SS小説(ショートストーリー) 大会【平日イベント】

第14回 SS小説大会 開催!〜 お題:争い、憎しみ 〜
日時: 2017/09/09 19:00
名前: 管理人 ◆cU6R.QLFmM

****************************

【日程】

■ 第14回
(2017年9月2日(土)〜11月30日(木)23:59)

※ルールは随時修正追加予定です
※風死様によるスレッド「SS大会」を継続した企画となりますので、回数は第11回からとしました。風死様、ありがとうございます!
http://www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?mode=view&no=10058&word=%e9%a2%a8


**************************


【第14回 SS小説大会 参加ルール】

■目的
基本的には平日限定の企画です
(投稿は休日に行ってもOKです)
夏・冬の小説本大会の合間の息抜きイベントとしてご利用ください

■投稿場所
毎大会ごとに新スレッドを管理者が作成し、ご参加者方皆で共有使用していきます(※未定)
新スレッドは管理者がご用意しますので、ご利用者様方で作成する必要はありません

■投票方法
スレッド内の各レス(子記事)に投票用ボタンがありますのでそちらをクリックして押していただければOKです
⇒投票回数に特に制限は設けませんが、明らかに不当な投票行為があった場合にはカウント無効とし除外します

■投稿文字数
200文字以上〜1万字前後まで((スペース含む)1記事約4000文字上限×3記事以内)
⇒この規定外になりそうな場合はご相談ください(この掲示板内「SS大会専用・連絡相談用スレッド」にて)

■投稿ジャンル
SS小説、詩、散文、いずれでもOKです。ノンジャンル。お題は当面ありません
⇒禁止ジャンル
R18系、(一般サイトとして通常許容できないレベルの)具体的な暴力グロ描写、実在人物・法人等を題材にしたもの、二次小説

■投稿ニックネーム、作品数
1大会中に10を超える、ほぼ差異のない投稿は禁止です。無効投稿とみなし作者様に予告なく管理者削除することがあります
ニックネームの複数使用は悪気のない限り自由です

■発表日時
2017年12月3日(日)12:00(予定)

■賞品等
1位入賞者には500円分のクオカードを郵便にてお送りします
(ただし、管理者宛てメールにて希望依頼される場合にのみ発送します。こちらから住所氏名などをお伺いすることはございませんので、不要な場合は入賞賞品発送依頼をしなければOKです。メールのあて先は mori.kanri@gmail.com あてに、■住所■氏名 をご記入の上小説カキコ管理人あてに送信してください)

■その他
ご不明な点はこの掲示板内「SS大会専用・連絡相談用スレッド」までお問い合わせください
http://www.kakiko.cc/novel/novel_ss/index.cgi?mode=view&no=10001

******************************

平日電車やバスなどの移動時間や、ちょっとした待ち時間など。
お暇なひとときに短いショートストーリーを描いてみては。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

******************************

Page:1 2 3 4 5 6



虚無 ( No.25 )
日時: 2018/02/16 18:51
名前: 流聖

「みすずさま!早く、いって!」

「な、何いってるんだよ!そしたら、お前が…」

「皆を助けるためです!」

ブチッ何かの切れる音がした。

「皆って誰だよ!私の皆はお前もはいってんだよ!」

もう嫌だ。この世界に生まれてきた以上戦争は避けられないことは知っている。それでも思わずにはいられない。

敵って本当に殺さなくちゃいけないの?

100人のためなら1人が死んでもいいの?

犠牲の上に成り立った生なんて嬉しい?

殺す。敵を消滅させていく。血飛沫があがる。

真面目な部下は言う。

「みすずさまはこの命に変えてでも守って見せます。」

何を?それは体だろう。部下は体を守るんじゃない。主の幸せを守れよ。体が無事なら幸せだと思ってるのか。残された側の気持ちも考えないで。

兄は言う。

「君に置いていかれるくらいなら、僕が君を置いていく!」

兄は知っている。置いていかれる側のきもちを。私も知っている。だからお兄ちゃんは味わわなくていいよ。

今日も人を殺す。

「みすずさま、何しているんです?」

ザクッザクッ同じ作業をずっと繰り返す。夜が明けて朝が来ても繰り返す。
私は土を掘る。墓を作る。自分で殺した者を埋めるために。
夜がくる。月が彼女を照らす。今日も土を掘る。

浮気 ( No.26 )
日時: 2018/02/23 20:02
名前: マシュ&マロ

・ ・ ・やぁ...こんばんは、僕は今腹に包丁が刺さって自宅で横たわっているんだ.......まぁ、僕の命が尽きるまでの間だけ暇潰しにこれまでの経緯でも話そうかな....どうして、こうなってしまったかを..........。



