SS小説(ショートストーリー) 大会【平日イベント】

第14回 SS小説大会 開催!〜 お題:争い、憎しみ 〜
日時: 2017/09/09 19:00
名前: 管理人 ◆cU6R.QLFmM

****************************

【日程】

■ 第14回
(2017年9月2日(土)〜11月30日(木)23:59)

※ルールは随時修正追加予定です
※風死様によるスレッド「SS大会」を継続した企画となりますので、回数は第11回からとしました。風死様、ありがとうございます!
http://www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?mode=view&no=10058&word=%e9%a2%a8


**************************


【第14回 SS小説大会 参加ルール】

■目的
基本的には平日限定の企画です
(投稿は休日に行ってもOKです)
夏・冬の小説本大会の合間の息抜きイベントとしてご利用ください

■投稿場所
毎大会ごとに新スレッドを管理者が作成し、ご参加者方皆で共有使用していきます(※未定)
新スレッドは管理者がご用意しますので、ご利用者様方で作成する必要はありません

■投票方法
スレッド内の各レス(子記事)に投票用ボタンがありますのでそちらをクリックして押していただければOKです
⇒投票回数に特に制限は設けませんが、明らかに不当な投票行為があった場合にはカウント無効とし除外します

■投稿文字数
200文字以上〜1万字前後まで((スペース含む)1記事約4000文字上限×3記事以内)
⇒この規定外になりそうな場合はご相談ください(この掲示板内「SS大会専用・連絡相談用スレッド」にて)

■投稿ジャンル
SS小説、詩、散文、いずれでもOKです。ノンジャンル。お題は当面ありません
⇒禁止ジャンル
R18系、(一般サイトとして通常許容できないレベルの)具体的な暴力グロ描写、実在人物・法人等を題材にしたもの、二次小説

■投稿ニックネーム、作品数
1大会中に10を超える、ほぼ差異のない投稿は禁止です。無効投稿とみなし作者様に予告なく管理者削除することがあります
ニックネームの複数使用は悪気のない限り自由です

■発表日時
2017年12月3日(日)12:00(予定)

■賞品等
1位入賞者には500円分のクオカードを郵便にてお送りします
(ただし、管理者宛てメールにて希望依頼される場合にのみ発送します。こちらから住所氏名などをお伺いすることはございませんので、不要な場合は入賞賞品発送依頼をしなければOKです。メールのあて先は mori.kanri@gmail.com あてに、■住所■氏名 をご記入の上小説カキコ管理人あてに送信してください)

■その他
ご不明な点はこの掲示板内「SS大会専用・連絡相談用スレッド」までお問い合わせください
http://www.kakiko.cc/novel/novel_ss/index.cgi?mode=view&no=10001

******************************

平日電車やバスなどの移動時間や、ちょっとした待ち時間など。
お暇なひとときに短いショートストーリーを描いてみては。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

******************************

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11



命と争う ( No.51 )
日時: 2019/06/20 19:50
名前: 小説家「た」

「人の命を軽く見るな!」

「命をもっと大切にしろ!」

「命はもっと大事なものだ!」

う  る  さ  い  な  ぁ

なんで、命を、そんなに、大切に、しなきゃ、いけない、

そもそも命に価値があるのか、命が、生命があって何があった

どうせ「お前が生まれた」とか「優しい人にあふれた」なんて考えもせずに言うんだろう
命が、自分が大切だと思ってるから、自分の存在を否定されたくないんだろう
理由もなく、深い考えもなく
そう思うだろう

どうやら、こいつらは根元から考えない物体らしい
命は、とりあえず必要、そう考えて、否、錯覚している

----------------------------------------------------------------------------------------

