SS小説(ショートストーリー) 大会【平日イベント】

第14回 SS小説大会 開催!〜 お題:争い、憎しみ 〜
日時: 2017/09/09 19:00
名前: 管理人 ◆cU6R.QLFmM

****************************

【日程】

■ 第14回
(2017年9月2日(土)〜11月30日(木)23:59)

※ルールは随時修正追加予定です
※風死様によるスレッド「SS大会」を継続した企画となりますので、回数は第11回からとしました。風死様、ありがとうございます!
http://www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?mode=view&no=10058&word=%e9%a2%a8


**************************


【第14回 SS小説大会 参加ルール】

■目的
基本的には平日限定の企画です
(投稿は休日に行ってもOKです)
夏・冬の小説本大会の合間の息抜きイベントとしてご利用ください

■投稿場所
毎大会ごとに新スレッドを管理者が作成し、ご参加者方皆で共有使用していきます(※未定)
新スレッドは管理者がご用意しますので、ご利用者様方で作成する必要はありません

■投票方法
スレッド内の各レス(子記事)に投票用ボタンがありますのでそちらをクリックして押していただければOKです
⇒投票回数に特に制限は設けませんが、明らかに不当な投票行為があった場合にはカウント無効とし除外します

■投稿文字数
200文字以上〜1万字前後まで((スペース含む)1記事約4000文字上限×3記事以内)
⇒この規定外になりそうな場合はご相談ください(この掲示板内「SS大会専用・連絡相談用スレッド」にて)

■投稿ジャンル
SS小説、詩、散文、いずれでもOKです。ノンジャンル。お題は当面ありません
⇒禁止ジャンル
R18系、(一般サイトとして通常許容できないレベルの)具体的な暴力グロ描写、実在人物・法人等を題材にしたもの、二次小説

■投稿ニックネーム、作品数
1大会中に10を超える、ほぼ差異のない投稿は禁止です。無効投稿とみなし作者様に予告なく管理者削除することがあります
ニックネームの複数使用は悪気のない限り自由です

■発表日時
2017年12月3日(日)12:00(予定)

■賞品等
1位入賞者には500円分のクオカードを郵便にてお送りします
(ただし、管理者宛てメールにて希望依頼される場合にのみ発送します。こちらから住所氏名などをお伺いすることはございませんので、不要な場合は入賞賞品発送依頼をしなければOKです。メールのあて先は mori.kanri@gmail.com あてに、■住所■氏名 をご記入の上小説カキコ管理人あてに送信してください)

■その他
ご不明な点はこの掲示板内「SS大会専用・連絡相談用スレッド」までお問い合わせください
http://www.kakiko.cc/novel/novel_ss/index.cgi?mode=view&no=10001

******************************

平日電車やバスなどの移動時間や、ちょっとした待ち時間など。
お暇なひとときに短いショートストーリーを描いてみては。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

******************************

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



『????エンド』__時の旅人__ ( No.6 )
日時: 2017/10/09 01:59
名前: 広村伊智子
参照: プリキュアじゃないよ!

  タネモリシュリ
私、胤森朱莉!
田舎に住む女の子。

ある日、
列車にひかれかけた子犬を助けたら、
その子犬が喋りだしたの。


『「世界のバッドエンドを
  変えてほしいのだぁッ!!」』

      ト ジクウ
こうして、『渡・時空』という
能力を手に入れた私。

地域の人から、世界まで!


過去を、今を、未来を変えてみせる!!

ーーーーーーーーーー

「ふぃー・・・・
 あっつぅぅぅぅ・・・・」

私、胤森朱莉!
中学二年生。

近所のちびっ子の相手をした上、
これから部活。

放送部&エアコンガンガンって聞くと、
そこまで苦でもないように
(寧ろ楽そうに)
聞こえるだろうけど、それが大間違い!

通学時間、片道自転車で30分、
通学距離、片道10キロなんだから!


