SS小説(ショートストーリー) 大会【平日イベント】

第14回 SS小説大会 開催!〜 お題:争い、憎しみ 〜
日時: 2017/09/09 19:00
名前: 管理人 ◆cU6R.QLFmM

****************************

【日程】

■ 第14回
(2017年9月2日(土)〜11月30日(木)23:59)

※ルールは随時修正追加予定です
※風死様によるスレッド「SS大会」を継続した企画となりますので、回数は第11回からとしました。風死様、ありがとうございます!
http://www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?mode=view&no=10058&word=%e9%a2%a8


**************************


【第14回 SS小説大会 参加ルール】

■目的
基本的には平日限定の企画です
(投稿は休日に行ってもOKです)
夏・冬の小説本大会の合間の息抜きイベントとしてご利用ください

■投稿場所
毎大会ごとに新スレッドを管理者が作成し、ご参加者方皆で共有使用していきます(※未定)
新スレッドは管理者がご用意しますので、ご利用者様方で作成する必要はありません

■投票方法
スレッド内の各レス(子記事)に投票用ボタンがありますのでそちらをクリックして押していただければOKです
⇒投票回数に特に制限は設けませんが、明らかに不当な投票行為があった場合にはカウント無効とし除外します

■投稿文字数
200文字以上〜1万字前後まで((スペース含む)1記事約4000文字上限×3記事以内)
⇒この規定外になりそうな場合はご相談ください(この掲示板内「SS大会専用・連絡相談用スレッド」にて)

■投稿ジャンル
SS小説、詩、散文、いずれでもOKです。ノンジャンル。お題は当面ありません
⇒禁止ジャンル
R18系、(一般サイトとして通常許容できないレベルの)具体的な暴力グロ描写、実在人物・法人等を題材にしたもの、二次小説

■投稿ニックネーム、作品数
1大会中に10を超える、ほぼ差異のない投稿は禁止です。無効投稿とみなし作者様に予告なく管理者削除することがあります
ニックネームの複数使用は悪気のない限り自由です

■発表日時
2017年12月3日(日)12:00(予定)

■賞品等
1位入賞者には500円分のクオカードを郵便にてお送りします
(ただし、管理者宛てメールにて希望依頼される場合にのみ発送します。こちらから住所氏名などをお伺いすることはございませんので、不要な場合は入賞賞品発送依頼をしなければOKです。メールのあて先は mori.kanri@gmail.com あてに、■住所■氏名 をご記入の上小説カキコ管理人あてに送信してください)

■その他
ご不明な点はこの掲示板内「SS大会専用・連絡相談用スレッド」までお問い合わせください
http://www.kakiko.cc/novel/novel_ss/index.cgi?mode=view&no=10001

******************************

平日電車やバスなどの移動時間や、ちょっとした待ち時間など。
お暇なひとときに短いショートストーリーを描いてみては。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

******************************

Page:1



神様なんて ( No.1 )
日時: 2017/09/09 22:24
名前: 流沢藍蓮

 ――この世に神様なんていない。


 傷つきすぎた少年は、言った。


 ――神様なんてものがいるとしたならば。僕は全力で、神を呪ってやる。


 神様は人を助ける存在だという。
 すべての人の平和を約束するという。

 だけど、そんなの、嘘だ。

 信じても、祈っても。平和なんて存在しない。
 幸せなんて、存在しない!

「……神様なんて、クソくらえ」

 焼き払われた町。死屍累々。
 その中で唯一死をまぬかれた少年は。
 死のまみれる町を見て、そう吐き捨てた。
 見上げた空は。涙の青をしていた。


  ◆


 生まれた時から憎まれていた。親に家族に周りの人に。
 彼は、生まれた時から。恐ろしい力を持っていたから。
 故に鬼子、故に忌み子。そう蔑まれて生きてきた。
 馬鹿みたいだよねと彼は思う。
 そんな自分だけが生き残ってしまったという事実に、どこか皮肉に笑ってみせた。

 時は戦乱。時代は戦国。
 様々な国々が互いに侵略し合い、多くの国が消え、国境線は毎日というもの書き変わる。
 その戦乱は。少年のいる小さな町にも。波及するまでに時間はかからなかった。
 しかし町の人は徴兵を嫌がった。
 だから焼き払われて、皆殺しにされたんだ。

 ――唯一、少年を除いては。

 少年には力があった。だからその力を恐れた人々によって、彼だけは殺されなかった。
 馬鹿みたいだと彼は思う。
 頼られれば。「化け物」と呼ばれたその力を使って。みんなを助けることだってできたのに。
 誰も彼を頼ろうとしなかった。誰も彼を、見ようとさえしなかった。
 だから彼だけが生き残って。
 今、虚ろに空を見上げている。

「……神様なんて、クソくらえ」

 もう一度、空を見上げて呟いた。
 もしもこの世に神様なんてものがいるとするなら。
 神様なんてものが、こんな悲劇を、こんな戦争を。振りまいているとするならば。
 そんな神様なんていらない。
 もしいたとしても、彼はそれを信じずに、言うのだろう。


「神様なんて、存在しない」


 と。

 まだ戦争は続いている。一向にやむ気配がない。
 少年はしばしその場にたたずんでいたが、やがてゆっくりと歩き出した。
 どこへ? それは、少年にだってわからない。
 でも、生き残った以上は。生き延びなければならない、そう思ったから。
 行くあてもなく、帰るあてもなく。「化け物」と呼ばれた少年は歩く。
 廃墟を出、見知った光景から離れ。ただ虚ろな、流浪の旅を。
 生き延びなければならないから。


 それは、その時代ならばどこにでもある、よく見られた光景の一つだった。

可愛い姫は姫を憎む ( No.2 )
日時: 2017/09/19 17:22
名前: 奈由

こんなことがあった。

「権力なんて無駄よねぇ」

気取った姫様そういった。

仕える従者見下して。

権力あるから従者がいる。

何もできない彼女のために。

母親にはたくさんの服を、

父親にはたくさんの物を、

姉にはたくさんの男を、

従者には甘やかしを、

与えてもらっているというのに。

従者はみーんな憎んだよ。

自分がどれだけ権力にお世話になっているかもわからない、

バカな姫様を。

殺そうとしたさ。

誰でも、

国民だってそうだ。

散々働いて尽くして、尽くして、

税金払って、払って、

空腹や貧乏に耐えて、耐えて、

散々権力に従ったのに、なのに、

奴は、

『無駄』

といった。

誰だって憎むさ。

私以外。

私はその光景を見て、

ただ、

ただ、

ただ、醜いものですねぇ。

妹様。

そう言った。

妹様は、

ええ、あの姉がね。

権力で暮らして、

権力で私を閉じ込めたくせに。

貴方だけよ。

あなただけが私と一緒。

あの憎々しい姉に使えない、

優しい、

優しい、

優しい貴方。

何百人の人を殺し、

戦争を貫いた、

貴方。

何千人と人を殺し、

戦争を作った、

私の可愛いパートナー。

と、言った。

私も、

人を殺して楽しんだ、

私の可愛いパートナー。

そう言った。

そして2人はこう言った。

『そう、貴方こそ。
貴方こそ私の可愛いパートナー』

妹様の顔は、

「あの姉が憎いわぁ」

と、書いてあった。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。