二次創作小説(新・総合)

第2回料理対決――試食Period 5(1) ( No.578 )
日時: 2018/11/27 21:44
名前: W683

遂に佳境を迎えた料理対決。今回は残る3品を試食します!!あれ?残ってるのって…?尚、今回はある意味閲覧場所に注意が必要なシーンが多数ありますので、十分にお気をつけを。


最初にルール説明!!


《役割》
・司会:パティ、嵐雅、凉海
・審査員:W683、抜間さん、ゆめひめ、晴哉、ロクター+α
・挑戦者:ピーチ、ゼルダ、ルキナ、氷海、乱麻、霜月凛、ナージャ、シルヴィー、長門有希、朝比奈みくる、柊かがみ、柊つかさ、シアン、ツキノ、阿 以上15名
・救援:ドクター、ヴァイス、アーベル、冷弥、凍子、他世界の救援の皆様

《ルール》
・今回のテーマは『アイス等の冷たいスイーツ』。え?季節外れだぁ?気にすんな。
・準備期間は1週間、予算として5000円支給される(材料や調理器具の持参も可)。
・1週間後に料理バトルが開始され、審査員全員が試食して評価。個人評価を元に総合評価を出す。
・総合評価の最も良かった挑戦者には参加賞のエレメントダイヤと共に管理者サイドから欲しいものをプレゼント。
・評価が最も悪かった挑戦者には、キツいお仕置きが…

《注意点》
・基本的に冷たい物であればアイスクリームだろうがかき氷だろうが何でもOK。一から作るもよし、アイスクリームサーバーやかき氷機を使うのもOK。
・W-House敷地内にある野菜や果物等は使用可能。但し、誤食や食中毒防止のために確認すること。
・当日に何かのトラブルの発生や材料の追加をする場合は申告すること。時間内に戻ればセーフであるが、調理の時間や火の元には十分注意すること。
・能力や魔法を使う際は限度を弁えること。
・買い物の際に出たレシートはとっておき、司会から出すように指示された際には提出すること。
・レトルト食品等、市販品を用いても良いが、最低限のアレンジをすること(そのまま出した場合は不正行為と見なす)。
・他の挑戦者の妨害をしたり、市販品を出したり、予算を不正に使ったりするなどの不正行為をした場合は強制失格。お仕置き確定となる。
・トラウマを再現したり、ふざけた真似をした者にはどぎついお仕置きを課す。余計な事はすんな。
・今回はゲストをお呼びしている他、場合によっては+α審査員が自分の彼氏と言うことも十分あり得るのでくれぐれも変なことは絶対すんな。

《評価》
※個人結果から総合結果が出される。料理が出される順番は籤で決まっており、誰が作ったかは分からない。
☆5:正に天晴れなプロ級の料理。金払ってでも毎日食いたい!!
☆4:レシピに忠実な部分はあるものの自分なりのアレンジが出来ており旨い。
☆3:割と普通に作っている。所謂合格ライン。
☆2:ちゃんとやってるつもりでも致命的なミスが目立つ。でもまだまだ延びしろアリ。
マシな☆1:一生懸命さは十分伝わるから、周りから色々教わって精進してくれ。
アカン☆1:頼むからお前はキッチンに立つなOTL
☆0:うわ何をするやめrくぁwせdrftgyふじこlp…アッー!!(by 任意のキャラ達)


固定審査員「「☆ 0 の コ メ ン ト が 色 ん な 意 味 で お か し い」」
パティ「コレ…完全にアウトな展開しかないんデスけど…;;;」
W683「しかもこの文の内容からして確実にアレやな…」
ドクター「下手したらQBハザード再来かもしれないな…」
嵐雅「せめてまともになってれば良いんだけど…;;;」
凉海「いや、寧ろ酷くなってるかも…;;;」


今回は色々とヤバいです;;; 感想はまだ。

第2回料理対決――試食Period 5(2) ( No.579 )
日時: 2018/11/27 21:45
名前: W683

続き

12番までの試食を終え、残るは3品となった。此処までに1回だけ大惨事が起きたものの、他は致命的な物は無かった。逆に言えば、この後の3品の中に『彼女』の料理があると言う事になるのだが…;;;


晴哉「今回は割と平和に進んでますよね?」
ゆめひめ「確かにあのクソスライムを除けばですけど」
ロクター「残りは3人ですけどまだ『彼女』のが…」
抜間さん「平和に終わると良いですけどね…(遠い目)」
W683「兎に角腹決めて行きましょか」


そして最後の3品を試食する+α審査員を決める瞬間ときが来た。


パティ「それでは最後の3人決めマスよー!!!!ハイ!!」


13:風雅
14:クロム
15:キョン


風雅(えっ!?もしかしてコレって…;;;)
クロム(俺らが一番ヤバいのでは…;;;)
キョン(同じ声の奴には申し訳無いが、俺は死にたくないぞ…!!!!!!!!!!!!!!)


最後の2人が有ろう事か『同じ中の人の不憫枠』という共通点を持ってしまった;;;;一応言っとくけどこれは籤の結果だからね?何も意図するものは無いからね?