ーーー

踏切が降りて通行止め。
この時間がじれったい。

でも、
今日はそうじゃなかった。

「わんちゃん・・・・
 しかもバテて動かない!
 列車きちゃうよぉ・・・・」

私は意を決してわんちゃんの救出をした。

わんちゃんを抱きかかえるようにして、
地面を転がる。


背中に、列車が起こした風を受ける。

「か、間一髪だったね・・・・」
「そうだったのだぁ!
 ありがとなのだぁ♪」



・・・・?

「犬がしゃべったぁぁぁぁぁ!!!!」

「たいむは犬じゃないのだぁッ!
 時の妖精なのだぁ」


「・・・・」
「・・・・」




「私、ついに幻覚幻聴が・・・・!」
「違うのだぁぁぁ!!!!!!!!



 ・・・・ウッウン!」


「朱莉の周りには、
 バッドエンドな最期を迎えた人が
 多いはずなのだぁ?」
「・・・・そーいえば、
 やけに喪中はがき多いなぁ・・・・」

「それに、世界中が最近物騒なのだぁ!」
「確かに」


「それもこれも、みーんな、
 バッドエンド帝国のせいなのだぁ!」
「なにそれ」
「世界をバッドエンドに染めようと
 している奴らなのだぁ」

「だから!

 たいむに協力してほしいのだぁ!」


「たいむ・・・・。(ネーミングw)」
「別の方向であわれむななのだぁ!」


「分かった、協力する!」
「ありがとうなのだぁ

 早速、朱莉に

    『渡・時空』

 をあげるのだぁ。

 これで過去にも未来にも
 行き放題なのだぁ!」
「凄ーい!」

「さ、行くのだぁ!」
「い、いまから?

 ・・・・うん!」









あ、部活。


ーーーー



「こっ・・・・
 ここは・・・・ッ!!」

目の前に、
幼馴染『だった』、竹岡修造くんがいた。

いろんな意味でアツい男の子。

名前が誰かに似てるのは・・・・
気にしないで。


彼は、交通事故で死んだ・・・・

つまりここは、

「5年前?」


修造くんが私に気づいた。

「おおっ!朱莉!!」

「修造くん・・・・」


「あのね、修造くん、
 あなたはもうすぐ・・・・」
『おおっと、待て待て!』

突然、
上空からドスの効いた声が聞こえた。


『そいつをハッピーエンドにはさせねぇぜ』




『俺の名は、DIE。
 こいつをハッピーにできるもんなら
 やってみろ!

 BECOME・バッドエンド!』

すると、周りの時間が止まる。
世界がモノクロになる。


修造くんは、眩しい笑顔のまま。
なんか・・・・辛い。

このままだったら、
この笑顔が消えちゃうなんて。


すると、たいむが言った。

「『しゅーぞー』を護りたいなら、
 時の力を、想いとまぜまぜ
 するのだぁッ!」

「ま、まぜまぜ!?
 ・・・・よし」


私は、意味不明な言葉を唱える。

「『我は、時の旅人なり!
  時の力よ、我に力を貸し給え!!』

 ・・・・なにこれ

 お、おわぁぁっ!?」


私は、薄地で無地の
薄ピンクの長袖ワンピースを着ていた。
服が変わっただけで、
プ●キュアみたいに
髪が伸びたり、髪型が変わったりせず、
茶色の髪の毛先にカールがかかった
セミロングヘアのままなのに、
いつもよりも勇気と力が湧いてくる。

「今なのだぁ!」

なにを?と、突っ込みたかったが、
呪文が脳裏に浮かぶ。

「『彼の最悪な世界を・・・・
  Delete!』

  はぁぁぁぁぁ・・・・」

私は、拳に力をこめる。

「でやぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

そのまま地面パンチすると、
世界に色が戻る。

『くそやろう!』

DIEが帰ったらしい。


時間が進み始めると共に元の服に戻る。


「朱莉、どうしたんだ?」

修造くんが声をかける。

「なんでもない!じゃあね!!」

私は、茂みに隠れて
『渡・時空』を使い、元の時間に戻った。

大丈夫、彼は・・・・生きている。






目を開けると、そこは踏切の前で、
時間は経っていないらしい。

線路を渡ってしばらくすると、









「朱莉!」

そこには、あの眩しい笑顔があった。



【第一話 私が時の旅人!?
     幼馴染の笑顔を護れ!

