL
…と言うわけで先ずは没案をば。尚、性転換ネタ要注意。


※裸族の儀式のシーンの後からです。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


まあ何やかんやでケーキを切り分け食べるが…




W683「ちょい待て、何でこんな姿に!?!?!?」←女体化(イメージはピピ美)
キョン「俺のは中の人ネタかよ!?!?!?」←FEのクロムみたいな姿に
ルフレ「ガルルルルルルルル…(何で狼になったんだ…?)」
風雅「Oh…What’s the ××××!!」
白石「wwwwwwwwwwwwww」←抱腹絶倒
ラファエル「カサカサカサカサ…」←某Gみたいな姿に
ヤイバ「みこーん!!!!!!」←女体化(イメージはタマモ)
裸族「…;;;;」


すいません、食べた奴等が何かおかしくなりました(爆弾投下)。作者とヤイバは女体化、キョンはまさかの中の人ネタ、ルフレとラファエルは最早人間ではない他の動物に、風雅は何か英語で喋りだしたり、白石に関しては腹抱えて笑ってますよ!?!?


ワリオ「オイ…これは予想してなかったぞ…;;」
スネーク「何でおかしくなってるんだ…?」
こなた「何も細工はしてない筈なんだけど…(≡ω≡.;;)」
W683「何も細工しなかったらこんな事にはなんねーんだが?…ってなんか来たぞ!?!?」


\ドドドドドドドドド…/


ルキナ「ルフレさぁぁぁぁぁん!!!!!!!!是非とも私にもふらせて下さぁぁぁぁぁぁぁいっっっっっっっ!!!!!!!!!!!!」
パルテナ「ヤイバさん凄く似合ってますよ~!!!!!!写真撮らせて下さい!!!!!!!!!!!!!!」
ハルヒ「クロムコスのキョンもなかなかにイカしてるわ!!!!!!今度はこの銀さんコスも着て頂戴!!!!!!!!!!!!」
パティ「Oh!! Amazing!!!!!!作者のピピ美コスも良い感じデスヨー!!!!!!!!!!!!」←何気にポプ子コス
W683&キョン&ルフレ&ヤイバ「「やめてくれぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!!!!!!」」
風雅「What a chaotic scene!!!!!! Kusatta-joshis get crazy!!!!!!!!」
白石「wwwwwwwwwwwwww」
ラファエル「カサカサカサカサ…」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


…この後、腐女子(兼ギャグカオス組)達が荒ぶり、暫くして元に戻った後に食べた人達が腐女子達を説教部屋に連れ込んで終わりますが、腐女子達が追いかけるシーンで上手い具合に描写が思い付かず断念しましたOTL因みにこのケーキには裸族調味料ではなく、奇跡ドラッグ(by パルテナ&ハルヒ)が入ってるという設定にしてました(水爆投下&てゆーか裸族意味ねーじゃん)。オイ…奇跡料理の代わりに裸族料理って…;;;;;


次から本編です。 感想はストップ。

ポップンフレンドパーク――Part 3(2) ( No.402 )
日時: 2018/05/02 19:41
名前: W683

続き

ミミ「次のアトラクションに行くよ!!」
ニャミ「今度はこれだよ!!」


《4th Atraction》『ンゴボコ (NGOBOCO Hinabita Edition)』


一同「「ひなビタ♪エディションだって!?!?!?!?!?」」
ミミ「今回はゲストも呼んでるよ!!」
ニャミ「ではモニターをどうぞ!!」











めう&まり花『ヤッホー(めう)!!!!!!!!!!!!』
咲子&イブ「何やってるの!?!?!?!?!?」
ギャグカオス組「ひなビタ♪エディションってそう言う事かwwwwwww」
めう『それじゃあ早速ルールを説明するめう!!』


《ルール説明》
・2人が腰にセンサーを装着、モニターにめうとまり花(前はめう、後ろはまり花)を操作し、何個かのステージをクリアし、ゴールの「シャノワール」(喫茶店)まで到達させる。
・基本動作はジャンプとしゃがみで、腰に付けたセンサーバーによって挑戦者の動作がモニターの2人の動きに連動している。そのためセンサーバーが腰より上の部分に装着されていると、モニターの原始人が勝手にジャンプしてしまう。
・ステージクリア毎のインターバルがなく、時計は止まらずに次のステージに進行する。

