SS小説(ショートストーリー) 大会【平日イベント】

第14回 SS小説大会 開催!〜 お題:争い、憎しみ 〜
日時: 2017/09/09 19:00
名前: 管理人 ◆cU6R.QLFmM

****************************

【日程】

■ 第14回
(2017年9月2日(土)〜11月30日(木)23:59)

※ルールは随時修正追加予定です
※風死様によるスレッド「SS大会」を継続した企画となりますので、回数は第11回からとしました。風死様、ありがとうございます!
http://www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?mode=view&no=10058&word=%e9%a2%a8


**************************


【第14回 SS小説大会 参加ルール】

■目的
基本的には平日限定の企画です
(投稿は休日に行ってもOKです)
夏・冬の小説本大会の合間の息抜きイベントとしてご利用ください

■投稿場所
毎大会ごとに新スレッドを管理者が作成し、ご参加者方皆で共有使用していきます(※未定)
新スレッドは管理者がご用意しますので、ご利用者様方で作成する必要はありません

■投票方法
スレッド内の各レス(子記事)に投票用ボタンがありますのでそちらをクリックして押していただければOKです
⇒投票回数に特に制限は設けませんが、明らかに不当な投票行為があった場合にはカウント無効とし除外します

■投稿文字数
200文字以上〜1万字前後まで((スペース含む)1記事約4000文字上限×3記事以内)
⇒この規定外になりそうな場合はご相談ください(この掲示板内「SS大会専用・連絡相談用スレッド」にて)

■投稿ジャンル
SS小説、詩、散文、いずれでもOKです。ノンジャンル。お題は当面ありません
⇒禁止ジャンル
R18系、(一般サイトとして通常許容できないレベルの)具体的な暴力グロ描写、実在人物・法人等を題材にしたもの、二次小説

■投稿ニックネーム、作品数
1大会中に10を超える、ほぼ差異のない投稿は禁止です。無効投稿とみなし作者様に予告なく管理者削除することがあります
ニックネームの複数使用は悪気のない限り自由です

■発表日時
2017年12月3日(日)12:00(予定)

■賞品等
1位入賞者には500円分のクオカードを郵便にてお送りします
(ただし、管理者宛てメールにて希望依頼される場合にのみ発送します。こちらから住所氏名などをお伺いすることはございませんので、不要な場合は入賞賞品発送依頼をしなければOKです。メールのあて先は mori.kanri@gmail.com あてに、■住所■氏名 をご記入の上小説カキコ管理人あてに送信してください)

■その他
ご不明な点はこの掲示板内「SS大会専用・連絡相談用スレッド」までお問い合わせください
http://www.kakiko.cc/novel/novel_ss/index.cgi?mode=view&no=10001

******************************

平日電車やバスなどの移動時間や、ちょっとした待ち時間など。
お暇なひとときに短いショートストーリーを描いてみては。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

******************************

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



一人ぼっち ( No.21 )
日時: 2018/01/02 16:34
名前: シュピーゲル

ショートストーリー初めてでよくわかんないんですがよろしくおねがいします。


どうしてだろう。あの子、いつも独りぼっちだよ。
何でだろうね、関わんない方が良いよ。クラスメイトの誰もがその少女から離れていった。
少女の身体は傷だらけ、女の子なら大事にすべき顔も痣や切り傷で埋め尽くされていた。
なんでか分かる?そう、虐待されているんだ。でも少女は、助けを求めない。普通なら、両親を憎んでクラスメイトに八つ当たりしてもおかしくはないのに……。でも少女は違った。
助けを求めなかった。身体の底にあるのはどろっとした黒い何かではなく、別の何かだったのだ。
4月8日、少女はその日から昼休み、紙に何か書いていた。先生が名前を呼んでも、返答せずに書き続けた。それは勿論、クラスメイトにもいえる事だった。
「ねえ、ちょっといい?」
「……」
「ねえってば!」
「……」
「もう…いいよ。」
無視され続けたクラスメイトは、強行手段にでた。そう、いじめだ。一人で教室掃除させたり、授業中も間違えた時に笑ったり、物を投げつけられたり、無理矢理、髪を切ったりした。しかし、少女は声も出さず、表情一つ変えなかった。

時は流れ、季節は秋になった。でも、いじめは続く。
痛い、痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い。やめてやめてやめてやめて。この二言さえ少女は言わない。ただ、変わったとすれば泣くようになったということだけ。ただ、声も出さずに無言で涙を流す。
この時から、身体の傷もふえてった。頭には包帯を巻くようになり艶々の黒髪は少しずつ荒れていった。
「おい、雑巾。ツラ貸せよ。」
「…。はい。」
ギリッ。髪を引っ張られても少女は無言。
先生も他学年もこの時からいじめの荷担していった。
それでも少女は昼休みになれば紙に何かを書き続けた。その内容は、誰も知らない。

そして、季節は春になった。みんながクラス替えで賑やかになっていく。そんな雰囲気に水を差すかのように、校長先生が悲しそうに放送した。その内容は、あの少女が、自殺したということ。

少女のクラスメイトは一瞬で静まりかえった。
「……ッ皆さんは悩み事があったら、ため込まず相談してください。」
プツッ。放送が終わり、みんなが教室からでて家路つこうとして、下駄箱にむかう。