      終わり】




「次は、広島県に行くのだぁ!」

「な、なぜに!?
 ここ、兵庫だから関係なくない?」

「東広島市●●町●●ヶ丘で
 起きた自殺事件・・・・
 覚えているかどうかわかんないけど」
「覚えてない。」

「え!
 横浜のみなとみらいに住んでいる
 作者でも知ってるのに!?」
「メタイ」

「ありえないのだぁ」
「なにその目線。」


「取り敢えず、2012年にいくのだぁ!」

「ふぁーい。」

ーーーー


そこには、
かなり悲しそうな_____悲しいなんてもんじゃない。

そんな表情をした男子生徒がいた。


「あーあ・・・・
 ちょっとしたことで部停とか。
 意味分かんない。
 あれが唯一の、
 ストレス発散場所なのに・・・・」

「あの」
「え?君だれ?」

「胤森、しゅ、朱莉だよ!」

「僕と年が近いっぽいね。
 あ、でも僕中1だから、
 キミのほうがお姉さんかな?」

「うん

 あ、あの」
「君はもうすぐ、
 人生をパーにしちゃうのだぁぁ!!」

「え!?んぁ!!??
 き、きみは?」
「たいむ!
 5年後から来たのだ!」

「●●くん、
 お願い自殺しないで!」
「え!?してるの?」

「あなたには、
 輝く将来が待ってるの!」

「・・・・分かっ」
『そうはさせないでしゅ!』

「誰!?」
『あたちは、すーさいど!
 あなたの輝く将来を、
 訪れさせない様にするでしゅ!!』

『BECOME・バッドエンド!』

この前と同じ空間が創り出される。


でも、
●●君は止まってなんかなかった。

「こ、これは!?」

「これから見るもの誰にも言わないで!

 我は、時の旅人なり!
 時の力よ、我に力を貸し給え!!」


すると、変身の終わった私に、
名乗りが付いた。

 タケキモノ
「猛者! あかり・チェリー!」

「君の名は『しゅり』だったよな?」
「変身後の名前らしいよッ」


「彼の最悪な世界を・・・・
 Del・・・・」
『えいっ!』ドンッ
「きゃぁぁ!?」

「チェリー・・・・
 僕も戦う!

 スリーパー!!、!」
『!?
 う、ぐぐぐ』

「今だ!チェリー!」

「でかしたのだ、●●!
 あかり!今なのだぁ!」
「うん!」



「彼の最悪な世界を・・・・
 Delete!

  はぁぁぁぁぁ・・・・」

私は、拳に力をこめる。

「でやぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

そのまま地面パンチすると、
世界に色が戻る。

私は変身を解いた。


「ありがとう、朱莉。」

「こちらこそ!またね!」








「ねぇ、あの子、今も生きてる?」

「・・・・検索かけるのだ。」
「え、うん。」


『自殺事件』  『指導に問題か』
  『輝く将来が消える』

一瞬目の前が暗くなった。


「結局元の歴史にもどっただけなのだ。

 もっと後で死ぬはずだったけど、
 5年前に行ったときに、
 丁度歴史が変えられたのだ。

 それを、元に戻しただけ・・・・」


「嫌、死んじゃうなんて・・・・

 『認めるもんですか、そんなの』」

「(プ●キュアリーダー格固有の口癖が
  この子にも決まったのだぁ!)」





「認めるもんですかぁぁぁ!!!!」



【第二話・救えなかった命!
     認めるもんですか、そんなの!

