二次創作小説(新・総合)

料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――準備編(1) ( No.748 )
日時: 2019/07/16 15:30
名前: W683


《前書きde小ネタ》「メイプル社長のニコニコお料理コーナー」



♪バラライカ



\メイプル社長の!!/



一同『ニコニコお料理コーナー!!!!!!!!!!!!』



\パチパチパチパチパチパチ…/



チュチュ「はい始まりました!!メイプル社長のニコニコお料理コーナー!!それでは社長、今日はどんな料理を教えていただけるんでs…」
メイプル「ぬわぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっっっっ!!!!!!!!!!!!」←唐突にテーブルを壊す
チュチュ「きゃっ!?!?!?!?」















メイプル「何を言っとるんですかぞ!?!?!?!?!?料理っちゅーもんは…自分で編み出すもんですぞ!!!!!!!!!!!!!!」
チュチュ「…」
メイプル「どうされましたぞ…?」

















チュチュ「社長…覚悟は宜しくて?(黒笑)」
メイプル「あのー…チュチュちゃん?目が笑ってないですz…」









社長ハゲタマゴ粛清中…※









メイプルの塊「」
チュチュ「と言うわけで次回もお楽しみに♪」



※またまた料理対決という事でやってみたかったネタですwwwwwww元ネタは最早安定のでんじーの番外編のネタ(絶体絶命の2巻だった…筈)から。とは言っても元ネタのままでは尺が足りないので後付けしてみましたwwwwwww尚、この2人は本編には関係御座いません(確信はない)。




さて、久々の長編は毎年恒例(?)の料理対決!!第3回目となる今回はスマブラファイターズによる料理対決となります。過去2回を上回る波乱の展開が巻き起こる…かも?果たして、美味い料理を作って優勝するのは…?はたまた問題作を作ってお仕置きコースになるのか…?料理による大乱闘が幕を開ける…!!!!!!!!



此処はW683サイドのスマブラ屋敷。言うまでもなくスマブラファイターズが毎日乱闘やトレーニング等しながら共同生活を送る場であり、マスター・クレイジーの両手袋と作者W683が管理している。が、基本的には(節度さえ守れば)何しても良い。え?W-Houseとどう違うんだって?あっちは他のジャンルも居るけど此方はスマブラ組だけで関係者以外立ち入り禁止になってるんだよなぁ…(因みに許可した人じゃないとポリスメンのお世話になります)。



…とまあそんなこんなで説明してきたが、今日このスマブラ屋敷にスマブラメンバーのほぼ全員が召集された。そう、何と言ってもスマブラ組による料理対決が行われる為だ。今回は挑戦者の抽選とルールの説明をするという段取りになっている。


右手「で、結局やるのか?」
W683「勿論やるぞ。固定審査員は…此方で適当に決めて挑戦者は抽選って感じで良いよな?」
左手「inじゃねーの?そうと決まれば早速準備しよーぜ」
W683「せやな」


っつー訳でその間に準備をし、抽選と説明を午後に行う事になった。折角なのでファイター達がどう過ごしているのか覗いてみよう。



今回は料理で乱闘します(ぇ)。 続きます。

料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――準備編(2) ( No.749 )
日時: 2019/07/16 15:32
名前: W683

続き

クロム「いやー今日も良い稽古が出来たな!!」
マルス「後一歩の所でストックを落とす所だったよ…;;」
ロイ「て言うかあのタイミングで投げはマジで予測出来ないぞ…」
アイク「いや…それは体が勝手にだな…」
ルフカ「皆お疲れ様。はい、アイスティー淹れたけど飲む?」
クロム「アイスティーしか無いけど俺は全然良いぜ」
ロイ「やっぱ暑い時は冷たいのに限るな!!!!」
ルフカ「あんまり飲み過ぎるとお腹壊すわよ?」


クロム達4人はアイテムなしの大乱闘(という名の特別な稽古)を終えて駄弁っている所で、其処に稽古を観ていたルフカが差し入れをして5人で楽しく喋っている(割とよくある)光景だ。因みにこの乱闘の勝者はマルスだった模様。


クロム「あっそうだ(唐突)。この後プリキュア鑑賞会でもやるけどお前ら来るか?」
マルス「僕は…遠慮しとくよ…;;;」
ロイ「行っても良いけど?」
アイク「俺は勿論行くぞ」
クロム「美味いつまみでも揃えて待ってるz…\コーンギョコンギョーコンギョーガップロー/…ん?作者からだな。ちょっと来てくれ…しょうがねーなー…」
ロイ(着信音が悪意しかない…;;;)
クロム「すまねーな。ちょっと用があるからまた今度で良いか?」
アイク「ぬぅん。全然良いぞ」





ゼルダ「あら?ピーチさん髪型変えました?」
ピーチ「えっ…別に切ったとかそういうのじゃないけど…;」
ルキナ「もしかして…括ったとか?」
ピーチ「まあ…そうね。ツインテールにしたんだけど…似合うかしら?」
ルキナ「全然変じゃないと思いますけど?」
ゼルダ「寧ろ何か何時もより可愛く見えますよ!!」
ロゼッタ「と言うかどんな髪型でも可愛いと思うわ(ニヤニヤ)」
ピーチ「ちょっと////そこまで言われたら照れるじゃない///」