続きます。

第2回料理対決――試食Period 5(3) ( No.580 )
日時: 2018/11/27 21:46
名前: W683

続き

《13番》

風雅「流石に当たりはまだ有るよね…?」
ロクター「心配しなくても良いよ。逆に当たりの方が多いから」
W683「せやぞ。俺らなんか確実にヤバいの食わなアカンからな…;;;」


確実に大惨事不可避の料理にエンカウントせざるを得ない固定審査員達とは違い、+α審査員は運が良ければ…と言うか3分の2の確率で当たり料理にありつける。そんな事を言いつつ13番の料理を待つ…。


嵐雅「(本体のオレが死ぬのだけは見たくないけどな…;;;)よし、13番持って来るぞ!!!!」


出て来た13番の料理は2番の様に紅茶が掛かったかき氷。


晴哉「2番と同じタイプか。心配は無さそうだけど…」
抜間さん「見た目が普通のかき氷と違うような…?」
風雅「兎に角食べてみないと分からないかな…?」


そんなこんなで試食する6人だが…


W683「何やコレは…!!頭が痛くなれへん!!!!!!!!」
ゆめひめ「食感もサラサラとした感じで食べやすいわ!!」
ロクター「しかもこの紅茶も程良い感じにマッチしてて美味しい…」
パティ「私も一口良いデスか?(試食)Wow!!洋風かき氷って感じで美味しいデスねー!!!!!!」
風雅「もしかしてアールグレイかな?香りも良い感じだ…」


13番のかき氷は普通のかき氷とは違い、食べてもかき氷特有の頭痛が起きない。しかも、食感も雪の様なサラサラした食感で食べやすい。オマケに、紅茶にもかき氷に合うような工夫が施されている。コレを作ったのは一体誰なのか、それが気になる所だが…?


風雅(そう言えばこの紅茶…何処かで飲んだ様な気がする…?)
晴哉「何か手掛かりでもあるのか?」
風雅「何かこの紅茶の淹れ方が誰かに似てる気がしたんだ。この淹れ方は(ネタバレにより規制)か(ネタバレにより規制)のどっちかだと思うんだけど…」
パティ「もしかしてこのかき氷の食感と言い、13番は氷属性の人じゃないデスか?」
抜間さん「と言うことは…」
ゆめひめ「これまたNL展開が…」
W683「来たんとちゃうか?(ニヤニヤ)」
風雅「そういう事になるかな;;;」


13番の総合評価:☆5

W683の評価:☆5
2番でやった奴の洋風バージョンって所か?紅茶の苦味があんまり感じんかったし、かと言って甘過ぎもしない程良いバランスで美味かった。かき氷特有のキーンってなるアレも無かったし、其処はお前の能力の匙加減の良さが働いたって感じやな。能力の使い方が分からん連中は13番を見習って、どうぞ。さて、又々結果発表が楽しみですな…<●><●>

抜間さんの評価:☆5
ティータイムにピッタリの一品だね。かき氷って一気に食べると頭がキーンってなるけど、コレはそのキーンって感じもないし、食感が雪みたいにサラサラしてて凄く食べやすかった。シロップ代わりに使った紅茶も工夫が有って良かったし、上品な感じもしたよ。生徒会長としての仕事もそうだけど、君の想い人との恋も頑張って!!

ゆめひめの評価:☆5
能力を上手く使って成功したパターンね。2番みたいにお茶をかき氷に掛けるっていうアイデアもそうだけど、かき氷その物の食感も普通とは違って新鮮味もあったし、何よりあの頭が痛くなるアレも無かったのが高評価。生徒会のティータイムに出したら絶対に喜ばれると思うよ。それと、あたしの所の13番に恋愛について教えてくれないかな?素直になれない所があるから…;;;

晴哉の評価:☆5
色んな意味で13番の個性が出た一品だな。頭を痛めない雪っぽいかき氷は氷使いのお前ならではの技だし、甘過ぎも苦過ぎもしない紅茶をチョイスしたのも良かったと思うぞ。コレはつぎドカ組は勿論、生徒会メンバーも喜んで食べるんじゃないか?又々結果発表が忙しくなりそうですな…(ニヤニヤ)

ロクターの評価:☆5
今回のテーマは氷属性の君にはピッタリだったんじゃないかな?雪の様にサラサラとした食感のかき氷は食べる人の事も考えられてるし、氷に掛けた紅茶も淹れ方に拘りが有って良いと思うよ。コレも店に出したら高く売れる一品なのは間違いないし、生徒会の仲間にも絶賛されるのは確実だね。

風雅の評価:☆5
この紅茶の味は間違いなく(13番)だよね。通りで何処かで飲んだなーって感じがしたんだ。普通のかき氷とは一味も二味も違う雪の様な食感も食べやすさが計算されてて良かったと僕は思うよ。後、生徒会の仕事で忙しいと思うけど、あまり無理しないで時には羽を伸ばすのも良いかもね。


パティ「風雅サンのコメント、中々イケメンで惚れマシタ…」
凉海「13番ちゃんはどんな反応するんだろう…(ニヤニヤ)」
嵐雅「色んな意味で結果発表が楽しみだな!!」


感想はお待ちください…;;;

