SS小説(ショートストーリー) 大会【平日イベント】

第14回 SS小説大会 開催!〜 お題:争い、憎しみ 〜
日時: 2017/09/09 19:00
名前: 管理人 ◆cU6R.QLFmM

****************************

【日程】

■ 第14回
(2017年9月2日(土)〜11月30日(木)23:59)

※ルールは随時修正追加予定です
※風死様によるスレッド「SS大会」を継続した企画となりますので、回数は第11回からとしました。風死様、ありがとうございます!
http://www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?mode=view&no=10058&word=%e9%a2%a8


**************************


【第14回 SS小説大会 参加ルール】

■目的
基本的には平日限定の企画です
(投稿は休日に行ってもOKです)
夏・冬の小説本大会の合間の息抜きイベントとしてご利用ください

■投稿場所
毎大会ごとに新スレッドを管理者が作成し、ご参加者方皆で共有使用していきます(※未定)
新スレッドは管理者がご用意しますので、ご利用者様方で作成する必要はありません

■投票方法
スレッド内の各レス(子記事)に投票用ボタンがありますのでそちらをクリックして押していただければOKです
⇒投票回数に特に制限は設けませんが、明らかに不当な投票行為があった場合にはカウント無効とし除外します

■投稿文字数
200文字以上〜1万字前後まで((スペース含む)1記事約4000文字上限×3記事以内)
⇒この規定外になりそうな場合はご相談ください(この掲示板内「SS大会専用・連絡相談用スレッド」にて)

■投稿ジャンル
SS小説、詩、散文、いずれでもOKです。ノンジャンル。お題は当面ありません
⇒禁止ジャンル
R18系、(一般サイトとして通常許容できないレベルの)具体的な暴力グロ描写、実在人物・法人等を題材にしたもの、二次小説

■投稿ニックネーム、作品数
1大会中に10を超える、ほぼ差異のない投稿は禁止です。無効投稿とみなし作者様に予告なく管理者削除することがあります
ニックネームの複数使用は悪気のない限り自由です

■発表日時
2017年12月3日(日)12:00(予定)

■賞品等
1位入賞者には500円分のクオカードを郵便にてお送りします
(ただし、管理者宛てメールにて希望依頼される場合にのみ発送します。こちらから住所氏名などをお伺いすることはございませんので、不要な場合は入賞賞品発送依頼をしなければOKです。メールのあて先は mori.kanri@gmail.com あてに、■住所■氏名 をご記入の上小説カキコ管理人あてに送信してください)

■その他
ご不明な点はこの掲示板内「SS大会専用・連絡相談用スレッド」までお問い合わせください
http://www.kakiko.cc/novel/novel_ss/index.cgi?mode=view&no=10001

******************************

平日電車やバスなどの移動時間や、ちょっとした待ち時間など。
お暇なひとときに短いショートストーリーを描いてみては。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

******************************

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10



30年後の後悔 ( No.38 )
日時: 2018/10/04 18:55
名前: 清水なごみ

「やってられるかぁっ!」
そう言って私はベッドに教科書、ノート、資料集、塾のワークを投げつけた。
けれど今日干したばかりの掛け布団はふかふかで、ボサッっという冴えない音しか立たなかった。
部屋を見回してまたイライラとする。

父のために幼稚園の時に始めたピアノ。
ここ一年塾と学校のため一回も触っていない。だから練習をせずに先生の家へ行く。
それでうまくなるはずがない。ろくに練習する暇もないのに、父は異常な位に期待するから、余計にやる気をなくす。コンクールでいい結果になっても「お前ならもっと上へ行けるはずだ!ここで満足するな!」と言うし、前回よりも悪いと、「金の無駄だからさっさとやめろ。」と言う。
自分からやりたかったわけじゃない。やめたいと思っていたのはこっちの方だ。
だから「ピアノやめる」と言った。すると、「10年以上続けてきたのをやめる?ふざけたことを言うな!」。
わけわからない。
ホコリをかぶっているアップライトピアノを蹴る。


本棚にぎっちりとつまったたくさんの本。
母が、子供のうちは本をたくさん読むべきだと言って、買ってきた本。漫画なんか一冊もない。
シェイクスピアだとか栄華物語だとか。読む気がしない。
古本屋で売ればいいのに。私みたいな読む気なしの人が持ってても意味がない。
けれど、そんなことを言ったところで母は聞くわけがない。
私は本棚も蹴った。


両親にいつも言いたくなる。
「じゃあ、あんたらは今の私よりも優秀だったんですか?」
私は知っている。
父は子供の頃、何度も校長から呼び出されていたことを。
塾のワークの一番上と一番下だけをやって提出していたことを。
家を一度火事にしかけたことを。


私は知っている。
母がいつもテストで最下位だったことを。
毎回再試祭りだったことを。
県の最下位の高校に行っていたことを。


できる両親を演じているけれど、中身はすっからかんだ。


岩手に住むいとこに会った。
最近のこと、両親のことを話した。
「じゃあさ、」
いとこは悪そうな顔をして、
「こっちに来ればいいじゃない。」
と言った。
「こっちに来れば、うるさい人はいないし、ピアノ教室も、でかい本屋もないから。」
目の前が明るくなった気がした。
どうして思いつかなかったんだろう。ここが嫌なら逃げればよかったんだ。