《得点》
・ゴールまでのタイムにより順位を決め、それに応じてポイントが獲得出来る。
・1位→100pts。 2位→50pts。 3位→25pts。 4位→0pts。


まり花『…という感じだよ♪』
リンク「なるほど…協力プレイと言うわけか…」


因みにこの競技の挑戦者はこんな感じに…


・スマブラチーム:マルス、ルキナ
・ポップンチーム:風雅、美結
・SB69チーム:ヤイバ、チュチュ
・合同チーム:キョン、こなた

※左が前、右が後ろに配置。


ミミ「先ずはスマブラチームから行くよ」
ニャミ「準備は良いかな?」
マルス&ルキナ「大丈夫(だ/です)」
ミミ「じゃあ始めるよ!!」



♪ちくわパフェだよ!CKP


めう『先ずは竹輪を集めるめう!!』


《1st Stage》「竹輪を集めよう」
・竹輪パフェの材料となる竹輪を集める。
・5本集めればステージクリア。


マルス「結構簡単じゃん」
ルキナ「此処は余裕ですね」


…等と余裕をこいていた2人だったが…?


ルキナ「意外と時間潰しましたね…OTL」
マルス「まさか落とし穴があるとは思わなかったよ…;;」


えー何があったかと言うと、ジャンプのタイミングが合わずに竹輪を取り逃したり、穴に落ちたりと結構なタイムロスを喰らったのだ。すいません、まだ最初の部分ですよね?


まり花『次はフルーツを集めなくちゃ♪』


《2nd Stage》「フルーツを集めよう」
・竹輪の時と同様、苺とバナナを集める。
・苺とバナナ3個ずつ集めたらステージクリア。但し、他のフルーツはカウントされないので注意。


マルス&ルキナ(嫌な予感しかしない…)


…その嫌な予感は的中し、滅茶苦茶紛らわしいフルーツを採ったりして此処でもタイムロス。


めう『むきゅー!?!?ワニだらけの沼があるめう!?!?!?』
まり花『大丈夫だよ!!絶対大丈夫だよ!!!!』


《3rd Stage》「ワニ沼を渡ろう」
・沼の上を前後に移動するリフトへ飛び乗り、リフトが奥の方へ進んだら、再びジャンプをして進む。
・時折ワニが沼から顔を出し、そのワニに接触した場合はリフトに乗る所からやり直し。
・またジャンプも2人が一緒のタイミングで飛ばないと、進まずに元の場所へ着地してしまうので注意。


マルス「よくよく見たら一面ワニだらけなんだけど…」
ルキナ「渡れる気がしません…OTL」


…取り敢えずこのステージも何とかクリア。


感想はまだ。

ポップンフレンドパーク――Part 3(3) ( No.403 )
日時: 2018/05/02 19:42
名前: W683

続き ちくパを作るの巻

そして…


凛『簡単には通さないわ』
めう『むきゅー!?!?悪のスイーツ大魔王が現れためう!?!?!?』
まり花『大丈夫!!私達なら絶対倒せるよ!!!!』
凛『通して欲しければ私が出す問題に正解することね』
マルス「ラスボスってりんりん先生の事かー!?!?!?!?!?」
ルキナ「意外と違和感がないのが笑えますねwwwwwww」


《4th Stage》「悪のスイーツ大魔王を倒せ」
・悪のスイーツ大魔王(凛)の出す2択クイズに解答する。
・3秒以内に正解だと思った選択肢側の挑戦者がジャンプする。
・3問正解でクリア。


マルス「まあ此処は多分簡単だよね…」
ルキナ「気楽に行きましょうか」
凛『では、最初の問題』


Q:「くそみそテクニック」に登場する自動車修理工の名前は?
前:安倍高和 後:阿部高和


ルキナ「これは間違いないですね」←ジャンプする
マルス(のっけからこの問題は…;;;)


凛『正解よ。次はこれ』


Q:NHK、何の略?
前:日本放送協会 後:日本引きこもり協会


ルキナ「これも簡単じゃないですかwwwwwww」
マルス「余裕だな」←ジャンプする


凛『見事ね。これはどうかしら?』


Q:ピピ美はどっち?
前:ケロロ 後:ギロロ


マルス&ルキナ(どういう事だ…????)