第2回料理対決――試食Period 5(4) ( No.581 )
日時: 2018/11/27 21:47
名前: W683

続き

《14番》

クロム「明らかに嫌な予感しかしないのだが…」


重々しい足取りで会場入りするイーリス聖王。それもその筈、もうこの時点で大当たりかラスボスの2択だからだ(爆弾投下)。


クロム「まだ『アレ』が残ってるのか…?」
W683「残念な事に…残ってやがるんだよなーOTL」
ゆめひめ「でもまだ大当たりも残ってるから…;;;」
クロム「何だよその極端さ!?!?!?」
ロクター「でも確実に『アレ』にぶち当たる僕達に比べればまだマシだと思うよ…;;;」
凉海「そろそろ14番の料理出しても良いかな?」


そんなこんなで14番の料理が運ばれて来た。14番の料理はピンクと紺の球体状の物で、恐らくは雪見大福か何かだろう。だが、一部の方々にはコレがちょっとした笑いを誘う事になる。


W683「よくよく見たらコイツらカービィとメタナイトやんけwwwwwww」
晴哉「ホントですねwwwwwwwまさかの球体和菓子ですねwwwwwww」
抜間さん「しかも雪見大福で再現するって中々のもんですよwwwwwww」
ゆめひめ「コレってもしかしなくても『あの子』ですよねwwwwwww」
クロム「食べれる球体和菓子って所か…」
ロクター「何か…複雑な気分…;;;」


14番作の雪見大福はカービィとメタナイトを模しており、その名の通りの『球体和菓子』となっている。球体和菓子を作るのは今回の挑戦者の中では1人しかいないが、流石にリアルの球体を使う筈がないので、コレは大当たりだろう。


W683「でもやっぱ味は間違いなく雪見大福ですな」
抜間さん「中のアイスも丁度良い固さで美味しいですね」
晴哉「見た目もレベルが高いのでは…?」
ゆめひめ「そうですね、純粋な目で見ればインスタ映えは間違いないですよ!!」
ロクター「もしかして14番はお菓子作りが得意なんでしょうかね?」
クロム「それは…俺にも分からんのだが;;;;」


14番の総合評価:☆5

W683の評価:☆5
コレは一発でお前やと分かったんやけどwwwwwwwリアルの球体を使わずとも球体和菓子を雪見大福という形で再現するとか半端ないやろwwwwwwwまあ味は丁度良い感じで美味かったし、見た目も綺麗やから特に言う事はないな。キョンとかもこんな料理が食えて大喜びなんとちゃうか?あ、呉々も此方の球体コンビで球体和菓子をやらんように;;;;

抜間さんの評価:☆5
まさか球体和菓子を此処で再現するとは思わなかったwwwwwwwしかも普通に食べれるもので味も良い感じに仕上がっててホントに凄いと思うよ!!うちも料理に関しては特に言う事は無いけど、マジ切れしたらうちの姉者様ソエルみたいに怖いって聞いて案外イメージと違うんだなーって思った事だけかな?まあでも大人しい人程々怒ると怖いってよく言うしね…;;;

ゆめひめの評価:☆5
リアルの球体を使わなくても和菓子技を再現するって中々凄い事やってのけたじゃないwwwwwwwそれはそうとコレは(球体どうのこうのは兎も角)見た目が綺麗だし、味も絶妙で正に王道を行った感じで良かったよ!!正直食べるのが勿体無い気もしたわ。コレはうちのノワールとは気が合いそうなんじゃないかしら(主に和菓子技的な意味で)?

晴哉の評価:☆5
俺も一瞬見た時「球体和菓子かよwwwwwww」って思ったけど、まさか本物の食材でコレを再現するとは思わなかったし、しかも凄く美味いから色んな意味でインパクトが強かったぞ…;;;中に入ってるアイスも固過ぎず柔らか過ぎずと言った絶妙なバランスが良かった。コレは和菓子屋に出しても確実に売れるし行列が出来るんじゃないか?嗚呼…あのモードは…;;;;何も言わない。

ロクターの評価:☆5
カービィとメタナイトをモチーフにした雪見大福は(純粋な目で見れば)インスタ映え間違いなしだし、肝心の味も程良いアイスの固さとバニラの風味が過不足なく出てて美味しく味わえる一品だと思う。もしコレが店で出されたら確実に高く売れる上に看板商品になるだろうね。ただ、『あのモード』は普段のキュートな感じの君からは想像出来ないかな…?

クロムの評価:☆5
俺も球体和菓子かと素で思っちまったが、逆に食えるもので再現したのはある意味凄いと思うぞ。正に「ご立派ァ!!」な一品だな。中のアイスも程々の固さで食いやすいし、大福特有のモチッとした食感も俺好みで良かった。団活とかで出したら皆喜ぶと思うし、好感度も上がるんじゃないか?ただ、『あのモード』になるのはホントにどうしようもない時だけにしてくれ…;;;


嵐雅「一見するとインスタ映えする料理も別の角度から見れば笑いの種になるもんだなwwwwwww」
凉海「確かにwwwwwww思わず笑わずにはいられなくなるよねwwwwwww」
パティ「て言うか何度もアレをされても生きてるあっちのカービィサン達の生命力って…;;;」


あれ?此処で大当たりと言う事は…?