         終わり】

城下町のトマト。 ( No.7 )
日時: 2017/10/09 02:52
名前: 広村伊智子

妹の 甘音 が産まれる1年前、わたしは見た。

目の前にトマトが存在していたのを。

ーーーー

私は目の前のお嬢様を見据える。


私の名前はトマト。
葉月トマト。

このお嬢様がすむ城の城下町で暮らしてきた。


お嬢様は、毎日、城下町のものを食べる。

父も母も食べられた。
慕っていた桃さんも食べられた。

ーーーー

トマトはつやつやとしていて食欲をそそられる。

わたしは、舌なめずりした。

ーーーー

あぁ、いよいよ私は食べられてしまう。

家庭菜園という城下町。
そこともお別れ。

何もできなかった。



でも、せめて________

ーーーー

トマトを食べると、血のような味が広がる。

でも・・・・酸っぱかった。



必死の抵抗、か_________






わたしは、次は甘くなってね、と
ーー
私は、次は人間になってあなたと仲良くなりたいな、と
ーーーー






願った。

蝉時雨 ( No.8 )
日時: 2017/10/17 17:44
名前: 雪姫

季節はそう――夏だ。蝉の鳴き声が辺りを包み五月蠅くて耳障りで、暑くてたまらない日。

「暑い」

口から出て来る言葉はそればかり。「本当だよねー」目の前に座っていた幼馴染が振り返りざまに同じ言葉を吐いた。僕達は学生。学校が終わった帰り道。木々が生い茂る薄暗い道で駄弁り休憩中。
「あぁ……本当に暑い」サンサンと輝き照らす太陽を憎たらしく見上げながら吐き捨てる。
頭は汗で濡れて服着ていた服はびしょびしょで気持ちが悪い。

「臭い」

今日の最高気温は何度だったっけ? 四十度くらいはいってるだろこの熱さだと。太陽の熱い光で熱しられた地面から湧き上がる湯気と蜃気楼……そして鉄の臭い。
「それは我慢しなよ――だって」下を向く幼馴染に合わせて視線を動かせばそこにあるのは真っ黒な塊――いや違うか。真っ赤な塊となった人間か。
ケタケタと笑う幼馴染の手には真っ赤な血がべっとりとついたナイフ。俺の手には大きな鉈。これまたべっとりと赤黒い血がついて地面に滴り落ちてやがる。
まえに幼馴染がこんなことを言っていた。人に刃を突き立てる感覚は、ボール紙に錆びた鋏を喰い込ませるそれとよく似ている。
人肉は意外に硬くて、人皮は案外柔らかい。
切れる筈なのに切れなくて、それでも少しずつ切れていくもどかしさが実によく似ているそうだ。ある程度のところまで切り進めると切る難易度があがるのも、実は人体に通じいる。人間には内臓やら骨やら、余分な内臓物が玩具箱みたいに詰まっているようなものだから、刺すだけでなく切ろうとすると、それなりの労苦を要する。だからこそ男の俺の出番というわけ。

「………………ッ」

地べたに寝転がり、もがき苦しむ男が俺を睨む。
俺が言うことではないが、なんとも人相が悪い。町中を普通に歩いているだけで、職務質問の魔の手が勝手に襲いかかってきそうだ。
金色に染めた短髪の髪にこれも染めたのか金色の髭に角ばった顔、ピアスまみれの唇、血走った目……はあいつの所為か。
「今回は警察じゃなくてーただの復讐犯だけどねー」座布団代わりに男の上に馬乗りとなり楽しそうに笑ってやがる。ったく誰の所為でこんな面倒なことに付き合わされているんだと思ってんだあいつは。
いやあの笑顔は何も分かってない奴の笑顔か。

「……、…………っ、………………!!」

なにやら抵抗しようとしているが、それも叶うまい。
抵抗の術は、既に刈り取ったから。
男の体にはもう手足は存在しない。邪魔だから切り取っておいてと幼馴染さまからのご命令だ。
ちなみに俺が最初に壊したのは、こいつの喉だ。少なくとも、声が出せない程度には破壊しておいた。ただでさえ蝉時雨で嫌悪しているのに、そこへさらに悲鳴なんて耳障りな雑音を撒き散らされては、堪ったものではないからな。
助けを求める手段の破壊。抵抗の手段の奪取。そして、絶望的な死。
あまり好きな殺り方ではないのだが……そうするようにと、幼馴染さまのご命令だしな。