家に帰り、逃げる計画を立てた。
ただ逃げるのはつまらない。
高校をいい成績で卒業し、いい大学に行くと思わせて逃げればいい。
いままで両親のために頑張ってきたけど、もうそんなことはしない。
本だって勝手に売ってやる。
それで最後の最後にこう言ってやるんだ。
「いままでありがとうございました。おかげで最低の両親と最低な暮らしを楽しむことができました。」














あれから30年が経った。
あの時の計画を実行し、私はいとこの住む村で暮らしている。けれど、全然よくなかった。
畑仕事はちっとも慣れないし、夫は車で毎日秋田の仕事場に通って、遅くまで帰ってこないし、
田舎なので情報を集めるのも、買い物も大変だし、
おまけに上の娘は受験に失敗し、下の娘は昭和からタイムスリップしてきたわんぱく小僧のようだった。
ああ、あの時、我慢すればもっといい生活ができただろうか。


私はバカだ。30年経って、やっと気づいた。
後悔しても、もう遅い。

竈の森 ( No.39 )
日時: 2018/10/09 14:02
名前: イチ


森の声を聞け

あの竈の森の声を聴け

彼女は大きなうなり声をあげ、もう、じきに私たちを押しつぶしてしまうだろう。

そうならないように

人間よ、聞け

あの森が、あなた方に何を与えたか

その賢い瞳で見よ、そして想起せよ

あなた方は太古の昔から、そうやって生きてきた

耳をふさぎながら生きてきた

どうどうと森の嘆きが聞こえる

あなた方には聞こえないのか

その指の間から、僅かばかりの森の涙を

どうか通して捕まえて

森の声を聴け

竈の森は焼き尽くす

あの悪しき女の体のように

おまえの心も焼き尽くす

焼かれたならば痛いだろう

火は涙では消えぬだろう

それでも竈は焼き尽くす

おまえの心を焼き尽くす

森の声を聴け

あの双生の姉弟のように

森の声を聴け

どうどう どうどう だらり だらり

来た

竈の森が迫ってきた

どうどう どうどう だらり だらり

もう待ちきれぬと迫っていた

森はお前らを焼き尽くす

幾多の時を超えて

お前の町を焼き尽くす

そこはかつての

森の故郷だから

森の声を聴け

森は我が子を失い泣いている

焼き場はそこにある

竈の中に


復習代行 ( No.40 )
日時: 2018/11/03 01:35
名前: たーにゃ

私此処で死ぬのかな?

馬鹿な事を言うなすぐ助けてやるから

私のことはもういい!

もっと一緒に買い物したり、遊んだりしたかっ…た

由那?由那!

警察が来てもショックで、1か月たっても、立ち直れないでいた

俺は内心、犯人が憎い殺してやるそう思っていた

ある日犯人が捕まり警察に犯人は無事務所に送り届ろうとしたとを、

一人で襲撃し警察のおせわになったが今は刑期を終え前科者として生活をおくっている

落ちた天使 ( No.41 )
日時: 2018/11/06 01:07
名前: 深青葵


私は、普通に育ってきた

私は今、探偵をしている

そんな私がニュースで大切な友人を殺されたのを知ったとき

そのときあったのは犯人が憎い!復讐したいと思う気持ちと絶望だった

私は探偵業の裏で復習代行を始めた

勿論、大切な友人を殺した犯人を殺すために…

とはいえそんなにすぐには見つからないと思ってた

数週か月経ち、雨の降る夜だった

最初は偶然なのか、幻が見えてるのかと思ったが違った

突然、対面する機会が訪れた

顔は監視カメラに写ったため間違いない

あいつが犯人だ!私は確信した

それと同時にやっと見つけた私の大切な友人の子は報われる心の中でそう思った

犯人らしき人物も無抵抗ではなかったが私は追いかけ仕留めにかかった

翌日、変死体が見つかった

その犯人らしき人物は予想通り大切な友人達が亡くなった事件の犯人だった

被疑者死亡の扱いで送検された

私は行ったことが間違ってないとは思わない

犯罪であることも自覚してるし、

これが私のいや私なりの正義であることを心から信じてる

罪滅ぼしと断罪者 ( No.42 )
日時: 2018/11/25 12:48
名前: 咲斗さん

わかっていた。
こうなるぐらい、大事だってこと。
それでも、続けた。
何度も何度も、GAMEOVERの画面が
出るたびにCONTINUEを押して、
世界の法則をねじ曲げた。
それが、ばれてしまうなんて。
ただ生きたいの一心で、押さなければ
よかった。
そうやって後悔しても、もう遅い。
逃げ惑う住人、伸びてくる怪物の手。
こうなっているのは僕のせい。
だから、僕が責任をとらなきゃ。
そうして僕は怪物の手の前に
立ちはだかり剣を持ち、この世界に
背を向けた。



最悪だ。また、作り直し。
GAMEOVERの画面が出ると、
キャラクターがCONTINUEを押す。
ここは本来なら、私たちプレイヤーが
押すべき場所なのに。
ふぅっと一息ついて、マグカップに
口をつける。
口の中全体に、温かさと共に
強い渋味と苦味が広がる。
大きな欠伸をして、キーボードを
叩き始める。
欠陥は何処にも見つからない。
となると、貰ったキャラクターの方に
問題があるのだろう。
キャラクターのプログラムファイルを
開く。
欠陥はないが、余分なものがある。
これを削除しなくてはならない。
でも残念ながら、相手には反逆の
意思があるらしい。
彼は画面に向かって立ちはだかっている。
これは骨が折れそうだ。
そうして俺は首をならしてから、
キーボードに手を伸ばした。

[これは、characterとplayerの争いの物語]

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。