第2回料理対決――試食Period 5(5) ( No.582 )
日時: 2018/11/27 21:48
名前: W683

続き

《15番》

W683「大体出たんで何時も通り割り出してみますか」
抜間さん「先ず1番はツキノ。途中で摘まみ食いしたのは頂けないかな?2番はつかさ。あのボイスメッセージは同情しかない…;;;3番は長門ちゃんかな?無理しなくても良かったのでは…?4番は乱麻。上手いリカバリーが出来たのがナイスだったかな?」
ゆめひめ「5番はナージャね。もう一工夫あれば伸びるけど…?6番はそっちのルキナ。あの絵は流石にアウトよ…;;;7番はシルヴィーかな?マカロンアイスは有りそうで無かったから…;;;」
晴哉「9番はそっちのピーチ。彼処まで音ゲー要素の強い料理は間違いなく彼女だな。10番は阿。初めてにしては上出来じゃないか?11番はそっちのゼルダ。手先が不器用なのは…何も言えないが;;;」
ロクター「12番はシアン。苺好きなのは彼女だけだったような…?13番は氷海かな?あれも氷属性の子しか考えられないし…;;;14番は間違いなくみくるちゃんだn…あれ?」
W683「あっ…コレはもしかして…;;;」


今までの料理を振り替えってみたが、後1人ヤバイ料理を作る子が残っている…;;;仮に8番が『彼女』の料理であるとしても、この後に来る15番の料理もそれなりにヤバイのは言うまでもない。詰まる所どうあがいても…


固定審査員「「ラスボスが来ちまったぁぁぁぁぁぁぁっっっっっっっっ!?!?!?!?!?!?!?」」
キョン「まさか…マジで言ってるのか!?!?」


はい、またしてもラストポイズンとなる事が確定しました(テポドン投下)。これには15番の+α審査員いけにえとなるSOS団の苦労人も驚きを隠せない。


キョン「ホントにどうしてこうなった…OTL」
ロクター「君は悪くないよ…;;;」
抜間さん「まさかだと思うけど…うちのクラゲモドキ以上にヤバイのが来るのでは…?」
晴哉「俺…成人式出れないかも…OTL」
ゆめひめ「下手したらQB以上の大事件が起きそうなんですけど…;;;」
W683「それは割と同感です…;;;取り敢えず腹を括って待ちましょう!!!!」
審査員6人「「ハイッ!!!!!!!!!!」」


どうあがいても絶望クソな展開にしかならない15番の料理(?)は…???













15番の料理(?)「食 べ な い か」←阿部さん顔
審査員6人&司会3人( )          °Д°


すんまそん、何で阿部さん顔の蠢く青い物体が出てきたんだよ(水爆投下)。最早アイスの面影は何処に行った?しかもよりによってこんなくそみそ要素の強い物体が出来上がるなんて聞いてないんですが?


W683「何 で こ う な っ た ん や」
抜間さん「う ち に 聞 か な い で 下 さ い」
ゆめひめ「何 で 阿 部 さ ん な ん で し ょ う か」
晴哉「最 早 笑 え な い し 汚 い」
ロクター「コ レ を 食 べ る の は 無 理 が あ る の で は」
嵐雅「作者達が壊れたァァァァァ!?!?!?!?!?」
キョン「いや、コレを見たら流石に壊れるなという方が無理だと思うが;;;」
パティ「と言うか私達は逃げた方が良いのでは…?」
凉海「私達まで壊れたらもう終わりだもんね…;;;」


ど う し て こ う な っ た 続きます。

第2回料理対決――試食Period 5(6) ( No.583 )
日時: 2018/11/27 21:49
名前: W683

続き

流石に司会までキャラ崩壊されては成り立たなくなると思い、司会の3人は会場を後にする。一方の審査員6人は阿部さん顔の青い何かと対峙する事に。そして、戦いの火蓋が切って落とされた…!!!!!!!!!!!!!!


♪POP TEAM EPIC


15番の料理「さあ遠慮せずに食ってみろよ」
抜間さん「させてたまるか!!!!!!」←ペンから魔法を放つ
ゆめひめ「喰らえ!!!!クリスタル・シュート!!!!!!!!!!!!」
晴哉「誰がこんなもん喰うか!?!?!?!?」
ロクター「しぶといなコイツら!!!!!!!!」
キョン「此方に来るんじゃねぇぇぇ!!!!!!!!!!!!」
W683「水竜奥義・水波斬アクア・カッター!!!!!!!!」


阿部さん顔の物体に一斉に攻撃を仕掛ける作者達。だが、阿部さんアイス(?)にそんな攻撃が効く筈もなく、遂に追い詰められてしまった。


晴哉「そんな馬鹿な事があるk…「食 べ な い か」…ひでぶっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
キョン「俺達の攻撃が効かないってどういう事d…「俺はノンケだって食われにいくんだぜ」…アッー♂」
W683&抜間さん&ゆめひめ&ロクター「「キョンに晴哉さん!?!?」」


何と、15番の料理がキョンと晴哉の口に飛び込んで来たのだ(ICBM投下)!!!!!!!!!!!!!!直ぐ様断末魔を挙げてそのまま倒れる。


ゆめひめ「凄いデジャブしか無いんですけど!?!?!?ってまた来た!?!?!?!?!?」
抜間さん「え…「ほら、遠慮しないで食ってみろよ」…あべしっっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!」
ロクター「遂に抜間さんまでやらr…「男は度胸!!何でも食ってみるのさ!!」…ゲェェェェェッッッッッ!!!!!!!!!!!!!!」
W683&ゆめひめ「一気に2人もやられた!?!?!?!?」