命を大事にしろだの言うのに、戦争するとも言う
こいつらは、命というのはどう転んでも知能が低いらしい

私達に敵わないと分かっているのに、いや、こいつら程のバカは分からないのかもしれない

私達から見れば岩に小石をぶつけるのと同じだ
「いつか岩をも砕く」なんて言葉は通用しない

それほどまでに勝敗は明らかだ、火を見るよりも明らかだ

1日目から私たちはこの「生命」と戦った
この「生命」は驚くことに同じ種族としか意思疎通できないらしく、同じ形をした大量の物体が群がっていた

いくら連れてきても私たちは疲れを知らない、一つ残らず根絶やしにするだろう
結局無駄でしかないのだ、彼らにとっては
殺してくださいと言ってるのと同じだ

結果、圧勝だ
完膚なきまでに勝った

2日目も3日目もずっと同じだった


約1ヶ月後


この世から「生命」が消えた

この世に残ってるのは、まだ生暖かい手と
私たちの


冷たい、特殊素材でできた体だけだった

あ ( No.52 )
日時: 2019/06/29 08:28
名前: あ

「お前は誰だ?」

鏡に向かってそう問い続けると次第に精神が崩壊し、自我が保てなくなるという行為が
学校内で流行っていた時期があった。
ただ、この行為は長期的に続けることで起こるもので、遊び半分でやってる奴らは
もって数週間程度であり、自我が保てなくなるほどの結果がでる前にやめてしまうのが大半だ。

「お前は誰だ?」

だが、俺は違った。
毎朝鏡に写る自分に問い続けとうに半年は経っている。
当初はこんな話を聞いて、毎朝鏡を見るわけだしちょっとやってみるかなどと軽い気持ちで
始めたのだがいつの間にか日課になってしまった。

「お前は誰だ?」

かといってこれと言った変化はなく、ここまで続けても何も起きないのかと少しガッカリしている。
今までの自分から変われるのではないのかと淡い期待をしていたのだがやはりこんなものに頼っていてはいけないのだろう。ただ、気のせいか自分の顔が少し変わった気がする。
まぁきっとこれからもこの鏡に写ってる奴に問い続けても意味は無いのだろうけど
折角なのでもう少し続けてみようと思う。

「お前は誰だ?」

お前は誰だ。
お前は誰なんだ。いつも思うがこの鏡に写ってるこいつは誰なんだ。
毎朝こうして顔を合わせてるが毎回写る顔が違っている。
お前は誰だ。

「……」

街を歩くと鏡に写っていた奴らの顔がいっぱいいる。だから片っ端から聞いてみる。
お前は誰だ。
何も答えない、こいつはいつもそうだ。何も答えない。
あまりにも無視されるものだから家にある鏡は叩き割ってしまった。
だからこいつらも叩き割る。
こいつも、あいつも。
ふと知らない顔が写ってるのが見えた、どうやらこのガラスの目の前に写ってるやつの顔だ。
聞いてみる。