一方此方はスマブラ王女達のお茶会。姫らしく紅茶(アイスティー)とお菓子()を嗜みながらガールズトークを楽しんでいる。えっ?何?ゼルダ姫は兎も角、他の3人は姫らしくないって?そんなの知ったこっちゃないd…


ピーチ「ちょっとナレーション!!私の何処が姫らしくないって言うの!?!?」
ロゼッタ「いやまあ城から脱走してゲーセン行く所だと思うんですがそれは…」
ルキナ「そういうロゼッタさんは公式で姫かどうかも怪しいじゃないですかwwwwwww」
ピーチ&ロゼッタ「「そもそも見た目とか格好の時点で一番姫らしくないのは貴方だと思うんです(だ)けど?」」
ルキナ「ドイヒーwwwwwww」
ゼルダ「まあ此処にいる時点で身分とかそういうのはあんまり関係ないですから;;;;」
ピーチ「そりゃそうでしょ。現に何処ぞの大魔王なんて威厳もクソもないから、多少はね?」
ルキナ「(そういうのも姫らしくないと言われるような気が…;;)あらら、作者からメールが来ました」
ピーチ「あっ、私もね。話があるから来て欲しい…また何か企んでるわね…」
ゼルダ「何か嫌な予感がしますけど…」
ルキナ「行ってみないと分からないですよね」
ロゼッタ「取り敢えずまた後でお茶会しましょうか」





クッパ「ブァーックション!!!!!!風邪でも引いたか…?」
リドリー「誰かが噂話でもしてたんじゃねぇの?」
デデデ「噂話か…ワシはあんまりそう言うのはないゾイ」
ガノン「そもそもお主は食い意地が張ってる事を除けば人民には何も悪い事はしてないだろう」
ウルフ「もっと言えばクッパも独裁者じゃないだろ?」
フォックス「っつっても未練タラタラだけどな」
ファルコ「しかもヘタレだからまだ告白すらしてないというn…」
クッパ「あああああああああ!!!!!!!!もうそれ以上言うな!!!!!!これ以上ヘタレ弄りをするな!!!!!!!!!!」


お次は悪役組(+狐&雉)。おっさんらしく昼間から酒を嗜みながら世間話(という名のヘタレ弄り)をしている。というか此処の悪役組ってガチで威厳のいの字もねぇな;;;えっ?何か足りないって?キノセイナンジャナイカナー(棒読み)。


クッパ「正直我輩のヘタレはどうしたら良いのだ…」
デデデ「仕方ないゾイ。ヘタレじゃないお前なんて土竜じゃないs〇a〇uさんみたいなもんだz…\♪♪♪~/…おう、作者から来て欲しいとメールが来たゾイ」
クルール「そうか、何か面白い事になりそうだな!!」
リドリー「割とガチで嫌な予感しかしねぇんだけど…;;;」



感想はまだ。

料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――準備編(3) ( No.750 )
日時: 2019/07/16 15:34
名前: W683

続き


※※裸族ネタにご注意下さい※※


一方、スマブラ屋敷のとある一室では…


ワリオ「地味とは言わせない!!!!セー裸ーシギノ!!!!」
スネーク「田舎扱いは止めろ!!!!セー裸ーノーエ!!!!」
デイジー「何もないなんて言わない!!!!セー裸ーシロキタ!!!!」
タブー「島流しはマジで勘弁!!!!セー裸ーアワジ!!!!」
キーラ「仲間外れにするな!!!!セー裸ースイタ!!!!」




















スマブ裸族5人「「我等、美裸族戦士『セー裸ーオーサカイースト』!!!!!!褌に代わって(愛の)お仕置きよっっっっっ!!!!!!!!!!!!」」


おいお前ら何しとんじゃぁぁぁぁぁぁぁ!?!?!?!?またしてもセーラームーンを汚しに行きやがったぞコイツら!?!?!?!?しかもネタが完全にアウトじゃねぇか!!!!!!!!!!!!せめてもの救いはこの場に鉄分同盟一行とオタク軍団がいない事だが、これだけでも十二分に酷ぇよ!!!!!!!!!!


ブラピ「裸族プリキュアとか裸族戦隊と裸族まどマギとかは見るけどセー裸ー戦士なんて此処の専売特許みたいな所あるしなwwwwwww」
カービィ「更に此処に作者の地元ネタを入れる事でアイデンティティーを惜しみ無く出すのも簡単に出来るしwwwwwww」
村人「そんでもって過激なパフォーマンスという裸族パフォーマンスの基本中の基本を難なく熟す格好良さwwwwwww」
ポポ「そして他の裸族でもしないパフォーマンスを躊躇いなくやっていくなんてマジで凄いよwwwwwww」
ナナ「警察の御墨付きが来るのも納得いくよねwwwwwww」


すいません、まさかのクソガキもいました(爆弾投下)。ただでさえ裸族だけでもヤバイのにお前らまで来たらカオスまっしぐらじゃねぇか!!!!序でに警察の御墨付きっていうけど、あいつらは大根討伐で大活躍しただけで、実際に認めた訳じゃないからな!?!?!?!?


