二次創作小説(新・総合)

料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――第6章(1) ( No.846 )
日時: 2019/10/25 21:15
名前: W683

大惨事・大波乱不可避の第3回料理対決、いよいよ今回で試食は終了です。尚、前回の13番は案の定色んな所から反響が来ました;;;「料理が人を喰らうなんて有り得ない」「まさか色んな意味で最強なあの人が出来るなんて思わなかった」と言った声が多く上がりましたOTL少なくとも13番はまだ反省するのが救いだが、此処まで大きな被害が出るとは思いませんでしたよ、マジで。残るは殆どメシウマだからやっと安心出来るが…???


《前書きde小ネタ》「此方の裸族の裸族化の理由まとめ」


・ワリオ・スネーク:大半の作者さんの所とほぼ同じ
・ロイ:スマブラXでリストラされた為かforで再度登場出来るようアピールする為に裸族化
・デイジー:長らくスマブラに参戦出来なかった(しかもロゼッタに先を越された)上に、自分の知り合いであるピーチばかりがチヤホラされてるのに嫌気が差したので、裸族になってアピールすれば参戦出来ると思い裸族化
・フォックス:借金まみれの生活から脱出すべく金儲けの為に裸族化
・烈:鈴花にアピールする(因みに此方の烈の恋人は鈴花)も大牙に邪魔されまくった為、それを阻止すべく裸族化
・ロッソ・ビアンコ・ヘルマン:ただ単に金が欲しい為に裸族化
・こなた:偶々ネットサーフィンしてたら裸族の動画を見つけ、その素晴らしさに感動し裸族化
・みさお:こなたに誘われ裸族化
・レトリー:シアンに自分の思いを伝えられないと悩んでいたところ、りゅーとさんの所の自分が裸族であることを知り、自分も裸族になればシアンとラブラブになれると思い裸族化
・ジャクリン・コリエンテ:元々面白い事が好きだったからか、偶々見に行った裸族の裸イブを見て感動し裸族化
・ほむら:レトリーと同様、まどかが好きすぎるあまり自分のありのままの姿で接すればまどかとの愛が深まると思い裸族化
・エレナ:元から女好きの変態だったが、どうせなら自分の素肌で大好きな女子達と触れ合いたいと思い裸族化
・美知留:オタク友達から裸族についての紹介を受け、新たなオタクファッションだと勘違いし、便乗する形で裸族化
・麗巳:元々露出する事に抵抗がなかった上に、裸になれば大会での勝率が上がると思い、何の躊躇いもなく裸族化



ワリオ「因みにだが俺らの影響で裸族に改心した奴等は割とリアル世界でも待遇が良くなったらしいからな」
スネーク「俺もforでリストラされたが、SPで歴代キャラ全員参戦と聞いて復活出来ると感じた時の感動は忘れられないな…」
デイジー「アタシだって今までずっと色変え扱いだったり、アシストフィギュアでしか出れなかったりしたけど、まさか最新作で出れるとは思わなかったヨ。しかもドクマリのスマホゲーでもガチの医者として出てるし、公式でも扱いが良くなったなーって感じる事はあるネ」
レトリー「それはそれで良かったんじゃない?そうなったら何時かはボクとシアンの薄い本がジャンジャン出るんじゃ…ハァハァ…」
チュチュ「あのー?アンゼリカさん?またあの馬鹿4人が良からぬ事を企んでるので〆ても宜しいですかしら?」


…因みによく聞かれるのが「此方サイドのデイジーを見たら他の世界のルイージがどんな反応をするか」という事ですが…まあ此方サイドの場合だとショックを受ける位で済むでしょうが、他のお仕置き班の所(特に某ルイーザ様)だと容赦なく潰しに行くでしょうね…;;;兎に角マリオ達よ、強く生きろ…



という訳でルール確認!!



《役割》
・司会:イカボーイ、イカガール、ジョーカー
・審査員:W683、リンク、ピーチ、デデデ、ルキナ、クロム+α
・挑戦者:ヨッシー、フォックス、ファルコン、ナナ、ファルコ、マルス、ピット、ワリオ、アイク、ウルフ、Fit、ルフレ、クラウド、ライラック、リドリー、シモン、クルール、デイジー 以上18名
・救援:ドクター、ヴァイス、アーベル、氷海、冷弥、凍子、山形まり花、霜月凛、他世界の救援の皆様

《ルール》
・今回のテーマは『麺料理』。
・準備期間は1週間、予算として5000円支給される(材料や調理器具の持参も可)。
・1週間後に料理バトルが開始され、審査員全員が試食して評価。個人評価を元に総合評価を出す。
・総合評価の最も良かった挑戦者には参加賞のエレメントダイヤと共に管理者サイドから欲しいものをプレゼント。
・評価が最も悪かった挑戦者には、キツいお仕置きが…

《注意点》
・麺料理なら饂飩うどん、蕎麦、ラーメン、スパゲティ等何でもOK。但し今回は安全の為、麺用自動販売機の物を用いる事。
・スマブラ屋敷の敷地内にある野菜や果物等は使用可能。但し、誤食や食中毒防止のために確認すること。
・当日に何かのトラブルの発生や材料の追加をする場合は申告すること。時間内に戻ればセーフであるが、調理の時間や火の元には十分注意すること。
・能力や魔法を使う際は限度を弁えること。
・買い物の際に出たレシートはとっておき、司会から出すように指示された際には提出すること。
・レトルト食品等、市販品を麺の上に掛けても良いが、最低限のアレンジをすること(そのまま出した場合は不正行為と見なす)。
・他の挑戦者の妨害をしたり、市販品を出したり、予算を不正に使ったりするなどの不正行為をした場合は強制失格。お仕置き確定となる。
・トラウマを再現したり、ふざけた真似をした者にはどぎついお仕置きを課す。余計な事はすんな。

《評価》
※個人結果から総合結果が出される。料理が出される順番は籤で決まっており、誰が作ったかは分からない。
☆5:正に天晴れなプロ級の料理。金払ってでも毎日食いたい!!
☆4:レシピに忠実な部分はあるものの自分なりのアレンジが出来ており旨い。
☆3:割と普通に作っている。所謂合格ライン。
☆2:ちゃんとやってるつもりでも致命的なミスが目立つ。でもまだまだ延びしろアリ。
☆1:一生懸命さは十分伝わるから、周りから色々教わって精進してくれ。