目の前で繰り広げられているのは阿部さん顔のアイス(だった何か)が審査員達の口めがけて飛び込んでは無理矢理口の中に入っていくという最早地獄絵図としか言い様のない光景であり、残った2人もくそみそ要素の強い物体に囲まれており、正に全滅に王手を打たれた状態だ…;;;しかも、倒れた4人の口に入ろうとするくそみそアイス(と勝手に命名)もいて、最早拷問でしかない。


W683「(こうなったらあの技を使うしかないな…;;;)必殺奥義・竜水渦巻アクア・トルネード!!!!!!!!!!!!!!」
ゆめひめ「何で傷一つ付いてないんですか!?!?!?!?」


生き残った作者2人は机やら椅子やらでバリケードを張りつつ、くそみそアイスに攻撃するが、全く意味を成さず無作為に飛んでいくだけ。そして遂に…;;;


ゆめひめ「うわっ!?!?あたしの方に飛んでk…「ウホッ…良い獲物…」…アラーッッッッッッッ!!!!!!!!!!!!」
W683「ゆめひめさん!?!?そんなアホn…「嗚呼…次は此方の作者だ…」…ゲロンパァァァァッッッッッ!!!!!!!!!!!!!!」


遂に会場にいる審査員6人全員が倒れてしまった。くそみそアイスは6人の回りに纏わり付き、生々しい音を立てて6人に食らい付く…;;;


まだまだ続きます(この地獄絵図が)。

第2回料理対決――試食Period 5(7) ( No.584 )
日時: 2018/11/27 21:51
名前: W683

続き


※※キャラ崩壊要注意!!!!!!!!!!!!!!!!※※


その頃待合室でも…?


リンク「何じゃこりゃぁぁぁぁぁぁ!?!?!?!?!?」
クロム「何で阿部さん顔の物体がいるんだよオイ!?!?!?!?」
嵐雅「オレだって信じたくねぇよ!?!?!?」
凉海「でもコレは現実なんだよね!?!?!?」
パティ「多分だけど作者達もやられマシたからね…;;;」
挑戦者御一行「「え?マジで?って…「俺の事食ってくれないか?」…エイサーイ!!!!!!!!!!!!!!」」
一部の救援メンバー「「コレって有りなんd…「腹の中にどんどん納めちまえよ」…ハラマスコーイ!!!!!!!!!!」」
+α勢「「皆やられちまった!?!?!?!?」」


何とあのくそみそアイス、既に待合室の方にも進出し、それを喰らった一部の面子が気絶してしまった…だけならまだ良いのだが…????


マリオ「ん?さっきのを喰らった奴等が起き上がったぞ!?!?」
ヤイバ「故に何も無ければ良いのだが…;;;」


どうやら外傷は無いようなので後は医務室に行けば何とかなる…と思われたのだが…????













ピーチ「え?クッパ姫?キングテレサ姫?あんなクソみたいな姫様なんている訳ねーだろクソ野郎!!!!!!!!!!!!!!姫は私一人だけで十分なんじゃこの(禁則事項)共がぁぁぁっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」←謎の発狂
ルキナ「わ…私は誰?此処は何処…?」←記憶喪失
凛「2、3、5、7、11、13、17、19、23、29、31…」←素数を数えてる
ナージャ「チェスト竹〇房ォ"ォォォォォォォォォイ"!!!!!!!!!!!!!!!!」←ラファエルを武器にしてクロムをぶん殴る
クロム&ラファエル「」←ナージャのチェストの餌食に
長門「さあ、跪いて私の靴を舐めろアンチ共!!!!!!!!」
リドリー&クッパ&あやの&ルイージ&トーマス「」←まさかの亀甲縛りなう
阿「信者~♪良い子だねんねしな~♪」←謎のハイテンション
ゼルダ&氷海&乱麻&ツキノ「…」←虚ろな目付き
全員「「全然大丈夫じゃねぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!?!?!?!?!?!?!?!?」」


何と一部の面々が禁断症状を発症してしまったのだ(ミサイル投下)!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!当然この症状は…


プルル(パール)「どうせ私は生き遅れたオバサンよ…;;;;だから結婚も出来ないのよ…;;;(ブツブツ)」
サツキ(桜木)「汚物は消毒だぁぁぁぁぁっっっっっ!!!!!!!!!!!!!!」
ブレディ(ゆめひめ)「」←消毒()され黒焦げ
フローラ(アーク)「」←無言で服を脱ぎ始める
アーク「おおおお落ち着け!!!!!!こんな所で服を脱ぐな!!!!!!!!」
園長(洋輝)「お前ら…金は耳揃えて持ってきたんやろうなぁ…?」←ガチのヤクザ化
乱太郎&伊作&数馬&左近&伏木蔵(5人共洋輝)「すっ…すいません!!!!!!全然用意出来てませんっっ!!!!!!!!!!!!」←ガチ土下座なう
杏&きらり(両方ロクター)「ほーしー♪きーらきーら♪いーつかーふーたーりーでー♪ゆーめのぶたい♪てをひーろーげー♪」
王牙(晴哉)&ミスト(ロクター)&大妖精(ロクター)「…」←虚ろな目付き


はい、救援メンバーにも及んでました(ノドン投下)。だが、それだけで済むと思ったら大間違いだった…!!!!!!!!!!