僕は至って普通の人間だった...そこらへんの学校に通い、小さな中小企業にも就職でき、子供も二人できて平凡な家族にもなれた.......だけど僕には人には言えない部分があった.....それは“浮気”だ。

ダメなのは分かってる、分かってるのだけどバレるかバレないかのギリギリのスリルが僕はたまらなく好きなのだ....まぁ、これまでも浮気相手に挙げるはずのバッグを妻が見つけてしまい妻へのサプライズの物だったとか何とか言って誤魔化したり、他にも妻が僕の携帯を勝手に見てしまって浮気相手との連絡先を昔の女友達だと言って難を逃れたりした....そんな事なら浮気相手と別れるのが普通なのだが、僕の場合このスリルが堪らないんだよね。


しかし、そんな事を続けていたら妻もバカじゃないから僕を疑い始めてきた、だがそれも僕お得意の[嘘]で誤魔化し続けてきた。 これでやっと一安心かと思っていたが大間違いだった....それは、今までで一番のピンチだ、それは ・ ・ ・ ・ まぁ僕の回想と一緒にでも説明しようかな_________。





今は夜、僕は会社から帰宅する途中だった、そんな時に妻からの電話があった

「んっ もしもし.....えっ! 知らない女の髪?、それは何処に?....うん......はい..分かった、すぐ帰るよ」


僕は心臓の速まりと共に早くなる足取りで夜道を歩いていた、そして焦っていた....どうしてかって? それはね、浮気相手は実は外国人なんだよね....それでもちろん綺麗な金髪でそこも彼女に惚れた理由の一つだ....それは置いといて髪が見つかった場所が夫婦のベッドの枕元というのは凄くまずい事になった、あぁ神よ...お救いください ・ ・ ・ 。


家へ着いた僕は重く感じる心を背負って家へと入っていった。


「どういう事よッ!!」

「まっ、待ってくれよ、これは何かの手違いだよ、それと子供達も寝てるだろうし」

「そこは心配ご無用、子供達は隣近所に預けてあります!」

おっと、これでは僕を守ってくれるものは無いということになるな....それでは僕お得意の大嘘で誤魔化すしかないかな。

「それじゃあ夫婦二人でじっくり話し会おうじゃないか」

そう言って僕は妻と共に椅子に座り面と向かって対面した。

「それで、もし僕が浮気をしていたら君はどうするんだ」

「ん〜〜そうねぇ.....まずは殺すかしら」

何とも恐ろしいワードだ、しかもそれを淡々と言えるとは今の妻は本気だ。 僕の頬から一滴の汗が垂れ落ちた、今の状況はかなりまずい。

「な、なら一つ聞くが君はどうして僕を疑う必要がある?、今までとても愛し合っていたじゃないか?」

「 ・ ・ ・ ・ は〜〜、じゃあ証拠が欲しいって訳ね」

そう溜め息をつくと妻は何処かへと消えてしまった、だが少しすると彼女は包丁とスマホを片手に僕の目の前に現れてスマホを僕の顔に突き出した。 そこには寝言を言う僕がいた

「 × × × ちゃ〜ん、だいちゅきだよ〜.......ん〜君も僕をちゅきだってぇ〜 うふふふふ」


完全に浮気はバレていたようだ、これではどうしようも無さそうだ。 謝ろうかと顔を上げた僕は腹へと突き刺さる包丁の姿が一瞬だけ見えて僕の腹に痛みが走った。


「!!......あ!..あぁ...」

「アンタが悪いのよ、× × さん」

「.......!....!...」

腹の痛みに悶絶してしまい何も言えない僕は椅子から床へと崩れ落ちた ・ ・ ・ 。





そして今に至るわけだが....あっ! ごめん そろそろ僕には時間が来たようだ、こんな僕にはお似合いな死に様だろうな____________。

それは読み飽きた本を放り投げるように ( No.27 )
日時: 2018/02/27 20:15
名前: わよーん


今日も今日とて天上から地上を眺める私は、彼等の言葉を借りるのならきっと神という存在なのだろう。
『時間』という単位をつかうのなら、私がこの青い星を作ってからおおよそ46億年ほどたったように思える。
特にやることもなく、久しぶりに目を凝らして星の表面を見ると、何か細々(こまごま)したものがたくさん活動しているのが見えた。彼等はどんどん増えていき、進化を繰り返していった。そんな彼等に私は奇跡と呼ばれるものを見せたり、面白半分で天罰を下したりした。別に彼等が何かしたところで私は困らなかったが、あわてふためく彼等を見るのも楽しんでいた。彼等が築きあげた文明は大きく栄え、地球は夜でも光輝くようになった。