クロム「評価の種類が減ったんですがそれは…」
W683「まあ面子が面子やし、そんな大惨事も起こらんから減らしただけだぞ」
ピーチ「そうなのね。と言うか毎回こんな感じのレパートリーなら此方だって苦労しないけどね…;;;」



いよいよラストスパート!! 感想はまだ。

料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――第6章(2) ( No.847 )
日時: 2019/10/25 21:16
名前: W683

続き

心実「急遽来て欲しいとの事で来たんですけど、やっぱり恐れていた事が…」
ドクター「おお来てくれたか。先ずは其処にいる審査員の方の治療が優先だ!!」
孝太郎(クラス)「心拍数は大分安定してきた…後は意識を取り戻せば…」
エリーゼ(アーク)「まさか此処まで大掛かりな治療になるなんて思わなかった…;;;」
リク(桜木)「持って来た物資も殆ど使い倒しましたからね…;;;」
ロラン(ゆめひめ)「まさか人を喰らうクトゥルフが出来るなんて誰も思いませんよ;;;」
アズール(ノア)「自分が食べられるなんて考えただけでも鳥肌が立ちますよ…((((;゜Д゜)))」
てゐ(みゐ狐)「しかも此方にもあの最強さんが来たんだよね;;;まあ勇儀さんが何とかしてくれたらしいけど」
一同「「えっ!?!?そっちにも来ちゃったの!?!?」」


13番の作った歩く死亡フラグによる騒動からかれこれ3時間位経って、審査員達の容態も安定してきた事に医療班は安堵。まだ意識が回復していないが、その内回復すると信じ、その場で辛抱強く見守る事に。因みにあの最強さん、やはりと言うべきか他のサイドにも現れて多くのキャラ達を魂消させ、メシマズ料理の餌食になったのは言うまでもない。


クッパ「さっきから騒がしいが…何があったんだ?」
マリオ「多分またクトゥルフ騒動なんじゃないか?て言うかアレよりヤバいのを喰らった人がいたのか…」
ドンキー「一瞬川の向こうに俺の曾爺ちゃんが手を振ってるのが見えたぞ…」
ゲッコウガ「拙者の知らぬ間にこのような事が起きていたとは…;;;気絶していたばかりに力になれなかったのは非常に申し訳ない;;;」
ルイージ「いや、君は悪くないよ;;;て言うか僕とクッパの被害率が…;;;」
ロゼッタ「そう言えば貴方達は第1回目でも医務室送りでしたものね…」
マリオ「その件はホントにすまない…OTL」


一方医務室の一角では問題児共の料理の犠牲になったファイター達が治療を終えて休息していた。幸い彼らは最強さんの餌食にはならなかったが、別の被害を被っているので彼らも別の意味で結果発表が楽しみな様だ。


まり花「そうだ!!あのねあのね、差し入れが来たから遠慮なく食べて!!」
カムイ「後2番と7番と11番の料理もあるみたいだから医務室にいる人に食べて欲しいって」
クッパ「これは有り難い…遠慮なく頂くぞ…」
ガノン「あの愚か者の所為で何も食べてなかっただけに余計に美味く感じるな…」
ソニック「暫くsweetな物なんて食いたくないが…これは全然食えるな」


そんな彼らにも差し入れが来ており(NO@Hさんからハーブティーとスティッキー・トフィー・プティング、その他残っていた差し入れ用物資)、更には2番と7番と11番の料理も犠牲者向けに振る舞われた。その一方で…


カービィs(W683&クラス&ゆめひめ)&Wチコ(W683&ゆめひめ)&ツキノ「「モッシャモッシャモッシャモッシャモッシャモッシャ…」」
一同「「えぇ…(困惑)」」
カービィ「うーん…あんまり美味しくないね」
カービィ(ゆめひめ)「全然味がないのだ…」
カービィ(クラス)「吸い込みたいけど大き過ぎて吸い込めないのがね…」
ツキノ「やっぱり美味しくないのー…」
ロゼッタ「まあそうなりますよね…;;;」
ジャクリン「いや普通にこんなゲテモノ食べるもんじゃないやろ…;;;改めて鉄の胃袋って怖いなぁ…」


ポイズン&クトゥルフ処理班達であの歩く死亡フラグを胃袋に納めてました。まあ流石に元がクトゥルフだし食べても美味くは感じないわな、うん。因みに此方サイドのカービィも裸族のアレに巻き込まれましたが、他の+α審査員よりも早く回復してご覧の通り下手物処理に回りました(序でに残ってた問題作も処理しました。言わずもがな感想は不味いとの事だったが)。


シェゾ(クラス)「ある意味カービィを連れてきて正解だったな…」
チルノ(みゐ狐)「少なくとも処理班はいた方が絶対良いよね;;;そう言えばさっきから乱闘部屋が騒がしいけど…」
優衣(桜木)「多分此方のソニック達が手合わせしてるからだと思います…」
奥田(クラス)「此方もマミさん達がマジ切れしてましたからね…後、さやかさんもあっちに向かったとか…」
一同(嗚呼…何となく察した…)


これは結果発表は血祭り不可避だな…マジで。一同は医務室で暫し休憩を取ることに。



続くんですけどー?

料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――第6章(3) ( No.848 )
日時: 2019/10/25 21:17
名前: W683

続き

右手「取り敢えず再生能力で直せる所までは直した…ただまだ不完全な部分があるからな…」
ゲオルグ「それなら俺に任せろ。こう言う大工仕事は手慣れてるからな」
左手「それは有り難いな。おい馬鹿神、お前も手伝え」
MZD「へいへい。にしても13番は何やらかしたんだよ;;;料理が人食うなんて普通に考えて有り得ないだろ」
キース「此方にも出来る事があれば言って欲しい。折角の立派なお屋敷がこの様じゃどうしようもないからな」
フランシス「その他諸々の設備は此方で見るよ。申し訳ないが、取り敢えず13番は後で説教だな…」


最強さん(と裸族共のアレ)によって壊滅状態と化した屋敷も両手と音楽神と団長、白黒の薔薇兄弟によってほぼほぼ使える状態にまで修復した。これで漸く料理対決が再開出来る状態になった所で、休憩していた司会が会場の方へ向かった。


イカガール「やっと再開ね…ホントにしんどかったわ…」
イカボーイ「でも残ってるのは安全な物ばっかだろ?安心出来るに越した事はないからな…」
ジョーカー「それもそうだよね。取り敢えず先に審査員が行ってるらしいから僕達も会場h…」