マルス「(いや待てよ…中の人ネタと考えれば…)分かった!!ルキナ、ジャンプしてくれ!!!!」
ルキナ「分かりました!!!!」←ジャンプする
マルス(どうだ………;;;;)










凛『ふぅ…私の負けね…』
マルス&ルキナ「やったぁぁぁぁぁぁっっっっ!!!!!!!!!!!!!!」


めう『こうして街に平和が訪れためう!!』
まり花『竹輪のお陰だね!!!!!!』


《Final Stage》「いざシャノワールへ」
・竹輪のハードルを5本越えてゴールに向かう。


マルス「よしっ!!!!これで終わりだ!!!!!!」
ルキナ「やっとゴールですね!!!!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~


マルス&ルキナ「コースクリア(だ/ですね)!!!!!!!!」
めう&まり花『おめでとう(めう)~!!!!!!!!!!!!!!!!』


ミミ「スマブラチームがゴールしたね!!」
ニャミ「掛かった時間は…






…5分17秒!!!!!!!!」
マルス「結構掛かったな…;;」
ルキナ「でもまだ分かりませんよ…?」


※此処からは他のチームの様子をダイジェストでお送りします※


《ポップンチーム》

風雅「やった!!!!苺ゲッt…」
美結「よく見てください!!!!これは違いますわ!!!!!!」
風雅「えっ…;;ホントだ!!!!!!!!!!」


《SB69チーム》

チュチュ「渡れる気がしませんわ…;;;;」
ヤイバ「レジェンド・オブ・大丈夫だ。故に勇気を持つのだ」
チュチュ「…はい!!!!」


《合同チーム》

こなた「これは楽勝だね(≡ω≡.)」
キョン「まあそうだよな…(流石はオタクの力って所か…?)」
こなた「よっしゃ!!!!後はラストスパートだね!!!!(≧ω≦.)」


…このアトラクションの結果はこのようになった。


・スマブラチーム:5分17秒
・ポップンチーム:4分45秒
・SB69チーム:5分6秒
・合同チーム:4分28秒


ミミ「…と言うわけで、ここまでの結果はこうなってるよ!!」


・スマブラチーム:450pts(金貨4枚)
・ポップンチーム:335pts(金貨3枚)
・SB69チーム:330pts(金貨3枚)
・合同チーム:415pts(金貨4枚)


ニャミ「此処で合同チームとスマブラチームの差が縮まったね」
ミミ「取り敢えず此処で前半は終わりだね!!皆後半も頑張ってね!!!!!!」


まだまだ続きます。

ポップンフレンドパーク――Part 3(4) ( No.404 )
日時: 2018/05/02 19:44
名前: W683

続き

ミミ「さあいよいよ後半戦だよ!!!!」
ニャミ「次のアトラクションはこれだよ!!!!」


《5th Atraction》『フラッシュザウルス (FLASH SAURUS)』


ミミ「それじゃあルールを説明するよ!!」


《ルール説明》
・1人がポンプで円筒形のカプセルを上げ(女性の挑戦者は、ハンデとしてカプセルが3分の1上昇、そこからのスタートとなる)、上まで上がった秒数が10秒以内で「超低速」、15秒以内で「低速」、20秒以内で「中速」、25秒以内で「高速」、30秒以内で「超高速」と5段階に異なるスピードの「電流」が流れてくるが、30秒以内に上げられないと失敗となる。
・スピード決定後は照明が暗くなり、3カウント後に恐竜の背中にあるレーンから光が流れ、もう1人がその電流を高台のジャンプ台から跳び下りて、足跡が描かれた赤い光の枠の停止スイッチ(普通の電球2個分の余裕がある)に着地して光を止める。
・停止スイッチの赤い枠内に光を止めると成功、止められないと失敗となる。
・跳ぶ時は必ず両足跳び・両足着地でなければならない。

《得点》
・2回やって2回成功すれば100pts、1回なら50pts、2回とも失敗すれば0pts。


アイオーン「我には飛ぶしか選択肢が無いな…;;;」
クロウ&ロム&ヤイバ(そりゃ非力なヘタレオン(殿)にポンプを押すのは無理だよな…;;;)


…尚、挑戦者はこんな感じに。


・スマブラチーム:①アイク②ゼルダ③リンク④ピーチ
・ポップンチーム:①弓弦②氷海③咲子④DTO
・SB69チーム:①レトリー②アイオーン③ロム④シアン
・合同チーム:①みゆき②古泉③かがみ④キース