ワリオ「何を言ってるんだナレーション!!!!!!俺らの活躍が無ければ大根共は未だにそこら辺で事件起こしてたんだぞ!?!?」
スネーク「それこそ日頃の修行の成果が出たって事だな!!!!」
デイジー「そうだよネ!!陽歌ちゃんと桃子ちゃんも今頃アタシ達の事をヒーローだと思ってるだろうネ!!」


まだ言うかお前らは。そもそもあの2人はお前らの存在なんて知らんし、しかも桃子に至っては純粋組だろうが。あんなもん見せたらガルフレ組が黙ってねぇよ。因みに今回の裸族の格好は例の3人はスクール水着…って案外普通だな;;;


ブラピ「甘いなナレーション!!!!あれはただのスク水じゃねーんだよな」
カービィ「そうそう。あれこそ新たな裸族ファッション、痛スク水だよ!!!!!!」


すいません、やっぱり裸族衣装だったよちくせうOTLまあデイジー姫は兎も角、良い歳したおっさんが来たら気持ち悪い処の騒ぎじゃねぇよ!?!?!?!?因みに柄はつぎドカ女子のアウトなイラスト(ワリオ→鈴花、スネーク→氷海、デイジー→美結)となっている…うん、お前ら確実に粛清(物理)されるの確定だな。え?後の2人?言うまでもなくZ☆E☆N☆R☆Aです(水爆投下)。


ワリオ「よーし、早速裸族の素晴らしさを布教しに行くぞ!!!!!!」
スネーク「今こそ唯一神ラッゾー様に帰依する時だ!!!!!!!!」
デイジー「特に裸族嫌いなピーチちゃん達を裸族に更生させなきゃネ!!!!!!」
タブー「俺様はラッゾー様にお供えするおパンティを収穫しに行くぞ!!!!!!」
キーラ「私もお供するぞ!!!!!!尊師ワリオ、そうと決まれば集会場に突撃するぞ!!!!!!」
ブラピ「だったら俺らも行くぜ~wwwwwww」
カービィ「君達をサポートするのが私達のポリシーだからね!!!!」
クソガキ5人「「という訳で裸族の皆!!!!!!早速行っちゃいましょうぜぇぇぇ!!!!!!!!!!」」
裸族5人「「ヒャッハァァァァァァァッッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!」」


ごめんなさい、もうツッコミ放棄して良いすか?て言うか何時の間に裸族はカルト宗教になったんだよ。後クソガキも便乗するんじゃねぇよ。この後裸族とクソガキはファイター一行が集まる集会場を襲撃したものの、案の定制裁班に鎮められたのは言うまでもない。



おい裸族wwwwwww 続きます。

料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――準備編(4) ( No.751 )
日時: 2019/07/16 15:36
名前: W683

続き

W683「よーし、皆集まったn…ってお前ら何があったんだよ;;;;」
リュウ「嗚呼、この馬鹿共を始末した所だ」←手がタバスコまみれ
メタナイト「序でにこの不埒な物も処分しておく」←剣がタバスコまみれ
裸族の塊「」←タバスコまみれな上に黒焦げ
クソガキ5人「「何で俺(僕/私)までこんな目に遭わないといけないんだ?」」←頭にデカいタンコブ
リンク「お前らもアイツらに便乗した時点で同罪だ馬鹿共(^ω^#############)」
W683「まあ…ええか。取り敢えず今から抽選とかやるけど、先に簡単にルールとか説明しとくから目を通しといてくれ」


取り敢えず裸族共を処分し、料理対決のルール説明に入る。以下、ルール説明と内容。



《役割》
・司会:イカボーイ、イカガール、ジョーカー
・審査員:W683、リンク、ピーチ、デデデ、ルキナ、クロム+α
・救援:ドクター、ヴァイス、アーベル、氷海、冷弥、凍子、山形まり花、霜月凛、他世界の救援の皆様

《ルール》
・今回のテーマは『麺料理』。
・準備期間は1週間、予算として5000円支給される(材料や調理器具の持参も可)。
・1週間後に料理バトルが開始され、審査員全員が試食して評価。個人評価を元に総合評価を出す。
・総合評価の最も良かった挑戦者には参加賞のエレメントダイヤと共に管理者サイドから欲しいものをプレゼント。
・評価が最も悪かった挑戦者には、キツいお仕置きが…

《注意点》
・麺料理なら饂飩うどん、蕎麦、ラーメン、スパゲティ等何でもOK。但し今回は安全の為、麺用自動販売機の物を用いる事。
・W-House敷地内にある野菜や果物等は使用可能。但し、誤食や食中毒防止のために確認すること。
・当日に何かのトラブルの発生や材料の追加をする場合は申告すること。時間内に戻ればセーフであるが、調理の時間や火の元には十分注意すること。
・能力や魔法を使う際は限度を弁えること。
・買い物の際に出たレシートはとっておき、司会から出すように指示された際には提出すること。
・レトルト食品等、市販品を麺の上に掛けても良いが、最低限のアレンジをすること(そのまま出した場合は不正行為と見なす)。
・他の挑戦者の妨害をしたり、市販品を出したり、予算を不正に使ったりするなどの不正行為をした場合は強制失格。お仕置き確定となる。
・トラウマを再現したり、ふざけた真似をした者にはどぎついお仕置きを課す。余計な事はすんな。