W683「うぃいいいいいいいいいいい↑っす!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!どうも~s○amuでーーーーーーーーーーっす!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
リンク「コーンギョォォォォォー!!!!コンギョォォォォォ!!!!コンギョッガップロォォォォォー!!!!!!!!!!!! チャングンニムィィィィィィーヒョンミョンッバンッシグンー!!!!!!!!!!!!」 
ピーチ「オーラ↑オ↓ラ↑カ↓ネ↑カーエセー!!!!オー↓ラ↑オ↑ラ↓カ↑ネ↓カーエセー!!!!オーラ↑オ↓ラ↑カ↓ネ↑カーエセー!!!!」
デデデ「ブー↑リ↓ブ↑リ↓ブリブリュリュリュリュリュリュュュュュー!!!!!! 
ブー↓ツ↑チ↓チ↑ブー↓ブ↑チチチブリリィィリブッブッブルルルトゥトゥトゥ!!!!!!!!!!」
ルキナ「尊師ィ~♪尊師ィ~♪尊師尊師尊師ィ~♪ア↑○↓○↑ラ↓尊師ィィィィィィ~♪」
クロム「オイ(禁則事項)YO!!!!!!ナンデYO!!!!!!!!!!ナンデオレヲダマシタンダヨォォォォォォォォォォ!?!?!?!?!?!?!!↑↑↑↑↑↑↑」
ジョーカー「全然大丈夫じゃなかったぁぁぁぁぁぁぁ!?!?!?!?!?先ず作者とクロムは某大物Youtuberの語録を使うなぁぁぁぁぁぁぁぁ!?!?!?!?!?」
イカボーイ「リンクのは某北の国の歌だよね!?!?!?!?そんでもってデデデ大王は色んな意味でアウトォォォォォォォォ!!!!!!!!!!!!」
イカガール「ピーチ姫もヨ○バ○カメラの歌でアウトな替え歌歌わないで!?!?!?!?序でにルキナのは完全に検閲に引っ掛かかってるからね!?!?!?!?!?!?」


なんじゃこりゃぁぁぁぁぁぁぁ!?!?!?!?!?治ったと思ったらやっぱり副作用じゃねぇか!?!?!?!?!?医療班もう一回治療しろォォォォォォォォォォ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



※暫くお待ち下さい…



W683「やっと治った…て言うか何で某無職の語録言ってたんだよ畜生OTL」
リンク「ヤバい…;;;北の国チキンレースしてしまってた…OTL」
ピーチ「私なんて完全に脅迫じゃない;;;何かごめん…」
デデデ「何でワシはあんな汚い歌歌ってたかゾイ…;;;」
ルキナ「色んな意味でポアされるところでした…本当に;;;」
クロム「ネカマに釣られた訳でもないのに使っちまうとは…やってしまったなOTL」
ジョーカー「取り敢えず差し入れ食べて落ち着いて;;;」


狂気状態から回復した固定審査員は運ばれてきた差し入れで口直しとリフレッシュを行う。そして適当に口直しした所で最後の+α審査員を決める…


イカボーイ「何とか治ったな…よし、残りの+α決めるぜ!!」
イカガール「此処からは安全に食べれるから大丈夫だよ!!!!せーの…」



14:バンジョー、カズーイ
15:リヒター、アルス
16:ポポ、ソロ
17:ケン、エイト
18:サムス、イレブン



バンジョー「やっと出番が来たっぽいね」
カズーイ「まあウチ的には美味しいのなら何でも良いって感じ~?」
リヒター「安心して食べれるのは有り難いな」
アルス「正直あの化け物倒したら腹が減ってきたな~」
ポポ「医務室送りになる心配はしなくて良いっぽいよ?」
ソロ「そりゃオレだって一緒だからな?」
ケン「問題児は全て出尽くしたか…」
エイト「そ…そうだね…;;;(料理対決ってこんなに決死の戦いなのか…)」
サムス「最後ぐらい美味しい物食べて終わりたいわね」
イレブン「勿論ですとも」



さあ残り5品一気に出しますよ~

料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――第6章(4) ( No.849 )
日時: 2019/10/25 21:18
名前: W683

続き

《14番》

バンジョー「此処からは安心して食べれるんだよね?」
カズーイ「それっぽい感じー。まあ生きて帰れるだけラッキーって奴じゃん?」


14番の+α審査員はついこの前解禁された熊っぽい奴と鳥っぽい奴のコンビ…だが、その擬人化姿はダックハントの時の如く、面影もクソもない外見になっており(バンジョーは8頭身ムキムキマッチョの超絶イケメンダンディー、カズーイは2000年代のコギャルっぽい出で立ちに)、やはり見た目だけでは誰お前って状態だ。


リンク「やっぱ擬人化って凄いよな。此処まで劇的に変わるんだからよ」
デデデ「ワシなんて残ってるのはおっさん要素とマント位だゾイ。体型も此処までスリルになるなんて誰が思ったか…」
カズーイ「そう言えば此方の世界に来る時にさぁ~『人間の姿で生活して貰う』って言われたんだよね~。やっぱ擬人化じゃないとヤバいって感じ~?」
クロム「リアルの作者に聞いて、どうぞ」


まあメタな事言うと、擬人化した方が生活する上での最低限の条件が揃えられるし、そっちの方が書いてる此方も楽だからな?(by リアルの作者)まあそんなこんなで役者は揃った。後は14番の料理を待つだけだ。


バンジョー「まあこの姿は気に入ってるから別に問題はないけどね」
ジョーカー「そうか、それなら良いんだけど。よし、14番の料理持って来るよ」
W683「あっそうだ。此処からは問題作は出て来ないから安心して良いぞ」


運ばれて来た14番の料理は…


ピーチ「これは…美味しそうね」
ルキナ「はぇ~見た感じはカルボナーラですね~」
クロム「見た目は普通だよな…美味いけど」
W683「俺が好きな奴やん。美味い」


14番の料理は普通のカルボナーラの様だ。特にそれと言った特徴は無さそうだが…


リンク「そう言えばこの温泉卵…黄身の色が濃いな…」
バンジョー「言われてみれば確かに普通のよりは濃いねぇ」
デデデ「と言う事は卵に拘りのある奴が作った感じゾイ」
ピーチ「卵に拘り…なるほど…!!!!」
カズーイ「ん~?誰か分かったっぽい~?」
ルキナ「何となくですけど…(14番)さんじゃないですか?」
イカボーイ「あー確かに卵に妙な拘りありそうだもんな」
W683「しかも俺の好物に合わせて来た辺り、やっぱ頭脳派だよな」
イカガール「確かにカルボナーラに卵ってよく合うもんね」


14番が誰か分かった所で評価に移る…



14番の総合評価:☆4

W683の評価:☆5
メインのパスタはまあ普通だけど、トッピングの温泉卵にお前の拘りが出てて良かった。カルボナーラは俺が好きな奴だし、それに卵というコンテンツを絡めて来たのはやっぱりお前なりに色々考えたんだろうな。また作ってくれないか?