バコッ。……がさっ。
「っ、えっ。」下駄箱から一枚の紙が落ちる。少女のクラスメイトは顔を見合わせる。一人が開き始めるとみんなが開き始めた。
その紙にはこう、書かれていた。

「皆さん、ごめんなさい。皆さん、知っての通り
両親に虐待を受けていました。そのせいで身体も心もぼろぼろでした。だから、皆さんとお話しできないとずっと思っていました。自信が無かったのです。いつまでも独りぼっちでいました。ある頃を境にいじめられるようになったときも私は最初、皆さんがかまってくれているだけとそう、おもっていました。でも、次第にエスカレートしていってそんなときでもわたしはしんじていました。
みんな、私にかまってくれているだけだと。でも、時間が経っていくうちに耐えきれなくなってきました。辛かった。だから、自殺しました。
皆さんに最後にこれだけは言わせてください。
私なんかにかまってくださってありがとうございました。みんなと過ごした日々のすべてが私の宝物です。みなさん、私の分まで生きてください。皆さん大好きです。」

「……っうっ。」
読んだクラスメイトはみんな泣き始めました。この時はじめて、少女の本当の気持ちを知ったのでした。
憎しみは必ず悲しみへと変わる。



世界から戦争がなくなる時 ( No.22 )
日時: 2018/01/07 19:33
名前: 一人の世界

「なぁ」
「なんだ………」
「俺らこの国の為に戦ってるんだよな」
「そうだな…」
「じゃあさ、何で仲間は死んでいくんだ?何で家族や仲間の家族も死んでいくんだ?」
「知らねえ……」
「こんなの国の為じゃねえ!何で国の為に人を殺すんだ!そしてどうして仲間は殺されていくんだ!」
「わかんねぇ…」
その会話は戦争と共に終わった………
「俺らはこの国のこの歴史を忘れてはならない……そして繰り返させてはならない……」
「そうだな」
「俺らはこの世界から戦争がなくなる時をずっと待っているんだ約束だぞ!」
「あぁ約束だ!」
〜それから数年後〜
「俺は死ぬのか……俺は約束したんだ!この世界から戦争がなくなるまで待つって!なのに核のせいで死ぬのかよ!あいつとの約束を守れないまま!」
俺はずっと誰にも聞こえないような小声でずっと言ったそして俺は死んだ
あいつとの約束を守れないまま…………

黒百合 ( No.23 )
日時: 2018/01/15 17:04
名前: 黒蝶

黒百合は"恋の花"や"呪いの花"とも言われていた。でも私はその花が大好き、だってその花が一番自分に合うから。

「ねぇ、好きだったのよ?」


深い森のずっと奥、私は横たわり泣いていた。泣いた、鳴いた、喚いた、大好きな彼を見て。

好きだった、でも彼は私が嫌いだったみたい。だってほら彼の瞳には憎しみの色が浮かんで見える。


「…でも今は君を許せない」


死に逝く私を笑う君に呪いを。


咲いた、咲いた、恋の花


咲いた、咲いた、呪いの花



黒百合の花が綺麗に咲いていた

忘れよう ( No.24 )
日時: 2018/02/01 20:16
名前: 刹那

やけに時計の音が大きく聞こえる。
心臓の音も。
前に好きな人がいるからだ。
周りに結構、見物人がいるのもある。
月がきれい。そんな言葉もあるけれど。
寒い。
また時計の音が聞こえだした。
時間が経っているからか、ざわめきが。
1深呼吸。
「僕t」
今まで、仲良かった、できればこのままいたいけど
このままじゃいやなんだ。
寒い。
「o」
いうならやっぱり、
「         」
 抱きしめられた。

虚無 ( No.25 )
日時: 2018/02/16 18:51
名前: 流聖

「みすずさま!早く、いって!」

「な、何いってるんだよ!そしたら、お前が…」

「皆を助けるためです!」

ブチッ何かの切れる音がした。

「皆って誰だよ!私の皆はお前もはいってんだよ!」

もう嫌だ。この世界に生まれてきた以上戦争は避けられないことは知っている。それでも思わずにはいられない。

敵って本当に殺さなくちゃいけないの?

100人のためなら1人が死んでもいいの?

犠牲の上に成り立った生なんて嬉しい?

殺す。敵を消滅させていく。血飛沫があがる。

真面目な部下は言う。

「みすずさまはこの命に変えてでも守って見せます。」

何を?それは体だろう。部下は体を守るんじゃない。主の幸せを守れよ。体が無事なら幸せだと思ってるのか。残された側の気持ちも考えないで。

兄は言う。

「君に置いていかれるくらいなら、僕が君を置いていく!」

兄は知っている。置いていかれる側のきもちを。私も知っている。だからお兄ちゃんは味わわなくていいよ。

今日も人を殺す。

「みすずさま、何しているんです?」

ザクッザクッ同じ作業をずっと繰り返す。夜が明けて朝が来ても繰り返す。
私は土を掘る。墓を作る。自分で殺した者を埋めるために。
夜がくる。月が彼女を照らす。今日も土を掘る。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。