《評価》
※個人結果から総合結果が出される。料理が出される順番は籤で決まっており、誰が作ったかは分からない。
☆5:正に天晴れなプロ級の料理。金払ってでも毎日食いたい!!
☆4:レシピに忠実な部分はあるものの自分なりのアレンジが出来ており旨い。
☆3:割と普通に作っている。所謂合格ライン。
☆2:ちゃんとやってるつもりでも致命的なミスが目立つ。でもまだまだ延びしろアリ。
☆1:一生懸命さは十分伝わるから、周りから色々教わって精進してくれ。
マシな☆0:何をどうやったらこんな事になるのか教えてくれ。マジで。
アカン☆0:このままだとお前の所為でファイター全員の評判がガタ落ちして皆に迷惑をかける恐れがある。いい加減にしやがれ。
贖罪:料理好きの人、食べる事が好きな人、料理修行中の人、食材の生産者、そして食材そのものに全身全霊を以てガ チ 土 下 座 し や が れ。



クロム「最初から贖罪があるんですがそれは…」
ピーチ「絶対誰かやらかす前提よね?」
W683「その代わり☆1の文面を和らげてるし、良いだろ?っつー訳で今から抽選するけど、固定審査員の5人に引いて貰うぞ。人数は初代とDXから3人、他は4人って事で、はい宜しくぅ!!」
リンク「要するに俺達の籖運が左右するって事だな」


さて、此処からは運命の挑戦者決めの時間だ。一同の前には前回も登場した抽選マシーンが5個(初代、DX、X、for、SP組)現れた。先ずは初代組から3人選抜すべく、時の勇者(という名の主夫)が前に出て来た。


マリオ「変な奴は引かないでくれよ…」
リンク「そう言われると余計緊張するんだが…;;;」


そして抽選マシーンに手を入れた主夫勇者が取り出したのは…






リンク「ヨッシー、ファルコン、フォックス…まあ安心だな」



ヨッシー「料理ですか…あんまり上手くはないですけど大丈夫ですかね?」
マリオ「でも卵料理なら得意中の得意なんじゃないのか?」
ルイージ「自分の得意分野で勝負するのもアリだと思うよ?」
シュルク「しかも基本は出来てるから取り敢えずは頑張ってみなよ」
ヨッシー「まあ頑張ってみますか」


ファルコン「まさか俺が料理するとはな…」
サムス「でも貴方の料理って凄く評判が良いのに?」
カービィ「だよねー。おかわりが欲しくなる位だもんね~」
マルス「これぞ漢の料理って感じがあって普通に美味しかったから期待出来るんじゃないかな?」
ファルコン「そこまで言うなら、最強の『ファルコン・ランチ』を作ってやろう!!」
一同「「イエェェェェェェァァァァァァ!!!!!!!!!!」」


フォックス「俺か…はっきり言っていなり寿司とかしか出来ねぇぞ?」
ファルコ「あーお前アレだもんな」
ウルフ「この前なんかサンドイッチがいなり寿司になったり、カレーが衣笠丼になったりしたもんな」
ルキナ「えっ…マジですか…;;;」
フォックス「だから、麺料理は期待しないでくれ。多分油揚げを使った何かが出来ると思うから其処は大目に見てくれ;;;」
クロム「ミラクルならしょうがないよなぁ?」



感想はまだ。

料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――準備編(5) ( No.752 )
日時: 2019/07/16 15:38
名前: W683

続き 運命の抽選会

W683「此処までは安全圏だし大丈夫やろ。んで、次は…」
ピーチ「私ね。DX勢も其処まで問題になるのはいないと思うけど…?」
ゼルダ「落ち着いてやれば良いですよ!!」
ピーチ「分かったわ!!」


さて、DX組からの選抜に挑むのはゲーマー組リーダーにしてDX組リーダーのピーチ姫。腹を括って抽選マシーンに手を入れる…


ピーチ「よしっ!!行くわよ!!!!」


果たして選ばれたのは…





ピーチ「マルス、ファルコ、ナナちゃん…まあ此処は大丈夫…よね?」



マルス「僕もか…ちょっと頑張ってみるか」
クロム「まあお前なら少しアレンジ出来るレベルだし、これは期待出来るぞー」
ロイ「結構色んな意味で女子力はあるっぽいから飯も絶対美味いと思うぜ?」
ルキナ「期待してますよ?」
マルス「あんまりプレッシャーかけるのは止めて…;;;;」



ファルコ「マジか…俺なんて凡人レベルだぜ…?」
ロゼッタ「もしかして料理はした事ない感じですか?」
フォックス「そういう事になるな。基本こいつはインスタントで済ませる派だしな」
ウルフ「あ、でも素麺は普通に作ってたよn…「お前それ以上言ったらシバく」…冗談だ冗談!!!!!!」
カムイ「取り敢えずはやってみたら?僕だって見よう見真似だったけどなんとかなったから」
ファルコ「そうだな…やってみるか…」



ナナ「ごめん…私失敗するかも…;;;;」
一同「「何かフラグ立っちゃったぁぁぁぁ!?!?!?」」
ポポ「これは僕もそうなんだけど、能力が暴発して凍るかもしれないんだ;;;;」
クロム「マジかよ;;;でもそれ位ならまだ許せるけどな」
ナナ「もし凍ってたら…ごめんなさいっ!!」
W683「これはしょうがない、俺らは怒らんから精一杯やってくれ」
ポポ「僕も出来る限りサポートするよ」





W683「んで、Xから4人だけど…」
デデデ「ワシが引く番か…凄い緊張するゾイ;;;;」
クルール「リラックスしろリラックス!!」
クッパ「気をしっかり持て!!!!」


次に引くのはプププランドのペンギン大王。此処からは4人引く事になるが、その分問題児が入ってくる可能性も否めない。


デデデ「よし、これで行くゾイ!!!!!!」


さて、X勢から誰が出るのか…!!!!!!