リンクの評価:☆4
卵に合う麺料理は沢山あるが、その中の中でパスタを選んだり、クリーム系にしたのは高評価。しかも卵にも拘りが有ってお前のアイデンティティが感じられた。味は普通でもこう言ったアレンジが出来れば文句無しで評価は上がるからな。

ピーチの評価:☆4
やっぱり卵と言えば(14番)ね。クリーム系パスタは私達みたいな女子にも好評だし、作者も好きみたいだからこれはこれで良かったんじゃないかしら?出来たら医務室にいるマリオ達にも持って行ってあげたら?喜んで食べてくれると思うわ!!

デデデの評価:☆4
スパゲティの方はまあ普通って感じだが、温泉卵はお前さんの拘りが出てて良かったゾイ。普通の料理でも自分なりのアレンジがあれば評価は上がるからな。その調子で頑張るゾイ。ハッキリ言ってあの馬鹿ニンニクとは大違いゾイ。

ルキナの評価:☆4
カルボナーラは私も好きですし、其処に14番さんのアイデンティティである卵を加えたのは十分に評価出来ますよ。味は在り来たりな感じもありますけどアレンジ一つで此処まで変わる物なんですね。取り敢えず問題児の皆さんは14番さんを見習って欲しいです…;;;

クロムの評価:☆4
カルボナーラ特有のクリームとチーズの香りも感じつつ、お前の得意分野である卵を絡めたのは文句無し。普通に作った上でアレンジも加えられれば十分美味いからな。是非とも犠牲になった奴等にも持って行ってやれ。前半の問題児共は14番を見習えよクソが。

バンジョーの評価:☆4
クリーム系ってコッテリしたイメージがあるけどこれは其処まで気にならないね。温泉卵は君が自分で卵を選んで、良い塩梅に作ったのが分かる。一つ注文を付けるなら胡椒とかでアクセントを付けるのも良いかもね。まあ頑張ってくれ。

カズーイの評価:☆4
やっぱ卵って言ったら(14番)ってイメージあったから直ぐに分かっちゃったかな~。まあ普通に美味しいし、卵もスペシャル感って感じのアレがあって良かったんじゃない?ウチらみたいなギャルっ娘達も好きそうって感じもあったし、ある意味万人受けするかもね~。



ジョーカー「今思ったんだけどあの2人パッと見歳の差ありそうだけど、乱闘の時とかは息ピッタリなのかな…?」
クロム「正直風俗か何かかと思ったz…」
リンク「そ れ は 言 っ た ら ダ メ な 奴 だ」



感想はまだ。

料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――第6章(5) ( No.850 )
日時: 2019/10/25 21:19
名前: W683

続き

《15番》

リヒター「問題児がいないのは此方としても安心出来るな」
アルス「嗚呼…此処まででとんでもなくヤバいのが大量に出たもんな…」


次の+α審査員は青い魔王城討伐者ヴァンパイア・ハンターとDQ3の勇者の2人。下手物が出る事はないが、どんな料理が出てくるのかはまだ彼らにも分からない。


リンク「そう言えばお前らあのデカブツ討伐に加わったらしいな?」
アルス「そりゃもう命辛々だったからなぁ;;;」
リヒター「しかもまともに攻撃しても無傷ってヤバすぎるだろ…」
ルキナ「しかも彼を引いたのは私ですし…ホントにごめんなさい…」


実を言うと+αの2人も最強さん退治に参戦してたもんな…;;;改めてクトゥルフ料理のヤバさを実感しましたよ、マジで。


イカボーイ「アレは一生思い出したくもない…まあ気を取り直して15番の試食だ!!」
イカガール「まだまだ美味しいのはあるからね」


さて、15番の料理は…


クロム「ん?これは…高級イタリアンか何か?」
W683「これは…どれ位するんだ…?」


唖然とする審査員達の前に現れたのは馬鈴薯ジャガイモとベーコン、バジルが乗ったジェノベーゼと3~4切れのパンが。バジルの芳醇な香りと見た目も美しい盛り付けは正に高級イタリアンに来たかのような雰囲気を醸し出している…。


ジョーカー「美味しそうだね…そう言えば15番から伝言で「この前作ったジャーマンポテトにちょっとアレンジを施してみた。味にデジャブを感じるかもしれないが其処は大目に見てくれ。それとさっきのアレで苦戦したと聞いて急遽パンを焼いた。残ったソースに絡めるなりして食べてくれ。評価には加えなくても良いぞ」…だって」
リンク「これは大当たり確定だな。しかも残り物で作ったなんて思えねぇよ!!」
デデデ「見てくれも立派ゾイ。しかもパンまで用意してくれたのは有り難いゾイ」
リヒター「なるほど…流石は(15番)だな。あのジャーマンポテトは美味かったからな…」
ピーチ「これは間違いなくインスタ映えしそうね!!」
ルキナ「もう何から何まで完璧じゃないですか!!タダで食べて良いんですか?」
アルス「正直食べるのが勿体無いけど…頂きます!!」


名残惜しみつつも試食していく。味は勿論の事、食べやすさもあってこれは間違いなく高評価だろう。


クロム「元のスパイスが上手く活かせてるのが分かるな」
ピーチ「ソースがパスタに良い感じに絡んでて美味しいわ!!」
リンク「残ったソースにパンを浸けて食べるのも無駄が無くて良いな」
W683「正直言うとお代わりが欲しいな…せめてパンだけでも…!!!!」


残念ながらお代わりなんて物はなく、完食したら待っているのは評価用紙だ…。



15番の総合評価:☆5

W683の評価:☆5
残り物を上手く活用して店に出せるレベルに仕上げるのは中々レベルが高そうだけど、其処はやっぱお前の料理スキルが為せる技って所だな。そんでもって見た目でも楽しめるっていう点では高評価以外に付けようがないな。パンも追加とは言え、残ったソースを活かせるように計算したのがよく分かる。食材を無駄にしないその心掛けは俺らも見習わなアカンな…。