※役割
①:1回目ポンプ ②:1回目ジャンプ
③:2回目ポンプ ④:2回目ジャンプ


ミミ「じゃあ早速スマブラチームの挑戦に入るよ!!準備は良い?」
スマブラチーム「「大丈夫大丈夫!!!!!!!!!!」」


《スマブラチーム・1回目》

ゼルダ「正直、アイクさんがポンプ側で安心してます…;;;」
アイク「ぬぅん、任せろ」
ニャミ「準備は良いね?それじゃー、よーい!!!!(ピッ!!)」


アイク「クソクソクソクソクソクソクソクソクソァァァァァァ!!!!!!!!!!!!」←もの凄い勢いでポンプを押す
スマブラチーム(此処でもポプテピネタか…)



結果は………低速だ。



アイク(これぐらいが妥当だろうな…)
ゼルダ(低速でも十分です…!!)


意を決してジャンプするハイラルの王女。結果は…



ゼルダ「イケました!!!!」←着地成功
リンク「これで50点ゲットだな」


《スマブラチーム・2回目》

リンク「この調子でポイント稼ぐぞ!!」
ピーチ「そうね!!!!」


…等とこいていた2人だったが…?


リンク(中速になってしまった…)
ピーチ「ヤッバイ、通り越した!?!?!?!?」


残念ながら2回目は失敗し、結局50pts獲得した。


ピーチ「皆マジでごめん…OTL」
ロゼッタ「ドンマイ、そういう時もありますよ;;;まだ感想は待ってくださいね」

ポップンフレンドパーク――Part 3(5) ( No.405 )
日時: 2018/05/02 19:44
名前: W683

続き

※例の如く此処からはダイジェストです。


《ポップンチーム・1回目》

弓弦「すいません…もう…限界…です…;;;」(高速)
氷海「(無理しなくてよかったのに…;;;)仕方ないわ…」





氷海「高速でも何とかなったわ…;;;」←成功
DTO「よくやったぞ」


《ポップンチーム・2回目》

咲子「ヤバイ…息が…;;;」(超高速)
DTO「心配するな、お前の尻拭いはちゃんとしてやるから」





DTO「よっしゃぁぁぁぁ!!!!!!!!!!やってやったぜ!!!!!!!!!!!!」
ポップンチーム「「流石DTO(先生/先輩)!!!!!!!!教師の鑑(っす/です)!!!!!!!!!!!!!!」」


・ポップンチーム:100pts


《SB69チーム・1回目》

レトリー「ポンプ押してたら汗かいちゃったよ…;;」←脱ごうとする。因みに中速。
ロム「頼むから脱ぐのだけはやめてくれ!!!!!!!!!!」
アイオーン(中速なら余裕だ…;;)




アイオーン「フッ…この神に不可能などないのだ…」←取り敢えず成功
クロウ「おぉっ!?!?珍しくヘタレオンがやってくれたぞ!?!?」


《SB69チーム・2回目》

ロム「よっしゃ!!!!これなら余裕で飛べるな!!!!」(超低速)
シアン「安心して飛べるにゃ!!!!!!」





シアン「やったにゃ!!!!!!上手くいったにゃん!!!!!!!!」
ロム「やったぜ!!!!!!俺らもパーフェクトだな!!!!」


・SB69チーム:100pts


《合同チーム・1回目》

みゆき「ごめんなさい…もう無理です…;;;」(高速)
古泉(あっ…これは失敗しますね…;;;)





古泉「やっぱり…OTL」←失敗した
キョン「まだあるから気にするな」


《合同チーム・2回目》

かがみ「ヤバイ…私も限界だわ…;;;」(高速)
キース「気にすることはないよ、何とかするから」





キース「しまった!?!?タイミングがずれた!?!?!?」←こいつも失敗した
キョン「全然ダメじゃねーか…OTL」


・合同チーム:0pts



ミミ「と言うわけで此処までの結果はこんな感じだよ」


・スマブラチーム:500pts(金貨5枚)
・ポップンチーム:435pts(金貨4枚)
・SB69チーム:430pts(金貨4枚)
・合同チーム:415pts(金貨4枚)


ニャミ「スマブラチームを除けば接戦だね」
ミミ「残すは後3つだから頑張ってね!!!!」


取り敢えず今回は此処まで。少し少なめですが御容赦下さいOTL


《次回の見処》
・あのシーソーゲームが登場!!だが…???
・クイズに答えるために走って走りまくる!!!!
・そして、最後は…?


それでは感想があればどうぞ!!