デデデ「ピット、ワリオ、アイク、ウルフ…はぁ!?ワリオ!?!?」
固定審査員&マリオ兄弟&ロゼッタ&ヨッシー「「」」



ピット「まさか僕が選ばれるとは…((((;゜Д゜)))」
ブラピ「あーお前料理初めてだもんな」
ピット「もしリンクさん達に変な物食べさせたら…どうしよう…」
リンク「何もそんなに堅くなる事はないぞ」
ピーチ「メシウマ組に教えて貰えば普通に作れるようになるから、頑張って!!!!」
ピット「はい、有難う御座います!!!!」



ワリオ「よーっしゃぁぁぁぁぁ!!!!!!!!俺様が選ばれたぞ!!!!!!!!!!」
スネーク「良かったな!!!!前回(第1回目)のリベンジと行くか!!!!!!」
デイジー「アタシも協力するヨ!!!!他の世界の裸友と力を合わせて最高の料理を作って、審査員達をギャフンと言わせようヨ!!!!」
W683「おいお前ら復活が早すぎだろwwwwwww」
クロム「つーか今度はQB柄の痛タイツとは…たまげたなぁ…」
制裁班(▼益▼################)



アイク「俺か…今回は肉じゃないのがな…」
ルフレ「今回は麺料理だから…上手いこと肉を絡めるのもアリ寄りのアリだと思うよ」
W683「現に肉饂飩とか何でもあるからな。まあ其処はお前の采配次第だけどな」
ピーチ「言っとくけど今回のメインはあくまで『麺』だからね?」
アイク「ぬぅん。分かってる」



ウルフ「俺が選ばれたって事は…」
ルキナ「まさかのスタフォ勢から全員参戦ですね;;;;」
フォックス「同じ挑戦者同士…」
ファルコ「頑張ろうぜ!!」
ウルフ「そうだな…よし、お前らには絶対負けねぇからな!!!!」
クッパ「アイツの料理はガチで信頼出来る美味さだから…」
ガノン「間違いなく当たりだな」



此処でまさかの裸族登場wwwwwww 感想はまだ。

料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――準備編(6) ( No.753 )
日時: 2019/07/16 15:39
名前: W683

続き まだまだ続くぜ抽選会

W683「次はfor組だけど…」
ルキナ「正直問題児ばかり出そうで怖いんですが…;;;;」


今度はfor組からの選抜だが、此処からは問題児が多くなるので当然ながら不安になる…;;;


ルキナ(どうか…私に御加護を…!!!!!!)


果たしてイーリス王女が引いたのは…





ルキナ「Fitさん、ルフレさん、クラウドさん、ライラック(カムイ♀)さん…えっ!?まさかの…クラウド…さん???」
一同「「」」
クラウド「」



Fit「私が出たからには健康的な料理を作りますよ!!」
マック「いやーFitさん!!健康志向の料理なんて(美味すぎて)痺れるッスよ!!!!!!」
ピーチ「こういう人が出てくれると此方としても凄い有り難いわね♪」
クロム「俺はガッツリした物が食いたいのだが」
W683「俺もな」
Fit「そこはまあ考えますけどね…;;;」


ルフレ「最初に謝っとくよ…。変な物食べさせてしまったらホントにごめん!!!!!!」
一同「「何か謝られたんだけど!?!?!?!?」」
マルス「そうだった…料理苦手なんだった…;;;」
ルフレ「いやなんと言うか…ほぼ高確率で炭になりそうなんだけど…」
ルフカ「わ…私が教えるからね!!だから気を落とさないで!!!!」
クロム「つっても、公式でちょっとアレみたいだが流石に某Yさんの所みたいにラスボスが出来るなんて事はないから大丈夫じゃないのか?」
W683「反省するし、此処は問題ないのでは?」


クラウド「」←自分が選ばれると知って唖然
マリオ「何か固まってるけど、どうしたんだ?」
リュウ「嗚呼…良い忘れたが、アイツはガチのポイズン枠だ」
シュルク「この前試しに味噌汁作らせたら、ベーコンムシャムシャ君が大量発生して大惨事になったんだよOTL」
クロム「いや、何をどうしたら共食い野郎が大発生するんだよ!?!?!?」
クラウド「俺だって選ばれたくなかったよ畜生OTL」
ルキナ「ごめんなさいクラウドさんは悪くありません悪いのは私ですOTL」
W683「っつーか1回死ぬの確定じゃね?」
リンク&ピーチ&デデデ&クロム「「あっ…(察し)」」


ライラック「まさかあたしが料理するなんてねー!!こりゃスペシャルな甘味でもてなすしk…「止めて止めて止めて止めて…」…えーなんでよー!!!!!!!!」
カムイ「姉さん、今回は流石に人に出す物だからあの激甘は不味いよ…;;;」
マック「ちょっと待って何しでかしたんスか!?!?」
Fit「どうやら暗夜王国の食事会で試しに料理を作らせたら、砂糖とか蜂蜜とかで吐きそうな位甘い料理を出して皆唖然としたらしいんですよ…;;;」
リンク「マジかよ!?!?でも味覚がおかしい訳じゃないだろ?」
マルス「普通に作るときに甘くしてるだけだと思う…;;;言わば凉海とかロージアと同じタイプかもしれない…;;;」
ルキナ「一応用心しとくべきですかね…?」





W683「最後は…SP勢だけど…」
クロム「何かハズレが出そうな気しかしねぇぞ…;;;」
ルキナ「誰もお父様は責めませんから気負わずに…」


最後はSP組からの4人だが、先程甘党と大ハズレを引いた為にプレッシャーを隠せないようだ。


クロム「神様仏様中村様すみぺ様ゴットゥーザ様…大当たりを…!!!!!!!!!!」


最後の4人は…一体…!!!!!!!!