鈴仙(晴哉)「ちょっと王牙!?!?正気に戻っt…「鈴仙?」…えっ…?」
アイク「一体どうなってんだよオイ!?!?「お兄ちゃん?」…ん?」
リンク「姫!!!!しっかりしてくr…「リンク…?」…え?」


おかしくなった恋人を前に必死に叫ぶ鈴仙と剣士2人。だが、この後衝撃的な光景が…!!!!!!!!!!!!


感想はまだ。

第2回料理対決――試食Period 5(8) ( No.585 )
日時: 2018/11/27 21:52
名前: W683

続き


※※一応言っときますが、コレは料理対決です※※


王牙(晴哉)「鈴仙…お前が…欲しい…」
鈴仙(晴哉)「えっ、ちょっ、何を言ってるの!?…ってその手は何!?!?」
王牙(晴哉)「もう…良いよな…?ほら、俺と…や ら な い か」
鈴仙(晴哉)「何するの!?!?止めて…!!!!!!!!」
鈴仙(みゐ狐)「ちょっとそっちの私に何やってるの!?!?!?」
W永琳(晴哉&桜木)「王牙さん!!!!落ち着いて!!!!!!此処で過ちを犯したらダメよ!!!!!!!!!!!!」


ゼルダ「リンク…たまには抜間さんの所の貴方みたいに夜も狼になって下さいな♪(黒笑)」←リンクに馬乗りに
リンク「な…何を言ってるんだ!?!?!?流石に俺がそんな事出来るわけn…ってやめろやめろ!!!!!!!!!!」
マリオ「此方は此方でゼルダがリンクの上に乗っかって何かやってるぞ!?!?!?」


アイク「おい…何する気なんだ…?」
ミスト(ロクター)「ねぇお兄ちゃん…私と一緒に…しよ?」
アイク「い…幾ら妹の願いとは言え、そんな事してたまるかy…って脱ぐな!?!?!?」
ファシア(ロクター)「ちょっとミストさん!?!?それは違う世界のアイクさんですわ!!!!!!!!!!」


アカン事になってたよ畜生!!!!!!!!!!!!!!!!!!3人全員がフェティッシュ発症しちゃったよ(水爆投下)!!!!!!!!!!!!!!しかもロクターサイドのミストに関してはサイドの壁を越えちまったよ!?!?!?!?!?だが、これだけで終わる程甘くはなかった…!!!!!!!!!!!!!!!!!!


美結「ちょっと会長!?!?!?しっかりしてくd…きゃっ!!!!!!!!」
氷海「美結ちゃんってホントに可愛い…私だけの物にしたい…」
美結「何をなさるのですか!?!?そっ…其処は…嫌ぁ…!!!!////」
風雅「ちょっと氷海!?!?!?それは流石にアウトだって!?!?!?」
弓弦「こんな会長の姿だけは見たくなかった…OTL」


ツキノ「みくるちゃんも凄く美味しそうなのー♪」←虚ろな目でみくるの胸を揉みまくる
みくる「わ…私は美味しくなんてないのに…って止めて止めて!!!!!!!!」
古泉「朝比奈さぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!?!?!?!?!?!?!?」
チュチュ「ツキノさん落ち着いて下さい…って今度は私の胸を揉むなですわ!!!!!!!!!!!!」


乱麻「コレは中々の旨さだな…」←裸族料理(ワリオがやらかした裸族流餡掛け炒飯)を食ってる
大妖精(ロクター)「ウェヒヒwwwwwwwウィヒヒヒヒャハハハwwwwwwwwwwwwww」
王ドラ(パール)「何か此方もおかしくなってるぅぅぅぅぅ!?!?!?!?!?」
当麻(洋輝)「何で裸族料理なんか食ってるんだよオイ!?!?!?!?!?」
イシス(抜間さん)「大妖精さんもおかしな言動をしていますわ!!!!!!!!!!!!!!」
ドクターs(W683&パール&桜木&洋輝)「「今すぐコイツら全員隔離だぁぁぁぁぁぁっっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」」


何とまさかの惚れ薬的な作用も出てしまったよオイ(ムスダン投下)!?!?!?!?!?!?!?兎に角色んな意味でおかしくなった奴等を事前に用意していた臨時の医務室へ投げ込んで隔離させる…;;;


ヴァイス「作者達を運んできたけど…;;;コレはあまりに酷すぎるのでは…?」
アーベル「正直言って…何 だ コ レ は」
冷弥「それよりも早く治療を始めるぞ!!」
凍子「一刻も早くやらないと大変な事になるわ!!!!!!」


続きます…;;;

第2回料理対決――試食Period 5(9) ( No.586 )
日時: 2018/11/27 21:53
名前: W683

続き


※※しつこいようですが、コレは料理対決です※※


その頃、他の面子は…?