リンクの評価:☆5
この前のジャーマンポテトをジェノベーゼにアレンジしたのか…にしても残ったおかずがまさかこんな高級イタリアンレベルに生まれ変わるなんて思ってなかった…;;;お前の料理に対する思いの強さを感じられた一品で、追加のパンもその表れだろうな。出来たら打ち上げの時にでも出したらどうだ?おい5番と10番、お前らも見習えやクソが。

ピーチの評価:☆5
残り物のアレンジ自体はよくあるけど、実際これをパッと出されても残り物から作ったなんて到底思えないレベルの仕上がりね。しかも見た目にも気を使って美味しそうに見せる辺り、伊達に料理してないのが分かったわ。あのパンもソースまで残さずに食べて欲しいという思いが表れてたし、正に「料理のあるべき姿」を体現してたと言っても過言ではないわね。前半の問題児達はせめて15番の料理に対する考え方だけでも見習ってくれる?

デデデの評価:☆5
出された時は「何処の高級イタリアンの料理だ?」って目を疑ったが、まさか残り物から作ってたとは…;;;こりゃ一本取られたゾイ。味も見た目も文句無しで、おまけにパンのサービスとは…お前さんこそが料理人の鑑だと思ったゾイ。これは是非とも城にいるワドルディ達の食事にも取り入れたい次第だゾイ。良ければレシピを教えて欲しいゾイ。

ルキナの評価:☆5
一瞬だけ何処かの高級イタリアンで出される料理かと思いましたが、その正体を知って2度驚きました;;;残りがちなおかずをアレンジしたとは言え、彼処までハイレベルな一品が出来るなんて想像も付きませんでしたから…。それにあのパンも即席の割には残ったソースを活用する事を前提としてる辺り食材を無駄にしない精神が込められているようにも感じました。私達も見習うべきですね。

クロムの評価:☆5
あの本格イタリアンにも引けを取らないレベルの料理がまさかの残り物のアレンジだったとはな…;;;味は言うまでもなく美味いし、見た目も間違いなくインスタ映えするしfavも大量だろうな。追加のパンは残ったソースの有効活用で2度楽しめるとあって、食べる奴らの事も考えてくれてたんだな…。正直これをタダで食うのが申し訳なく思えてきた;;;是非とも皆に振る舞ってやれ。

リヒターの評価:☆5
元があのジャーマンポテトだと知って目から鱗が出そうになった。アレンジの仕方によってどんな料理にも化けるんだから料理っていうのは奥が深いな…。後あのパンもお前が焼いたのか?即席だったから大変だったと思うが、その分お前の料理に対する拘り様が感じられたぞ。俺は料理に関しては壊滅的処ではないから、暫くはお前に頼りっぱなしになるかもな。まあその分は俺もサポートするから今はゆっくり休んでくれ。

アルスの評価:☆5
まさか残り物のおかずからあんな高級イタリアンで出るような奴が出来るなんて…やっぱりお前は只者じゃないな(誉め言葉)!!見た目が凄い綺麗だったから食べるのに躊躇いを感じたが、やっぱりそれ相応の美味さがあって正直金を払ってでも食いたいと思った。しかも追加でパンを出してくれたのは最後まで楽しんで欲しいという15番なりの思いがあったんだろうな…。出来たらまた作ってくれないか?喜んで食べるぜ。



アレンジ一つでこんなに変わる物なんです。 続く

料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――第6章(6) ( No.851 )
日時: 2019/10/25 21:20
名前: W683

続き

《16番》

ポポ「もうこんな時間か…次は僕の番だったね」
ソロ「致命的なハズレはないんだよな…?」


次に試食するのは氷の(クソガキ)登山家の少年とDQ4の緑髪の勇者。出てくる料理に期待しつつ入室する。


ソロ「もしかしてさっきのは大当たりだったのか?」
クロム「そうだよ(便乗)」
ポポ「まあまだ大当たりはあるし気にしなくても良いよね;;」
W683「大丈夫だ、お前らは少なくとも大丈夫だからな」
ジョーカー「そんな修羅場を潜ってきた人間みたいに言わなくても…って言っても潜ってきたか;;;」
デデデ「今思えば今回は色々あったな…」
ピーチ「開幕激辛に、連続でハズレ、果てには人を喰らうクトゥルフとかね…;;;」
リンク「しかもそれが☆0とかのコメントにも反映されるんだから怖いよなぁ…」


確かに今回は今まで以上にジェットコースター的な展開が多かった。よりによって前半に問題児が固まったのにはリアルの作者もガチでたまげましたOTLまあ最後に固まって来られるよりはまだマシなのかもしれないが。そんなこんなで16番の料理が出てきた…が…














審査員8人「「いやコレ凍ってるやん!!!!」」


出てきた16番の料理は何故か凍っており、とてもそのまま食べれる状態ではない。因みに16番が作ったのはざる饂飩らしく、ちゃんと麺汁めんつゆまで用意してある。


イカガール「あっ16番から伝言があるよ。「冷やす段階でミスしちゃった…OTL皆ごめんねOTL」…そっかぁ…能力が出ちゃったパターンか…」
イカボーイ「嗚呼…やっちまったなぁ…」
リンク「それよりコレどうやって食うんだよ?」
クロム「そこの緑の勇者なら何とかしてくれるんじゃねーの?」
W683「そう言えば炎属性の魔法使えたよな?」
ソロ「えっ!?オレが!?…まあやってみるけど…;;;」


DQ4の勇者が氷を溶かした所でやっと試食出来る状態に。早速試食するが…


デデデ「何と言うか…まだ冷たいゾイ…」
ルキナ「しかも水を吸っちゃってシャバシャバしてますよ…;;;」
ピーチ「しかも今みたいな時期だとちょっとね…(執筆時期:10月後半)」
ポポ「まあ僕も16番と同じだから人の事言えないけどね…」


氷が溶けて出来た水を饂飩が吸ってしまい味も落ちてしまった。流石にコレは低評価は避けられないが、前半の問題児のような大惨事を起こってないし、悪気もなく反省もする。16番に申し訳ない気持ちになりながらも評価用紙に筆を入れる。



16番の総合評価:☆1

W683の評価:☆1
頑張ったのは伝わったけど凍ってるのはちょっとなぁ…;;;多分お前自身も分かってたと思うから俺からは何も言わない。取り敢えず怒らんから結果発表には来てくれ;;;;