クロム「リドリー、シモン、クルール、デイジー…ウッソだろオイ!?!?!?」
一同「「」」



SP組一同「「リドリーィィィィィィィ!!!!!!!!!!!!お前はキッチンに立つなぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!」」
他のメンバー「「何があった!?!?!?!?」」
リドリー「何を慌ててるんだ?俺は普通に料理するのだが?」
クッパ「頼むから黒魔術だけは止めてくれ!!!!!!!!」
デデデ「お前さんこの前の悪役組の飲み会でお前が持って来た訳分からん物を鍋にぶちこんで医者騒ぎになったのを忘れたとは言わせんゾイ!?!?!?」
サムス「私が言えた話じゃないけど…マジで余計なことはしないでね?分かったわね?」
W683「すんまそん、此処で2回死ぬのが確定しましたOTL」
固定審査員「「ウソダドンドコドーン!!!!!!!!!!!!!!!!」」


シモン「まさか俺が選ばれるとは…」
リヒター「良かったじゃねぇか。お前の高い料理スキルを発揮する時なんじゃないのか?」
ゼルダ「えっ、シモンさんって料理が得意なんですか?」
ケン「アイツの料理は見た目に依らず中々美味いぞ」
リヒター「正直言って俺なんかとは比べ物にならねぇぞ;;」
クロム(正直SP唯一の当たり枠だなんて口が割けても言えねぇよ…)


クルール「ははははは!!!!!!!!このワシが選ばれたからには感動するレベルの料理を…」
ドンキー「お前またあの激辛兵器作る気か!?!?審査員を殺す気か!?!?!?」
ガノン「まさか悪役組から3人も問題児が出るとは思わなかった…OTL」
クロム「そもそもSP組の問題児が多すぎてマジで頭抱えるんだが;;;;」
W683「こりゃ下手したら3回死ぬかもな(遠い目)」
リンク&ピーチ&デデデ&ルキナ「「※◇@∪↓∩∧◎※#▲↑☆○ーーーーーー!?!?!?!?」」


デイジー「やったネ!!アタシも選ばれちゃっタ♪」
ワリオ「ウオオオオオ!!!!!!!!俺は嬉しいぞ!!!!!!共に最高金賞レベルの裸族料理を作るぞ!!!!!!!!!!」
スネーク「でかしたぞ!!!!!!今回出れない俺の分まで頑張ってくれ!!!!!!!!」
ワリオ&デイジー「「合点承知のスッポンポン!!!!!!」」←脱衣
スネーク「よし今からラッゾー様の御加護を得るぞ!!!!」←脱衣
裸族3人「「という訳で今から裸族式エイサイハラマスコイ踊りをやるz…」」



※暫くお待ち下さい…※



リンク「お 前 ら い い 加 減 に し ろ や(▼益▼#######)」
ガノン「そ も そ も 公 共 の 場 で 服 を 脱 ぐ で な い 愚 か 者 が(▼益▼#######)」
裸族の塊「」
クロム「兎に角何か色々すまんOTL純粋組は見てないよな…;;;」
ピーチ「一応目隠ししてたし大丈夫でしょ;;;;;」
W683「一応決まったな」


…とまあなんやかんやあったものの18人の挑戦者が決定した。いやーこれ絶対死ぬな。マジで。



何でこうなったOTL 感想はまだ。

料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――準備編(7) ( No.754 )
日時: 2019/07/16 15:40
名前: W683

続き

W683「取り敢えず今回の挑戦者は…」


・初代:ヨッシー、フォックス、ファルコン
・DX:ナナ、ファルコ、マルス
・X:ピット、ワリオ、アイク、ウルフ
・for:Fit、ルフレ、クラウド、ライラック
・SP:リドリー、シモン、クルール、デイジー


W683「…っつー訳で3分の1はハズレとなりました★」←笑顔で吐血
一同「「」」


すいません、もうこの時点で挑戦者の3分の1はハズレ確定という事態が発覚しました(テポドン投下)。しかもそのレパートリーが凍ってるor炭ならまだしも、裸族に激甘・激辛料理、人の話を聞かない問題児、黒魔術的な何かをやらかす奴、も一つおまけに裸族、そして極め付きはラスボス確定の奴等、最早ハズレ料理の見本市オンパレードとも言うべき有り様だ…。此れには流石に一同唖然。
更にいうと今回挑戦者にも固定審査員にも選ばれなかったファイター達は当然ながら+α審査員に選ばれ試食に駆り出される可能性がある。詰まるところ…