「成長っていうのは速いもんだねえ。見ていて飽きないよ。」

地上の様子は目まぐるしく変化し、ずっと見ていて飽きることがなかった。ここではやることが無いから、他の生物がいない星を見るよりずっと良い暇潰しになった。

ある時、小さな変化に気づいた。どうやら人間は戦争を始めたようだった。各地で絶えず争いが起こるようになり、その影響で地球はどんどん汚れていった。
人間は自分勝手な生き物だと思った。勝手に争い、勝手に憎しみの連鎖を起こし、勝手に減っていく。他の様々な生き物達はそんな彼等に殺されていった。
地球がその輝きを失いかけた頃、私は

「飽きた」

と片手間に地球を潰した。

愛と憎しみ ( No.28 )
日時: 2018/03/16 13:05
名前: ミニウサギ

どうすればいい?
どうすれば、彼女は僕だけのものになるだろう。
誰にも触れさせたくないし、同性だろうが異性だろうが誰かと彼女が話していると相手を殺したくなる衝動に駆られる。
ああ、彼女も憎くなってきた。殺したいほどに。
彼女の目、鼻、口…ありとあらゆるものが美しく、性格も聡明で優しいため、両性に好かれやすい。
彼女が他人に美しい、聡明だねと褒め称えるたび、彼女に触れるなと叫びたくなる。
しかも、彼女には許婚がいる。日本のかの有名な財閥の子息。彼もまた聡明で冷静な人間であるが、つい先日会った時、「この人は君の奴隷かい?」と言われた。彼は他人が思っているような人間でない。憎い。
しかも、彼女は彼との結婚を嫌がっている。しかも最近は話しかけてくれなくなった。
どうすれば、いいのか。
ある日、俺は気がついてしまった。
彼女を殺し、自分も死ねばいいのだと。
早速彼女を殺す最中、彼女は優しく微笑み、振り絞る声で呟いた。
「あり…がと…う。あの…人…はあなたを…殺す…つもり…だった」
と。
彼女の死後、俺も紐の輪っかに首を通し、息が途絶えた。
死ぬ直前、これで、やっと2人とも永遠になるのだと思うと、嬉しく思った。

葬式の日
「あの人元々頭おかしかったものね。猫を殺したらどうなるかなとか言っていたし…」
「でも、ある意味社会的には死んでよかったわね」
「ちょっと!死んだ人の事悪く言ったらダメでしょ!」
「そうよね…」

憶時 ( No.29 )
日時: 2018/04/12 23:20
名前: 飯尾沙 遥都

「−何もかも変えたくて、毎日ポストをのぞいてしまうの」

「−街を歩くときは、ヘッドフォンの音量を上げるの。だって何も聞きたくないから」

「−自分がまちがっていると言われたくなくて、意識したわけでもなくただ目をそらしちゃったの」

「−1人1人ちがう、なんて勝手な言葉だよ。1人1人ちがうなら戦争が終わるわけないの」

「−だって、みんな自分が正しいと思って行動してるんだもん」

「−ねぇ、」

「−本当に『正しい事』ってなんだろうね」


「−ごめんね」


「−    」

「−    」






「僕は、『正しい事』なんて…何ひとつ分からないよ…」

「僕は君を救えなかった…」

「何ひとつ出来ない僕に…そんな大切な事…言われたって…」


「『苦しい』なんて…、『死にたい』なんて…」

「そんな事…」


彼女は、僕に未来を教えてくれた。
彼女は、僕に明るさを教えてくれた。

僕にとって彼女が全てだったんだ。


最後に見た彼女の姿。

白い肌、長い黒髪。
全てを染めた赤。
痛々しく曲がる手足。



「彼女のいない世界なんて意味がない」


…なんてよくある台詞だけど。

僕のくだらない人生の最後にはお似合いの言葉だ。

そうして僕は自分の首に手をかけた。


最後見た世界は黒く、黒く煤けてる世界。

強者が弱者を殺める世界。

真実を知った者が前に進めなくなる世界。


彼女が教えてくれた明るい世界。


真っ赤に染まった暗い世界。


そんな世界から消えよう。



ばいばい、こんな暗い世界。

さようなら。




最後の一瞬。

一瞬だけあの大好きな彼女の顔が見えた気がしたんだ。



ーENDー

Page:1 2 3 4 5 6



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。