リンクの評価:☆1
言わば6番の氷バージョンと言ったところだな。無難なチョイスにしたのは良いが、能力が制御出来れば評価は上がっただろうな。まあそれが一番難しい所なんだけどな;;;

ピーチの評価:☆1
凍ってさえなければ☆3はあげれたんだけど…;;;兎に角、能力は迂闊に使うものじゃないって事をよく覚えておきなさい。まあ自覚があるだけまだ救いはある方なのよね…;;;

デデデの評価:☆1
ざる饂飩とかざる蕎麦は冷やす作業で氷水とかを使ったりするが、その時に凍ってしまった感じが否めんゾイ;;;麺も水分でシャバシャバだからな;;;まあ次は其処に気を付けるゾイ。

ルキナの評価:☆1
6番さんみたいなミスをしてしまったんですね;;;慣れない内は能力はなるべく使わない方が良いと思いますよ。貴方自身も十分に反省してるでしょうから私達は責めませんよ。逆にやらかしてもちゃんと反省する6番さんや13番さん、16番さんを見習うべきだと思います…;;;

クロムの評価:☆1
コレも勿体無いぞ…;;;能力を使うなとは言わないが、暴発する可能性がある事も考慮に入れた上で使った方が良いぞ。それを除けば☆3は難くないから頑張ってくれ。まあコレでも前半の馬鹿共に比べりゃまだ可愛いもんだけどな。

ポポの評価:☆1
やっぱり能力が出ちゃったか…;;;人の事言える立場じゃないけどやっぱり食べるのは難しいかな…。まあ僕達は怒らないから結果発表には来てね。僕も出来る事なら掃除も調理講習にも付き合うから!!

ソロの評価:☆1
凍ってしまったのは仕方ないと言えば仕方ないけど、やっぱり普通に氷を使うなりして冷やすべきだったんじゃないか?まあオレも正直能力を制御出来るかって言われたら微妙だけどな…;;;



ジョーカー「何か6番とか16番みたいな致命的じゃないミスだったら怒ろうにも怒れないし、寧ろ許される範疇だと思ってしまうよね;;;」
リンク「そりゃあんだけ規格外の化け物が出来たり、反省しない馬鹿がやらかしまくてるんだから、そうなるのも無理ないよな…」
W683「自分でも思うけどやっぱ慣れって怖ぇなぁ…」
クロム「固定審査員3回経験した人間が言うんだから妙に説得力あるな」



16番は6番と同じタイプのミスです;;; 感想は待って下さいまし。

料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――第6章(7) ( No.852 )
日時: 2019/10/25 21:21
名前: W683

続き

《17番》

ケン「残り2品だけど大当たりは残ってるだろうか…?」
エイト「多分残ってるんじゃないですか?」


さてラスト2品となった17番の+α審査員は最強格闘家の片割れとDQ8の鉢巻き勇者。実はこの時点で残っているのは☆4以上確定なので残る4人の+α審査員は美味しい物にありつけるのだが…


W683「やっと来たか。まあ座ってくれ」
ルキナ「そう言えば残りの2品はどっちも大当たりですよね?」
ピーチ「まあ大当たりと言えば大当たりだけど…」
ケン&エイト(理由ワケありなんですね分かります)
イカガール「取り敢えず17番持ってくるね」


どっちが来るのか…。運ばれてきた17番の料理は…





















17番の料理:いなり寿司(爆弾投下)



審査員8人「「マ ジ か」」


すいません、麺料理の筈が何故か揚げに酢飯を入れたアレが出てきましたwwwwwww今回の面子の中にお題違反を故意にやらかす奴はいないが、心当りのある奴は1人いる。それは…


リンク「ミラクル枠と言えば完全にアイツしかいないな」
W683「しかも稲荷って時点で余裕で特定出来るしな」
デデデ「それでも食えるだけマシだゾイ」
ピーチ「そうよ、さっさと食べましょ」


と言うわけで17番のいなり寿司を食していく事に;;;


ケン「やっぱ美味いな。お摘まみ感覚で食えるのは良いよな」
ルキナ「まあ美味しいですよね。蕎麦とか饂飩とかと一緒に食べても美味しいと思いますけどね」
クロム「稲荷しかないやん!!どうしてくれんの?美味いけど」
W683「正直お前なら絶対言うと思ったけどなwwwwwwwまあ美味いよな」
エイト「まあ仕方ないか…;;;普通に美味しいし」



17番の総合評価:☆4

W683の評価:☆4
コレは完全にお前のだわな。正直蕎麦とかと一緒に食いたかったけど、コレばかりは仕方ない。そもそも普通に食えるってだけでも有り難いしな。

リンクの評価:☆4
そう言えばお前は昔からそうだったよな…。ある時はきつね饂飩が出来たりとか…;;;もしかしなくてもミラクル枠の中でも特殊な部類なんじゃないか?知らんけど。

ピーチの評価:☆4
最初は困惑したけど、まあ完全にあんたのだって確信したわ。でもミラクルで特定の部類しか出来ないのって言われてみれば珍しい気もするけど…?

デデデの評価:☆4
コレまた不思議な料理だゾイ。まさか普通に作っていなり寿司とは驚きしかないゾイ。逆にゲテモノが出来る心配がないという点ではメリットだとは思うが;;;

ルキナの評価:☆4
まさか此処で来るとは…;;;いなり寿司ですけど、普通に美味しく食べれて良いと思いますよ。でもお題から外れるのはちょっと戴けない部分ではありますがね;;;

クロムの評価:☆4
テーマからズレてるが、ミラクル体質ばかりは仕方ないから其処は気にするな。味は☆5レベル保証だから文句はないな。それにしてもミラクルって不思議だよなぁ?

ケンの評価:☆4
麺料理の筈が何でいなり寿司なのかは気になるが、味には全く問題ないからホントは☆5を付けたいところだが、ルールがルールだからコレで勘弁してくれ。て言うか何作ってもこうなるのか?

エイトの評価:☆4
テーマからは外れてるけど…美味しいと思う。それでも最高評価は難しいかな…?そう言えば狐と言えば厚揚げとかいなり寿司のイメージって何処から来たんだろうね?