その他のファイター達「「俺(僕/私/あたし/拙者/我輩)達も死ぬかもしれねぇじゃねぇかぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!」」
W683「因みに第1回と同様、+α審査員は2人ずつで行くんで」
その他のファイター達「「あああああああもうやだああああああ!!!!!!!!!!!!!!」」
デデデ「五月蝿いゾイ!!!!!!お前らは1回で済むから良いゾイ!!!!!!」
ルキナ「私達は全部食べなきゃいけないんですよ!?!?!?」
クロム「3回死ぬんだぞ!?!?!?3回!!!!!!!!絶望しかない俺らの立場を考えろよ!?!?!?!?」
ピーチ「は?私なんて2回目なんだけど!?!?!?前々回で4回死にかけた私の身にもなってみなさいよ!!!!!!!!!!」
W683「それを言うなら俺なんて前回もポプテピスライムとくそみそハザードの餌食になったんだぞ!?!?!?」
リンク「もっと言えば俺なんて他の世界でも固定審査員だぞ!?!?!?それに比べりゃお前らなんてまだマシな方だろうが!!!!!!!!!!」
一同「「サーセンっしたァァァァァァ!!!!!!!!!!!!!!!!」」←ジャンピング焼き土下座
W683「あっそうだ。今回の固定審査員はやべぇぞ?全員マジ切れさせたらヤバい奴等だからな?」
一同「「What!?」」


そう、今回の固定審査員には共通点がある。まず一つにマジ切れさせちゃいかん奴等である事。リンクに関しては制裁班リーダーなので言わずもがな。ピーチとルキナも(一応は)一国の王女なので絶対的権力を持っている。更に、デデデとクロムはその上を行く大王・聖王なのでこれも言うまでもない。おまけにルキナ以外は全員メシウマ組なのでふざけた料理を作った奴は確実にアウト。もう一つは5人とも各世代のキャラに慕われているという事。リンクに関しては最早言わずもがな、ピーチ姫はDX組やマリオ達、更にゲーマー組からかなりリスペクトされており、もっと言えばキノピオ達のバックアップも付いている。デデデもプププランドの国民からの信頼もある他、悪役組の数少ないまとも枠の一人なのでリスペクトは当然。ルキナとクロムも(普段はふざけるものの)イーリス聖王国の国民からの信頼も厚い上に、ルキナに関しては覚醒子世代という心強い仲間もいる。


まあ此処まで言えばもう分かると思うが、結局何が言いたいかと言うと…


























W683「もしふざけたもん食わせたら、トライフォースラッシュとピーチブラッサム、マスクドデデデとクロム父娘の究極奥義を喰らうだけでなく、知恵姫とゲルド王、マリオ兄弟と星姫とキノコ王国国民、桃色球体と青色球体とプププランド国民、そして覚醒子世代と此処にいるFE組全員とイーリス聖王国国民とコイツら5人のファンの皆さんがフル装備フル武装でマジ切れ&一斉蜂起しかねないから真面目にやれ」
一同「「」」
固定審査員(マジかよ…;;;;)


まあ、そう言う事である。て言うかこれなんて恐怖政治だよ;;;;固定審査員でさえも困惑してるぞ、マジで。取り敢えず問題児共がやらかさなければ済む話なのだが、多分期待は出来ないだろうな…うん;;;



という訳で抽選会は終わり。この後は挑戦者18人の情報に移ります。感想はもうちょっと待ってね。

料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――準備編(8) ( No.755 )
日時: 2019/07/16 15:42
名前: W683

続き 挑戦者を見ても青ざめないように(ぇ)

《挑戦者のデータ》
※此処では今回の料理対決の挑戦者のデータをのせておきます。試食の際の参考までに。

(初代組):3人

・ヨッシー…マリオの相棒である心優しい恐竜。蜥蜴とかカメレオンではない(此処重要)。基本的にまともであり、ツッコミ組であり(人じゃないけど)常識人。でも、某所の自分は少し怖いと思ってたりする。本人曰く料理はあまり上手くはないらしいが、卵料理が得意だという。今回は麺料理なのでどう会わせていくかがポイントになるが…?☆3。

・フォックス…スタフォの遊撃狐。忘れてる人も居るかもしれないが一応温厚派裸族。但し、温厚派なのでTPOはちゃんと弁える。裸族でありながら裸族料理否定派。なので、裸族料理は絶対に作らない…のは良いが、まさかのミラクル枠であり普通に作っても油揚げを使った料理が出てくる。どうしてこうなった。☆4(味は☆5保証)。

・キャプテン・ファルコン…音速のレーサーであり、集金稼ぎ。他所みたいに裸族じゃないし変態でもないツッコミ枠。意外にも料理上手であり、初代組の面々からは「これぞ正に漢の料理」とも称されるレベル。系統としてはガッツリ系が得意らしく、今回もその路線で勝負するとか。☆4~5であり、大本命その1。


(DX組):3人

・ナナ…アイスクライマーの片割れの女子の方。クソガキメンバーの一員であり、常日頃からブラピ達と悪戯に勤しんでいる。相方のポポと同様、持ち前の氷結能力が暴発して凍ってるなんて事も…;;;まあ食えないなんて事はないし、ちゃんと反省するのでまだマシ。☆1~2。

・ファルコ…スタフォ組の雉。裸族であるフォックス、ギャグカオス組のウルフに対するツッコミ兼制裁を下すガチな意味での苦労人。某所の裸族の自分(温厚派だけど)の所為で裸族が嫌いになったとか。料理は基本的にしないが、唯一素麺だk…ゲフンゲフン、インスタントのアレンジ位なら出来るらしいが…?☆2~3。