「……! …………っ!!」

「なんで自分がこんな目に――とか言いたそうな目してんな。ま、理由なんてないんだけどな」

「……………っ!?」

男の顔から一気に血の気が引いて行く。驚愕といった表情。だってそうだろう、俺とこの男は初対面、はじめましてなんだから恨みなんて、憎しみなんてどう頑張ったって抱きようがない――俺の場合はな。
でもこいつにとっちゃ話は別だ。

「覚えてないんだぁ? アタシのことぉ?」

甘い。甘くて胸焼けがする、蛇が舌なめずりをしながらゆっくり獲物を縛り上げる。

「アンタ……の所為で……お姉は死んだ」

胸に垂直に突き立てられたナイフに力がこもり

「十年前。今日と同じ蝉の声が五月蠅い夏の日。学校から家に帰宅途中だったお姉をっ!
 アンタが物陰に引きずり込んで、襲った!」

怒りで、憎しみで、ナイフを握る腕がぷるぷる震え

「知ってる? 傷ついいたお姉がその後どうなったか……教えてあげるよ」

「…………っ! ……………!!」

「ビルから飛び降りたんだよ」

ナイフの刃を突き刺したまま、滑らせるように動かした

「……!? …………――――」

たった、それだけ。
それだけの動作で男は絶命した。
口からはげぼげぼと血を吐き、生前はどす黒かったであろう腹の中を惜しげもなく晒し「見てみて、こつの腹の中綺麗な――サーモンピンクだよ」五月蠅く鳴く蝉の声の中に幼馴染の喜びとも哀しみとも言えない、一言で言えば狂気に狂った笑い声が辺り一帯に響き渡った



                                       蝉時雨fan



夢 ( No.9 )
日時: 2017/10/18 18:23
名前: 瀬名ユズキ

 夢を・・・夢を見た  家族を 友達を 仲間を 全てを 失った
 皆バラバラになった 勿論私も 皆と 離れ離れに なった
 いつしか これはもう 夢じゃなくて 現実ではないかと思う
 もし 夢じゃなかったとしても 起きれば こうなっているのでは
 みんなと 一緒にいられないのではないか この 夢のように
 皆とはいられない のでは ないかと もう 死んだのでは?
 元々 何をしても 独り 孤独に この世界を 眺めていくだけ
 皆とは 一緒に 居られない 孤独な世界 皆を置いて 一人で
 ・・・何で? どうして こんなことを? 分からない なんで
  そうだ これはもう 起こってしまっている 事 もう 皆 いない
 世界は 終わった から 皆・・・

Update memorys(上) ( No.10 )
日時: 2017/10/19 21:33
名前: 北風

人生で十七回目、なはずの夏。


セミの音だけが響く住宅街を抜け、夏休みだというのに誰も居ない公園の角を曲がると、古びた学校が現れました。

「わあー、懐かしいー」

わたしの前を歩いていた佳乃ちゃんが、声をあげて走り出しました。

よくそんな元気があるなあ、とわたしは感心します。
確かに駅からここまで十分とかかりませんでしたし、なるべく日陰を選んで歩いてきましたが、今日は朝から猛暑。
木漏れ日の落ちる頬を伝う汗は、止まることを知りません。

「ほらハコ、ここが私達の母校だよ」

見覚えの無い校舎。
蜃気楼の見える狭い校庭。
錆び付いた校門の柵に寄りかかった佳乃ちゃんが弾むように口にします。

「いや〜、こんなボロかったっけ?」

佳乃ちゃんは苦笑いを浮かべますが、わたしの胸中は不安でいっぱいでした。
佳乃ちゃんの柔らかい手を、汗ばんだ手でそっと握ります。

「……大丈夫だよ、無理せずに少しずつ思い出してこ」
「うん……ありがとう、佳乃ちゃん」

佳乃ちゃんはこう言ってくれますが、わたしは無理をしてでも思い出すつもりです。
これ以上佳乃ちゃんに迷惑をかけるわけにはいかないのです。

わたしが全ての記憶を失ってからもう三ヶ月。
佳乃ちゃんはもうずっとわたしに尽くしてくれています。
今日だって、記憶が戻るきっかけになればと、わたしを昔通っていた中学に連れてきてくれました。

