SS小説(ショートストーリー) 大会【平日イベント】

言の葉刄 ( No.49 )

日時: 2019/06/07 06:13
名前: 千葉里絵

 あの子が憎い、あの子が嫌い。
 いつも、私を見下してきたあの子。
 私が褒められると冷たいのに、自分が褒められれば優しくなったあの子。

 お母さん憎い、お母さんが嫌い。
 いつも、怒ると私を殴るお母さん。
 機嫌が悪いと弟よりも私を怒るお母さん。
 弟ばかり愛したお母さん。

 弟が憎い、弟が嫌い。
 いつもいつも、お母さんに愛されていた弟。
 私がお母さんに怒鳴られているのを見て、被害者ぶって泣いていた弟。

 あの人が憎い、あいつが嫌い、あの子がウザイ。

 嫌な感情が溢れる。なんで?どうして?
 もう怖いのは嫌なの。
 
 コワイノハ イヤナノ?

 ああ、そうか。
 私は怖かったんだ。

 でも、それも今日で終わり。

 よく頑張ったと思うよ?
 お互い、長い間よく頑張った。
 よく耐え抜いた。
 心から血を流して、言葉の刃を振りかぶって。

 まあ、一番頑張ったのは私だけど。
 だって、争いを止めるのも私だから。

 だから、もうおしまい。
 もう怖くない。
 
 だってこれで救われる。




だから、これにてさようなら。






 何処からか、救急車のサイレンが聞こえた様な気がした。

メンテ