・マルス…アリティアの王子であり、数少ないまともなFEメンバーの一人。最近ではSPでの例の脳筋発言で話題になったが、基本的には常識人であり、腹黒でもない(此処重要)。女子力がそこそこあり、料理スキルもイケメンに相応しいレベルだとか。☆4。


(X組):4人

・ピット…某見た目は子供、頭脳は大人な声で定評のあるピュア天使。なので、彼に裸族なんて見せたら保護者が黙ってません。なのに、何故相方の黒い方はあんなクソガキなのか…(ドイヒー by ブラピ);;;;料理は今回が初めてであり、メシウマ組の指導の下でスキルアップを狙うようだ。☆3。

・ワリオ…ご存知W683サイドの裸族代表の下品末期色肥満ニンニク野郎(誇張表現ではない)。第1回目のアレを見れば分かる通り、425113%裸族料理をやらかす。しかも未だに反省の色もない時点でもうお察し。当然の事ながら贖罪レベル確定であり、結果発表が荒れるその1。当たり前だよなぁ?

・アイク…肉類大好きオタク団長。特技はオタ芸と剣術とオタ芸。先程も言ったが無類の肉好きであり、牛肉、豚肉、鶏肉は勿論、鹿や馬等のジビエや、牛の(ピー)でさえも大好物。どんだけ肉好きなんだ。当然ながらその肉好きは料理にも顕れており、肉料理なら☆4以上は確実(他なら☆3)。但し今回のメインは麺なのでどういう采配になるのか…?

・ウルフ…スタフォの狼旦那。柄が悪そうだが、実は意外にも笑い上戸でギャグカオス組。こう見えて実は彼女がいたりする(多分)。料理スキルは言わずもがな高く、極上料理四天王にも引けを取らないレベル。当然ながら☆5レベルは保証。大本命その2。と言うか今回はスタフォ勢全員出るんだよなぁ…。


(for組):4人

・Wii fitトレーナー…此処では「Fit姉さん」。常に健康を意識しているお方で、日課のヨガ、ジョギング、筋トレは欠かせない。実は密かにマックに恋を抱いていたりもする。当然食事も健康志向であり、料理する際も栄養バランスを考えた料理を作るので、(一部を除いて)かなり好評。☆4~5はほぼ確実で、大本命その3。

・ルフレ…イーリスの軍師先生。かなり頭脳派で真面目だが、まさかの隠れギャグカオス組。どうしてこうなった。料理の知識はあっても技術は全くなく、しかも能力(魔法?)が暴発して炭だったり焦げだったりになる。まあ普通に反省するし、某所の彼よりかは被害が少なくて済むので大目に見てあげて下さい。

・クラウド…FFシリーズからの勇者。背中に大剣を背負ってるのが特徴。他のfor組の面子の証言から察するにかがみんやりんりん先生、笹原先輩(野々花)並にヤバいポイズンクッカー。これはどう足掻いても絶望。まあ普通に作ってるし、ちゃんと反省もするので一応☆0止まり。

・ライラック…此処での女カムイであり、カムイの双子の姉。ギャグカオス組、裸族ファンという(ある意味)問題児だが、此処に来て料理面でも問題児である事が発覚。普通にやれば☆3レベルだが、砂糖だの蜂蜜だのをぶっかけて甘くしてしまうのでヤバい。結果発表が荒れるその2。


(SP組):4人

・リドリー…サムスのライバルである蜥蜴(のような何か)だが、現在はサムスとは和解している。人間の常識を知らないのか、料理自体しない上に、食えるもんなら何でもぶち込んで黒魔術でなんとかすればOK的な思考で確実にヤバいのが出来る。しかも自覚なし。☆0以下であり、結果発表が荒れるその3。因みにダークサムスもポイズン枠なので、メトロイド勢全員がポイズンクッカーである事が発覚してしまった(ICBM投下)。

・シモン・ベルモンド…魔王城ドラキュラの主人公。見た目は完全におっさんだが、こう見えて料理スキルが高い。得意料理はドイツ・オーストリアの家庭料理らしい。何気に今回のSP勢で唯一まともに食える料理が出てくる保証あり。☆5レベルで、大本命その4。因みに相方のリヒターはガチのポイズン枠(反省はする)。

・キングクルール…ドンキーの宿敵のデブワニ野郎。ギャグカオス組であり、他所に裸族の自分が3人もいようとも全く気にしない。コイツも料理なんて全くしない上に無神経に激辛調味料をぶち込んで激辛料理を平気で作るので、かなり危険。頼むから激辛は自重しろ。結果発表が荒れるその4。

・デイジー…ピーチのダッシュファイターとして参戦したお転婆王女。残念ながら此処では裸族として覚醒してしまい、ピーチ姫の悩みの種と化した。当然ながらコイツも裸族なので確実にアレをやらかす可能性大。ハズレ確定、☆0以下確定。結果発表が荒れるその5。


一応18人全員のデータを出しましたが、一部分かりにくい部分もあると思います。その際は料理の特徴や審査員達のコメント等がヒントとなるのでそこも見逃さないように。



一先ずこれで準備編は終わり。次回から試食に入ります。尚、毎度の事ですが試食の際はくれぐれも自己責任でお願いします。


《お仕置きについて》
今回もお仕置きを受け付けますが、仕置きに関しては"全部の料理の試食が終わった後"で受け付けますのでお気をつけ下さい。尚、フルボッコ系、暴力系のお仕置きは此方では一切受け付けませんので十分ご注意下さい。



感想があればどうぞ。