二次創作小説(新・総合)

ガルフレ&スマブラdeポプテピパロ(1) ( No.654 )
日時: 2019/02/23 23:34
名前: W683

久々にパロディネタをば。元ネタは言うまでもなくポプテピのあの話です。時期的には結構しっくり来るかも…???何時も通りキャラ崩壊要注意!!!!



♪(レース場っぽい曲)



心実「やれる事はやりました。後は滑りを楽しむだけですよ」
いちご「心実先輩…」


明音「さあいよいよ始まりました!!世紀の一戦!!世界中から命知らずでカオス大好きなレーサー達が集まった『スケルトン・クロスオーバーカップ・グランプリ(SCGP)』!!!!実況は私、A・サクライと…」
かなた「カナタ・Tでお送りします」


心実といちごは今から始まる世紀の一戦を目前にして身構えていた…。そして、そのスタートの合図が切って落とされた…!!!!!!



ピー!!!!(3秒前)



ピー!!!!(2秒前)



ピー!!!!(1秒前)



GO!!!!!!!!!!



いちご「クールランニングッッッッッッッッ!!!!!!!!!!!!!!」←出発
明音「各選手順調に滑り出しました!!!!もうすぐ第1コーナーです!!!!!!」
心実(いちごさん…貴方ならイケる…。その為に頑張って来たんだから…)


所で何でこの2人がスケルトンに挑んだのか…?それは少し前に遡る…



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



3ヶ月前…


犬「クゥーン…」
心実(…?)


帰宅中に偶々捨て犬を見つけた心実。気になって近づいてみると…?


心実「あら?捨てられたんですね…;;;」
犬「クゥーン…(訳:そうだよ)」
いちご(心実先輩…格好良い…)


影で見ていたいちごは彼女の対応に心を奪われた…と、その時!!!!!!


心実「そう言えば、スケルトンって知ってますか?」
いちご(…!!!!!!!!)
心実「やってない人…人生損してますよね…;;;」


すいません、何故捨て犬を拾ってから急にスケルトンの話になる??流石にこの様子を見ていた超ガルフレ級のフルーツ好きも困惑する筈d…


いちご「ヤバい!!!!!!やらなくちゃ!!!!!!!!!!」


ごめんなさい、真に受けてしまいました(爆弾投下)。まあ、他人と感覚がズレてるガルフレのメインヒロインと純粋で天然なフルーツ好きな後輩の組合せだったらそうなるわな…;;;



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



感想はまだ。

ガルフレ&スマブラdeポプテピパロ(2) ( No.655 )
日時: 2019/02/23 23:36
名前: W683

続き 此処からカオス要注意

明音「さあ、レースも大詰めです!!!!」


いちご(此処まで私がぶっちぎってるから優勝は余裕y…)



いちごが見たもの:左右に突如として現れたライバル達



いちご(;;;;;・ω・)
明音「此処で邪魔をしようと何でもアリの最終エリアへ突入だ!!!!!!!!」
かなた(て言うかあの人達は何時出てきたのよ…?)
明音「スケルトンが世界一危険なスポーツと言われる所以です!!!!」
かなた「果たして、生き残るのは誰でしょうかね…?」


何でもアリの最終エリアに現れたライバルの中に、異様な人影が…!!!!!!!!


明音「おっと此処で1人の選手が抜け出した!!!!!!!!」
かなた「誰でしょうk…」



2人が見たもの:マイクロビキニ一丁のまま『服透ケルトン』を繰り出すガルフレ裸族(エレナ、美知留、麗巳)



かなた「」
明音(ちょwwww裸族wwwwwww)
麗巳「このまま行けば皆ドカーンよ!!」
エレナ「余裕よ余裕!!!!!!」
美知留「あ、ゴミ落ちてたから拾っといたよ!!」つ爆弾
エレナ&麗巳「ちょっと!?!?!?それ私達で置いた爆弾y…」



\チュドゴーン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!/



ガルフレ裸族「がるんちょいやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!」
明音「おーっと!!!!自爆してしまったぁぁぁぁ!!!!!!」
かなた(そりゃそうでしょうよ…;;;)
いちご(うわー、抜かれちゃったよぉ~)
明音「そして各世界の選手達も続々とペースを上げていく!!!!!!」
ライバルs「「ガハハハハ!!!!!!退け退け…あっ…」」



ライバルsが見たもの:ワドルディ達を連れて歩くデデデ大王(友情出演)