そんな彼女のためにも、意地でもここで記憶を取り戻してみせます。
そう決意を固め、わたしは一歩踏み出しました。

     ※

「あらぁ、あなた山里さん!? 山里佳乃さんでしょ!?」

校舎の一階にある職員室の前。
五十代後半くらいに見える女性が、口許を押さえて歓声を上げました。

「えー!? 覚えててくれたんですか? 担任でも無かったのに」
「当然よ〜、本当に久しぶりねぇ。……それにしても、まさか山里さんが会いに来てくれるなんて……っ……やだ、私ったら」
「もう、大袈裟ですよ先生」

女性は感極まったのか目尻に涙を浮かべます。
彼女が目を伏せてそれを拭おうとしたとき、ふと佳乃ちゃんの後ろに隠れていたわたしと目が合ってしまいました。

「……っ」

わたしは気付かなかったふりをしてそっぽを向きますが、女性は佳乃ちゃんの肩越しにわたしの顔をまじまじと眺めてきます。

「……? あなた確か……」
「あっあああそうだ! 先生、私達教室行きたいんですけど! それってマズいですかね?」 
「え? 教室? そうねえ……クラスの担任の先生とだったら……」
「あ、三年二組行きたいです」
「じゃあ確か……前谷先生じゃなかったかしら?」
「え、前谷先生? あの人、本担任になったんですかー!?」
「あら、そうね。山里さんが居た頃はまだ新任だったものね……」

佳乃ちゃんは適当な会話で場を持たせながら、わたしに目配せをしてきました。

「あ……えっと、わたし、ちょっとお手洗いに……失礼します!」

わたしはそう言い切ると、半ば逃げ出すようにその場を立ち去りました。
佳乃ちゃんに感謝です。
あの教師と思われる女性に、昔の思い出など語られても困りますので。

     ※

やっと手近なトイレを見つけ、一番奥の個室に飛び込んだのは、それから三分後のことでした。

職員室前からここに来るまで、誰とも出会わなかったのは幸いでした。
小さくて古びた学校なので、教職員の数も少ないかもしれません。

「ふう……っいやいや!」

溜め息を溢して軽く目を閉じかけますが、わたしは慌てて首を振りました。
このトイレの個室ひとつ取っても、私の記憶が戻るきっかけになるかもしれません。
せっかく佳乃ちゃんが用意してくれた機会。
大事にしなくては。

とは言っても、トイレの個室を見て思い出すことは何もありません。

──やっぱり、もっと色々見なきゃ……。

人に会うのは怖いけど、そんな風に逃げていてはいつまで経っても記憶なんて戻りません。
記憶を取り出して、佳乃ちゃんに改めてお礼が言いたいのです。
家族や他の友達は皆どこかわたしに対してよそよそしいのに、佳乃ちゃんだけは積極的に関わろうとしてくれました。
心からわたしのことを考えてくれる、本当に良い子なのです。

「……よし」

深呼吸してトイレの扉を開けようとした瞬間。

──コンコン。

突然その扉がノックされました。

「ひゃっ!」
「あ、ハコー?」
「か、佳乃ちゃん……?」

恐る恐る扉を開くと、そこには優しい笑顔の佳乃ちゃんが立っていました。

「大丈夫? 先生は上手く誤魔化しといたから、もう出てきて良いよ。ほら、教室行こ」
「う、うん……ありがと」

差し伸べられた手をそっと取ると、しっかりと握り返してくれました。
それだけで、随分勇気付けられます。


                          To be continue……

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。