ガノン(洋輝)「呼ばれてやって来たが…何だこのザマは!?!?!?」
ファルコン(洋輝)「何で阿部さん顔のクトゥルフがこんなに居るんだよ!?!?」
マリオ(洋輝)「それは俺にも分かんねぇよ!!!!!!兎に角コイツらと戦うぞ!!!!!!!!」
白血球(桜木)「俺も手伝う。にしても何と言う細菌クトゥルフだコレは…;;;」
キラーT細胞(桜木)「何としてでも撲滅させるぞ…!!!!」
妹紅(みゐ狐)「よし、さっさと行くぞ!!!!」
撲滅班「「おう!!!!!!!!!!!!!!!!」」


生き残っている救援組や役職のないキャラ達でくそみそクトゥルフを撲滅する準備を始めていた。数は多い方が良い。だが、敵は中々に手強い物で下手したら自分も犠牲になる可能性も無くはない…;;;


ワリオ(洋輝)「俺様の怪力を以てしても無理k…ブベラッ!!!!!!」
スネーク(洋輝)「かなり手強いなコイツら…グボォァ!!!!!!」
アンパンマン(洋輝)「攻撃が効かないなんて…そんな馬鹿な事h…ブバァッ!!!!!!!!」
ばいきんまん(洋輝)「アンパンマンまでやられた!?!?て言うかある意味チートじゃねぇのk…あべしっ!!!!!!!!」
マクロファージ(桜木)「何て強いのこのクトゥルフ…あうっ!!!!!!!!」
B細胞(桜木)「マクロファージさん!?大丈夫っすk…ゲファッ!!!!!!!!!!」


クトゥルフを一撃必殺出来る技を使っても駆逐出来ない処か、逆に被害に遭う一方の撲滅班。それでも尚あのくそみそクトゥルフに抵抗し続け、何とか互角の戦いに持ち込もうとする…;;;;


マリオs(W683&桜木&洋輝)「くっ…!!!!!!!!最後の切り札でも効かないなんて…!!!!!!!!」
NK細胞(桜木)「コレは長期戦になりそうだな…」
ファルコ(ノア)「くそっ…!!!!!!!!スマッシュボールが幾つあっても足りねぇ!!!!!!!!!!」
ルフレ(ノア)「しかも体力的にもかなりキツいぞ…」
くそみそクトゥルフ「食 わ な い か」
白血球&キラーT細胞&NK細胞(3人共桜木)「其処かっっっ!!!!!!!!」←くそみそクトゥルフに向けて攻撃を放つ
クロウ「俺達もスキル全開放で行くぞ!!!!!!!!!!」
ヤイバ「故に汚物はレジェンド・オブ・消毒だ!!!!!!!!!!」
アイオーン「この神の前に混沌なる生物など認める気にもならぬ…」
ロム「リアルに失せやがれゴミクトゥルフ野郎共!!!!!!!!!」
妹紅(みゐ狐)「あっちの体力が削られるのが先か…此方が先になるか…」


かなりの生命力()を持ったくそみそクトゥルフだが、撲滅班の攻撃によって着々とHPは削られてきている。その一方で、攻撃する側の体力も徐々に消耗していっており、正に一瞬の油断すらも許さない緊迫した闘いとなっている…;;;


霊夢(洋輝)「ヤバイ!?!?もう撃てる段幕がない!?!?!?」
魔理沙(洋輝)「私もなくなってしまったぞ!?!?!?」
咲夜(洋輝)「どうすれば良いのよ…!?!?!?!?」
くそみそクトゥルフ「俺は女でも構わないで狙っちまうクトゥルフなんだぜ」
霊夢&魔理沙&咲夜(3人共洋輝)「もうダメかも…「させるかぁぁぁっっっ!!!!!!!!!!」「アッー…」…助かった…?」
クラウド(アーク)「お前達無理はするな!!」
妹紅(みゐ狐)「無理そうなら医務室に避難しろ!!!!!!!!」
霊夢&魔理沙&咲夜(3人共洋輝)「分かった(わ/ぜ)!!!!!!!!」


まだまだ続きます…;;;長い…;;

第2回料理対決――試食Period 5(10) ( No.587 )
日時: 2018/11/27 21:54
名前: W683

続き

特殊スキルをフルパワーで開放しながら戦っている為か、そろそろ限界に来ていた。中にはこれ以上のスキルを開放出来ず、医務室待機を余儀なくされるメンバーも…。このままでは戦力不足になり、全滅の危機に瀕していた…その時…!!!!!!!!


マリオ「スマッシュボールがもう無いぞ!?!?」
クロウ「マジかよ!?!?こうなったら温存するしか…」
くそみそクトゥルフ「さあ、遠慮しないで食ってみろよ」
古泉「容赦ないですね!?!?!?…って此方に来た!?!?」
???1~4「「オルァァァァァッッッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」」
一同「「まさか…お前らは…!!!!!!!!!!!!」」
















???1→いのり「またかがみが変な物作ったって聞いてやって来たわ!!」
???2→まつり「貴方達大丈夫?後は私達に任せて!!」
???3→かがみ「ごめん…全部私の所為で…だから…責任取らなきゃ…!!!!!!!!」
???4→つかさ「お姉ちゃん達がやるなら…私も戦うよ!!!!!!」


何と其処にやって来たのは超巨大なスプーンを持った柊4姉妹だった!!!!!!!!!!!!彼女達の登場にくそみそクトゥルフ共が「ウホッ…」っと声を上げ、4人の元へ詰め寄る…;;;


ヤイバ「故に正気か!?!?其奴は人を喰らうレジェンド・オブ・悪魔だぞ!?!?!?」
まつり「分かってるわ…でも、私達が…!!!!!!」
いのり「何とかするしかないの…!!!!!!!!!!」