デデデ「お前さん達、気を付けて渡るんだゾイ…って、ん?」
明音「此処で、ペンギンの群れが迷い混んで来たわね…」
かなた(ペンギンなのはデデデ大王だけじゃ…;;;)
ライバルs「「ちょ、おまっ何する止め…」」



\チュドゴーン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!/



ライバルs「「がるんちょいやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!」」
明音「おーっと、大変な事が起こってしまった!!!!!!!!」
かなた「デデデ大王達の安否が心配だけど…???」


※デデデ達は幸い無事でした。


何 だ コ レ は 感想はまだ。

ガルフレ&スマブラdeポプテピパロ(3) ( No.656 )
日時: 2019/02/23 23:37
名前: W683

続き

明音「さて、トップを走るのは未だ無傷の小日向選手!!!!!!」
いちご(もうすぐでゴールd…)



\ブロロロロロロ…/←煙を巻き上げて走る



いちご「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!」
明音「おっと此処で一気に抜けた選手が!!!!!!」
かなた(アレってもしかして…?)



2人が見たもの:猛スピードで爆走するピンクのカート(運転手:クロエ)



かなた(クロエさん何やってるの!?!?!?)
クロエ「SP-CのCは『くおえうえーーーるえうおおお』のCですヨー!!!!!!!!!!」
かなた(CMのあのネタだぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!)
いちご「うっ…いてててて…」
明音「小日向選手、最早此処までか!?!?!?」
かなた「ん?ちょっと待って!?!?アレは…!?!?!?!?」



\キラーン!!/



いちご(も…もしかして…)

















心実「ウオォォォォォォォォッッッッッッッ!!!!!!!!」
明音「椎名コーチだ!!!!!!もの凄いスピードだぁぁぁぁ!!!!!!!!」



♪(ガルフレテーマ曲)



かなた「椎名コーチの備える先進的なターボエンジンと、「ターボですよ?」(by心実)シャープな頭部は、「シャープですよ?」(by心実)航空力学的に理想的なフォルムを描いてて、「理想的でしょ?」(by心実)正に『サーキットの狂犬』と呼ぶに相応しい仕上がりね」
心実「そして、私と貴方が合体すると3倍の速さになりますよ!!!!!!」



\テーレッテレー!!!!!!!!!!/



心実&いちご「We got a boost power!!!!!!!!!!!!」
クロエ「嘘ですよネ…!!!!!!SP-Cのこのワタシが…!!!!!!!!」



\チュドゴーン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!/



クロエ「はにゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
明音「小日向選手、SP-Cを撃破したぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!」


こうして(色々ありつつも)、いちご(と心実)は見事に優勝を勝ち取ったのだ!!!!!!!!!!!!!!



♪(表彰式で流れる曲)



いちご「やったよー!!!!私、勝ったよー!!!!!!」
明音「SCGP2019、栄光の金メダルが今、小日向選手の手に渡りまs…」
いちご「あ…あれ?」
明音「おや?アレは一体…!!!!!!」


なんと此処で、いちごの元に人影が!!!!!!!!そして…











いちご「あれ?何で私が連れていかれるの~??」


そのままいちごを連れ去ったのだ(テポドン投下)。


かなた(何があったって言うの…?)
明音「あ、たった今入った情報だけど…小日向選手の異常な行動に薬物使ってるんじゃないかって疑いがあるみたい;;;;」
かなた「」


いちごはどうなってしまうのか…!!!! 続きます。

ガルフレ&スマブラdeポプテピパロ(4) ( No.657 )
日時: 2019/02/23 23:38
名前: W683

続き 衝撃のラスト

此処に来てまさかの薬物使用の疑いを掛けられた超ガルフレ級のフルーツ好き少女。彼女に限ってこんな事がある筈がない。そして、衝撃の結果が…!!!!!!!!!!


明音「あっ!!!!!!なんと!!!!!!!!」
かなた(まさか…)















明音「小日向選手の身体はアンドロイドだった(ICBM投下)!!!!!!!!!!!!」
かなた「」


すいません、こんな展開予想してなかったよ畜生OTL招待を見破られたいちごは…


いちご「バレてしまったら此処までです!!!!!!」


すると、ジェット状態の心実とフュージョンして…



\ドガーン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!/



いちご&心実「逃げるが勝ちですよー!!!!!!!!!!!!!!」
明音&かなた「」


そのまま逃げていったのだった!!!!!!!!!!!!!!



The End




























いちご「えーっと…まだあるみたいですよ?」
心実「と言うわけでコメントはもうちょっと待って下さいね?」