イカボーイ「あっ、17番から伝言を預かってるが…「此方の馬鹿がやらかしたみたいですまなかったOTL」…って来てるぞ」
リンク「そう言えば17番もアイツらの一員だったな…」
クロム「まあ今回色んな意味で被害を被ってるのは裸族でも真面目にやってる17番とかだもんな…;;;気持ちは良く分かる」
ジョーカー「そ…それもそうだよね…;;;」



17番は…もう分かるよね? 感想はまだ。

料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――第6章(8) ( No.853 )
日時: 2019/10/25 21:22
名前: W683

続き

《18番》

W683「もう残り1品やし、振り返ってみるか」
リンク「そうだな。先ず1番はあのデブワニ…。初っ端から激辛兵器とかざけんな畜生。2番はマルス。彼処まで洒落たのは中々作れないな。3番はファルコ。素麺については触れてやるな;;;4番はあの蜥蜴野郎だな。何でモンスターなんかぶち込んだし」
ピーチ「で、5番は言うまでもなくあの馬鹿ね。私達の期待を台無しにして何がしたいのよ…!!!!6番はルフレ。まあアレはタイミングが悪かったかもしれないわね。7番はウルフ。彼の料理は文句なしの一品ね!!8番はピット君かしら?初めてにしては上出来ね」
デデデ「9番はカムイの片割れの方。甘ったるいのがこたえるゾイ…;;;;10番は言わずもがなワリオのアホだゾイ。彼奴あやつは前科があるのにやらかしよったからな…;;;11番はFit姐さん。あの後に来てくれたのは感謝しかないゾイ…」
ルキナ「ホントに彼女には助けられましたからね…。12番はアイクさんしかいませんね。量をもう少し考えて欲しかったです;;;13番はクラウドさん…。まさかあんな惨劇が起こるとは…;;;14番はヨッシーさんですね。卵への拘りで分かりました」
クロム「15番はシモン兄貴だな。残り物アレンジは良かったぞ。16番はナナっぽいな。凍ってるのは残念だったが。そして17番はどう考えても狐野郎だった…って、ん?」
W683「コレはもしかしなくても…」
















固定審査員「「やった!!!!!!!!ラストは大当たり確定だぁぁぁぁ!!!!!!!!!!」」
サムス「あら?随分と嬉しそうね」
イレブン「何かあったんですか?」
W683「喜べお前ら!!!!!!今回はハッピーエンドだ!!!!!!!!!!」
ピーチ「サムス!!貴方の彼氏は最高の救世主よ!!!!!!」
クロム「ラストポイズンじゃなくて済むんだ!!!!!!これ程嬉しい事はないぜ…!!!!!!!!!!!!」


そう、今回はラストで大当たりが来るのが確定したのだ!!!!!!過去2回共ラストで下手物が出ていただけに固定審査員一同大歓喜。丁度会場入りした宇宙の賞金稼ぎとDQ11の勇者も困惑するも、自分が大当たりの料理が食べられると分かったようだ。


サムス「つまり、私は『彼』の料理が食べられるって事よね?」
リンク「そうだ。どんな料理が出てくるのか楽しみだな」
ルキナ「もう待ちきれません!!」
デデデ「早く出すゾイ!!!!!!」
イレブン「そんなに焦らなくても…;;;」
イカボーイ「まあそうなるのも分からなくはないけどな;;;っつー訳で皆お待ちかねの18番、持って来るぞ!!!!!!」
イカガール「見て見て!!!!コレ凄くない!?!?!?!?」
ジョーカー「確かに…輝いて見える…!!!!!!」


ラストを飾る18番の料理は何と輝かしき物だった!!!!!!お椀には特製の太麺と特製ダレ、挽き肉に玉葱、ニラにナッツ、そしてその中央には卵の黄身が乗せられている。更に様々な調味料が別途用意されており、その側にある小さなお椀にはホカホカのご飯が。コレは間違いなくガッツリ系だが、審査員達の事も考慮に入れられており評価は高く出そうだ。


ジョーカー「18番から伝言があるよ。「この『台湾混ぜそば』は好きなようにして食べても良いが、お勧めは先ずそのまま混ぜてから食べて、ある程度食べた所で用意した調味料を使って味変、そして最後に残った具材にご飯をぶち込んで一緒に食べるのが良いぞ。後、辛いのが苦手な奴の為に温泉卵を用意しておいた。味がマイルドになるから是非使ってくれ」との事らしい」
クロム「マジか!!コイツは本物のラーメン好きかもな」
ルキナ「盛り付けも綺麗ですね~。写真に収めない訳にはいかないですね」
リンク「しかも個人の好みに合わせて調味料まで用意したのか…凄いな」
ピーチ「なんか食べるのが勿体無いような気もするけど…せめてインスタに上げるだけでも…!!!!!!」


早く食べてくれと言わんばかりに目の前の輝かしき料理に一同興奮状態。そして一部の面子が写真に納めた所で箸を持って一斉に食べ始めた。


デデデ「美味いゾイ!!!!!!タレと麺の絡み具合がベストマッチだゾイ!!!!!!!!!!」
サムス「何か不思議と箸が進むわね…。私は割とそのままでもイケるかしら」
イレブン「僕はこの温泉卵を使いましょうかね。確かに味がマイルドになりました!!」
W683「よし、俺は味変するぞ~!!!!!!やっぱ王道を往く…酢だな!!!!」
クロム「だったら俺は…もうちょっとスパイスを入れるぞ~!!!!おっ…美味ぇなぁ~!!!!!!!!!!!!!!」
リンク「相変わらず食うの早ぇなこの2人は…;;;」
ピーチ「量もそんなに多くないから食べやすいわね!!」
ルキナ「私もこれ位が丁度良いですね」
W683「最後に追い飯で〆だ!!!!!!!!!!やっぱ美味いな!!!!!!!!」
クロム「俺は食い終わったぞ!!!!!!所で替え玉とかはないのか?」
一同「「ないです」」
クロム「悲しいなぁ…」


ラストのラストで審査員の好みに合わせた究極の料理が出た事に一同大満足。そして、全員が箸をペンに持ち替えて評価用紙に筆を走らせた。



18番の総合評価:☆5

W683の評価:☆5
ラストで最高の逸品を有難う。これぞ正に漢の料理って感じがしてて良かったと思うぞ。混ぜそばは毎日でも食いたい位に美味いし飽きない。しかも俺らに色んな調味料をチョイスさせてくれるのもまた食べるという楽しみを損なわない工夫がされてるのが良く分かるし、何より自分の好みに合わせられるという点では最高の選択だと思う。お前が作る料理なら大金叩いてでも食いに行くかもしれんな。次も期待してるぞ。