「お前は誰だ?」

何も答えない。そうか。じゃあこいつも叩き割る。

大好き。 ( No.53 )
日時: 2019/07/14 18:24
名前: くぅ

「頭が小さいね」って言われると、脳みそが入ってないって思われてるように聞こえる。

「顔が小さい」って言われると、顎がないって馬鹿にされてる気がする。

「鼻が高いね」って言われると、魔女だと思われてそうでやだ。

「鼻が小さいね」って言われると、顔の余白が大きい気がしてくる。

「目が大きいね」って言われると、整形とか目頭切開を疑われてるような感じがする。

「口が小さいね」って言われると、顎関節症を馬鹿にされてるようにしか聞こえない。

「色が白いね」って言われると、海外だと黄色人種で東アジア人の中だと見分けがつかないのにって思う。

「眉毛生えてていいね」って言われると、一生懸命整えてるのにって思う。

「肌綺麗だね」って言われると、おでこのニキビを晒す気にもなれない。

「細いね」って言われると、女として魅力がないように感じる。

「オシャレだね」って言われると、イマイチ垢抜け切れない気がする。

「髪キレイだね」って言われると、自分のフケが気になって仕方がない。

誰もわかってくれない。あの子の方がかわいい、でもあの子よりは私の方がかわいい。こんな顔嫌だ、でも他の誰にもなりたくない。

よく喋る陰キャ怖い、ネットモラル知らないDQN怖い、エセ金持ちの自慢怖い、よくあんな顔でSNSに晒せるね。

私は可愛くない、だけど私よりブスな人間はいっぱいいる。

あなたにだけ「かわいいね」って言われたい。あわよくば「俺は君の醜いところも好き」って言われたい。おそろいのVANSのTシャツ着たい。

「いいのは見た目だけ」

言われて何度目になるのでしょう。

だから、だから... ( No.54 )
日時: 2019/07/16 18:54
名前: やまっしー

「君には、無理だ。」

「お前に、何が出来る?」

「諦めろって。」

なんで?
如何して?
僕は駄目なんだ?
僕みたいな奴は夢も持てないのか?
周りは、僕を嘲笑う。
いつからだろう、何でも出来ちゃう奴が、憎たらしく思えるのは。
僕は、なりたい。
いつも、クラスの中心に居て沢山の友達に囲まれている奴に。
なりたい。
いや、違う、なりたかった。
僕は、なれないんだ。
環境に恵まれなかった。
なんて、言ったらきっと、怒られるだろう。
だけどね。
僕は、こんな世界に生まれたくなかったよ。
こんな事、言ったって誰も気にしないだろう。
だから、だから...
今、僕は滝のように速く落ちる。
そして、鳥のように高く登る。

そうだ、誰しも、最期は鳥なのだ。
鳥になり、空へ行く。
早かれ遅かれ鳥になる。
そして、僕は早かった。
君達は明日鳥になるかもしれない。
10年、20年先かもしれない。
其れは誰にも、分からない。
だからこそ、今出来ることひとつひとつに喜び、悲しみ、怒り、楽しさ喜怒哀楽を感じ生きている、辛さ、
嬉しさを感じて欲しい。
勝手な事を言うが、
その全てを鳥になった時直ぐ鳥に
なる事にした、僕に聞かせて欲しい

だから、だから...
生きろ。

人を呪わば穴二つ ( No.55 )
日時: 2019/07/21 22:44
名前: 千葉里絵

 はいはいはいはい。
 要するにご友人が憎いと。え?あぁ、友人ではないのですね。今は。
 ええ、ええ。憎い相手とは友人でいたくないですよね。わかりますよ。
 で、本日は依頼の相談でいらっしゃったということで良いですかね?
 ええ、当店は相談は無料で行っておりますよ。
 では、まずお相手の何がそんなに憎いのか聞いても良いでしょうか。
 ん?彼氏を盗られた?つい最近?それは酷い。
 ですが冷静になってくださいな。その彼氏さんそんなに優良物件でしたか?
 え?凄い良かった?例えばどこら辺が?顔ですか?性格ですか?
 え?どっちも?どれどれ、じゃあますお顔を見させて頂きたいのですが良いですか?
 どれどれ……こちらが彼氏さんですか。
 確かにイケメンではありますね。でも、少々鼻が潰れちゃいませんか?口も心なしか歪に見える。それに笑うのが下手ですね。
 笑うのが下手な男は駄目です。男は笑顔が良くてなんぼですから。
 あたし?あたしの笑顔は別格ですよ。それに笑顔を安売りしてませんからね。こんなのとは価値が違います。
 それにこちらの女性が憎いお相手でしょう?
 貴女、こんな女に嫉妬しているんですか?ちゃんと見てみなさい。貴女の方がずっと美人じゃないか。
 目は貴女の方が左右対称で綺麗だ。
 鼻は貴女の方が筋が綺麗に通っている。
 口は小さくて貴女の方が愛らしい。
 嫉妬するだけ無駄ですよ。この男性は貴女の価値に気付けてないだけです。
 命を張る価値もない。こんな男のために悲しむなんて時間の無駄だ。
 え?命?ああ、命が此処での謝礼ですよ。言ってませんでしたか?
 人を呪わば穴二つ、ってやつですよ。
 おや、帰るのかい?残念だ。貴女の命は綺麗で美味しそうなのに。
 ……冗談だよ。ええ、構いやしませんよ。
 帰って憎い相手をとことんやり込めてやりなさい。
 そしたら報告においで。お茶とお菓子を出してあげよう。
 
 ああ、では、またのお越しをお待ちしております。
 

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。