そう言うと4人はバリケードを張り、クトゥルフ共目掛けて…


柊4姉妹「「掛かって来いやぁぁぁぁぁぁっっっっっ!!!!!!!!!!!!」」
くそみそクトゥルフ「嬉しい事言ってくれるじゃないの。それじゃーとことん喜ばせてやるからな」



※此処から先はお見せできません。暫くスマブラ3大王女(ピーチ、ロゼッタ、ゼルダ)による「Twinkling star」のPV映像をお楽しみ下さい※



柊4姉妹「「あーお腹いっぱい…」」
一同「「なんでやねん!?!?!?!?!?」」


何とあのくそみそクトゥルフを全て腹の中に納め、しかも平然としているではないか(爆弾投下)!!!!!!!!!!!!!!!!アレを食おう物なら確実に医務室送りになってもおかしくない筈だが…???


ロム「まさかお前ら…;;;」
かがみ「わ…私は自分で作った物だからまだ耐性があるのよね…;;;」
つかさ「私もお姉ちゃんの料理は幾度となく食べてきたし…」
まつり「実は…私も…;;;」
いのり「何度も食べてたら慣れてきたみたい…;;;」
一同「「」」


詰まる所、15番…ことかがみの料理ゲテモノを毎回食い続けた柊姉妹は自然と耐性が付いたのである。て言うか、アレルギーの一種じゃあるまいし…;;;;


マリオ「4人共…今すぐ医務室行って血液を提供してくれ」
柊4姉妹「「ウイッス;;;」」


こうして、くそみそハザード(と勝手に命名)は何とか収束したのであった!!!!!!!!!!


感想はまだ待ってください;;;;

第2回料理対決――試食Period 5(11) ( No.588 )
日時: 2018/11/27 21:55
名前: W683

続き

んで、評価は言わずもがな…


15番の総合評価:0

W683の評価:0
先ず一言。お前は金 輪 際 料 理 す る な。キッチンに一 歩 で も 立 ち 入 る な。正直次回以降本気でメンバー考えた方がエエような気がしてきました…;;;まあ悪気が無いだけ大分マシやけど;;;;

抜間さんの評価:0
うちのデューク様以上の恐怖感を体験するなんて思わなかった…;;;しかも口に飛び込んでくるとか地獄でしかないんですが。悪い事言わないからあんたは今後一切料理するな。うちのキャラが被害に遭わなかったのがせめてもの幸いと言うべきか…;;;

ゆめひめの評価:0
前回のインキュベーター以上の悪夢が起こるなんて想像もしなかったんですけど;;;兎に角らき☆すた組の皆は強く生きて下さいOTL折角W683さんの世界でもNLが見れると思った矢先のコレはあり得ないんですが?

晴哉の評価:0
普段なら笑って済まされる阿部さんネタも今回のである意味トラウマになりかけたんですが;;;此方の紫も大概だが、15番のはコレを遥かに越える悪夢だった…。て言うか王牙と鈴仙もやられたってマジかよ…;;;取り敢えずお前は今後一切料理禁止だ。W683さんも今後はメンバーを考えた方が良いのでは?

ロクターの評価:0
君を引き当てた僕が言えた話じゃないけど、君はもう料理しない方が皆の為だと思う…;;;しかも柊姉妹全員が耐性出来たって…;;;先ず自分から口に飛び込んでくる料理なんて聞いたことも見たこともないから尚更恐怖を感じたよ…OTL

キョンの評価:0
(評価のみ書いて、コメント無記入)


くそみそクトゥルフの被害者達「「」」
ドクター「見るからに被害率がえげつないな…;;;」
ドクター(パール)「しかも此方のプルルまで被害に遭うとは…;;;」
罪木(パール)「皆さん大丈夫でしょうか…?」
リク(桜木)「兎に角今すぐ治療しないと!!!!」
奥田(抜間さん)「コレは確実に徹夜確定ですね…;;;」
サクラ(ゆめひめ)「皆さんが無事でいてくれたら良いですけど…」


すいません、今回のラストの被害率がヤバくないですか!?!?しかも救援の皆さんまで巻き込まれるとか…;;;ハッキリ言って前回の淫獣キュウべぇハザードの方がまだマシなような気がしてきたのですが。


一先ずこれで試食は全て終了。取り敢えず被害に遭ったキャラのファンの皆さん、ホントにすいませんでしたOTL尚、現在被害者達は必死のパッチで治療中。追加救援の方はお急ぎください。


《ヒント》

13番:氷の生徒会長。かき氷特有のキーンもなく、シロップ代わりの紅茶も程良くマッチしたのが高評価。
14番:SOS団の未来人ゴットゥーザ。料理だけで一目で分かります。尚、リアルの球体は使ってないのでご安心を。
15番:最早説明不要。試食せずとも勝手に向かうのでご注意ください。


※15番は何があろうと絶対に食わないで下さい!!!!!!!!被害者達を見れば分かる通り、SAN値がゴリゴリ削られます。
※尚、今回はお仕置きの募集はしませんのでご了承下さい。万が一送られてきても此方では 一 切 受 け 付 け ま せ ん のでご注意ください。


一先ずこれで終わり。 感想があればどうぞ;;;