リンクの評価:☆5
最後の最後でこんな輝いて見える料理が出てくるとはな…;;;トッピングと調味料を用意してくれたのは俺らに対する気遣いもあるし、何より辛いのが苦手な奴らにも親切なやり方だな。そして見た目にも拘ってて、正直言うと金払わずに食うのは失礼だと思った。昔からお前は料理の才能が抜きん出てたが、今回は更に進化してるようにも思えた。是非とも初代組の面々にもこの料理を振る舞ってやってくれ。

ピーチの評価:☆5
漢らしい見た目に相応しい料理って感じだけど、それでも皆が食べやすいように別個に調味料を用意したり、辛いのが苦手な子達にも配慮がされててホントに素晴らしいわ!!!!味も見た目も間違いなく100点満点中の100点だし、お金を払ってでも食べたいわね。初代組はガッツリ食べたいって人も多いから、貴方の料理はそういう意味ではピッタリなんじゃないかしら?これからも頑張って美味しい料理を作ってあげなさいね!!

デデデの評価:☆5
お前さんの見た目と豪快さが表れた最高の一品だゾイ。中太麺とラー油ベースのタレが丁度良い塩梅に絡まるのがまた美味いし、途中で味が変えれるのもワシらを飽きさせない工夫がされてて其処もまた良いもんだゾイ。料理上手でしかも賞金稼ぎって事はさぞかしモテるだろうな…;;;ワシもお前さんのレシピを参考にさせて貰っても良いかゾイ?今度ワドルディ達にも振る舞ってやりたいからな。

ルキナの評価:☆5
見た目に違わずホントに漢らしい料理ですね。それでいて見た目も綺麗でしたし正直食べるのを躊躇いました…;;;でも、味は言うまでもなく最高ですし、しかも個人の好みに合わせて調味料やトッピングを用意してくれてたのも私達に対する思いやりが感じられました。ハッキリ言って店出してもイケるんじゃないですか?カートレーサーが営むラーメン屋ってだけでも話題になりますし、絶対に人気が出ると思いますよ!!

クロムの評価:☆5
今まで地獄を見てきた俺らにとっては、やっとの事で辿り着いたユートピアのような気分にさせる料理だな。こう言うのは俺も作者も好きだし、自分の好きなように食べられるのもまた食べるという楽しみを最後まで感じさせる様で実に神ってると思うぞ。実際コレを店で出したら絶対に流行るし、客足も伸びるんじゃないか?正直俺だって毎日食いたいしな。取り敢えず、最後に極上の一品を有難う。ご立派ァ!!!!

サムスの評価:☆5
まさか貴方の料理に当たるなんて思わなかったわ…;;;まあ味は特別言うまでもなく美味しいし、見た目も美味しそうに見えるようになっていたわね。あの調味料のオンパレードには少し困惑したけど、私達の好みに合わせて味が変えれるようにしたのね。やっぱりそういう気遣いが出来る所が昔から変わらない所よね。また別の手作り料理も食べてみたいわ。あ、勿論あんまりガッツリし過ぎた物はちょっと躊躇うけどね。

イレブンの評価:☆5
やっぱり漢らしくガツンと来る料理を作るのは貴方しかいませんね。僕は辛いのが苦手なので温泉卵を使いましたが、そう言う配慮が出来るのも一人の料理人としてプロである証拠だと思います。更に途中から味が変えられたりって言うのも食べるという楽しみを無駄にしない心掛けが為されていて十分に素晴らしいですよ。こんな最高の料理は何処の店に行ったら食べれるのかとも思いました。良かったら僕にもレシピを教えてくれませんか?今度彼女にも食べさせたいので。



感想はまだ。

料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――第6章(9) ( No.854 )
日時: 2019/10/25 21:23
名前: W683

続き

イカガール「コレで試食は全部終わったね!!」
イカボーイ「最後の最後が大当たりでハッピーエンドでマジで良かった!!!!!!」
W683「嗚呼…何か長かったようで…短かったような…;;;」
クロム「だよな。まあ終わり良ければ全て良しって事だな」
ジョーカー「そう言えば医務室の方が殺気立ってるけど…;;;」
リンク「言うまでもないんじゃないか?結果発表は色んな意味で大波乱が起きそうだな」
ピーチ「取り敢えず暫く休憩してから準備しましょうか」
デデデ「何か疲れたが…;;最後の一仕事と行くかゾイ」
ルキナ「そうですね。では最後にヒントを載せておきますね」



14番:卵がトレンドマークの緑の恐竜。彼処まで卵に拘るのは彼しかいない。
15番:ヴァンパイアハンターの片割れの方。残り物のおかずを劇的にアレンジ。何という事でしょう…(ビフォーアフター風)。
16番:氷の登山家の片割れ。6番と同様、能力を制御出来ずに凍り漬けに。それが無ければ☆3は普通に行ってました。
17番:いなり寿司の時点で分かる…筈。因みに彼自身も5番と10番のアレには大層ご立腹な様子。
18番:隼の如く音速のレーサー。最後の最後で出てきたのはホントに神オブ神。皆さんのお好みに合わせてお召し上がり下さい。



と言うわけで試食は一先ず終了です。ラストで大当たりが来てマジで良かった…;;;そして次回はいよいよ結果発表です!!反省する奴はまだマシだけど、反省しない奴は…うん、多分荒れるな。序でにお仕置きの要項も載せときます。



《お仕置きについて》(※募集するのは『審判の間』の後の、個別のお仕置きです)

・お仕置き対象者(総合評価☆1以下)

反省する人:6番、13番、16番
反省しない人:1番、4番、9番
裸族:5番、10番+協力した裸族共


・募集要項

①執行するキャラ(此方のキャラで無ければサンプルボイスが有ると有り難いです)
②どのキャラにどんなお仕置きをするか
③その他(注意すべき点などあればお書きください)


・注意

明らかにフルボッコ系と思われるようなお仕置き案や、過激すぎるお仕置き案が来た場合は此方では一切受け付けません。ご注意下さい。場合によっては募集そのものを無しにすることも御座います。節度あるお仕置き案をお願い致します。尚、腹筋崩壊系のお仕置きは優先的に採用する…かもしれません(ぇ)。


・〆切

11月20日23:00まで(それ以降は受け付けません)



反省しない問題児共「えっ…何か寒気が…;;;」



試食終了!! 感想があればどうぞ。